searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ヒルナギさんのプロフィール

住所
茨木市
出身
吹田市

色々な文章を書いています。 よろしくお願いします。

ブログタイトル
百夜百冊
ブログURL
https://ameblo.jp/hirunagi0007/
ブログ紹介文
書評や小説、色々です。
更新頻度(1年)

26回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2012/09/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ヒルナギさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ヒルナギさん
ブログタイトル
百夜百冊
更新頻度
26回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
百夜百冊

ヒルナギさんの新着記事

1件〜30件

  • 地球よ、永遠に 021

    ワルターは、呆然としながら動きを止めた敵ヴリトラクラスを見ていた。でたらめだと、思う。でたらめなのは、あのスレイプニルなのか。あるいは、それを操るダーナ・ロキ…

  • 地球よ、永遠に 020

    息をつくまもなく、ゴールドストライプのミリタリーモジュールは高周波ナイフの斬撃を立て続けに繰り出す。それだけではなく、マニュピレータの拳や脚部からの蹴り技もあ…

  • 地球よ、永遠に 019

    宇宙戦艦同士の戦闘で近接戦までもちこまれた場合、砲撃戦で勝敗が決まることは希である。普通は双方が対艦装備を装着したミリタリーモジュールを使い、敵艦を攻撃するか…

  • 地球よ、永遠に 018

    ダーナはギャラリーデッキに飛び込むと、叫ぶ。「サーシャ、スレイプニルを出すよ!」赤毛にそばかすの少女が、ハンガーデッキから入ってきた。「姫さま、準備できてるよ…

  • 地球よ、永遠に 017

    ダーナはなぜか、にこにこと笑っている。ユーリは、唖然としながら見ていたが、ワルターは落ち着いた表情でダーナを見ていた。「ワルター艦長、わたしがなんとかしてあげ…

  • 地球よ、永遠に 016

    ユーリ・ノヴァーリスは、自分のこころの中に深く沈み操艦に集中していた。ブリュンヒルドを操ることに集中すると、不思議なことに不安や恐怖が遠いところに追いやられて…

  • 地球よ、永遠に 015

    ドルーズは少女のように赤い唇を歪め、そっとため息をつくドルーズは、敵機の攻撃を最小限の動きでかわしていった。面倒な敵だと、思う。敵機のくりだすフェイントを織り…

  • 地球よ、永遠に 014

    ケン・ブラックソードは、標的を対艦式バトルスラスタユニットを装備した敵機に切り替える。「なんかあいつ、やばそうだねー」ヴェリンダが、暢気な調子で警告する。ケン…

  • 地球よ、永遠に 013

    「敵艦に再び高エネルギー反応、次撃がくるわよ」スクルドの声が、ブリッジに響く。「次撃の予想時間は、六十秒後」スクルドの声に、ヴェルザンディの声が重なった。「主…

  • 地球よ、永遠に 012

    ワルターは、ブリッジの宙に浮かんでいるAIのユーザーインターフェースに向かって指示をだす。「ウルズ、敵ヴリトラクラスの予想スペックをデーターベースから読み出せ…

  • 地球よ、永遠に 011

    本来アルファ部隊は対艦攻撃部隊であり、敵ミリタリーモジュールの相手はベータ部隊の役目であった。パディウはドルーズの口元に浮かぶ笑みをみて、再度怒声を放とうとす…

  • 地球よ、永遠に 010

    連邦軍中尉である、ミッシェル・パディウは自分の目の前で起こっていることが理解できない。戦闘がはじまった瞬間、かれの指揮する編隊の左翼に位置した一機が撃墜される…

  • 地球よ、永遠に 009

    ケン・ブラックソードの指揮する攻撃部隊は、ケンの乗る隊長機を頂点として左右に四機ずつの編隊が展開する楔型をとっている。ケンは、編隊全体をAEEP(対電子兵装粒…

  • 地球よ、永遠に 008

    ブリッジにふたりが、飛び込んでくる。頑強そうな身体を持ち凶悪な人相をした初老のおとこと、黒髪を切れ長な目の上で切りそろえた軍服姿の小柄な若い女性。顔に幾つも傷…

  • 地球よ、永遠に 007

    スクリーンに、艦体へ可動式装甲板から展開されていたスペースセイルが折り畳まれ収容されていく様子が、映し出される。そして推進機関が停止されたことにより、疑似的な…

  • 地球よ、永遠に 006

    全周天型スクリーンの上方、木星方面に七色の光でできた輪が生じていた。十次元空間で歪みが振動したときに光に干渉し、虹のような輪が発生する。それを次元虹とよぶのだ…

  • 地球よ、永遠に 005

    全周天型スクリーンに覆われているブリッジのリニアーシートに、当直ブリッジオペレーターであるユーリ・ノヴァーリスは座っている。コントロールデッキが中心にあり、そ…

  • 地球よ、永遠に 004

    彼は、搭乗したミリタリーモジュールを操作しながら宇宙空間を漂っている。彼の網膜投影型ディスプレイには、大きな宇宙戦艦が航行する様が映しだされていた。スペースセ…

  • 地球よ、永遠に 003

    慌てたように操作端末に指を走らせ、ガンマ線を切る。霧と船影が消えるのと同時に、天井の一部が爆発した。護衛員が一斉に臨戦態勢を、とる。岩盤が形成した天井の最頂点…

  • 地球よ、永遠に 002

    護衛員は頷いてみせるとバイザーを降ろし、ランプウェイから地上に向かう。四体の強化外骨格アーマーに続いて、丸腰のティークも地上へ下っていく。ティークたちは、ドッ…

  • 地球よ、永遠に

    彼の乗った船は、夜から朝へゆっくりと向かっていた。闇に包まれた宇宙の中に、緩やかな弧を描いた地平が白く爪痕をつける。朝に向かうにつれ、その惑星の全貌が顕わにな…

  • 第二百五十四夜「狼の伝説」1

    狼の伝説つげ忠男 夕暮れで濃い灰色に染まった街道に、銀色の針となった雨が降り注いでいる。フード付きのマントで身体を覆ったそのおとこは、足早に街道を歩いていた。…

  • 第二百五十三夜「スクラップ学園」

    スクラップ学園吾妻ひでお 山形浩紀氏が、ギブスンについてTwitterでこんなことをいっている。@以下引用ウィリアム・ギブスンの、「スプークカントリー」と、同…

  • 白百合姉妹

    その窓の向こうには、大きな湖が広がっている。秋のどこか心地よく乾いた空気の中で、その湖は空の夕陽を受け真紅に染まっていた。鏡面のように、凪いで静かに澄み渡る湖…

  • 第二百五十二夜「down by the river」

    down by the riverneil young地を彷徨う気配や空気を巻き込み、様々に色を跳ね散らしながら、河は流れていく。おれの手には提げられた45口…

  • 第二百五十一夜「輪るピングドラム」

    輪るピングドラム監督:幾原邦彦原作:イクニチャウダー「きっと何者にもなれないお前たちに告げる」「僕の愛も、君の罰も、すべて分け合うんだ」鉄道は、当然ながら既知…

  • 百物語一回目

    おれは、もともと霊感は皆無だ。霊の存在を感じることはない。けれども半世紀近く生きていると、奇妙と思える体験をすることもある。昨日の夜のことだ。元々、おれの中に…

  • 皆殺しの歌 007

    いつしかわたしは、彼の家によく遊びに行くようになってたの。なにしろ彼は、自宅にハイスペックのサーバーにネットワーク機器をいろいろ接続した電脳世界を構築していた…

  • 皆殺しの歌 006

    彼の名は、クリスマス。なぜそんな名前になったのかというと、彼はクリスマスの夜に死んだからだ。彼は泥酔するまで飲むくせがあって、ある雪が降り積もったクリスマスの…

  • 皆殺しの歌 005

    わたしは、立ち直れないほど深い虚脱感に陥ってしまう。わたしは再び、難破した状態になる。でも、さっきは見かけだけで、こころの中ではフルに活動してたんだけどね。今…

カテゴリー一覧
商用