chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
エンムブック2 https://ameblo.jp/ennmubook2/

晃と旬を軸にしたいエンムブックとは別口のスピンオフドラマ

「愛なんかない」の続編「愛してる」始めます。 よろしく〜。

えんむ
フォロー
住所
中央区
出身
東京都
ブログ村参加

2012/06/20

1件〜100件

  • 晃と龍2-298

     あんな大胆な 行動をしていたら きっと学校の 生徒にばれて 非難されて しまうのを純粋に 心配している。 早めに先生に 注意して 二人を引き離すのが 晃と先…

  • 晃と龍2-297 社会の道理

     ドアの前には晃が 可愛い顔で にこにこしている。「よかった。 家にいないかと思った。」 余りに晃の笑顔が 素敵すぎて、 先生はドアを 開けたのを後悔した。 …

  • 晃と龍2-296 晃は小悪魔

     そう思うと 晃の成績は 今はどうなって いるのか 気になって 雄一郎の胸がざわつく。 隣に座って 勉強していた 晃の顔が脳裏に 過って眠れなくなる。 机に引…

  • 晃と龍2-295 なんでみんなドラマみたいにふるまうの?

     夏に両親と 遊びに行って 海から家に 帰る途中で 両親が消えた 記憶と重なって 晃の胸は穴が 開いている。 心の穴は 開きっぱなしで 秋から冬に なってしま…

  • 晃と龍2-294 雄一郎さん会いたいよ

     声が似てると 思って 白い布団の 隙間からこっそり 保健室に入って きた少年の姿を 見てみた。 やっぱり 恋している桐生晃。 バレないように 布団で頭をかく…

  • 晃と龍2-293 しあわせな夢

     保健医も晃に 別れを告げてから 後悔していた。 凄く恋しくて、 寂しくて。  晃は先生の耳元で 囁いた。「また家に行っても いい?」 晃が他の女の家に 行く…

  • 晃と龍2-292 笑顔

     0点ばかり だったころから 比べると 凄い成長だ。 それは雄一郎の 信頼を 取り戻すための 晃の毎日の 頑張りだが 保健の先生が 勉強する部屋を 貸してくれ…

  • 晃と龍2-291 俺は晃を守ってるんだ

     龍はその視線に 驚き、 やべえと 目を泳がせると 友人はにやつき ながら近寄って きて言った。「あいつ雑誌の記者で 晃と奈々の事 嗅ぎまわってるだろ? この…

  • 晃と龍2-290 あと5万

     罪悪感もあって 龍は録音機器に 向かって話した。「晃は 子供の頃から 俺を助けてくれた。 本当に優しいんだ。 あいつはモテすぎて 女の方が あいつに近寄って…

  • 晃と龍2-289 暴露しすぎ

    「マヨクラで 晃を狙ってるのが もう一人いるよ。 リーダーの沙也加は うちの施設に 勝手に来て 晃を連れてくんだ。 この間晃の前で ケツフリダンスで 晃を誘惑…

  • 晃と龍2-288 積年の恨み

     見栄を張って 恥をかいた龍は 懲りずに大人ぶって 礼金の額を 多くほしいと 要求した。「俺は施設を卒園する 資金が必要なんだ。 晃と奈々の事は 深いことも …

  • 晃と龍2-287 愛や恋がみんなを変えちゃう

     メモを読んで ちゃんと 別れたなら 学校への密告は やめてやってもいいと キープ女は思った。 突如泣かれて 別れを告げられて 悩みながら晃は 道々ずっと 頭…

  • 晃と龍2-286 何が何だか??

    「うそおおおおお、 なんで? よくわからないよ。 なんで沙也加 だけじゃなく 先生も変な事 言うの?」 わざわざ こんなことを 一から説明 しなくても 他の子…

  • 晃と龍2-285 無邪気過ぎて耐えられない

     晃は本当に 無神経な子だ。 別れ話を言うはずが 軽いノリで 先に言われた先生は ショック過ぎて 涙を溢れさせた。 晃は突然先生が 泣き出して びっくりして …

  • 晃と龍2-284 質問=沙也加とやりたいなら別れるべき?

    「あのさあ、 マヨクラの沙也加が また来てさ、 すっげえ スケベなダンスで 俺を誘惑したんだ。 俺エッチしたいから 家を教えてって 言ったらあいつ 他の女と …

  • 晃と龍2-283 深く深く

     たくさん 付き合った お姉さんたちの 中には いやらしい笑みを 浮かべて 先に口で 楽しんでからの タイプがいる。 そういうタイプは エロが大好きで 激しい…

  • 晃と龍2-282 気持ちとからだのギャップ

     沙也加が彼女なら 自慢して気分が よさそうだけど、 他のお姉さんと 遊んじゃダメなのが 罰ゲームだ。 相手が加奈子の時は 他のお姉さんと 会いたい気持ちが …

  • 晃と龍2-281 アイドルが俺の恋人ってカッコイイ?

     きっと あの女の人は 脅しだけでなく 本当に学校に 通告する。 もしも全てが 公になって しまえば晃の 暮らす養護施設に 通報され、 そこから 警察沙汰に …

  • 晃と龍2-280 相談できない相手

     丁寧な綺麗な文字。 メモのほとんどが 余白なくらい 小さな文字。 きっと 神経質な性格 なのだろうと 考えた。 それから この文字の 小ささなら 立ち止まっ…

  • 晃と龍2-279 脅迫メモ

     今の晃はまだ 恋が分からない。 特別好きな人と 普通に好きな人が いるだけ。 沙也加は自分の 恋心を口にして マスクの下で 真っ赤になって いるが晃は 腕を…

  • 晃と龍2-278 そもそも論恋ってどんな感じ?

     沙也加は拳を 晃の顔ではなく 無防備になっている 腹にどすっと えぐった。「マジかああ。」 苦しそうに 晃は腹を抑えて 膝を折った。「わたしと付き合うなら …

  • 晃と龍2-277 疲れたわ

    「何言ってるのよ! このわたしじゃなく その辺の女を選ぶの?! わたしを誰だと 思ってるのよ! このクソガキいいいいいい!!」 沙也加と晃は 右左、右左と ま…

  • 晃と龍2-276 招来は好みの女を侍らす予定!

     晃も結婚したら 複数彼女が ダメなのは 愛し合っていた 父母を見ていて 一応分かっている。 でも それまでは 自分が付き合って いる彼女たちも 別の恋人が …

  • 晃と龍2-275 キミが好き!他の女と別れて!!

     晃の素直な心の 訴え?で 沙也加の怒りが急上昇した。 なんですと?? このわたしと エッチしたいと ほざきながら まだ他の女とも 付き合う気か??「わたしを…

  • 晃と龍2-274 ゲスのきわみ叫ぶ

     好きすぎる晃に 抱きしめられ 唇を奪われ 脳髄まで 吸い上げられる かのような刺激で 沙也加は意識が 真っ白になる。 頬は熱く、 汗が晃に絡みつき、 沙也加…

  • 晃と龍2-273 ああああムラムラするうううう!!←心の叫び

     晃は右左に 揺れるスカートを 見てその中身を 考え、 ムラムラが どーしようもなく なって今すぐ 押し倒したくなってきた。 22歳以下 お断りの晃だが 沙也…

  • 晃と龍2-272 最強誘惑のケツフリダンス

     前回 傷つけられた プライドは スーパーアイドル としてメディアで 称賛される自分に 酔って 再び蘇り、 自信に満ちて 沙也加は晃を 仕留めにやってきた。 …

  • 晃と龍2-271 優越感でコーフン

     ただどうやら この新曲も ダンスも衣装も 全部初公開で 晃だけの為の 初披露だと思うと ドーム公演の時に 感じた優越感で じわじわ気分が 上がってきた。 歌…

  • 晃と龍2-270 キミのために

    「それ新曲の衣装? 良く似合ってるよ。」 褒められて 沙也加の表情は 輝く。「そうよ。 一般人への公開は キミが初めてよ。」 と言いつつ 沙也加はちょっと 晃…

  • 晃と龍2-269 変質者スタイルからの~

     ターゲットの 沙也加の顔は 出来るだけ 正面ではっきり 写るようにし、 逆に一般の少年は 顔が見えない 背中側の位置が ベストだ。 二人の動きに 合わせて …

  • 晃と龍2-268 アイドルと不良少年

     近所の子供たちは 家に帰って 夕食の時間。 施設の近所の 公園はそんなに 大きくないが 周囲を大きな 木で囲われて 車道や歩道から 見えにくく、 内側からは…

  • 晃と龍2-267 無かったことに

     でもゲーセンに 行っても お金のない晃と龍は たいてい友達に おごってもらって 遊ぶか、 友達も金がないと 遊んでる傍で しゃべってるだけ だったりだ。 そ…

  • 晃と龍2-266 内部リークの真偽

     娘が晃が好きで しょうがないのを 知っているのに こっそり 手を出すとは!! そんな感じで 奈々は母親に 腹が立った。 晃にとっては あいさつ程度の 軽いも…

  • 晃と龍2-265 大人の男が怒ると怖い

     しかも学校では アイドル奈々と 公然と 付き合っている。 まあ学校の 子供たちは 奈々が昔から 晃にくっついて いてもどーせ 晃の対象外なので だーれも奈々…

  • 晃と龍2-264 こいつうぅ~~~~

     晃にくっついては 晃に何千回か 何万回か目の 愛の告白を 繰り返す。「晃好き。大好き。 好きすきすきすき。」 今日もうざいなーと 思いながら晃は トモダチを…

  • 晃と龍2-263 キスもお預け

    「わたし桐生晃君の 彼女の一人です。 順番に回る 彼女が30人いるって 付き合う時に 聞いたでしょう? あの子ルールを 破ったのよ。 それ、 先生のせいみたい…

  • 晃と龍2-262 笑顔の裏側

    「おはようございます。 最近引越しして 来たんですけど、 今日は燃えない ゴミですか?」 この地域は ゴミ捨ての日 わかりやすく 説明した掲示板が 立っている…

  • 晃と龍2-261 待っても来ない少年

     仕事をしながら 二人が抱き合って いる姿が一日 頭にこびりついてしまった。 それにその日は 考えたくなくても 手紙が気になって 小さなミスを 繰り替えした。…

  • 晃と龍2-260 気持ちで負けてる

     雄一郎は晃を 最高にイイ男に 育ててやろうと 育てゲーを 楽しんでいたが、 自分にとって 一番のライバルに なるとは考えなかった。 3年間で 築き上げた 加…

  • 晃と龍2-259 手紙はゴミ箱へ

     社員たちの目を 気にしない雄一郎は 社員たちに 苛立ちを 見せたりはせず、 黙々と仕事を こなした。 ただ晃が傍にいた ときの雄一郎は 気兼ねなく社員も 話…

  • 晃と龍2-258 美少年と美青年の両方って

     加奈子の友人 だけでなく雄一郎の 女性社員たちも 内心ざわざわ 落ち着かない。 晃の周囲に集まる 獰猛な 肉食女子たちよりは 理性的な 女子社員たちは、 そ…

  • 晃と龍2-257 雄一郎を愛す女たち

     先延ばしを し続けている その間加奈子からの 連絡はない。 離婚の話は どうするのかとも 何も言ってこない 加奈子。 結婚してから 喧嘩したら毎回 雄一郎が…

  • 晃と龍2-256 雄一郎へのラブレター

     奈々たちの計画で 沙也加の話を リークした雑誌の 記者が内部 リークしたメンバーを 調べるのと メンバー内の スキャンダルを 狙って隠し撮り し始めていた。…

  • 晃と龍2-255 狙う先は

     マヨクラ歴代リーダーは 卒業した後も チームに強い影響力を 発揮できる。 沙也加は今後も 奈々を推薦させないと 決めて、 候補にも なれない奈々が リーダー…

  • 晃と龍2-254 ガシガシ、ねじねじ

     だから何よ、 この私を一般女子と 一緒にしないで という気持ちを 含んだ沙也加の 冷ややかな声と 眼差しに奈々は 20秒悩んで 答えた。「…つまりですね… …

  • 晃と龍2-253 怒りを鎮めたまえ~

     リーダーの怒りを 鎮めたい奈々は 沙也加の後ろに 付いていき、 沙也加と ちらっとでも 目が合うと奈々は 両手を頭の上で 組んでその場で ターンしたり、 別…

  • 晃と龍2-252 怒り心頭

    「これから行っても 時間がないから 帰るよー。 今度遊びに 行ってもいい?」 晃はこの場を 和ますために 行く気はないが 嘘を言い キープ女の部屋を 改めて聞…

  • 晃と龍2-251 見栄くらい張りたい女心

     晃が勉強して エッチとおやつの 全部を頂いて 夕方には先生の家を 出た。 やっと出てきた 晃の姿と 晃を見送る保健医が 部屋の外に出てきた。 別の場所に隠れ…

  • 晃と龍2-250 小悪魔美少年

     アパートを出ると 外に回り 部屋番号から 窓を探した。 窓はレースの カーテンで 閉められていて 中は見えない。 そのせいで キープ女の妄想は 膨れて晃が …

  • 晃と龍2-249 別れさせたい

     キープ女はみんなの アイドル晃を 独り占めしている 恋敵の職場を 知りたかった。 会社を調べて 密告してやりたいのだ。 会社に知られれば きっと別れると 思…

  • 晃と龍2-248 ダメをこじらす女たち

     こうして 一緒にいる秘密の 時間を費やして 自分が二人に 代わりたいと 先生は願った。 勉強が終わって 最後に晃は先生と 行為をする。 これがなければ ちょ…

  • 晃と龍2-247 雄一郎さんを忘れさせたい

     ベッドの前の 小さな隙間に 晃は座って、 先生も横に座って、 先生の長い髪が 晃の肩に触れ、 お互いの熱と 息を感じあえる。 寂しがり屋な晃にとって 雄一郎…

  • 晃と龍2-246 キープ女の恨み

     でもこの女は違う。 普通の女たちが 常識から 外れた行為に 最初から罪悪感を 抱いていて、 来ない晃を 待っている 間に理性が戻って 社会的制裁の恐怖から …

  • 晃と龍2-245 内部リーク

     友達のお姉さんは ゴシップ大好き なので作戦に 前向きに 参加してくれてる。 でも沙也加と晃の 写真は何枚も 撮影したのに 正面から取れないし、 並んで歩い…

  • 晃と龍2-244 恋を阻む時間稼ぎ

     少し沙也加の 後ろをついて 歩いたが晃は 施設に帰って テレビが見たいし、 もう沙也加の 訳わからなさに 面倒くさくなって 後ろにそっと 下がると そのまま…

  • 晃と龍2-243 狙いは的中

     晃は沙也加が 実は素直なのかもと 感じ取って、 にこっと 素敵な笑顔を 浮かべた。「沙也加は俺の 生まれ変わりの恋人 って本気で そう思ってるの?」 沙也加…

  • 晃と龍2-242 結構可愛い

     恋しい美少年を 抱きしめた 沙也加の細い腕は 愛の強さを 示すように がっしり巻いている。「くくくく、ううううう。」 晃の胴体を サバ折りしそうな 沙也加に…

  • 晃と龍2-241 恋は興奮のプロレス?

     ドラマや映画の 主役たちは 喧嘩して、 女が去ろうとしたら 待てと言って 男の方が 抱きしめるのが 基本の展開のはず。 そのまま キスしたりも 可なのだ。 …

  • 晃と龍2-240 なんだか予定と違うわ!!!

    「会いたいよ…。」 加奈子に会いたい…。 晃は涙目で 沙也加に抱き着いた。 沙也加は真面目で 恋に奥手なので びっくりして晃を 押した。 顔は真っ赤赤だ。 余…

  • 晃と龍2-239 トキメキが上昇

    「キミには 私がいるから 今日から元気を出して 頑張りなさい。」 隣で俯いていた 晃は顔をあげて 沙也加を見た。 ちょっとその 言葉は 甘えん坊の晃の心に 刺…

  • 晃と龍2-238 好きと言ったら負け

     明日二人で遊ばない? と普通の 少年少女なら 問題ない会話だが、 アイドルルールが 縛る。 恋愛感情がない 友人同士でも 男女が二人だけだと デートに見える…

  • 晃と龍2-237 恋は苦手なデカマスク 

     わざわざやってきて 質問して 気にくわない 答えならまた 殴られるのかなあと 晃は頬を両手で 抑えた。 晃の表情は 沙也加に会えて 大喜び… そんな顔には …

  • 晃と龍2-236 猛者襲来

     これまでも 晃に惚れて施設の 周囲を歩き回る ストーカー女は たくさんいたが、 ただ歩いているだけで 害はなかった。 普通の大人の 女が晃に惚れても 少年相…

  • 晃と龍2-235 新たなる敵?

     予定の日、 沙也加は桐生晃が 自分に会いたがって 寂しそうだと 聞いてからずっと 気分アゲアゲのままで やってきた。「桐生晃。 今から行くわよ。 私が行くわ…

  • 晃と龍2-234 ずっと支えていたらいつかは…

     晃は今は少年だが、 成長していけば いずれ大人になる。 晃は特別 誰かを好きに なった事はなさそうだ。 加奈子という 女性も その夫・雄一郎 という男性と …

  • 晃と龍2-233 二兎を追う者…

     興奮した奈々は 沙也加の肩を 掴んで ぴょんぴょん跳ねて 最初笑顔だった 沙也加もウザイと 苛立ち奈々の肩を 掴んで 止めようとしたが 興奮で跳ね方が マサ…

  • 晃と龍2-232 跳ね跳ね跳ねる

    「でも奈々ちゃん、 人気だけじゃだめよ。 チームのセンターを 務めてこそ マヨクラ卒業後の 芸能界での 立ち位置が 決まるのよ。 マヨクラのセンターは チーム…

  • 晃と龍2-231 罠とご褒美

     勝ち誇った表情の 沙也加に奈々は 不安が増す。 奈々にとって 沙也加が 憧れの存在なだけに 魅力は良く分かっている。 絶対にいずれ晃が 惚れてしまうと 危険…

  • 晃と龍2-230 怪しい動き?

     色々友人たちと おまけに友人の 姉も仲間になって 計画をまとめ いよいよ実行に 移そうと奈々は 低姿勢で近寄った。 笑顔を浮かべ、 足は飛び跳ねる 様にピョ…

  • 晃と龍2-229 恋の戦いが始まる?

     このままちゃんと 勉強をして 成績を上げて、 雄一郎さんに 出会ってよかったねと 施設の先生たちに 言ってもらいたい。 あんなに怒られても 晃は雄一郎が 大…

  • 晃と龍2-228 雄一郎さんを悪く言われたくない

     元は数学の先生は いつも晃を 馬鹿にして こんな奴を好きに なるなと女子生徒に 言っていた。 そんな数学教師さえ 頑張っている 晃を認めて 褒めてくれるよう…

  • 晃と龍2-227 信頼って何?

     授業が始まっても 晃は朝から 授業中に寝ていた。 前のように ただサボってると 言うのではなく、 やる気も 元気もなくて 眠っている鬱状態だ。 顔がいいだけ…

  • 晃と龍2-226 変な光景

     スケベプリンスに いつものように スカートを めくってもらおうと スタンバイの女子は 晃の変異に ざわつく。 晃がスカートを めくらず女子の 前を通り過ぎっ…

  • 晃と龍2-225 自己愛が勝った

     雄一郎は 誰にとっても 自分が一番で ありすぎた。 二人にとっても 自分が一番だと 思っていたら 蚊帳の外だった、 そんな目に合ったのが 許せなかった。 雄…

  • 晃と龍2-224 さようなら

     加奈子の別れの 言葉に雄一郎は かなり動揺 していたが、 それでも 返事をしなかった。「でも晃とは 何もないのよ。 あの子は本当に あなたが好きなだけ。 だ…

  • 晃と龍2-223 告白

     次の日の日曜の朝、 加奈子は荷物を まとめて出て行く 仕度をし終え、 まだリビングで 寝ている雄一郎に 声をかけた。「雄一郎…。 話を聞いて。」 加奈子の顔…

  • 晃と龍2-222 心の中に入り込みたい

     でも本人は 悪気はなさそうで、 こんなに 泣いているので 見捨てられない。 それにその 雄一郎さんという 男性に本当に 憧れていて 大好きなのだと 言う説明…

  • 晃と龍2-221 どうしようもない子

    「でも加奈子は 日本に帰ってきて、 奇跡みたいに 加奈子の旦那さんの 雄一郎さんに 出会ったんだ。 雄一郎さんは 凄くカッコ良くて、 俺一目ぼれした。 先生だ…

  • 晃と龍2-220 雄一郎さんは大切な人

    「もう悪いことが 起きたんだ。 また大切な人を 無くしたんだ。」 無くしたという 涙ながらの 言葉で先生は 死を連想した。「まさか、 誰か亡くなったの?」「違…

  • 晃と龍2-219 胸が痛いんだ

     ドアの向こうに 立っている晃は 泣いていて 顔色が悪く、 苦しそうに 拳を握って 胸を抑えている。 先生はそっと 晃の胸に手をやった。「桐生君、 どうしたの…

  • 晃と龍2-218 私を好きになったの?

     晃と一度 関係して以来、 保健の先生は 休みの前日の 夜から部屋を 片付けて、 晃がもし 突然来ても いいようにしていた。 生徒との関係は 悪いことだから …

  • 晃と龍2-217 雄一郎さん…なんで…

     雄一郎に力づくで 追い出された晃は 本気で怒っていた 雄一郎が怖くなって 再度の説得の為には 戻らずに マンションを出た。 さっき マンションに入る 前は楽…

  • 晃と龍2-216 俺を愛して晃を愛して 

     恋をしている顔。 加奈子も雄一郎を 紹介した 友人たちがみな 雄一郎に恋をしていく とろけるような 表情を見てきた。 そうして雄一郎は 加奈子の友人全部と …

  • 晃と龍2-215 目の前で俺を裏切った!

     雄一郎が怒っている 理由は加奈子 自身が良く 分かっているはずだと 思う雄一郎は 中途半端な 加奈子の言い訳を 許さなかった。「また嘘をつく気か?」 加奈子…

  • 晃と龍2-214 手遅れなくらい愛した

     勝気で負けん気の強い 加奈子の目から いくつも涙が 零れていく。「やりすぎよ… あの子… あんなに泣いて…。」 許してと言う 謝罪もなく まず晃を庇った 加…

  • 晃と龍2-213 嫌悪と憎悪

     加奈子は雄一郎の 腕を引っ張って 晃に乱暴を しないように 止めたかった。 だが初めて見た 本気で怒った 雄一郎の姿に驚き、 その怒りの根底にある 本当の気…

  • 晃と龍2-212 加奈子たすけて

     雄一郎の 吐き捨てるような 言い方で 晃は胸が 潰れそうになった。 3年前のあの時は 加奈子を 取られて寂しかった。 そんなに悪いことを したつもりはなかっ…

  • 晃と龍2-211 受け入れがたい真実

    「俺が誰か分かって、 家に来たがったんだな? 本当は加奈子と 会うのが 目的だったんだな? 財布もわざと 落としたんだろう?」 雄一郎が 言ったことは 全部そ…

  • 晃と龍2-210 お前はあいつだったんだな?

     晃と加奈子が お互いパッと 離れてももう遅い。 その前から 雄一郎はそっと 見ていたし話を 全部聞いていた。 加奈子も雄一郎が これまで見た事も ないほど怒…

  • 晃と龍2-209 見た事がない憎悪のまなざし

    「ごめんね晃…。 3年前にあなたを 置いてきて 悲しませてしまって ずっと悪いと 思ってたのよ。 罪悪感でずっと 後悔していたの。」 3年前さよならを 言いに…

  • 晃と龍2-208 会いたいよ

     加奈子の声は 緊張しているが 小さな画面の中の 晃はピンときて いない感じだ。「??」 でも言われた通り 呆けた顔の晃は 雄一郎の家に 小走りで向かった。 …

  • 晃と龍2-207 気持ちは隠せない

     加奈子は 楽しすぎて 油断してしまった ことを悔いた。 雄一郎の雰囲気が 変わったからだ。 何かと言えば 晃を可愛い可愛いと 口にしていたが その言葉が 出…

  • 晃と龍2-206 暴力のように

     それはそれは、 なんともいえない 目つきの少年の 口元が動いていて、 睨みながら 雄一郎に何かを 言っているように 見えた。 何を言っているのか 予想できな…

  • 晃と龍2-205 もやもやの答え

     園の前の道路に 停車した車を出て 雄一郎が加奈子にも 来ないかという 感じで促したが 加奈子は 3年前にここに 一度来ているので 中には 入りたくなかった。…

  • 晃と龍2-204 愛を感じて

     晃も加奈子が 振り払わないで 手をつないで くれて嬉しかった。 加奈子と出会って 加奈子に 抱きしめられた 時間に戻りたい とは今は思わない。 こうしてただ…

  • 晃と龍2-203 顔を見れない

     それはちょっと 軽く引っ張った 感じだが加奈子は 気が緩んでいる晃を 制するように すぐ体を押して、 魚の針を 取ろうとした。「雄一郎! 魚が可哀想だから …

  • 晃と龍2-202 過去の何か…

      上手になった… 大したことのない 言葉間違いだろう とは思ったが、 晃が何も考えずに うっかり言った 言葉が雄一郎の 頭に違和感を 生んだ。 お弁当を か…

  • 晃と龍2-201 ほころび

     釣り上げた魚は 逃げようと 跳ねまくり晃はまた 雄一郎に甘えた。「魚が針を飲んでるよ! 糸が俺に絡まったー!! 助けて雄一郎さん!」 糸を引き寄せて 魚を持…

  • 晃と龍2-200

     園の子の分だけでなく 自分が食べる気 満々で献立を 考えている雄一郎。「うわーすげえ! 鯉って食べていいの?」 釣り上げた魚が 動き回るのに 晃もはしゃいで…

  • 晃と龍2-199 熊パパのメルヘン

     明るくて爽やかな 雄一郎に似た人を イメージしていたが、 実際は無口で 厳しい父親とは ちょっと晃は 予想していなかった。 晃は一番 幸せだった父 剛健の腕…

ブログリーダー」を活用して、えんむさんをフォローしませんか?

ハンドル名
えんむさん
ブログタイトル
エンムブック2
フォロー
エンムブック2

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用