chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
算数教材塾・探求のブログ https://tai-san.net/

中学受験の算数の通信教材です。自宅学習で難関校を目指します。スカイプで家庭教師も行っています。

対話式算数
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2013/10/13

1件〜100件

  • 夏休みスカイプ指導を募集開始!

    予定通り、7月1日より、夏休みスカイプ指導の募集を開始いたします。 この数年、予約フォームを使い、早い者勝ちで枠を取っていく形でしたが、今年は予約フォームは使いません。 希望指導回数の多い方から優先的に時間を決めさせていただきます。 &nb

  • 何分考えたら解説を見るか

    Twitterでこの話題が少し盛り上がっていましたので、それについて、私見を述べていきたいと思います。 結論からいうと、1分です。 試行錯誤している間は、カウントしません。 手が止まってから1分です。 算数は、書いて考えるので、書けないとき

  • 覚える算数を肯定する大人

    目次 1 クルマの運転2 覚える算数の公式の例3 覚える算数の解法の例4 覚える算数肯定派と否定派5 理解することが理想ですが クルマの運転 コロナ禍は飲食店が時短営業をしたり、そもそもマスク会食というものは煩わしいので、外食の機会が減りま

  • 対話式算数・基礎編「第7話:つるかめ算を表で解く」

    小学3年生や4年生を対象とした対話式算数・基礎編です。 2022年5月にスタートしました。 自転車操業的ではありますが、日々、執筆しています。   第5話から文章題が始まり、第5話は和差算、第6話は線分図で解く問題、そして、第7話

  • 対話式算数第69話:売買損益算3

    今週の売買損益算は個数を考える問題です。 個数をかければいいだけですが、いろいろな応用問題に発展していきますので、一筋縄でいかない問題もあると思います。 原価・定価・割引を縦に書いて、単価・個数・合計金額を横に書いて、表にして整えることが、

  • はじきの教材をつくりました

    目次 1 一般的な「はじき」とは2 「はじき」の表は有効3 はじきの表の例題4 速さは、はじきが基礎 一般的な「はじき」とは 世間一般で言われる「はじき」とは、テントウムシを書いて、距離を上に書いて、速さを左下に書いて、時間を右下に書いて、

  • 対話式算数の効果的な使い方

    目次 1 算数の音読は効果あり?なし?2 対話式算数の本編3 対話式算数の本編の使い方4 6年生のこれからの学習 算数の音読は効果あり?なし? Twitterに学校の先生が算数の問題を読むときに音読をさせるのが解せない という内容の書き込み

  • 対話式算数・基礎編「第6話:線分図で解く問題」

    小学3年生や4年生を対象とした対話式算数・基礎編です。 2022年5月にスタートしました。 自転車操業的ではありますが、日々、執筆しています。   第5話から文章題が始まり、第6話は線分図で解く問題です。 第5話で和差算を学習しま

  • 「速さの図で解く問題」を作成しました

    目次 1 速さはとても重要2 速さは解法パターンが多いから難しい3 図で解く問題4 ダイヤグラムよりも、横線の図5 速さの図で解く問題 速さはとても重要 速さは中学入試ではとても重要です。 単元によっては流行廃りがありますが、速さはそういう

  • 小5立体図形の教材完成しました

    目次 1 立体図形は授業の回数が少ない2 立体図形の単元3 立体図形の基礎をしっかり取り組む4 立体図形の基礎を学習する時期 立体図形は授業の回数が少ない 中学受験の算数のカリキュラムを眺めてみると、割合や数系の分野は事細かに分かれています

  • 対話式算数第68話:売買損益算2

    先週の売買損益算①は比を使わずに、逆算で解ける問題までにしましたが、今回は比を使う問題のみです。 一般的には、原価を①にしますが、タイサンでは原価を100円にします。 イメージしやすく、混乱することもないと思います。 原則として、比を使って

  • 算数で優れた学力を身につけるためには

    目次 1 学力は高いけど、成績がもう1歩2 成績は高いけど、学力がもう1歩3 スカイプ指導で虚しいとき4 学力が高い子の場合5 テスト直しについて 学力は高いけど、成績がもう1歩 算数に限る話ではありませんが、学力を高めることと成績を上げる

  • 対話式算数・基礎編「第5話:和差算」

    小学3年生や4年生を対象とした対話式算数・基礎編です。 2022年5月にスタートしました。 自転車操業的ではありますが、日々、執筆しています。 第5話から文章題です。 和差算です。 和差算といえば、線分図です。 小4対話式算数は、2022年

  • 予習って何ですか?

    目次 1 中学受験勉強の歴史2 予習とは担当講師次第3 私の考える予習は2パターン4 学習効果は予習主義の方が高い 中学受験勉強の歴史 中学受験の勉強はレベルが高く、予習というものはずっとありませんでした。 難しすぎて予習ができないからです

  • 6月18日出張家庭教師いたします

    表題の通りになります。 以前は、ときどき対面家庭教師に行っていましたが、2020年2月から行っていません。 たまには家庭教師に直接伺って、直接対面で指導して、どのくらいの学習効果を上げられるかを確かめてみたいと考えています。 横浜駅から30

  • 対話式算数第67話:売買損益算1

    今週から3週間続けて売買損益算です。 売買損益算は、原価から、定価→売値→利益を順に求めていきます。 実際にお店を経営しているようなイメージでとらえてみると良いでしょう。 また、買い物に行ったときに割引や消費税などに関心を持つと、理解が深ま

  • スカイプ指導【夏休み】大募集します

    6月に入りました。 夏休みまでまだ1か月ありますが、夏休みスカイプ指導の募集について書いていきます。 夏休みの募集は7月1日からになります。 今年度の夏休みから、自由枠指導も、固定枠指導と同一料金にする予定です。 そのかわりといったらなんで

  • サピックスの6年教材を独自の解説で書いてみました

    サピックスは4年生、5年生の教材はかなり改訂していまして、個人的には、改訂前の教材の方がずっと良いと思っています。 改訂前の教材はグノーブルと似ていますが、グノーブルの教材と見くらべると、やっぱり、4・5年生はグノの教材が良いなと思ってしま

  • 対話式算数第66話:食塩水の濃度3

    今週の食塩水はやりとりの問題です。 面積図を使ってもできますが、割合を使って解いた方がスマートだと思います。 「食塩水の○分の□を移したら、食塩も○分の□が移る」というように考えます。 容器が複数ある問題は、コップをかく講師も多いと思います

  • 算数の復習は何回繰り返せば良いか

    目次 1 復習の回数は何回がベスト?2 覚える算数にならないようにする3 1問単位では考えない4 テーマの数を数えよう5 勉強の質を上げる 復習の回数は何回がベスト? 復習は何回も繰り返すほど、身につくイメージを持たれている方が多いと思いま

  • LINEはじめました

    数年前からLINEで、お客様とやりとりをしていますが、スカイプ指導のお客様中心でした。 本日から初めての方の教材購入のご相談もLINEで受付いたします。 公式LINEアカウントはいくつも作れることが分かり、従来の「スカイプ指導用」はそのまま

  • 4・5年生で算数が苦手な人は、具体的な対策はありますか?

    目次 1 何をすれば成績が上がるかは決まっている2 成績を上げるために何をやるか3 4・5年生で手を打ちたい4 絶対に得意単元をつくる5 角度と面積を得意にする作戦が最良 何をすれば成績が上がるかは決まっている スカイプ指導を行っていますと

  • 算数が得意ではない人に、最も欠けているもの

    目次 1 算数ができない理由の回答2 最大の理由3 間違った対策法4 正しい対策法は2つ5 正しい勉強をすれば、必ず学力は上がる 算数ができない理由の回答 かなり強烈なタイトルにしましたが、タイトル負けしていない内容になると思います。 例え

  • 対話式算数第65話:食塩水の濃度2

    今週の食塩水の濃度は面積図です。 本編でも書きましたが、6年生になったら天秤でやりますが、5年生の間は面積図にします。 天秤は、どうしてその天秤で答えが出るの?と質問して答えられる子がいないです。 覚える算数になります。 面積図は、2つの長

  • 小4長期「場合の数」をお勧めします

    算数教材塾・探求では、一貫して、小学3~5年生は場合の数が重要という位置づけでいます。 入試問題は流行廃りがありますが、場合の数が流行らなくなったということは、いままでも、この先も無いと思います。 いつでも重要です。   また、場

  • 塾で成績の低迷が続いたら、起死回生の最大のチャンスとなるのは、退塾することです

    1つの教室に100人の塾生がいるとしたら、当然1位から100位までの塾生がいます。 受験は多様化していますので、全員が1位を目指していることは無いと思いますが、思い通りの成績を上げていないと思われている方は少なくないと思います。 偏差値50

  • 対話式算数第64話:食塩水の濃度1

    今週から食塩水の濃度です。 3週間続きます。 いままでの経験で、食塩水は優秀な子で2週間、基本は3週間くらいで身につくと思います。 大手塾では1週間で扱うところが多いようです。 1週目の今週は、食塩水・食塩・濃度を把握していく問題です。 2

  • 小5強化「割合と比」をお勧めします

    小5強化「割合と比」第1~10回が完成しました。 脱分数・脱線分図の教材です。 中学受験生はたいてい小学5年生で割合と比を学習しますが、分数から学習するケースが多いです。 分数から学習すると、イメージしづらく、躓きやすくなります。 どうして

  • 小5強化「割合と比」をお勧めします

    小5強化「割合と比」第1~10回が完成しました。 脱分数・脱線分図の教材です。 中学受験生はたいてい小学5年生で割合と比を学習しますが、分数から学習するケースが多いです。 分数から学習すると、イメージしづらく、躓きやすくなります。 どうして

  • 対話式算数第63話:集合

    今週は集合です。 小学生が「集合」と聞くと、号令を思い浮かべ、違和感のある単元名ですが、文字通り、同じ仲間を集める単元です。 ベン図がよく利用されますので、今回はベン図Onlyとしました。 ベン図は小4で学習できるくらいのレベルですが、割合

  • GWの勉強を充実させる具体例

    5月5日こどもの日です。 有給で大型連休にしているサラリーマンでなければ、今日で連休は終わりと思うか、8日の日曜日までなんとなく連休気分が続くか、個人差があると思います。 GWが始まる前にGWの勉強の仕方などを書いても良かったですが、まもな

  • 対話式算数第62話:過不足算

    私は、サピックスで専任講師をスタートしたので、過不足算は、サピックス伝統の面積図でした。 しかし、あまりしっくりこなかったので、書き出していくスタイルに切り替えました。 その後、川崎の塾で働き、上司が「俺が小学生のときは過不足算は苦手だった

  • 問題が難しいと思ったとき

    教材を解いていくと、難しい問題に当たるときがあります。 その場合はどうすればいいかという対処法を書いていきます。 基本骨格の問題 枝葉の問題 ハードルの高い話になりますが、この2つの見極めが必要です。 基本骨格の問題ならば、気軽に飛ばすわけ

  • 問題が難しいと思ったとき

    教材を解いていくと、難しい問題に当たるときがあります。 その場合はどうすればいいかという対処法を書いていきます。 基本骨格の問題 枝葉の問題 ハードルの高い話になりますが、この2つの見極めが必要です。 基本骨格の問題ならば、気軽に飛ばすわけ

  • 解き方が分からないときのアイデアその1

    答えまでの道筋が分からない問題に出会うことはよくあることだと思います。 なんとなく「これでいいのかな?」という計算式で求めていく学習は、はっきり申し上げて、質の低い学習で、得るものが少ないです。 害の方が大きいです。   私は子供

  • 対話式算数第61話:年令算

    ここから3週間は、年令算、過不足算、集合ということで、割合とは関係なさそうですが、いずれの単元も、割合と比で解く問題が入っています。 特に年令算は半分以上は割合と比で解きますし、先週の倍数変化算を利用する問題もあります。 差に(和の場合もあ

  • 対話式算数第60話:倍数変化算

    今週は倍数変化算です。 倍数変化算は、和が一定や差が一定の問題でなければ、消去算を利用して解いていきます。 リンゴやミカンなどの消去算とは抽象度が異なるので、比の消去算と呼ばれることが多いと思います。 消去算も比の消去算も連立方程式です。

  • 対話式算数第59話:割合と比

    いよいよ8週間連続で学習してきた割合と比の基本骨格の最終回です。 小5対話式算数は3週間同一分ということを原則としていますので、一応、次回の第60話の倍数変化算まで割合と比が続きます。 今回は、いままで入れられなかった問題が多く、あまりまと

  • 対話式算数第58話:還元算

    この単元は一般的には線分図をかいて解きます。 対話式算数では、線分図の依存度はとても低いですが、和差算と、今回の「残りの○分の△」という表現のあるタイプの問題だけは、いままでは線分図を使うようにしていました。 これだけ線分図をかかない方針な

  • 対話式算数第57話:割合と比の基礎

    昨年までタイトルを「割合と比①」としていましたが、番号はできれば避けたいので「割合と比の基礎」に変更いたしました。 先週まで比を5週連続で扱い、一段落したので、今回から割合に入ります。 この6週間の流れで、実際に指導をしていても、教材を書い

  • 対話式算数第56話:比5

    今回は逆比がテーマです。 中学受験で方程式を使うことについては賛否両論があります。 方程式否定派でも、分配の法則や、比の消去算は方程式のような解き方にしています。 優秀な生徒さんは、方程式をしっかり教えなくても、そういう単元を通じて自然と方

  • スカイプ指導【春休み】大募集します

    スカイプ指導【春休み】の募集を3月1日より行います。 短期でしっかり力をつけたいという方に、ご期待に応えられるように指導を行ってまいります。 塾の春期講習はなぜか復習または各単元1回ずつというスタイルが多いと思います。 私は、それを効果が低

  • 対話式算数第55話:比4

    比の第4回目です。 いままでの3回は「和と比」や「差と比」の問題中心でしたが、今回は比の三用法中心になります。 とは言いましても、比の三用法という言葉で捉える必要はまるでありませんので、一言も触れていません。 整数で考えていけるように、自分

  • マンスリーテスト対策は頑張るべきか

    範囲の決まっているテストを受けるから学力は上がらないという主旨のブログを書こうと思いましたが、過去ブログ(2019年6月)で似ているものがありました。 それを2022年版に修正して再アップすることにしました。   大手塾でも中小塾

  • 対話式算数第54話:比3

    比の第3回目です。 比という単元名は5回続きますので、ちょうど真ん中です。 今回は、連比や、等しい部分を最小公倍数する問題など、複数の比を1つの比にそろえる単元です。 等しい部分はどこかを考えて最小公倍数で決めるのは、割合の逆比なので少々レ

  • 解説を有効活用するとは

    算数の問題が解けないとき、次の4パターンをアドバイスされると思います。 解説をすぐしっかり見る 解説を少しだけ見る 質問する 解説を見ないで、よく考える どれが正解かというものはありません。 個々の子供の学力、性格によってベストの方針は異な

  • 対話式算数第53話:比2

    比の第2回目です。 今回も、実戦的な問題の解き方(書き方)の説明が中心で、比例式や比を簡単にするものは触れていません。 第52話と第53話で、同じ方針の解き方で統一していますので、比の問題はこう解くというスタイルは構築しやすいと思います。

  • 3年生は計算を鍛える学年

    主に3年生の計算についてです。 3年生までは公文が定番で、4年生から公文を辞めて塾に専念というスタイルが多いと思います。 スカイプ指導で学年性別を問わず、いろいろな生徒さんを見ますが、ほとんどの子は計算が弱いです。 いちいち「公文やってた?

  • 線分図

    受験算数といえば、「線分図」「面積図」です。 今回は線分図にクローズアップしていきます。   線分図は、算数の解法力を上げるために必須なものと考えがちです。 私が塾講師を始めた頃は、「割合と比」「和差算」「倍数変化算」「消去算」を

  • 対話式算数第52話:比1

    中学受験の算数では、割合は5年生で学習することが多いですが、比を扱う前に、割合の分数の問題を延々と演習します。 それをセオリーというべきなのかは分かりませんが、「より分かりやすくするには?」と考えて、先に比を学習した方が理にかなっているとい

  • 小5強化「割合と比」をお勧めします

    2022年に入り、精力的に教材作成を進めています。 小4対話式算数は完成し、小5対話式算数は4月中に完成しそうです。 今年中に、小6対話式算数の完成と対話式算数・基礎の完成も実現できそうです。 これで基本骨格はすべて終了で、あとは小6、小5

  • 対話式算数・基礎編「第1話:角度をはかる・つくる・求める」

    2022年スタートを目指し、着々と作っています。 5月1日から毎週1話ずつ公開となりますが、この勢いで行くと4月中には半分ほど完成し、6月末までにはすべて完成するような気がします。 これが完成したら、算数教材塾・探求の教材の骨組みはほぼ揃っ

  • 算数に興味を持たせる方法

    低学年向けの話です。 算数に興味を持つか持たないかの話なので、5~10歳くらいが対象です。   目次 1 能力開発グッズって効果ある?2 算数の問題集をやった方が良い!?3 私が算数に興味を持った理由4 算数は遺伝? 能力開発グッ

  • 算数のノート

    算数専用ノートや、ノートの書き方の指南書というものをときどき見かけます。 ノートを上手く使えば、算数の学力が上がるというイメージを持たれている方も多いと思います。 どのようなノートを使えば良いか、ノートにどうやって書けばいいかで迷われている

  • 類題演習

    受験算数用語辞典第2回目です。 今回は類題演習です。 同じような問題を扱いたい場合、「同じ問題の解き直し」「数値替え問題」「類題演習」の3つのパターンが考えられます。 「同じ問題の解き直し」や「数値替え問題」は、そのままの言葉なので、どうい

  • 反復学習

    受験業界問わず、世の中、相反する意見があります。 天動説、地動説のような完全な間違いという場合もありますが、ほとんど同じことを、表現の違いで意見が異なっているように見えるという場合があります。 例えば、思考力問題や難問を取り組むときに「分か

  • 対話式算数第51話:数え上げ

    小4・小5対話式算数で全102話ありますので、ちょうど、今回の第51話で折り返しです。 小5対話式算数は同単元が3週間続きますが、今回は場合の数の3週目です。 数え上げです。 大手塾の最近の難しさを考慮して、この数え上げはレベルを上げました

  • 算数が苦手な6年生向けの教材

    通塾している6年生で成績が思い通り伸びていない方は、常に、塾を継続するか、退塾してシステムを変えるか悩まれていると思います。 塾で成果が出ないものを続けていていいのかと葛藤していると思います。 かといって、 家庭教師は高いし当たり外れがある

  • 対話式算数第50話・組み合わせ

    小5に入り第2週目です。 場合の数の組み合わせです。 「組み合わせは小6で扱っても良い」と思っていますが、大手塾では小4の年度末でやることが多いので、それに合わせた形です。 ここで扱いましたら、小5長期場合の数でも、第1回から組み合わせを入

  • スカイプ指導、2年ぶりに開成合格者でました

    毎年、一人か二人、優秀な生徒さんを教えていますが、2021年は当初、優秀な生徒さんがいないと思っていました。 6月頃、サピックスの成績が偏差値60を下回り、解き方をかかないタイプだから今後が不安ということで、指導の依頼があり、引き受けました

  • 対話式算数第49話:道順

    小5対話式算数の概要を書いていきます。 算数教材塾・探求では、小5の対話式算数までしっかり学習すれば四谷大塚60未満の学校までは行ける(一部の男子中はそこまでだと難しいですが)としているくらい、レベルを上げていきます。 学習姿勢は、小4対話

  • 2022年度の新教材

    先日、ノートパソコンをネット購入し、昨日、届きました。 1995年に仕事用として初めてのパソコンを買いましたが、それ以来の富士通のパソコンです。 外出持参用なので、軽さにこだわり634gのパソコンにし、安く抑えたいと思ったので、スペックは最

  • 2022年度の新教材

    先日、ノートパソコンをネット購入し、昨日、届きました。 1995年に仕事用として初めてのパソコンを買いましたが、それ以来の富士通のパソコンです。 外出持参用なので、軽さにこだわり634gのパソコンにし、安く抑えたいと思ったので、スペックは最

  • 4年生用書き出し教材の販売

    2022年は教材を精力的に作っていきたいと考えています。 メインの対話式算数は、小5の第102話まで練習問題各話15問ずつ揃え、本編の構成も決まり、下書き段階ですが書き終わりましたので、小4の後半から小5の最後まで(第36~102話)をハイ

  • 対話式算数第48話:ダイヤグラム

    速さの最終回のダイヤグラムです。 これで小4対話式算数は終了です。 小5対話式算数もよろしくお願いいたします。   興味のある方はこちらにどうぞ 対話式算数とは 小4対話式算数   目次 1 第48話:ダイヤグラム1.1

  • 難関中学を目指さないならばリーズナブルに受験勉強できる

    中学受験の勉強は、4年生からカリキュラムが開始するのが一般的です。 1~3年生から通塾している子もいますが、4年生から本格的なスタートとなると思います。 費用は4~6年生の3年間で200万円はかかると言われています。 ぐんぐん値上がりしてい

  • 解き方を忘れる

    塾で範囲の決まっているテストは、1か月などという期間内に学習した内容のテストになりますので、解き方を覚えていると思います。 それに対して、範囲の決まっていないテストは、いままで学習したことすべてから出題されます。 よく対策法を質問されますが

  • 対話式算数第47話:旅人算

    速さの3回目です。 旅人算の登場です。 算数教材塾・探求では、2人以上出てきて、近づいたり遠ざかったりする問題を旅人算と呼んでいます。 人によって定義は異なるかもしれません。   興味のある方はこちらにどうぞ 対話式算数とは 小4

  • 予習シリーズだけで深く理解できていますか?

    予習シリーズは、サピックスに比べて解説が丁寧だから、自力で理解できると思われている方が多いです。 確かに予習シリーズは昔のサピックスに比べれば、解説は丁寧です。 しかし、塾講師が伝達する情報量に比べて、比べ物にならないくらい貧素です。 プロ

  • 質問を承ります

    算数教材塾・探求の教材のご質問はこちらで承ります 分からない問題、問題不備、問題や教材についてのご意見ご要望など何でも構いませんので、コメント欄から書きこみ願います

  • 予習シリーズの解説書をよろしくお願いします

    家庭教師をやっていますと、当然、予習シリーズを使って学習をしている生徒さんを教えることになります。 通塾している生徒さんは、塾講師の解法を真似しますが、塾に行かない生徒さんや進学クラブの生徒さんは予習シリーズの解説を真似することになると思い

  • 対話式算数第46話:速さの三公式2

    速さの2回目です。 今回は文章題の問題中心です。 文章題になると、意地の悪い単位の換算はあまりありません。 なぜ、一般的に、速さの導入で単位の換算の練習をたくさんやるのか、解せません。 イメージが湧きにくく、覚える算数になる恐れが高まるだけ

  • 対話式算数第45話:速さの三公式1

    速さの1回目です。 今週は難しいところまで行きませんが、第1回目の導入だけに気を遣いました。 中学入試で最も重要ですし、最もセンスの必要な分野でもありますので。 今週のタイトルは、速さの三公式ですが、速さ×時間=距離だけ身につけて、あとは逆

  • 対話式算数第44話:素因数分解

    今回は数の性質の応用問題を解くときに大活躍する素因数分解を学習します。 「数の性質を利用する」というと、偶数・奇数に注目するか、素因数分解をして構造を理解して利用するかが主な考え方です。   興味のある方はこちらにどうぞ 対話式算

  • 対話式算数第43話:分数と小数

    今週は、分数と小数です。 第9~11話は計算ルールがメインテーマでしたが、今回は数の性質に及んでいます。   興味のある方はこちらにどうぞ 対話式算数とは 小4対話式算数   目次 1 第43話 分数と小数1.1 43・

  • 対話式算数第42話:約数と倍数

    約数は割る数で、倍数は割られる数というイメージをしっかり固めないと混乱しやすいです。 また、問題文に約数と書いていても倍数の問題だったり、またその逆だったりすることがあります。 ゆっくり落ち着いてイメージしながら身につくように取り組んで欲し

  • 対話式算数第41話:倍数2

    今週は倍数です。レベルが高めの回です。 目次 1 第41話:倍数②1.1 41・11.2 41・21.3 41・31.4 41・41.5 41・51.6 練習問題 第41話:倍数②   41・1 「○日ごと」という表現をていねいに

  • スカイプ指導「冬休み指導」の募集

    11月11日より2022年度のスカイプ指導の募集を開始しました。 新規応募の方はとても少ない状況ですが、現在の生徒さんは4・5年生の方が多く、2022年度は、ほぼ100%埋まっています。 現在、お問い合わせの方から固定枠指導希望をいただけま

  • 対話式算数第40話:暦の問題

    規則性の4週目は暦の問題です。 2022年版より、練習問題を各テーマ3問と決めていますが、そうしますと、2021年版までが扱う問題の種類が少なかったので、かなり大きな改訂となりました。 ラストの当番制の問題は、小学4年生にとって、ハードかも

  • 対話式算数第39話:数表

    4年生にしてはレベルの高い数表の問題です。 書きすぎず、雑に省略しすぎず、ちょうど良い塩梅のところを目指します。 三角数や四角数を使いこなすことも重要です。   興味のある方はこちらにどうぞ 対話式算数とは 小4対話式算数 &nb

  • 家庭教師に何を求めるか

    表題の通りの内容になりますが、これは度々書いていますので、このブログが決定版というわけではありません。 私事の経験から参考になるのでは?という内容を書いていきます。   今朝、美容院で髪の毛を切ってもらいました。 静岡に住んでから

  • 対話式算数第38話

    今週の内容は方陣算です。規則性とは言え、やや独特です。 図をかいて、図で解く代表的な単元と言えます。 今週の概要 今週は導入は「いくさ」の話です。方陣だから関係ありますよね? まわりの個数を求めるときは、式で覚えずに図で身につけるように指導

  • 対話式算数第37話:図形と規則性

    今週はテープをつなげる問題がメインです。 この分野は植木算に含まれることがありますが、問題のレベルを上げていくと、植木算で考えることはなくなりますので、植木算から独立させて「図形と規則性」という単元名にしました。 「植木算方式」と「1つずつ

  • 対話式算数第36話:展開図

    立体図形ラストの展開図です。 4年用の教材とはいえ本格的です。 問題を解くのに必要なテクニックを伝授しています。 展開図は、見取り図と対応させて、各頂点に記号をふっていくことが最も重要です。 そのやり方を身につけ、実行できるかどうかが、今週

  • 親が本気なら、何をするべきか

    できるだけ行きたい学校に進学したいとは誰でも思っていることだと思います。 とても優秀な受験生は、きっと自発的にバリバリ問題を解いて、学力を高めて、良い成績を取って、良い学校に合格して進学するイメージがありますが、実はそうではありません。 あ

  • 対話式算数第35話:表面積

    先週から立体図形に突入しています。 今週は容積です。 容積は基本的に図をかいて解く単元です。 正面から見た図をかいて、平面図形のように求めていきます。 表でも代用できますので、図と表をともに載せるようにしました。   興味のある方

  • 3・4年生用の本当の基礎を身につける教材

    スカイプ指導を行っていますと「塾でいったい何を教わっているの!」と思うこともしばしばあります。 しかし、それはお互い様で、塾では「家庭教師にいったい何を教わっているの!」と思われている可能性があります。 塾講師や家庭教師の中には、身について

  • 1問を考える時間をどうするか

    私事ですが、先日、10月1日に傘を買いました。 Facebookの広告で、つい衝動買いをしてしまいました。 金額は4500円で、高くも安くもない金額でしたが、機能に惹かれました。 傘の生地が二重になっていて、画像のオレンジ色の面が傘の表面で

  • 1問を考える時間をどうするか

    私事ですが、先日、10月1日に傘を買いました。 Facebookの広告で、つい衝動買いをしてしまいました。 金額は4500円で、高くも安くもない金額でしたが、機能に惹かれました。 傘の生地が二重になっていて、画像のオレンジ色の面が傘の表面で

  • 対話式算数第34話:容積(1)

    先週から立体図形に突入しています。 今週は容積です。 容積は基本的に図をかいて解く単元です。 正面から見た図をかいて、平面図形のように求めていきます。 表でも代用できますので、図と表をともに載せるようにしました。   今週の概要

  • 合格判定の確率の意味

    目次 1 合格判定とは2 合格判定50%なら3 合格判定80%なら4 合格判定20%なら5 まとめ 合格判定とは よく、受験関係者は「合格判定50%は2回受けて1回受かるという意味ではありません」と言います。 初めて聞くと、ちょっと驚きます

  • 対話式算数第33話:立方体と直方体

    今週から立体図形です。 1回目は立方体と直方体です。 体積、性質、投影図という無理のない流れになっています。 来週が容積で、再来週は表面積で、その次は展開図というように1段1段上っていきます。   興味のある方はこちらにどうぞ &

  • 先取り学習をしたら、逃げ切れるか

    マラソンでよく見る光景ですが、10㎞地点くらいで、スパーとして大きく前に出る選手がいます。 先頭集団がそれについて行かない場合、ほぼ100%といっていいくらい、大きく前に出た選手はやがて集団に飲み込まれ、その後、先頭集団にもついて行けずに後

  • 小4対話式算数第32話

    先週に引き続き、面積です。   先週もレベルの高めの問題になりましたが、今週はさらにレベルアップします。 先週の内容で苦戦した生徒さんは、今週分まるまる潔く先送りしてもいいと思います。 他の単元もそうですが、図形も、答えの出る計算

  • 学力を高めてから通塾を開始したい人をフォローいたします

    まず、現状報告をいたします。 7月から対話式算数の練習問題を各テーマ3題ずつに揃えていきました。 小4対話式算数で全48話240テーマ 小5対話式算数で全54話270テーマ 合計510テーマになりますので、全1530題になります。 &nbs

  • 学力を高めてから通塾を開始したい人をフォローいたします

    まず、現状報告をいたします。 7月から対話式算数の練習問題を各テーマ3題ずつに揃えていきました。 小4対話式算数で全48話240テーマ 小5対話式算数で全54話270テーマ 合計510テーマになりますので、全1530題になります。 &nbs

  • 小4対話式算数第31話

    面積です。 小4対話式算数では、第3・4話と第14・15・16話で面積が出てきましたが、今回は、それらに比べて、かなり実戦的です。 「こういう場合はこうする」というようなテクニック的な解法もいくつか登場します。 全体的に難しく感じるかもしれ

  • 対話式算数第30話:角度3

    角度の3回目です。 4年生の角度はこれで終わりとなり、5年生で角度は出てきませんので、この先は6年生用の本格的な内容となります。 テクニックが多くなりますので、理解が難しい場合は、先送りをしても良いです。 角度や面積は公式だけ身につけてもな

  • 過去問をやる意味

    目次 1 過去問は本当にやるべきか?2 過去問をやると学力が下がります3 入試に慣れる4 慣れるためには5 基礎学力を高めるには6 過去問の取り組み方 過去問は本当にやるべきか? 過去問を解くのは当たり前という風潮です。 塾によっては第一志

  • 対話式算数第29話:多角形

    今週から図形です。 多角形を学習します。 平面図形を4週間学習したあと、立体図形を4週間学習します。 その後、図形と規則性を2週間学習しますので、10週間連続で図形となります。 多角形は、内角の公式や対角線の本数の公式がありますが、その公式

ブログリーダー」を活用して、対話式算数さんをフォローしませんか?

ハンドル名
対話式算数さん
ブログタイトル
算数教材塾・探求のブログ
フォロー
算数教材塾・探求のブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用