searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

JE2LUZさんのプロフィール

住所
熊野市
出身
熊野市

 単なる宣伝では無く、少し皮肉れていたり、舞台裏を書いたりしています。  同じ物もこうした見方もあると言うことを少し知らせたいのです。  その後で歩く熊野路は少し変わって見えるかも知れません。  9年ほど続けています。

ブログタイトル
LUZの熊野古道案内
ブログURL
https://je2luz.exblog.jp/
ブログ紹介文
熊野古道・浜街道の脇に住む、JE2LUZの目で見た熊野を綴ったブログです。
更新頻度(1年)

379回 / 365日(平均7.3回/週)

ブログ村参加:2013/06/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、JE2LUZさんの読者になりませんか?

ハンドル名
JE2LUZさん
ブログタイトル
LUZの熊野古道案内
更新頻度
379回 / 365日(平均7.3回/週)
読者になる
LUZの熊野古道案内

JE2LUZさんの新着記事

1件〜30件

  • やっぱりヤバイのでは?

     新型コロナウィルスの感染源・宿主は「こうもり」ではないかと言われていましたが、「センザンコウ」と言う動物を経由して人間に感染ったのではないかと言われだし...

  • 七里御浜の成り立ち・行く末 7

     ダムというものの扱いはややこしいものです。 もともと、国策で立案され、そのために作られた組織に譲り渡され、天下りの温床でもあったのですから、アンタッチャ...

  • 七里御浜の成り立ち・行く末 6

     七里御浜の砂利について書いてきましたが、崩れ、削られて北山川、十津川のしりゅう・本流を流れ下る砂利達の前に立ちふさがったのが、「吉野熊野総合開発」のダム...

  • 七里御浜の成り立ち・行く末 5

     紀伊山地が崩れたり削られたりしてできた岩や石は洪水のたびに押し流され、転がりながら流れ下ります。 だんだん丸くなりながら下りますから、中流以降は丸くなり...

  • 七里御浜の成り立ち・行く末 4

     七里御浜は熊野川と黒潮が作り上げた砂利浜です。 と言うことなので、熊野川について書かないと始まりません。 熊野川水系は日本一雨の多いところの川で、急峻な...

  • 避病院 隔離病棟 収容所

     昔、熊野市には「避病院」と言うのがありました。 チフスの流行や日本脳炎に備えた隔離病院でした。 病院と言っても普段は空き家で、伝染病が発生したら担いでい...

  • 七里御浜の成り立ち・行く末 3

     「七里御浜」は木本から井田まで続く綺麗な砂利浜と松原で、潮風と高波から背後地の村々を守ってきました。 かなり古くから松を植林し育林・管理してきたようです...

  • 七里御浜の成り立ち・行く末 2

     七里御浜に関連するのは、紀伊山地の山塊とそこから流れ出る川と黒潮の流れと波でしょう。 浜で目につくのは休みなく打ち寄せる波と、波打ち際から陸に続く砂利浜...

  • 七里御浜の成り立ち・行く末 4

    熊野川本流(十津川及び十津川支流も含む)川迫ダム(川迫川)九尾ダム(天ノ川)猿谷ダム(天ノ川)瀬戸ダム(旭川)旭ダム(旭川)風屋ダム(十津川)二津野ダム(...

  • 七里御浜の成り立ち・行く末 1

     日本列島では海岸侵食が進んでいます。 と言っても、正しくない面もあるでしょう。 片方ではプレートのおしくらまんじゅうで隆起もしていますからね。 そして、...

  • 白砂青松 2

     日本の海岸を護ってきたのは「松原」でした。 潮風に強く、痩せ地にも耐える、背も高くなるなど、護岸と防風を兼ねるには最適の樹木でしょう。 ことに、砂浜・砂...

  • 医療はドイツから?

     昔々、医学は中国に学びました。 江戸時代になりオランダに学びました。 そして近代になってドイツから学びました。 その時代時代に日本人はそれを学んで応用し...

  • 白砂青松 1

     日本人は「松」が好きです。 庭木・盆栽・松山・松原… 伐採してからも、建築材・松明・松炭… これほど身の回りにおいてきた樹木はないでしょう。  松は油分...

  • 熊野市の空き家

     熊野市は不動産価格、土地評価価格の高い町でした。 人口は合併直後から減少を続けているのに、土地の値段だけは上がり続けました。 それを喜ぶ市民も結構多かっ...

  • 鰻が下がる?

    「しらす鰻」が豊漁なんだそうです。 突然捕れだしたけど原因は不明だそうです。 ここでは井戸川河口が閉塞しているので近年は「シラスウナギ漁」は壊滅みたいです...

  • 秦の徐福 2

     熊野市波田須町には「徐福の宮」というものがあります。 神社までも行かない小さなものですが、昔から地元では大切にされてきたようです。 大きな楠の古木がある...

  • 秦の徐福 1

     主は鬼ヶ城 雄々しき姿 わたしゃ焦がれて 散る女波 徐福偲んで 書きたる文字の 岩に不老の 苔がむす これは「木本節」の歌詞です。 歌は昭和2年に作られ...

  • 花の窟の松

     世界遺産「花の窟神社」は七里御浜の北の外れに近い「七里御浜松原」の北の端です。 戦後になって松食い虫が入ってきて松原が消えてゆくまでは、井田から口有馬ま...

  • 月齢 広報くまの 2月号より

     今月号のトップは舌成人式でした。 新成人は163人だったようです。 2007年のブログでは293人になっています。 たった13年で45%ほど減少していま...

  • たった一度の寒波?

     ものすごく暖かかった今期の冬もとうとう寒波がやってきたようです。 ほぼ一週間ほどは冷たい日が続くようですが、この一回でお仕舞いなのかもしれません。 「温...

  • 旅の記念

     私の子供の頃、「スタンプ帳」と言うのがあって、私も持っていました。 長い髪を折りたたんだ小さな本?でした。 これはゆく先々で記念スタンプを押してくるため...

  • 統計では

     色んなことが「統計」によってまとめられ、方向が決められます。 今までは「統計」とか言ってきましたが、最近は自動的に収集され分析されて、「ビッグデータ」な...

  • ダイヤモンド・プリンセス

    熊野の花火では一番良いところに、「ASUKA II」が停泊します。 少し有馬よりに他の船が停泊しますがその中に、「豪華客船・ダイヤモンド・プリンセス号」が...

  • 節分 立春 初午

     昔から、立春・節分はそれなりに行われてきました。 一般家庭でも、豆まきやったり年の数だけ豆を食べたり・・・ 玄関に鬼よけの飾りを付けたり・・・ この辺で...

  • どうする? オリンピック

     二月になりました。 新型肺炎にまだ名前が決まりません。 「コロナ型」なんて野では無く名前が決まるはずですね。 発病のメカニズムとか特性なども分析中みたい...

  • 統計で見ると・・・

     今話題の新型肺炎について、色々言われますが。イギリスなどでは統計学的に見て、患者数は中国の発表より遙かに多いと初期から言っていました。 日本人の帰還が始...

  • EU離脱

     このブログが読まれる頃にはイギリスのEU離脱が発効していますね。 最後のEU議会では「Auid Lang Syne」が歌われていました。 日本では「蛍の...

  • またですか?

     「ジャネット・リン」って覚えていますか? 銅メダルを取ったアメリカのフィギュアスケート選手です。 あれは1972年の札幌オリンピックでした。 1953年...

  • 南海トラフ地震 1

     また、気象庁は「南海トラフ地震津波予想」を新しくして発表したようです。 東海地震の予知に始まって南海トラフへ・・・ 一流の学者さんが集まり、長年検討して...

  • 8/17 Rumore Fake News

     ちょっと変な噂が出ているようです。 「熊野大花火大会2020」に関してです。 トランプさん流に言えば、「Fake News」ですけどね。 熊野市の場合、...

カテゴリー一覧
商用