searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
さんたろう日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/sekinonozii
ブログ紹介文
会津坂下町に住む「さんたろう」と申す老人です。楽しい町の日々を記録出来たら嬉しいです。
更新頻度(1年)

204回 / 365日(平均3.9回/週)

ブログ村参加:2011/09/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さんたろうさんの読者になりませんか?

ハンドル名
さんたろうさん
ブログタイトル
さんたろう日記
更新頻度
204回 / 365日(平均3.9回/週)
読者になる
さんたろう日記

さんたろうさんの新着記事

1件〜30件

  • 豊かな稔りの圃場広々と

    今年も豊年満作です秋晴れに稲刈りのコンバインの仕事が始まりました今年は強風で倒伏した稲が多いんですけども今のコンバインは速いスピードで刈り取っています稲刈りはご主人と奥様の協同作業で進んでいく見たいです奥様の仕事はコンバインで刈り取った籾を軽トラで運ぶだけではありません。ご主人のコンバインの進行を優しく見守りながらアシストなさるんです。稲刈りはきびしい作業ですけどもお二人の間には心の通いあう温かい雰囲気があるように見えます。風に倒伏した稲の刈り取りには奥様のアシストが絶対に必要なんでしょうね農家のご夫婦には上下の関係などないんでしょうね。それぞれの立場でそれぞれの仕事をしながらひとつの家の仕事守り進めていくのだと思います。長年の職を退職なさった夫に妻が「私もあなたのおさんどんの仕事を退職したい」そんな寒々とした...豊かな稔りの圃場広々と

  • あんれま 猛禽の鷹が空に舞ってるよ

    と思ったら鷹の姿の綺麗な凧が風に揺られていたんです。熟したトマトは鳥についばまれます。糸でつり下げられて揺れてる凧はそれなりの仕事をしていたんですね。山田の中の一本足の案山子雨も降らんのに蓑笠つけて朝から晩までただ立ち通し歩けないのか山田の案山子80数年前子どもの私は教室でそん歌をうたっていました。その頃はニュウナイスズメがか刈り入れ前の田んぼに群れていましたので案山子を立てたり音のでる版木を縄につり下げて揺らしたりしてニュウナイスズメの群れを追っていました。蓑笠つけた一本足の案山子がついに空飛ぶ鷹の姿の案山子に進化しました。見事です。驚きました。それにしても今のスズメは稔った稲穂にはまったく無関心です。種類がちがうんですね。」あんれま猛禽の鷹が空に舞ってるよ

  • さわやかな涼しい秋が嬉しくて

    豊かな稔りの圃場広々とピントが甘くなりがちな私です。今日はピントをマニュアルで撮ってみようとがんばりました。いいカットがいっぱいあったんですよ、トマトをカラスから守るために猛禽の鷹の姿で空に浮かんで飛び回る凧の形の案山子とか、ほんとにしばらくぶりにヒメジョオンの花で吸蜜してる小さなベニシジミとかそれなりに期待していたカットがいっぱいあったのにこれ1枚を除いてすべてピントが甘くみんな捨てました。釣り落とした魚は大きいといいますけど、撮り落としてしまったカットにがっかりしてしまいました。私は乱視なんですよ眼鏡をかけずにマニュアルでピントを合わせるのが出来ないのは自明ですよね。老体のボケ認知症一歩てまえです。勉強になりましたけどがっかりです。ボケが深刻です。こうやって老いが進んでいくんですね。困ったもんです。老いの摂...さわやかな涼しい秋が嬉しくて

  • 爽やかな朝の散歩道秋ですね

    でもね予報通りの午後は突然の激しい雨に風吹いて「早く二階の戸をしめて!」とのばあちゃんの叫びにのんびりと居眠りしてた爺いは「はいっ」と飛び起きて二階に駆け上がりました。幸い被害はありませんでした。でも冷たい嵐は1時間ちょっとで止みました。午後の7時暗い闇に冷たい雨と風の音が聞こえて来ます。ばばちゃんは明日から寒いのでストーブをセットしたいというんです。やむなくネットで購入しておいたストーブの梱包を解いて台所にセットしました。新しいストーブは新品でぴかぴか・・嬉しそうにばばちゃんは火をつけていました。秋ですね新品はいいですね、ばばちゃんだって70年前は新品で恥じらいもありました。今はもう「婦唱夫随」の肝っ玉ばばちゃんです。なになに爺だって・・すねに傷などはありませんけど70年闘って勝負あり今は「婦夫唱夫随」の爺い...爽やかな朝の散歩道秋ですね

  • 酷暑の夏もようやく秋になりました

    台風10号は会津の村には影響ありませんでした。コロナウイルスも村にはまだやって来ません。村は静かで平和です。夏の名残の雲も見えていますけども秋の空は爽やかです静かな村の通りも平和です。あと一週間もすれば稲刈りが始まります。明日あたりからぐんと涼しくなるとおもいます。酷暑で荒れた庭の手入れ作業をするつもりです。90歳のばばちゃんにいいとこ見せなくちゃ~・・・93歳の爺い負けちゃおれんぞなもし酷暑の夏もようやく秋になりました

  • 広々として涼しい秋の散歩道

    8月の酷暑熱中症が怖くて3週間近く散歩が出来ませんでした。カメラワークはパソコン室の窓からばかり、気持ちも落ち込んで老いの脚の筋肉も弱ってきて命の先がみえるような気がする鬱の毎日でした。なぜか読む本も「515事件」とか「226事件」とか「悪魔の飽食」とか私好みの暗いものばかり。あああのときはそうだったなと思い出は蘇り勉強にはなりましたけど心は明るくなりませんでした。9月になると季節は移りかわり会津の朝晩の気温はぐんと涼しくなりました。脚の筋肉が落ち込んでいるので普段の距離の3分の1くらいを歩ってみようと今日は朝8時頃から散歩したんです。8月は酷暑とは云いながら4日おきくらいには1km程のcoopへ買い物には自転車で通っていたんですけど、カメラを持っての散歩は気分がまるで違います。玄関の戸を開けると普段は目に入ら...広々として涼しい秋の散歩道

  • 夕焼けが輝く窓辺が嬉しくて

    明日は曇り後雨の予報です。久方ぶりに雨を呼ぶ雲なんでしょうか輝いて見えています。酷暑ばかり続いてずいぶん長く雨が降りませんでした。明日は少しは涼しくなるんでしょうか。なってほしいです。月が空に浮かんできれいでした。酷暑が終わりになるかもしれない午後6時の窓辺の眺めです。夕焼けが輝く窓辺が嬉しくて

  • 夕焼け雲が輝いて見える窓辺が嬉しくて

    明日は曇り後雨の予報です。久方ぶりに雨を呼ぶ雲なんでしょうか輝いて見えています。酷暑ばかり続いてずいぶん長く雨が降りませんでした。明日は少しは涼しくなるんでしょうか。なってほしいです。月が空に浮かんできれいでした。酷暑が終わりになるかもしれない午後6時の窓辺の眺めです。夕焼け雲が輝いて見える窓辺が嬉しくて

  • 夜の窓辺はおぼろ月夜です

    読書疲れの夜の9時思わずいいなとつぶやきました神様明日も酷暑なんでしょうか?大気温36°cは老体の私の体温と同じです。熱中症が怖くて散歩が出来ませン。脚が目がレンズが泣いています。神様・・私充分反省しております。コロナと一緒の意地悪はもう充分です。そろそろ爽やかな秋風を吹かしてくださいよ。夜の窓辺はおぼろ月夜です

  • 寝苦しい夜が明けました

    4時30分トイレに起きて窓を開けると、まだ暗い空に雲ひとつ見えません。静しい風がさっと吹き込んで来ました。放射冷却で気温はすっかり下がっているんですね。今日も酷暑の夏になるんでしょうかね?窓の外を見るとおかしな鳥が2.-3羽闇の中を飛び交っているんです。不気味でした。室内の電灯の明かりに寄ってきた虫を追って飛んできたコウモリです。鳥ではありません。3週間ほど前、まだ暗い朝窓を開けるといきなり大きな黒い蝶が飛び込んできて私の胸にあたりシャツに止まったのです。ずしりと重いんです。蝶ではありません、怖くなってはたき落とすと畳の上をすごいスピードで走りまわるんです。箒で追ってやっと押さえ込み脚で踏んで動かなくしました。箒をのけて見るとコウモリでした。コウモリなど数十年見ていませんでしたから驚きました。貴重な動物を殺して...寝苦しい夜が明けました

  • 眠れぬ夜の窓辺

    それぞれの生きてる灯かしが静かに見えて心安らぎました眠れぬ夜の窓辺

  • 酷暑の夏に耐える日々ですけども

    もう8月の下旬です。酷暑の時も日の傾く午後の遅くには明るくて優しい景色に変わります盛り上がっていた夏雲も穏やかに遠くなっています日の出日の入り表を見ると、6月の夏至の頃に比べると日中の時間は1時間ちょっと少なくなっています。田んぼの稲も出穂して小さな白い花を咲かせています。さわやかな稔りの秋はすぐそこまできています。もうすこしですがんばろましょう。コロナも猛威をふるっています。新聞の川柳投稿欄に秦野かかしさんのこんな句が載っていました「集まるな飲むな喋るな旅は行け」笑っていいのかな怒っちゃっていいのか・・・な!でもあちこちからコロナワクチン完成の声が聞こえてきます。コロナも必ず治まると思います。終期高齢者の私などコロナなどに感染しないようがんばってもう少し明るく生きて行こうと思っています。認知症になると理由もな...酷暑の夏に耐える日々ですけども

  • 爺ばばの小さな幸せ微笑んで

    わっ綺麗・・微笑むばばちゃんの声が嬉しくて爺いがばばちゃんの一坪野菜畑から収穫してきたトマトですばばちゃんの野菜畑は素人ですから剪定が出来ません。3株ほど植えたトマト畑は茂ってしまって藪になってばばちゃんには手がでないんです。爺いが茂った枝をかき分けると実ったミニトマトがこんなにいっぱいなっていました。危険な酷暑にコロナの恐怖、でもいっとき爺とばばちゃんは幸せでした。爺ばばの小さな幸せ微笑んで

  • 暑いけど暑さを楽しむ散歩道

    午前9時「出来るだけ日影を選んで歩きなさいよ」の声を耳にも入れず、スポーツドリンクと標準レンジをつけたミラーレスカメラとマクロレンズと55mm-200mmのズームレンズとをもって勇んで玄関の戸をあけました。玄関の前の南天とミョウガが淺の斜光を受けて空に浮かんでいました。朝の集落はまだ涼しくて爽やかでしたでも10時を過ぎると夏の日差しに気温はぐんと上がっていくんですそらはもう夏の雲です。汗りんり、たまらず鎮守の森に入って休みました。鎮守の森は涼しいんですよ。睨みをきかせているべき狛犬さんがなんか笑顔に見えて「なに見ていらっしゃるの?」と問いかけて神社の石垣にすわってスポーツドリンクを飲みました。汗もひいいて気持ちいいんですよ酷暑の散歩もそれぞれに楽しいんですよ。スポーツドリンクはかかせませんけどね。スポーツドリン...暑いけど暑さを楽しむ散歩道

  • 遠い日の思い懐かしむ散歩道

    82年前、私が小学校5年の夏の終わり頃でした。なぜだか定かではありませんけどクラスで一番勉強のできる可愛い女の子のトミエ(仮名)さんと放課後の学校で二人だけになったことがあるんです。その時トミエさんは「さんたろう、おれ一人で山の道もどるのおっかねがら送ってけねかや・・」(私ひとりで山の道を通って家に帰るの恐いから送ってくれない?))といううんです。トミエさんの家は学校から山沿いの林の中の道を通って1.5km程のところにあるんです。それを聞いた子どもの私は男の子らしく「うん」と応えました。嬉しかったンですよ私は・・・でもなぜだか知らんけど二人は林の中の道を両端にはなれて黙って歩きました。トミエさんの家につくと「さんたろうちょっとまってて」といって家の後ろにいってキュウリをもいできて紙に包んだ塩と一緒にだまって私に...遠い日の思い懐かしむ散歩道

  • 夜の11時携帯が鳴りました

    ばばちゃんからの連絡です。お互いのいびきがうるさいと寝室を二階と下にして久しいです。やっぱり寝室は一人がいいんです。眠るときぐらい邪魔なものはいないほうがいいんです。それはばばちゃんもおなじです。でもお互い老体です。同じ家にいても連絡は携帯です。「エアコンが効かなくなって暑いといううんです」いろいろ操作してもエアコンは動いてくれません。これは故障か夜中なのに困ったと思ってリモコンを見ると温度表示が消えていました。なんだリモコンの電池切れか、電池を交換するとエアコンは快適に動きました。「ゆっくり寝て下さい。たよりにしてまっせ」93歳・90歳老夫婦の夜のひとコマです。ばばちゃん大事「婦唱夫随」の爺いです。夜の11時携帯が鳴りました

  • あ、狛犬さん

    宝珠をくわえてほほえんでなにを見ているんです綺麗な人が通っていったっていけません職務を全うしなさいよ、睨みをきかせるのがあなたの勤めでしょうに!あ、狛犬さん

  • ばばちゃんが買い物にいってきてといいました。

    従順な爺いは午後の散歩にいきたかったんですけど「うん」と言いました。「ラップがきれていて今夜が困る」というんです。別にすねに傷もっているわけじゃありませんけど、素直に自転車をとばして生協に行き、長めの50mラップを2本と短めの50mラップ2本を購入して帰りました。ストレス解消には散歩が一番です。緑の圃場の遠くにもやって見えるのは隣の集落です。緑豊かな集落で集落の中の湧き水の流れの堀にアメリカザリガニが今も何匹も住んでいる集落なんですよ。集落への道の途中でこんなのを見つけてしまいました。蛇のお嫌いな方がおおいんですよね、ごめんなさい。しまへびの脱皮のぬけがらです。1mくらいの大きな蛇の抜け殻です。嬉しかったんですよ。私は木の葉などにたくさんついている青虫をみるとぞっとしますけど蛇はどちらかと言うと好きなんです。抜...ばばちゃんが買い物にいってきてといいました。

  • 今夜は毎時は50mmの豪雨の予報です

    二階のパソコン室の窓をあけるとライトをつけた車が通って行きました。午後の散歩を楽しみにしていたのに雨でだめ、いつまで続く梅雨なんでしょうね二階の窓から見た雨に濡れたばばちゃんの花壇に少し救われました昨日は立秋でした。なんか侘しいです今夜は毎時は50mmの豪雨の予報です

  • 爽やかな朝の散歩道

    少しもやっていましたけど涼風が気持ちいい午前9時の散歩ですでも30分もするともやっている空が薄れてきました午前10時もう暑くって汗淋漓の散歩道なんですよ広い緑の田んぼの空気はよどんでしまってうだるような暑さですまいいか、お金を出さずにサウナに入ったと思えばね。一歩一歩歩数を数えながら耐えて歩きました。集落の道脇に深い緑の木陰げがありました。嬉しくて腰を下ろしてスポーツドリンクを飲みながら木陰の外を眺めました。心地よい涼しさです。すると携帯がけたたましく鳴りました。「この暑いのに年甲斐もなくどこをうろついている(-’’-)すぐかえれ!」恐いばばちゃんの𠮟声です。「ハイハイ、すぐに帰ります」気を取り直して帰り道を急ぎました。真夏の暑さと、霹靂と、コロナと、ぽばばちゃんの声は恐いです爽やかな朝の散歩道

  • 垣根に赤い花咲いて

    綺麗ほんとの夏になりました田んぼの稲も穂ばらんで遠くに村が見えてますほらねミンミン蝉の声が聞こえてくるでしょう緑の林もほんとの夏になりました小さいけど栗の毬(いが)だってこんなに可愛く大きくなりました会津二十三万石コロナ禍で秋の祭り囃子は聞けないかも知れませんけど広々と遠く豊かな会津野が私を迎えてくれました汗りんり、嬉しい夏の散歩道でした。老いの爺いの私元気です垣根に赤い花咲いて

  • 梅雨明けが近いですね

    夏らしい雲が空に盛り上がっています。静かな集落も輝く空も心も明るくなって嬉しいんです。圧倒的な強さで照ノ富士関優勝もう膝の故障と内蔵疾患からたちなおって十両で活躍していた悲壮感あふれる感動の照ノ富士ではありません。勝って当然の幕の内上位の横綱大関と同格の照ノ富士関になりました。次の場所で負ければ「ああっ」と叫ぶでしょうけど勝っても十両で活躍していたときみたいな感動はなくなるんではなかろうかとちょっとおかしな気分です。登りつめちゃたんですね。堂々と横綱白鳳に勝って横綱になれたら感動するでしょうけどね。それにしても優勝インタビユーで静かに「いろんなことありました」と延べる姿に人間としての深みを感じました。地獄を見て立ち上がってきた28歳の照ノ富士関さすがですね。梅雨明けが近いですね

  • 晴れ渡る空の窓辺が嬉しくて

    朝起きてパソコン室の窓開けた私は晴れ晴れしているんです。時は移っていくんですね。もうすぐ鬱陶しい会津の梅雨も明けて本格的な夏がやってきます。コロナ禍だって必ず静まって綺麗なもとの世界にかえります。コロナ禍のなかで重症患者さんの命のために、厚い防護服をきて8時間も立ち通しでがんばって治療して下さる医師の方看護師の方、病院の諸準備や清掃などにたずさわって下さる方、ご自分の感染の恐怖がないわけではなかろうに、がんばっていらしゃる姿に感動し感謝の心でいっぱいになります。そしてそのような報道番組の報道に取り組んでいらっしゃる方々にも感謝しております。「このままでは医療崩壊はさけられません」とおっしゃる医療関係の方、「いや現状ではそんなしんぱいはない」とおっしゃる方、どっちが本当なんでしょうね。私はコロナワクチンが出来て必...晴れ渡る空の窓辺が嬉しくて

  • 梅雨明け間近の散歩楽しんで

    出発前家の庭からの眺め明るくて今年もどうやら豊年でしょうか豊かな緑広々といつも通り芙蓉の花咲く道も楽しくてラッキー、シオカラトンボが飛んできて目の前に止まってくれました。シオからトンボが撮れたの近頃では初めてです。「ネオニコチノイド系農薬の使用の一部を暫定的に制限することを決定しました」と聞いたがあります。そのせいでしょうか?そうであって欲しいです。トンボやチョウやクマンバチやアシナガバチや・・・など豊かな昆虫の姿が見たいです豊かな自然が消えると核を手に入れたホモサピエンスが絶滅危惧種?なぞと戯れに言う人がでたりしてしまうと思ってしまいます。コロナが猛威をふるっていますしねすしねまたまたミミズのたわごとを・・そんな心配ありませにょ、今日の散歩は楽しかったんです。間もなき梅雨があけますよね。梅雨明け間近の散歩楽しんで

  • ばばちゃん元気で外がいい

    今日もまた冷たい雨降る私の部屋の窓辺です今日はばばちゃんのデーサービスの日です週2回のデーサービスはばばちゃんの楽しい生きがいいっぱいの日なんですよ。たくさんのお友達と楽しく明るく話し合って過ごせる一日なんですよ。私の家内ですけども、私と違って外向的で話し大好きなばばちゃんです。私など毎日顔を合わせていますから時にはうるさいと思いただ「うんうん」と聞き流し無視することが多いんですけども外では人気があるみたいなんです。今日も迎えにきて下さったデーサービスの人と笑顔いっぱいで車にのって出かけていきました。有り難いことです。「ばばちゃん元気で外がいい」ちょっと違うような気がしますけどどっかで聞いたような気がします。今日はゆうくりと中公新書の「二二六事件」を読むつもりです。私が小学校4年のとき陸軍の若い将校たちが武装し...ばばちゃん元気で外がいい

  • この梅雨空はいつまで続くんでしょうね

    冷たい雨降る窓辺です日本列島の西から東へ梅雨前線上を低気圧が移動して猛烈な雨をふらして川はあふれて街の通りが川になっています。コロナも大変ですけども地球の大気も異常のような気がします。中国も豪雨洪水の被害で大変のようです。異常気象で野菜が根上がりしているそうですね。でも地球規模の異常気象で地球規模の食料不足などが起こったら食料自給率37%の日本の食料事情はどうんるんでしょうんね潤沢な食料事情になれきっていますけど、75年前まえの敗戦後の数年の飢餓の狂気を私は忘れていません。庭を耕して作ったさつまいもを掘ったあとの茎や葉っぱまで大事に食べました。地球大気の異常気象と暴れ回っているコロナウイルス禍のなかでそれぞれの国がそれぞれの正義を振りかざしてののしりあい、核とミサイルの攻撃力と防御力をそれぞれの国の英知と富を傾...この梅雨空はいつまで続くんでしょうね

  • 梅雨空の磐梯山に雲たなびいて

    静かな会津野に心和みます梅雨空の磐梯山に雲たなびいて

  • 広々とした圃場の緑が遠くまで

    梅雨空に草刈る人の姿が小さく見えてました散歩道わきの綺麗な花も迎えてくれました3年ぶりの入幕の照ノ富士か8勝1負で勝ち越しました。今日の毎日新聞からの複写です膝の故障で大関を陥落して引退を考えた照ノ富士を「まずは体をなおしてから」と励まし踏み止まらせた伊勢ヶ浜親方も偉いと思いますけど、膝の故障だけでなく糖尿病や腎臓結石などの病いもあって序二段まで陥落したのに復帰、3年ぶりに入幕して勝ち越した照るノ富士関はすごいです。横綱かの声さえあった元大関が序二段で相撲をとる。プライドもあったろうに凡人には出来ないことだと思います。照の富士関と伊勢ヶ浜親方にの尊敬の拍手を送らずにはいられません。人生の終末期の93歳7ヶ月をよたよを生きている私希望と勇気を頂きました。広々とした圃場の緑が遠くまで

  • 茫洋としてなんの取り柄もない私の散歩路

    こちらから行くんじゃなくって遠くの向こうから歩んで帰る道なんですよ私の93年生きてきた私の人生みたいです。茫洋としてなんの取り柄もありません。「あなたって優しそうに見えて冷たい人ね」といわれて「そうかなあ違うよ」と思ったことがあります。でも今は「そうだなあ」とも思っている私です。いろいろありましたから満州事変・515事件。226事件・シナ事変・太平洋戦争・空襲・都市壊滅・敗戦・飢餓・と20歳までは狂気の時代を生きてきました。昭和前期・昭和中期・昭和後期・平成・令和・一生懸命生きてきたつもりですけども考えてみりゃ~茫洋としてなんの取り柄もない人生でした。人生終末期の私、惑い心が消えたわけではありませんけどどうやら惑わず残りの人生を生きて逝けそうです。ものに動じないばばちゃんのお陰と思っているんですけどもね。ははは...茫洋としてなんの取り柄もない私の散歩路

  • 今日もまた大雨の予報です

    暗く雨降る窓辺ですコロナ禍といい、大雨の予報といい、いつ心が晴れるんでしょうね、耐えなさいということなんでしょうね。元大関照るの富士、膝や肩の故障で大関を陥落相撲を止めてモンゴルに帰ろうとしたけど親方にいさめられ踏みとどまるも糖尿病や腎臓結石まで煩い一時幕下49枚目まで陥落してしまい姿を消していました。照るの富士フアンだった私は昨年の場所で十両に復帰して活躍している照るの富士の姿をみつけ嬉しくて感動してしまいました。そして今場所幕内に復帰4勝1敗です。私の大相撲は照るの富士です。老いの私の心を奮い立たせてくれます。ネットで写真を見つけ複写してパソコンの前にかざっています。今日もまた大雨の予報です

カテゴリー一覧
商用