プロフィールPROFILE

さんたろうさんのプロフィール

住所
福島県
出身
福島県

自由文未設定

ブログタイトル
さんたろう日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/sekinonozii
ブログ紹介文
会津坂下町に住む「さんたろう」と申す老人です。楽しい町の日々を記録出来たら嬉しいです。
更新頻度(1年)

263回 / 365日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2011/09/01

さんたろうさんのプロフィール
読者になる

さんたろうさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,489サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 30 20 40 30 20 10 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,361サイト
80代以上 日々のできごと 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21サイト
シニア日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,464サイト
80歳代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 79サイト
地域生活(街) 東北ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6,291サイト
会津若松情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 118サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 29,966位 26,202位 24,045位 24,005位 25,169位 25,745位 26,518位 978,489サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 30 20 40 30 20 10 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 968位 837位 809位 813位 859位 862位 878位 27,361サイト
80代以上 日々のできごと 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 21サイト
シニア日記ブログ 699位 659位 650位 654位 651位 646位 657位 3,464サイト
80歳代 27位 27位 25位 25位 25位 25位 24位 79サイト
地域生活(街) 東北ブログ 165位 136位 122位 121位 127位 129位 128位 6,291サイト
会津若松情報 4位 3位 3位 3位 2位 2位 2位 118サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,489サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 30 20 40 30 20 10 150/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,361サイト
80代以上 日々のできごと 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21サイト
シニア日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,464サイト
80歳代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 79サイト
地域生活(街) 東北ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6,291サイト
会津若松情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 118サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さんたろうさんの読者になりませんか?

ハンドル名
さんたろうさん
ブログタイトル
さんたろう日記
更新頻度
263回 / 365日(平均5.0回/週)
読者になる
さんたろう日記

さんたろうさんの新着記事

1件〜30件

  • 小さな旅の思い出のワンカット

    返された笑顔が明るくて小春日和の空に心が和んでいます若かった遠い昔に参加した町中散歩の懐かしい写真です。今日はちょっと疲れてばばちゃんの病院訪問はお休みしました。冷たい雨に散歩も出来ず旧い写真を繰っていたらこんな懐かしい写真に出会ったのです。7年ほど昔まだ若かった私は町の行事にも積極的に参加してこんな写真を撮っていたんですね。若さっていいことです。懐かしいです。明日はばばちゃんを訪問します。リハビリがどこまで進んでいるか楽しみです。お若くて優しいリハビリの先生です。「がんばってるばあちゃんの成績がいいですよ、歩行補助を使わなくても歩けるように早くしたいです」と褒めて下さいましたけど。小さな旅の思い出のワンカット

  • 晩秋の陽光を受けて釣りする人らが明るく見えてます

    ばばちゃんは杖をついて病院の長い廊下を歩いて帰る私をエレベーターの乗り口まで送ってくれました。明日(月曜日)からはリハビリ専用の病棟に移ることになりました。長い長い爺いとばばちゃんの耐えての生活に明るい光が見えてきました。90歳3ヶ月の歩行が困難だった高齢のばばちゃんが膝の関節を人工膝関節に入れ替える手術で歩けるようになって帰ってくる。私には奇跡としか言いようがありません。帰り道の橋の上から見る晩秋の陽光を受けて釣りをする人達の姿がすごく明るく見えていました。もう少しのがんばりです晩秋の陽光を受けて釣りする人らが明るく見えてます

  • もの思うて歩む寂しくて遠い街の道

    ばばちゃんを見舞っての帰り道、歩きなれた道なのに侘しくて寂しくて遠い遠い道だと思うてしまうんです。でもね遠くに晴れやかな雲が浮かんで見えてもいるんですよ。ばばちゃんの人工膝関節置換手術のため入院してまもなく4週間になります。最初におこなった右膝の手術後の経過は良好で歩行補助器を使って歩む早さは老体の私より力強く早いんです。残された左膝の手術も終わってもう5日めばばちゃんの経過は良好で元気です。手術してくだ下さった先生は「経過は良好だけれども高齢なことを考えて(ばばちゃんの歳90歳3ヶ月)リハビリを一週間ほど延ばしたほうがいいだろう」とおっしゃるんです。有り難いことなんですけど、ばばちゃんも私も長い入院に疲れ気味で一日も早い退院を望んでいますから少々がっかりもしているんです。わがままなんですけどもね膝が痛くて歩く...もの思うて歩む寂しくて遠い街の道

  • ばばちゃん(家内)もさんたろうも元気です

    人工膝関節置換手術が痛みを感ずることなど全くなく終わって今日で四日目です。本格的なリハビリが始まっています。もう補助車を押してトイレも洗面所も自由にいけるようなっています。病棟は菊池先生に手術して頂いた方でいっぱいです。患者さん面会の方々がいっぱい。なんか明るい雰囲気なんですよ。休憩室にこんなニャンコちゃんの写真が掲げられていました可愛いワンちゃん留守を守っている私は掃除洗濯厨房の家事を終わってこんな朝食をたべて毎日病院のばばちゃん見舞っています戦中戦後の飢餓を経験している私は味や見栄えは全く関係ありません満腹すれば満足できるんです。でも男の手料理はうまいです。ちょっと疲れていますので温かいコメントのお礼は明日いたします。お許しくださいごめんなさい。ばばちゃん(家内)もさんたろうも元気です

  • しばらくブログをお休みいたします

    ばばちゃん(家内)が膝の痛みの治療のため人工膝関節置換手術をするため入院することになりました。片膝2週間、両膝で4週間の入院になります。手術してくださる先生は坂下厚生総合病院整形外科の菊池忠志先生です。人工膝関節置換手術で有名な先生ですから心配はないんですけど、なにせ元気と言っても90歳の高齢のばばちゃんです、私も高齢ですけど全力でサポートしようと思っているんです。残りの日々を元気で明るい二人の日々にするためにです。しばらくブログをお休みいたします

  • 会津の空は穏やかに晴れていますけど

    台風19号の方々の悲しみ苦しみへの思いに心が沈みます「流された車の中で」「突然に襲ってきた濁流に避難するまもなく一階の部屋で」「激しい土石流に流されて埋もれて」お亡くなりなられた方々の苦しみ無念の思いに心からお悔やみ申しあげご冥福をお祈り申しああげます。手のつけられないような惨状、停電断水の苦しみ、テレビに報じられて様子に心痛みます。老いの身になにもできない私ですけども一日も早く惨状の回復されるのを祈るばかりです。会津の空は穏やかに晴れていますけど

  • いろんな虫いて怖い姿の虫もいる

    アスファルトの上を5cmほどの大きさのこんな虫が這って動いていました白い目玉みたいな模様4個と赤い目玉みたいな模様10個をつけて気持悪い虫でした会津マッチャンさんにお伺いしたら「セスジスズメ蛾の幼虫」とご教示いただきましたスズメ蛾の幼虫と言えばずっと前ご教示頂いたこんな虫の仲間なんでよね大きさも姿も似ています。ただセスジスズメの幼虫についている不気味な模様がついていませんなぜセスジスズメの幼虫には不気味な模様がついているんでしょうね何かの役に立っているんでしょうけど自然ってほんとに不思議ですいろんな虫いて怖い姿の虫もいる

  • モンしろチョウって小さいけど綺麗で可愛いです

    写真はネットからお借りしました(ウイキペデイア)今はいろんなチョウの姿がすくなくなっているなかで元気で飛び回っていて私の好きなチョウなんです。でも私はいまちょっと複雑な心境なんですよこれはばばちゃん(家内)の一坪野菜畑の野菜ですモンしろチョウが何匹も野菜の上を飛び回っいたのは知っていましたけどまさかこんなになるとは思っていませんでした。ばばちゃんが「野菜が悪い虫に食われて駄目になったので抜いてくれ」というんです。いって見ると無残な野菜の姿です。こんな小さなモンシロチョウの幼虫が悪さしたんですね写真はネットからお借りしましたやっぱりモンしろチョウは害虫でした。かわいいなりに薬剤散布などでなくネットを張って対処すべきだったと反省しました。モンしろチョウって小さいけど綺麗で可愛いです

  • 怖い夢を見て目覚めた爺いのたわごとです

    台風一過私たちの町の空は雲ひとつない澄み切った青い空でした台風19号は今までにない大きな災害をもたらして首都圏から東北地方に吹き抜けていきました今までの台風の災害は九州や四国や西日本に大きな災害をもたらしていましたけどそれはもう異常気象ではなくなって毎年おきる通常の台風災害のようにな感じになっていました。しかし、今度の台風19号は首都圏近くに上陸して甲信越に大きな災害をもたらし東北地方の福島・宮城・岩手方面に駆け抜けていったのです。今までの台風とは進路などの様子が全く違っていました。今度の災害で私の耳に強く残っているのは災害を受けた地方の私と同じ年頃の老人の方のおっしゃっていた「80年90年生きてきたけどこのような大きな災害を台風から受けたのは初めてだ」という悲痛な言葉です。なぜ、今まで経験したことのない災害を...怖い夢を見て目覚めた爺いのたわごとです

  • 刈り終えた田んぼに一羽の白鷺が

    寂しげにたたずんでなに考えているんでしょうねcanonnのM3に55-200mmズームレンズをつけて撮りました。恥ずかしいんですけど機材はいずれも中古品です。でもブログ用の写真を綺麗に撮ってくれるので嬉しいです。刈り終えた田んぼに一羽の白鷺が

  • 生きてきて生きていこうと思う遠いの道

    刈り終えた圃場の明るい道を歩んでいるとふと残んの日々のことを思ったりもするんですよ私のばばちゃん(家内)は90歳ですけどすごく元気なんです。認知症の気配などないし内蔵も問題ありません。でも膝関節の痛みで長い間整形外科医院のお世話になっていました。とても親切で優しい先生で助かっていました。ところが事情があって医院を閉じられることになったのです。私は別な整形外科の先生のお世話にるしかないだろうけど、なじみの薄い患者をいままでのように親切な治療をして下さる先生などなかろう、どうしたものだろうと心配していたんです。ところがばばちゃんはさっさと元の先生に紹介状をいただいて町の厚生総合病院の整形外科にいってくると出かけたのです。明るい顔で帰ってくるなり「膝の人工関節置換手術をすることに決めてきた。今月17日に詳しい説明をし...生きてきて生きていこうと思う遠いの道

  • あ 鎮守のやしろの狛犬さん

    なにを怒っていらっしゃるの境内の入り口で怖い怖い・・けど私によこしまな心などありませんどうか通してくだしゃんせ、きれいな心でおっ参りに来ただけの私なんですから・・・あいいこと思いついた。それぞれの神社にはそれぞれの思いで奉納された狛犬さんがありますね。撮ってみようかしらん。でもまもなく93歳になろうとする老体、免許証を返納して3年、徒歩や自転車では行動範囲がせまいです。年をとるって侘しいですね。でもがんばってみようかしらねちょっとした新しい世界がひらけるかもしれません。年寄りの冷や水にならないように無理せんでね。あ鎮守のやしろの狛犬さん

  • 明るい秋の空のした

    ゆっくりと楽しみながら歩む私の散歩道なんです写真など撮りながら約2kmちょっとの道のりを小さな歩幅で約5000歩2時間ほどかけてゆっくりと歩むんです。ここはポンプ小屋跡の桜の木の下です。ここから家までは約800歩、散歩も終わりに近いんです。疲れも出てますのでここでゆっくり20分ほど休憩します。スポーツドリンクなどを飲んだりカメラのモニターを見たりして楽しむんです。一日のうちで一番の至福のときなんですよ。美しい自然の中で私は一人、見渡す限りの眺めはすべて私のもの、私は王様なんですよ、嬉しいんですよ。明るい秋の空のした

  • 藁ぽっちが明るく見えてます遠くの村も

    私たちの集落では肥育牛を飼育なさっている農家が数軒あるんですよ。お聞きするところによると肥育牛の飼料はトウモロコシや大豆滓などの濃厚飼料だけでなく干し草などの粗飼料が必要なんだそうです。干し藁牛の粗飼料として最適なんだそうです。藁ぽっちが明るく見えてます遠くの村も

  • 熟年の方々生き生きと

    パークゴルフを楽しんでいます熟年の方々と言いましたけど、老体の私などから見ると若々しくてはつらつとしていらっしゃいます。やっぱりね、男の方がいらっしゃって、女の方がいらっしゃるのでプレーが一層楽しくなるんでしょうね。うらやましいです、いいですね!熟年の方々生き生きと

  • 刈り終わる圃場の村が

    広々と遠く見えていました散歩道には秋の花野菊も咲いていましたし小さな流れに浮かぶカルガモさんはなにを思っているんだろうと私は思いました空のススキも静かに揺れていましたよ嬉しくて心明るい昨日の散歩道でした刈り終わる圃場の村が

  • 散歩道の空も野も緑の村も

    真夏日の暑さの秋の光につつまれて明るく輝いていました10月2日の秋の日というに異常な暑さです。午後の気温は29度を超えました。台風18号はまだ会津から遠いんですけども南の太平洋からの暑い気団を引き寄せたんでしょうね。でも、朝は深い霧で寒かったんですよ。私は毛糸のチョッキを着てストーブをつけて食事をしました。夜の放射冷却で気温が下がったんでしょうね。でも朝の散歩に出るとまもなく霧が晴れて暑くなりました。家に帰りつく頃には酷暑の暑さになって顔もからだも汗でぐっしょり濡れました。シャツが体にへばりついて脱ぐのが大変でした。シャワーが気持ちよかったです。3日の会津の天気は曇り夜雨気温はあまり上がらないとの予報です。まだ稲刈りは終わっていません。涼しいのはいいんですけども雨はふらないでほしいです。台風18号は日本海を北東...散歩道の空も野も緑の村も

  • 爽やかな初秋の空に澄んだ青い空が見えていました

    静かに歩む村の道に心和みますいまはもうこの携帯の電波塔が集落のシンボルになりました。何十回線もの悲喜こもごもの声を載せた電波が送受信されているんですよね。目には見えませんけども。爽やかな初秋の空に澄んだ青い空が見えていました

  • 晴れ渡る初秋に私の散歩道

    静かな村が遠く見え明るい今日の散歩です晴れ渡る初秋に私の散歩道

  • 白鷺が一羽遠くの野に見えて

    よし撮ってやろうと静かに近づいて50mほどのところから55-200mmズームレンズで撮りました。このレンズ小型軽量でズボンのうしろポケットにいれて持ち運べるんです。CANONのM専用のレンズなんですけど新しく18-150mmズームが出来たからでしょうか中古でほんとに安く手に入れることが出来ました。年金暮らしの貧乏爺い重宝しています。私の機材はボデーもレンズもほとんど中古です。過去の名機が安く手に入り満足しているんですよ。白鷺が一羽遠くの野に見えて

  • 遠い日の稲刈る姿が懐かしくて

    嬉しい写真が手に入りました皆さんはこの写真を見ると遠い遠い昔の写真だと思われるでしょうね。私などはついこの間ことのように思えるですけども、たぶん私が明治時代に祖父たちが稲の脱穀に使っていた「千刃こき」を見るのと同じような気持ちなんだろうと思います。明治時代の私の祖父たちは乾燥した稲穂をこのの「千刃こき」に引きかけて脱穀していたんですけども、大正時代にこの足踏みの回転式の脱穀機が出来て使われるようになって「千刃こき」は使われなくなりました。足踏み式脱穀機は昭和の中後期頃に水冷式短気筒エンジンとベルトで連結された回転式の脱穀機が使われるようになるまでの長い間すべての農家で使われていました。私も使っていた懐かしい脱穀機です。このように農業の様子は年とともに変わってきたんですよね。この女の人の稲を刈る姿は江戸時代から昭...遠い日の稲刈る姿が懐かしくて

  • トンボ釣り今日はどこまでいったやら

    今年撮れた最後のトンボの写真午後の斜めの光を受けて輝いていましたミヤマアカネの♂です。会津マッちゃんさんのご教示を頂きました。お酒を愛した放浪の俳人山頭火さんの句に有名な「すっぱだかへトンボ止まろうとするか」がありますけどそのトンボはたぶん「このミヤマアカネだろうと思いますゆうやけこやけのアカトンボ負われて見たのはいつの日か懐かしいこの歌で歌われていたトンボもたぶんこのミヤマアカネだろうと思います。昔の初秋の空にはアカトンボが群れていました。ひとさし指とおや指でV字型を作り高く手を上げるとすぐにトンボが指の先に止まり指を閉じると簡単にトンボを捕まえることができました。その頃アカトンボと呼んでいていたトンボの中には尾が赤いのや赤くないのや、羽が広いのや広くないのやなどが混じりあって群れていました。それがここ10年...トンボ釣り今日はどこまでいったやら

  • 秋晴れの散歩の道を楽しんで

    晴れ渡る会津の空が広々とすみきっていました刈り終えた圃場の村は静かです緑公園の流れ二羽の鴨が泳いでいました。平和な眺めですボケ爺いの心が明るくなった今日の散歩道でした。秋晴れの散歩の道を楽しんで

  • アホな私 アホなつぶやき 午前2時

    つまらない雲の写真ですでもしばらくぶりに晴れた空なんですよ「一列に並んだ雲はなんとか前線の雲かもしれません」そう思って喜ぶ私を私は好きなんです。ほかの誰でもない私は私ですから。そんな私を私は生きていこうと思っているんです。午前2時(たしか昔は丑三つどき)と言って昔はお化けの出る時間帯と思っていましたねアホな私アホなつぶやき午前2時

  • 通い合う心が見えて村の秋

    お二人の稲刈る姿が温かくなんかちょっとしたトラブルがあってコンバインのご主人が奥様に声をかけていましたコンバインのご主人も見送っている奥様もほっとした姿ですご主人のコンバインは快調です奥様は刈り取った籾を摘んだ軽トラを運転して家に向かいました温かく心通わせあってお仕事なさるお二人の世界は、「あなた今日もまたうちにいらっしゃるの」とパートナーに呼びかけなさる奥様の世界とは隔絶した世界です。この稲刈るお二人は決して夫を主人とかカタカナ語のパートナーなどとは言いいません「うちの人」と言いますし妻のことは「愚妻」などとは決して言いません、「うちの家内は」といいます。二人は「互いに支え合い心が通い合う家族」なんですから。今日はCANONのミラーレス専用の55-200mmレンズて撮りました。安いけど十分に使えます。小型軽量...通い合う心が見えて村の秋

  • 慈悲の観音さまが優しくお立ちになっておりました

    初秋の空にお立ちになってちょっと落ち込んだ私を迎えてくださいました。とてもお優しく見えて心救われて明るく散歩できた昨日のわたしです。そしてまた今日の午前2時、怖い夢に目覚めた私の心をお救いくださった有り難い観音さまのお姿です。9月23日今日もしっかりと生きていこうと思う私です。慈悲の観音さまが優しくお立ちになっておりました

  • 秋の野に野菊の花が咲き初めて

    大正末生まれの私は初秋の野に咲く野菊の花を見るといつも伊藤左千夫の「野菊の墓」で物語られている幼い正夫と民子の清純で悲しい恋いを思いだすんですよ。「野菊のごとき君なりき」モノクロの美しい映画もありましたね。大正生まれの老体の心に生きているロマンです。秋の野に野菊の花が咲き初めて

  • あのレジの人の笑顔が明るくて

    老いの心がちょっと揺れましたでもね遠く離れたレジで済ましてスーパーを出た爺いです初秋の空は明るく晴れていました。いい日です。あのレジの人の笑顔が明るくて

  • 穏やかにもやって晴れた街の空

    広々と私を迎えてくれました穏やかにもやって晴れた街の空

  • 古老に嬉しい花二輪

    いま野辺いっぱいに咲いている花なんです「ゲンノショウコ」というんです私の祖父は慶応二年(1,866)生まれで病気の民間治療や薬草に詳しい人でした。この野草は腹痛の下痢によく効く薬草で乾燥して保存しておいたものを煎じて飲むと下痢はぴたりと止まると祖父は言っていました。「現によく効く証拠の薬草」ということなんでしょうね。でもいまではそんなこと知っている人はすくないですよね。私はこの花を見ると優しくていろんなこと知っている祖父のことを思いだして懐かしくなるんです。この花は里山の尾根などなどに咲いている「オトギリソウ」ですこの野草を乾燥して35度の焼酎に入れておいた薬液は傷治療の妙薬なんですよ。今はいろんな形のカットバンや治療薬などができて傷の治療に役立っていますけど、「カットバン」などなっかった昔はこの「オトギリソウ...古老に嬉しい花二輪

カテゴリー一覧
商用