chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
うつと酒と小説な日々ー時々ホラー映画ー https://blog.goo.ne.jp/tobiomasahiro

躁うつ病を患い、酒に逃げながらも本を読み、ホラー映画や散歩を楽しむ孤独なおじさんの日記です。

平成16年4月にうつ病を発症して12 年近く。 病気は躁うつ病に悪化しつつ、酒に逃げながらも日々小説を読み、書き、ホラー映画や散歩を楽しむ孤独なおじさん(とびお)です。

とびお
フォロー
住所
若葉区
出身
江戸川区
ブログ村参加

2011/08/18

1件〜100件

  • 難儀

    日曜日の夕方。毎度のことですが、面白いくらい、落ちています。あまりに不安が強いので、頓服の抗不安薬を処方の倍飲みました。ゆるーく効いてくる感じで、不安は少し和らぎました。毎週のことですが、嫌になります。若いころは、50も過ぎれば達観して、日曜日の憂鬱など無くなるのだと思っていました。あにはからんや、この憂鬱は、いくつになっても変わりません。仕事は苦役でしかありませんから、やむを得ません。精神障害を克服し、復職したばかりの頃、先輩方に、よく「無理するな」と励まされました。しかしこれは言語矛盾のような気がします。そもそも無理をするのが仕事というもので、だからこそお金がもらえるわけです。無理せず働け、というのは、黒い白馬みたいな、在り得ないことなのだと、日々、痛感します。それでも今週は希望があります。8月11日...難儀

  • 老後

    今日は涼しく、過ごしやすい日でした。散歩にでも出かけようかと思いましたが、散歩の友である同居人が留守で、なんとなく、ごろごろして過ごしてしまいました。土曜日は必ず、義母を整形外科に連れていき、歩行訓練のリハビリを見守り、遅い昼食を取ってから帰宅します。帰宅したら義母の汚れ物、一週間分の洗濯。歩いている暇などありはしません。こんな生活が始まって、もう半年になろうとしています。正直、義母が施設を卒業して自宅で独り暮らしが出来るまでに回復するとは思えません。衰え行くばかり。その姿は、将来の私たちを暗示しているようで、怖ろしくすらあります。義母は幼い頃東京大空襲で母親を失い、可哀そうな子だと、父、祖父母になめられるように可愛がられて育ちました。商業高校を出て国策銀行に就職。義母は高卒ですから兵隊要員ですが、短大を...老後

  • 泥船

    長い一週間の勤務が終わりました。金曜日の夕方ほど嬉しい時間はありません。私が20代の頃、バブルは弾けたとはいえ、躁病のような浮かれた雰囲気が、世間に色濃く残っていました。当時は花金などと言って、金曜日の夜は弾けるのが良いとされていました。馬鹿なことだとは思いながら、私も流行りに乗っていました。今ではコロナのせいもあって、金曜日だからといって何も特別な空気は流れていません。バブルの頃が異常だっただけで、今は正常に戻ったと言うべきでしょうね。バブルが弾けて後、わが国は30年にも及ぶ長い停滞期に入り、それは今も続いています。給料は上がらず、景気の良い話など聞くことも無くなりました。少子高齢化はますます進み、将来、わが国はどんなことになるのか、また、衰え行く国家を舵取りするリーダー達は、何を目標にするのか、全く分...泥船

  • 後悔

    4月に今の部署に異動になってから、今までとは打って変わって組織内で注目されることになり、張り切っていました。しかし、注目されるということは、それだけ仕事量も多く、仕事の質もより高度なものが求められるということでもあります。これは精神疾患を抱える私にはしんどいことです。すでに職場に完全復帰してから丸10年を超え、職場は私が精神病患者だと知ってはいても、もう治ったんでしょ、とでも言いたげな扱いです。精神疾患は、重度のものでなければ、服薬・休養の後、普通の人扱いするとよく治る、と聞いたことがあります。今、まさしく私は普通の人扱いされており、それが良い方に働いて、大量の精神病薬の服薬と併せ、功を奏しているのかもしれません。しかし、今正気を保っているからと言って、明日も正気を維持しているとは断言できないのが精神疾患...後悔

  • 祈り

    今年の夏は、異常な暑さです。異常であるがゆえ、過剰なまでに冷房を効かせてしまい、明け方、激しいくしゃみの連発とともに目覚める、なんていうことになっています。職場では、40年も前に作った空調ゆえ、細かい温度設定ができません。今時珍しい、「弱・中・強」なのです。しかも、「弱」でも寒いくらいによく効くため、職場でも鼻炎カプセルが手放せません。今夏の異常な暑さはわが国一国のことに非ず、欧州や北米をも席捲しているとの由。欧州では平時夏の暑さはそれほどでもなく、ゆえに冷房設備整わず、そこへ40度超えの酷暑にして、死者が出るのも道理です。そして世の状況を眺めれば、遠いウクライナはロシアの侵略に苦しめられ、ロシア兵はロシア兵で大義の無い戦を続けることに疲弊している様子。ウクライナ、ロシア双方にとって何の利益ももたらさない...祈り

  • 暑い

    暑い日が続きます。今日は昼間から冷たい生ビールを飲んでしまいました。蕎麦屋に行って、大人しくそばを食って帰るつもりが、多くの人が飲んでいたためか、つられて生ビールと天ぷら盛り合わせを注文して、一杯やってしまいました。一杯が一杯で済むはずもなく、焼酎のロックを3杯やって、すっかり良い気持ちになってしまいました。明日からまた怒涛の一週間が始まると思うと、酒でも飲みたくなります。私は酒で命を落とすのかもしれません。暑い

  • 通信

    我が家は同居人と二人で、一つのポケットWIFIを使っていました。私がデスクトップとノート、それにスマホの3台。同居人がノートとスマホの2台です。ところが一昨日、にわかに繋がらなくなってしまいました。そこで、今日は休暇を取って新しいポケットWIFIを購入。先ほど接続して、まぁまぁの速度。さらに、LANケーブルが家の中を走るのが嫌で、もう5年も使っていなかった有線LANをデスクトップに繋ぎました。有線最強と言いますが、本当にそうですね。なにしろ早い。5年まえ、WIFIに切り替えた時、フレッツ光の解約も考えたのですが、いざという時のために温存しておきました。今こそ、いざという時です。そもそもポケットWIFIはお出かけ用の物で、家でつなぐのは無理があったのかもしれません。客があるわけでもなし、家にLANケーブルが...通信

  • 恨み

    酒は百薬の長ともキチガイ水とも称せられます。私はかつて毎晩欠かさず晩酌をやっていました。ところが最近、あまり酒を呑まなくなりました。とくに平日は呑むことが無くなりました。そういう年回りなのか、仕事が忙しく、疲労困憊で帰宅して、晩酌などやる気が起きず、飯を食ってさっさと眠ってしまいます。おかげで一時悪化していた肝臓の数値も良くなりました。その代わり、多量の珈琲を飲むようになりました。酒がダウン系の麻薬だとすれば、珈琲はアッパー系の麻薬のようなもの。アルコールで頭を濁らせるのも快感ではありますが、カフェインで頭をしゃっきりさせるのもまた別の意味で快感です。そのうちほとんど酒を呑まなくなるのかもしれません。酒で身を持ち崩した人は数知れず。石原裕次郎しかり、美空ひばりまたしかり。中島らもはアルコール依存症だったそ...恨み

  • 暑くない

    本格的な夏を迎えたようです。私は30代後半から、抗うつ薬の副作用もあり、一時74キロまで太ったことがあります。就職した時の体重が53キロでしたから、20キロ以上太った計算になります。その時はひどい暑がりで、体を動かすのも億劫でした。ところが、父が他界してから急速に食欲を失い、酒ばかり飲んでろくに食わずにいたら、一か月で6キロ減少。その後も体重は落ち続け、1年間で48キロにまで落ちてしまいました。その頃から、夏でもあまり暑さを感じなくなりました。体重はその後54キロまで戻り、ほぼベスト体重ですが、暑くない、という不思議な現象は続いています。8月でも長袖のシャツに薄手のジャケットを着ないと、寒かったらどうしようという不安をぬぐえず、そうしています。半袖を着ることは無くなりました。職場は冷房が効いていますが、自...暑くない

  • 暗闘

    安倍元総理を殺害した犯人、旧統一教会に恨みがあったと述べているそうです。旧統一教会と言えば、高額で壺を売りつけたり、信者に全財産を寄進するように求めたり、悪名高い霊感商法で多額の金を集めることで有名でした。思えば私も、学生の頃、名乗りはしませんでしたが、明らかに旧統一教会を連想させる勧誘を受けて、不快な思いをしたことがあります。驚くべきことに、日蓮宗の寺院であった実家にまで、図々しくも霊感商法を仕掛けてきたことがあって、父の、鬼の形相の一喝で、早々に逃げていったことを思い出します。どんな宗教であれ、信仰を持つのは個人の自由ですが、なぜ金儲けに走るカルト集団に入信するのか、不思議でした。その宗教が本物かまがい物かを測る指標に、金儲けを旨としているかどうかが、重要な要素と言えるでしょう。犯人は旧統一教会に母親...暗闘

  • 因果

    今日は生憎の雨。雨の中、そごう千葉店に出かけました。クールビズ用のカジュアルなシャツを購入するためです。私はカジュアルはスコッチハウス、スーツはブルックスブラザーズと決めているので、当然、スコッチハウスへ。気に入ったシャツが3枚もあったので、すべて購入、52,000の散財でしたが、安物を買っても着心地が悪く、着なくなってしまうので、やむを得ません。今5着持っているので、これで8着になりました。これで一週間、毎日着替えてもおつりがきますので、良かったと思っています。私は自分のシャツのことや、つまらない仕事にかまけて、世界を揺るがすロシアとウクライナの戦争だとか、安倍元総理の暗殺だとか、大事件だとは思いますが、おのれの小さな悩みや楽しみにしか興味がわきません。これは老化の始まりでしょうか。来月で53歳になりま...因果

  • 換気扇あるいは消耗品

    土曜日は何もせずにゆっくり過ごすか、あるいはお出かけするのを恒例としていました。しかし高齢の義母の世話のため、土曜日は同居人が一日留守をするようになりました。で、日曜日は掃除、洗濯、買い出しと、週に一度の家事をこなす日のため、同居人は休む暇がありません。当然私も掃除、洗濯はやるし、買い物にもいきますが、炊事だけはどうも苦手で、同居人に頼り切っています。難儀なことです。そのうえ今日は風呂とトイレの換気扇を交換するために業者が3時間も我が家にいたため、誠に忙しい日となりました。キッチンの換気扇は数年前に交換しましたから、我が家の換気扇はすべて交換したことになります。思えば20年前、新築でピカピカのマンションを購入しましたが、時の流れは残酷で、あちこちガタがくるようになりました。換気扇のみならず、ドアノブもダメ...換気扇あるいは消耗品

  • 記憶にございません!

    昨夜はDVDを借りました。鑑賞したのは三谷幸喜のコメディ「記憶にございません!」です。記憶にございません!中井貴一支持率が2%台の、史上最悪の総理大臣。国会では汚い言葉で野党を罵倒し、国会を離れればマスコミを責める、いやぁな首相が主人公。演じるは中井貴一。この人、シリアスな役を演じるとどうも嘘くさくなるきらいがありますが、喜劇を演じさせたら天下一品。かつて喜劇役者という人々がいました。今では絶滅して、お笑い芸人と呼ばれる人が代替品になっていますね。中井貴一も喜劇一本でいけば良いのに、と思います。総理、演説中に石を投げられ、記憶喪失になってしまいます。秘書らは総理が記憶喪失になったことをひた隠しにして、なんとか政治をやらせます。すっかり良い人になってしまった総理大臣。誰もがその態度の急変ぶりに戸惑い、あるい...記憶にございません!

  • 暗殺

    昨日安倍元首相が凶弾に倒れました。安倍政権と言えば、通算8年8か月の長きに渡って首相を務め、その功績ははかりしれません。要人が暗殺されるのは、はるか昔の2.26事件以来ではありますまいか。まさか銃規制の厳しいわが国で、このような事件が起きるとは。やり切れません。犯人は安倍元総理の思想信条を恨んでいたのではないと証言しているそうですが、あてにはなりません。なにか大きくて邪悪な勢力の後ろ盾があったとしか思えません。それは右翼か左翼か分かりませんが、どちらにしろ、素人の単独犯行とは思えません。わが国はどうなっちゃったんでしょうね。今度の参議院選挙、自民党が大勝ちするかもしれませんね。同情票ということで。安倍元総理の死で得するやつは誰なのか、警察の詳細な捜査が待たれるところです。敬愛する安倍元総理、安らかに眠らん...暗殺

  • 電力

    今年は早くも梅雨があけ、猛暑日が続いています。しかしながら、私は車通勤。通勤の車は、当然、冷房しています。事務職なので、職場は寒いほど冷房を効かせています。自宅ももちろん、ずっと冷房。そのせいか、暑さをあまり感じずに過ごしています。文明の利器のおかげで、昔の王侯貴族ですら味わうことの出来なかった、過ごしやすい夏をおくっています。子供の大学生にいたるも自室にエアコンがなく、夏、わけても夏の夜はしんどい思いをしましたが、それもはるか昔の話。もう30年以上、夏は冷房の効いた部屋で過ごす贅沢を享受しています。今は適切にエアコンを使用し、熱中症を予防せよの大合唱ですが、かつては冷房は体に悪いとされていたように記憶しています。良い時代になったものです。ただし、今夏は電力の需給が切迫しているとかで、節電が呼びかけられて...電力

  • 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

    近頃ブログの更新が減ってしまいました。異動して仕事が多忙を極めているせいか、あるいは精神の衰えか。DVDもコメディばかり観るようになりました。年を取ると趣味嗜好が変わるのでしょうか。今日は「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」という作品を鑑賞しました。妻は落武者風だったり、ワニに食われていたり、様々な趣向を凝らして死んだふりをしています。そのエキセントリックな行動は観るものを混乱させます。しかしその底には、幼い頃に母を亡くしたという強烈な経験があります。寂しくて泣いてばかりばかりいる父を笑わせるために取った行動が、大人になっても抜けないのです。妻が死んだふりをする以外は、新婚夫婦の何気ない日常が静かに語られます。変わったことは何も起きない、日常。その日常は、人間の幸福というものを考えさせられます。...家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

  • コンフィデンスマンJP 英雄編

    土曜日の朝、DVDを鑑賞しました。観たのは「コンフィデンスマンJP英雄編」です。コンフィデンスマンJP英雄編長澤まさみdism「Anarchy」以前、「プリンセス編」を観て、本格的なコンゲームの映画で、大変面白かったので、「英雄編」を是非観たいと思っていたのですが、DVDがレンタル店に無かったため、待っていたのです。昨日、「英雄編」が新作のコーナーにあって、待望の鑑賞となりました。騙し騙される詐欺師たちの映画。一緒に仕事をする詐欺師はいても、仲間はいません。コンフィデンスマンは、裏切っても構わないし、仲間でもない、ということになっているようです。現に今作でも、詐欺師が詐欺師を騙し、騙されるという趣向になっています。今作も、前作に劣らない、見ごたえのあるコンゲームを繰り広げていて、楽しめました。土曜日の午前...コンフィデンスマンJP英雄編

  • 機種変更

    このところスマホの調子が悪く、「警告」だとか「ゴミがいっぱいです」とかいうメッセージが激しい警告音とともに現れるようになりました。一週間くらいして、どうにもならないと、この前の日曜日にauショップに出かけたところ、感染している、とのことでやむを得ず機種変更することにしました。ギャラクシーからギャラクシーへの機種変更です。感染が悪さをしていなければよいのですが。機種変更

  • 老人

    このところ、すっかりブログの更新が間遠になってしまいました。4月に異動があって、新しい席は多忙を極めています。それに加えて、土日は義母に会うために同居人が留守にするため、私が一週間分の洗濯、買い出し、それに掃除などがあって、心休まる暇がありません。老人一人に我が家の生活は大きく狂わされています。どうしたら良いのやら。老人

  • 迷妄

    朝から微熱があって、横になっていました。そんな時は、碌なことを考えません。私は小役人として禄を食み、人並みの生活をしてきました。車を買ったりマンションを買ったり。愚かにも結婚までしてしまいました。しかしそれは、生活上の必要あってやむを得ずしてきたこと。仕事というもの辛いものですが、それをやって、どうにか生きてきました。しかし、青年の頃思い描いていた生活とはかけ離れたものです。とんだ俗物に変化してしまいました。微熱がそうさせるのか、本心なのか。50を超えたおっさんは、未だに迷妄の森をさまよっているのです。迷妄

  • 小さなこと

    急に暑くなりました。調子を崩します。しかし今、風邪をひくわけにはいきません。コロナを疑われて、出勤停止になってしまいます。そして面白いことに、コロナが流行りだしてから、風邪をひかなくなりました。手洗い、手の消毒、マスクが効いているのかなと思います。こういう小さなことが大切なのですね。小さなこと

  • この世は

    今週末ももう終わり。呆気ないものです。新しい部署に異動になってから、一か月半過ぎましたが、なかなか慣れません。上司という人、気が悪い人ではないのですが、何しろ口が悪い。何だかいつも喧嘩口調なのです。それにイライラして、金曜日には、つい、怒鳴りつけてしまいました。上司、びっくりしたようで、急に猫なで声で私の機嫌を取ろうとします。部下から怒鳴られるという経験が無かったのでしょうね。小さいやつです。それでも、上司は上司。ある程度は立ててやらなければなりません。勤め人の辛いところです。このところ残業が続いています。明日からの一週間も地獄のように忙しいのでしょうね。早く引退したいところですが、そうもいきません。こんなことを繰り返して、30年も働いてしまいました。誠この世は生きにくい。この世は

  • 江戸川

    日曜日の夕方。一週間で一番憂鬱な時間です。それを吹き飛ばそうと、寅さんを観ました。今回は珍しく、アメリカ人の渡世人が登場します。堪能しました。寅さんの故郷は葛飾柴又で、江戸川のすぐ近く。江戸川土手で川を見ながらほっこりする場面が良く出てきます。私の実家は江戸川区で、同じように江戸川がすぐ近くを流れています。よく、江戸川土手を散歩しました。その思い出が、寅さんを観ると懐かしく感じられて、故郷が恋しくなります。それが、寅さんばかり観ている理由の一つでしょうか。しかしコロナ禍で、実家にもなかなか帰れません。最も私は堅気の木っ端役人。寅さんのような旅から旅の渡世人とは正反対の職業に就いています。隣の芝は青く見えるの譬えのごとく、寅さんのような生活に憧れを抱かずにはいられません。日曜日の夜、本当は明日に備えて素面で寝るべ...江戸川

  • 言葉が出ない

    土曜日を迎えました。千葉市は本降りの雨が降っています。夕方にはやむらしいですが、気分が晴れません。今朝は朝一番で内科に行きました。コレステロールを下げる薬をもらうためです。夕方には精神科に行かなければなりません。面倒くさいですが、大量の精神病薬を飲んでやっと正気を保っている身であれば、いたし方ない仕儀と言えましょう。そして最近、違和感を感じているのが、うまく言葉が出なくなったこと。吃音というわけではなく、すらすらと言葉が出ないのです。私は人前で話したりするのは得意だと思っていたのですが、どこか奇妙です。かつて久米宏がニュースステーションを降板する際、適格なタイミングで分かりやすく話すことが出来なくなったことを理由に挙げていました。久米宏のごとき話すプロにとっては致命的だと感じたのでしょうね。私は事務職ですから、...言葉が出ない

  • 逃げる花嫁

    またもや、寅さんを観てしまいました。わざわざDVDを借りて。今回のマドンナは桃井かおり。男はつらいよ翔んでる寅次郎〈シリーズ第23作〉4Kデジタル修復版[Blu-ray]渥美清松竹結婚式の最中にウェディングドレスのままタクシーで逃げてしまう上流階級のお嬢様。このシーン、「ロング・バケーション」というドラマでも同じようなのがありましたっけ。ロングバケーションdvd全11話を収録した7枚組DVD木村拓哉/山口智子日本のドラマロングバケーションdvdbuoksromenn勝手知ったる柴又の、寅さんの実家へ逃げて、しばらく滞在。上流階級同士の結婚を潔しとせず、自活して生きることを目指します。そこでいつもの寅さんの恋愛沙汰。しかし結局、マドンナは元の鞘に収まります。ただし、大会社の社長の息子であったお相手は家出して工場労...逃げる花嫁

  • 時代

    ゴールデンウィークも終わりに近づいています。私は暦どおりのお休みでしたが、なかには休暇を取って10連休だった者もいます。私は異動してやっと一か月なので、休暇を取る余裕はありませんでした。着実に日は過ぎ、新しい職場にも慣れていくんでしょうね。就職して31年目。異動したところでどうということも無いのは、よく分かっています。私は学術行政の仕事に就いていますが、年々、仕事が増えているように感じます。お金の使い方に瑕疵がある研究費の不正、盗用などの研究不正。これらが問題になり、研修を頻繁に行っています。私のごとき木っ端役人が、大先生たちを相手に不正防止の講習会の講師っを務めたり。また、外部資金の獲得に奔走したり。わが国の研究機関は危機に瀕していると感じます。思えば30年前は牧歌的でした。職員もたくさんいて、一人が受け持つ...時代

  • フーテン

    今日は朝から微熱があって、大層、大義でした。朝は11時まで寝ていて、少し元気になったので、車で10分ほどのところにある、パスタ専門店を訪れました。サラダにジェノベーゼ、珈琲をいただいて、大分元気になりました。珈琲は覚醒作用があるように思いますが、その作用は不安を伴います。今日はそれが強くて、食後、頓服の抗不安薬を処方の倍、飲みました。するとゆるりと効いてきて、不安は大分解消されました。しかし不安の種は、仕事にあります。明日、そして来週からの怒涛の忙しさを思うと、抗不安薬による効果など、酒でも飲んだような、一時的なものでしかないことも分かっています。一つ一つ困難な仕事を片づけなければ、平穏は訪れません。宮仕えなど、するものではありませんね。今日も寅さんを観てしまいました。的屋稼業は辛いことも多いでしょうが、旅から...フーテン

  • 死ぬ

    今日、大好きな寅さんシリーズの、伊藤蘭がマドンナの作品を観ました。若くて元気な寅さん、おいちゃん、おばちゃん、そしてさくらにひろしに満男。みな若い。若いということ、それだけで溌剌として美しい。しかし今、寅さんも、おいちゃんも、おばちゃんも、この世の人ではありません。映像のなかに残された元気な姿が、切なく感じられます。おぎゃあと生まれた赤ちゃんは、少年、青年、中年の時を経て老境に至り、必ず、死んでいきます。人間(じんかん)五十年。人の世にいられるのは五十年だとか。私は今52歳。もう、それを超えています。思えば多くの人の死を見てきました。思い出すだけで泣けてくる父の死。義父の死。あまたの職場の先輩の死。切ないのは後輩の自殺。それらあまりに多くの死に接して、思わないわけにはいかないのが、私自身の死です。死ぬのは怖ろし...死ぬ

  • 憲法はお経?

    今日は憲法記念日。永井荷風はその日の日記に、米国の作りたる憲法発布の由、嗤うべし、と短く記しています。私は憲法など変えようと変えまいと、大した違いは無いと思っています。よく、平和憲法などと言って、これさえ守れば国は守れる、みたいな妄言を吐く人がいます。それなら憲法に、地震も台風も起きない、と書けばよいのです。そうすれば天災地変も起きなくなるでしょうから。しかしわが国は、平和憲法を持ちながらも、強力な軍隊を保持し、英国の軍事雑誌で、世界第5位の軍事大国と評されています。したがって、平和憲法は有名無実化し、実際には全く守られていないと言ってよいでしょう。解釈改憲と言われる所以です。さらには米国と軍事同盟を結び、その軍事力ゆえに、わが国は平和を享受してきました。そう考えると、わが国は法律は変えずに、運用で重大な憲法違...憲法はお経?

  • 我と我々

    今日は昨日とうって変わって冷たい雨の一日になりました。ゴールデンウィークというと、初夏を思わせる日が続くイメージがありますが、今年は違っているようです。朝は小雨でしたので、今のうちに買い物を済ませようと近所のスーパーへ。同じようなことを考える人が多かったのか、日曜日の午前中にしてはお客さんが多かったように思います。お昼は近所のお蕎麦屋さんでとろろ蕎麦を食しました。それ以外は家でゴロゴロ。同居人、仕事と介護で疲れ切っている様子で、お昼寝中。同居人の仕事と介護をこなす様子には、頭が下がります。同居人と私は職場の同期。ただし同居人は一浪して大学に入っているので、年は私より一つ上です。正直、出会ったばかりの頃は、田舎くさい、冴えない女だと思って、近づきもしませんでした。しかし同期ということで、酒を飲んだりしているうちに...我と我々

  • 不安

    大型連休に入っていますが、私はカレンダーどおりなので、月曜日は出勤です。出勤、そして仕事というのは、誰にとっても大きなストレスだと思います。私は若いころ、サラリーマン生活も年を取ればどこかで頓悟し、気持ちが楽になるのだろうと思っていました。しかし30年を過ぎても、頓悟するどころか、ますます不安は増し、プレッシャーに押し潰されそうになることがよくあります。そんな時、過去の成功体験は何の役にも立ちません。経験による知恵も、無駄です。いつも明日のこと、明後日のことが不安でなりません。私はうつを抑える薬や、逆に躁を抑える薬など、多くの精神病薬を飲んで、やっと平静を保っている状態です。その中で、即効性があるのは、抗不安薬という種類の薬です。昔は精神安定剤と呼ばれていたと聞きました。これを飲むと、ゆるーく効いて、まったりと...不安

  • 呪う

    今日からゴールデンウィーク。2日と6日に休暇をとれば10連休になりますが、今の部署に移ってまだ一か月の私には、そんな余裕はありません。暦どおりのお休みです。面白くはありませんが、やむを得ざる仕儀と言うべきでしょう。私は私の小さな問題を片づける能力しかありません。いや、それすら無いのかもしれません。まして遠い異国の争いなど、ただ傍観するだけです。酷いことになってはいますが、私にはどうすることもできません。人間というもの、よほど争い事が好きなようです。自分を救うことさえ出来ないとは、私は私を呪うしかありません。呪う

  • 二週間

    先週で新しいでの仕事が二週間を超えました。今のところ、大過なく過ごしています。昨日は4週間に一度の精神科の診察があり、大いに励まされました。薬の量は変わらないんですけどね。この調子で、新しい職場に順応していければと思います。二週間

  • 犬鳴村

    今日は久しぶりにホラー映画を鑑賞しました。Jホラーの佳作、「犬鳴村」です。犬鳴村三吉彩花かつて犬をさばいて食いつないできたという犬鳴村。今はダムの底に沈んでいますが、その怨霊に苦しめられるお話。本格心霊ホラーに仕上がっていて、震え上がりました。ホラー映画を観たいと思うこと自体、私の精神が上がってきている証拠。近頃コメディばかり観ていましたが、やっぱりホラー映画は良いですねぇ。犬鳴村

  • 要介護3

    義母、今までは要支援1でした。それが一気に要介護3の認定を受けました。要支援3ではありません。要介護3です。医者から歩行器を使って少しでも歩くように言われても、リハビリを勧められても、辛いから嫌だの一点張り。今、介護施設に入っていますが、他の入所者の衣類と一緒に洗濯されるのは我慢ならないとかで、同居人を呼びつけて洗濯物を渡し、我が家で洗濯しています。今日も同居人は午前中、義母の病院通いの介護をし、午後は休日出勤をしました。義母の介護のため、しょっちゅう休暇を取るので、休日出勤しないと追いつかないそうです。義母より先に同居人が過労死するのではないかと心配です。老人一人のために、我が家は壊滅的な状況に追い込まれています。せめて施設での洗濯くらいは我慢してほしいものだと思います。一方で、私一人の稼ぎではしんどいため、...要介護3

  • 三つ子の魂

    今日は寒い一日でした。おかげで家から一歩も出ずに過ごしました。そんな風にして過ごしていると、碌なことを考えません。明日からの一週間を恐れて、職場なぞ火事で焼け落ちてしまえばいいのに、とか。テスト前の中学生のようです。考えてみると、3歳で幼稚園に通うようになってから、50年ちかく、平日はどこかに通って、拘束される生活をおくっています。私がどれほどこれを嫌ったことか。三つ子の魂百まで、と言いますが本当にそうです。今宵もわずかな酒で、一瞬、忘れるのでしょうね。三つ子の魂

  • 初日

    昨日から令和4年度が始まりました。新しい部署での1日目。新しい部下から指示を求められるのはともかく、古巣の部下からも相談、質問にやってきて、難儀しました。しばらくはこういう日々が続くのでしょうね。残るも地獄、移るも地獄。結局どこの部署に行っても地獄は続くというわけです。それがお金をもらうということ。世の中は厳しく出来ています。就職して31年目に突入。食うためとはいえ、よくぞ続いたものです。今は定年を楽しみにしながら、粛々と仕事を続けるだけです。初日

  • コンフィデンスマンJP プリンセス編

    昨夜は「コンフィデンスマンJPプリンセス編」を鑑賞しました。コンフィデンスマンJPプリンセス編長澤まさみなかなかに面白いコンゲームでしたが、前作の「ロマンス編」に比べると、クールさが足りないというか、騙し騙されの要素が少ないような印象を受けました。それでも十分楽しめましたので、今度は「英雄編」っを観たいと思っています。コンフィデンスマンJPプリンセス編

  • コロナ後

    4月から別の部署に異動が決まったことは、すでにこのブログでお知らせしました。現在の部署には2年間しか在籍しませんでした。短くても3年はいるのが普通なので、異例の人事です。その不安に押しつぶされそうになり、昨日は懸案事項を少しでも片づけようと、休日出勤しました。予定していた仕事の最小限まではやりましたが、まだまだ引継ぎができるような状況ではありません。2日続けての休日出勤は辛抱できないので、今日は自宅でのんびり過ごしています。前は休日と言えば、必ず散歩をしたりお出かけをしたりしていたのですが、コロナ禍ですっかり外出しなくなりました。そしてそれに慣れてしまいました。オンライン会議の導入で、仕事の仕方は大きく変わりました。これはコロナ後も続くんでしょうね。なにしろ楽ですから。コロナ後の世界、どうなってしまうんでしょう...コロナ後

  • 寒々しい

    昨日、都内で桜の開花が宣言されました。これから一気に咲き乱れ、散り乱れるんでしょうね。この季節、多くの勤め人がそうであるように、私も苦手です。桜の美しさや儚さが、年度末の猛烈な忙しさと相まって、春愁の気配を感じさせ、憂愁に囚われるのです。春を迎えるというのに、私の心は冷えっ来ています。あたかも今日はお彼岸。実家の寺にも行きません。そんな気分ではありません。そういえば、毎年休暇を取ってでも墓参りに行っていた父の命日である3月5日、休日勤務のため、お参りしませんでした。実家には不義理をはたらいています。毎年よ彼岸の入りに寒いのは正岡子規の句です。子規句集(岩波文庫)正岡子規岩波書店これを私は、実際に寒いのではなく、俳人の心象風景が、寒々しい季節を見せているのだと思っています。これから一か月ほど、年度末そして新年度と...寒々しい

  • ぐるぐる

    今日は昼飯を食いに蕎麦屋に行った以外は、家でのんびり過ごしました。その間、私の頭を去来するのは、4月からの新しい部署のこと。あんな仕事をしなきゃいけない、こんな仕事もしなきゃいけないと、頭がぐるぐるまわって、気持ちが安らぎません。人事異動はサラリーマンの宿命。辞令一枚でどんなことでもやらなければいけません。辛いです。新しい部署は激務で知られています。果たして私に務まるんでしょうか。不安しかありません。30年も勤めても、心が平穏になることは無いようです。ぐるぐる

  • 異動

    最近すっかり春めいてきました。春は人事異動の季節。昨日、4月1日異動がオープンになりました。今の部署に2年しかいない私は関係ないだろうと思っていましたが、意外にも内示をもらいました。職階は変わりませんが、部下の数が増えました。今までは3人だけの小じんまりとした部署でのほほんとやっていましたが、今度の部署では部下が13人になります。これらの管理は困難でしょうね。女性も多いので、女同士のどろどろに苦労したと前任者が行っていました。この部署には昔在籍したことがあります。それだけに、何月にはこれをやり、何月にはあれをやり、と言ったことを知り尽くしており、それらを束ねなければならないのは、予期不安に襲われます。今年の春は比較的平穏に過ごせるだろうと思っていたのに、誠に残念です。異動

  • 一度死んでみた

    今日はマンションの消防設備の点検と排水管の清掃のため、休暇を取りました。一昨日はワクチン接種の副反応で休んでいるので、今週は職場に通うのがわずか三日です。年度末を乗り切れるんでしょうか。甚だ不安です。消防設備の点検も排水管の清掃も午前中に終わり、午後はコメディ映画を借りてきて、鑑賞しました。きっついホラー映画やサイコ野郎が登場するサスペンスばかり観ていたのが、近頃はコメディばかり。私はどうなっちゃったんでしょうね。観たのは、広瀬すずと堤真一が親子を演じる「一度死んでみた」です。堤真一演じる製薬会社の社長。彼は家族を省みないワーカホリックです。妻の死に際にも実験を続ける、製薬ヲタク。そんな父を毛嫌いする娘。親子関係を軸に、物語は進みます。製薬会社では、画期的な新薬、若返りの研究を進めています。その新薬を狙って、合...一度死んでみた

  • 副反応

    昨日の午前中に掛りつけの内科でコロナワクチンの3回目を接種しました。1回目、2回目は副反応は起きなかったのですが、今回は酷い目にあっています。まずは発熱。今朝起きたら体が異常に重く、目に熱感があったため、体温を測ったら38度5分ありました。風邪と違うのは、喉や鼻はなんともなく、ただ熱だけがあるのです。食欲もあります。ネットで調べたら、これらはコロナワクチンの副反応として典型的なものだと書いてあり、ワクチンが効いている証拠で、1日か2日で熱は下がる、とあります。職場に休む旨のメールを送信し、念のため、と内科医からわたされていた解熱鎮痛剤のカロナールを服用しました。カロナールが効いたのか、36度9分まで熱は急降下。しかし、午後からまた熱が上がって、38度8分になりました。カロナールが切れたのかと思ってまた飲んだので...副反応

  • コンフィデンスマンJP ーロマンス編ー

    一人で過ごす週末。今日はDVDを観ました。詐欺師と詐欺師が二重三重の騙しあう、コンゲームの佳品です。コンゲームの映画といえば、往年の名作「スティング」があまりにも有名です。スティング(字幕版)ロバート・レッドフォード今日観た映画は、その壮大さ、スケールの大きさ、騙しが複雑に絡まっている点など、「スティング」にも劣らない出来栄えで、大いに騙され、楽しませてもらいました。コンフィデンスマンJPロマンス編長澤まさみ知りませんでしたが、元々はテレビドラマで、映画もシリーズ化されているそうです。すべてを観たいと思いました。映画の性質上、このブログでは何も語れません。ネタバレがネタバレを呼び、さらに騙される、という趣向ですから。久しぶりにエンターテイメントの名画を観させてもらいました。幸せ。コンフィデンスマンJPーロマンス編ー

  • 熾火

    今日も同居人は施設の義母を見舞うため、出かけています。私は一人ソファでウトウトしたりして、のんびりと過ごしています。寂しいと言えば寂しいし、勝手気ままに出来て気楽だと言えば気楽です。思えば私は、20代も半ばを過ぎるまで、結婚願望など無く、一生独身で過ごすのだろうと思っていました。そのほうが色々な女性と遊べるし、楽しいだろうと思っていたのです。それが何の因果か同居人と出会い、お付き合いをし、ついに結婚する羽目に陥りました。私の我儘で傲慢な性格ゆえ、早晩離婚すると思っていましたが、気付いたら結婚して24年が過ぎようとしています。来年は銀婚式。よくも続いたものだと思います。幸か不幸か子宝に恵まれず、だからこそ私たちは二人で生き、世界に二人で取り残されたような気分が今も続いています。恋は打上げ花火ではなく、熾火のように...熾火

  • 3.11 あれから11年 

    今日は3月11日。東日本大震災の日です。思えばその時、私は職場復帰していくらも経っておらず、管理職の配慮により、暇な部署でのんびり過ごしていました。ところが午後2時過ぎだったでしょうか、強い揺れが起こり、職員は急遽玄関前の庭に避難するよう放送で命令がありました。直後、私鉄、JR、バスなど、あらゆる交通機関が完全にストップしていることが判明。建物に大した損傷はありませんでしたが、即時帰宅が命じられました。しかし公共の交通機関が動いておらず、帰るに帰れない者たちは、職場に段ボールを敷いて眠るしかありませんでした。私は車通勤でしたが、普段なら30分で着くところ、激しい渋滞でわずか14キロの距離に5時間もかかりました。途中休憩のためコンビニに寄ったのですが、早くも水やおにぎり、弁当などは全て売り切れで、トイレにも長蛇の...3.11あれから11年

  • 順番

    大分暖かくなってきました。とはいえ、三寒四温と言いますから、まだ冬物の衣類は手放せません。冬場、股引をはき、起毛した下着を着用するようになったのはいつからでしたか、記憶が定かではありません。子供のころはあまり寒さを感じなかったような気がします。それは青年期にいたってもあまり変わらず、40を過ぎてからやたらと寒がりになってきました。筋肉が減ってきているからですかねぇ。そもそも運動は苦手で、せいぜい散歩するくらいだったのが、コロナの影響でそれすら止めてしまいました。先日、大部の書類を抱えて階段を上っていたら、バランスを崩して派手に転んでしまいました。あの時は恐怖でした。これも足の筋肉の衰えでしょうか。怖いので、二階に上がるのでも、荷物があるときはエレベーターを使うようにしています。で、ますます筋力が落ちるのでしょう...順番

  • プーチンの終わり

    ロシアによるウクライナへの侵攻、まだ終結する気配はありません。ロシアはウクライナのNATO加盟を許すまじと侵略を始めたわけですが、ジョージアとかフィンランドとか、今までNATO加盟の意志を示してこなかったロシア周辺の国々が、大慌てでNATO加盟を求めていると聞きました。NATOに加盟していれば、侵略された際、共同で防衛してくれるでしょうから。おそらくプーチンは、ウクライナのごとき小国は、ロシアのような大国に攻撃されれば、ひとたまりもなく降伏すると思い込んでいたのではないでしょうか。甘い。ウクライナは言論の自由があり、民主的な国家です。そのような国は、全体主義的、権威主義的な体制に組み入れられるのを嫌います。まして今は情報革命の真っ最中。新聞やテレビのニュースよりも早く、SNSで動画付きの情報が得られます。そこに...プーチンの終わり

  • 貧しい国へ

    日曜日。同居人は今日も実家で義母のお世話。大変です。私はひとり、寅さんのDVDを2本借りてきて、しばし、笑い転げました。最近、寅さんばかり観ています。寅さんをはじめ柴又の人々の切れの良い江戸弁も爽やかで、耳に心地よい。失恋しては旅に出る寅さんの姿には哀愁が漂い、何度観ても飽きさせません。すでにシリーズの全てを観ていますが、つい、2回、3回と借りてきてしまいます。明日からの仕事を思うととてつもなく憂鬱になりますが、これが勤め人の辛いところ。寅さんのような渡世人には渡世人の辛さがあるごとく、勤め人には勤め人の辛さがあります。わずか48時間前、金曜日の夜には格別の解放感を覚えますが、日曜日の夜はその真逆。48時間前に戻りたいと毎週思います。会議資料の作成、会議のお世話、印刷物の作成、そして年度末の予算の管理執行、わず...貧しい国へ

  • 痛み

    近頃めっきり春めいてきました。気が付けば3月。当然のごとく、季節は移ろっていきます。ニュースを見ればロシアのウクライナへの侵略の話ばかり。プーチン、気が狂ったのか焼きが回ったのか、現代では考えられない横暴ぶり。涙を流すウクライナの人々を見るにつけ、人間の愚かしさを嘆かずにはいられません。しかし私たち夫婦にとって最大の問題は、義母のこと。足が弱って歩くことはおろか立ち上がることさえ難儀している様子。電話に出るにも、固定電話が置いてある場所に這って行かなければならず、電話を掛けることさえ憚られます。とにかく足と胸の痛みは尋常ならず、痛み止めの飲み薬、注射、弱いモルヒネが配合された張り薬などを使っても痛みは治まらず、このところ同居人は休暇を取って義母の世話をしに行っています。土日はもちろん義母と過ごします。同居人が「...痛み

  • 理事長

    今日は午前中、マンション管理組合の総会に出席しました。何年も総会は欠席していたのですが、来期は理事にあたっていたので、やむを得ずの出席でした。理事会は4名が輪番で選ばれます。その4名が、理事長、副理事長、理事、監事になるのですが、誰も理事長なんてやりたくないので、結局はくじ引きで役職をきめることになりました。引きが強いのか、運が悪いのか、理事長に選ばれてしまいました。がっくりです。仕事に行くだけでも精一杯なのにマンションの管理組合の理事長なんて、務まるのでしょうか。大いに不安です。御役目とあらば仕方ありませんが、断るという選択肢がない以上、やむを得ません。理事長

  • おとなの事情 スマホをのぞいたら

    今日は同居人が老いた義母の家に行っているため、独り。コメディを借りて観ました。観たのは、「おとなの事情スマホをのぞいたら」です。年に一回、ホームパーティーを開いている3組の夫婦と独身男の7人。彼らは8年前、台風の晩、三階建ての家に避難し、3階まで水がきて、やむなく屋上に逃げ、ずぶ濡れになりながらも3日間を生き抜いて救助された仲。命の危機を乗り越えた7人の、楽しい夜でした。年齢も職業もばらばら。だからこそ楽しいはずです。避難した屋上で知り合って結婚した一組の若い夫婦。その妻が、夫婦の間には秘密がないはずだと、スマホを出し、電話ならスピーカーで聞き取れるようにし、メールやラインなら互いにに見せ合うというゲームを始めようと言い始めます。戸惑いながらもゲームにのる仲間たち。しかしそのせいで、浮気がばれる男や女、カミング...おとなの事情スマホをのぞいたら

  • 病院

    昨日は千葉大学附属病院の眼科を受診しました。緑内障の治療のためです。眼科は、近所のクリニックと、大学病院と、2箇所通院しています。クリニックの院長、そろそろ手術を検討するほど悪化していると、千葉大学医学部附属病院に紹介状を書いてくれました。何度か通っていますが、様子をみましょうと言うばかり。40代、50代の緑内障手術は合併症が起きやすく、出来れば手術は避けたいと言っていました。それにしても大学病院は待ち時間が長い。最初若い女医が診て、その次緑内障の専門医が診て、またさっきの若い女医が診ました。それぞれ90分くらい待ちました。これでは予約の意味がありません。だから大学病院は嫌なのです。13時に着いて、帰宅の途についたのが18時過ぎ。参りました。しかしそれ以上に、左目の緑内障が進行しているということ。目が潰れるのは...病院

  • 天皇誕生日そしてウクライナ

    今日は天皇誕生日。首都圏の空は見事に晴れ上がり、春を感じさせます。今上陛下の62歳の誕生日を、天までが寿いでいるかのごとくです。この良き日に、ロシアがウクライナ東部の親ロシア派武装勢力が支配する地域の独立を承認したとのニュースが飛び込んできました。ロシアは武力をもってこの地域を制圧し、その先にはウクライナ侵攻、そして親ロシア傀儡政権の樹立が待っているのでしょうか。あるいは一足飛びにロシアへの併合が待っているのでしょうか。またも多くの血が流れるのでしょうか。ひと昔前なら、世界大戦になっていたでしょう。しかし今は、米国の力が弱まっているのみならず、あちらもこちらも核武装しているため、動きがとれません。核の抑止力とは言いますが、そんなものがなければ抑止できないのでしょうか。嫌なニュースです。しかし私はロシアを責める気...天皇誕生日そしてウクライナ

  • 酒なしにして

    就職して30回目の年度末に向かっています。年度末の忙しさは何度経験してもしんどいものです。忙しさと比例して、酒の量が増えています。今朝コレステロールの薬をもらいに内科に行ったのですが、次回(三週間後)、採血となりました。せめてこの3週間節酒したいと思っています。肝臓の数値が悪化するのは嫌ですから。医者からも叱られますし。世の中に楽しみ多ししかれども酒なしにして何の楽しみ酒豪でならし、わずか42歳で酒のために命を落とした歌人、若山牧水の短歌です。気持ちは分かりますが、あまりにストレートで意地汚く、数々の秀歌が泣くというものです。しかし、年度末を迎えた私の心情も似たようなものです。これから精神科の診察に行かなければなりません。外は生憎の雨模様。こんな冷たい雨の日に精神科とは面倒くさいことこのうえないですが、大量の精...酒なしにして

  • 出勤できるでしょうか?

    三連休の最終日。のんびり過ごせたのは結構ですが、今夜から明日にかけて雪の予報。参ります。私の車はノーマルタイヤですので、車で行くわけにはいきません。自宅から駅までは徒歩で5分とかかりませんが、職場は駅から歩ける距離ではなく、バスを使わなければなりません。そしてこのバス、雪に弱くて、しょっちゅう運休するのです。何年前だったか、バスを諦めて雪道をすってんすってん転びながら歩いたら、一時間半もかかってしまいました。タクシーは一台もなく、難儀したことを思い出します。明日もその覚悟で職場に向かわなければなりません。嫌ですねぇ。しかし、明日は業者との打ち合わせがあります。この業者、ごっつい四駆に乗っていて、雪なんて平気なのです。いっそ電車が完全にストップしてしまえばよいのですが、下手に行く方法があるから厄介です。勤め人の辛...出勤できるでしょうか?

  • 目を潰す

    今日は6時半に起きて朝湯に浸かりました。休日の贅沢です。朝飯はハムエッグと味噌汁、それに白飯。ゆっくりと時間をかけて食いました。9時から視野検査の予約をしていたので、眼科へ。晴れたせいか、雪はほとんど溶けていました。じつは視野検査、大の苦手です。光が見えたらボタンを押すという単純なものですが、光が弱々しいので、目の錯覚なのか、実際に光っているのかよく分かりません。それでも、見えたと思ったら押すようにします。検査結果はすぐに出て、とりあえず緑内障は進行していなかったということで、安堵しました。2月24日に、この検査結果を持って、千葉大学医学部附属病院に行かなければなりません。面倒くさいことです。クリニックにも行き、大学病院にも行かなければならないとは。目が見えなくなるのは、非常に怖ろしいことです。人間、目から得る...目を潰す

  • コーヒーが冷めないうちに

    重たい雪が積もった道を歩いて、すぐ隣のGEOでDVDを借りました「コーヒーが冷めないうちに」という映画を観ました。とある喫茶店。その喫茶店のある席に座ると、望むままに過去に戻ることができます。ただし、面倒くさいルールがあります。・過去に戻ってどんなことをしても、未来=現在は変えられない。・熱いコーヒーを淹れて、完全に冷める前にコーヒーを飲み干さなければ、帰れない。・その喫茶店を訪れたことがある人のもとへしか帰れない。その喫茶店を訪れる様々な人の人生を垣間見ることできる映画です。タイムトラベル物のSFと観ることもできますが、内容は、ファンタジーですね。主演の有村架純の好演が光ります。脇を固めるのは、薬師丸ひろ子、石田ゆり子、松重豊、波留、吉田羊などの豪華俳優陣。この映画、悪い人は一人も出てきません。全員良い人です...コーヒーが冷めないうちに

  • 万引き家族

    昨夜、カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した作品を鑑賞しました。「万引き家族」です犯罪を生業とする偽りの家族の静かな日常が語られます。おばあちゃん、お父さん、お母さん、10代後半と思しき長女、小学生の長男、の5歳の次女の物語。いずれも血のつながりはなく、ちょっとしたこと、例えば実の親からの虐待などから偽の家族に助けられ、そのまま家族の一員になってしまったというような方法で偽家族は成立しています。静かな日常のなかで、万引きなどの犯罪が繰り広げられます。「スーパーに置いてある商品は、まだ誰の物でもないから盗ってもいいんだ」というお父さんの言葉。リリー・フランキーがお父さんの役を演じて、怪しさ全開です。お母さんの安藤サクラも熱演。おばあちゃんの樹木希林も、偽家族の創設者として、家族から尊敬を集めています。子供たちも、な...万引き家族

  • 雪とリーダーシップ

    明日は関東地方で広く大雪の予報となりました。私が住む関東地方南部平野部でも5センチから10センチの積雪との予報が出ています。私の車はノーマルですので、車通勤は不可能です。おそらく多くの一都三県に住む人々は、冬タイヤに履き替える習慣がないのではないでしょうか。ウィンター・スポーツが趣味の人を除いて。首都圏の鉄道は極端に雪に弱く、バスもタクシーも雪に慣れていないため、通勤は危険を伴います。弱ったなぁと思っていたら、職場から粋なお達しが出ました。全員在宅勤務とする、在宅勤務が難しい者は休暇を取ることを推奨する、というのです。事実上、全員出勤するなということです。台風や大雪のときなどは、いつも自己判断で、と言うばかりだったところ、今度ばかりははっきりと言い切ってくれました。ありがたいことです。ただし、あくまで在宅勤務で...雪とリーダーシップ

  • 的屋稼業

    コロナによる巣ごもり生活も3年目を迎えました。好きな散歩もせず、家で食っちゃ寝生活。これでは太ってしまいます。暇を持て余して、気楽に観られる映画が観たいと、DVDを借りました。借りたのは、「男はつらいよフーテンの寅」です。寅さんシリーズ、全作観ていますが、時折無性に観たくなります。本当は第1作目を観たかったのですが、あいにく貸出中。で、なるべく初期の物が観たいと、借りた次第です。的屋稼業の寅さんが旅先で恋をしてはふられる永遠のマンネリ映画。でもそのマンネリが良いのです。初期の頃の寅さんは元気で威勢が良くて、しかも初代おいちゃんも、寅さんの叔父さんらしく、寅さんに似たスットコドッコイで、良い味を出しています。終わりの頃の作品は満男が主人公みたいになっていて、いまいち楽しめません。純情で男気があってけんかっ早くて、...的屋稼業

  • うとうと

    やっと迎えた土曜日。朝は平日より1時間遅く、7時に目覚めました。この1時間が休日の醍醐味でしょうか。朝飯を食らって、ソファでうとうと。よく眠れるものです。2時間も二度寝して、朝湯につかりました。あがったら、またもやうとうと。昼飯を食ってまたうとうと。13時から16時まで眠ってしまいました。よほど疲れていたようです。平日と休日の差があまりに大きいように思います。これから本日2度目の風呂に入り、晩酌の予定。つまみは中落とスルメイカの刺身、それにオクラや納豆を入れたネバネバサラダ。ひと時の贅沢です。うとうと

  • 空白

    今日は昼過ぎまで眠り、さすがに腹が減って、朝昼兼用の飯をたっぷり食いました。その後手持無沙汰で、DVDを借りに出かけました。借りたのは、「空白」です。女子中学生がスーパーで化粧品を万引き。それを見ていた店長が追いかけ、女子中学生は逃走。国道に飛び出したところを車にはねられ、運の悪いことに後続のトラックに引きずられ、見るに堪えない姿になって死亡。その後、女子中学生の父親の暴走が始まります。それはしつこいほど。しかし、時が父親の心を静めていくヒューマンドラマ。重たい作品でした。私には子供がいないのでよくわかりませんが、逆さ仏ほど辛いものはないでしょう。少しづつ、暴走をやめ、大人しくなっていく父親の姿が泣けてきます。空白古田新太空白

  • 戦後はない

    今朝は珍しく早朝4時に目が覚め、もう眠れませんでした。土曜日で気分が上がっているせいかもしれません。5時には早くも朝飯を食いました。卵と納豆で白飯をたっぷり。平日は朝コンビニに寄ってサンドウィッチを購入し、職場で食すことが恒例になっていますから、白飯の朝食は休日にのみ許された贅沢です。その後8時に内科に行き、コレステロールを下げる薬をもらいました。帰宅後、ソファでウトウトとしてしまいました。さすがに4時起きは早すぎたようです。BSで山本五十六と軍縮会議のドキュメンタリーを鑑賞。山本元帥、日米開戦を阻止しようと努力しながら、結局は真珠湾攻撃の中心人物になってしまったという悲劇の海軍軍人です。この番組を観るかぎり、海軍は軍縮交渉を受け入れるべきだとする人々が次々に予備役(事実上の首)にまわされたり左遷されたりするな...戦後はない

  • 近付いてくる

    今日、私の職場で初めてコロナ患者が出ました。箝口令がしかれているので、誰かはわかりません。でも同じ部署の人は当然分かっているのでしょうね。コロナ差別が起きることを警戒しての箝口令。私の身近にも、確実に、コロナが近付きつつあるようです。近付いてくる

  • 散漫

    昨日は疲れていたせいか、15時過ぎまで眠ってしまいまいました。こんなに眠れることはありません。起きて、時計を二度見してしまいました。それでもなお眠かったのですが、夕方、月に一度の精神科診察日だったので、やむなく起き上がりました。なんだか土曜日を失ってしまったような、損した気分です。理由は分かっています。来週の一週間、猛烈に忙しいからです。私はうつっぽくなると、過眠になります。不眠になる人が多いと聞きますが、過眠になる人も一定数いるそうです。精神科に出かけて、来週への予期不安というか予期恐怖というか、そういうものに襲われていると相談しました。精神科医、パソコンを検索して、ちょうど一年前のデータを見、去年も同じような不安を抱えながら切り抜けたじゃないですか、予想するのは仕方ないですが、予想しすぎないことです、と慰め...散漫

  • 精神科病院×新型コロナ

    昨夜、NHKで、「ドキュメント精神科病院×新型コロナ」という番組を観ました。当たり前ですが、精神病院に入院している患者も、コロナに罹患します。精神病の治療を受けつつ、コロナの治療も行わなければならない、現場は悲惨なことになっていました。わが国の精神病治療には決定的な問題があります。一度入院すると、30年も40年も退院できない、という。しかしこれ、医療の問題ではありません。一般社会における精神病差別の問題です。家族は精神病患者を看病する気はさらさらなく、むしろ家族の恥として、精神病院に隔離しておくことを望んだりします。社会資源も、例え治っていても、受け皿を作ろうとしません。退院しても行き場の無い患者は、結局、入院し続けるしかありません。幸いにして、私は精神病患者ですが、入院にまで至ったことはありません。しかし自助...精神科病院×新型コロナ

  • 天魔と食う雑煮

    正月に雑煮を食わなくなってどれくらい経つでしょう。おそらく10年どころではありません。同居人は雑煮が嫌いで、元旦の朝はもっぱら私が作っていました。きちんと昆布と鰹から出汁を取り、鶏肉などを入れて醤油で味付けした、本格の雑煮です。私はその出来に満足し、雑煮を旨く感じていました。しかし同居人は、申し訳程度に餅を一つだけ食い、汁を啜ると早々に食事を終えるのでした。これでは面白かろうはずもありません。じつは私も、餅はそんなに好まないので、正月の雑煮を止めてしまいました。毎年餅を喉に詰まらせて死ぬ愚か者がいます。命がけで食うような代物ではあるまいと、自分に言い訳をして。で、元旦から普通に白飯を食うようになりました。そうなってみると、なぜあれほど力を入れて雑煮を作っていたのかと、自分が滑稽に感じられるようになりました。雑煮...天魔と食う雑煮

  • 迷妄の森

    今日は休暇を取りました。役所に障害者自立支援の手帳更新に行くためです。この手帳が交付されると、精神科の診察代と薬の処方費が1割負担になるのです。通常、3割負担ですから、長く通うと馬鹿になりません。私はうつが酷かった頃、希死念慮に悩まされていました。平たく言えば、死にたくて仕方ないのです。うつ病は自殺率が極めて高い病気ですから、私もまた、死と生の堺を、塀の上を歩くようにして彷徨っていたわけです。この塀の、生の側に落ちたから、今こうしてブログを更新できているのです。死の側に落ちれば私は安楽にあの世でまどろんでいたでしょう。生の側に落ちるのと、死の側に足を踏み外すことと、どちらが楽なんでしょうね。生きている私は、いっそ死の側に落ちれば良かったのに、と思うことがあります。生きるということはしんどいですから。「男はつらい...迷妄の森

  • 新成人の皆様へ

    今日は成人の日なのですね。コロナのために式典を中止する自治体もあったとか。新成人の皆様にはお気の毒です。由来は、かつて元服の儀を行う日だったからだそうです。もっとも、昔の元服は数えで15歳と言いますから、今でいえば中学生。ほんの子供だったのですね。数年前まで、大人になったことを祝うはずの式典で、自ら子供であると主張するような、蛮行が流行っていました。首長の挨拶を妨害したり、大酒をくらって安い着物姿で町を練り歩いたり。それは新成人のほんの一部でしょうが、目立つので、みんながみんなそうであるような錯覚を覚えました。特に沖縄は酷くて、中学時代の仲間が同じ着物を着て、別の着物を着た=べつの中学の同級生といざこざを起こしたり。しかしもう子供だとは認められないお馬鹿さんたちは逮捕されて実名で報道されたりして、やっと成人たる...新成人の皆様へ

  • 衰え

    昨日は出勤しました。週明け火曜日、午前に一本、午後に一本、私が担当の会議があり、その資料作りが間に合わなかったので。それでも今週はマシです。今日、明日とお休みですから。疲れていたのか、午前11時まで寝てしまいました。その後軽い朝昼兼用の飯を食って、内科に行きました。コレステロールを下げる薬をもらうためです。この内科、日曜日も午前だけ診察を行っています。ありがたいかぎりです。近頃、言葉がうまく発せられなくなってきました。若いころは弁舌さわやかで、私とは絶対に差しで話をしない上司がいました。変に説得力があって、言いくるめられてしまうからだそうです。久米宏が、かつてニュース・ステーションを降板する際、「思うように言葉が出てこなくなった」と言っていたのを思い出します。相手を説得する能力に長けていた私が、まさか言葉に詰ま...衰え

  • 一昨日は首都圏にひどい雪が降りました。朝は曇っていたので、車で行こうかとも思いましたが、午後からみぞれの予報で、ノーマルタイヤを履いている私は、念のため電車で通勤しました。これが大当たり。首都圏としては大雪と言ってよい、積雪10センチを観測しました。これではノーマルタイヤでは走れません。路面凍結のため、昨日も電車通勤となりました。寒さから、疲労がひどく、帰るなり倒れるように眠ってしまいました。子供の頃は雪が降るとワクワクしたものですが、大人になると寒いばかりか、通勤に支障をきたすので、雪は大嫌いです。わが里に大雪降れり大原の古りにし里に降らまくは後天武天皇の短歌です。自分が住む都に大雪が降ったよ、君が住む大原の古びた里に降るのはもっと後だろう。というほどの意味かと思います。自分の里に綺麗な大雪が降ったことを自慢...雪

  • 獅子舞と和太鼓

    正月2日。朝は10時まで寝ていました。朝昼兼用の飯をたっぷりと食い、またもやソファでうとうと。このところ食っちゃ寝を繰り返しています。正月太りは必至です。正月気分を味わいたいと思い、だけど寺社仏閣はどこも混んでいていやなので、和太鼓の演奏と獅子舞を広場で行っているというそごう千葉店に繰り出しました。そごうで紳士小物や江戸切子売り場などを冷やかし、広場へ。大層な人出で、よく見えなかったのですが、とりあえず獅子に頭を齧ってもらいました。これで今年は幸福になれるはずです。続いて和太鼓の演奏。大変な迫力でした。明日で正月休みも終わり。実家に挨拶に行く予定です。正月休みなんて呆気ないものですね。仕事が始まれば怒涛の日々が待っています。それに怯えながら明日は一日を過ごすんでしょうね。サラリーマンなんてつまらないものです。獅子舞と和太鼓

  • 元旦

    皆様新年明けましておめでとうございます。新しい年を迎え、千葉市の空は見事に晴れています。強風が吹いていますが、雪国の方々の苦労を思えば、なんということもありません。元旦の今日は家でのんびり過ごしています。朝、お屠蘇を飲んでから、そのまま朝酒に突入。当然ながら朝酒は昼酒になり、勢いあまって夜酒となります。正月の私は、もはや酒粕です。去年は江戸川区の実家に挨拶に行きませんでした。もちろん、コロナの影響です。江戸川区なんて、千葉県と江戸川を挟んですぐお隣。江戸川を渡るくらい構わないかと思いましたが、県境を越えるなの大合唱を受けて、断念した次第です。今年は緊急事態宣言が解除されたこともあり、3日に挨拶に行く予定。甥や姪にお年玉をあげるために行くようなものですが、私も子供の頃は親戚が来るとお年玉がもらえるということで、叔...元旦

  • 大晦日

    今日は大晦日。いよいよ今日で令和3年も終わりです。1年の終わりに当たって、午前中は、大掃除というほど大仰なものではありませんが、清掃をしました。家中がピカピカになって、清々しい気分です。掃除に疲れて、大晦日も根性の営業を続ける中華屋に行き、野菜がたっぷり乘ったタンメンを食しました。私は塩ラーメンが好きで、味噌ラーメンは好みません。タンメンは塩味のうえ、野菜を多く摂れるので、たまに食います。その後すぐお隣のドトールで食後の珈琲。カフェインで頭がしゃっきりとたところで、今年最後のお散歩。寒いなか、近所を1時間ほど歩き回りました。近所では窓ガラスを拭いている人や、洗車をしている人を多くみかけました。帰りに蕎麦屋でお持ち帰りの生蕎麦とかき揚げを購入。今夜の年越蕎麦です。以前はよく、年末に詣で仕舞いと称して、結婚式をあげ...大晦日

  • マトリックス レザレクションズ

    昨日は映画館に出かけました。観たのは、「マトリックスレザクション」です。マトリックスシリーズ4作目。私はこのシリーズ、全て映画館で観ています。第1作は1999年公開と言いますから、もう20年以上前の話。1作目を観た時の衝撃は今も鮮明に思い出します。人工知能が高度に発達し、機械は人間に対して反乱を起こします。機械と人間との戦い。機械が太陽光を燃料にしていることから、人間は人工の雲を作って太陽光を遮断します。機械は新たな燃料源が必要になります。そこで機械は、人間が持つエネルギーを燃料に変えるため、人間を捕獲して生きながらエネルギー源にしてしまいます。。その間、人間は眠りながら幸せな夢を見続けることに。夢の世界こそ、仮想現実=マトリックスというわけです。ほとんどの人間はエネルギー源になってしまいますが、一部の覚醒した...マトリックスレザレクションズ

  • 正月休み

    今日から1月3日まで、6日間の年末年始のお休み。掃除は明日することにして、今日はのんびり過ごしたいと思います。正月休みの良いところは一斉に休むこと。私の業界では基本的に誰も仕事をしていないはずですから、メールをチェックする必要もありません。夏休みは交代でとるので、仕事は動いているため、どこか心が休まりません。正月休み、久しぶりに完全に仕事を忘れて過ごせます。ありがたいことです。正月休み

  • 長い一年

    今日は仕事納め。令和3年、長い長い一年の仕事が、やっと終わるのですね。そしてまた、非常に長く感じられるであろう令和4年という年を過ごさなければなりません。よく、時が過ぎることを、あっという間だった、と表現する人を見かけます。私には理解できない心性です。過ぎてしまえばあっという間とか言いますが、あっと言う間であるはずがありません。一つ一つ、その年に起きたことを思い出してみれば、一年は途轍もなく長いことが分ると思います。嬉しいこと、悲しいこと、苦しいこと。旨い酒を呑んだこと、旨い物を食ったこと、調子が悪くて飯を抜いたこと。診察のたびに精神病薬を調整したこと、増やしてみたり、減らしてみたり。親戚や友人が亡くなったこと、近しい人が子供を産んだこと。映画や芝居を観たこと、お花見をしたり、陽気の良い日に散歩をしたこと。36...長い一年

  • キャラクター

    今日は休日出勤の振替でお休み。今季最強の寒波が来ているとあって、家で大人しくしていました。唯一出かけたのは、DVDを借りにいったのと、スーパーへ今夜のつまみを買いに行っただけ。DVDは、SEKAINOOWARIのボーカル、FUKASEが連続殺人鬼を演じたサスペンス、「キャラクター」を借りました。FUKASE、役者じゃないのに狂気じみたサイコ野郎を演じて、見事な怪演ぶりでした。もともとボーカルというもの、世界観を作ってみたり、歌の人物になりきったりしなければならず、そういう点が役者と相通じるものがあるのでしょうね。絵はやたらうまいのに、魅力的なキャラクターを作り上げることが出来ず、夢を諦めようとする漫画家のアシスタント、ヤマコシ。FUKASEの存在を知って、FAKASEはヤマコシの中に入り、ヤマコシはFUKASE...キャラクター

  • ソビエト崩壊から30年

    昨日、12月25日でソビエト連邦崩壊からちょうど30年だそうです。ゴルバチョフ大統領が辞任した日。私は大学4年生で、近づく就職に恐怖していました。ソ連の崩壊、驚きましたねぇ。ソ連はかのレーガン大統領から悪の帝国とまで呼ばれ、共産社会に君臨していました。当時は米ソの冷戦が激しく、まさかその一方が崩壊にいたるとは思っていませんでした。ソ連崩壊は、米国の封じ込めによる結果だとする論や、構造的な問題、つまり共産社会という全体主義的な体制は、そもそも長持ちしない、とする論、あるいはゴルバチョフやエリツィンによる政策的な誘導によるとする説、色々飛び交いました。その正否は歴史学者に任せるとして、私は単純に、あれほど強固に見えた体制が、わずか70年ばかりで崩壊してしまうという冷厳な事実に、ただ世の無常を感じるばかりでした。欧州...ソビエト崩壊から30年

  • 胃が掴まれる

    昨日は土曜日ながら忙しい一日となりました。同居人がウォーキング用の靴がだいぶくたびれたため、買いに行きたいというので、昼前にそごう千葉店に向かいました。11時半頃着いて、まずは腹ごしらえ。このブログで何度も紹介した椿屋茶房でカレーライス、スープ、サラダを食しました。食後の珈琲も飲んで大満足。90分くらいかけてゆっくりと食事を楽しみました。その足で靴売り場へ。同居人、気に入ったのがあって、即決。アシックスの靴で、一足3万円くらいしましたが、履き心地が悪いと履かなくなってしまうので、色違いの同じ靴を2足購入。まぁ良いでしょう。次に年賀の品を買いに酒売り場へ。赤白のワインを1本づつと、自分用に大好きな栗焼酎を買いました。結構な大荷物になってしまい、疲れたので喫茶店で珍しくオレンジジュースを飲みました。その場でオレンジ...胃が掴まれる

  • スマホでブログを書いてみました

    ここのところ、落ちています。理由はわかりません。職場復帰して10年以上。なんどもピンチを迎えながら、その都度、薬の調整でのりきってきました。職場復帰して10年も、昇任もせず、ひたすら年に合わない役職で、年下の上司の下で働きました。上司もやりにくかったでしょうね。今、やっと昇任し、遅蒔きながら自分で手を動かすということはほぼなくなりました。ここまできて、また休むわけにはいきません。土曜日に診察があります。それだけが救いです。いつもはパソコンでブログを書いているのですが、初めてスマホで書いてみました。50過ぎのおっさんには、マウスとキーボードがないとしんどいです。スマホでブログを書いてみました

  • MOTHER マザー

    今朝は8時に起きました。昨夜の酒が残っていたようで。食欲がなくて、朝飯は抜きました。マンションのリビングは南向き。たっぷりの日差しを浴びて、ソファでうとうと。今日は同居人が休日出勤で、なんとなく、寂しい日曜日になりました。11時半に、朝昼兼用の飯。ハムエッグと納豆と白飯。飯を食ったら少し元気になって、一週間分の食料の買い出しに行きました。晩酌のつまみも。ネバトロサラダとフルーツトマト、それにお惣菜のチキンの照り焼き。帰りにDVDを借りました。「MOTHERマザー」です。酒好き男好きパチンコ好きのクズな母親と、その子供の日常を描いた作品です。いつもお金に困っていて、実家に金の無心に言ったり、盗みを働いたり、悪い金貸しから金を借りては逃げ回ったり。それなのに、息子は母親が好きなのです。MOTHERマザー長澤まさみそ...MOTHERマザー

  • ホムンクルス

    今朝は7時に起きました。平日より1時間遅いだけですが、それでも休日の喜びを感じます。朝飯は納豆と白飯だけ。それでも腹が膨れて、ソファで二度寝。外は見事に晴れ渡っていましたが、関東名物からっ風が吹いて、ひどく寒い一日となりました。昼は蕎麦屋。熱燗を二合、やりました。寒い日には熱燗が体に沁みわたります。帰りにDVDを借りました。「ホムンクルス」です。もともとの意味は、錬金術師が生み出す人造人間のことだそうです。記憶喪失の男に、頭蓋骨に少しだけ穴をあけるという実験を行う研修医にしてマッドサイエンティストの青年。一歳半くらいまで、頭蓋骨は完全にはふさがれておらず、頭蓋骨がふさがることによって脳が圧迫され、完全な能力を発揮できなくなる、というのが研修医の考え。で、穴をあけるとどうなるか、というお話。予告編着想は良いと思い...ホムンクルス

  • 未知の領域

    昨夜、一週間ぶりの酒が旨くて、つい吞みすぎてしまいました。昼まで寝ていたい気分だったのですが、9時に床屋を予約していたので、やむなく起きました。時間が無かったので、朝飯は抜きです。床屋政談を繰り返すこと90分。さっぱりと仕上がりました。床屋から帰って、スーパーで買い物。さらに洗濯。面倒くさいことが多いのが私の日曜日です。お昼は蕎麦屋に出かけ、鴨南蕎麦を食しました。いつもだと鴨せいろなのですが、いい加減寒くなってきたので、鴨南蕎麦にしました。荒っぽい感じの鴨肉と、鴨肉のだしを含んだ汁は絶品です。午後はYouTubeで遊んで過ごしました。近頃の若者はテレビを見ないとか。パソコンで様々な動画を見られるので、それも当然と言えるかもしれません。私のようなおっさんでも、テレビを見る時間が減ったくらいですから。そのうちテレビ...未知の領域

  • お休みが嬉しい

    今朝は早起きして朝湯につかりました。土曜日の朝風呂は格別です。納豆とハムエッグと白飯の朝食を食い、内科へ。コレステロールの値を下げるためには、薬が必須なので、面倒くさいですが、三週間に一度、通っています。内科が終わったのが9時半。その足で、眼科へ向かいました。こちらは緑内障の目薬をもらって、視野検査の予約をしました。終わったのが11時。午前中、病院のハシゴでつぶれてしまいました。その後そごう千葉店に出かけ、カレーライスとサラダとスープの昼食。このブログで何度も紹介した椿屋茶房という喫茶店ですが、ここのカレー、私の好物です。食後は珈琲でまったり。二時間ちかい、ゆったりした昼飯です。良く晴れて風もなかったので、千葉市中心部を1時間ほど散歩。風さえなければ、首都圏の冬なんて、長い秋のようなものですが、どういうわけか強...お休みが嬉しい

  • 上をみても下をみても

    金曜日の終業を迎えました。今日は冬のボーナスの支給日でもあります。金曜日でボーナスとくれば、この上なく嬉しいはずですが、何となくもやもやします。私が就職した頃はバブルの残滓があって、毎年順調に給料は上がっていきました。いつの頃からか収入は横ばいになり、全く上がらなくなりました。金曜日の夜を花金とか言って、夜遊びに出かけることが奨励されていた頃は、日本国全体がバブルに浮かれ、しかも給料は目に見えて上がっていたのですから、夜遊びにでも出かけたくなるでしょう。今、わが国は貧乏な国になってしまいました。給料は上がらず、物価は微増。やれません。そうは言っても、明日、明後日と短いお休み。金が無いなんて考えず、週末を楽しまなければなりませんね。我が家は正規雇用同士の共働き。2馬力は違います。1馬力で子育てに奮闘しているお父さ...上をみても下をみても

  • 真珠湾

    昨日は日米開戦の日だったのですね。忘れていました。真珠湾攻撃から80年。日本の国の在り様は変わりました。しかし、大日本帝国臣民も、日本国民も、本質的には変わっていないと思います。昭和50年代でしたか、昭和陛下が米国を訪れた際、米国の記者に「戦後、日本人はどう変わったか」と問われ、「何も変わっていない」と答えて米国人記者を唖然とさせたとか。大戦とはいえ、一度負けたくらいで国民性が変わるはずもありません。これからも変わらないでしょう。真珠湾

  • 永遠のネバーランド

    午睡から目覚めて、肩の凝らない映画でも観ようと、DVDを借りました。借りたのは、「約束のネバーランド」。子供向けのダークファンタジーです。ヨーロッパの古城を思わせる森の奥に建つ孤児院。孤児院の主はママと呼ばれ、孤児たちから慕われています。森の奥には柵があり、そこから出ていくことは固く禁じられています。しかしこの孤児院には秘密が隠されていました。約束のネバーランド浜辺美波孤児たちは、16歳になるまでに、必ず里親を見つけ、孤児院を卒業していきます。しかし、卒業というのは名ばかりで、実は人肉として出荷されるのです。地球は人肉が大好きな鬼と人間が激しい戦いの末、妥協のうえ、戦いは終わります。人間は人肉の農場を作り、鬼に売りつけるので、一般の人間は襲わない、という妥協。あまりにもむごい妥協です。その真実を知った子供たちが...永遠のネバーランド

  • 7日間連続出勤

    昨日、一昨日と、休日出勤でした。イベントのためです。学術的なフォーラムで、完全オンライン。視聴者も多く、イベントそのものは大過なく済みました。オンラインでも良いから打上げと言うか懇親会というか、関係者だけで一杯やりたいという声があがり、18時から20時まで奇妙な宴。酒肴は自分で買ってきて、パソコンの前で呑むという趣向。若い人の間では結構流行っているそうですが、なんとなく落ち着かない感じでした。慣れないことはやるものではありません。無事終わったとは言うものの、7日間連続出勤は辛いです。今日はその振替でお休み。朝は11時まで寝てしまいました。朝飯は昼飯と兼用。あまり食欲がなくて、塩辛と白飯だけ。なんだか胃の調子が良くないのです。飯を食ったらまた眠くなってきました。昼寝でもしますかね。休みの日の贅沢ですから。7日間連続出勤

  • 重たい

    昨日の夕方は精神科の診察がありました。私のことはともかく、最近、ますます我儘になった義母のオーダーが激しく、同居人がまいっていることについて相談しました。あれを買ってこい、これを買ってこい。しかもそれはつい最近買って持って行ったものばかり。どうしたのかと問えば、なくしただの、もう使い切っただの。さらには子供の頃手がかかったのだから、今孝行するのは当然だの。掃除をしに来い、布団を干しに来い。私が行くと気を使って疲れるから同居人一人で来い。それでいて、同居することは嫌がります。施設に入ることを勧めても、どこも悪くない、頭もしっかりしているの一点張り。しかし、体温計の使い方さえ分からなくなってパニックを起こし、使いやすい体温計を買って来いと言ったり。役所から手紙が届いたと言ってはパニックを起こし、電池が切れたと言って...重たい

  • たまの幸福感

    土曜日の朝。今朝は7時に目覚めました。白飯をたっぷり食いたいと思って、そのためにはおかずを減らすことだと、塩らっきょのみ。塩らっきょのみで白飯をたっぷりと食いました。腹がくちくなれば眠くなるのが人情というもので、朝食後、ソファで眠っしまい、起きたら11時。コロナの前はよく東京まで出かけて様々な町を歩き回りましたが、もう1年以上、そういうことはしていません。家でダラダラするばかりです。こういう生活に慣れてしまうと、出かけるのがひどく億劫になります。昼は徒歩10分弱のイタリア料理店で軽いコース料理を食う予定。自宅の目の前のイタリア料理店がコロナ禍で閉店してから、土曜日の昼はそういう仕儀となりました。夜は魚屋で魚を購入して一杯。土曜日のルーチンのようになっています。また都内散歩を楽しむ日が来るのでしょうか。仮にそんな...たまの幸福感

  • 酒飲み

    今日もやっと仕事を終えました。休前日、酒を飲むのは当然ですが、休日も必ず飲んじゃうんですよねぇ。日曜日とか。明日があるのにね。あるいは明日があるからこそ、ひと時、酒で紛らわそうということでしょうか。昨日も結構な量を飲んでしまいました。その割には爽やかな目覚めで、自分でも不思議です。そういうこと、時折あります。酒飲みにとっては、とても嬉しいことです。酒飲み

  • サイレント・トーキョー

    良く晴れた勤労感謝の日。同居人は休日出勤です。最近、忙しいようです。同居人に依存している私は、一人の休日を持て余して、昼まで寝ていました。昼に起きて、何も食う気が起きず、ビールを飲んで良い気持ちになりました。つまみはなし。空きっ腹に効きます。体重は昨日の晩より1キロ落ちてしまいました。その後、DVDを借りに出かけ、「サイレント・トーキョー」という爆弾テロを描いたサスペンスを借りました。DVDを借りるのは、じつに久しぶりです。サイレント・トーキョー佐藤浩市爆弾テロの犯人は、「日本を戦争ができる国にする」と言い放つ時の総理大臣との直接会談を要求。受け入れなければ渋谷のハチ公口を爆破すると予告します。そしてそれは不幸にも実現してしまいます。大規模な爆弾で、多くの人が死傷します。時あたかもクリスマス・イブ。悲惨な事件で...サイレント・トーキョー

  • 勤労感謝?

    月曜日。普段ならひどく落ちているところですが、明日が勤労感謝の日でお休みのためか、落ち着いています。こんな風に落ち着いているところをみると、労働がいかに肉体にも精神にも悪影響を及ぼすか、痛感させられます。勤労感謝の日、元々は新嘗祭という神事を執り行う日でしたが、戦後、勤労感謝の日にかわりました。そういうのはいっぱいあって、明治天皇の誕生日は文化の日だったり、秋季皇霊祭は秋分の日だったりします。昔の名前のほうが由来が分かって良いように思いますが、敗戦ショックの一つでしょうか。勤労感謝の日、、互いの労働にたいして感謝する日だそうですが、そもそも自分が働ているのが嫌でしょうがないのに、感謝されたら逆に腹が立つような気がします。建前の美辞麗句はよしてくれ、というような。そもそも小役人の仕事は、出来て当たり前、出来なかっ...勤労感謝?

  • 仇花

    男というもの、老いて生殖能力が落ちてくると、最後の仇花のごとく、性欲が強まったり、新しい恋を求めたりする習性があると聞いたことがあります。それが本当かどうかはともかく、私には仇花は訪れないながら、過去の色恋沙汰を思い出して、主に後悔することが多くなりました。別れを切り出した私を前にして、涙を流しながらも、笑顔を見せようとした人。職場で中年男と不倫しながら、当時25歳だった私を誘惑してきた魔性の女と、遊んでしまった私。遊んでしまったがゆえに、逆に彼女を傷つけてしまった私。というのも、じつは魔性でもなんでもなく、不倫の恋から卒業して、同世代の独身者との恋を夢見ていたのでした。28歳で結婚したばかりの私を誘惑してきた30代前半の人妻と、断固拒絶した私。26歳の頃、同人誌の仲間の女性と、短い色恋沙汰に落ちて、しかし彼女...仇花

  • 5080問題

    最近、5080問題という言葉を耳にする機会が増えました。50代の引きこもりを80代の親が面倒を見ている、という状態を指す言葉だそうです。20年くらい前までは、引きこもりというのは若者が多く、若者の問題として語られていました。しかし、長く引きこもっていれば、若者は中年になるに違いなく、当然予測しえた事態です。そもそもある一定の年齢になれば引きこもりから脱することが出来る、と考えるのだとしたら、それは頭にお花が咲いている人でしょう。引きこもりは長引けば長引くほどそこから脱することが困難になりますから、20年、30年の長期にわたることになり、ついには死ぬまで引きこもり、ということになるのだと思います。5080問題は数年で6090問題になるでしょうし、親が亡くなれば引きこもりの孤独死、それも餓死などの悲惨な末路を遂げる...5080問題

  • 猫又、そして仙人

    土曜日。今朝は採血をしに内科に行きました。近頃は薬のおかげで安定していますが、もともと家族性の高コレステロール。主にコレステロールの値を調べるため、4か月に一度、血液検査をしています。痛いのは嫌いですが、ぐっとこらえて血液を採ってもらいました。採血のため朝食を抜いたので腹が減り、11時過ぎころには昼食に向かいました。行きつけだたった我が家の向かいのイタリア料理店、コロナに負けて閉店してしまいましたので、少し離れた、と言っても徒歩10分ほどですが、魚介料理を得意とするイタリア料理店を訪れました。食したのは、あさりときのこがたっぷり乗ったペペロンチーノ、それにガーリックトーストとサラダと珈琲が付いて980円という驚愕の安さ。以前通っていた店はもっちりしたパスタが自慢でしたが、今日行った店はおそらく乾麺かと思われます...猫又、そして仙人

  • 合法ドラッグ中毒

    最近、酒を呑む回数が減りました。前は毎晩、休日には昼も夜も吞んでいたのですが、今は週末だけ。増えたのは睡眠薬。処方された量では眠れず、倍の量を飲むようになってしまいました。私に処方されているのは睡眠薬のなかでも睡眠導入剤と呼ばれる、極めて短時間しか効かない薬。なので眠れても、深夜というか早朝に目を覚ましてしまいます。前はそれを苦しいと感じていましたが、今は自分の時間が出来たと喜んでいます。もはや睡眠薬中毒です。起きている時は抗不安薬。抗不安薬、かつては精神安定剤と呼ばれていました。これも睡眠薬同様、処方された量よりも多く飲んで、ラリった状態で日中を過ごしています。そうは言っても合法薬なので、どうってことはありません。ラリった状態でも、仕事に支障を来すことはありません。抗うつ薬は一種の興奮剤。こちらも手放せません...合法ドラッグ中毒

ブログリーダー」を活用して、とびおさんをフォローしませんか?

ハンドル名
とびおさん
ブログタイトル
うつと酒と小説な日々ー時々ホラー映画ー
フォロー
うつと酒と小説な日々ー時々ホラー映画ー

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用