searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ウエルカムキッチンさんのプロフィール

住所
江東区
出身
未設定

食べごこちのよい料理は自然治癒力を高めます。家庭にあって、食を預かるお母様、主婦は家族の命を預かっていると思います。 それを少しでもお手伝いし、食の面から社会で子供達を見守る形で役立てれば…と講習費無し、実費のみで料理教室を開いています。 活動ペースは年3回程度。単発参加歓迎です。企画内容によっては、親子対象の教室開催になることもあります。

ブログタイトル
ウエルカムキッチン 〜WELCOME Kitchen〜
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/welcome_kitchen/
ブログ紹介文
東京都江東区総合区民センターの調理室を拠点に活動している料理教室です。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2014/01/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ウエルカムキッチンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ウエルカムキッチンさん
ブログタイトル
ウエルカムキッチン 〜WELCOME Kitchen〜
更新頻度
集計中
読者になる
ウエルカムキッチン 〜WELCOME Kitchen〜

ウエルカムキッチンさんの新着記事

1件〜30件

  • 紫陽花や藪を小庭の別座敷 〜芭蕉〜

    紫陽花や藪を小庭の別座敷 〜芭蕉〜通りのあちこちに色とりどのあじさいが咲き、心慰めてくれます。5月には「2回目の出張型お教室」をしました。オリジナルのお野菜中心の手まり寿司を作っていただき、お吸い物はおもちと梅干しにしました。3回目は夏メニューでまたさせてい

  • 今日のランチは

    満開の桜が散っても、葉桜の前のほんの一瞬の微妙な色合いの桜にも美しさがあります。春キャベツのおむすびといただいた旬の竹の子を盛り合わせ、今日のランチにしました。竹の子の穂先の柔らかいところをきざんで油揚げは細かく刻み、出汁で炊いた竹の子ごはんは夕食に。と

  • ♪春よ来い♪メニュー

    …で、西葛西のお宅での出張料理教室をさせていただきました。お献立は〜春はまだかしら?〜 長ネギと真だらのグラタン〜春はそこに〜    大根の信田巻〜春の香り〜     山ウドとせり、旬の若芽のお味噌汁〜春うらら〜     ごぼうの黒酢煮ですが…今回のメイ

  • 味噌づくり2018

    日本が誇れる発酵食の味噌づくり教室も、お子様も含め31名の参加で今年も無事仕込まれました。「おみそ」と言ったらオリンピックの金メダリスト小平選手も信州味噌をオランダに持ち込み、体づくりに役だったのだとか。<宣誓>「私たちはこの誇るべき日本の発酵食品を必ず次

  • 2018年ウエルカムキッチン

    2018年もウエルカムキッチン出張料理教室稼働いたします。そして、2月は恒例となりました「おみそ作り」今年も小学校の家庭科室をお借りして2月17日(土)に開きます。昨年のおみそがあんまりおいしくって年末になくなっちゃいました。以前から購入した自然農法産材料のおみそ

  • 11月の終わりに…

    先日出張料理教室を開かせていただいたお宅に2回目のお教室で伺いました。和食の基本をこの機会に学びたいとのご要望。11月24日って、いい日本食=和食の日なんですってね。そこで今回(2回目)は「筑前煮」をということになりました。お正月のおせちを意識して丁寧な作り方に

  • 『出張料理教室』を少し遠くのお宅でしました

    秋のお教室の最終日で都内を出て、秋の野花の咲くのどかな郊外のお宅にお呼びいただき、楽しいひとときを過ごさせていただけました。「お知らせメニュー」にこだわることなく、どんなお料理が作りたいかとご要望をお聞きしていると、ご家族の健康をとても考えていたっしゃっ

  • 第3期出張料理教室のお知らせ

    夏バテさてれいませんでしょうか。9月7日は二十四節気の「白露」そして9月9日が重陽の節句と…秋の風が日に日に肌に心地よくなってきます。白露もこぼさぬ萩のうねり哉 =芭蕉=我が家の近くの公園に咲く萩は細めの枝ぶりながらその一本一本のうねる様は"まさしく"です。秋

  • ラッキョウ漬で"定力"はついたかしら?

    成長の早いラッキョウが届くとすべての家事を後回しにして仕込みに入ります。今年は6kgを塩、甘酢、醤油の三種にしました。一粒一粒丁寧に薄皮をむき、根っこ、芽を切り落とし、漬け汁に漬け込みます。塩漬けは3日目くらいから食べられますし、さらに塩抜きすれば別の味に漬

  • 常備菜に身をつくし…

    久しぶりに乾燥大豆(もちろん自然農法産のものを使って)を戻し「五色煮豆」を作りました。煮豆作りはとっても時間がかかりますが、それだけに出来上がった時の満足感は強いのです。特にこの季節になると昨年収穫の大豆は少し柔らかくなるまで時間がかかります。新ごぼう人

カテゴリー一覧
商用