searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

とびおさんのプロフィール

住所
若葉区
出身
江戸川区

平成16年4月にうつ病を発症して12 年近く。 病気は躁うつ病に悪化しつつ、酒に逃げながらも日々小説を読み、書き、ホラー映画や散歩を楽しむ孤独なおじさん(とびお)です。

ブログタイトル
うつと酒と小説な日々ー時々ホラー映画ー
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tobiomasahiro
ブログ紹介文
躁うつ病を患い、酒に逃げながらも本を読み、ホラー映画や散歩を楽しむ孤独なおじさんの日記です。
更新頻度(1年)

80回 / 365日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2011/08/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、とびおさんの読者になりませんか?

ハンドル名
とびおさん
ブログタイトル
うつと酒と小説な日々ー時々ホラー映画ー
更新頻度
80回 / 365日(平均1.5回/週)
読者になる
うつと酒と小説な日々ー時々ホラー映画ー

とびおさんの新着記事

1件〜30件

  • 窮鼠はチーズの夢を見る

    昨日は映画館に行きました。観たのは、男同士の恋を描いた、「窮鼠はチーズの夢を見る」です。大倉忠義&成田凌主演!映画『窮鼠はチーズの夢を見る』予告編名画「モーリス」を高校生の時から、同性愛を扱った作品は必ず観るようになりました。しかし、「モーリス」ほどの衝撃を受けた作品には、未だ出会ずにいます。モーリス4Kレストア版スペシャル・エディション【3枚組】[Blu-ray]ジェームズ・ウィルビーKADOKAWA/角川書店「窮鼠はチーズの夢を見る」は、ゲイの青年が、ストレートと思われる先輩に恋をし、誘惑する物語です。やがて先輩は女性との恋を捨て、ゲイの青年との恋に溺れていく、という物語。男同士の濡れ場も多く、ややえぐい感じに仕上がっています。単に美的という感じではありません。しかしゲイの青年は魅力的で、甘え上手で、これで...窮鼠はチーズの夢を見る

  • 彼岸

    暑さ寒さも彼岸まで、と申します。その言葉どおり、めっきり涼しくなりました。明日の首都圏は23度前後というから驚きです。お彼岸という風習は、インドや中国には存在せず、もっぱら日本独自の習慣だそうです。ということはつまり、現在仏教行事として行われてはいますが、日本古来の土俗的な風習であったと思われます。昼の時間と夜の時間が同じになる春分の日と秋分の日、あの世とこの世のゲートが開いて、亡き祖先をお迎えするというわけです。とは言っても、私は亡き父や、その他の祖霊と出会ったことはありません。あくまで気持ちの問題。祖霊信仰をよくするわが国の人々の祈りが、お彼岸を生んだものと思われます。見えないけれどもいるんだよ、ということでしょうか。それは怖ろしいことではなく、むしろ祖霊を家族として迎え、一時の歓談の末、あの世に送り返す、...彼岸

  • 事故物件 恐い間取り

    今日は久しぶりに映画館へ足を運びました。観たのは、「事故物件怖い間取り」です。私は知りませんでしたが、松原タニシという芸人が実在し、もっぱら様々な事故物件に住んでは、霊的現象が起きないかを検証し、もって生活の糧を得ているんだとか。事故物件怪談恐い間取り松原タニシ二見書房事故物件怪談恐い間取り2タニシ,松原二見書房この映画は、松原タニシをモデルにした映画です。10年間漫才を続けるも目が出ず、コンビを解消することになったジョナサンズ。一方は放送作家への転身を目指し、もう一方はやることが無いので、TV局に依頼されて事故物件に住み、恐怖体験を繰り広げる、というお話。実話ということになっていますので、起承転結もしくは序破急みたいな物はありません。ただ訳も分からず怖ろしい体験をするのです。分けが分からない、というのはホラー...事故物件恐い間取り

  • 運転免許

    今日は休暇を取って自動車運転免許の更新に行ってきました。幕張の免許センター、いつ行っても混んでいる印象でしたが、きょうはいつにも増して激混みでした。おそらく、コロナの影響で免許センターが業務を止めた時期があって、三か月まで有効期限が延長となり、その延長も終わり、本来の8月生まれや9月生まれの人だけでなく、延長組が押し寄せたのが原因かと思われます。激混みということはネットで調べて知ってはいましたが、これほどとは・・・。8時40分について、整理券をもらったのですが、その整理券には10時頃受付と書いてありました。1時間20分もの間、建物に入ることすら許されません。免許を取ってから初めて電車で行きました。駐車場が大変なことになっているらしい、と書いてあったからです。実際、駐車場周辺は大渋滞。電車にして本当に良かった。1...運転免許

  • トカイナカ

    月曜日になってしまいました。ブルーマンデーという言葉があるくらい、サラリーマンは月曜日が嫌いです。もちろん、私も。今週は水曜日に休暇を取りました。休暇と言っても、運転免許の更新に行くためのものなので、あまり嬉しくはありません。免許センター、いつ行っても混んでいるのですよねぇ。平日に行っても混んでいるのに、週末にはとんでもないことになっているでしょうね。最近、運転が怖くなりました。若いころは運転が好きで、ずいぶんスピードも出していましたが、今、状況がよく分かるようになって、スピードを出すのも怖いし、あらぬ所から出てくる自転車なども、ひき殺してしまいそうで怖いし、そもそもあんな鉄の塊みたいな物が猛スピードで走る能力を持っていることが怖いのです。私は18歳で免許を取りましたから、もう33年くらい経つベテランドライバー...トカイナカ

  • ふしだらな娘

    14歳の少女が男と駆け落ちし、家に連れ戻されたのは良いとして、就寝中、父親に斬首されるという事件がイランで起きたそうです。イスラム社会で時折見られる名誉殺人というやつです。少女は警察に保護された時、家に帰れば命の危険があるので、どこか別の場所で保護してほしいと懇願したそうですが、結局少女の危惧は当たってしまいました。江戸時代、不義密通は死刑だったと聞きますが、それは大人のこと。14歳で恋に落ちれば、何も見えなくなって愚かな行動にでるというのは、大人になれば大抵の人は知っています。父親は我が子をふしだらな娘と決めつけ、殺害に及んだということです。父親は禁固9年の刑を言い渡されました。軽い。殺人を犯して、禁固9年とは何事ですか。ましてイランは重罰を科すお国柄。母親は、夫を死刑に処すことを求めているとか。9年後に出て...ふしだらな娘

  • 安倍総理辞職

    安倍総理が辞職を表明しましたね。しかも第一次安倍内閣の時と同じ、潰瘍性大腸炎の悪化という理由で。さぞかし悔しいことでしょう。拉致問題の解決や憲法改正など、やりたいことはたくさんあったでしょうに。過去、タブー視されていた憲法改正は、今や他の法案と同じように議論されるようになりました。ただ、他の法案に比べ、日本国憲法は両院の三分の二の発議、さらに国民投票が必要という、事実上改正が不可能な仕組みになっていました。多くの自民党の政治家が憲法改正を目指しながら、成功できなかった厄介な問題でありました。もしかしたら安倍政権は憲法改正を成し遂げるかもしれない、と、期待をもっていました。私が敬愛する中曽根大先生は、100歳を超えてなお憲法改正を主張し続けながら、お隠れになってしまいました。しかし、私がもっとも期待する憲法第1条...安倍総理辞職

  • 誕生日

    今日、51歳の誕生日を迎えました。51歳、昔だったらそろそろ寿命が近づいている年齢でしょうか。人間(じんかん)五十年とか申しますし。しかしながら、平均寿命はぐっと延びて、男は、たしか81歳だったように思います。現在の平均が81歳ですから、栄養事情の向上や医学の進歩によって、もっと伸びる可能性が大きいと思います。そうすると、何か大病を患うとか、事故にあうとかしなければ、あと30年以上生きることになります。もしかしたら、100歳超えまで生きて、今はやっと半分かもしれません。50代をまだ若いとみるか、だいぶくたびれてしまったとみるかは、個人差が大きいので何とも言えないところです。見た目の印象も個人差が大きいでしょうね。髪が寂しくなってしまうとか白くなるとかいうのは、一見して分かりやすい特徴です。私はなぜか黒々ふさふさ...誕生日

  • 悪人伝

    昨日は朝い一番で映画を観てきました。観たのは、韓国映画「悪人伝」です。この映画には、三人の悪人が登場します。ヤクザの大親分、暴力的な刑事、そして連続殺人鬼です。連続殺人鬼、止せばいいのにヤクザの大親分を刺し殺そうとします。しかし大親分は大男なうえに、つねに体をきたえています。何か所か刺されはしましたが、一命を取り留めます。暴力刑事は被害者中、唯一の生き残りであるヤクザの大親分に近づきます。しかし大親分は、警察よりも早く犯人を捕まえて八つ裂きにしてやる、と息巻くのです。ところが警察の捜査も、ヤクザのそれも、難航します。そこで暴力刑事とヤクザは手を組んで犯人捜しを行うのです。ヤクザは自らの手で犯人を殺害しようと考え、暴力刑事は法によって死刑判決を下すことで犯人を殺害することを願います。結末やいかに、というところです...悪人伝

  • 減薬

    昨日は月に一度の精神科の診察い行ってきました。最近調子が良いということで、4錠飲んでいた抗うつ薬が3錠に減りました。喜ばしいことです。減薬

  • 運転

    やっと、梅雨もあけたようですね。今年の梅雨は嫌になるほど長いものでした。昨日は義父の新盆のため、寺にお経をあげてもらいに行きました。普通なら坊さんが檀家をまわるのでしょうが、義母が散らかった家に坊さんをとおすのを嫌がったためです。最近、車の運転はもっぱら同居人が行っています。練習の意味もあるのでしょうが、運転が面白くなってきたようです。義母の家、職場、寺、精神病院などに行けるようになりました。普通に走れるようになったと言えます。駐車の技術は私より上かもしれません。最終目的は、高速道路に乗って、江戸川区の私の実家に行けるようになることです。そうすれば、車で行っても酒を呑むことが出来ますから。今年も去年も正月の挨拶の際、偽ビールしか飲むことができませんでした。電車で行けばよいのでしょうが、それはいかにも億劫というも...運転

  • 連休最後

    今日で4連休も最後。明日からまた仕事に行かなければなりません。嫌ですが、飯の種である以上、行って仕事をしなければなりません。今朝はひどい雷で、どうなることかと思いましたが、その後晴れて暑くなりました。休日恒例の朝湯を楽しみ、卵とソーセージで炊き立ての飯をたっぷり食い、その後二度寝しました。午前中に洗濯と一週間分の食料の買い出しをすませました。晩酌の友に、甘塩きんきとイカの丸焼きなどを購入。昼は冷やし狸そばを食しました。昼飯を食って、昼寝。なんだか今日は寝てばかりいます。寝逃げしようという意識はないのですが。これから本日2回目の風呂に入り、夕食の支度です。夕食は、甘塩きんきの塩焼き、イカの丸焼き、椎茸と小松菜の炒め物、フルーツトマトです。酒を呑むので、白飯はなしです。連休最後の夜。今から暗くなるのは損です。明日の...連休最後

  • 椅子

    昨夜は晩酌が過ぎたのか、少々だるい朝でした。あるいは不規則な天候も原因の一つかもしれません。最近、私の部屋に謎の黒くて小さな粒を見かけるようになりました。それがいよいよひどくなり、原因を探ると、事務用椅子のキャスターのところの一部が欠けており、ずいぶん前から少しづつ進行していた様子です。この椅子、25歳で一人暮らしを始める時に購入したもので、じつに25年間も使っていたことになります。さすがに寿命と見えて、買い替えることにしました。私が住むマンションから徒歩でほんの5分ほどの場所に、大型の家具屋があります。そこに行ってみると、じつに様々な椅子があります。わずか3,000円ほどの物もあれば、革張りで何十万円もの高級品まで。いちいち座ってみて座り心地を確認したところ、11,000円の椅子が気に入りました。高い物は社長...椅子

  • 酒呑み

    4連休の2日目。昨日は微熱があり、一日、ごろごろして過ごしました。今日はお中元を贈るためと、義父の新盆の準備のため、そごう千葉店を訪れました。コロナ騒ぎの最中ですが、結構客がいました。お中元は千葉名産、落花生と決めています。用を済ませると、私が気に入っている椿屋茶房でビーフカレーのセットを食しました。上質の牛肉がゴロゴロ入って、辛すぎず、なかなかいけるのです。カレーのほかにポタージュとサラダ、それに食後の珈琲がついて、1300円ほど。格安と言って良いでしょう。新盆の品を車に収め、千葉市の中心部を散歩しました。⒋連休のせいか、昼呑みをしている人が多く、昼から営業している飲み屋はあまたあります。ある居酒屋の横にある駐車場には、リュックサックを枕に、気持ちよさそうに眠っている初老のおっさんがいました。身なりから、ホー...酒呑み

  • 一周忌

    今日は義父の一周忌でした。朝はひどい雨で、どうなることかと思いましたが、法事が終わるころには雨もあがり、墓参り、昼食会と、気持ちよく過ごせました。義父は日立に勤める技術屋で、およそ私には理解不能な物理学なっどの本を読んだり、2時間も3時間も散歩したり、書道に励んだり、なかなかの趣味人でした。それが昨年の7月、突如として原因不明の感染症を発症し、ほどなくして、帰らぬ人となりました。今思えば、コロナだったのかもしれません。義父の冥福を祈ります。合掌。一周忌

  • 俗物

    また一週間が始まりました。メール職人のようにメールを打ち続けたり、打ち合わせで無駄な時間を費やしたり、オンライン会議だとか言って自分の汚い部屋を丸見えにしたり、俗物どもに合わせて仕事をするのはしんどいですね。もっとも、私もずうずうしいおっさんに過ぎず、俗物どころか毒物かもしれません。一週間、乗り切るのは至難の業のように思えます。こんなことを30年も続けているのですねぇ。まぁ、私としては上出来と言ってよいのかもしれません。俗物

  • 三島由紀夫VS全共闘

    暑いなか、久しぶりに映画館に出かけました。観たのは、「三島由紀夫VS全共闘」です。三島由紀夫vs東大全共闘―1969-2000三島由紀夫藤原書店これは東大の駒場キャンパスで行われた三島由紀夫と全共闘との討論会の記録と、当時を知る元全共闘や元盾の会の人々へのインタビューで構成された、ドキュメンタリーです。なんだかNHKスペシャルのような映画でした。私が生まれたのは1969年。全共闘運動華やかなりし頃で、政治の季節なんて呼ばれていたそうですね。当然、赤ん坊であった私には記憶がありません。しかし、自民党や米国が本気で赤化を心配するほど、運動は盛り上がっていたようです。三島由紀夫はボディビルや剣道で体を鍛え上げ、盾の会という民兵組織まで作って自衛隊へ体験入隊を繰り返すなど、左がかった連中とは正反対の立場を貫いていました...三島由紀夫VS全共闘

  • ホトトギス

    ようやっと、土曜日を迎えました。朝は6時に起きて朝風呂。そして朝飯。朝酒といきたいところですが、そこはぐっとこらえて散歩に出かけました。帰宅して、ゆっくりと、熱い珈琲を飲みつつ新聞を読みました。もうすでに来ていると思われるコロナの第2波やら、習近平の国賓来日の話だとか、ろくなニュースはありません。新聞に触れて、この世は苦しいことばかりなのかと嘆きます。苦しいと言えば、精神病に悩まされていた頃、寛解にいたればすべてが薔薇色になると信じていました。そんなはずがないのに。病的な状態が普通に戻るだけで、普通とはかつて私が住んでいた苦界であり、そこに戻るだけのこと。味気ない仕事と味気ないマンション暮らし。花を愛でることも鳥の鳴き声に心躍らせることもありません。まして歌心など。夏草は茂りにけれどほとぎすなどわが宿に一声もせ...ホトトギス

  • ぽか休

    今日はなんだか朝から調子が悪く、仕事を休んでしまいました。ずる休みというべきかもしれませんが、調子が悪かったのは事実。風邪を引いたとか、熱があるとか、そういうことではありませんが、体のバイオリズムというか、なにやらわけのわからぬ理由です。こういう休み方は、どうも気分が晴れません。思い切って出勤してしまえば、どうということもなかったのかもしれませんね。偉いなとアリをみつめてずる休みそんな川柳を、どこかで見た気がします。私もアリを見つけに外に出てみましょうか。ぽか休

  • 酒呑み

    また一週間が始まりました。嘆きの週頭なんていう言葉もありますが、今日はわりと調子が良かったと感じます。昨晩の晩酌を、いつもより一杯少なくしたのが良かったようです。酒飲みとは、お祝いだと言っては酒を飲み、不幸があったと言っては酒を飲み、嬉しいから酒を飲み、悲しいから酒を飲み、何事もなくても酒を飲むものです。酒を呑むのに理由は要らぬ。呑みたいだけ呑めばよい。世に酒飲みはあまたあれど、私は若山牧水ほどの酒飲みをほかに知りません。朝酒ややめむ昼酒せんもなし夕方ばかり少し飲ましめ朝二合・昼二合・夜6合の酒を欠かさなかったと聞き及びます。それが節酒をおもいたったのですね。一方で、こういうのもあります。飲むな飲むなと叱り叱りながら母がつぐうす暗き部屋の夜の酒のいろ相当の酒飲みです。多くの名歌を残した歌人、酒はやめられなかった...酒呑み

  • 逃げ恥

    さっきまで、「逃げ恥」と略されるTVドラマを観ていました。なんとなく、観るともなく観ていたら、結構引き込まれました。新垣結衣と星野源との恋愛が主たるストーリーですが、サブ・ストーリーと言うべきものがあって、それは49歳のキャリアウーマンを演じる石田百合子と、17歳も年下の男との恋愛模様。じつは私は石田百合子と同い年。それもあって、サブストーリーを興味深く観ました。アラフィフであることを理由に、17歳年下の男の熱情を断り続けるキャリアウーマン。若さを失ったゆえの悲哀が、そこはかとなく感じられます。私はと言えば、ずいぶん流されてしまったなと感じているということ。学生時代は学校でふらふらと漂い、就職してからは自分を殺して厳しい社会の中を浮遊してきましたそれで、気が付いたら50歳になっていました。私はかつて、若さを楽し...逃げ恥

  • 子供

    九州ではひどい豪雨が猛威を奮っているようです。被災者のなかには、お年寄りや子供も数多くいるでしょう。たいそう難儀をしていると思います。お年寄りといえば、義母は80歳になり、足も悪く、しかも子供や施設に世話になるのを潔しとせず、一人暮らしを続けています。義母を見ていると、避難しなければならない事態に陥った時、それは大変なことだろうと思います。一方、子供に恵まれなかった私たちには、子供を連れて避難するということがどれほど大変なことなのか、もう一つ分かりません。ただ、私には9つ離れた弟がおり、言わば疑似子育てを経験しています。赤ん坊がどのように成長していくか、弟はそれを私に示してくれました。私は誰よりも弟をかわいがり、弟も私になついてくれました。それは大人になっても続き、弟夫婦の披露宴では私が司会を務めたほどです。親...子供

  • 短夜

    ただでさえ短い夏の夜。私はまたしても午前3時に起きるという早朝覚醒を起こしてしまいました。私の夜はどれだけ短いのでしょうね。夜は疲れてしまって何もする気が起きず、風呂も最近はもっぱら朝入っています。さっき、飯を仕掛けて風呂に入りました。飯はそろそろ炊ける頃。良い香りがキッチンに漂っています。風呂上りの火照った体を冷房で冷やしつつ、亡き父の書斎から頂戴してきた「俳諧古選新選」などを紐解いています。俳諧古選新選三宅嘯山東亜堂短夜やまだ濡れ色の洗い髪江戸時代の俳人、三宅嘯山の俳句です。なんとも色っぽい句ですねぇ。私は精神を病んでから、色っぽいことや艶っぽいことが起きることはなくなり、その道についてはすっかり無縁になってしまいました。あるいは老化でしょうか。今はただ、古人の和漢雅俗に親しんで、無聊をかこつばかりです。短夜

  • 早朝覚醒

    最近、早朝覚醒というか、深夜覚醒というか、とにかく睡眠が短くなって困ります。今日は午前2時に起きました。トイレに行って、また布団にもぐりこんだのですが、もう眠れません。今、午前4時10分。もやもやしながら、この記事を書いています。寝つきはすごく良いのです。午後8時ころには眠くなって、9時には寝てしまいます。ただ、睡眠が朝まで持続しないのです。年寄は早起きだと言いますが、私もその部類でしょうか。一方、早朝覚醒はそうは言っても眠れますが、不眠症で睡眠薬が手放せない、という人もいます。有名なところでは、椎名誠がそうだと聞いたことがあります。35年間も不眠に悩んだそうです。しかし、転んでもただでは起きないというか、商魂たくましいというか、不眠に関する著書「ぼくは眠れない」を書いて小銭を稼ぐとは、作家魂すさまじいと言うべ...早朝覚醒

  • 貧乏旅行

    今日、貧乏旅行のTV番組を見ました。そこで、はるか昔の貧乏旅行を思い出しました。旅行先はインド。大学の卒業旅行で、インドを目指したのです。しかも一人旅。語学に若干の不安を抱きながら、観光英語くらいはどうにかなるだろうと思い、決行しました。宿泊先も決めず、完全な自由旅行。パッケージツアーにしようなどと、微塵も考えませんでした。どうしても行きたかったのは、お釈迦様が悟りを開いたとされるブッタガヤー、それに、全身をその川に浸せば極楽往生できると聞いた、ヴァラナシのガンジス川。10日間の旅でした。空港に到着して、タクシーでオールドデリーを目指した途端、カルチャーショックを受けました。私が乗ったタクシーに突如、助手席に見知らぬ男が乗り込んだのです。少し強めに「Whoareyou?」と問だたしたら、「Noprobrem」と...貧乏旅行

  • 通常勤務

    新型コロナ、まだ収束したとは言い難いですが、政府は県を超えた移動を許可しました。で、町には人があふれています。これでは早晩、第2波に襲われるでしょう。私の職場は時間だけは通常勤務に戻りましたが、まだ対面の会議は認められていません。メール審議か、リモート会議のみ。マスク着用が義務付けられ、消毒薬があらゆる部屋の前に置かれ、入室・退室の際は手の消毒が求められています。幸い、私の職場からコロナ患者は出ていません。仮に一人でも患者が出たなら、即日在宅勤務とし、その期間は2週間とされています。不謹慎ですが、死なない程度に患者が出れば、2週間職場に出勤しなくてよいのだな、と、それを望むような気持があるのは否めません。在宅勤務ですから、時間中はパソコンの前に座っていなければなりませんが、職場に行かなくてよいのは、気分的にずい...通常勤務

  • ペーパードライバー

    同居人は運転免許を取得してから30年も運転していないペーパードライバーです。それが、運転したいと言い出しました。義父が亡くなり、一人暮らしとなった義母の家に自力で行けるようになりたい、というのが主な理由です。義母が住む家は我が家から車で10分とかかりません。バスでも15分ほどです。齢80になり、足も弱くなった義母に何かあった時、駆け付けたい、という思いを強くしたようです。で、同居人の職場であり私の職場でもある勤務地からの帰り、同居人が運転してみる、という練習を昨夕行いました。職場までは約14キロ、40分ほどの距離です。正直、同居人が運転する車の助手席に乗るのは怖かったのですが、30年も運転していなかったにも関わらず、果然、運転を決意した同居人の意気に感じないわけにはいきません。職場の駐車場を一周してハンドルやア...ペーパードライバー

  • スウィートホーム

    やっと金曜日の終業を迎えました。問題・課題は山積ですが、それでも週末はうれしいものです。金曜日の帰り道こそ、至福の時と言えましょう。家にいる場所がなくて、休みの日にはパチンコだとかネットカフェで過ごすお父さんもいるやに聞き及びます。家庭が安らぎの場所で無いとしたなら、なぜ結婚して、子供をもうけたのでしょうね。我が家は子供がおらず、私と同居人だけの2人暮らしを、もう22年も続けています。2人は仲良し。大人二人の生活ですから、家が荒れるということはありません。子供ができるかもしれないと思い、4LDKのマンションを購入しましたが、子供部屋と考えていた二つの部屋は、私と同居人それぞれの書斎となっています。なので、いる場所がないということはありません。20畳ほどのリビングダイニングでくつろぐもよし、寝室で昼寝するもよし、...スウィートホーム

  • コロナ後

    コロナ騒ぎ、一応、収束に向かっているようですね。私の職場では、一時期、完全在宅勤務になりました。それが半々の出勤になり、今は週に一度、交代で在宅勤務ということになっています。それも今月いっぱいで終わり、7月からは少なくとも出勤だけは通常に戻ります。しかし、対面の会議は無期禁止で、オンラインかメール審議だけが認められています。コロナの一件、今後の社会の在り方に大きな影響を及ぼすかもしれませんね。職場にしても学校にしても。それがどういう方向に進むのかはまだ分かりませんが。世の中というもの、何も変わらないようでいて、変わる時はびっくるするくらいの速さで変化していきます。私がそれを実感したのは、ベルリンの壁崩壊から始まり、ソビエト連邦そのものが無くなってしまうのを目の当たりにしたときです。あの時も、共産主義を信じる多く...コロナ後

  • AI、恐るべし

    コロナウィルスは私たちの生活を確実に変化させました。会議は対面が無くなり、オンラインもしくはメール審議。そう遠くない将来、「昔は会議ってみんなで集まってやってたんだって」「えー信じられない」「それに月曜日から金曜日まで毎日会社で働いて、家では働かなかったんだって」「嘘だぁ」なんて会話が交わされるかもしれません。さらにはAIの導入で、雇用が大幅にカットされ、失業者があふれるかもしれません。現在、情報革命の真っ只中。おそらく産業革命以上の変化をもたらすでしょうね。先のことは分かりませんが、ある程度の予想はできます。鉄腕アトムのようなロボットが生まれるとは考えにくいですが、家事をこなすロボットや、災害時等、自衛隊も消防も出来ない救助活動を行うロボットは作れるのではないでしょうか。そして恐ろしいのは、AIの人間に対する...AI、恐るべし

カテゴリー一覧
商用