searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ウスラバさんのプロフィール

住所
高知市
出身
佐川町

他にも特撮大百科を製造・販売している「株式会社キャスト」関連のイベント等の御紹介もしています。

ブログタイトル
特撮大百科DREAMS
ブログURL
http://mt428.blog48.fc2.com/
ブログ紹介文
東宝・大映・円谷・松竹・その他諸々問わず特撮大百科シリーズのレビューをメインとしたブログです。
更新頻度(1年)

75回 / 365日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2013/07/31

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ウスラバさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ウスラバさん
ブログタイトル
特撮大百科DREAMS
更新頻度
75回 / 365日(平均1.4回/週)
フォロー
特撮大百科DREAMS

ウスラバさんの新着記事

1件〜30件

  • 決戦!ガメラ対巨大レギオン

    今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・大魔神特撮大百科Mini++シリーズから映画「ガメラ2 レギオン襲来」より『決戦!ガメラ対巨大レギオン』です。劇中、仙台での雪辱を晴らすべく首都・東京を目指す巨大レギオンの前に立ち塞がるガメラ。巨大レギオンもまたこれ以上の草体による種子発射を阻止させぬ為に、ガメラを数の力で排除すべく翅レギオンの大群を呼び寄せる。しかし人間の機転によって、送信所から発せられる電磁波に翅レ...

  • 十握剣

    今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・大魔神特撮大百科シリーズから映画「ガメラ3 邪神覚醒」より『十握剣』です。劇中、目覚めれば世界が滅びるとされる「柳星張」の封印を、古からの永きに渡って南明日香村で守り続ける一族・守部家。その象徴となる家宝「十握剣」が代々受け継がれ、現代の時期当主候補である守部龍成も祖母から柳星張の伝承と共に剣を授かる。その後、図らずも封印を解いてしまった比良坂綾奈が、柳星張ことイリス...

  • 柳星張卵 孵化

    今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・大魔神特撮大百科シリーズから映画「ガメラ3 邪神覚醒」より『柳星張卵 孵化』です。劇中、南明日香村にて語り継がれる伝説の存在「柳星張」。亀型の石の力によって山奥の祠に卵の状態で封印されており、もし封印が解けたらこの世が滅びるとまで言われ、代々守部の一族がその封印を守り続けていた。しかし地球上のマナが減少した事で封印の力が弱まり、更にガメラに両親を奪われた少女・比良坂...

  • ギロチングキング

    今回御紹介いたしますのはこちら。我が家工房特撮大百科Miniシリーズから『サイボーグ海獣ギロチングキング』です。前回の『悪辣宇宙人ジョルジュ星雲人』との同時リリースになった、【我が家工房】と【株式会社キャスト社】とのコラボ商品第3弾である本作。二足歩行怪獣、人型宇宙人からの四足歩行怪獣と実にバラエティ豊かなチョイスが伺えます。設定では古代の海の王者だったサメ怪獣に寄生宇宙人パイル星人が同化し、強化改造...

  • 悪辣宇宙人ジョルジュ星雲人

    今回御紹介いたしますのはこちら。我が家工房特撮大百科Miniシリーズから『悪辣宇宙人ジョルジュ星雲人』です。以前御紹介しました『古代星獣バラモンキング』に続く・特撮ライターガイガン山崎氏が代表を務めるオリジナル怪獣着ぐるみ製作所【我が家工房】と、実力派特撮ガレージキットメーカー【株式会社キャスト】のコラボ商品第2弾となる本作。このジョルジュ星雲人のコンセプト。それはウルトラシリーズのバルタン星人やセミ...

  • ALL JAPANメカゴジラブロマイドセット

    今回御紹介いたしますのはこちら。東宝特撮映画ブロマイド全集EXシリーズから『ALL JAPANメカゴジラブロマイドセット』です。モスラ・キングギドラに並ぶゴジラのライバル怪獣筆頭であるメカゴジラ。【ゴジラを超えられるのはゴジラだけ】をコンセプトに、1974年公開「ゴジラ対メカゴジラ」でデビュー。まさにコンセプト通りの全身が武器の凄い奴な圧倒的強さと、鋼の輝き眩しいスタイリッシュなデザインが大ウケ。たちまち一躍人気者...

  • ゴジラVSスペースゴジラコンプリーション

    今回御紹介いたしますのはこちら。株式会社ホビージャパン.刊『ゴジラVSスペースゴジラコンプリーション』です。先の『超星神シリーズコンプリーション』に続き、2021年度版コンプリーションシリーズの第2弾となる本書。同じ特撮をテーマにした2冊ほぼ同時リリースの贅沢さは、このシリーズを愛読し続けるファン程そのサプライズの大きさに胸高鳴ったはずです。こちらは例年通りゴジラ映画からのチョイスとなっており、今回ピック...

  • 超星神シリーズコンプリーション

    今回御紹介いたしますのはこちら。株式会社ホビージャパン.刊『超星神シリーズコンプリーション』です。今年もホビージャパン社より無事刊行されました、東宝特撮ファン必読の書・コンプリーションシリーズ。毎回一つのテーマにスポットライトを当て、圧倒的ボリュームと集大成的内容で読者を魅了して止まぬ一冊となっていますが、今回白羽の矢が立った作品。それが東宝製作のTV番組として、テレビ東京系にて大々的に世に送り出され...

  • コッヴⅡ幼獣

    今回御紹介いたしますのはこちら。ウルトラキャラクターキーホルダーシリーズからTV番組ウルトラマンガイア第10話「ロック・ファイト」より『コッヴⅡ幼獣』です。劇中、地球上空に発生したワームホールより現れた惑星破壊機ヴァーサイト。全長800mにも及ぶ巨体や頑強な装甲だけでなく、相手の通信を不可能にする特殊なパルスを発する機能を備えるも、XIGによる奇策と総攻撃を受け半壊しアラスカの山中に墜落する。しかしその内部から...

  • セレブロ

    今回御紹介いたしますのはこちら。ウルトラキャラクターキーホルダーシリーズからTV番組ウルトラマンZ第1話「ご唱和ください、我の名を!」より『セレブロ』です。劇中、光の国からウルトラゼットライザーとウルトラメダルを強奪して地球を襲来した凶悪宇宙鮫ゲネガーグ。ウルトラマンZによってゲネガーグは撃退されるも、その断片に潜んでいたセレブロは地球防衛軍の委託職員・カブラギの肉体を乗っ取り、地球での活動を開始する。当...

  • イフ第三形態

    今回御紹介いたしますのはこちら。ウルトラキャラクターキーホルダーシリーズからTV番組ウルトラマンマックス第15話「第三番惑星の奇跡」より『イフ第三形態』です。劇中、ある日突如宇宙から落下してきた白く丸い巨大な物体。近辺に居住区が存在する事もあって、正体を探るべくDASHが調査に訪れるも何の生体反応も感じ取れず、焼却処分が決定する。しかしDASHバードによる焼夷弾で焼かれると同時に、その外観が変化。白い体色は赤黒...

  • 対怪獣特殊空挺機甲2号機ウィンダム&対怪獣特殊空挺機甲3号機キングジョーストレイジカスタム&対怪獣特殊空挺機甲4号機ウルトロイドゼロ ブロマイドセット

    今回御紹介いたしますのはこちら。テレビ番組「ウルトラマンZ」より『対怪獣特殊空挺機甲2号機ウィンダム&対怪獣特殊空挺機甲3号機キングジョーストレイジカスタム&対怪獣特殊空挺機甲4号機ウルトロイドゼロ ブロマイドセット』です。好評の中、昨年末に大団円を迎えた「ウルトラマンZ」。1/3人前の若きウルトラヒーロー・ウルトラマンZや相棒・ナツカワハルキの熱い活躍や成長もさることながら、同番組を支える人気の秘訣となったのが、...

  • ゴジラ第4形態 ヤシオリ作戦決戦ver.

    今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「シン・ゴジラ」より『ゴジラ第4形態 ヤシオリ作戦決戦ver.』です。劇中、東京にて破壊の限りを尽くしたゴジラを凍結させ無力化すべく官民一体となって展開される、前代未聞の大規模作戦「ヤシオリ作戦」。やがて全ての準備が整うと、東京駅周辺で休眠状態にあるゴジラに対して遂に決行。新幹線爆弾による奇襲で目を覚ましたゴジラへ、矢継ぎ早に無人戦...

  • 妖怪アマビエストラップ

    今回御紹介いたしますのはこちら。『妖怪アマビエストラップ』です。今も世界中で猛威を振るい続ける新型コロナウィルス。発生から1年以上過ぎようやくワクチンの接種も始まりましたが、それでもなお事態の終息には程遠く、多くの人々がこのコロナ禍への予断が許されぬ日常を過ごしています。そんな中、昨年一躍脚光を浴びたのがこの妖怪アマビエ。江戸時代後期、肥後国に現れ6年間の豊作を予言。更に疫病が流行ったら自身の絵を描...

  • クレクレゴジラ タコラ部長缶バッジ

    今回御紹介いたしますのはこちら。『クレクレゴジラ タコラ部長缶バッジ』です。忘れた頃にやってくるキャスト社製「ゴジラ」×「クレクレタコラ」コラボ企画・『クレクレゴジラ』毎回名だたるゴジラ怪獣達を、タコラの世界観にクレクレっと引き込むコミカルなグッズを展開。今回は【特撮大百科福袋2021】の封入品にして、同企画初となる缶バッジでのリリースによって、更なる特別感を演出しています。そして本作のタコラのコラボ相...

  • ジーダス 伊勢出現版

    今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・大魔神特撮大百科Mini+シリーズから映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」より『ジーダス 伊勢出現版』です。劇中、ギャオスの肉片を喰らった南方のトカゲが変異・凶悪化した怪獣ジーダス。やがて憎きガメラの気配を感じ取ったジーダスは、日本を目指し海を渡る。その途中、海上の船舶を襲っては沈没させ乗組員を捕食。そして遂にガメラことトトが産まれ育った、三重県伊勢志摩の港町へと上陸する...

  • アヴァンガメラ 自爆発光版

    今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・大魔神特撮大百科Mini+シリーズから映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」より『アヴァンガメラ 自爆発光版』です。劇中1973年、三重県志摩にて人々を襲うオリジナルギャオスの群れと交戦したアヴァンガメラ。強力な火球とタフネスな身体でギャオスに対抗するも、次第に数の力に圧されだす。それでも懸命に食い下がるアヴァンガメラであったが、遂にはギャオスの超音波メスによる集中攻撃に倒れ伏...

  • ガメラ《トト》最終決戦版

    今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・大魔神特撮大百科Mini+シリーズから映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」より『ガメラ《トト》最終決戦版』です。劇中、三重県志摩での戦いで辛うじてジーダスを退けるも自らも力尽き、自衛隊に捕獲されてしまうトト。その後、名古屋にある日本政府の研究施設に収容され、ジーダスへの対抗策として緋色真珠のエキスで急成長させられるも、そこへ当のジーダスが襲撃。それに呼応し目覚めたトトも...

  • ジーダス

    今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・大魔神特撮大百科Mini+シリーズから映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」より『ジーダス』です。劇中1973年、アヴァンガメラとの戦いで全滅したオリジナルギャオス。しかしその肉片は海に流れ、一部が南方の島に漂着。それを摂食したトカゲを獰猛で凶悪な怪獣ジーダスへと変貌させてしまう。ギャオスの因子と邪念を受け継いだジーダスはその後、宿敵であるガメラの気配を感じ取り海を渡って日本...

  • アヴァンガメラ

    今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・大魔神特撮大百科Mini+シリーズから映画「小さき勇者達 ~ガメラ~」より『アヴァンガメラ』です。劇中1973年、三重県志摩に出現した4体のオリジナルギャオスと1体のガメラ。両者は同地を舞台に、激しい死闘を繰り広げる。ここに至るまでの苦戦を物語る様にガメラは既に満身創痍ながらも、ひたすらに孤軍奮闘を続けギャオスの群れに挑む。やがて夜空を切り裂く極炎の火球がギャオスに炸裂。辛...

  • ガメラ《トト》

    今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・大魔神特撮大百科Mini+シリーズから映画「小さき勇者達 ~ガメラ~」より『ガメラ《トト》』です。劇中、三重県志摩の海岸にて相沢透少年が発見した赤い結晶体と卵。やがてその卵からは一匹の子亀が誕生し、透はその亀にトトと名付け育て始める。しかしトトは自力で浮遊したり、火を吹いたり、更には一日で急激に成長したりと明らかに普通の亀とは違っていた。それでも透はかけがえのない友と...

  • オールヘドラカレンダー2021

    今回御紹介いたしますのはこちら。『オールヘドラカレンダー2021』です。本年最初の新商品にして、3つ目となる2021年度版キャスト社特製特撮メモリアルカレンダー。その栄えある今年の顔としてスポットライトが当たったのが、1971年公開のゴジラシリーズ第11作目・「ゴジラ対ヘドラ」にて衝撃のデビューを果たしてから、遂に生誕50周年を迎えたこの前代未聞の大怪獣《公害怪獣ヘドラ》まさに東宝特撮怪獣の最たる異端児にして、唯一...

  • ゴジラ1991 網走原野決戦ver.

    今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科 DeAGOSTINIゴジラおせち2021特典オーナメントから映画「ゴジラVSキングギドラ」より『ゴジラ1991 網走原野決戦ver.』です。劇中、世界一の経済大国となった日本の国力を20世紀の段階で削ぐべく、23世紀からやって来た未来人。彼らは日本政府を欺く為に、将来ゴジラになるはずだったゴジラザウルスをベーリング海へと転送する事で、ゴジラの存在を歴史から消滅させてし...

  • カメーバ1970

    今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科Miniシリーズから映画「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」より『カメーバ1970』です。劇中、取り憑いた相手を強化し意のままに操る、地球外からの侵略者であった液状生物。セルジオ島の人間にゲゾラとガニメが退けられるも、今度こそ邪魔者を完全に排除すべく、同島のマタマタガメに寄生。大亀怪獣カメーバへと変異させる。そして液状生物の弱点である超音...

  • ガニメ

    今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科Miniシリーズから映画「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」より『ガニメ』です。劇中、セルジオ島島民達の反撃によってゲゾラを斃されるも、直後にその体を離れた液状生物。今度は島の近海に棲息するカルイシガニに憑依して、怪獣ガニメへと変異させる。そして旧日本軍が残した銃火器で臨戦態勢を取っていた島民達を再度襲撃。強固な甲羅で機関銃の弾丸をも...

  • ゲゾラ ダメージver.

    今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科Miniシリーズから映画「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」より『ゲゾラ ダメージver.』です。劇中、南海の孤島・セルジオ島の島民を恐怖で支配していた、極低温の大イカ怪獣ゲゾラ。しかし日本から島の調査にやってきた工藤や宮博士の捕食に失敗したゲゾラは、そのまま同島に上陸。怒りに任せて集落を襲い、触手や巨体を駆使し壊滅的な被害をもたらす。しか...

  • ゴジラ1955+アンギラス1955 彩色版セット

    今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「ゴジラの逆襲」より『ゴジラ1955+アンギラス1955 彩色版セット』です。劇中、岩戸島に不時着したパイロット・月岡によって目撃された2匹目のゴジラと新怪獣アンギラス。激闘を展開する両者は縺れ合ったまま海に転落するも、かつての東京の惨劇を知る人々は、新たな脅威の出現に戦慄する。やがてゴジラが大阪へと接近。防衛隊による照明弾作戦で外海...

  • 謹賀新年

    2021年皆様、新年明けましておめでとうございます。本年も特撮大百科一筋12年【特撮大百科DREAMS】をよろしくお願いいたします。そして我が家の愛しの猫達も、三者三様の自由気ままさで新たな年を迎えました。そんな愛猫達の現在の姿がこちら。・ちぇん(母)・ぬえ(娘)・せーじゃ(婿)相変わらず親子喧嘩したり、夫婦イチャついたりと賑やかな三匹ですが、穏やかかつ健やかに風の吹くまま気の向くまま楽しく毎日を過ごしています。今...

  • ALL JAPANモスラカレンダー2021

    今回御紹介いたしますのはこちら。『ALL JAPANモスラカレンダー2021』です。今や人気商品としての地位を盤石にした、キャスト社特製特撮メモリアル卓上カレンダー。前回の『ゴジラVSキングギドラカレンダー』に引き続き、2021年度版カレンダーの第2弾としてセレクトされたのが、来年生誕60周年を迎える「モスラ」。しかもこちらは巨蛾モスラと言うキャラクターそのものにスポットライトを当てており、同じ卓上カレンダーでもちゃんと...

  • ゴジラVSキングギドラカレンダー2021

    今回御紹介いたしますのはこちら。『ゴジラVSキングギドラカレンダー2021』です。振り返れば世界規模で波乱と不安が交差する混沌が支配したこの2020年。しかし、そんな未曾有の激動の中でもファンの期待裏切る事無く、今年の年末も無事リリースが叶いました。【キャスト社特製特撮メモリアル卓上カレンダー】今回も例年通りに2種類用意されましたが、その内の一つとして白羽の矢が立ったのがゴジラシリーズ第18作目である「ゴジラVS...

カテゴリー一覧
商用