chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
Jam
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2012/08/04

1件〜100件

  • ルピナス

    ...

  • エゾカンゾウ

       花ひとつに   込める念の深さ 君は知るまい   これってものは特にないんだけどね    自分でもよくわからない   ただ自分ていうものを考えすぎるようなときはここにくるんだ   誰も私のことをわかる人はいないし    まちがいなく   花にかける言葉は猫にかける言葉と同じで   ヒトにそんな口調では話さないので 楽...

  • ふらんすぎく

          黙ることは騙すことではないのだと短い自分の影踏みながら                                          山本夏子...

  • speechless

    ...

  • 小雨降る

       前に ここに この花があったから、今年も見に行く   というそれなりに真剣な遊び   花地図はまだ覚えてる    山の上だったり 移動するには遠かったり ずっと歩いたり   それをしている間は夢中なので抱えていたもやもやはどこへやら(消えたわけではないけれど       覚えていなきゃと思っていたこと それもだいぶ大事なことが   だんだん薄れていくのは悲しい   覚えていられないことがかな...

  • 何を口ずさもう

          たぶんまだ なにも成しえていないこの日々を   ただ眺めている かけがえないものとして  ...

  • 窓の向こう

       ランプのある部屋から見えるのは   部屋の持ち主は知らぬ、一枚に見えて幾重にも重なっている風景   記憶の束を ごっそりと手にして眺めながら   コーヒー飲みましょうか      旧白滝駅跡にほど近いところに カフェとお宿のお店「森の暮らし」さんが 今月オープンしました   いくつかの窓は線路を向いているので 時折通る列車をお店の中から見られます   駅の在った場所を眺めながら 新しい、おし...

  • お山の雪は

       あの雪がみんなとけるのはいつなのかな   おさない息子と予想したこともあったっけな      まだまだとけないよ、でももう初夏   そろそろ扇風機の出番だね...

  • 久しぶりに

       ちゃんとてっちゃんしてみた   難しいなあ 写真って...

  • 白い花

       ハルゼミの声 白い花    今日を生きて   気づけることのなんぞ少なきシャク セリ科...

  • 私の日常

       庭の草むしりして 苗を手入れして   そうしたら踏切の音が聞こえてきて 畑の向こうの隙間にヨンマルが見える それが合図   ちょうど12時 お昼にすっぺ   それからパートにいく準備         のどかにみえるでしょ   実際はそうでもないのよ いろいろあるの ここでいま草むしりするまでの間に    まあどうでもいいのだけどね といえるようになったのは最近のこと   遠くから来た友人に草...

  • 続 塩狩で 

       作業されている方々が   言葉を交わすのは二言三言   静かになるべきことをなす   小気味よく 真横をシャーーーーーーーと通る   そしてバックでシャーーーーーと戻っていく      すべては   お客様の安全のため    安全にヒトを輸送するため   誰かの日常をささえるため   よいものをみた   感謝...

  • 塩狩で

       生き物の命ふるえる塩狩   塩狩峠記念館は今日はお休み   聴こえてくる音に耳傾けるように佇む      この殻から抜けたエゾハルゼミは 何処で鳴いてるのやら   また何か音が聞こえてきたぞ   ...

  • ヘラオオバコ

       ヘラオオバコってかわった花   花火みたいだね と言ったら え?そう?と 子どものころ変な顔されたのでもうあまり言わない   そういうことはよくあった、私はこんな風に思うんだけどと言ったらあいつ変なのーと返されること         どう思っても自由だし   どう思われてもそんなのどうでもいいよねえ ヘラオオバコにしてみたら   どうあっても 素敵でしょ?   気の持ちよう   余計なことも...

  • 霞む青

    ...

  • tes-oma-nay

       ...

  • めんこいからよし

       サロベツ原野で見たミツバオウレン      宗谷まで何しに行ったかといえばこれを見に   めんこいめんこい   旅の目的なんて花ひとつあればいい   サロベツ原野からまあまあ近めのところで見た、 花たびそうや号   思わず なんてかわいいんだ と 声が出た、少し甲高めに   実際のところ花の季節には少し早い 周りはグリーン   でも列車がかわいいからよし   かわいいは強い かわいいからまた...

  • めんこい列車がきた

    ...

  • 本心はふとしたところに現れる

       気をつけていってらっしゃい 行きよりも明るい帰路になりますように                                                   枡野浩一...

  • 緑の向こう

       日常の向こうにある非日常は   日常の過ごすための糧でなくちゃいけないんだよ...

  • ri-sir

       手を合わせたくなるというのはこういうこと      自分にないものへの憧れ、出会えた感謝以上に   自分を見透かされている怖さから逃れたいと思う突発的な行動   自分はこの小さいものよりも小さく   自分の髪の毛一本さえも自由にできないと思い知らされる、   叩きのめされる心地よさ   こうでなくっちゃね 旅は      宗谷本線勇知駅付近...

  •    これも日常   追いかけることも 急くことも 天気を恨むこともない、   いちにちのなかで出会う光景   それがいとおしいと思う  ...

  • 曇り

       ニンゲンは返らない時間を懐かしむ様に出来ている   とか   会話より書物の多いこの部屋に住み慣れ過ぎて星を見に行く                                          前田康子...

  • 漂々

       その星でさすらうのなら   その場所のその空気 深く吸い込み感じて かがやいていろ    漂々                                        下田逸郎「漂々」                            ...

  • もうすぐ雨が降る

       好きだった雨、雨だったあのころの日々、あのころの日々だった雨                                               枡野浩一...

  • あわただしくとも

       廃車回送のあとは 転属回送   あいかわらずこの沿線に来る人も多く ほんとになんだかあわただしい   次の日はその転属されたツートンがはやこっちに来た   懐かしい色にあらたに戻すということがこんなに話題に上がり人気がある   このことを どう思うか      言いたいことはいろいろある   言われてもいるだろうし   思ったことをすぐ言えるような場もできてる   でもそれがいいとはどんどん...

  • あわただしいね

       知り合いから流れてきたジョーホーで   とりあえず駅に行ってみたらヨンマル5両   釧路で廃車にされるヨンマルの回送でした   明るい空に明るいヨンマル映えますね 廃車なんてもったいない でもしかたない      たくさんの追っかけさんたちが沿線に来ていました   知り合いのカメラマンさんも 駅に飛び込むように来て カシャカシャして   よっ!!と手を挙げて挨拶してまた飛んでった 元気だなあ...

  • なんにもない なんにもない

       優しくなろうと思うときほど寂しいのだ   という言葉を久しぶりに目にしたら   うんそうかもな と今になってうなづく   それが誰のためになったろう      やさしさにこだわっているうちは 優しくなんかないんだ   いちいちぐさぐさくる   優しさなんぞにこだわっているうちは まったくもっておこちゃまで   そういうのは持ち合わせていないと思うときのほうが意外と心穏やかだ      ただた...

  • 白樺の季節

       幹の白が映え   葉はみどり   黄色い花粉とぶとぶ (目がかゆかゆ)   白樺とキハ40のこの色は よく似合うと思うんだ   雪が解けて土埃舞って すこし自分の呼吸を意識してゆっくりめにする    おだやかな春を自分で作らねば...

  • すこし 雨

       小雨降り   エゾノコリンゴ咲く   何の鳥かわからないけど頭上でピヤピヤいう   春の駆け足も少し落ち着いたかな   あまり早いとすぐ夏になってこまるので   だんだん晴れてきたみたい...

  • rera

       胸の底にある澱みと不安を風がさらう      どうぜなら少し残していかないでぜんぶさらっていってくれたらいいものを   (まあ贅沢は言わぬ)   一緒に歌おう、   「友よこたえは風の中にある」  ...

  • kikin-ni

       これさえあれば生きていけるというものがある   ということは幸せ   エゾノウワミズザクラ   ...

  • 固きわが基

       私はここでふつうに生活している   なにも特別なことはないのだ   たとえあなたか何かを仕掛けようと   これは私のもとい   ...

  • 我が衣手に

       なんだかんだ    さくらはうれしい   眼下のきしゃを待っているうちに 我が衣手に花は降りけり...

  • 昼下がり

       50過ぎてから   自分にとって苦手なことには気軽に立ち向かわないようにした   昔はこれじゃいけないとか思ってずいぶん抗ったし向かい風浴びまくってそれでよしとしてた   それは たぶん ひとりがこわかったからだろう    だから風浴びまくってもびくともしないふうな仮面をかぶったんだ   ああそんな頃もあった    なんてね そんな風でいいわ いまは...

  • そんなにコーヒーは飲まない

       香りは好きなんだけどもねコーヒー   一日二杯飲むとおなか壊すんだ私   だからいつもはお茶      家で淹れたお茶もって ひとりにるために出かけよう   いつもの場所であってもお出かけはお出かけ...

  • あれから

            あれから10年以上経ってまた   桜の季節に旅立った人を思う      みんな大きくなりましたよ   ここから出てそれぞれにうまいこと生きて行ってくれるはず      今年夏まつりがあるなら きっとみんな帰ってくるよね   それまで私もちゃんと生きていよう      ...

  • よい日

       雨宮21号のシーズン始まりました      今年は天候も穏やかでありますように   あいかわらずかっこいい   撮れること 乗れること ここにいられることに   感謝しながら 自分の気持ちに無理がないように   今年も通おうと思います...

  • コミヤマカタバミ

    ...

  • さくら前線

       すぐ目の前をさくら前線というものが通った   この写真撮った次の日に咲いてるらしい   今日はもう満開だろう今日(5月7日)夜、雨宮号の夜桜撮影会がありますよ私は元気が残ってたら行きますがたぶん無理 ご都合ある方はぜひ...

  • 思いのままに

       無理なんかしなくていいさ、あんたの思うままに   と    ここの空気が言うことしも雨宮21号の運行が始まりました我が町の小さくて強い機関車ことしは少し多めに通えるかな?無事に運行されることにご尽力された、 スタッフの皆様に感謝です...

  • ため息も呼吸のうち

       シンプルでいい   何も思い浮かばなくってため息しかでてこなくても     まあいいさ   まあいいさ      そう思って通る道      横に線路が通ってる      ...

  • あいのことば

       行きたい場所   見たい花   会いたい人   自由に生きようとするといろんなものを捨てて    それをまた惜しんで ひがんで また拾い 不自由だと嘆く        悔しいなあ   悔しいけど たった一つだけ譲れないものを残しておけばまあなんとかなるだろう...

  • 笑う

       笑う   春は笑う   花も笑う   鳥居も笑う   あなたが幸せなら私は笑う   笑いを 浄化にして(増毛町 増毛厳島神社   スマホ撮影)...

  • no problem

    ...

  • good day

       Just a perfect day     You made me forget myself   I thought I was someone else    Someone good...

  • 雨降り花

       アズマイチゲ    摘むと雨が降るといわれているそうで 雨降り花とも呼ばれるのだとか   ウトロに住んでいた頃   ダンナの知り合いの知床博物館のひとに、   いま住んでいる地についていろいろ知りたいと聞いてみたところたくさん勧められた本のひとつ   「知床半島西岸の地名と伝説」 、博物館発行の冊子にはアイヌ語地名がたくさん書いてある   カシュニの滝はもともとはチャラッセイ(charasse-i)  ...

  • 雨宿り

    4月の知床の海はただ氷がないだけの冬 怖かろう 冷たかろう悲しみと怒りとが混在する  海域の地質や潮流、天候予測の認識もさることながらなぜそこが秘境と呼ばれているか、レプンカムイキムンカムイの生きる海であることを忘れてはいなかったかヒトの欲や都合に自然は付き合わないことは誰も知ってる地に 人を連れていくということの責任を軽んじ知床を金もうけのアイテムとしてしか見ず舐めてかかったことが根源にあるよう...

  • この空

    ...

  • 春夏秋冬

       決ジテ瞋(いか)ラズ   イツモシヅカニ ワラッテヰル   ヨクミキキシワカリ   ソシテワスレズ   でもいくつかは忘れたくもなる      それぐらいはここなら許されるかな   これからはじまるムラの四季...

  • ご近所サーガ 3

       雪解けのころにだけあちこちにできる、さまよえる沼       沼をじっと見てても カエルもトンボも来ないのだけど   背後から視線感じて振り返ったら キツネ   ニンゲンて変だよね...

  • ご近所サーガ 2

       90年かわらずひびく列車のレールをたたく音...

  • ご近所サーガ

       学校では    入学式も終わって さて次の行事、その次の行事 そのまえに今日のこと、   あれもこれもあるけど あれもこれもしない時間もある   こどももおとなもいろいろ考えてるしため息もつきながら、   楽しもうという努力と 工夫と 妥協をしていくんだ   それがずーっと 何代もつづいている   まだコロナ禍はつづく  どうか学びも遊びも思うようにできる時が早く来ますように...

  • 湧別川

       とりさんがチュンチュク鳴いてる川辺   ようやくゴジュウカラ以外の3種の鳥を覚えた我、鳴き声では何もわからないけれど   目を凝らして鳥を見る   とりのなきごえ、植物の芽吹き、雪解の川の勢い   春ねえ わくわく...

  • 三本線

       あの三本線がみんなすっかり解けたら真夏...

  • 空に溶けるもの

       言葉が湧いてくるときはどんなときか   見えないものになにがあるかを探し 見えているものにはそれの奥底にあるものを探し   ときに   見えないことに憤り 見えていることに怯え   そんな時の感情を表すのはどういう言葉があるんだろう  と   よく考える(変   湧いてくる、また 灯るコトバを丁寧に採り 丁寧に抱えても   そんなことに意味なんかない どうせ誰も聴こうとはしないし まあ自分で...

  • ふきのとう

       春の楽しみ   天ぷら、ふきのとうみそ、オリーブオイル漬け   なによりも雪の下から見える淡緑   いまやあたり前の日々とはなにかと問う世に   またそれに会えたという、安心、よろこび...

  • この空の下

       この空の下に集うのはみな無心であれ  ...

  • 定点観察

          沈黙を覚えよ   もうすぐ土が息吹き返す...

  • ワイルドサイドを行け

       この写真一つにも   探ろうと思えばいろんな念がそこここにあるカムカムエブリバデイ見てましたが最後大団円でよかったですねー皆それぞれに100年の物語がありそれが遺伝子レベルで身に染みているんですよね「それぞれのあるがまま」の生き方ってあるから、容易に他人に一歩踏み出せとは言われたくないし言いたくもないんですが あえていうなら生きたいように生きていこうよね それぞれの思うやり方でね、悔いなきよ...

  • 逆光

       あの22の40の車内に、流氷物語で一緒にボランティアでおもてなしをした農大の学生さん(テツ)が乗ってました   お互い気が付いて笑顔で手を振りふり    Charの逆光線の歌詞   「振りむくなそのまま行けよ 手を振るな走って行けよ その方がいいその方がいい」 も   あれは恋愛の唄だからそれはそれで素敵でいいけど   同じ思いでお手伝いをした友、仲間を 手を振ってにこにこ見送るのもまたよき   よ...

  • 22の40

       いわゆる国鉄色に塗り替えられていたキハ40   釧路からこっちに来たとは聞いていたけど   いざ目にすると、なんとなく やっぱりね、   言葉を失ってしまうよね   これは 自分の記憶の中にある鉄道そのものの色だから      大事にしていることを簡単に廃棄されてしまう   ってことを なんどもなんども経験した    これからだってそうだ   なんども踏みにじられて    時間を経ててまたそれ...

  • 雪解川

       ちからある流れに汽車の音も解けそれにしても曇ったら紫水が真っ黒よ・・...

  • 余裕なんて全然ないが

       サバンナの   象のうんこよ    聞いてくれ   だるいせつない   こわいさみしい                             穂村弘 ...

  • まだ余裕はないが

       順番通りだとしたら   いまは二番目三番目当たりのところにいるのかもしれないなと思う      前はできていた、ゆっくり物を見るゆっくりものを考えることの裏には    できなかったこと、しなかったことが控えていて いつもそうありたい自分になれないことに苛まれてきて   じゃあ なりたかった自分になるべく、仕事をこなしていたらゆっくりの時間がなくて苦しくなる   なんて勝手で情けない と思って...

  • 春の色

    ...

  • push it out

       意味があるようにとらえるもそうでないのも 自由 ...

  • 今日も行こう

       融雪剤にせかされるのは春だけじゃない   やらなきゃいけないことはたくさん   横に置いておいたことも いつまでもそのままにしていけるわけじゃないからね      行きたいと思うところに行こう   会いたいと思う人に会いに行こう   やりたいと思うことに手を付けよう   ごはんをつくり ごはんをたべ ひとをおくり からだをやすめ あたまをやすめつ    いのちあるうちに     それが次年度...

  • 寒の戻り 3

       あしたもきのうも 遠く離れ   こういう時をスナフキンは帽子の下に溜め   お日様が見えたときにそれが歌になる一瞬を待つんだ   きみは今どこにいるんだい?...

  • 寒の戻り 2

    ...

  • 寒の戻り

       3月なので 職場やまわりは桜をピンクの画用紙で切り取り 飾り 春の装いもし   でも ムラの3月なので花は咲かない 雪は降る 朝は凍れる   今月上旬に高校卒業した子らはみなムラを出る 進学する子、就職する子    息子含め高校入学から親元を離れた子たちが半分、ムラから高校に通ってた子が半分   この春休み ほうぼうに行ってたみんなが久しぶりにムラに勢ぞろいして、会えた、楽しかった    と...

  • 春は

       晴れてるんだけど 霞むのはこの時期あるある    解けた雪が空気中に立ち上り   春は濁るんだ      不安も抱え   ついていけない流れにももがき   でも春だからと思い直し   今日も行こう...

  • ru-pes-pet

       道をたどる川も春のスピードに乗る   ヒトはまだ少し覚悟不備だけれど   大丈夫  急ぐこたあない   ...

  • 定点観察

       融雪剤で 目がかゆくなる体質な私は   この時期出不精になりますので   家の窓から見える景色で春を知るのです...

  • 出かけよう

       家から車で4分のところまで   それでも精いっぱいのお出かけ     それでも出かけないよりはましだってときもある   ときには日常の上や下を行くんだ    楽しいじゃないか...

  • 春をたぐり寄せる 続

         なまぬるい風が定時に通り抜ける...

  • 手提げ袋

       車掌さんのスヌーピーの手提げ袋 お弁当でも入ってんのかな...

  • let it go

       このまま   なにもかわらない   きみがいなくても...

  • 春をたぐり寄せる

       今何時だとおもってると無理矢理に布団引っぺがす、母に似た3月末に踏切の風景...

  • 春よ

       いつもこの日に書く手紙 いつも出すか出すまいか迷っていて   そちらから先に頼りが来て 焦る 今回もそうなりそうです   穏やかにお過ごしですか   私は あいかわらずです   泣いてる日もあります 笑う日もあります      亡くなられた方々のご冥福をお祈りします   いまだ行方の分からない方々のことを心に留め   生きてこられた方々の平安を願い   その慟哭と痛みを我がものと思い   真...

  • 冬のよさ

       冬のよいところは   たぶん この寒さの中で時々    「血の巡りを感じただ生きているということに心が満たされることがある」 と 本で読んだのを   本気で知ることができるから    だと思う   雪まだ深し でも確実に春が居る...

  • 雪解川

       君知るや   雪解の川の水の音と 我がこころねに降るるあめゆき...

  • 吹雪のあした

       何を言っても あなたには響かない私の言葉は   からからまわってこっちに戻ってくる   戻ってきた言葉には   だから言っただろう口をつぐめと上書きされていた...

  • まだぜんぜん寒い

       うがー   と いいそうな感じ   立春も桃の節句も終わりましたけど ちょっと晴れたりすると霧氷も雪も息もひりりと固く白い朝   日中はすっかり解けるんですけどね 朝は寒いし雪かきもする   でも雪は重いし木の色は濃い   少し塵を含んだ空気は春なのだ   季節は真面目にやってくる...

  • 車窓

       貴様をやんわりと躓かせよう と言の葉のつぶてを放つ、そのお前は   薄氷の上にいることに気づいているのかいないのか         もうすぐ春   やんわり躓いて擦り傷ぐらいなら舐めとけばいいから    また違う季節へ旅に出よう...

  • お気に入り

       流氷物語号に乗っていて   一番のお気に入りはこの窓から見る流氷     行きたいと思う場所に行けたこと   会いたいと思う人に会えたこと   いいことばかりじゃなく もやもやばかりがまさっても からだボロボロガッタガタでも どこかの誰かに舌打ちされても   やりたいと思うことをなんとしてもしようと決めて それができていたのだから よし   これからもそうしよう    今年もこの窓から流氷が...

  • 宇宙も人も

       三月になり   カレンダーをびりびり剥がしたその裏に書いてあった歌を何度も何度も読んでみる          生かされて仲間を活かして輝くは宇宙も人も変わらざりけり                                           田中章義遠軽駅...

  • blue,yellow

    理不尽に平穏を壊すもの理不尽に命を奪うものに対し怒りがこみ上げるI'm angryこの気持ちは消えない...

  • ...

  • 流氷物語2022

       ひと月走った流氷物語号もこの土日で今季運行が終了します   日曜午後から金曜まで この暴風雪で北海道の鉄道はまたも大ダメージを食らいました   釧網本線も大雪に見舞われ線路が復活するまでかなりの時間がかかりました   作業されている方々に頭が下がります   ほんとうにありがとうございました   コロナ禍にあって   昨年一昨年同様に お客様の数は多いとは言えませんが   それでも来てくださっ...

  • 駅で

       いろいろなんやかんや押し寄せたり後ろに控えているけれども   今目の前にあることをしよう できるだけていねいに   誰かの日常をささえるということはしんどいんです    自分の時間を楽しんで自分を保ち   なにより こころからだ元気にしていること   また笑顔で逢いましょう お互いに   ご苦労様...

  • これも窓

       わけもわからず(いやわかってるんだけど)精神状態がやばいときとか   家にこもるのもつらいけど体力がないときとかは窓から向こうを見る   そうするしかないんだけども 外に目をやるということの行為が大事   なんてことない風景なんだけども(そんなことはないかもだけれど   私より存在理由ありそうな窓の外なる冬の青影   なんてね   かもしれない   そんな気がして   とかのお茶を濁すことば...

  • 大福

       うちの窓の外のヤチダモのダモさんに   この冬よく来るゴジュウカラ   よく来るのでエサ台を設置、そしたらさらに毎日いちにちじゅう来るようになった、   まるまるとしたゴジュウカラ   あんまり丸いから「大福」と命名   最近 エサを足す時にも逃げなくなって 上から見下ろしている   ここ何日かはもう一羽連れてきて ずっとエサ台のとこにいてとにかく食べてる つがいらしい   コガラもエサ台に...

  •    ここがどこなのかどうでもいいこと...

  • After

       過去は過去のもの   車で15分いったコンビニまでの買い物の寄り道にもちゃんと過去としての足跡はつく       ...

  • kan-to

       曖昧なものにカタチやイミをつけようとするのが鉄道のある風景なのかもしれぬ    なんてね    もうそこまで青い闇が来ているのに風景を太く橋が横切る                                               中津昌子...

  • apu

       車内から見る流氷も   場所によって違う 日によっても違う 一日の中でも違う   そんな豊かな変化はおのずと自分を豊かにする 外から見る自分 内にある自分 小さな自分と大きな季節    と  久しぶりに話をした友達の顔を見て思った   彼女は たぶんこの風景を見ても きっとなんも見えてない    口から出てくるのは不平不満の言葉に形を変えた、自分の病だということには すこし気づいてるのかな ...

  • 雪煙

    ...

  • winter

       吾に賜ふ冬青空のあり愛し           柿本多映...

  • never

    (湧別町三里浜)...

ブログリーダー」を活用して、Jamさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Jamさん
ブログタイトル
MintJam 徒然草
フォロー
MintJam 徒然草

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用