chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
生物さん
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2012/08/27

1件〜100件

  • 単体の炭素を生成する生物を初めて発見!

    生きていくために私たちは呼吸し、植物は光合成をする。この二つの反応の過程では必ず炭素のやりとりがされている。そんな炭素について調べてみた

  • 生き物はみな腸内細菌のおかげで生きている

    以下、島津製作所リンクより引用***「腸内細菌は、一つの臓器にも匹敵する役割を果たしていて、それなしで生きて行くことはできません。無菌の生き物は自然界では想定されていないのです」と話すのは、中部大学創発学術院の牛田一成教授。アフリカのジャングルからヒマラ

  • 中立進化説をわかりやすく

    分子系統学の資料を読んでいくと、遺伝子配列やアミノ酸配列を比較するときの理論や分子時計等を追求する上で出てくるのが、【中立進化説】。木村資生(きむらもとお)さんが定式化した分子進化生物学で最も有名かつ基本的な概念だそうです。中立進化説について調べてみまし

  • 定説覆す2cmの巨大細菌を発見―大分類の定義すら揺るがす変わり種―

    リンク(以下引用)――――――――――――――――――――――――――――――― 細菌と聞けば普通、顕微鏡でしか見えないほど小さな生物を思い浮かべるだろう。しかし、肉眼で容易に確認できるほど巨大な細菌が、カリブ海の小アンティル諸島にあるフランス領グアドル

  • ゲノム配列を使って生物全体の系統樹の全貌が明らかに!?~菌類と動植物の意外な関係~

    分子系統学を以前調べました。(リンク)今回は、現実に分子系統学でどんな問題や課題があるのか?調べてみました。表題の記事が「Kim Biology&Informatics」さんに書かれていました。引用させて頂きます。リンク(以下途中から引用。図は省略)この記事を読むと、分子系統

  • 地球上最大の植物を発見。4500年間水中で生き延び、180キロに渡って広がる

    新しい生物の発見だ。以下リンク*** 地球上最大の植物が水中で発見されたそうだ。 オーストラリア西部で見つかった「リボンウィード(学名 Posidonia australis)」の年齢は推定4500歳。シャーク湾を180キロにも渡っておおっている。

  • 植物は思った以上にハイスペックだった。植物による5つのコミュニケーション法

    リンク より引用しています。***カナダ、アルバータ大学の環境植物生態学者ジェームズ・カーヒルによれば、植物は走り去ることができないことから、生き延びるための不思議な戦略を発達させたという。そうした中には、化学物質を利用して昆虫などとコミュニケーションを図

  • 樹齢何千年を競うのはなんで?

    そもそも樹木、いや植物に年齢という概念を当てはめるのは、無理なのかもしれない。YAHOO!JAPANニュース 6月9日記事リンク*********************************世界最長寿の樹木発見? 樹齢には謎がいっぱい 先日、チリで世界最古の樹木

  • 害虫は腸内細菌によって農薬抵抗性を獲得している

    単一の農薬を使い続けていると害虫がその農薬に耐えるようになってしまうことがある。そうした害虫が有効量の農薬に耐える性質のことを農薬抵抗性と呼ぶ。大量に合成された農薬が世界的に使われ始めた20世紀の中頃から様々な害虫において農薬抵抗性は見出されるようになり、

  • ヘビ毒やクモ毒の中に未知の細菌が生息していると判明!

    英国ノーザンブリア大学の研究により、ヘビやクモの毒液のほぼ全てに多くの細菌が生息していることが判明。毒液に生息する細菌群は独自の進化過程をへて耐性菌へと進化していたという。ナゾロジー(2022.05.29) リンク より以下転載。---------------------------------------

  • 実は道具を使う生き物たち

    道具を使うと、道具をつくるとでは大きな能力差がありそうだが、自然界のモノをそのまま使う生き物は哺乳類以外にもたくさんいる。道具を使う能力とはどのように発達するのだろうか?---------------------意外かも? 実は道具を使う生き物たちリンクか

  • 虐待など幼少期のストレスは遺伝子レベルで受け継がれてしまう可能性

    事例はマイナスの現象ですが、獲得形質の遺伝があるという1つの証拠になる記事です。****リンクより引用。子どもの頃に受けた虐待などのつらい記憶は、その人に一生涯にわたる影響を残すことがあります。これは主に精神面に大きく現れる影響といえるのですが、実はその

  • 分子系統学の限界~何故形態情報に重きを置かないのか?~

    >最節約法を使って、現存大型霊長類(ヒト、チンパンジー、ボノボ、ゴリラ、オランウータン)とアフリカ、アジア、ヨーロッパの化石大型類人猿との間での(形態形質による)系統関係を調べた。>つまり、ヒトとオランウータンには(アフリカの類人猿をのぞく)共通祖先がい

  • 共鳴のメカニズム~28日周期という月のリズム~

    「Harb396」の記事を紹介します。下記,リンク。***************************同じ壁に掛かった2つの振り子時計が同期するという奇妙な現象は、振り子時計を発明したクリスチャン・ホイヘンスによって1665年に初めて観察されたのですが、この「同期

  • 植物の伸びる方向は電気の流れの物理的記録

    ■唯物論から電磁気的作用論へ・モノの形を規定するのは、物質や重力による作用ではなく、電磁気的作用であり、且つそれは、他の存在との密接な関係、相互作用=同期・同調作用による。⇒この事を事実を示す記事の紹介です。■ものセラ|電気宇宙スピリッツ リンク植物の伸

  • 呼吸法は人の感覚器を開いていく

    人類の進化を扱う上で明らかになってきた“一体感”を高めるために用いられる呼吸。バリ島のケチャという儀式は、まさしく息を合わせてみんなで仲間と、自然と一体化しようとしていました。その中で気になったのが、「息が合う」「息を合わせる」という言葉に使われる“息”

  • 人体には「進化の過程で役割を失って退化した器官」の名残がいくつも存在する

    リンクより***19世紀の生物学者チャールズ・ダーウィンは、生存競争を乗り越えて自然環境により適応したものが子孫を残すことで種が進化していくという「自然淘汰(とうた)説」を提唱し、「ヒトはサルと同一の祖先を持ち、その祖先もまた別の生物から進化したものである」

  • 「進化論」その破綻した論理

    ■発見された化石は「部分のみ」それらの化石が(ピルトダウン猿人のように)故意に捏造されたものであるとは言えません。ただ、いずれも部分的に発見された化石であり、それを科学者が「組み合わせて」ひとつのイメージを作ったに過ぎないのです。例えば、いわゆる「ジャワ

  • 理研、定説覆す「暗黒の細胞死」発見 細胞置き換わりの新現象

    リンク より*** 生き物の臓器などは、機能や形態を維持するのに、老化したり傷付いたりした細胞の置き換わりが欠かせない。この際の細胞が死ぬ現象の新たなパターンを、ショウジョウバエを使った研究で明らかにしたと、理化学研究所などのチームが26日、米科学誌プロス

  • ハチの脳は、コンピュータより優れている

    ミツバチは、コンピュータでさえ解答を得るのが難しい複雑な数学的問題を解決する能力を備えていることが研究で明らかになったそうです。小さな脳にもかかわらず、並はずれた能力を持っているのはなぜか?脳の謎は深まるはかりです。

  • キノコは会話する。50の「単語」を使用して相互に電気シグナルを送っている

    【キノコは会話する。50の「単語」を使用して相互に電気シグナルを送っている】リンクより以下引用↓↓↓ 森の落ち葉に埋もれていたり、木々から顔を覗かせたりするキノコは、物静かな印象があるが、新たな研究によれば、積極的に会話している可能性があるという。 キノコ

  • 科学的根拠に乏しい分子時計の原理

    分子時計により生物の分化した年代が想定されていますが、分子時計の問題点を記載した記事が有りましたので転載します生物進化論の未解決問題(その3)分子時計の問題点 阿部正紀リンク【要約】分子時計では、全ての動物のタンパク質のアミノ酸(またはDNAの塩基)配列

  • 免疫における自己と非自己

    免疫は非自己の排除のために発達したものではなく、自己の認識をもとに自己の全一性を保つためにあることが分かる。

  • ラマルク(用不用説)とダーウィン(自然淘汰説)の関係~獲得形質は遺伝する

    ラマルクの説はダーウィンによって否定され葬られたような印象を持っていましたが、そういうわけではないようです。

  • 「人が住んでいる環境が肥満に影響している」と主張する研究者が住環境の健康度を示す指数を考案

    以下リンクより引用。ーーー近年の研究では住んでいる環境が健康やメンタルヘルスに影響することが示されており、肥満や糖尿病のリスクもある程度は住環境に影響されます。そこで、ニュージーランド・カンタベリー大学の研究チームは「Healthy Location Index(健康な場所指数

  • 新型コロナの重症化はネアンデルタール人から受け継いだ

    信憑性は議論の余地がありますが…数年前からネアンデルタール人への注目度が高まったきっかけでもある記事を紹介します。

  • 「オキシトシン」の投与で、攻撃的なライオンがフレンドリーになる。

    リンクより転載ーーー”百獣の王”たるライオンは、新しい友人をつくるのに熱心ではありません。彼らの縄張り意識はとても強く、そのラインを超えてきた者に怒りの鉄槌を下すこともしばしばです。この攻撃性は、野生下では有利に働くものの、保護区や飼育下においては、繁殖

  • 人はなぜ「冷たい」を「痛い」と感じるのか

    「思想家ハラミッタの面白ブログ」の記事を紹介します。下記,リンク。***************************ヒトがどのようにして「冷たさ」を「痛み」と捉えているか、実はこれまではっきりとは分かっていませんでした。私達は、抗がん剤オキサリプラチン

  • 新生児の体重の変化

    ここ30年前から、新生児の体重がだんだんと減っていっています。リンクその要因として、主に4つ挙げられます。

  • ウイルスの遺伝情報の変化

    リンクより引用ーーーインフルエンザウイルスで起こりやすい分節の組み合わせの変化や、エイズウイルスでの逆転写の際の突然変異の発生率の高さは、ウイルスの遺伝情報の変わりやすさにつながります。ウイルスの遺伝情報の変化のはやさは、ウイルスの種類によって異なるので

  • 病気知らずの長寿高齢者の便を調べてわかった事

    リンクより転載します。ーーー近年、さまざまな方面で話題になっている「腸内細菌」「腸内フローラ」「腸活」という言葉があります。生死に直結する心臓や脳だけでなく、腸が注目を集めてきているのです。実はこの腸こそが私たちの健康に大きな影響を与えているのだと、だん

  • 獲得形質は遺伝するか?

    以下引用リンクーーー◎食糧事情と生まれてきた子孫への影響ヒトの場合、妊娠した女性の妊娠後期に栄養摂取が足りないと、生まれてくる子供の体重は小さいが、それが女の子だった場合には順調に発育すれば、その子の産む孫の体重は正常になる。一方、妊娠初期に栄養摂取が足

  • 内部と外部の折り合いのなかに生命はある

    細胞は自己の内部に別の個体を取り込みながら、その個体は細胞の中を外部としてうまく共存している。これが生命の仕組みであり、我々人間世界にもよく似ていると、ふと思う。

  • 動物たちの「知能」を証明するいくつかの事例

    長らく「知能が最も進化しているのが人類である」という定義が、常識とされてきました。しかし昨今の研究では、そもそもの「知能」の「定義そのものをを見直す必要がある」ということから、他生物についての知能や感情についての研究も急速に深まっています。「知能」とは、

  • 細胞内のリサイクリングシステム

    人が生きていく上で必要なアミノ酸は体内で合成できないので、我々は肉や大豆で得ていると考えていたが、どうもそれだけでは必要量が足りないので、別の仕組みがあることが分かっている。

  • 8年間何も食べずに繁殖し、27年間生き続けるダニが存在する

    一日3食を食事と考える私たち人間に対して、不食の人が存在します。しかし、自然界では数か月~数年間も食糧を取らなくても生き続ける生物たちがたくさん居ます。爬虫類でも半年間何も食べないことは普通にあるようです。これらは明らかに摂食とは別のエネルギー源か、もし

  • 皮膚で触覚が生まれる仕組みの一端を解明

    触覚は、五感のうち最も原始的な感覚で、生物の生存に不可欠です。皮膚には感覚神経の終末などからなる「触覚受容器」があり、それがさまざまな物理刺激を化学シグナルに変換した情報を、感覚神経を通して中枢神経系に伝えることで触覚を生み出しています。しかし、皮膚の触

  • 「絶滅とはそもそも何か?」という考察

    以下抜粋====================■絶滅についてちょっと深く考える絶滅とは集団に起こる現象で、1個体が死んでも絶滅とは言わない。しかし、個体を構成する細胞のレベルで考えると、個体の死は細胞集団の絶滅と考えることもできるのだ。多細胞生物の個体は

  • 魚にも自己認識が可能な種が存在している

    人間や、チンパンジー、オランウータンが自己認識できることはご存知の方も多いと思います。自己認識には知能がある程度なければなりません。なんと魚の中にも自己認識ができる種が判明したようで、「ホンソメワケベラ」は自分の事が分かっていることが実験によって明らかに

  • 「生体の光」「水の記憶」「DNA」で人間の多くの病気を治癒する技術をほぼ完成していた矢先のモンタニエ博士の死。その「光学生物物理学」の歴史(3)

    (続き)リンクよりパーキンソン病、多発性硬化症、関節リウマチ、アルツハイマー病なども影響を受けていた。近年、モンタニエ博士の研究チームは、自閉症や数種類のガンを患っている人々の血漿中に特定の信号を発見している。十数人以上のフランス人医師たちがモンタニエ博

  • 「生体の光」「水の記憶」「DNA」で人間の多くの病気を治癒する技術をほぼ完成していた矢先のモンタニエ博士の死。その「光学生物物理学」の歴史(2)

    (続き)リンク より●発見の長波自然現象に「物質的原因」を課そうとする唯物論の伝統に反して、モンタニエ博士によって具現化された、より強力な光学生物物理学を最初に研究したのは、他ならぬルイ・パスツールだった。パスツールが低温殺菌の研究を行うずっと以前、パス

  • 「生体の光」「水の記憶」「DNA」で人間の多くの病気を治癒する技術をほぼ完成していた矢先のモンタニエ博士の死。その「光学生物物理学」の歴史(1)

    表題の記事がIn Deepさんに記載されていました。3つに分けて引用させて頂きます。リンク(以下途中から引用)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■「未来の医療」の可能性の死(途中から引用)モンタニエ博士の実験が示したことは非常に大ざ

  • 寄生バチにみるウィルスの役割

    コロナ騒動によってウィルスは「悪者」にされていますが、生物にとってウィルスはなくてはならない存在です。例えば、コマユバチは日本でも300種類以上生息していて、トウモロコシの害虫として知られるアワヨトウを駆除してくれます。その方法はアワヨトウへの「寄生」。そこ

  • 最も進化した生物はヒトではなく昆虫!?24時間足らずで脱皮、交尾、産卵して老化するカゲロウから見る<死>の意味

    リンク引用***昆虫は、最も繁栄している生き物?地球には、名前のついているものだけでも約180万種の生物種が知られています。その半分以上の約97万種は昆虫です。つまり、地球上で最も多様化し繁栄している生物が、昆虫といってもいいのかもしれません。動物の系統樹(図

  • 腸内細菌が脳細胞を変形させ「不安」を引き起こしていた!

    リンクより引用します。腸内細菌がマウスの脳を変化させ「不安」にさせる!近年の研究で、腸内細菌が免疫やエネルギー代謝など、複数の生体機能に影響を与えることがわかっています。またここ数年で、腸内細菌が人間やマウスの精神活動に影響を与えている可能性も示唆されて

  • 『サーチュイン遺伝子』とは?

    リンクより引用===========TVなどでもたびたび取り上げられる『サーチュイン遺伝子』。「長寿遺伝子」や「若返り遺伝子」などとも呼ばれていますが、一体どのようなものなのでしょうか。サーチュイン遺伝子は、2000年に米国マサチューセッツ工科大が酵母のなかから発見しまし

  • 突然変異はランダムに起こるわけではないと判明!

    さて、これは本当だろうか?定説が大きく覆る事になる。以下(リンク)引用==========突然変異はランダムなイベントではないようです。ドイツのマック・スプランク研究所(MPI)で行われた研究によれば、DNAに起きる突然変異率は遺伝子ごとに「自然淘汰を受ける前

  • 葉緑体を持つ生物の事例

     葉緑体を体内に持っている植物以外の生物の事例はいくつか存在するという。「人間も理論的には葉緑体を持つことは不可能ではないが、人間が活動に要するエネルギーを清算するにはコストがかかりすぎるのでは?」(リンク)という指摘もある。

  • 犬は生まれつき「人間の指示を理解する能力」を身に付けている!?

    飼い犬は、飼い主の言うことをよく聞きます。それは教え込んだからというのももちろんあるのですが、犬には教え込まれずとも人間の言うことが理解できる能力があるのです。

  • シャチが地球最大のクジラを襲撃し食べる、初の報告-決め手はチームワーク -

    以下引用(リンク)――――――――――――――――――――――――――――――――― その狩りは追跡から始まった。12頭のシャチが、獲物が疲れ果てるまで追い回す。獲物の泳ぎが遅くなると、さらに他のシャチたちが狩りに加わった。20頭のシャチの歯が獲物の肉を引き

  • なぜラッコは寒い海中でも体温を保てるのか?

    恒温動物である哺乳類は外気温が変化しても体温を一定に保つことができますが、空気中より体温が奪われやすい水中に生息する哺乳類にとって、体温を一定に保つことは困難です。中でもラッコは、水生哺乳類の中でも特に体が小さくて熱が逃げやすいにもかかわらず、オホーツク

  • 分かりやすさという罠「利己的な遺伝子」

    「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」さんより引用です。理論、説の整合性を検証するとき、筆者のような思考は参考になると感じました。遺伝子だけが生物の全てではないことは明らかですが、その上で遺伝子とはなにか?を追求していきたいですね。

  • 突然変異はランダムに起こるわけではないと判明!

    ドイツの研究所がシロイヌナズナの遺伝子を調べたところ、突然変異率がゲノムの場所ごとに既に異なっていると判明。特に細胞分裂などにかかわる重要な遺伝子においては、他の場所にくらべて突然変異の頻度そのものが3分の1にまで減少していたとのこと。突然変異と呼ばれる現

  • 金魚も運転できる!?どんな生物にもナビゲーション能力が備わっている!

    金魚が運転できるなんて、、と思いますが、手を使うわけではありません。脳で考えている、、?のではなさそうなので、本能になるんでしょうか?とてもおもしろい実験が行われているのでご紹介します。 

  • 賢さは脳の大きさよりもむしろ血流にあった。人類の祖先の頭蓋骨からわかったこと

    脳に血を巡らせる大事さは進化から関係していた!!?リンクより**********人間の知能はいかにして進化したのか? この謎を解き明かすため、考古学者たちは長年、道具や火を使用した痕跡、あるいは頭蓋骨から分かる脳の大きさの変化といった手がかりを調べてきた。

  • 遺伝子操作したクラゲから、動物の「脳」の進化の謎が見えてくる

    以下抜粋引用文献 WIRED「遺伝子操作したクラゲから、動物の「脳」の進化の謎が見えてくる」よりリンク====================さまざまな動物の脳の仕組みを理解するために、遺伝子操作されたクラゲが役立つかもしれない──。そんな研究結果が、このほど

  • 空気中には動物のDNAが漂っている。吸い込んで採取したDNAから動物を特定することに成功

    空気中にはあらゆる生命のDNAが漂っている。今回の研究は空気中のDNAから動物を特定するものだが、DNAの水平伝播の観点から見れば、あらゆる生命の可能性探索から生み出されたDNA情報は空気中にも存在し、生命が状況に応じてそれらを取り込むことが可能ならば、今後どのよう

  • 「男と女」では終わらない――魚の性転換に見る性別の不思議

    子孫を多く残していくしていくための戦略?魚の性転換について。以下リンクより引用========魚の性別は変わる魚類には、「性転換をする」という大きな特徴があります。一生の途中で性別が変わるのです。ホンソメワケベラという魚で、性転換の例を見てみましょう。10

  • 人間の突然変異が起こるスピードは50%も低下している?

    少し前の記事ですが、人間と類人猿の突然変異率の調査結果は、人間に比べて全ての類人猿の突然変異数は50%高いという結果が出ている。これが正しいとすると人類になってからの進化スピードは半分になっているという。類人猿と人類の違いは、言葉や道具。観念内容の進化に収

  • 人間がセルロースを分解できないのはなぜか。

    原猿が大型化を可能にするために、セルロースを分解できるようになり、葉っぱを食べられるようになったのに対し、人間がセルロースを分解できないのはなぜか。進化過程のどこで分解機能を無くしたのかは興味深いです。以下はセルロースを分解する酵素「セルラーゼ」に関する

  • タコは海洋動物では珍しく子育てする

    タコは無脊椎(むせきつい)動物の中では高い知能を持ち、子育てをする子煩悩な生物としても知られている。海に棲む生き物の中では、子育てをする生物は少ない。食うか食われるかの弱肉強食の海の世界では、親が子どもを守ろうとしても、より強い生物に親子もろとも食べられ

  • 植物に意識はあるの?

    お家で植物を育てていると毎日「元気そうだな」「お水ほしー」など見た目の表情から分かる事もあれば、生き物と同じように成長という観点からも私たちと同じように生きていることが分かります。それでは植物には意識があるのだろうか。気になるところです。

  • 冬眠する小型哺乳類が低温に耐えられるのはビタミンEのおかげだった

    「Science Portal」の記事を紹介します。下記,リンク。***************************シリアンハムスターなどの冬眠する小型哺乳類が低体温に耐えることができるのは、肝臓にビタミンEを高濃度で保持しているためだった-。北海道大学などの研究グ

  • 生物の形は、生体電位が作り出す

    プラナリア尾の方を切り落とし、頭部に存在する電圧と同じ電圧を、尾の方にかけると、両端に頭があるプラナリアができる。しかし、そのDNAは同じだ。それ以外にも、引用のような、細胞にかかる様々電圧を変えると、胃に目が出来たり、ひじの上に足指ができたりと形態が変わる

  • 腸を幸せにする

    昔から「断腸の思い」「腸(はらわた)が煮えくりかえる」「腹をくくる」など、人の気分を表すのに「腸」や「腹」という言葉はよく使われてきました。これには根拠があって、人の体の中心に位置する消化器官、なかでも腸の状態は、人の気分に影響を与えることが分かっている

  • 草食動物は草に付いている微生物を食べている

    リンクより下記、転載します----馬や牛のような草食動物はどうやってただの草から栄養を得ているか?誰もが一度は疑問に思う問題かもしれません。「草食動物の胃や腸には、植物を分解してくれる微生物が生息しており、動物はその分解物を吸収するから」というのがその簡潔な

  • 腸は第2の脳ではなく、むしろ脳の方が腸から生まれた

    ニューロンの起源は腸のようです。ドイツにあるヨーロッパ分子生物学研究所(EMBL)で行われた研究によれば、脳を構成するニューロンの起源は、消化システムの制御を行う細胞であった可能性が高い、とのこと。近年では腸にもニューロンがあり、脳との関係の深さから「腸は第2

  • なぜ霊長類はまた3色型色覚を獲得したのか

    霊長類は教科書的に言っても、視覚の動物であるというふうに昔から言われている。発達した視覚システムが霊長類の大きな特徴だと。眼球が正面を向いていて立体視ができるとか、視細胞の密度が高くて、空間解像度が高い(デジカメでいうと、画素が多い)とか、さらには3色型色

  • 「女は男よりも寿命が長い」のは人に限ったことではない!?

    人間において、男性よりも女性の方が寿命が長いことはみなさんご存知だと思います。でもこれ、人間だけではないのです。哺乳類で見ていきましょう。

  • キツネザルの歌で「リズムパターン」を発見、人間と鳥以外で初

    以下引用(リンク)―――――――――――――――――――――――――――――――――マダガスカル島に暮らす歌うキツネザルのインドリ(Indri indri)の研究者らが、数百もの歌を分析した結果、2つの音の長さが一定の間隔になるリズムが使われていることを発見した。こ

  • 哺乳類は生まれる前から外界を視認する訓練をしている!?

    「生まれる前から周りの世界を夢で見ている? 哺乳類の不思議な視覚の仕組み(リンク)」別サイトで脳波の動画がありました→リンク------------------------------------------------------------------哺乳類は初めて目を開けた瞬間から、周囲にある物体やその動きを認識す

  • 線虫はお互いのRNAを交換することで、記憶を共有することが判明

    もはや獲得形質(=記憶や身体機能)の遺伝継承は、生物種にとって重要な適応戦略であり、普遍的機能なのかもしれない。今回の線虫における研究では親子間だけでなく、同類間でもRNA遺伝子を媒介にして後天的に獲得された記憶が、数世代に渡り遺伝していく事が新たに確認され

  • 寄生生物が宿主の性格や行動に影響をおよぼしている

    トキソプラズマは、寄生性原生生物の1種。ヒトを含む幅広い恒温動物に寄生してトキソプラズマ症を引き起こす。通常は免疫系により抑え込まれる(不顕性感染)ため大きな問題とはなりにくいが、免疫不全の状態では重篤あるいは致死的な状態となりうる。世界中で見られる感染症

  • 15分に1回メスから“お誘い”するライオン

    「よみタイ」の記事を紹介します。下記,リンク。***************************「百獣の王」などと言われ、オスの方が性欲が強いイメージがあるかもしれませんが、実は繁殖時に積極的になるのはメスの方です。ライオンのメスは発情期がくるとオスの

  • 生き物は、なぜくすぐられると笑うのか?

    以下引用(リンク) 「くすぐったさ」はおそらく最も不思議な感覚の1つだろう。くすぐりは皮膚への単なる物理的な接触にすぎない。それなのになぜくすぐられると笑ってしまうのか。子供はくすぐられると喜ぶのに、なぜ大人になると不快なのか、そして不快なのになぜそれでも

  • デバネズミは目で磁気を感じている可能性がある

    アフリカの地下に棲む、デバネズミの一種は、巣作りにおいて興味深い習性が知られています。彼らが地下に張り巡らせた巣の多くが、一定方向に向けて広がっているのです。

  • 母イヌのスキンシップが仔イヌのストレス耐性を高める

    記事によると、母イヌと仔イヌの関係で、母親の養育行動が高いと、仔イヌのストレスへの耐性が高くなるのだそう。養育行動とは「接触しながら座る」「授乳する」「舐める」等のスキンシップ行動のこと。母子のスキンシップが密接などほど、子のストレス耐性が高まる。母子の

  • ライオンのあくびには「仲間との結束を強化する」役割があるかもしれない

    「GigaziNE」の記事を紹介します。下記,リンク。***************************大きく口を開けて息を吸う「あくび」はある人から別の人にうつることが知られており、過去には「乳幼児は他人からあくびがうつされることがなく、あくびがうつるのは5

  • ミミズのような線虫も音を聞く、驚きの仕組みが判明、定説覆す

    「YAHOO!JAPAニュース」の記事を紹介します。下記,リンク。***************************「ミミズは音を聞けるのか」。これは人々が昔から抱いてきた疑問だ。1800年代、ダーウィンは自分の息子にミミズに向かってファゴットを演奏させ、彼らが身動

  • 腸内細菌と免疫細胞が全身を守る

    腸の神経細胞は脳に次いで多く、約1億個ある。そのため、第2の脳とも呼ばれている。神経細胞の働きにより筋肉をあやつり、食物を消化吸収する働きを独自に行っている。 腸を語る上で、最も重要なのは、腸内細菌(腸内フローラ)と免疫細胞です。これらがなんと全身の免疫力

  • ヒトの脳は「文字の出現」で3000年前から縮小している可能性がある

    人類の祖先が、約600万年前に他の霊長類から分岐して以来、脳は4倍ほど大きくなったと言われています。しかし、多くの人は、約1万年前の最終氷期の後で、脳が縮小し始めたことを知らないでしょう。現在人の脳は、10万年前の初期人類のそれより、わずかに小さくなっているので

  • 男性ホルモンを抑制してまで協調性を選んだ人類

    人類はなぜ文化的に進化したのか。カギは「男性ホルモンの低下」にあり:研究結果(リンク)------------------------------------------------------------------前略「技術的なイノヴェイションや、アートの制作、迅速な文化交易などに対する現代的行動がみられるようにな

  • ウイルスが細菌の会話を盗み聞きしてる!?

    ウイルスが細菌の会話を盗み聞きしてる!?以前から細菌は会話をすることが知られてきましたが、中には、会話を逆手にとり、絶滅に追い込んでいる生物もいるようです。ウイルスが細菌の複雑なコミュニケーションを利用していたのは驚きです。人類も会話できるようになり、共

  • 進化思考~生き残るコンセプトをつくる 「変異と適応」①~

    自然の摂理を全面的に創造活動につなげている人物を見つけたので紹介したい。書籍:進化思考~生き残るコンセプトをつくる 「変異と適応」~著者:太刀川英輔・デザインで美しい未来をつくること(実践:社会設計)・自然から学ぶ創造教育変革者を育てること( 理念:進化思

  • 嗅覚と記憶 危機察知の能力に抜群に長けた感覚

    5感の中で唯一、直接海馬につながる感覚、嗅覚。記憶と嗅覚には非常に深い関係がある。嗅覚が持つ役割はいったい何か。危機察知・生命維持・同類を見分ける等々。生物はなぜ、嗅覚を身に着けてきたのか。その起源についても踏み込んでいきたい。また、脳の進化や雌雄分化との

  • 史上初めて植物と動物の間で遺伝子の水平伝播が観察される。植物の遺伝子を取り込んで利用する昆虫

    生命の在り方に対する認識が21世紀に入り大きく塗り変わって来ている。20世紀には有り得ないとされてきた遺伝子の水平伝播が、現在ではあらゆる生命間で行われている可能性が高まって来ている。しかし新たな事実構造を、人間の都合だけで技術的に部分応用しようとする短絡思

  • 恒温動物はあえて生体内で秩序を壊す(エントロピーを増大させる)ことによって熱を発生させている

    哺乳類や鳥類は、水分子の自転運動を加速することで、熱を発生させ、恒温化したのではないか。では、どのようにして、水分子の自転運動を加速しているのか?佐野千遥氏は「熱とは何か?温度とは何か?現代熱力学の誤りを正す」リンクで、次のように述べている。

  • 生物学者の視点で見る「ワクチン接種」の大前提

    リンク体を「スマート化」することの危険性私は、新型コロナウイルスによって明るみに出た種々の問題は、人間が生み出したロゴス(論理)と、そのロゴスと対極にあるピュシス(自然)という概念を用いて理解することが必要だと考えています。例えばこのコロナ禍で、オンライ

  • 「獲得形質の遺伝」~マイクロRNAは、環境により変化し、DNA遺伝子の発現(ON‐OFF)を柔軟に制御する

    DNAをセントラルドグマとする生物学では、獲得形質の遺伝は無いとされる。しかし、線虫やマウスなどを使った実験で、ストレスを受ける環境で発現した形質が遺伝される報告は多くされている。DNA暗号を変えることなく遺伝子発現を調整し、細胞の分化や個体の形質を決定する仕

  • RNAを交換することで記憶を共有する生物

    食べてお腹を壊したことがある食べ物は当然その後は苦手になるだろう。そしてこの苦渋の体験を人に話したり、文章にして残したりすればその食べ物が、お腹を壊しやすい食べ物であるとして広く理解が得られるかもしれない。では言葉を持たない生物はこの種の情報をどうやって

  • 後天的に獲得された形質は、次の世代へと遺伝する

    母親から産まれて一番初めにもらう適応のためのマニュアル=遺伝。産まれたそのときの外圧に負けないように、後天的に身につけた能力も遺伝されていく。むしろ、その後天的遺伝子が消されてしまうと胚が成長できないのだ。ーリンクよりー生物学では長らく、DNAの中にある膨大

  • 微生物による土壌の浄化 畑の困り者雑草「スギナ」 共通事項は?

    生物の起源と歴史より引用リンク生物学的元素転換理論は、フランスの生化学者の故ルイ・ケルブラウン博士が提唱したもので、植物や動物、あるいは人体においてある種の酵素や微生物の媒体により、例えばナトリウムがカリウムに、シリカ(ケイ素)がカリシュウムに変化すると

  • 哺乳類の誕生 その時の環境って!?

    哺乳類の追求に入るにあたって、まずは哺乳類が誕生した背景について抑えていきたいと思います。今回は原モグラより前の哺乳類。第一次哺乳類と呼ばれる哺乳類について紹介します。その当時、おかれていた環境とは?以下るいネット(リンク)より引用です。1.氷河によって水

  • キルリアン写真・・・物質が無くなっているのに、何かが残っている?

    キルリアン写真。この不思議な写真は、1930年代に、旧ソビエト連邦で発明された不思議な写真のことだそうです。発明家ニコラ・テスラの影響を受けた旧ソ連のキルリアン夫妻がその発明者だそうです。電気治療器の高周波によって生体から放電が起きていることに気付き、それ

  • ウイルスは生物か否か?生物との境界を揺るがす巨大ウイルス「Girus」とは何なのか?

    意外なことにウイルスが生物なのか否かは学者の間でも未だに結論が出ていない。それらのことをわかりやすく説明しているYouTubeチャンネルの要約を紹介します____________________________________________________リンク世界中で猛威を振るう新型コロナウイルスやエボラウイ

  • なぜウイルスははやく変化するのか?

    「なぜウイルスははやく変化するのか?(リンク)」ウイルス変異表>リンク----------------------------------------------------------------風邪などの病気を引き起こすこともあり、最近は新型コロナウイルス感染症が話題となっている、ウイルス。ウイルスは変化がはやい、

  • 生物の形はDNAがつくるのか?・・・形態共鳴=分子が他の分子に形態構造の”知識”を伝達している

    ■生物の形はDNAがつくるのか? 369348 「私たちはDNAについて間違って教えられてきた?」のPart2です。★「形態共鳴=分子が他の分子に形態構造の”知識”を伝達している」と言う事実の紹介です。※引用元の文章から概要、骨子をまとめます。詳細は引用元参照。1、現在の

  • 私たちはDNAについて間違って教えられてきた?-3

    ~続きです~原子核(細胞核)の外側に電界があることによって、輪郭や形状が現れる場所や時間が決まってきます。フィールド(場)が形そのものを作るということではなく、フィールドが形を出現させることができるということです。これは、セントラル・ドグマにとってどのよ

  • 私たちはDNAについて間違って教えられてきた?-2

    ~続きです~●マイケル・クララージ:生物学の電気的形成生物学における未解決の問題に、生物の形はどのようにして作られるのか? というのがあります。例えば、あるカエルの種がどのようにして他の種とは違う形になるのか。その足やつま先や爪は、どうしていつも他の形で

  • 私たちはDNAについて間違って教えられてきた?-1

    ■ものセラ|”常識”に従い続けますか?リンク 私たちはDNAについて間違って教えられてきた?リンク より引用です。~引用開始~●生物学の未解決問題「生物の形はどのようにして作られるのか」これまで生物の体ってDNAが決めているんでしょうくらいにしか思っていません

ブログリーダー」を活用して、生物さんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
生物さんさん
ブログタイトル
生物学を切開する
フォロー
生物学を切開する

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用