searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

シロさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
太平洋の真ん中で
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/sirochan2011
ブログ紹介文
2011年にハワイに移住。英語漬けの中で、何事も笑ってしまおうと開き直ってのほほん生きてます。
更新頻度(1年)

204回 / 365日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2012/01/13

参加カテゴリ
※ランキングに参加していません

海外生活ブログ / 海外移住

読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、シロさんの読者になりませんか?

ハンドル名
シロさん
ブログタイトル
太平洋の真ん中で
更新頻度
204回 / 365日(平均3.9回/週)
読者になる
太平洋の真ん中で

シロさんの新着記事

1件〜30件

  • 縫わない手作りマスク

    10日ぶりに外出した。生活に必須でないものを扱う店は、ほとんど閉まっている。ROSS(百貨店などで売り切れなかった品物を格安で売る店)で、夫のランチバッグを買おうと思ったら、閉まっていた。ROSSなんて、生活に必須じゃないか。ROSSが閉まっていて、ドライブスルーのみとはいえスターバックスが開いているのは理解に苦しむ。コーヒーなんぞ家で作ればいいのだ。夫の車のカーインスペクション(日本の車検みたいなもの)が今月だ。アメリカは毎年車検なのだけれど、所要時間は15分ぐらい、費用も、特に何もなければ2000円ほどと格安。いつもの場所に寄ってみて、予約だけでも入れておこうと思って行くとメカニックの人たちが暇そうに駐車場でぶらぶらしていた。これはラッキー、今すぐできるかも、と思ったら大違い。5月末まで車検をやってはいけな...縫わない手作りマスク

  • 使える英会話

    こう見えても、私だって英語力をつけたいと努力していたことはある。今の夫と結婚したとき、英語が通じなくてどれだけ毎日がおもしろいことになっていたか、今では笑い話である。クリームシチューを作ると言ったら、「ブレッドロール」があるといいね、という。私が小さい丸いパンを買ってくると、「これブレッドロールにできる?」という。夫が言ったのは、パンに穴をあけてそこにシチューを詰める、ということでブレッドロールではなく、ホールのあるブレッドということだった。こんなのがほぼ毎日。英語を勉強したのは高校3年まで。それから再婚するまでの24年間、まさか外人と結婚して外国に住むなど夢にも思わなかったから、1度たりとも英語を再勉強したことはなかった。相手が夫だけなら笑って済ませられることも、夫の家族や友人となるとそうもいかない。そこで私...使える英会話

  • 準備完了のタキシード

    またウォーキングの話で。なにしろウォーキング以外、家の外に出ることがないもんで。今日も晴れた。気持ちがいいので、いつもよりも長く歩く。私が大好きな渡り鳥のプラバーの準備が、いつのまにかできていた。ああ、もうそんな季節かと思う。準備完了のタキシードプラバーは、アラスカに行く準備ができると、体の模様が変わる。それがタキシードみたいにみえる。タキシード前はこんなふうタキシードに変身するのもあれば、しないのもある。変身しないのは、まだ若くて渡りをしないプラバーなんだろうか。こんな小柄な鳥が、ハワイからアラスカまでの4800kmを、ノンストップで3日か4日かけて飛ぶというのだから、すごい。自分の羽の色が、しだいに変わってタキシードになってゆくのを本人(鳥か)はどんな気持ちでみているのだろう。いよいよ行く時が来た、と覚悟を...準備完了のタキシード

  • 久しぶりの青空

    ハワイはここのところ、雨模様。空は明るいまま、サーっと降って、すぐに止む。止んだかと思うと、ザーッとくる。雨期の冬は、こういう日が多い。どうせ外出禁止で家にいるのだから、雨でも晴れでもいいようなもののやはり窓から燦燦と太陽の光が注ぎ込むと、気分が晴れる。今日は打って変わってきれいに晴れた。晴れ晴れとした気持ちでウォーキングに出かけた。家のまん前のコオラウ山脈。昨日の雨が嘘のような青空が広がって、雨上がりのみずみずしい香りを思い切り吸い込む。濡れた木々や土が発する、この香りは、なぜかいつも子供の頃のキャンプを思い出させる。どんな花の香りよりも好きだ。名前を知らない花を発見。かわいくカールした部分は、まるで作り物のよう。全体で手のひらぐらいの大きさがある。ハワイの道路は、広い。そのうえ、自転車で走る人が、ほぼ皆無。...久しぶりの青空

  • 銀しゃり

    お米が、ないらしい。私の食のハードルはけして高くないが、日本人なのでお米の味には少しうるさい。10キロぐらいで700円以下、ていうお米もあるけど、まずいのなんの。ぱさぱさで弾力もないし、ご飯粒じたいに味がない。地元の民はそういうのでOkという味覚なので、平気で買う。私がこだわって買うお米は、「タマキゴールド」というカリフォルニア米で、2キロほどの大きさで1500円ぐらいする。これは日本のお米に非常に近い味がする。タマキがないとき、「玉錦」というお米も、まあまあ美味しい。うちじゃ私しかお米を食べないので、10キロぐらいのを買うとカビてしまう。だから割高だと思っても、小さい袋を買って冷蔵庫に保管する。半月前、私が休みに入ったその日に、日本食スーパーに行った。他の食材も買い、お米の棚に行くと、数えるほどしかお米がない...銀しゃり

  • 猫はなにをしている

    普段は、私たちが仕事にでかけてから帰宅するまで、家の中は猫2匹の天下。いったい彼らはどんな生活をしているのだろうと思っていた。この10日余り、家で過ごすことになって、うちの猫を観察してみた。なんのことはない。ほとんど寝ている。ベッドの上でうとうとしていたかと思うと庭を監視。ストーブ(コンロ)の上で暖をとっていたかと思うと2匹で追いかけっこをする。常に茶色いほう(めす)が「シャー!!」と怒り、黄色いのが(おす)おもしろがって追いかけるという構図。ひとしきり喧嘩したあとは、仲良く庭を眺める。さまざまな鳥がやってきて、鳴くのを眺める。外歩きの猫がやってくるのを眺める。私が2階のデスクで作業をしていれば、かわりばんこにやってきて机に広げたものの上に寝そべって居眠り。目がさめると、私が半端に開けた引き出しに入ろうとしたり...猫はなにをしている

  • 志村けんさん

    昨日、姉と友人からほぼ同時にLineが入った。『志村けんさんが亡くなったよ』コロナウィルス騒ぎで、姉とは比較的頻繁にやりとりをしており志村さんが入院したことも、常に情報から遠い私らしくもなく知っていた。70歳なんて、まだまだ若い。志村さんは年を重ねて、味が出てくる人だなーと思っていた。ドリフターズの世代としてはショックだよ、と友人が言った通り私たち世代はドリフで育った。小学生の頃、『8時だヨ!全員集合』は国民的なテレビ番組だった。これを見逃すと、学校で会話についてゆけなくなる。加藤茶の、「ちょっとだけよ~ん」というセリフを、男子がふざけて身体をくねくねさせながら真似をした。いかりや長介が言う「だめだ、こりゃ」も学校で流行した。志村けんが歌った「東村山音頭」は、盆踊りでも踊ったし、私が通った美大の比較的近くに東村...志村けんさん

  • 誤配

    少し前のことになるが、AmazonJapanで買い物をし、ハワイに届けてもらった。アメリカに届けると、個人輸入的な扱いになるらしく、手数料として3000円ほど加算されるのだけれど、姉の家に送って、それを姉がハワイに郵送するよりも安いので、試しに初めて海外発送をしてみたのだ。3、4日ほどで届くという。買ったのはAmazonJapanだけれど、むろん配送はハワイの地元の配送会社。携帯電話のテキストに、こまめにそこから連絡が入る。何月何日に届きそうですよ、とか、あと何日です、とか。さすがAmazonJapan、行き届いたサービスだと感心していた。受け取りのサインは必要か、と聞いて来るので、これだけ行き届いているなら必要ないと思い、玄関前に置いてくださいと連絡した。「ただいま届けましたー」というテキストが入り、玄関ドア...誤配

  • クジャクのいない生活、脅かされる?

    うちの庭に、野生のクジャク達がやってこなくなってそろそろ4年ほどになるだろうか。彼らは夕方になると、どこからともなく我が家に集まってきて、隣の家の柵→うちの1階の屋根→2階の屋根という順序を踏んで、庭のモンキーポッドの樹(日立CMの、この木なんの木、の樹ね)に飛び移り、枝に鈴なりになって眠るのである。私がハワイに住み始めたときには、4,5羽だったが、多い時には20羽はいたという。日本にいたとき、ハワイの義両親と電話を話をしているとき、後ろで鳴くクジャクの奇声で声が聞き取りにくかった。そう、ただ静かに寝ていてくれるならいいものを、夜にクジャクたちは奇声を発するのだ。それも、鳥というより恐竜にことごとく近い。ギョエー!!!ブーッ!!クワぁーーーーーッ!1羽が鳴くと、ほかのクジャクも一斉に鳴くのでたまらん。これが毎晩...クジャクのいない生活、脅かされる?

  • 家にいるのは楽しい

    職場が臨時休業になってから、ちょうど1週間。えっ!たったの1週間!!普段はあっという間の1週間が、いろんなことが起きているからか、もう半月ぐらい経ったような気分だ。Judithに電話してみた。彼女はハウスワイフだし、夫のTonyは既にリタイアしているから彼らの生活は変わらない。先週の月曜日に会ったばかりなのに、やはり半月ぐらいぶりのような気がする。「仕事は休みになってるの?」そうか、臨時休業になったことを彼女に言っていなかった。「じゃ、絵を描く時間がたっぷりあってよかったねえ」そうなのだ。「そうだ、トイレットペーパー、まだある?フフフ」「あの節はありがとう。あれがなかったら今頃庭の葉っぱだったよ」先週、彼女がトイレットペーパーを分けてくれたので、大変助かっている。「昨日、Tonyがコスコに行ったら、建物を2周す...家にいるのは楽しい

  • 続・たのしいことを待てない

    夫の誕生日のプレゼントを、早く渡したくてワナワナしていた私だったがようやく誕生日の日になった。朝食を食べ、外が明るくなるのを待ってから、クロゼットから取り出してきたプレゼントを、おおげさにもったいぶって渡した。これは、家を建てたときに玄関の外の壁に(屋根はある)掛けた。シュートメの書斎で眠っていたのを夫が見つけてきたのだった。ハワイ大学の、シュートメのオフィスに長年かけてあったものらしい。もらってきたときに、すでに色が剥げかけていたから、数十年は経っていたのではないかと思う。あれから5年。すっかり玄関先の風景の一部になってしまったが、改めて見ると、相当にみすぼらしくなっていた。青い枠と、葉っぱ、花の一部、アルファベットは全部、コラージュの紙。市松模様はアクリル絵の具。細いゴールドの枠は、金色の紙。暇にまかせて5...続・たのしいことを待てない

  • たのしいことを待てない

    今週の金曜日は、夫の誕生日である。私たち夫婦の誕生日は、何かを買ってプレゼントするということが滅多にない。夫は物欲が限りなく薄く、それでいてTシャツひとつ、こだわりがあって難しいし私は私で、欲しいものは適当に自分で買うほうがいい。たとえ高価なものをもらっても、出どころの財布はひとつである限りその心中は複雑であろう。宝石屋のCMで、記念日にダイアモンドのアクセサリーを夫からプレゼントされて涙を浮かべて妻が喜ぶ、というのがあるが、本当にうれしいのか?という疑問が湧く。「おい、一体これはいくらしたッ?」と詰め寄りたい気持ちになるのは、私だけか。そんな話を友人にしたら、アメリカでは、夫婦でも財産は別々のことがほとんどだからじゃないのぉー、と言う。確かにそれはそうだけど、それでも根っこのところでは「我が家の」財産、てこと...たのしいことを待てない

  • 再び失くし物発見す

    潜在意識に話しかけて寝て、夢で見た場所を見たら、探していた書類がみつかった、という話を夫にしたら「じゃ、僕の小切手もどこにあるか聞いてみてよ?」そういや、数日前から夫は小切手を探していたっけ。額面が1万5千円ぐらいの小切手で、今、私が暫定無職の我が家にとって、見逃せない失せ物だ。でもそれは夫のものだしなあ。「あなたが自分の潜在意識とか天使に頼めばいいじゃないよ」「僕には天使がいないよぅ」「いるってば。みんなにいるに決まってんじゃん」家計に入るお金は私の問題でもあるのでその夜は、小切手のことを頼んで寝た。何の夢もみずに目が覚めた。そんなにうまくいくわけないか。小切手を受け取ったのは、夫の車が職場で動かなくなった日で動かない車の中からほかのものと一緒に小切手も出したときに、はらりと落ちた場面を、私の潜在意識や天使は...再び失くし物発見す

  • 心を鎮めると何が起こる?

    あれはまだ、私の職場が休業することになるとは思いもしなかった頃。1階のリビングの書棚が、気になって仕方がない。「ゴゥン・・」という効果音とともに視界に割り込んでくる。しばらく無視していたが、あまりに気になるので夫を誘い込んで整理した。不要なものは捨てたり寄付したりして、すべての棚を拭き、最後にホワイトセージでスマッジしたら、ものすごく爽快な気分になった。それから片付けが止まらない。寝室のクロゼット、絵の道具、屋根裏、食品庫、洗面室の物入れ・・・そうしている間にもコロナウィルスの騒ぎは拡大し続け、私はとうとう家にいることになった。引き続き片付けをしながら、自分の心が少しずつ静かになってゆくのに気づく。そういえば、ずいぶんと瞑想をさぼっていた。カードも引かなくなって、ウォーキングもしなくなった。外側のことに振り回さ...心を鎮めると何が起こる?

  • 二転三転

    夫婦ともに5週間、働かなくていいぞぉーーー!と、昨日は半ばヤケクソで無理に笑っていたのだが実は夫の職場は通常営業を続けることがわかり、胸をなでおろした。私はたぶん、5週間(延長することもあるらしい)は無収入に変わりはないけどヤケクソになったあとだと、なんだか得した気分になるから不思議。ハワイは、夜の10時から朝の4時まで、出歩いていると罰金20万円。レストランは、急に営業できなくなって食材が余り、調理して老人施設に届けている。スーパーマーケットは、開店から1時間は老人優先、というのを続けている。きっと、みーんなが思ってる。なんでこんなことに?なんで中国人は得体のしれない野生動物を食べるのをやめないかなァ?今まで恵まれていたことを、あって当たり前だと思っていたこととか気づいたこともたくさんある。それまでの常識が覆...二転三転

  • 分かれ目

    私が1番最初に作品を売り始めたギャラリーが、閉まることになった。事情があって、数か月前に私はそこで売るのをやめていたのだがマイクやヴィッキーは、まだそこで売っている。ワイキキのホテルの中という場所は、家賃もそれなりに高いだろうしコロナウィルスの影響は、店を閉める大きなきっかけになったのだろう。「今朝、ワイキキに行ったら、いくつかの店がもうなくなっていて、なんだか気分が滅入るよ」ヴィッキーからそんなメールが来た。彼女は作品を売って生計をたてているのだから、滅入るのもわかる。1週間の春休みだー、などと浮かれていた私であるが、昨日の午後、とうとう知事から自宅待機の声明が出た。3月23日の午後4時半から、食料の買い出しなど以外は家を出てはいけない、というのだ。多くのオフィスは4月末まで休まねばならない。もちろん、夫の職...分かれ目

  • おろし器

    日本で買ってきた、セラミックのおろし器を大切に使っている。ほかの、どのおろし器よりも具合がいいので、日本にいたときからずっとこればかり。毎日、生姜をおろすのに使うので、取り出しやすくて安全な場所に保管しようと引き出し式の、鍋類をいれるところを定位置にした。なにしろセラミックなので、落とせば割れる。そうやって何個、日本で買い替えてきたことか。日本なら、また買いに行けばいいのだが、あれはここでは手に入らない。1か所だけ、売っているところがあったが、3000円以上したので買いたくない。だから、使ったらすぐに洗って定位置に戻す、という私としては丁寧なやりかたで大事に使っていたのに、タイルの床にするりとおちて、半分に割れた。引き出し式のトレーをじゅうぶんに引き出さずに、隙間から手を入れて出し入れしていた、私の粗忽さが原因...おろし器

  • 三つ子の魂百まで

    棚ぼたの春休みも、二日目。休みが決まったときは、これで思い切り絵を描けるぞ、と張り切った。その気持ちは変わっていない。今だって、そう思っている。しかし、昨日私が創作した時間は、30分。今日は、今の時点ですでに3時近いが、1分たりともやっていない。昨日は、夫を職場に送り迎えしたり、日本食スーパーに寄ったりした。普段は時間がとれなくてできないブログも、書いた。昼寝だってしなかったし、本も読まなかった。夕食はシュートメが全部用意してくれたので、それでも半日ぐらいはできたはず。あの半日は、いったいどこに消えた?今日は、夫を送り出してから、久々にウォーキングをした。40分ぐらいで戻ってきて、シャワーを浴びた。私の職場から、連絡用に、あるアプリケーションをダウンロードするように言われていて、それと格闘していたら、10時近く...三つ子の魂百まで

  • やはり、ツイてるってことで

    明日から職場がコロナウィルスの影響で臨時休業になる、という日。夕方、シュートメから電話がかかってきて、夫の車のスペアキーのある場所を知らないか、という。私は夫に、スペアキーを見せてもらったこともないので、わからない。何が起きたのかと聞くと、こうだ。夫が仕事を終えて車に乗ろうとしたら、鍵が壊れた。プラスティックの部分で鍵が折れて、折れた先の部分でエンジンをかけると一瞬かかって、落ちてしまう。バッテリーではないかと思ったが、そうではなさそう。車が動かないので、義父が迎えに行った。レッカーを翌朝に予約して、夫は義父と一緒に帰ってきた。その頃、私は、職場と家の間で、大雨のために冠水した道路の水が引くのを待つ渋滞に巻き込まれ、車内に監禁状態だった。海沿いのその道は1本道。唯一迂回するとすれば、ノースショアまで行って、島の...やはり、ツイてるってことで

  • いきなり春休み

    いよいよというべきか、私の職場も急遽、臨時休業することになった。近所の観光牧場で従業員の感染者が出た、というのが大きかった。それでも、休業を決めたのがまわりの施設よりも数日遅かったので行くところがなくなった人たちが、連日やってきて、とても忙しかった。というわけで、今日から私は春休みだ。とりあえずは1週間の予定で、それが延期されるかどうかは未定。その間、収入はなくなるけど、すでに解雇された人たちのことを思えば働く場所が確保されていることはありがたい。なんか、宇宙がわさわさと揺れまくっている。こんなとき、ネガティブに進もうとすれば、すごい勢いで行けてしまう。こんなときこそ、のほほんとしていようと決めていたって、気をゆるめたら何かの拍子に踏み外してしまいそうな気がする。春休みの初日。私は朝6時半に家を出て、私の車で夫...いきなり春休み

  • ハワイの、買い占めがとまらない

    毎日毎日、コロナウィルスの話題に食傷気味。2週間前には一桁だった感染者が、昨日は14人になった。アラモアナショッピングセンターなどのモールは、時間短縮。バーなどはクローズ。スターバックスは店内飲食ができなくなった。昨日の新聞の、昼間なのに人っこ一人歩いていないワイキキビーチの写真が哀愁をそそる。客のいないワイキキのホテルでは従業員の解雇が始まっており、すでに200人以上が解雇されている。私の職場の近くの観光牧場で、先週、一人の従業員が感染したことがわかって、牧場は営業を停止した。今のところ、私の職場は営業を続けているけれど、先のことはわからない。そして昨日、帰宅した夫が、スーパーマーケットに寄ったら魚と肉がなんにもなかった、と言う。おととい、行ったときには普通にあったのを覚えている。常に情報に取り残される私たち...ハワイの、買い占めがとまらない

  • しゃもじの復讐

    うちにはしゃもじが2本あった。プラスティックのしゃもじで、ひとつは細かい凹凸がついているもの、もう一つは、やっすい電気釜を買ったときに付いてきた、のっぺらしたしゃもじだ。凹凸がついているものは、自分で買ったものでご飯粒がくっつかないようにできているはずが、なぜか毎回、たっぷりとご飯粒がくっつく。くっ付き防止の細かい凹凸の、ぶつぶつした隙間にご飯粒が入り込むので始末が悪い。一方、やっすい電気釜についてきた、なんの変哲もないのっぺらしゃもじは見事にご飯粒がくっつかない。キッチンの引き出しが、物であふれかけていたので整頓したとき、しゃもじは1本あれば良し、と思い、ご飯粒がくっつかない方を残して、くっつくほうは捨てた。はずが、私はなぜか、凹凸のある、ご飯粒が盛大にくっつくしゃもじを残し、優秀なしゃもじを捨てた・・・・・...しゃもじの復讐

  • 買い占めなかったからか、買い占めたからか。

    日本でも同じような状態だったらしいが、ハワイでもトイレットペーパーの買い占め騒ぎがあった。ハワイの人の場合、なにかあるとすぐにトイレットペーパーやカップラーメンを買い占めに走るから、日本とはまた違うのかもしれないけど、とにかく、コスコに何百人という人が並んだ写真が新聞に載った。我が家の場合、なにかを買い占めるという行為をしたことがなく今回もそういう人たちを横目に見ていたのであるが、トイレットペーパーの在庫が寂しくなってきたので、ドラッグストアに行ったらものの見事に棚には何もなかった。空っぽの棚の前で突っ立っていたら、どこかのオバサン(私だってオバサンだけども)が「ね、買い占めないとこういうことになるのよ」的なことを鼻の穴を膨らませつつ言ったので、カチン!と来た。「アンタらみたいな人がむやみに買い占めるから、こう...買い占めなかったからか、買い占めたからか。

  • いろいろと思い知る日

    私の身長は152センチで、最近の平均に比べれば低いが同年代の人たちの中では、とりたてて低いというわけでもないしハワイにはアジア人も多いから、自分の身長を気にしたこともない。が、今日という今日は、自分がチビであることを思い知らされた。ギャラリーのインベントリーのために、ワイキキに行った。2か所のギャラリーは動物園寄りにあるので、動物園の駐車場に車を停めるつもりでいたらいつもは一杯の路肩のコインパーキングが、コロナウィルスの影響かガラガラだ。そこで私は路肩に停めて、メーターにお金を入れたはいいが、メーター位置が高すぎるのと、太陽光の反射で表示が見えやしない。25セント玉を2個、メーターに入れたけれど、何分停められるのかが読めないのだ。つま先立っても、手をかざしても、まったく判読不能。まあ20分ぐらいは大丈夫だろうと...いろいろと思い知る日

  • 飛び移らないという選択

    枝から枝へ飛び移るのを、やめた。あんなに勢い込んでいたのに。週5日を、1日減らして4日にするリクエストを、午後にでもゼネラルマネージャーに話そうと思っていた、その昼休み。ひとつのギャラリーから電話があった。そこは1か月前に、私のオリジナルを中心に置いてくれているのだが、コロナウィルスの影響でひどく客足が減り(ワイキキの真ん中だ)5つ預けてあるうちのいくつかを、引き取ってもらえないか、という。ギャラリーに置いたからといって、必ず売れるというわけではないのはわかっているけれど、その電話で、一気に勢いの空気が抜けた。冷静になって、考えた。そして愕然とした。アメリカには定年制度はないが、日本の定年まで、あといくらもない・・・・ということに。還暦なんか、自分にはやってこないような遠いものに思えたのにへらへらと頭に花つけて...飛び移らないという選択

  • 慣れ

    うちの洗濯室は両親側の家と共有で、二つの家をつなぐ通路にもなっている。先日、洗濯室のシンクの上に、義父がセンサーライトを取り付けた。両親側のドアの横と、我が家側のドアの横に電灯のスイッチがあるのだが、センサーライトがあれば、いちいち電気をつけなくてもすむ・・・・はずなのである。しかし、このセンサーの反応が、ちと鈍い。シンクを使うときにはいいが、それほどシンクを使うことはない。肝心の、洗濯機に衣服を入れる、取り出す、ドライヤーに移す、ドライヤーから出す、といった普段の動作には、用事が済んだあとでのっそりと電気がつく。用事を済ませて、洗濯室のドアを開けるころ、背後で電気がつくので結局、壁のスイッチで天井にある照明をつけるという、まったく以前と同じことをしている。が、誰も文句を言わない。そんなもんだと思っている。長年...慣れ

  • 痩せてなくてもOK

    TARGETの下着のチラシなんだけど。東洋人系と白人系と黒人系を混ぜるのは、土地柄なのだろうけどこういう体型のモデルを、日本じゃ使わないよね。ふっくらした人用の下着でもなんでもない、普通の広告で。ハワイに住んでいると、太っているとか痩せているとかいったことに鈍感になる。アジア人以外は、圧倒的に太っている人が多いし、そういう人たちのほとんどが、自分のふくよかさをOKだと思っているから実に堂々としていて、気持ちがいいぐらいだ。痩せるために、あるいは体重維持のために努力している人たちはスリムな部類に入る人たちが多い。日本人は、気にしすぎ。全然太っていないのに、痩せたいという。私も、手持ちの服が着られなくなると不経済だし、一応、日本人の端くれ、体型維持には気を付けているつもり。だが、私の二の腕が、動くたびにぶるぶると震...痩せてなくてもOK

  • 3月。ローカルのタンジェリン

    今日は夫は仕事で私は休み。朝のうちにチャチャっとアートの税金の申告書類を作ってしまって、あとは創作にあてよう。と思ったら、書式が変わったり、読み込めなかったりで結局お昼までかかってしまった。私のアート関係の収入など、スズメの涙どころかゴマにも満たない。それでもやはり、小心者の私は、払うべきものを払わないでいることが怖くてできない。英語と格闘しながら、「めんどくさい」と思う気持ちをこらえつつ(めんどくさい、と言わないのが2020年の抱負だから)粛々と申告書類を仕上げた。雨が多い冬は、庭の木が、もりもりと育つ。今年は4本のハイビスカスが元気。この色、すごく好きだこのピンクも素敵ライムの花花のあと、実をつけたら、またライムマーマレードを作る予定。マーマレードを作った話はコチラ。あんなにたくさん作ったと思ったのに、あま...3月。ローカルのタンジェリン

  • コロナウィルス 我が家の場合

    3月にハワイに来る予定だった知人が、コロナウィルスのために延期したという。日本は学校が一斉に休校になったとか。ハワイでは、どこにいってもマスクが売り切れ。夫の職場でも、工業用のマスクを求めに毎日のように人が来て、職場で使うものだけしか残っていないらしい。マスク以外にも、巷ではトイレットペーパーも水も品薄だという。まあ、マスクを買うのはわかる。でもなぜトイレットペーパー?行動や輸入が制限されたときのため、だというのだけれどこういうときに白けているのが我が家の人たち。「排泄なんか庭の隅ですりゃいいじゃん、葉っぱもあるし」と思っている。ハワイの人たちは、ハリケーンが来る、というだけで、トイレットペーパーや水やカップラーメンを買いに走り回る傾向がある。私が小学生の頃から、「東海沖大地震が来る!」と言われ続け、何月何日に...コロナウィルス我が家の場合

  • 枝から、枝へ

    かれこれ1年近く前からずっと考えていることがある。たいしたことじゃない。週に5日働いているのを、4日にしたい、というだけである。最初は、あと1日休みがあったらいいなあ、という程度だったのが節分を過ぎてから、ひしひしとその思いが強くなってきた。オリジナルの作品を8点近くギャラリーに収めたために手元のオリジナルが品薄になり、作品をもっと生み出したい、などという欲が沸いてきた。昼間の太陽光の下で創作したいから、休日しかできない。2日ある休日のうち、日曜日は唯一夫と過ごせる日なのであけておきたい。そうすると、創作にかけられるのは週に1日だけ。それも野暮用などをしていると、どんどん時間は限られてくる。じゃ、もう1日休みにしよう、そうしよう!と、話はいたって簡単なのだが、これがそうはいかない。週に1日減らすと1か月で、1年...枝から、枝へ

カテゴリー一覧
商用