searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ウスラバさんのプロフィール

住所
高知市
出身
佐川町

他にも特撮大百科を製造・販売している「株式会社キャスト」関連のイベント等の御紹介もしています。

ブログタイトル
特撮大百科DREAMS
ブログURL
http://mt428.blog48.fc2.com/
ブログ紹介文
東宝・大映・円谷・松竹・その他諸々問わず特撮大百科シリーズのレビューをメインとしたブログです。
更新頻度(1年)

77回 / 365日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2013/07/31

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ウスラバさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ウスラバさん
ブログタイトル
特撮大百科DREAMS
更新頻度
77回 / 365日(平均1.5回/週)
読者になる
特撮大百科DREAMS

ウスラバさんの新着記事

1件〜30件

  • ガメラ1995 福岡上陸版

    今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・大魔神特撮大百科Mini+シリーズから映画「ガメラ 大怪獣空中決戦」より『ガメラ1995 福岡上陸版』です。劇中、太平洋沖を航行中だったプルトニウム輸送船と接触事故を起こした謎の巨大環礁。更にその環礁は黒潮に乗って日本に接近していた。この不可思議な原因を解明する為に調査団が送られ、そこで古代文字で記された石碑と大量の勾玉が発見される。直後に環礁が激しく揺れ、調査団も海に...

  • 怪獣小進撃ベース モスラ幼虫1968+クモンガ1998+マンダ1968

    今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科Miniシリーズから映画「怪獣総進撃」より『怪獣小進撃ベース モスラ幼虫1968+クモンガ1968+マンダ1968』です。劇中20世紀初頭、国連管轄の小笠原怪獣ランドに集められ管理される、ゴジラをはじめとした地球怪獣達。しかしある日、地球侵略を目的にやって来たキラアク星人によって怪獣ランドは制圧され、怪獣達も全て奪われてしまう。やがてキラアク星人のコントロー...

  • パシン錠缶バッチ

    今回御紹介いたしますのはこちら。映画「キングコング対ゴジラ」より『パシン錠缶バッチ』 です。劇中、パシン錠やカーフェ、メルコチン等の薬剤の販売を生業とするパシフィック製薬。同時にTTV放送のテレビ番組「世界驚異シリーズ」の提供も行っていた。しかしその無味乾燥な内容ゆえに視聴率は低迷。更にライバル企業である、セントラル製薬が提供するテレビ番組「シーホーク号海底探検シリーズ」の影響で、同番組はますます苦...

  • 大怪獣バラン1958滑空形態 ポスター彩色ver.

    今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「大怪獣バラン」より『大怪獣バラン1958滑空形態 ポスター彩色ver.』です。劇中、東北地方の最上川上流に位置する岩屋村で、婆羅陀魏様として祀られていた中生代の恐竜の末裔であるバラノポーダ。しかし不信心な外部の人間の介入に怒りを覚えたか、直後に湖から姿を現すと、大怪獣バランと化してそのまま村を壊滅させてしまう。やがて都市部への進...

  • 魏怒羅封印石の欠片

    今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科FSシリーズから映画「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」より『魏怒羅封印石の欠片』です。劇中、新潟の妙高山、鹿児島の池田湖で発生した巨大生物による怪事件。これを調査していた「BS・デジタルQ」のスタッフ・立花由里は、この出来事との共通点を記す古書「護国聖獣傳記」の存在を知る。そして著者である伊佐山嘉利と本栖刑務所で面会するも、最強の護国聖...

  • 小美人ペンダント

    今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科FSシリーズから映画「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」より『小美人ペンダント』です。劇中、言語学者・中條信一の前に現れたインファント島の妖精・小美人。43年ぶりの再会に喜ぶ中條だが、彼女達は人類が初代ゴジラの骨を利用して機龍を作ったのは大きな過ちであると告げる。そして初代ゴジラの骨を海に還すよう訴え、もしまたゴジラが出現した際には、モスラが代...

  • 小さき勇者たち-GAMERA- ガメラ/アヴァンガメラ&ライバル怪獣ブロマイドセット

    今回御紹介いたしますのはこちら。『小さき勇者たち-GAMERA- ガメラ/アヴァンガメラ&ライバル怪獣ブロマイドセット』です。公開15年目のメモリアルイヤーには1年程早いですが、先の「昭和」「平成」の流れに併せてのリリースとなりました。「ガメラは少年のために。少年はガメラのために」のキャッチコピーが示す様に、21世紀への移り変わりに伴い王道の怪獣映画から、ガメラと少年の交流に焦点を当てるジュブナイル映画へと、大胆...

  • ブラックエンド

    今回御紹介いたしますのはこちら。恐怖の円盤生物キーホルダー!シリーズからテレビ番組「ウルトラマンレオ最終話 さようならレオ!太陽への出発」より『ブラックエンド』です。劇中、ウルトラマンレオの活躍によって、幾度も地球侵略計画を阻止されてきたブラック指令。追い詰められた彼は完全決着を着けるべく、ブラックスター最後にして最強の円盤生物・ブラックエンドを召喚する。地球へと飛来したブラックエンドは地中に潜伏す...

  • 甲羅

    今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラの墓場ストラップから映画「ガメラ3 邪神覚醒」より『甲羅』です。怪獣の出自。時に明確なものから、一切謎のままと百種百様で語られ、まさに人智を超えた存在である怪獣の魅力の一つでもあります。平成三部作のガメラも劇中にて、超古代文明の時代に誕生したと推測されています。……が、それは人の手によって創造された生物兵器としてであり、それを裏付けるかの様に「ガメラ3」で描かれた...

  • 頭骨

    今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラの墓場ストラップから映画「ガメラ3 邪神覚醒」より『頭骨』です。まだまだ数は少ないですが、コンスタントに新作が販売されるキャスト社製特撮ストラップ。リーズナブルな価格でのリリースに加え、独自の趣向を凝らした商品展開は、ユーザーにとってもちょっとした息抜き感覚で収集意欲を掻き立ててくれます。そして今回は更に幅を広げ、最近いろいろな形で注目を集めている【ガメラ】シリ...

  • サタンモア

    今回御紹介いたしますのはこちら。恐怖の円盤生物キーホルダー!シリーズからテレビ番組「ウルトラマンレオ第48話 大怪鳥円盤日本列島を襲う!」より『サタンモア』です。劇中、ブラックスターからウルトラマンレオの抹殺と日本列島の破壊を目的に召喚された、9体目の円盤生物。地球へ飛来するも九州地区の防衛軍のレーダーに捉えられ、即座にミサイル攻撃を受ける。しかしこれをものともしなかったサタンモアは、逆に防衛軍を全滅さ...

  • ゴジラVSキングギドラコンプリーション

    今回御紹介いたしますのはこちら。株式会社ホビージャパン.刊『ゴジラVSキングギドラコンプリーション』です。毎回業界屈指の情報量による掘り下げぶりが絶大に評価され、今年も無事待望叶ってのリリースとなりました、シリーズ第5弾にして令和初となるお馴染みゴジラ映画ピックアップMook。2020年のテーマは平成ゴジラ第2作目である、東宝創立60周年記念作品として1991年に公開された映画「ゴジラVSキングギドラ」。歴代ゴジラシ...

  • KUREKURE GODZILLA アクリルキーホルダー

    今回御紹介いたしますのはこちら。映画「GODZILLA(98)」より『KUREKURE GODZILLA アクリルキーホルダー』です。東宝特撮屈指の異端番組として名を馳せる「クレクレタコラ」。歴代ゴジラの中でもトップクラスの異質さを極める「GODZILLA(98)」。その両者が異文化を超越した異色のコラボレーションを実現させ、まさにとびっきりの異彩を放つ本作。以前販売された本家ゴジラとのコラボ商品である・『クレクレゴジラアクリルキーホルダ...

  • 平成ガメラ三部作 オールガメラ&ライバル怪獣ブロマイドセット

    今回御紹介いたしますのはこちら。『平成ガメラ三部作 オールガメラ&ライバル怪獣ブロマイドセット』です。2020年のガメラメモリアルイヤーは昭和だけに非ず。と言う訳で、先の『昭和ガメラ オールガメラ&ライバル怪獣ブロマイドセット』と同時期にリリースされた、このキャスト社特製ブロマイド集。もちろん本作も昭和ガメラ版同様に、平成怪獣特撮の金字塔たる【平成ガメラシリーズ公開25周年】を祝う記念グッズとなっております...

  • ブラックガロン

    今回御紹介いたしますのはこちら。恐怖の円盤生物キーホルダー!シリーズからテレビ番組「ウルトラマンレオ第44話 地獄から来た流れ星!」より『ブラックガロン』です。劇中、5体目の円盤生物としてブラックスターより飛来。隕石に姿を変えて地球に降り立ち、一度はウルトラマンレオの両手を熱線によって負傷させ追い詰めるも、ブラック指令の命令でその場から撤退する。その後、小型円盤形態で潜伏するも、隕石と間違われ鉱物研究所...

  • ゲゾラ

    今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科Miniシリーズから映画「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」より『ゲゾラ』です。劇中、セルジオ島の近海に出現した、イカにそっくりな謎の巨大水棲生物。海が氷の様に冷たくなる0度以下の極低温の体温を持ち、長い触手でセルジオ島島民や駐留日本人を次々と捕食する。やがてその残忍な振る舞いから、島で信仰される伝説の怪物・ゲゾラの名で呼ばれ、島民達か...

  • 昭和ガメラ オールガメラ&ライバル怪獣ブロマイドセット

    今回御紹介いたしますのはこちら。『昭和ガメラ オールガメラ&ライバル怪獣ブロマイドセット』です。大映製作のもと、1965年11月27日に劇場公開された怪獣映画「大怪獣ガメラ」。「火を吹き空を飛ぶ巨大な亀」と言う独創的なコンセプトが人々の関心を集め、モノクロ作品ながら当時の第一次怪獣ブームの追い風もあって、映画は大ヒットを記録しました。その後も正統派路線から、「子供の味方」を積極的に強調したヒーロー路線へと移行し続...

  • アヴァンガメラ

    今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・大魔神特撮大百科シリーズから映画「小さき勇者たち~ガメラ~」より『アヴァンガメラ』です。劇中1973年、三重県志摩に出現した凶暴な怪鳥ギャオスの群れ。同時にこの脅威から人々を守る様に、巨大な亀怪獣ガメラも現れ激戦を繰り広げる。屈強な肉体と口から撃ち出す火球を駆使して孤軍奮闘するガメラ。しかし対するギャオスも多勢に無勢で圧倒。超音波メスで執拗に切り刻まれ、既に衰弱して...

  • シルバーブルーメ(円盤形態)

    今回御紹介いたしますのはこちら。恐怖の円盤生物キーホルダー!シリーズからテレビ番組「ウルトラマンレオ第40話 MAC全滅!円盤は生物だった!」より『シルバーブルーメ(円盤形態)』です。劇中、地球制圧を企むブラック指令によって悪魔の惑星・ブラックスターから呼び出された円盤生物第一号。光速で宇宙空間を飛び、MACステーションのレーダーに捕捉されるも、僅か15秒で到達。そのまま長大な触手でMACステーションを絡め取り、飲...

  • GODZILLA1998 FOOTPRINT

    今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「GODZILLA(98)」より『GODZILLA1998 FOOTPRINT』です。劇中、チェルノブイリにて独自にミミズの調査をおこなう、放射能汚染の専門家である生物学者ニック・タトプロス。しかしその最中に現れた兵士と米国務省の役人によって、有無を言わせず強制連行されてしまう。そのままパナマの被災した集落まで連れて来られたニックは、そこで強引に調査チームに...

  • ブニョ

    今回御紹介いたしますのはこちら。恐怖の円盤生物キーホルダー!からテレビ番組「ウルトラマンレオ第50話 レオの命よ!キングの奇跡!」より『ブニョ』です。劇中、ウルトラマンレオ相手に連敗を重ねるブラック指令。そこへブラックスターから、ブニョと名乗り宇宙人を自称する円盤生物がやって来る。その頼りない言動や見た目に、ブラック指令も呆れて追い返そうとする。それでもブニョは「力は無いが知恵はある」と豪語して、レ...

  • ガメラ1999

    今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・大魔神特撮大百科Mini+から映画「ガメラ3 邪神覚醒」より『ガメラ1999』です。劇中、ギャオス・レギオンと二度に渡って地球の危機を救ってきたガメラ。しかし前回の戦いで、地球のエネルギー源であるマナを大量消費した為にギャオスの活動が活発化。それによるガメラの戦いも激化し、人々への被害も増え、ガメラを敵視する声も強まっていく。更にガメラに家族を奪われた少女・比良坂綾奈によっ...

  • ガメラ1996ダメージver. 強化復刻版

    今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・大魔神特撮大百科シリーズから映画「ガメラ2 レギオン襲来」より『ガメラ1996ダメージver. 強化復刻版』です。劇中、仙台でのレギオン草体による種子発射を阻止すべく飛来したガメラ。そこへ草体と共生関係にある、巨大レギオンが出現。奇襲によって迎撃されながらも、ガメラは巨大レギオンとの戦いに臨む。だがその戦いの渦中に巻き込まれ飛び立てない輸送ヘリに、かつて自らと心を通わせた...

  • ノーバ

    今回御紹介いたしますのはこちら。恐怖の円盤生物キーホルダー!シリーズからテレビ番組「ウルトラマンレオ第49話 死を呼ぶ赤い暗殺者!」より『ノーバ』です。劇中、10体目の刺客としてブラックスターより飛来。てるてる坊主の姿で地球に潜伏し、宇宙人や円盤生物によって家族を失ったトオル少年と接触。その哀しみに付け込み家族の幻影を見せる事で、トオルを自らの傀儡に変える。そしてトオルを意のままに操りながら街に繰り出...

カテゴリー一覧
商用