searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

1件〜100件

  • 困ったものだ!今日は愚痴です!

    我が家の前、国道沿いに可燃物ゴミの収集箱が設置されているこのゴミ箱に連休中たくさんの「バーベキューゴミ」が投げ込まれた!市指定の袋でないものに「生ごみ、たっぷり飲み残しが入ったビン、缶、ペットボトル」がだれがどう処分すると思って投げ入れるのだろうかこのようなゴミ袋は市では「分別して!」と貼り紙をし回収しない当然だ!貼り紙をされた袋はどうするかというといつまでも収集箱に残され続ける生ごみは異臭を放ちなんとかしなければと結局分別し、新たな指定袋へ移し替える作業を終えたと思ったら、一昨日、今度は指定日でない日にたくさんの袋が投入されていたそれをカラスがついばみ収集箱の周りはゴミだらけ!悪臭がするため急いで清掃作業さすがに何とかしてと市役所に電話市役所の対応は早かったが、「ここは国道沿い、集積場所を移動してはどうでしょ...困ったものだ!今日は愚痴です!

  • 「未成線 長倉線」を歩いた!

    「未成線長倉線」をご存知だろうか?廃線ではなく「未成線」なのだ!未成線-。そう呼ばれる、世に出ることなく消えた幻の鉄路の遺構を、観光資源として現代によみがえらせる取り組みが、栃木県茂木町で始まった。鉄路の名は「長倉線」。現在の茂木駅からさらに約6キロ北東に延びるはずが、開通目前で戦争の混乱に遭い、列車が走ることはなかった。里山を縫って延びる路盤の跡やコンクリート橋、トンネルまで良好な状態で残っている町は真岡線全線開業から100年の2021年12月15日、全国の鉄道ファン向けに実施する初の無料モニターツアーを仕掛けた。要するに「ほぼ完成まじかの鉄道が戦況悪化のため走ることのなかった鉄道線」なのだ茂木町は観光客誘致の目玉としてこの大型連休中もJTBを通したツアーを企画、おおくの参加者を呼び込んでいるこれが「パンフレ...「未成線長倉線」を歩いた!

  • 今月4回目のゴルフでした!

    今日、昨日の暑さは和らぎ曇り空だったが快適なゴルフ日和だった常陸大宮市のセブンレイクスゴルフクラブ芝が緑を増し、これまでのフェアウェイとは違い、まさに気分を変えるにふさわしいシーズンになってきた!平日だったがコンペが3組も入り結構混雑していた今日は「同級生コンペ」だった高校時代の同級生12人が参加した楽しくラウンドできた終了後、表彰式を行い瀬谷さんが優勝となったパートナーに恵まれスコアがまとまってくれたと「優勝の弁」次回は5月下旬に予定された、楽しみだ!今月4回目のゴルフでした!

  • 御前山ダム新緑めぐり

    市の広報誌に御前山ダム遊歩道に新しく見晴らしエリアができたとあった地域案内人としては確認しておかなければと出かけた御前山ダムハイキングはトイレが完備している「御前山ダム公園駐車場」の発着が一般的だダム公園を時計と反対方向に回ることにし、スタートスタート早々は登りで息があがる道路が平坦になると新緑いっぱいの山々が見える途中には「つつじ」や「ヤマブキ」が彩鮮やかにこの辺はダム工事の際工事道路として使われた道路を歩く結構な長い登り下りもつづくそしてここが御前山ダムを一望できる「見晴らしスポット」に通じる入り口だスポットまでは約1㎞はない程度歩道はほどよく手入れがしてあり快適に歩くことができる途中に「見晴らしスポット100m」の案内板があり、右折これが「見晴らしスポット」だ!「お~すごい!!!」眼下に御前山ダム湖が一望...御前山ダム新緑めぐり

  • 常陸大宮市小舟の「芝桜」きれいです!

    今の季節、あちこちで「芝桜」がきれいに咲いているその一つ常陸大宮市小舟地区の芝桜はひときわ見事だ!以前も記事にしているが、いままさに見頃!!!ここの芝桜は地主の人たちが丹精込めて育てている近くには「展望台」と「駐車場」まで作ってある「圧巻の彩」に通過する車は必ず停車し、じっと見入る場所は常陸大宮市小舟の「やすらぎの里公園」の近く、国道293号線から烏山へ通じる県道沿いだぜひ見に来てほしい!常陸大宮市小舟の「芝桜」きれいです!

  • 水田の堀払い共同作業

    毎年この時期に「水田の堀払い」共同作業が行われる当地ではため池からポンプを使い、それぞれの水田にパイプライン引水しているその水路に溜まった土砂などを取り除く作業だこうすることで水路の水の流れを良くしたり、堰き止められ他に流れ込まないようにするのだ共同作業は朝8時から約2時間総勢約30人が参加した足場がよくない場所もあり、そこからスコップで砂利をすくい一輪車に載せ、重機のバケットに運ぶバケットに運んだ土砂はダンプに載せ処分する重機の前では人間の力の限界を知ることになる重機のバケット「ひとすくい」で一輪車数台分が一瞬にいよいよ、今月末には水田の「代かき」が始まり、連休中に「田植え」が行われる水田の堀払い共同作業

  • 萌え木色に!

    昨日は冷たい雨の一日だったが、今日は朝からいい天気に!この時期は季節の変わり目、三寒四温だストーブや炬燵をどうしようか迷うのもこの時期久しぶりに散歩にでかけた!すると近くの山々が「萌え木色」に木々が一斉に新芽を出し始めたその景色が何とも言えない温かみを感じさせてくれているこれは「旧御前山中学校」とその周囲今は廃校となっているが、元気な中学生の声が聞こえるようだこれは「下伊勢畑」から「御前山」方面を望む新緑も緑を増すと一気に「ハイキング」の季節だ!今年もこの稜線を何度も往復することになりそうだ萌え木色に!

  • 常陸大宮市「満福寺」の「しだれ桜」

    旧美和村上桧沢にある満福寺ここの「しだれ桜」が見事だ!今日、まさに見頃!満開だ!威容を誇っている訪れる人も多く、期待を裏切らない見事さだ!あと数日は持ちそうだ!満福寺は国道118号山方宿からボボスカントリーの前を通り、上桧沢下小川停車場線を一路桧沢へ山方宿から約6㎞ほどの高台にあるしだれ桜は1本ではなく、数本のみごとな桜を鑑賞できるお薦めだ!常陸大宮市「満福寺」の「しだれ桜」

  • 待望の乗用草刈機が来た!

    暖かくなり畑には緑が目立ち、いよいよ雑草との格闘が始まるそんな中で、先週我が家に「乗用草刈機ラビットモアー」が納車になったメーカーは「OREC」本社が福岡県ある立派な「日本製」農機店で友人にアドバイスを受け、購入を決めた!それなりの価格だったが今日まで使用していなかった天気も良く、畑の土も乾いていたので乗り出した!我が家の畑は雑草がまだ伸びていなかったので、お隣さんの「菜花」で埋め尽くされた畑で初試乗快適に進んだ約1反歩の畑を1時間もかからず終了、乗用型の威力を思い知った!ところが刈高を低くすると「石」をはねたり、埋もれている「雑草防止シート」などを巻き込んでしまうこのため、刈高を7cm程度で運転、菜花で花畑のようになっていた畑が「ほんとに綺麗に」なった畑に山や窪みがあったり、ごみや石などがなければ刈高を3cm...待望の乗用草刈機が来た!

  • 孫娘と偕楽園へ

    孫娘の姉が「塾」とのこと4月1日とあって両親は忙しく送迎ができないとこんな時必ず「お呼びがかかる」当然、妹も預かることにいつも「こんなに勉強するの?」と思うほど朝から夕方まで続ける息抜きも大事と姉の送りにあわせて妹を「偕楽園」に連れて行った偕楽園は何度も来ているそうだが、「好文亭」に入ったことはないと「水戸の梅まつり」は昨日で終了、天気は良かったが人出は少なかった園内の広場に「二季咲桜(にきざきざくら)」が満開だった好文亭へここは有料だったがシニアは100円、小中学生も100円、あわせて300円で入館できた偕楽園は水戸徳川家第9代藩主の「徳川斉昭」が開設した、庶民と共にある園だ!桜や松など見事な襖絵が目にとまり見入った一階を見た後、3階の「楽寿楼」に上がったここからの眺めはまさに絶景!偕楽園広場が四季の原が千波...孫娘と偕楽園へ

  • 日立の神峰公園へ

    小学校が春休みとなり孫娘たちは休校に入ったじいばあ宅で勉強すると朝から家に毎日、学校の宿題や塾の勉強で運動する時間もないそんな孫娘に声を掛けた「今日の勉強が一段落したら公園に行こう」と孫たちは大きく頷き、いつも以上のペースで勉強を進めたそうはいったもののどこに行こうか悩んだ風もなく天気もよかったので「日立市の神峰公園」が浮かんだ妻にも相談、昼近くなってから出発我が家から神峰公園までは車で約1時間平日ながら春休みに入った公園はたくさんの人出だったとりあえず「かみね動物園」に入ろうと切符売り場に大人料金が520円、なんとシニアは無料だと老人にやさしい動物園だ孫娘たちは久しぶりの動物園に興味津々一か所にとどまる時間が長く細かく観察していたフラミンゴ園の隣にはこんな「亀の集団」がここかみね動物園はたくさんの動物がいてし...日立の神峰公園へ

  • 長谷川幸介先生講演(さくら大学第4回学習会)

    今日、さくら大学(高齢者学級)の第4回学習会が常陸大宮市文化センターで開かれた令和3年度はコロナ禍真っ只中の合計4回の学習会だった本来なら教室を飛び出し、歴史なども学ぶ視察研修なども予定されていたのだが今年度はできなかった最終の学習会に旧知の「長谷川幸介先生」を招き「人生100年時代高齢社会の新「役」聖書」と題しての講演だった長谷川先生曰く「昭和34年、当時の厚生省は女性の平均寿命にあわせて65歳を「高齢者」としたそれから60数年、女性の平均寿命は88歳になった「23年以上の時間を神からプレゼントされた」だったらその23年をどう使えばいいだろうか?「7つの別れ」があると「会社」「役職」「仲間」「家族」「お金」「健康」「情報」この別れを「出会い」にしてはどうかと「人類は死を知ってしまった1種類の生き物」だと丁寧な...長谷川幸介先生講演(さくら大学第4回学習会)

  • ゴルフシーズンが始まった!

    寒い冬が終わり、コロナも「新しい生活様式」と捉え、いよいよゴルフ場通いがスタートした昨日、常陸大宮市の「セブンレイクスゴルフクラブ」風もなく穏やかな日となり、快適なラウンドができた高校時代の同級生で行っている「健遊会ゴルフコンペ」だ実に今回が62回目!3組10名でのコンペだった花粉の飛散が尋常でなく、薬を飲んでマスクをしてのプレーだったが気心の知れたメンバーでのプレーで終始和気藹々で行われたネット68で女性の「F・A」さんが優勝、次回幹事となった今後、3月から4月にかけてすでに4回の予定が入っている頑張らなくちゃ!!ゴルフシーズンが始まった!

  • 家庭菜園活動開始!

    暖かな木曜日、良い天気になった梅の花が7分咲きで見ごろを迎えているそろそろ畑づくりを始めようと8時30分、公務員並みの出勤寒い冬を過ごした畑は、やっと暖かくなり雑草が伸び始めていた保温シートで冬を越した「玉ねぎ」と「ニンニク」今日、保温シートを剥ぎ中で成長していた雑草を抜いてあげた厚いシートで保温していた「そら豆」はシートをはがすと「そら豆」を覆うように「ホトケノザ」がいっぱいだった「ホトケノザ」は「サンガイクサ」とも呼ばれているようだが、旺盛な繁殖力だ畑全面を耕運機で耕運、トラクターの出番はなかったが、午前中いっぱいかかったこれから消石灰を散布、牛糞などの堆肥を撒き「じゃがいも」を植え付けるそして5月上旬にかけ「夏野菜」の植え付けが始まる体を動かし、楽しみだ!家庭菜園活動開始!

  • 郵便が遅くなった!

    先週の木曜日近くの郵便局に切手を買いに出かけた担当の方から、「今日投函しても配達は月曜日になります、それでいいですか」とこれまで県内への郵便はほぼ翌日に配達されていたので「どうして?」と尋ねると基本的に翌日の配達はなくなり、最短でも2日後の配達になるそうだそんなわけで木曜日に郵便を出すとこれまでは土曜日の配達があり、配達されたがすでに土曜日の配達はなくなっているため、月曜日配達となるそうだ月曜~水曜は2日後で週内に配達されるが、木曜日以降は翌週になるとのことだった雨の日も風の日も雪の日も必ず配達が当たり前になっていた昨今、この変化は少し驚いた「国の働き方改革の一環」と思われるが、急ぎの郵便があった場合は「要注意!」だこのほか郵便局などでは「硬貨取り扱いが有料」となっていて、「小銭」の貯金や両替に気を遣う必要があ...郵便が遅くなった!

  • 真竹をもらって下さい!

    我が家の近くに竹林がある昔、真竹は様々な用途があり貴重な資材であった現在はその需要が少なくどちらかといえば「やっかいもの」になっているこのほど市長に直訴し竹林の間伐をしていただいた長年放置した竹林でその間伐は大変な労働と感じていた約半月、竹林は奥が見通せるほどになったこの事業は茨城県が設けている「森林湖沼利用環境税」が投入され行われたさっぱりしたものの「間伐竹」の処分に困っている竹林内に野積みにされているそこでこの竹を何かに使用できないかと考え、我が家では一部の竹を使って「フェンス」をつくった孫たちがボール遊びをするとき飛んでいかないようにしたそのほか孫たちが「流しそうめん」をしたいと言い出し、竹を二つに割り、芯をくり抜きひときわ長いそうめん流しをやろうと思っているさらに花瓶代わりや竹細工などにも利用できる家庭...真竹をもらって下さい!

  • 今日は3月3日の「ひなまつり」

    2月中旬、妻が「ひな壇」を飾った!孫娘のひな壇だが、いつも箱の中では可哀想と毎年3月3日に向けて飾り付けているそれを知ってか知らずか孫娘たちは全く関心を示さない当然ながら雛祭り(ひなまつり)は、日本において、女子の健やかな成長を祈る節句の年中行事だ幼い時のみならず飾り付けてあげるのが良いと思っている私の娘たちの時代は10段とか8段とか様々な「雛」が壇上を埋めるように飾り付けた時代は変わった、そのような大きな「ひな壇」は姿を消し、小さな部屋でも飾れるようにコンパクトな「ひな壇セット」が主流だ我が家に飾った「ひな人形」だ二人の孫娘は小学4年と2年関心を示すのはもっぱら「ユーチューブ」ユーチューブに見入っている時は聞く耳を持たず声をかけても返事もなく、じいじは少し寂しいと感じている今日は3月3日の「ひなまつり」

  • プーチンの狂気、国連の常任理事国に問題あり!

    ウクライナがプーチンの「狂気の沙汰」で悲鳴を上げているまさに「力による現状変更」そのものだ!これまで北方領土の返還交渉のため、言いたいことを言わず、プーチンを「おだて上げ」極端な刺激をさけてきた日本北方領土に係る様々な経緯はあるものの北方領土の返還は現実的に無理があり、たとえ返還がかなったとしてもすでにロシア人の地域となった地域の統治を考えると「混乱が多すぎる」と思う「力による現状変更」は中国でも同様だ、これがまかり通れば「世界大戦争」も視野に入ってくるそこでいつも気になっているのが「国連安全保障理事会の常任理事国制度」だ「国際連合」は中国、フランス、ソビエト連邦、イギリス、アメリカおよびその他の署名国の過半数が批准したことを受けて1945年10月24日に正式に設立された第二次世界大戦の教訓をうけ設立された国際...プーチンの狂気、国連の常任理事国に問題あり!

  • 今日の袋田の滝

    さきにNHKニュースで「袋田の滝全面凍結」と報じられたそれから日が過ぎたが今日、出かけてみたいつものように滝手前1kmの町営駐車場に車を置き、歩いた!ここしばらく見たこともない人の混雑がありました有料の「滝見トンネル」は通らず、直接「吊り橋」に向かうコースをとった遠くに「袋田の滝」が見えるそして「吊り橋」からこの吊り橋、大きく揺れます、もう少しでスマホを落としそうになりました展望台も見えますそして「袋田の滝」少しカメラを引くと滝見台と山並みが今日の袋田の滝、凍結は半分ほどこの渇水時でもかなりの水量があり見事でした今日の袋田の滝

  • 雪の偕楽園へ

    昨夜の雪が残り、偕楽園の雪景色もいいかなと向かった田鶴鳴梅林広場から「偕楽園好文亭」を見るなんと偕楽園は今日から「有料」になっていた雪で人出もまばら、さらに梅の開花はまだまだどうして今日から有料?と聞いてしまった!これが「東門から好文亭を望んだ」画像人も少なく、売店も休業、露店は出ているが開店休業状態、今年の「水戸の梅まつり」開催は「コロナの様子をみながら決める」そうだ今日の茨城県の感染者数は1,700人を超えるとラインに入った開催は無理だろうと思う、日を追うごとに増えている!梅のつぼみは雪の中でも確実に膨らみ、もうすぐ綺麗な花を咲かせてくれるようだ偕楽園広場から「千波湖」を見る千波湖を散歩しようと偕楽園を後に途中の跨線橋から常磐線の特急が「偕楽園駅」に停車しているのを見かけた利用客はほとんどなく、数人が下車し...雪の偕楽園へ

  • 相続登記はたいへん!

    法務局から「未登記土地があるので速やかに手続きを!」と通知があったこれまで相続手続きは完ぺきに行ってきたので、何を言われているのかわからなかった!法務局では未相続未登記土地の増加で公共事業等に支障をきたしていることから今後罰則規定を設ける等の法改正も行い、未相続土地の解消を図るという相続手続きは「国民の義務」と考えていたことから、法務局に行き「法定相続人情報」を取得し、相続の「権利者名簿」を入手した名簿をみてびっくり!知らない人がいるいるこれまでの人生で会ったことのない人や名前さえ聞いたことがない人など「どうなっているの?」今回の案件では「曾祖父名義の土地」だった、約50年前の案件だった当然ながら相続人は多かった!3代前でその相続人は15名親戚に含まれる人たちだが、そのうち約半数以上は普段の交流がない人だ市役所...相続登記はたいへん!

  • 今日、3回目のワクチン接種完了!

    昨年6月中旬に2回目の接種、それから7ケ月余りで3回目の接種を終えた!前回と同じ地元の総合病院での接種だったが、一日の予約人数を増加させたのか大変な人だった受付に並ぶも約20人ほどが列をつくっていた受付を終え、接種場所に向かうとそこにはさらに多くの人が接種待ちをしていたそれでもすぐに「医師の問診」に呼ばれ、予診票をもとに体調などを確認された問診が終わると接種になるのだが、今日は3か所で接種が行われていて一人2分程度の時間で接種が進んでいた約20分ほどで呼ばれた接種する看護師は「昨年と違い皆さん厚着をしているので、肩上部を出すのに時間がかかってしまう」と言っていた私は腕の上部を早く出せるよう「半袖シャツ」を着ていったため「褒められて」しまった!その後約15分の経過観察を経て帰宅が許された一方、娘から一昨日、「孫息...今日、3回目のワクチン接種完了!

  • ワクチン接種で思うこと

    コロナ禍における蔓延防止措置が始まった!明日から当地区の小学校は「分散登校」に「感染を心配し児童を登校させたくない場合はリモートでの授業を行う」「登校できる場合は通常の授業を行う」と県教委からの要請を受けた各市町村が対応を決めたという長く続くコロナ禍この2年間、人類はたくさんの課題を投げかけられその都度振り回されながらも生き延びる手法をあみだしてきた「ワクチンが最大の防御となる」とワクチン接種を急ぎ、これまでに国民の9割を超える人が接種を終えた昨年10月、緊急事態宣言が解除となり、感染者数は極端に減少、当地域では新規感染者数0人の日が続いた人々は「コロナ禍は終えたような気」になり、マスクや手洗いこそ欠かさないでいたが1月半ばから「オミクロン株」の出現により、これまでに例のない新規感染者数となっている当地域でも「...ワクチン接種で思うこと

  • まさか雪とは!・・・常陸大宮市尺丈山

    寒い朝だったが陽がのぼるにつれ暖かくなった近くの山に登りたい気分となり、我が家から約20㎞ほどの常陸大宮市にある「尺丈山」に出かけたところが旧美和村高部の宿を過ぎると小雪が舞い始めた雪用タイヤなので積もっても大丈夫と考え尺丈山を目指した!予定では麓から約1時間かけて登るのだが、想定外の「雪」しかも登り口付近はすでに数センチの積雪にあとで登ることとし、引き返そうとおもったが、ここまで来たのだからと車で8合目まで登り頂上まで歩くことにした山頂はここから更に北に、鳥居があった!これが山頂にある神社神社裏からの眺めここが「尺丈山山頂」511.5mだ!頂上からの眺望だが雪が舞い遠望はなかった神社を後に遠くに男体山などがみえる案内板がある登って来た時みえた山頂休憩所に入るここは地元の人たちが毎年下草刈りを行い極めて綺麗な山...まさか雪とは!・・・常陸大宮市尺丈山

  • 岸田さんいい感じです!

    岸田内閣が誕生してまもなく3か月よく頑張っていると思うあの「安倍、菅内閣」をあの混乱を経て引き継いだ思えば河野さん優勢の状況の中、様々な憶測をされ勝ち抜いた党首選挙だった当初、河野、小泉、石破連合に勝てないと思われたが「影の権力構造」も作動、勝ち得た首相の座コロナ禍で前途険しい船出だった「国民の声を聴く」と初心を表明した岸田さん18歳未満の子に支給を決めた給付金5万円を現金で、残りの5万円をクーポンで支給との計画に、日本国中が賛否の渦に全国的な世論が10万円現金一括を希望していると知ると、躊躇なく「10万円一括も可能!」と方針転換「森友」「学術会議構成員問題」では、すでに当時の政権が決めたものといいながらも「改めて話を聞きたい」と自民党人事では、「二階幹事長」を捨て、衆院選選挙区での苦杯をなめた「甘利幹事長」の...岸田さんいい感じです!

  • 常陸大宮市の賀詞交歓会に出席した!

    今日、市の賀詞交換会がロゼホール(大ホール)で開かれ案内を受け出席したコロナ禍で昨年は行われず、一昨年4月に新市長となった鈴木市長にとっては初めての「賀詞交換会」となった1,000人は収容可能な大ホールで間隔をとり約300人ほど出席した先の衆議院選挙で茨城1区選出となった福島伸享議員も出席、丁寧な挨拶を述べた鈴木市長は3つの政策プロジェクトを推進すると表明一つは「常陸大宮市に住みたい魅力あるまちづくり」その目玉が「常陸大宮駅周辺整備事業」だ現在、駅の東西駅前広場整備のための実施設計に入ったと二つ目は「常陸大宮市で育てたい、子育て支援と教育の充実」子供たちが学業やスポーツ、文化・芸術の面でしっかりとした結果を残せる施策の展開を強調した三つ目は「常陸大宮市に来たい、新たな魅力の創出と磨き上げ」那珂川や久慈川を含む多...常陸大宮市の賀詞交歓会に出席した!

  • 今年も村松虚空蔵尊に!

    恒例の村松詣に出かけた新年も8日となったが参拝客は多く、国道245号沿いの駐車場所はいずれも満車それでも出入りは多く、待ち時間も少なく駐車できたまず虚空蔵尊へ今年は年男ではなく本堂に上がらず長い列に加わり参拝したコロナ禍だが参道には沢山の露店が並び正月風景をつくっていたいつものようにしっかりと安全・健康を祈願したそしてお隣にある「大神宮」へここは伊勢神宮と同じく「天照皇大神」を祀る「茨城一の宮」神社だ虚空蔵尊隣にあることからもこの大神宮参拝者は多く我が家では恒例の参拝ルートとなっているここでも「コロナ退散」と「安全・健康」を祈願したここまで来たならと「日立おさかなセンター」へ「みなと亭」で海鮮の昼食をとり帰路に就いた今年も村松虚空蔵尊に!

  • 笠間稲荷神社へ初詣

    妻の実家のある笠間市の「笠間稲荷神社」へ初詣に出かけたもう今日は正月4日、参拝の人は少なくなったと思い出かけたが・・・まず駐車場がない・・・やっと駐車場を見つけ神社へいつも仲見世通りは通らず、神社横の駐車場側から入るのだが、今日は参拝者の長い列が仲見世を通り越し、門前通りまで延びていた!止む無く並んだ!それでも30分もかからず山門へそして本殿へ毎年恒例だが、家族の健康と安全を願った!ここ笠間稲荷は茨城県南の土浦やつくば方面、さらには栃木県、埼玉県からの参拝客が多いようだ門前通りでは名物の「お稲荷さん」を求める長い列もできていたことしもつたない独り言を綴ってまいりますのでよろしくお願いいたします!!!笠間稲荷神社へ初詣

  • 「年越しそば」ができました!

    今年も「あっ!」と言う間の一年だった!コロナ、コロナで様々な制限を受け、お泊りも、宴会も企画するには二の足を踏んだそんな中、今日は大晦日いつもの年と同じように「年越しそば」を打った我が家では昔から麺をつくるのに「そば打ち機」を使っているそば打ちは、主に母親の仕事だった上手だった!母親の作った「けんちんそば」を食べることはいつも楽しみだったそば粉と小麦粉をブレンド、水を回し、丁寧に大きな「そば玉」をつくる一般的にはここから麺台に移し、麺棒で大きく延ばし、麺切包丁でそば切りをするのだが麺ばちで丁寧にこねた後、厚地のビニール袋に移し、足で体重をかけ何度も踏むのだ!平らになったら取り出し、再度丸めて踏み続ける、10回ほど繰り返すと完ぺきな「麵生地」となるこれを「のし」「切る」機械に投入、ほどよい太さに調整しそばにしてい...「年越しそば」ができました!

  • グラウンドゴルフ大会

    今日、グラウンドゴルフ大会に参加した!場所は常陸大宮市の元の「アザレアゴルフクラブ」だったこのゴルフ場はこれまでゴルフ仲間とたくさんラウンドした懐かしいゴルフ場だった2年ほど前、ゴルフ場は18ホールを9ホールに縮小し継続しているがさすがに近隣に多くのゴルフ場が散在していることもあり、あえて9ホールでのプレーはしていない残りの9ホールは大きなサッカー場や「グラウンドゴルフ場」に蘇り、おおくのプレー客で賑わっている今日は仲間と組織している「はつらつ倶楽部」のメンバーとの大会だった8ホール×4コース=32ホールでの大会だったが、平面のコースと違って起伏ありの芝コースで楽しくラウンドできたいつもはゴルフクラブだが、レンタルのグランドゴルフ用クラブは勝手が違い、強弱や打点など難しい13人中8位になったが、優勝者のプレーは...グラウンドゴルフ大会

  • 孫の持久走大会

    寒い朝だった!孫娘の持久走大会が行われ、見学に出向いた大会が始まる頃には太陽ものぼり、暖かい陽射しとなった当地の小学校は「小さな学校」で1学年約20名、全校生徒も約120人程度だそのため、子供たちはすべての児童の名前や顔を知っていて本当に仲良しだ!今日の持久走大会は1・2年男女、3・4年男女、5・6年男女の6クラスで行われた我が家の孫娘たちは二人とも優勝となり、「じいじ」「ばあば」を喜ばせてくれた昼休みに行われた表彰式では「金メダル」を掛けていただいたと笑顔で話してくれた元気で成長を続けてくれている孫娘に乾杯!だ孫の持久走大会

  • 記事総数が1000件になりました!

    今から8年前の2013年11月、「よっちゃんの独り言」はスタートし、本記事で1000件となりました!日数で言うと2953日です約3日で一つの記事を書いたことになりますがここのところはひと月で約7~8件程度少し書き込みのペースが鈍っています実はgooブログでもう一つブログを書いていました「いばらきの祭りを研究する会」というブログでしたが、4年ほど前、会を解散し、ブログを閉じましたこちらは2007年スタートのブログでしたこちらを合わせるとブログ年数が14年になります「独り言」での言いたい放題の書き込みでしたが読者の皆様からたくさんのコメントやメールをいただき本当にありがとうございますもっともっと当地を紹介したいとの思いでスタートしたのですが、愚痴っぽい記事が多くなりお叱りを受けた時もありました今後、投稿のスピードは...記事総数が1000件になりました!

  • シニアゴルフコンペに参加した!

    地域のシニアゴルフ大会に参加、お日様の出番のない寒い一日だった雨は降ることなくプレーは楽しくラウンドできたゴルフ場は常陸大宮市内の「カバヤゴルフクラブ」何度もプレーしているゴルフ場だが「変わった置物があった!」岡山ナンバーの「カバ自動車」だこの車を運転して岡山から来たのだろうか?コンペではなんと準優勝!!ハンディキャップをたくさんいただいている結果なのだが豪華な賞品をいただき恐縮至極楽しい一日だったシニアゴルフコンペに参加した!

  • 巨大なイルミネーション!

    城里町役場のコミュニティセンター建物の周囲に巨大なイルミネーションが出現した!いつからいつまでかはわからないが、昨日近くを通り気づいた思わず停車、町役場の駐車場に車を停め撮影したこの時期、いろいろなところでイルミネーションを見かけるがここのは「巨大」一見の価値がありそう・・・お薦めです!巨大なイルミネーション!

  • 上田薫とリアルな絵画

    水戸市にある茨城県近代美術館で12月12日まで開催されている絵画展に出かけた上田薫さんと現代作家による「リアル」な絵画表現だ上田さんは1970年代に「割れた生玉子の殻から中身が落ちる瞬間を描いた絵画」を発表しているそのほかスプーンですくい取られたアイスクリームやシャボン玉、水の流れといった身近なものの見せる一瞬の姿をリアルに表現する作品が展示してあるそのリアル性はとても「絵」とは思えない、まさに「写真そのもの」だ残念ながら撮影禁止のためその画像をお見せできないが、一度見る価値のあるものだった上田薫とリアルな絵画

  • 宮古そば「権三郎」へ

    福島県喜多方市宮古地区にある宮古そばの店「権三郎」へ行ってきた!そば大好きであちこちのそばを食べ歩いているが、ここのそばは「絶品」だ!磐越自動車道の会津坂下IⅭを降り、約15分ほど北へ磐越西線「山都駅」の前を通り、約10㎞山道を進むと「宮古地区」がある「権三郎」は何度も訪れていて、勝手知ったるお店でたくさんあるそばの店をパスし、直行したこの日、磐梯熱海を過ぎると雪が舞い、猪苗代町に入ると吹雪だった雪用タイヤに交換して向かったので、宮古に通じる狭い山道も快適に進むことができた!強い雪だったが、お店はほぼ満席だったそばと「こづゆ」「天ぷら」「刺身こんにゃく」などが付いた「セットメニュー」を注文まず「水そば」でとあっあたが、何度も味わっているので普通にこれが「宮古そば」「大盛で」と頼んだのがこれ、お椀の中に簾があると...宮古そば「権三郎」へ

  • 秋の風景(那珂川)

    運動不足から体重が増えてきた今日は1時間30分、約10kmを歩いた至るところで「秋」を感じ、吹く風も穏やかで快適な散歩だった近くの那珂川べりを歩くと枯れたススキやヨシが黄色く変色しまもなく「冬」の到来を待つばかりだいつもの年だと「鮭の遡上」がみられる那珂川だが、今年はほとんど見ることができないなぜ生まれた川に戻ることができないのか、成長過程で他の魚類の餌食になったのかいつもと違う川の風景に少し残念になった秋の風景(那珂川)

  • 七五三詣で in 笠間稲荷神社

    孫息子がもうすぐ5歳になる七五三祝に笠間市にある笠間稲荷神社に詣でることになったぜひ「じいじ、ばあばも一緒に」と誘いがあり出かけた孫息子の晴れ姿に感無量だった離れてはいるものの、生まれてからずっと見守ってきた風邪をひき熱を出したり、小さなケガもあったそのたびに「じいばあ」の出番だったそれがこんなに大きくなったコロナ禍のお祝いでマスク着用の御祈祷だった15日の七五三の日を前に今日もたくさんの子供たちだった七五三には「四方を制することができる」よう、「碁盤にのって着付けをしたり、四方を拝んだり、碁盤から飛び降りたりする習わし」があるそうだ。じいじばあばはいつも元気で飛び跳ね大きく羽ばたいてほしいと願っている七五三詣でin笠間稲荷神社

  • 今日は湯友会!

    絶好の好天だった!湯友会が常陸太田市「新西山荘カントリー」で行われたこのゴルフ場、何度か「雨プレー」が続いたが今日は雲一つない晴天だったOUTコースの17番ぽつんと浮かんだ島にグリーンだけがひとつここにワンオンするのがなかなか難しい100ヤード前後のコースだがオンしなければ池ポチャ今日は4人中、3人がワンオン気分爽快だった最終ホールまで楽しいラウンドだったそして、約2年ぶりの懇親会を開催それぞれの連れ合いも参加、賑やかな夜を過ごした今日は湯友会!

  • 2021永源寺

    この時期、大子町にある「永源寺」の「もみじ」が賑わっている!「もみじ寺」として極めて有名で平日にも関わらずたくさんの見学者が押しかけている先日、「花貫渓谷のもみじ」に少し残念な気分になったことから今日訪ねた永源寺駐車場そばのまさに「もみじ」まさに見ごろ!たくさんのお地蔵様に映えるもみじ山門から本堂に続く境内にもお地蔵さんが「こんにちは」と参拝!帰り路ここにもこんなに真っ赤な坂道から駐車場を見る大子町役場駐車場脇に永源寺見学者駐車場が設置してあり、そこから川沿いの遊歩道を数百メートル歩くと永源寺に着くぜひお薦めだ!2021永源寺

  • 花貫渓谷の紅葉?

    そろそろ花貫渓谷の紅葉も始まったかと出かけた大能駐車場はたくさんの車で期待を持たせてくれたがいつもと違う紅葉にはまだ早いのか、今年は例年の紅葉が見られないのか駐車場から歩くこと約300m最大の見どころ「汐見滝吊り橋」はさぞかしとところが・・・これが「汐見滝吊り橋」下を流れる「花貫川」と汐見滝紅葉が始まっていない!まったくの期待外れだった駐車場までの戻りで見つけた「カエデ」がこの程度来週あたり出直そうと帰路についたが、果たして?花貫渓谷の紅葉?

  • 「里美かかし祭」を見た!

    お隣の市なのだが、我が家から車で40分ほどかかる常陸太田市大中町にある「里美ふれあい館」で開催されている「里美かかし祭」を覗いた全体風景はこんな感じ「ひげじい」東京オリンピックで人気になった「ピクトグラム(陸上競技)」「マツコ・デラックス」ほどよく感じが・・・今、流行の「ボッチキャンプ」コロナの終息を願った「折鶴」見事な恐竜も、準グランプリの表示がそして「グランプリ」がこれだ!!「福来朗」くんたくさんの出品に驚いた「里美かかし祭」を見た!

  • 「おひまじ」に参加した!

    「お日祭り」を「おひまじ」と読んでいる昔から伝わっている当地域の「行事」の一つだ昔は農繁期を終えた時期や冬が終わろうとする時期に「つかの間の休養として班内の人たちで飲んで食べて語らい」を持ったのが始まりと思われる長い間引き継がれてきた「掛け軸」や「記録簿」が小さな箱に収められ毎回引継ぎが行われている今回の当番家はHさん宅だった行事は10年以上前から「ゴルフコンペ」と「宴会」となった今回のゴルフ場は常陸大宮市の「カバヤゴルフクラブ」クラブハウス前の「カエデ」、見事な紅葉だ!自宅から数分で行ける「勝手知ったるゴルフ場」だった絶好のゴルフ日和に恵まれ、快適なラウンドを楽しむことができたスコアは相変わらずだったが、気心の知れた仲間とのラウンドは気遣いもなくリラックスできた夕方からは「宴会」近くの料理店で賑やかに行われた...「おひまじ」に参加した!

  • 今日は人間ドックに!

    毎年この時期に「人間ドック」を受診している水戸市内の病院で年1回、これまでに30回以上受診してきた年齢を重ねるにつれ、様々な検査結果がでるまず「目」視力検査ではこれまで視力1.5が当たり前で、若い頃は2.0の時もあったそれが今、老眼が進み、今日の検査ではなんと「0.7」と「0.5」だとこのままさらに視力が落ちると「車の運転」にも支障が出そう次に「聴力」どんなかすかな物音も聞き逃さなかったのに、「高音部」が聞こえにくいと判断されたそういえば人の話を「聞き返す」ことが多くなった腹部超音波検査では内臓の状態を検査するのだが、腎臓に嚢胞があったり胸部レントゲンでは「小さな影」を指摘されたりいつも気にかけている「血液検査」コレステロールや血糖、血清アミラーゼなどの数値に一喜一憂尿潜血や便潜血も陽性になるとその後の検査が辛...今日は人間ドックに!

  • 日塩もみじラインを走った!

    日塩もみじラインは栃木県日光鬼怒川温泉と塩原温泉を結ぶ28.5kmの道路だ!「日塩有料道路」通称「日塩もみじライン」は、その名のとおり、北関東でも紅葉の美しいスポットとして有名な道路だが、冬のスキー以外ではあまり行くことはなかった今日、塩原温泉側から鬼怒川温泉に向け、もみじラインを走った!この道路は長い間、有料道路だったが令和2年12月11日から無料となっていて、無料で走ることができるハンターマウンテンスキー場を過ぎ、「エーデルワイズスキーリゾート」があったここは若い時期に何度も何度も訪れたスキー場で昔は「鶏頂山スキー場」と呼ばれていた懐かしさから車を降り思い出を辿ったそして、「峠の茶屋」ここ峠の茶屋の前にあるもみじは『寄り添いもみじ』「思いもみじ・思われもみじ」と名付けられ、春はさわやかな新緑、秋は紅葉と毎年...日塩もみじラインを走った!

  • コロナ禍の修学旅行!

    昨年の今頃も目にしたが今日も那珂川をラフティングボートで下るたくさんの姿があった撮影していた引率の方に聞くと千葉県内の中学生が「修学旅行」で川下りを選び、今日実現したと大型観光バス3台でこの地を訪れ、ボート15艇に分乗栃木県境の新那珂川橋から那珂川大橋までの約6㎞、途中休憩をはさんで約1時間30分急な流れに入るとボートは速度を上げ、大きな歓声が山並みに木霊したコロナ禍中の修学旅行も形は変わったが子供たちは十二分に満足していた感じだった今日の那珂川は水量も少なく、安全面では問題も少ないと感じたが、引率の教員たちの気遣いは大変だと感じた!コロナ禍の修学旅行!

  • 健遊会10月例会を行った!

    前回優勝し、今月の幹事となり今日、第60回健遊会を行った!場所は常陸太田市の「新西山荘カントリークラブ」若干小高い丘陵地に造られた「本当に綺麗なゴルフ場」だこのゴルフ場のクラブハウス天井を写した大きなドーム型屋根が二つ、ロッカー室は靴を脱ぎ利用するトイレの広さ、清潔さ、完ぺきだ!メンバーから「ここって料金高いんじゃない?」ごく一般的な料金というより他並みのリーズナブルな料金設定で、昼食メニューも豊富で美味しく「満足」の一言だった健遊会は先の「湯友会」につづいての開催だった一週間前から天気予報で「雨マーク」が点灯、天気が心配だった今日の新西山荘カントリークラブ、雨こそ降らなかったが強い風が吹き荒れたティーショットのためセットしたボールがティーから落ちるほどの強風だったそれでも雨が降るよりはマシだった同級生のゴルフ...健遊会10月例会を行った!

  • 一刻も早い農業振興地域制度の見直しを!

    この制度は昭和44年の「農業振興地域の整備に関する法律」の制定に伴い創設されたものだ要するに長期間にわたり農用地区域を設定することで第一次産業である農業の存続を維持する制度と捉えているこの地域設定を受けると「農用地」だけの利用となり、建物の建築など他の用途に使用できない厳しい規制がある当地では、このほど13年前に焼失した「寺院の再建」を目指す動きがはじまり、現在地をはじめ将来を見据えた場所の検討が必要となった直近の動きとして現在地に近く防犯上も安心できる直下の水田(非耕作地)を第一候補として選定し手続きを始めた行政書士に手続きを依頼したが、引き受けていただいた行政書士の返事はいとも簡単に「農振地域でしかも青地」であるため「建物の建設はできない」との返事があった農用地域には青地と白地があり、青地は農用地域でも特に...一刻も早い農業振興地域制度の見直しを!

  • 偕楽園周辺散歩!

    千波湖湖岸に駐車千波湖湖岸を周回、桜川沿いに水戸駅方面へ銀杏坂、南町、泉町を経て「西の谷公園」へ晴れて清々しい風がなんとも気持ちよかった西の谷公園では持参したコンビニ弁当を食べたコンビニ弁当が本当に美味しかった!さらに偕楽園方面に常磐神社鳥居脇の空き地に「コスモスが満開」だった茨城県が誇る「農人形」とコスモス「農人形」:徳川斉昭公は国の基である農民が、度々の天災にも負けず、日夜汗と泥まみれに働く尊い姿に心うたれ、自ら青銅で作った農夫の像(農人形)を食事のたびに膳にのせ最初の一箸のご飯を供えて農民の労に感謝したそうだ農人形は、水戸独自の農本主義から生まれた像で、全国にその例を見ないものだと。そして再び千波湖へ約13,000歩の快適な散歩だった!偕楽園周辺散歩!

  • 岸田政権が誕生したが・・・

    紆余曲折の末、自民党総裁選挙で選出された岸田さんが今日の衆議院本会議で第100代の内閣総理大臣に選出された「期待せず」が正直な感想だ「岸田さんの顔をした安倍内閣」と言われているまずいけないのは甘利さんを幹事長に据えたことあの「うそつきな安倍さん」の息のかかった人だからだ私はあの「森友事件」「加計事件」「桜を見る会事件」を決して忘れない訴え続ける赤木さんの奥さん総裁選挙でその再調査に賛同したのは「野田さん」のみ森友事件は最終的に財務省が「公文書の改ざん」が判明したにも関わらず、その責任は安倍さん及び周辺に及んでいない加計事件は安倍さんと仲良しだった岡山理科大学の加計理事長が「国家戦略特区事業として52年間もどこの大学でも認められなかった獣医学部」を新設することを認めたことだ「特別な便宜をはかった疑い」がもたれてい...岸田政権が誕生したが・・・

  • 湯友会を開催した!

    コロナ禍の中でも毎月行ってきた「湯友会」今日は常陸大宮市の「セブンレイクスゴルフクラブ」台風16号が接近中とのことだが、今日は快晴、風も弱く絶好の「ゴルフ日和」だった大きなコンペが2組ありそれなりに賑わっていたスタート時点で感じた冷え込みもすぐに解消、半袖での快適なラウンドになったただこのコース、厄介なコースがあり今日もその泥沼にはまってしまった快適にスコアメイクしていったが、レイクコースの6番、ここは左にOBライン、打ちすぎると谷底というロケーションこのOBゾーンのどちらにもつかまりなんと上がりのスコアは「11」。パー4なので「7オーバー」これで意気消沈つらいラウンドとなってしまった!このハーフ、なんとか「49」で上がれたのは良かったが、クラブハウスに「レイク6番コース改修」を希望したいと思った?さらにロッキ...湯友会を開催した!

  • オンライン授業が定着!

    今月中旬から孫娘二人が「オンライン授業」を受けている小学生だが学校から「タブレット」を借り受け、朝8時15分から11時30分までの午前中授業オンライン授業が始まる前、3日間ほど「操作方法」の指導を受け今月13日から本番が始まった孫娘たちは、両親がいないときは我が家で受講果たして正常に接続できるかなど毎日気をもんでいる孫娘たちは全く心配もせず、オンライン受講しているクラスの仲間に「手をふったり」「声をかけたり」ほんとうに伸び伸びだ!当初、老婆心ながら「オンライン授業がうまくいく」とは考えられなかったなぜなら対面授業でさえ多様な子がいるのに、オンラインで子供たちをまとめ切れるのかと思っていた授業中、覗き見してみると「なんとスムーズ」に行われていた先生が「・・さん、元気ですか?」孫娘が手で〇をつくって合図、それぞれの...オンライン授業が定着!

  • 新米が出来ました!

    9月12日、JAのコンバインが田に入り、稲を刈り取ってくれた!長雨が続き、田が「ぬかるみ」となって刈り取りはさぞかし大変だろうと心配していたさすが新型のコンバインいとも簡単に刈り取ってくれたただし、今年も苗を田のクロ間際まで植えてしまったため、さすがにそこは苦労したようだそして今日、JAから「乾燥が済んだ」と連絡が入り、早速引き取ってきた!軽トラが「重たい」と言っているようだった早速、近くのコイン精米に持ち込み「令和3年新米」が出来上がった!この後の楽しみは「新米」と「塩引き鮭」だけで食べることだ!毎年、こんな贅沢はないと感じつつ美味しくいただいている!!新米が出来ました!

  • 雨が続き稲刈りができない!

    今年はコメが豊作だ!たわわに実った稲穂が頭を下げ、じっと刈り取りを待っている今年はお盆すぎから雨や低温が続き「水稲の出来」を心配していたが・・・心配無用とばかり、稲穂の粒は大きく、量も極めて多いところが9月に入って「長雨」が続き、JAに依頼している「刈り取り」がいつになるのか心配している毎年心配することだが、雨風で稲が倒伏しかかっていて「一刻も早く刈り取りしてくれればいい」と願っているこの先、台風など来たら「完全に倒伏」してしまい収穫も大変だ!となりの田はすでに刈り取りが済んでいる今朝、JAの大型コンバインが近くまで来たが、昨夜来の雨粒が残っていてなかなか始まれないでいた「田の耕起」「水利組合の掘払い共同作業」「代かき」「肥料の散布」「田植え」「除草剤の散布」「水の管理」「殺虫剤の散布」「畔の除草」「水利組合の...雨が続き稲刈りができない!

  • リモートで講話を行いました!

    市と地域連携協定を結んでいる茨城大学1ケ月ほど前、市の担当課から「令和元年台風19号の水害時、区長の苦労話をしてほしい」と連絡があった要するに水害の概要、地域の支援、まとまり、水害で得た教訓、情報伝達の重要、地域のコミュニティなど区長の立場で経験したことを講義してほしいと言うものだった何度か打ち合わせを行ううちに「その概要」が見えてきた大学生に講義を行うなど経験がなく躊躇したが強い要請に「引き受けてしまった!」現役時代に「この地域連携協定の締結を担当していた」こともあり「少しでも役にたつなら」と考えた約30名の学生が当地を訪れ、対面での講話をする予定だったその後、県内にもコロナ禍の「緊急事態宣言」が発令され、対面での実施は不可能となり、リモートで行われることになったこれがまた困った!慣れれば違和感がなくなるのだ...リモートで講話を行いました!

  • 感動の連続!東京パラリンピック

    東京パラリンピックが開幕し、はや終盤を迎えている様々な障害を持つ人たちが伸び伸びと羽ばたいているその姿に感動を覚えているのは私ばかりではない、世界中の多くの人が感じているはずだ!水泳競技では50m自由形に「両腕がなく両足だけ」で泳いだ選手が見事に「金メダル」日本の「鈴木孝幸選手」は両腕、片足の「膝から下」がない障害者ながら今夜「メダル5個目」に挑戦する手のない選手は頭でゴールする、痛いだろうと心配してしまうしかし、それより衝撃的なのは「両手がない」「両足がない」人たちが「水泳を行える」ことだった健常者でさえ泳ぐこともできず、泳ごうと学びを始めてもいつの間にかやめてしまう人も多いさらに大会では躊躇なく「不自由な姿」を堂々と表に出し、懸命の泳ぎを見せつけてくれる目の障害者に至ってはサポーターの支援を受けるも健常者と...感動の連続!東京パラリンピック

  • 坂東三十三観音巡り(7)日輪寺

    日輪寺は坂東三十三観音の第21番札所茨城県久慈郡大子町の栃木・福島県境にある「八溝山」の中腹より山頂に近い場所にある宗派は「天台宗」本尊は十一面観音菩薩だ創立は西暦673年八溝山の標高は1022mなので約300mほど下った場所にあるが、大子町を走る国道118号の分岐から入ること約20㎞道路はやや狭くなるが完全舗装で、車の量も少なく快適な自動車登山ができる日輪寺は「八溝知らずの偽坂東」と言われ遥拝で済ませる人も多かったほど坂東札所第一の難所だったと言われている火災など幾多の災難を経て、昭和49年六間四面の観音堂が全国からの浄財で完成したやっと到着し参拝しようと階段を登ったところが「受付」の場所がないばかりか「本堂は戸閉」、御朱印はいただけないと覚悟したしかし、本堂の扉に「留守の場合の連絡先電話番号」が貼ってあり、...坂東三十三観音巡り(7)日輪寺

  • 坂東三十三観音巡り(6)佐竹寺

    緊急事態宣言の発令で出かけるのが気になったが、我が家から20㎞ほど、同じ県内なのでと出かけた常陸太田市にあり、真言宗豊山派の寺院だ、坂東33観音の第22番霊場「佐竹寺」創立は西暦985年(寛和元年)本尊は「十一面観音菩薩」だ妙福山佐竹寺といい、「北向観音」とも呼ばれている佐竹氏代々の祈願寺と定め、天文15年(西暦1546年)佐竹18代義昭が佐竹城の鬼門除けとして現在地に再建し、「北向観音」とも呼ばれている慶長7年(1602年)佐竹氏が秋田に移封されてからは急速に衰えた明治維新の廃仏毀釈で荒廃し、のちに本堂が特別保護建造物、国宝に指定されながらも無住の寺だった昭和24年、前住職の努力で寺観も整い今日に至っている山門を正面から本堂歴史を感じる柱本堂前には「大銀杏」住職から「疫病退散の押印」も入った「御朱印」をいただ...坂東三十三観音巡り(6)佐竹寺

  • 孫息子のぬり絵です!

    保育園に通っている4歳半の孫息子(長男)のぬり絵が市内のスーパーに展示されていて、買い物時にスマホでパチリ!「スイカが赤く塗られ、周りは緑に」、良かった!隣に飾られていた同級生の絵は「中身も皮もすべて黄色」決して最高のぬり絵とは思わないが、それなりに成長を続けてくれていることが何よりだ!後で娘に聞いたら二男のぬり絵も近くにあったとうれしい気分になった孫息子のぬり絵です!

  • 新規感染者が1日2万5千人に!

    今日8月20日発表されたコロナに感染した日本人の合計だ!ここ数日、連日同様の感染者が出ている入院できない、搬送できない、自宅で死亡する人が出ているともはや副作用を心配して「ワクチンを打たない」ことで済む状況ではない打たない人が感染し、打った人まで感染させるリスクが高くなっている若い人の行動も心配だ感染者から異口同音に「どこで感染したかわからない」と聞くそんなはずはない、「必ず思い当たることがあるはずだ」感染を無視する自由な行動をすれば「それがすべて感染につながる」と思う要するに「危険領域には近づかないこと」すでに注射したワクチンが「ラムダ株」に効果がないのではとの話も聞こえるが、「打たないよりは打った方がいい」当地域も今日から「緊急事態宣言」が発令された感染者は圧倒的に「東京に近いつくば市を中心とする県南地域が...新規感染者が1日2万5千人に!

  • 奈紗ちゃん頑張りました!!

    8月4日から7日までテレビに釘付けとなった!!!笠間市出身の女子ゴルフ畑岡奈紗選手が東京オリンピック日本代表として出場したのだ本ブログカテゴリーに「畑岡奈紗」を追加したいほど入れ込んでいる世界ランクは第9位、一時は世界4位まで登ったこともある実力者だ日本からは稲見選手とともに出場「満を持しての登場」で大いなる期待を抱いてテレビでの中継を待った初日、二日目と大崩れしないまでも上位に食い込めないでいた3日目はー4でメダル圏内には4打のところまで迫った最終日、逆転劇を期待しつつ見守ったがショット、パットともに、わずかな狂いがスコアの上昇を阻んだ日本における「エース」を信じ、最後まで声援を飛ばしたが最終スコアはー10総合第9位タイの成績で東京オリンピックを終えた盛大な拍手を送りたい!!身長158㎝の小さな体であのパワー...奈紗ちゃん頑張りました!!

  • 胆のう摘出手術から1年が経ちました!

    昨年8月、お腹の痛みから胆のう摘出手術を受け、丸1年が過ぎました手術前、慢性的に胃周辺、右わき腹、背中の痛みがあった数年前から人間ドックでも「胆石」があるので痛み出したら「手術ですね」と言われていた昨年7月、冷たいビールを飲んだ後、激しい腹部の痛みに襲われ緊急入院した3日間ほど絶食を強いられたあと、痛みはなくなり約1週間後退院したその約2週間後、再び腹部に違和感が走り早めの手術が決まり、昨年8月3日に胆のう摘出手術を受けた約5日間の入院で退院、退院後は2度ほど術後診察を受けたが、それ以降体調は極めて良い状態が続いている手術前、主治医から「胆のうを摘出しても完全に痛みがなくなるとは断言できない」と言われていていささか心配はあったしかし、術前にあった腹部の痛みは全く消えた主治医に感謝し、わが身を大事にしていきたい胆のう摘出手術から1年が経ちました!

  • 砂防ダムカレーin 四季彩館

    茨城県土木部河川課の主催で「茨城県のインフラを学ぼう!」ツアーが行われ、案内人として参加した!30日から3日間、全日とも午前便、午後便の2便運航され、たくさんの親子連れが参加したまず、御前山温泉保養センター「四季彩館」の集合解散で行われ、午前便は「御前山ダム」の見学、ここでは管理棟に入場し2階監視室で農水省職員からダムについての説明を受けたその後、監査廊(ダム提体の直下約50mにあるダム監視トンネル)に入り、地上より10度以上低い気温に「寒い!」を連発しながら見学した地上に戻り、ダム公園へこのダム公園は、ダム建設時に地元の要望もあり建設されたもので広大な芝生広場となっていて地域住民の健康増進の場となっているここで地域案内人から「御前山について」「御前山に伝わる伝説」などの説明があり「大栗沢砂防堰提」に向かったこ...砂防ダムカレーin四季彩館

  • こんなところに!

    「コキア」だ!青々とした爽やかな緑がきれいだ!昨秋の実がこぼれ芽が出たと思われるが、コンクリートに囲まれたこんなところにこんなに大きくなりました!味気ないコンクリートのわずかの隙間をみつけ成長を続けているコキアは和名で「ホウキギ」や「ホウキソウ」とも呼ばれて、名前のとおり、ほうきの材料として使われていたことが由来だそうだ日本へは平安時代には伝わってきたとされており、江戸時代になるころには各地で栽培されるようになったと食用の「とんぶり」として栽培される種とは違い「ハナホウキギ」と呼ばれるようだこの状態のコキア夏の猛暑に耐えてくれるか心配だこんなところに!

  • 東京オリンピック(2)

    連日、アスリート達の活躍に感動の連続だ!福島県で始まった「ソフトボール」で、リリーフに立った「後藤投手の6者連続三振」、圧巻だった!柔道は連日メダルラッシュ!女子48kg級から始まった!渡名喜選手は惜しくも決勝で敗れたが見事な戦いだった高藤選手は堂々の金メダル翌日、阿部兄弟の同日金メダル昨日の大野選手は他を寄せ付けない強さで勝利、芳田選手も勝者に劣らない闘いだったまた、特筆すべきは「卓球混合ダブルス」だ水谷・伊藤ペア、準々決勝でドイツとの戦いで最終の7ゲーム目で2-9まで追い詰められ絶対絶命のピンチから這い上がった!その後、準決勝では台湾ペアを破り決勝戦では一度も勝ったことのない「中国ペア」が相手この時刻、体操男子団体が同時刻で行われていて、テレビのチャンネルを切り替えながら見ていたが、連続2セットを連取された...東京オリンピック(2)

  • オリンピックが始まりました!(1)

    賛否両論が慌ただしく交錯しながらも、7月23日東京オリンピック開会式が行われ競技がスタートしましたコロナが蔓延するなか開催が可能か、最後までできるのか、今に至っても心配は尽きないがこれまでの出来事をいくつか「独り言」で書いてみたいまず、聖火リレー前回の東京オリンピックでは、47都道府県を「一筆書き」でリレーしたと記憶しているが、今回のリレーはあまりにお粗末!各都道府県の一部を切り抜き、数キロの区間をリレーする、しかもネット配信を行うため「ネット映像に配慮したルート」になっていた聖火リレーの目的は何だったのかと疑問を感じてしまった前回は「子供たち」が日の丸の小旗をもって伴走した今回は「なんと警察官」極めて味気なく、伴走車がたくさんの警察車両なんてとても「平和の祭典」とも思えないリレーと言いながら聖火は途中途中で「...オリンピックが始まりました!(1)

  • 那珂川カヌーフェステバル

    今日、「那珂川カヌーフェステバル」が開かれた!常陸大宮市の今日の最高気温は33.3度とか毎年実施しているが昨年は中止になっていた今年はコロナ禍のなか厳格な感染防止策が講じられ開催にこぎつけたと場所は城里町の「道の駅かつら」周辺午前9時、参加者約70名が集まった!感染防止から今年は「県内居住者のみ」とし、県内の親子連れが主だった「道の駅かつら」からバスで栃木県境まで移動カヌーの操作方法や「ラフティング」について説明がありいざ出発!当方は「御前山橋」で待った!御前山橋から撮影これまでの雨で那珂川は水量が多く、流れも速く気持ちの良い舟下りとなった!那珂川の清流に身を任せ爽快な気分に浸ることができたようだ!これから本格的なカヌー、ラフティングシーズンを迎える那珂川カヌーフェステバル

  • 畑岡奈紗ちゃん、やったね!

    アメリカ女子ゴルフツアー「マラソンクラシック」で畑岡奈紗選手が見事に優勝した!さきの全米女子オープンで笹生選手にプレーオフ3ホールの末、負けた負けを引きずってはいなかった!さすが実力者畑岡奈紗だ!テレビ中継をみることができないため、残念ながら全米でのゴルフは「スコアのみのネット速報」で一喜一憂しながらの結果待ちだこの大会、畑岡選手は初日、-10という「快スコア」で断トツでトップさらに2日目はやや苦しんだものの後半4連続バーデーでー2そして3日目もやりましたなんとー72位に6打差をつけての通算ー19優勝は目前だったが、翌朝ネットを開くと「最終日の結果が載っていない」さてどうしたのかと調べると、降雨悪天候のため「サスペンデット」になるとその後しばらく情報が途切れたが、数時間後「最終日のプレーは打ち切りで3日目までの...畑岡奈紗ちゃん、やったね!

  • 御前山地域の伝説

    御前山・那珂川地域案内人として地域内の歴史を調べるなかで「聞き捨てることのできない話」があったなんと「御前山地域にあの伊勢神宮があった」のだ!調べた文献は「御前山郷土誌」や「常陽藝文」その中に常陸大宮市上伊勢畑地区にある「皇大神宮」がそれだ!上伊勢畑岩戸にある「皇大神宮」「皇大神宮」は上伊勢畑地区にある片倉山の山腹にあり、神社下には「天の磐戸」を連想させる「岩戸」の地名がある内宮として「天照大神(あまてらすおおみかみ)」が祀られている神社の創建は大同元年西暦806年とされるが、それより前に孝謙天皇が当地に天照大神を祀ったことに始まるとの伝承がある孝謙天皇が関東を巡った折、下野の国宇都宮を経て烏山から那珂川を舟で下りこの地に一泊したここで「天照大神」を祀る伊勢神宮の夢を見たため天照を当地に勧請(かんじょう)したと...御前山地域の伝説

  • 異音の原因がわかりました!

    毎日、愛用の「軽トラック」たくさんの荷物も積め、小回りも効く、日本人が考えた「ヒット車」だ!このところ乗用車の出番はなく、ほとんどの移動が軽トラだしかし、数か月前から走ると軽トラの運転席右後方から「カラカラ、キシキシ」などの異音が出て気になり運転にも支障を感じていたジャッキで運転席を持ち上げ車体の下に入り点検しても原因が見つからないでいた考えられる箇所のパッキンの点検やグリスなどの補充、注入もしたが異音は解消しなかったこれ以上は自分では解決できないと思い、車検を行っている自動車整備工場に持ち込んだ!この異音は出るときと出ないとき、大きな音がするときと小さな音の時などがあり整備士でも苦労すると思っていた整備士の方は異音を確認すると、「たぶんここが原因です!」と一言念のために「少し走って来ます」と戻ってくると「間違...異音の原因がわかりました!

  • 霧降高原の日光キスゲ

    梅雨の晴れ間、日光市にある「霧降高原の日光キスゲ」を見に出かけた!日光の市街地から国道121号線を大笹牧場にむけ20分ほど登ると「霧降高原」があるその昔、両親や子を連れ何度も訪ねた場所だ冬はパウダースノウが有名なスキー場として、夏は観光リフトで山登りとシーズンを通じて賑わっていたその高原で今「日光キスゲが見頃」との情報を聞き足を延ばした今日は「スキー場のロッジの前に駐車し、歩いて日光キスゲを見てリフトで登ろう」と考えていたがスキー場は2004年に閉場となり、観光リフトも2010年には営業を終えたと聞いた観光リフトがあった場所には「綺麗な案内所兼売店兼二階はレストラン」さらにその奥、膨大が階段が整備されている段数は1445段の「天空回廊」以前の記事でこの階段を取り上げているので今回は省略この階段を上り「小丸山展望...霧降高原の日光キスゲ

  • 2回目のワクチン接種が終わりました!が

    5月31日に1回目、3週間後の昨日、2回目のワクチン接種を終えた1回目の時、副作用は全く感じなかったところが今朝になり「足や体の関節痛」「頭痛」を感じた昨日、接種後の待機時間に看護師さんから「副作用の症状がでたらアセトアミノフェインを服用して!」と言われた特に大丈夫と思い、何気なく聞き流していたが、今日午後になって関節痛がひどくなり「大型薬局」に駆け込んだしかし、アセトアミノフェインを含んだ薬剤は「品切れ中」とそれでも同じ成分の薬はないかと尋ねると「この薬を処方して下さい!」と出された薬はこれだ!「腰痛・神経痛に早く効く」と書いてある成分はどうかなと見ると1錠中にアセトアミノフェインが300mg入っているとよくわからないが、接種した病院で言われたものが入っているのでこれでいいかなと買い求めた早速1錠を服用、約3...2回目のワクチン接種が終わりました!が

  • 高齢者学級「さくら大学」に入学した!

    常陸大宮市教育委員会主催の「高齢者学級(さくら大学)」に入学した!この学級の目的は「市内に居住する高齢者の学習意欲の向上と生涯学習の発展に寄与するため」とあるしっかりした内規が定めてあり今後年度末までの10ケ月弱学習を続けることになったそうは言っても回数は5回あまりしかもむずかしい話ではなく、見学と講話がメインのようだコロナ禍の中だったが今日開級式が行われた今日は「これからの学習の方針」などを決めたそして開級式のメイン講話がこれだった!「落語を学び楽しもう」講師は「二松亭ちゃん平」先生、別の本名は「茨城キリスト教学園高等学校教諭斎須博先生」地元では「かなり」有名な落語家だそれどころか経歴がすごい!「第三回社会人落語日本一決定戦で優勝」に輝き、「2015年落語国際大会」でも優勝、世界一となるこの二つの大会を制した...高齢者学級「さくら大学」に入学した!

  • 下妻市の大宝八幡宮へ!

    今朝の茨城新聞に「大宝八幡宮のアジサイが見ごろ」との記事があった茨城新聞から大宝八幡宮は我が家から車で約1時間30分ほど下道での1時間30分はやや遠いと感じるが、「そういえば今年のアジサイを見ていない」と出かけた!真岡市、二宮町、筑西市をとおり下妻市へこれが「大宝八幡宮」だ!本殿に近づくと真ん前に「大きな灯篭」が邪魔な位置にあると感じたのは私だけだろうか?大宝八幡宮は大宝元年(701年)、藤原時忠公が筑紫(つくし)の宇佐神宮を勧請創建したのがはじまりと書いてあったなんと1300年を超える歴史があったのださて「アジサイ」だが本殿に参拝後、本殿裏手に回るとアジサイの群生に道が続いていた今まさに満開!たくさんの種類のアジサイが咲き誇っていたが残念ながら名前はわからないこれは「柏葉アジサイ」だと妻が教えてくれたこんな花...下妻市の大宝八幡宮へ!

  • 梅雨入りの日に!

    関東地方は今日、「梅雨入り」となった畑に草が伸びトラクターの出番だが、雨が気になったしかし、ほとんど雨は降らず、薄日もさす蒸し暑い一日だった朝8時から畑に入り、昼過ぎまでトラクターの運転席に座ったこれが耕運前そしてこれが耕運後きれいな畑になりました!以前の記事にも書いたが、この時期、年間を通して一番雑草が伸びる月に2回は耕運が必要だ耕運後の畑を見ていると散髪に行ったような清々しい気分になれる梅雨入りの日に!

  • 今日の党首討論見ましたか?

    「総理の器にあらず」、寂しい限りでしたどうしてそうしたかは知るよしもありませんが、立憲民主党30分、維新の会5分、国民民主党5分、共産党5分の党首討論でした5分では討論になりませんが、それにもまして「総理の答弁の情けなさ」を痛感しましたこの人が日本国のリーダーだなんて「恥ずかしくて言えない」新型コロナ、ワクチン接種、オリパラ、経済対策、通常国会の会期、衆議院の解散などがテーマだったそのすべてに総理の答弁不足を感じ、いらいらがつのったコロナワクチンの接種は当初4月には高齢者が始まり、5月中には高齢者が終わると説明していたが、現状では7月末までの完了も定かでない衆議院の解散、総選挙についてももはや任期全う後になりそう枝野代表が通常国会の会期延長に迫るが、これには総理、いつもの「国会がお決めになること」6月下旬国会を...今日の党首討論見ましたか?

  • 奈紗ちゃん!やったね!

    昨日、USオープン決勝ラウンドが行われ、1アンダー6位でスタートした畑岡奈紗選手がこの日3アンダー68で回り、笹生選手とプレーオフを行ったテレビ放映がなかったので、ネットの速報画面を見続けたこんな時、なぜテレビ放映がないの?とプレーオフの結果はサドンデス1ホール目、笹生選手がバーデー、畑岡選手がパーで決着本当によくやりました!バーデー決着では仕方がありません、今回は笹生選手に運があったと思いましょう思えば2年連続での「日本女子オープン優勝」など、輝かしい実績をあげアメリカに乗り込みましたアメリカツアーでも4度の優勝を誇り、名実ともに日本の第一人者になりました小さな体から出るパワー本当にどこにそんな力があるのと思っています茨城県笠間市出身の22歳今回は笹生選手に譲りましたが、来る全米プロ、そして開催すればオリンピ...奈紗ちゃん!やったね!

  • こんなキュウリが?!

    我が家で採れたキュウリだ!なんと花芽の下に「葉」が出ている珍しいので画像に収めた毎年たくさんのキュウリを収穫するが「こんなのは初めて」だこんなキュウリが?!

  • 坂東三十三観音巡り(5) 出流山満願寺

    コロナ禍のなか足が遠のいていたが、陽気も良くなり蜜は避けられると考え、栃木県栃木市にある「出流山満願寺」に足を延ばした真岡ICから北関東高速道路、栃木ICで降りたここから県道32号線を北上し満願寺に向かったが、途中の「尻内交差点」にあった満願寺の案内看板左折の指示がその後どこまで行っても案内がなく、ナビを確認したり地図を広げたが、車は「佐野市」に入っていたようで三角形の二辺を通る形で無駄な走りをしてしまったやっと着いた「満願寺」この画像の左手、鉄筋コンクリート5階建ての建物が見える、これは東日本大震災まで「宿坊」として宿泊客を受け入れ接待していた建物だと大震災で屋上部分他に亀裂が入り、住職が危険と判断、すべての接待を中止したという本当に残念だと語ってくれた(下記の満願寺僧侶の方の話)ここは坂東三十三観音の第十七...坂東三十三観音巡り(5)出流山満願寺

  • コロナワクチン接種しました!

    昨日夕、予定通りの日時に「コロナワクチン」の接種を終えました!家を出る前に自分で「検温」市内の総合病院での接種でした病院を訪れるとまず病院の看護師が検温、そして市役所の受付へ予約の確認が行われ、予診票のチェックがあり、内科窓口へ誘導された「内科の1番でお待ち下さい!」と予約は約5分間隔で受けているようで、10分ほど待つと名前が呼ばれた入ると「医師」が「予診票」を念入りに確認、このワクチン注射による「副反応」の説明があった一番多いのが「発熱」、そして体の「倦怠感」などなど約3分ほどで終了さてどうするのかと思っていると「他の者が注射しますので外でお待ちください」とすぐ呼ばれた入ると「左肩の最上部に接種するので半袖を上まで持ち上げて下さい」と注射を打ってくれたのは「看護師」だった極めて慣れている手つきで対応がスムーズ...コロナワクチン接種しました!

  • たまねぎとニンニクを収穫しました!

    昨年11月に地植えした「玉ねぎ」と「ニンニク」が収穫時期を迎え、今日天気が良かったので収穫しましたこれが掘る前の「玉ねぎ」「ニンニク」まだ早いかなと思ったが、掘ってみるとほぼ収穫どき玉ねぎは約200玉、ニンニクも200個ほどいつもと同じようによくできました!ニンニクは市販種と昨年自家でとれたものを植えたが、その差は歴然青森産の「六片ニンニク」は大きく、自家種は小さく、何が違うのか頭をひねるばかりだったたい肥や肥料もたくさん入れたのに・・・小さいニンニクは「素揚げ」で食べるとほんとうに美味しい!さらに流行りの「黒ニンニク」をつくる玉ねぎも「半年」はゆうに持ちそうだ!たまねぎとニンニクを収穫しました!

  • 新・西山荘カントリークラブで湯友会

    最近の天気予報はほぼ完ぺきだ!4月初めに5月27日の湯友会のゴルフコンペを計画したその日が近づくにつれ天気予報が気になり、何日も前からチェックを入れた1週間前は「曇り時々雨」、3日前に「雨で強く降る」と予報が今回は幹事なので、早い時期から賞品を購入し準備万端でその日を待った前日には車に賞品を積み込み、準備を整えたそんな中、メンバーから「明日は雨だけどどうする?」と「ここまで準備したから雨でもレインウエアで決行!」と返事したが予報は変わらず本当に大丈夫かなと内心心配になった今朝、雨は降っていない、それどころかゴルフ場へ向かう時間帯、陽射しが見えたのだ雨で中止にしようと言っていたメンバーも来てくれたゴルフ場は常陸太田市にある「新・西山荘カントリークラブ」だこのコース、過去には何度もプレーしたが、現在の形になってから...新・西山荘カントリークラブで湯友会

  • 断捨離しました!

    現役時代の思い出がいっぱい詰まった「スキー板」家から近い「鶏頂山」「ハンターマウンテン」「甲子高原」「日光」「那須」や「苗場」「栗子」「猪苗代」「裏磐梯」、遠くは「乗鞍高原」「菅平」など思い出がいっぱいだ栗子国際スキー場、今、果たして存在しているのかもわからないが、娘たちが小学生低学年時に何度も出かけた!娘たちが基礎も覚えない時期に「リフトで高いところに登り」、怖さ知らずの「直滑降」で滑り下り、親として冷や汗をかいたこともあったそんな思い出のある「スキー板や靴」、捨てきれないでいたが、倉庫の整理をし「粗大ごみ」として断捨離した定年を過ぎしばらくの時間が流れ、数々の思い出も「断捨離」の時期を迎えているまだまだ処分できそうにない「写真」や「書類」などこれから時間をかけて整理していこうと思っている断捨離しました!

  • ワクチンの接種予約が完了しました!

    常陸大宮市の新型コロナワクチンの接種予約受付が今日(5月17日)午前8時30分から開始された数日前から市の防災無線等を通して予約案内がされ、早めの受付を済ませるよう呼びかけがあった今朝、午前8時30分の受付開始と同時にパソコンで市のコロナ専用サイトにアクセス!すぐにつながり、約2分ほどで予約手続きが完了した!5月31日の接種予約をとることができたところが予約受付システムは事前に市から送付された「接種券番号の入力」から始まり、その入力は1人づつ行うため、2人を同時に入力することはできないこのため、自分の入力完了と同時に妻の予約をしようと、一旦メイン画面に戻り再び予約可能日時のあるカレンダーを表示し、そこから〇印のある日時を選ぶのだが妻は自分と同じ日の同じ時間が良いというので5月31日を見ると×印、それどころか6月...ワクチンの接種予約が完了しました!

  • そら豆が良く出来ました!

    昨年、アブラムシなどの影響で出来がイマイチだった「そら豆」が今年は良く出来ました昨年の経験から「こまめに観察、考えられる手は尽くし」、この日を待っていました。良く出来ました!「ほら!」一株からたくさんの芽を出し、もったいないと思いつつ6~7本に剪定し、ほぼ伸びきったところで「芯止め」を行いましたその結果、そら豆のサヤはぐんぐん太くなり、大きな豆を蓄えました早速、塩茹ででいただくと新鮮で大きなそら豆は本当に「甘く」、作り甲斐がありました孫娘たちも大好きで、茹でたそら豆はすぐに完売となりましたこれから先しばらく味わえそうだ!そら豆が良く出来ました!

  • ツバメが我が家を訪問した!

    開けてあった窓から何かが飛び込んできた!思わず妻が「ツバメ!」と叫んだ慌てて撮影しようとスマホを向けたが一向に逃げない!キッチンのサーキュレータの上に乗りキョロキョロそういえば昨日から我が家の物置周囲を飛び回っていたうっかり間違えて飛び込んだツバメ今度は出ることができなくなり、キッチン内を行ったり来たり窓を全開放にしてやっと退散していただいたそんな季節になったかと4月下旬には「サル」、そして「ツバメ」と珍客の多い年になりそうだツバメが我が家を訪問した!

  • 赤木ファイルの全面開示を!

    森友事件の被害者「赤木俊夫さん」が残したと言われる「赤木ファイル」妻雅子さんが国に損害賠償を求めた訴訟で、国は「ファイルの存在を認める」と共に「裁判での開示」を決めたと報道があったこのファイルの確認に「1年以上」もの時間を要し、「ファイルは赤木さんが個人的に作成したもの」であるため「職務上の行政文書ではない」というあきれたのはファイルの確認に時間がかかった理由だ!「対象の文書量が膨大」「コロナウィルス禍で業務体制を縮小」だと笑っちゃいます!よくもこんなことが言えると思う人一人が亡くなっているんです!さらに開示に当たっては黒塗りのマスキングをするという「マスキングの理由」は森友問題が引き続き報道され「改ざんに関与したと認定されていない職員に取材が殺到し私生活の平穏が脅かされる恐れがある」と本当にこれでいいんですか...赤木ファイルの全面開示を!

  • 大洗サンビーチへ!

    好天に恵まれた昨日5月4日、急に「大洗サンビーチ」に行くことに孫娘が「潮干狩り」をしたいとついては「じいじ、ばあば」もぜひとコロナ禍で「蜜は避けられないだろうと」渋ったが昨日の大洗の干潮時刻は午後4時少し前それなら人出は少し少なくなると考え、孫娘の期待に応えることにした午後2時すぎ自宅を出て一路大洗へ予想通り大洗が近くなるにつれ車の混雑が出てきた到着は3時を回ったが、混雑は帰路につく車列が多かった大洗サンビーチ内の「一番遠い」駐車場に無事駐車3時を過ぎていたため駐車料は1,000円が「無料」だった早速海岸へいるいる人の波!「あさり」は取れているのかと取っている人の手をみると「たくさんのあさり」だこれは負けてられないと孫娘以上に張り切り、打ち寄せる波などもろともせずできるだけ深い方へ素足を砂の上から回転させ、足に...大洗サンビーチへ!

  • 田植えが終了しました!

    天気予報が「雷雨」を予報していた今日、田植えを敢行、終了しましたそんな予報からいつもより早めに始め、午後早い時間に終えることができたここ数年は娘夫婦も手伝ってくれ、楽しく早く行えており感謝だ遅めの昼食をとると俄かに黒い雲が現れ、あっと言う間に大粒の雨がなんとヒョウも混じっていた一時期、庭の芝生が真っ白になるほど降り続けたそして雷も我が家の犬は雷が大の苦手早く家に入れてと窓ガラスをたたくこんな時はいつも自宅内に入れてあげるそうすると安心して床にじっとしている1時間ほどで雷雨は止み、植えたばかりの水田の確認に直行水田には水があふれ、満杯の状態だった水田から戻るとこんな「虹」が綺麗だった!急いで孫娘に声をかけ一緒に見た「こんなに綺麗な虹見たことない!」となんとなく今年も豊作になる予感がした田植えが終了しました!

  • 国道123号野口バイパス開通!

    長い道のりだった国道123号野口バイパスが今日の午後2時30分供用開始となり開通した着工から10年はかかったろうか?茨城県と常陸大宮市の事業として、開通が待たれたが午後2時30分通行止めが解除される一番乗りの車両が走り始める「那珂川大橋」の架け替えも課題となり、橋はルートの設定も難航、未だに着工の運びになっていない「やっと開通」という思いだこれで「野口宿のクランク」を通らなくても水戸市内や常陸太田方面に行くことができる今回の開通部分は新しく架けられる那珂川大橋と接続が予定され、現状では600mに過ぎない那珂川大橋方面から栃木県茂木町方面へ今後、一刻も早い新橋の建設と新たな道の駅かつらの建て替えが待たれる国道123号野口バイパス開通!

  • ハナミズキ(花水木)が!

    我が家の庭さきに一本の小さな「花水木」の木がある数年前、買い求め庭に植えたのだが土が合わないのかたくさんの花芽(葉が変形した総苞)がつかないでいたところが今年、たくさんの花芽が付き、いままさに満開の見ごろを迎えているこの花水木、北米原産でアメリカを代表する花の一つで春にたくさんのかわいい花を咲かせ別名「アメリカヤマボウシ」と言うそうだ我が家では咲いてからすでに10日ほど経つがほんとうに綺麗な姿を見せてくれているハナミズキをモチーフに歌った歌が良く知られているが「市」や「町」などでも人気があり、「市の花」「町の花」がたくさんあるようださらに「返礼の木」としても知られている大正時代に日本からアメリカに桜を送った時、お礼としてアメリカから贈られたのが「白いハナミズキ」だったとハナミズキ(花水木)が!

  • サルが来た!

    今日午後、犬が盛んに吠えた!何事かと犬舎を見に行くと、なんと犬が猿と対峙中!「犬猿の仲」だが本当に仲は良くないと見た!我が家は動物園ではないサルは自由に動き回り、歯をむき出しにして威嚇しているはてどうしたものかと考えた時刻は小学生の下校時刻だ下校途中の小学生が遭遇してはまずいとまず小学校へ通報さらに110番通報「けがはありませんか?サルに近づかないで下さい!警察官が向かいます」とスマホで撮影したが、慌てていたため遠景となった少し大袈裟になったが、こちらへの威嚇が続いており外にでて飛び掛かられてもまずいと思った長い棒を持ってサルを睨みつけるといつの間にか我が家から離れていった隣近所のお宅に連絡、外出には注意するよう伝えたしばらくして警察官や市役所職員が来た状況を説明、すると市役所職員から「昨日からサルの目撃情報が...サルが来た!

  • 無能な政権にうんざり!

    自らのリーダーシップをとらない、とれない菅総理寂しい限りだ!つい先日、国民の声で「非常事態宣言を解除」したばかり再び「非常事態宣言の発令」?「まん延防止等重点措置」で切り抜けようとしたがそれも叶わず!「知事の意向」「コロナ専門家会議」等に委ねた行動ばかり全く「日本の国を背負っている意識」が感じられない総理が自らの言葉で、自らの思いで国民に呼びかけはなく、本当に寂しい限りだ「究極のロックダウン」もやむを得ないと感じるようになってきた飲食店の救済話が多いが、コロナ禍で困っているのは飲食店ばかりではないすべての国民が大小を問わず被害にあっているここは国民平等に「我慢をする」必要があり、「中途半端な緊急事態宣言」で果たして収まるのか感染者にも一言言いたい「なぜ感染するんですか?」最近の傾向では50代以下の若年層が多く感...無能な政権にうんざり!

  • バス旅陣取り合戦IN御前山

    4月14日午後6時30分から午後10時まで太川陽介を主役とした「テレビ東京バス旅陣取り合戦」が放映された「取手発から水戸偕楽園ゴール」で茨城県内44市町村を陣地として「太川チーム」と「河合チーム」が陣取り合戦を披露した県南から県央に向けての移動のため、県北である当地には来ないだろうと考えていた2日目、両チームは水戸周辺で激戦となり、行く手を阻まれた河合チームは一か八かで「城里町」へところが城里町の目的地は常陸大宮市に接している「道の駅かつら」だったバスを降りると道の駅かつらの近くに「常陸大宮市」の看板を見つけ、番組史上はじめての「一挙両得」で、「城里町」と「常陸大宮市」を陣取ったのだその模様をテレビ画像から撮影したこれが「道の駅かつら」平成5年、茨城県で初めての道の駅指定を受けたと紹介これが道の駅かつらの「店内...バス旅陣取り合戦IN御前山

  • 「那須」を散歩した!

    昨日は町内会コンペだった幹事のため何日も前から天気予報を気に掛けながら「14日の朝には雨が上がる」を信じ、前日に決行を決定朝は小雨だった8時過ぎには上がることを信じてスタートした結局、雨はプレー終了まで止むことはなく降り続いた上下のレインスーツで身を固め、プレーを続けたがそんな恰好で「うまくいくはずもなく」救いは気心の知れたメンバーだったこと、雨が強くなっても愚痴を言わず、幹事を気遣ってくれた今日は打って変わって「大快晴」「雲一つない」昨日と交換してくれたらと思わずにはいられなかった「大田原市」に所用ができ向かった所用が済んだ後、足を伸ばし「那須」へ年に何度も行く那須だったが、コロナもありしばらくご無沙汰だったまず向かったのは那須岳登山口途中の休暇村駐車場から那須岳を望む登山口駐車場から「朝日岳」を望むさすがに...「那須」を散歩した!

  • 御前山ダムの新緑が見頃です!

    見て下さい!この景色令和3年4月11日午後2時30分過ぎの御前山ダム檜山大橋からの風景ですまさに「萌え木」です様々な木が新芽を出し、一面の木々がほんのりと穏やかに見えますあたたかな春の陽に足を止め見入っていましたぜひお出かけ下さい!御前山ダムの新緑が見頃です!

  • 宇都宮餃子「みんみん」へ!

    さきに放映された日本テレビの「秘密のケンミンSHOW極」で宇都宮と浜松の餃子が紹介されたとくに「水餃子」が絶品と!これまで何度も食べている「みんみんの餃子」宇都宮市内の「みんみん本店」がお薦めだが、我が家から一番近い「真岡」の「みんみん」に出かけたテレビ放映直後もあって到着は午後1時を回っていたが、受け取った整理券は約10組待ちそれでもじっと待ち、午後2時過ぎ席に案内された待ち時間の間にメニューを渡され、オーダー入場の際、手の消毒、室内では食事以外はマスク着用、「黙食」を確認されたこれまでと違ってテーブルには「透明のアクリル板」や「座席の間隔」が広くなっていた今日は「水餃子」と「焼餃子を2枚」、ライス付きでオーダーしたほどなく餃子が運ばれてきたこれは少し食した後の画像だが、左が「水餃子」これは茹でた餃子にたっぷ...宇都宮餃子「みんみん」へ!

  • 雑草との闘い・・・再び

    春を感じる季節になった長い冬が終わると同時に始まるのが「雑草との闘い」だ家の周りばかりではない過去の記事にも書いたが先祖から引き継いだ広大な農地作物をつくるにあらず、雑草を退治するだけのために「トラクターの出番」今日は2反歩の畑を4枚耕運したこれから毎月2回はこの作業が必要だこれからさきのことを考えるとどうなるんだろう?雑草との闘い・・・再び

  • 萌え木色の季節に!

    新学年、新学期が始まり我が家の孫娘たちは元気に登校を開始した昨年の今頃はコロナによる「緊急事態宣言」が出ていて、この先どうなるのかと心配が続いていたそれが丸一年経っても状況は変わらず、感染者が第4波の波をつくろうとしている毎日の情報はことごとく悲観するものばかりワクチンの接種により、なんとか感染を制御鎮静化しいつもの日常を取り戻したいものだ自然は変わらず、萌え木色の山並みをみせてくれているこの時期、木々の新芽が出そろい山は穏やかな光景を見せてくれる菜花とのコントラストが映えている萌え木色の季節に!

  • 聖火リレーを見た!

    3月25日、福島県Jビレッジをスタートした「聖火」が、今日から「栃木県」に入った!スケジュールを見ると午後2時過ぎ「茂木町」を走るとお隣の街なのでぜひ見たいと出かけたこの日、午後になると「強い雨」となり、ランナーや関係者の気持ちは落ち着かなかったと思うところがあんなに強く降っていた雨が2時を回ると止んだのだ聖火リレーの会場は「茂木町」の「道の駅もてぎ」をゴールとした約1㎞ほどこの区間を5人のランナーでリレーするものだった「道の駅もてぎ」にはかなりの人が詰めかけ、駐車場はどこも満車、国道沿いに「臨時駐車?」する人も大勢いた午後2時24分、花火の合図でリレーがスタート、同時に茂木駅にいた「SL」が大きな汽笛を鳴らした道の駅北側の沿道で見学していたが、警察官やスタッフが「マスクをして!」「隣の人と距離をおいて!」「声...聖火リレーを見た!

ブログリーダー」を活用して、独り言さんをフォローしませんか?

ハンドル名
独り言さん
ブログタイトル
よっちゃんの独り言
フォロー
よっちゃんの独り言

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用