searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

キトリさんのプロフィール

住所
香港
出身
未設定

香港のインターナショナルシュタイナー幼稚園で働きながら、日々の経験を子育てに役立てています。育児日記だけでなく、香港の暮らし、手作り、手仕事などなど、いろんな情報をUPしています。

ブログタイトル
香港deシュタイナー育児
ブログURL
http://waldorfmama.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
香港でシュタイナー教育、森のようちえん、自然育児などを取り入れながら子育て中。そんな育児日記です。
更新頻度(1年)

24回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2013/09/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、キトリさんの読者になりませんか?

ハンドル名
キトリさん
ブログタイトル
香港deシュタイナー育児
更新頻度
24回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
香港deシュタイナー育児

キトリさんの新着記事

1件〜30件

  • 自然は癒し

    最近のニュースをネガティブなものは黒に、素敵なものはピンクに塗るとするなら、今、私たちが生きる世界は真っ黒に塗りつぶされている気がします。私の周りでも、その黒いものが、程度の差こそあれ、子供たちの心に影を落としているのを感じざるを得ません。特に香港の子供たちにとっては小さな心をかき乱された一年だったように思います。そんな時、自然に触れることは子供たちの心を癒す大きな力になってくれます。もし外に出れ...

  • 農業の大変さ

    数年ぶりに香港で過ごす8月。湿気に慣れてしまえば、むしろ日本より過ごしよい気もします。とはいえ、この時期の畑仕事はなかなか大変です。息子に行きたくないと愚痴をこぼされ、内心、「だよねー、やめとく?」のひと言をごくりと飲み込み、「No work, No food」と引きずりだしております。でも畑への山道を歩き始めると、爽快感で会話も弾んできます。先日、ちょっとした事件がありました。手塩にかけて育てていた野菜をなんと...

  • 14度目の夏

    少し前になりますが、クラスメイトのお友達と一緒にビーチに行ってきました。プライベートビーチですが、そこまでの道のりというのが、文字通りの「けものみち」で、子供の背丈より高い草をかきわけ突き進む、まさにジャングル探検といった感じで。子供たちは怯むかと思いきや、楽し気にずんずん進んでいきます。その姿が、踏まれても踏まれてもぐんぐんとたくましく伸びる雑草と重なって、彼らの溢れる生命力が輝いて見えました。...

  • 家づくりプロジェクト③ 完成

    外壁と内壁のセメントを塗り終えたら、いよいよペインティング作業に入ります。私がアースバッグハウスに魅せられるポイントの一つがそれがもつサステナビリティです。環境に負担をかけない工法であるということ。外壁には天然顔料と昔ながらの製法を用いて作られたバターミルクペイントを使用。内壁には珪藻土ペイントにぬらし絵で使うstockmarの水彩絵の具を少しだけ混ぜ、ベールのように重ねていくラズールペインティングで。イ...

  • 家づくりプロジェクト②

    粘土を一段ずつ重ねていき、家の基礎の完成です。基礎ができたら左官さんの出番です!セメントを練り上げて、塗っていきます。外壁、内壁をそれぞれ乾かしながら塗り終えたら、最後の塗装に向けてのサンディングへ。荒めの紙やすりで表面を平らにしていきます。次回は、お楽しみのペインティング作業へ。最近、空を見上げるとコットンツリー(木綿樹)の綿毛が飛んでいます。毎年、この時期になると、時には空を埋め尽くすほどの真...

  • 家づくりプロジェクト①

    息子の学校が再開して一週間が経ちました。4か月のホームスクーリングもこれにて終了!と言いたいところですが、あと一か月で普通に2か月の夏休みに突入するんです。こんなに長い時間24時間息子とずっと過ごしたのは赤ちゃんの時以来だなぁ・・・と思いましたが、あの頃とすっかり立場逆転したのは、私が昼寝をしている間、息子は一人で遊びながら待っててくれること(笑)さて、4か月前から少しずつ進めていたハウスビルディ...

  • ベランダ菜園

    バスと徒歩で片道30分ほどの畑へは週1ペースで通っていますが、家でも何か育てられないかと思い、ベランダ菜園を初めてみました。紙パック栽培を試しにやってみたら、これがなかなか面白くて。高層ビルの隙間からこぼれる光を頼りになかなか頑張ってくれています。食した後のレモンやアボカドを種から育ててみたり、ミニトマトも指でつぶして土に放りこむと、2週間もしないうちに芽がたくさんでてきます。最初の収穫となったのはベ...

  • ハッピーイースター

    毎年イースターには子供たちとエッグハントをするのが恒例で、今年もそのつもりでイースターエッグの準備をしていましたが、願いかなわずあきらめることになりました。でもいいんです。それはとても小さなことだから。うちのお隣に住む香港人一家のお母さんは医療従事者のようで、最近子供たちを見かけなくなりました。おそらく、しばらくの間、おばあちゃんの家で暮らしているのでしょう。日々見えない敵と戦い続ける医療従事者の...

  • 切手付きの贈り物

    終わりの見えないホームスクーリング、特にお母さん方、大変ですよね!こういう時は頑張らず、あえてのんびりと過ごすのもいいですね。息子の宿題が毎週送られてくるのですが、芸術的要素がたくさん盛り込まれた日々の学習とは違い、ワークシートに書かれたただの数字や文字に拒絶反応してしまい、慣れるまで親子ともども精魂尽き果てたこともたくさんありました。こういう状況なので仕方ないのでしょうが、こういう状況だからこそ...

  • やわらかなこころ

    自宅で日本語の勉強をしていた時のこと。文章に「青い目」という言葉が出てきて、息子が聞いてきました。「ママ、どうして目が青い人がいるの?」と。なので、私は「じゃあ、あなたの目はどうして黒いのかな?」と聞き返すと、「だって神様がわたしにプレゼントしてくれたから」と返ってきました。9歳を迎えてから、急に物事を分析したり、真実を知りたがったりするようになった息子からは意外な答えでした。どうしてそう思ったの...

  • 春が目覚める時

    香港に戻って一週間ほど経ちましたが、あ~日本の青空が恋しい!春満開な時期が一番好きな時ではありますが、2月下旬は少しずつ春の気配を感じ始める「春待ち」の時で、楽しいことを待つ時期が実は一番わくわくするのかも、なんて思ったり。香港に帰ってまずは畑に直行。右も左もマスクだらけの街中とは違い、360度山に囲まれ、聞こえるのは小鳥のさえずりだけの別世界です。猫の額ほどの畑ですが、この小さな場所が私の頭も心もリ...

  • 書を捨てよ、旅へ出よう

    スタディーツアーとなった今回の帰国を振り返りながら最後の夜を過ごしています。3年生の課題であるハウスビルディングのプロジェクトのために、息子と一緒に歴史を辿りつつ、様々な様式の家や建築物を見ながら、歴史に疎い私もいっぱい勉強させてもらいました。この旅のハイライトでもあり、また私がずっと心に温めていた夢でもある「アースバッグの家」でキャンプすることができました。土で作られ、環境に負担が少なく、耐震耐...

  • 親が試される時

    旧正月のお休みがコロナウィルスのため延長され、もうすぐ3週間経とうとしています。外へ出れば薬局の前には長蛇の列。米騒動にオイルショックを思わせる街のテンションはどうしても感じざるを得ません。リスクを避けることはもちろん大事ですが、病気にならない体や心をつくることはそれ以上に大切だと考えます。予防策を講じつつ、キャンプやハイキングに行ったり、畑仕事をしたりして、普段通り楽しく穏やかな日々を送っていま...

  • 9歳のお誕生日

    週末に息子が9歳のお誕生日を迎えました。9歳にもなると本当にたくさんの事ができますし、何かお願いする時も安心して頼めますし、忘れっぽい私をしっかりサポートしてくれる頼れる相棒です。シュタイナー教育では人間の発達周期が7年という節目ごとに訪れるとされます。0~7歳は強い体と意志を育てる時期。8~14歳は感情を育てる時期。「9歳の危機」と呼ばれる、周りの世界から自分を個として切り離して自己を確立していく時期...

  • 新年、初引き寄せ

    新しい年に入り、以前から願っていた小さな夢が一つ叶いました。幼稚園の畑で土に触れながら、いつか自分でも野菜を作ってみたいと思っていました。シュタイナーの三年生のカリキュラムでは農業が入ってきます。都会の学校ではどうしても理想的な学習環境が望めません。でも9歳の危機と言われるこの時期の農業体験の意味はとても大きく、なんとかそれを実現できないかと考えていました。願いをビジュアライズしたり、思考を実現す...

  • 明けましておめでとうございます。

    新年、明けましておめでとうございます。3週間のクリスマスホリデーが終わり、今日から学校に戻った息子。この3週間は思いっきり遊び倒しました。キャンプにディキャン、離島散策、そして年末年始は京都へ。遠出して雪遊びするつもりでしたが、雪が足らず、泣く泣く人工雪のゲレンデで遊ぶことになりました。とはいえ、ハハの目的、神社仏閣巡りは果たせて、よい年越しができました。今、中国語の西遊記にハマっている息子は、三十...

  • クリスマススピリット

    ちょっと前に、仲のいい友達に「クリスマス前にこんなことしない?」と提案がありました。それは思いもよらない素敵なアイデアで一つ返事でやることに。それを実行する前日、子供たちと一緒にジンジャーブレッドクッキーを焼いて、翌日それを持って彼らの学校のある街に繰り出しました。街の清掃員の人たちとお年寄りたちへ子供たちからのささやかのプレゼントです。「メリークリスマス、そしてよいお年を」と声をかけながら子供た...

  • 子供の成長の糧

    息子がクリスマスホリデーに入って早1週間。待ってました!と今期初のキャンプへ行ってきました。テントやタープを設営するとき、息子はあうんの呼吸で何も言わなくても必要なものを察知して、ハンマーやペグをサクッと手渡してくれます。薪づくりは大きな木を拾ってきてのこぎりで切っていきます。息子が一人でやっていい?と聞くので何も考えずのこぎりを渡しました。私は私の仕事をしながら、ふと我に返って思いました。去年ま...

  • たまには手紙を

    先日ネットでこんなに可愛いものを見つけました。ぐりとぐらの切手♪お気に入りの絵本の切手に思わず実家の母にこれからはこの切手ではがきを送ってとお願いしてしまいました。昔は便箋、封筒、そして切手もどれにするか、季節に合わせたり、相手の好みを考えたり、些細な事にも心を配っていたんですよね。待ちきれなくて毎日郵便ポストをのぞき込んだり。今の便利さはもちろんありがたいのですが、この切手をみながら筆をとる楽し...

  • 非常時を日常へ

    「香港」という文字が世界各国のニュースで踊り始めて半年ほどになりますが、現在はまさに戦場というに等しい状況です。学校も週末はさんで4日ほど休校となりました。外出もままならない場所もありますが、私の住むエリアは比較的安全な地域へアクセスが可能なので、私は学校のママ友達と子供たちを連れ出そう!とほぼ毎日遊びまくりました。ハイキングやカヤックをしたり、今夜はサンセットピクニックへカントリーパークへ。一歩...

  • グリーンハロウィン

    これまでハロウィンのお誘いがあっても首を縦に振らなかった息子ですが、今年は「誘われたら行ってみようかな」と自ら言ってきました。ハロウィンはスルーするつもりでしたが、お誘いがあったので、行ってみることに。息子にどんなコスチュームがいいかと聞いても、なんでもいいというので、いくつかの候補の中から選んでもらい、フクロウになりました。ハロウィンが世界各地で盛り上がる裏で、その地球温暖化へのインパクトも問題...

  • 秋の張り子

    地味な作業だけど、やり始めると結構延々とやってしまう張り子。10月に入って早々に取りかかった手仕事です。和紙は手に入りにくいので、香港の習字紙を使いました。型代わりに風船を膨らませて、あとは小さくちぎった紙を小麦粉のでんぷんのりで貼っていくだけ。いろんな糊を試したけど、このでんぷん糊が強度、触り心地も一番張り子にぴったりです。さすが先人の知恵ですね。風船を型に使う場合は、一気に何層も重ねるより、一層...

  • オータムガーランド

    燃えるようなもみじ、黄金色のイチョウ並木、そんな秋の風景を10年ほど目にしていない私は、この時期になるとどうして日本が恋しくなってしまいます。香港でもわずかに色づく木々も所々にありますが、日本のような圧倒的な美しさには程遠い感じです。それでも山の中を歩きながら、色づいた葉っぱを見つけるのは秋のささやかな楽しみでもあります。葉っぱを拾っては、ずっとそのきれいな色を見ていたくて、秋色を閉じ込めてみました...

  • 冒険のすすめ

    最近、息子と一緒にハマってしまったものがあります。シーカヤックです。ライフジャケットをつけるものの、遠い沖まで出るのは最初不安もあったのですが、インストラクターの方もパドルの使い方だけ浜で教えたら、後は行ってらっしゃーい!の一言であっさりと送り出されてしまいました。涼しくなった潮風と穏やかな水面をシューっと漕いでいると、自然と怖さは消えて、とにかく気持ちいい!もっと先へ行ってみよう、と冒険心に火が...

  • 秋の手仕事

    今月は世界中でシュタイナー教育100周年を祝うイベントが行われています。香港でもイベントがあるので、その準備をお手伝いしています。ブースのデコレーション用に、週末はずっと手仕事をしておりました。家の修理や片付けもぼちぼち落ち着いてきたので、やっと腰を下ろしてモノ作りする気分になってきたところです。私がチクチクやってると、息子もやってみたいというので、初めてニードルフェルティングをさせてみました。学校...

  • お暇生活

    しばしのお暇も2か月半が経ちました。数年苦しんだ紫外線アレルギーも蕁麻疹も手湿疹も嘘のように治ってしまいました。体の声を聞くって大事ですね。我が家も住み始めて10年、あちこちにガタが来ており、只今、左官さんに転業しております。湿気とカビにやられた壁紙を剥いで、石膏を塗って、壁を修復して、そしてベースのペンキを塗った後、シュタイナー考案のLazure Paintingを施して。こちらの左官さんのレベルは恐ろしく低いく...

  • エポックノート

    シュタイナースクールでは教科書を使いません。一つの教科を毎日2時間ほど3~4週間かけて集中的に勉強し、その内容を子供自身が書き留めたものがエポックノートと呼ばれ、これが教科書となります。教科ごと見てみると、どれも色と絵に溢れていて、息子の説明を聞きながら実に面白いなぁと思います。こちらは算数の教科書から。これは九九の4の段のチャートです。10(もしくは0)から始まり、4,8,12,16,20の1の位...

  • 人生の優先順位

    二週間前は周囲の人に「体大丈夫?」と心配されるほど、全身から疲れがにじみ出ていたようでしたが、ここ数日、人に会うたびに「なんか生き返ったみたい」と言われています。おっしゃる通り!十分な休息と心の荷物を下ろしたら、ゾンビ状態からrebornできちゃいました(笑)夏休みは基本的に息子のしたいことを、息子のペースでのんびりと、が基本ですが、日本語の勉強だけ毎日少しずつすることにしています。息子が小学校に入った...

  • 新たな道へ

    先週末で無事本学年度を終えました。この一年は正直これまでの中で一番大変だった一年でした。教師がぶつかる様々な壁というものは、自らを成長させてくれるものなんだと、自分に何度も言い聞かせつつ、ゴールまでたどり着きましたが、巣立つ子供たちを見て、ああ、何とかここまで成長してくれてよかった・・・と、やっと一息ついたところです。日本のように感動的な卒園式はないのですが、ピザを焼いてビーチピクニックしたり、最...

  • ストレス解消法

    今学年も残すところ2か月半となりました。今年はトライアスロンのような一年になっています。しんどくなって歩みを緩めようとすれば、どんどん次の試練がのしかかってきて、ちょっとバテ気味です。そんな自分をリセットするために最近はキャンプに行ってます。2,3週に一回のハイペースって、どんだけストレス溜まってんだか(笑)でも日々のゴタゴタをシャットアウトして、ただただ自然の中に佇んでいると、不思議と身も心も軽...

カテゴリー一覧
商用