searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

あっけらかんさんのプロフィール

住所
兵庫県
出身
兵庫県

2012年2月に視床出血で左半身が完全に麻痺しました。リハビリ病院や訪問リハビリなどで「奇跡的回復」とかいわれた闘病の記録です。より良いリハビリを目指して、経験や調べたことを基礎に投稿しています。

ブログタイトル
闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活
ブログURL
https://toubyou-sisyou.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
視床出血で左半身が完全に麻痺。新着投稿の表示がされていないですがほぼ毎日しています。
ブログ村参加
2013/03/24
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、あっけらかんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
あっけらかんさん
ブログタイトル
闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活
フォロー
闘病記(視床出血)  左半身完全麻痺からの復活

あっけらかんさんの新着記事

1件〜30件

  • 思い込みで脳卒中で正しく動作ができないのは筋力がないからと筋トレタイプのリハビリで痙縮にされてしまってボトックス療法をされておやれる方がおられますね。

     この前の日曜日の投稿に誤りがありました。  真珠湾攻撃から76年としましたが、正しくは80年なのですね。  敗戦の年と混同してうぃました。  ところで、この開戦前には日本の暗号は解読されていたとね。  思い込みで「帝国海軍の暗号が解読されるはずはない」とかね。  思い込みで脳卒中で正しく動作ができないのは筋力がないからと筋トレタイプのリハビリで痙縮にされてしまってボトックス療法をされておやれる方がおられますね。  先日ある方の投稿に「やはり脱力が大切」というのがありました。  ボトックス療法をされていました。  私の投稿は「運動神経系興奮ニューロンが興奮状態のままにならないようにしましょう」ですよ。  どうするのかというとできるだけ興奮させないということです。  脱力するタイミングを緊張の少ない方法で脳にたたき込む方法でした。  下肢では「車いす着座での両足活用ちょ..

  • 筋肉柔軟でも寒くなってくると硬直しやすくなりますね。

     筋肉柔軟でも寒くなってくると硬直しやすくなりますね。  筋肉での発熱で体温維持に役立っているのですよね。  発熱のためには収縮するということが必要になりますね。  収縮のためのエネルギー源であるATP合成の時の代謝による発熱です。  収縮させるのは運動神経系興奮ニューロンが興奮してですから興奮が続きやすくなりますからね。  筋緊張亢進ですよ。  これをそのままにしておくと痙縮へ進む危険性があると考えられるので注意しています。  この緊張で血圧に悪影響がありますね。いつもより少し高めになるのです。  とかなので、ストレッチ等をしたりしてほぐすように心がけています。  この緊張で悪化してしまうと、「生きているだけ」みたいになりやすいかもね。  それでなくても日本の介護は「生かしておく」だけみたいな制度にお役人が設計してきていると感じているのです。  故ホーキング博士はイ..

  • パワーアップPC(4台のうち最近増強したのね)のインストールトラブルは解消に向かっています。

     パワーアップPC(4台のうち最近増強したのね)のインストールトラブルは解消に向かっています。  原因はLINUXを修復しようとして修復インストールしようとしたことかな。  このLINUX、Windowsインストール後にそのHDに追加でインストールする場合はパーティションを適切にとってくれるのですが・・で失敗で吹っ飛ばした訳ね。  で、Win10のディスクを買いましたよ。  Sマップさん、今まではすぐに出荷なのに、今回はドジってくれまして、「納期問い合わせ」ね。  問い合わせ3時間後には佐川急便に引き渡していました。  久しぶりのディスクからのインストールね。  どじりました。  3回目で一応インストール完了です。で、  ウイルス対策ソフトのインストールやWindowsのアップデート、パッチ当て等のインストルしてから本格的に復元します。  ただ、有効なディスクがあるので..

  • 真珠湾攻撃から76年経過したのですね。

     真珠湾攻撃から76年経過したのですね。  ところで、日本は満州事変から日華事変へと戦火を中国全土に拡大させていましたね。 さらにヨーロッパでの戦火のどさくさに紛れて仏印進駐とかしていましたね。  1939年にはノモンハンでソ連軍と軍事衝突を起こしていましたね。  このノモンハンでは死傷率70%以上という惨敗を喫したのに箝口令でしたね。  兵器等の劣勢が明らかなのに改良更新しなかった日本ね。  陸軍は元亀天正の頃の織田軍の装備に少し毛の生えた程度のだと司馬遼太郎氏が「雑談 『昭和』への道」で述べられていました。  海軍の方は陸軍ほどではなかったので初戦では・・ね。  ゼロ戦は優秀でしたが、アメリカ軍が開発したグラマンF6等には対抗できなかったですね。  ハルノートは日本に奇襲攻撃をさせるようなつもりだったのではとね。  その点、北朝鮮はしたたかですね。  軽く乗った日..

  • 高齢になっても活き活きと生きるには。

     高齢になっても活き活きと生きるには。  「活き活き」と「生き生き」とがあるのですね。  今回は前の方をとりました。  後者は「生きているだけ」でもと思えたのでね。  私の独断ですが、「世の中に本当に有意に役立ちたい」というもよいかなともね。  さらに「なにか新しいことに挑戦して達成したい」とかもね。  家の中にいても心が外に開いて能動的に活動すると引きこもりより少しはよいかな。  9年10ヶ月前に視床出血を発症しました。  今思うと当時は今ほどこのような投稿に填まっていなかったかもね。  病気になり、麻痺症状以外は一応回復したのかな。  「麻痺」について当初から「筋肉を固めない。関節を錆び付かせない。腱も固めない。」でリハビリをしてきたのです。  この意味の重要性退院後に深く理解できたので、多くの方にこの意味を理解してほしいと思うようにね。  人生の目標の一つにね..

  • 歩数計、あの電池室の接点修繕のは順調に動作しています。

     歩数計、あの電池室の接点修繕のは順調に動作しています。  山佐の歩数計の2~3割ぐらい多いことがあります。  このトラブルで注文していたタニタの歩数計が届きました。  カウントはドデェテックがトップです。  次がシチズンで、タニタで山佐の2種類が最下位を争っています。  ようはセンサーの感度の問題だと思うのです。  毎日5つポケットに入れて歩いているということになりました。  最近、歩幅が狭くなっていているようです。  特に夕方のわんこの散歩時に感じています。  朝はまだ結構広いと思うのですが・・。  歩数があっても移動距離によるエネルギー消費は低下していると思うのです。  スマホの歩数計アプリですとGPS機能の活用で移動距離が出ますよね。  分速等もねいろいろ判るのですが起きて寝るまでというのは無理があるのでポケットに入れることができる方が楽ですね。  夕刻に..

  • 寒くなりましたね。手足の体温保持に筋肉を柔軟になるようにリハビリをしていますか。

     寒くなりましたね。  手足の体温保持に筋肉を柔軟になるようにリハビリをしていますか。  私も油断すると堅くなりやすいです。  脳卒中後ですからね。  意識して柔軟性を保ち必要があるのですよ。  柔軟であると「筋ポンプ作用」あるので、体幹からの血液が末梢に送られることになるのですね。  寒冷刺激で体表の毛細血管が収縮して熱が逃げるのを防ぐというのもありますが、それでもある程度の体温にしておかないと凍傷というのもありますね。  北極地方のある現地に住んでいる民族では真冬の手袋なしだと某国立大学の医学部教授がいっていました。  調べてみると皮膚温がある一定温度以下になると毛細血管が開いて温かい血液が流れて皮膚温を上げるとね。  日本人にはない反応だとね。  ここまでできなくても手足に血液が流れるようにというのは手足の血液を体幹に送り返す能力ですね。  この能力の大きな部分..

  • 師走になりましたね。コロナはオミクロン株が出てきましたね。

     師走になりましたね。  コロナはオミクロン株が出てきましたね。  どうして、コロナウイルスで変異株がよく出現するのかの理由ね。  ウイルスの遺伝子がRNAであるということからね。  その仕組みはウイルスの遺伝子RNAはDNAを基に作られます。  ?ですよね。このDNAは侵入したウイルスのRNAを鋳型として作られるのです。  RNAからDNAを作ることを逆転写というのですが、DNAを基にDNAを複製する場合に比べて間違い乱発だというのです。  作り損ないね。  そのDNAを鋳型として使われてウイルスができるわけですが、ほとんどは機能しないのですよね。  でも、乱造ですから、なかには機能して次の細胞に感染して子孫を残すのもね。  あとは、そこで優占種となったらその変種がどばっと体外に出てくることにかな。  なので、RNAウイルスは変異種との戦いでもあるのですが、ワクチン..

  • 昨日のWin7のインストール、大失敗でした。「

     昨日のWin7のインストール、大失敗でした。  「プロダクトキーが違います」だったかな。  ディスクの入っていた箱にあるキーなのにね。  その後、ふと、PCの時刻をごまかすとできるかもともね。  WindowsXPのときにこのPCの時刻ごまかしで暫く使ってみたことがあるのですが、一言「邪魔くさい」です。  うっかりすると30日経過になってしまいますしね。  今回はライセンス認証の時にばれるはずですから、Win10を注文しました。  ネットで調べたときにプロダクトキーの有効期限とか出ていないのでした。  よう見つけなかっただけかもね。  こんなの病気や体のことではないですからね。  生物の仕組みや病気やリハビリ等については大学からの長い蓄積に書物(理解できる)やネット(真贋の判別ができる)でね。  だから、ボトックス療法から運動神経系興奮ニューロンと運動神経系抑制ニュ..

  • PCのその後。Win7のデスクを取り出してドライブにセットするも「ファイル形式が・・」とでて、認識されずでした。そこで、LINUXのフルインストールを試みました。

     PCのその後。  Win7のデスクを取り出してドライブにセットするも「ファイル形式が・・」とでて、認識されずでした。  そこで、LINUXのフルインストールを試みました。  もともと、息子に3万円で作ったときはLINUXをインストールしてました。  息子が使わなくなったのでもらってWin7をインストールしたのでした。  もう一度という感じかな。  ライセンス認証しなあかんみたいです。  対象商品ですから大丈夫と思っています。  ところで、LINUXは同じところを使ったのに「上海」が見当たらない。  というか「ゲーム」がない。 もし、ないのならインストールした価値がないのです。  踏んだり蹴ったりです。  最悪はWin10のデスクを購入か、別のところのLINUXかな。  そうすると、のこり3台のうちの一つのWin10をリフレッシュです。  証券会社の取引ツールを..

  • 昨日、LINUXをインストール(上書き)して、ブートローダーを吹っ飛ばしてしまったようです。

     昨日、LINUXをインストール(上書き)して、ブートローダーを吹っ飛ばしてしまったようです。  ブートローダーの復元ができたらそれでよしですが、できなかった場合はWin7をインストールしてWin10に無償アップグレードに挑戦です。  Win7のパッケージ版を未だに持っているのですよ。  Win7はスタンドアローンで使うやネット閲覧だけに使うのでしたそうセキュリティーは気にしなくてもね。  要はメールも駄目、どこかにログインも駄目、これも駄目であれも駄目で閲覧だけね。  そして、他のPCと接続しない状態でかな。  でも、復元を目指して踏ん張ってみます。  トラブルで「がっくりで楽しい」という複雑な心境になるのですね。  わくわくしております。  LINUXは「上海」というゲームをするのに必要なのです。  そうそう、吹っ飛んだのは2010年のマザーボードのアップグレードP..

  • 不調になったはずの歩数計ですが、水曜投稿のように順調です。

     不調になったはずの歩数計ですが、水曜投稿のように順調です。  修理方法は電池室の電極をより電池に近づくようにしただけです。  片方は底面で接触しているので電極を引き上げみたいに、もう一方普通はサイドに接しているので電極を探し出して細かいことができる道具で少し電池側に引き出すということでして。  いろいろな機器の故障では電源を疑ってみるのもよいかもね。  アナログ的修理かな。  4台あるPCのうち3台は電源を交換しました。  それで、使えるようにね。  そのほか、ケースを開けてごそごそで直ることもね。  スマホも電池トラブルが結構あるのかもね。  ところで、昨日のブログ村脳卒中カテゴリーに「若年性脳出血の原因」というのがありました。  原因の一つに「低コレステロール」とはっきり記されていました。  詳しくは「若年性脳出血の原因」のブログをお読みください。  日本水産..

  • 寒くなってきましたね。でも、今回の冬も手袋なしで過ごすと思います。マフラーもしないですね。

     寒くなってきましたね。  でも、今回の冬も手袋なしで過ごすと思います。  マフラーもしないですね。  過去にスキーをしていた時は手袋をしていました。  ここは冬に何回も氷が張ります。  この早朝にわんことの散歩時も手袋なしね。  どうしてかというと、「邪魔くさい」です。  わんこの排泄物処理の時ね。  どうして、手袋なしで過ごせるのかというと血液循環がよいからですね。  確かに冷えて体表面の温度は下がりますし、指ではもう一寸奥まで冷えてきますが・・。  麻痺手はリードを握っているのでそう冷えないです。  問題は健常側ね。  杖を持ったりで結構冷えます。  他はボチボチね。  腕や足が冷えて困るというのはないです。  これは「関節可動域確保動作」で筋肉を柔軟に保つことができて、それなりに筋ポンプ作用もあるからでしょうね。  その上、平熱が37度ですからね。 ..

  • 年末ですね。喪中はがきが届いています。

     年末ですね。  喪中はがきが届いています。  その中に脳梗塞(回数5回、ただ隠れではないですが・・)と脳出血に見舞われた友人のがありました。  死因は「肺血栓塞栓症」とありました。  エコノミー症候群と同じ発症機構です。というか同じ病気ね。  昨年1月にあったときには「足の関節可動」に問題がありました。  車いすなんてないと思って「足をぶらぶらとかさせて、関節を動かしやすいようにしようよ」といっていたのですが・・。  血栓は低血圧や何らかの理由で血液の流れが遅くなるほど成長(大きく)なりやすいのですね。  梗塞や内出血が起こると脳はその部位に血液を送り込もうとして血圧を上げるというのです。  クッシング現象ね。  だから、脳卒中後血圧測定をすると高血圧なのですよ。  これは、ひょっとして、エコノミー症候群等の発症機序とかの研究で判ってきたことかもね。  それで、降..

  • 気温と服装、気温と冷暖房、室温や屋外の気温などで違う場合もね。

     昨日投稿の歩数計修理できたようです。  数日使ってみます。  ところで、気温と服装、気温と冷暖房、室温や屋外の気温などで違う場合もね。  特に屋外は「風の強さ」の影響を受けますし、日差しの強さもね。  「いつも温度計を見ていますか」というのと「どのくらいの気温で服装は」とかですね。  4~5年ほど前だったかな、大学(一流ではないですが五流でもないです)の学科の同窓会(時期は真冬ね)で同室者がエアコンの温度設定を28度にしたのでした。  翌朝「暑い」とぼやくのでした。夏熱帯夜(25度以上)で暑いという温度より高いのに気がついていないということですよね。  そして、「それを感覚麻痺という」といって嫌われたようです。  年賀状で追い打ちをかけましたしね。  このタイプの感覚麻痺は健常者にも多いですね。  さらに冬は厚着ですよね。  それで、28度なんてのに長時間いたら熱中..

  • 歩数計の一つが不調になりました。

     歩数計の一つが不調になりました。  電池交換後もね。  時刻表示なのですが、セットした翌日にちょうど1時遅れるとかなのです。  さらに歩数が?なほど少なくなってしまったのです。  で、次の歩数計を注文したのですが、うっかり納期を確認せずにクリックね。  金額等は確認しましたが・・。  2週間ほどという強者でした。  最近、某輸送業者であったことね。  Rブックスで私の使う机上カレンダーを注文完了してから、妻に聞くと、妻の使うカレンダーを注文してほしいということで別注文になりました。  どうも、Rブックスから輸送業者に持ち込んだとき別々のカートだったのではとね。  輸送業者の受付時刻は同一でしたが、配達が一日ずれてしまったのでした。  持ち込み先で、私のまでが当日便になって、それで一杯なのか、妻のが次の便にね。  で、翌日配達でした。  こんなこともあるのですね。..

  • 昨日朝の健康番組で尿トラブルがあったので思うことね。

     昨日朝の健康番組で尿トラブルがあったので思うことね。  知人が睡眠薬中毒で筋弛緩状態になってしまったのでした。  この中毒、「処方量中毒」といって、医師に処方してもらった処方薬服用でです。  藪医者ですね。  この筋弛緩は全身で起こるのですよ。  そうすると、骨盤低筋もね。  骨盤低筋は尿道の括約筋です。  そりゃ、漏れますよ。  ついでに膀胱を収縮させるのもかもね。  こっちの筋に関させるのが過活動膀胱の薬ね。  断薬で様子見が標準的治療法かな。  夜間頻尿と泌尿器科医に言われたこともね。  脹ら脛等の筋肉も弛緩しているから、日中、体を起こすと体液は足にたまりますね。  「浮腫」ね。  脳は体液が来ないので水飢饉ですから、抗利尿ホルモンの大量生産かな。  尿は減少しますね。  夜、寝ると脳に大量の体液が流れ込むので抗利尿ホルモンの生産をやめますね。  ..

  • どうなのでしょうね、ブログ村のある方がトレッドミルを低速で使って、内反を修正するとか・・とかをとうこうされてから結構な日数が経つのですが。

     どうなのでしょうね、ブログ村のある方がトレッドミルを低速で使って、内反を修正するとか・・とかをとうこうされてから結構な日数が経つのですが。  期待されて読まれた方もおられると思うのですけどね。  数年前には「ナンバ歩きこそ最適・・」というような投稿をされて、そのままですが・・。  なにか投稿したら、根拠ないし結果や経過の投稿がほしいですね。  私は一応、根拠や結果を投稿してますよね。  不十分のもあるかもですが・・。  「車いす着座での両足活用ちょこちょこ歩行」では結果として下肢の関節可動が良好になったの早期に健常者風歩行のリハビリをしてもらいました。  そして、未だに健常者風歩行ですが・・。  「腕伸ばしや指伸ばし」も関節可動域確保動作の一環でしたから、上肢を楽に動かすことができています。  ただ、感覚麻痺なので精度が求められる動作は感覚の戻りの範囲内でしかできないで..

  • 関節可動域で思うこと。

     関節可動域で思うこと。  下肢は車いす活用の曲げるとベッドでのばすでしたね、リハビリ病院では。  上肢はどうだったのか。  腕伸ばし等をしていたはずですが、「曲げる」もしていたかな。  「可動域確保動作」なのですよね。  それも、健常者の可動域と同じぐらいを目指してのね。  下肢も上肢も「伸びきり」も「曲がりきり」も困りものですよね。  他動でよいから、可動域一杯動かせるようにしておく方がよいですね。  リハビリ病院入院中はリハビリ時間がありましたから可動域一杯の関節可動域確保動作をしていたと思うのです。  下手に闇リハをすると筋緊張亢進で可動域が狭くなるのかもね。  指はグッパをしていましたね。  で、他動の指伸ばしね。  下肢は歩行リハとかやベッドで足が伸ばされていますよね。  そこに「車いす着座での両足活用ちょこちょこ歩行」で曲げる方かもね。  その筋肉..

  • 「脈圧」について。あるブログに出ていたのでね。ネット検索したら、「最高血圧と最低血圧の差」とね。

     「脈圧」について。  あるブログに出ていたのでね。  ネット検索したら、「最高血圧と最低血圧の差」とね。  どうして、これが問題になるかというと、心室が次に出す血液をためているときは心臓から動脈に血液は出ていないのですよね。  心室が収縮したときに心室内の血液が一気に動脈に押し出されるのです。  この押し出されたときが最高血圧ですが、動脈が拡張することでこの衝撃を和らげているというのです。  また、動脈から見ると、次の血液放出のために心室が血液をためているときは心室から出ていないですよね。  血圧ゼロのはずです。  最低血圧ね。  ところが、血圧測定で血圧ゼロは・・ね。  実際はある程度の血圧がありますが、これは動脈が拡張してため込んだ血液を静脈の方に押し出しているからというのです。  動脈硬化が進むとこの弾力性がなくなっていって心室からの血液放出の圧力がダイレクト..

  • 脳卒中後、脳は自力で徐々に徐々に回復しているようですね。私の瞼の感覚回復からも実感できますが・・。

     脳卒中後、脳は自力で徐々に徐々に回復しているようですね。  私の瞼の感覚回復からも実感できますが・・。  手足の感覚も徐々に徐々に回復しているようです。  硬直感が異様に強くなって暫くして前より楽になった場合などがそうかもね。  ところで、もし棒足ぶん回しでいつも歩いていたら、脳は棒足ぶん回しが「正常」と思い込む可能性があると思うのです。  このような可能性もあって、はじめから健常者風歩行のリハビリをしてもらうまで、うろちょろしなかったです。  上肢も無理に何か生活動作のリハビリはしていないに等しいかな。  ただ、関節可動域確保動作が主体ですよ。  時々生活動作をさせる程度かもね。  脳に変な思い込みをさせないためですね。  「癖は修正できない。」ですよね。  私の芸術的くせ字は後で私も読めないことがあります。  麻痺後、さらに酷くなったと確信しています。  普..

  • 矯正視力が0.3に落ち込んでいました。その前は0.5ぐらいね。

     矯正視力が0.3に落ち込んでいました。  その前は0.5ぐらいね。  「なぜ、低下?」とおもって、考えてみたら、コロナですよ。  外出が減少したためではとね。  そこで、わんことの散歩の時に「遠景」をよく見るようにしたのでした。  足下を見ないというのは非常に危険ですね。  「つまずく」や「踏み外し」等で転倒の危険性が大きくなりますよね。  また、他のわんこの固形排出物(たまに不届き者がいるので)とかに注意しながら遠景ですよ。  先々月、半年ぶりに眼科を受診したときの視力検査で0.4と少し回復していました。  老眼体操というのもありますがやっていないです。  遠景と近景を交互に見るという毛様体の体操です。  詳しくはネットで調べてね。  私の視力は近景でも問題になるのが「細かいのが判りにくい」ということね。  視力検査での円で切れ目のある検査表での切れ目の幅です..

  • 筋肉動作で運動神経系興奮ニューロンは自動車でいったらアクセルかな。アクセルだけで自動車運転すると・・。

     筋肉動作で運動神経系興奮ニューロンは自動車でいったらアクセルかな。  アクセルだけで自動車運転すると・・。  競輪の自転車にはブレーキはないですがハンドルはついています。  抑制ニューロンがブレーキとハンドルの役目かもね。  ブレーキもハンドルもない自動車での運転ってどうなるのかな。  感覚麻痺で感覚情報が使えないときの動作ですよ。  アクセルの踏み具合だけですね。  で、興奮ニューロンが興奮したままになっていくわけですよ。  そうすると、筋収縮で一番大切な「弛緩」ができなくなりますね。  それで困ってボトックス療法ですよ。  なので、感覚麻痺の怖さを実感されているはずのボトックス療法体験者かな。  抑制ニューロンでの興奮ニューロンの興奮解除は細胞全体の解除になりますが、ボトックス療法は神経筋接合部の神経終末で興奮解除はせずにシナプス小胞形成を阻害しているだけのボト..

  • 視床出血等の感覚の回復で思うこと。確実に徐々に感覚が回復してきているのは確かです。

     視床出血等の感覚の回復で思うこと。  確実に徐々に感覚が回復してきているのは確かです。  ただ、「徐々に、さらに徐々に」なので非常に判りにくいですね。  瞼の感覚も発症直後は一切なしにね。  ですから、コンタクトレンズが所定位置からずれることが・・。  一時期、このずれが治まったようになって、暫くしてレンズを外すときにずれるなんてね。  そして、今は健常側程度にずれなくなったと思っています。  瞼の痛覚が時々猛烈に痛みを感じてくれています。  とかで、体の他の部位の感覚も回復してきたりしているところがあるはずですよね。  筋肉の感覚、筋紡錘と腱ゴルジ装置の感覚ですね。  ただ、全面回復ではなくごく一部の回復かなと思われる状況があるような気にもなってきています。  筋肉動作にはこの筋紡錘と腱ゴルジ装置の情報が必須ですよ。  それと皮膚感覚等もね。  これらがないか..

  • 筋肉を柔軟に保つには。柔軟ではない痙縮等では運動神経系興奮ニューロンが興奮状態になり、そのまま持続してしまっているということなのです。

     筋肉を柔軟に保つには。  柔軟ではない痙縮等では運動神経系興奮ニューロンが興奮状態になり、そのまま持続してしまっているということなのです。  そうすると、常に興奮ニューロンの神経終末からアセチルコリンが分泌されて筋肉に作用して収縮させているのです。  で、硬直状態もね。このアセチルコリン分泌だけを妨害するのがボトックス療法です。  毒素の効果がある間だけ、興奮ニューロンは興奮状態のままです。  正常な方は運動神経系抑制ニューロンが必要に応じて活性化して興奮ニューロンの興奮を鎮静して興奮ニューロンの神経終末からアセチルコリンが分泌されないようにしているのです。  抑制ニューロンは興奮ニューロンの神経終末ではなく細胞体本体に働いて興奮ニューロン全体の沈静化ですね。  ボトックスと全く違うのです。  普通の人はね、感覚麻痺でのボトックス療法とは。  ということは興奮ニューロン..

  • 繰り返しになりますが。私の関節可動域確保動作。

     昨日もネタが・・。  繰り返しになりますが。  私の関節可動域確保動作。  救急病院入院中はベッドかベッドサイドで車いす生活が基本ね。  病室外へは看護師等による介助での車いす移動ね。  上肢は最初のOTのときの「指を伸ばせたら・・」といわれて、病室に戻ってから「他動での腕伸ばし、指伸ばし」ね。  なぜか「自力」は全く思いつかなかったです。  からだ全体を使っての腕を振り回すというのもね。  このときに「脳はまずはそこら中の筋肉に収縮命令を出して、感覚情報で必要と思われる筋肉のみが収縮するように徐々に命令対象を減らしている」と感じたので自力は極力後回しにね。  この腕伸ばし、指伸ばしは今もしています。  健常者並みに近い状態の維持に成功ね。  もっとも、生活動作のリハビリはそうしていない感じです。  これをすると高緊張になりやすいのでね。  ボトックスしたくない..

  • 発病後、このブログを始めて暫くした頃に「?」、どうして皆さん、関節が動かしにくくなるようにリハビリをしているのかな。

     発病後、このブログを始めて暫くした頃に「?」、どうして皆さん、関節が動かしにくくなるようにリハビリをしているのかな。  病後の、老後の一つの目標に「筋肉と脳についてを判ってもらおう」というのがこのブログを続けることにね。  そして、嫌われているようです。  理由は「価値観の違い」かな。  なので、生物学的根拠もつけての投稿になるようにしています。  生物学的根拠をつけての反論に遭遇したことがないですね。  この根拠も常に検証をするようにしているつもりです。  昨日のインフルエンザワクチンでも生物学的にどう不都合なのかも記しているはずです。  「効果がない」でも、ただ、効果がないと投稿するよりどうして効果がないと言えるのかの根拠ですね。  また、破傷風ワクチンの効果がどのように発現されているのかインフルエンザワクチンについての理解を深めるのに役だってほしいとね。  です..

  • この冬もインフルエンザワクチンを接種しない理由。コロナワクチンは感染経路等の関係で接種しました。

     この冬もインフルエンザワクチンを接種しない理由。  コロナワクチンは感染経路等の関係で接種しました。  大人になってから過去に接種したのに「破傷風ワクチン」がありました。  破傷風菌は傷口で組織に入り込み血液中に出ることなく少し増殖して毒素を血液中に分泌します。  この毒素がボツリヌス菌毒素と同程度の猛毒です。  致死量は1μg以下です。  1gで100万人以上です。  ということはボトックスに使っているボツリヌス菌毒素も猛毒です。  血液中に毒素が出てくるので血液中に毒素に対する抗体を作る破傷風ワクチンで効果が得られるのです。  血液中に入るとかの場合です。  インフルエンザは外気からダイレクトに上気道粘膜にいくということです。  ここの粘膜細胞に感染して増殖してダイレクトに外気に出て行くとね。  血液中には入らないと考えられるのでね。  血液中にいくら抗体を..

  • ある方の投稿に「診察券をもって・・。」というのがありました。これ、健康体で通院や入院歴のない方には無縁の話ですが。

     ある方の投稿に「診察券をもって・・。」というのがありました。  これ、健康体で通院や入院歴のない方には無縁の話ですが。  今回の発症で入院した近隣の救急病院に搬送されたのですが、救急隊員の方がその病院の診察券を見つけてくれて連絡してくれたからです。  今回、脳出血ですね。  この病院で脳の血管造影をしたことがあったのでした。  即受け入れ決定だったみたいです。  「運」ですね。  退院後、地域の国立病院で救急医等の大量退職で受けいて停止になったときにその病院に入院とかしたことのある患者は受け入れるということをニュースで見ました。  ということは、病気になって時々受診や入院していると受け入れてもらいやすくなるということかな。  本来は救急のレベルに合わせて、すぐに受け入れ病院が決まる方がよいですね。  コロナで問題が噴出していますよね。  収束後にどうなるのかな。 ..

  • 筋肉を他動的に引き延ばしていますか。筋肉は弛緩して引き延ばされた後に有意な収縮ができるのです。

     筋肉を他動的に引き延ばしていますか。  筋肉は弛緩して引き延ばされた後に有意な収縮ができるのです。  ところが、感覚麻痺では運動神経系興奮ニューロンが興奮状態になり、さらにこの興奮が解除されなくなっていくと筋肉は収縮したままになっていくということが起こりやすくなります。  収縮したままになるので関節を動かすことができなくなるのです。  一度、収縮したままになってしまうとボトックス療法でのみ弛緩させることができるのかな。  この療法、ボツリヌス菌毒素を対象筋肉と運動神経系興奮ニューロンの接合部、神経筋接合部に対して投与します。  興奮ニューロンの神経終末にのみ入り込みシナプス小胞固形性を阻害しますが作用はこれだけです。  興奮ニューロンは興奮したままですよ。  シナプス小胞が形成できない期間だけ筋肉が緩むのです。  そうすると、その間の動作は楽になるわけです。  という..

カテゴリー一覧
商用