searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
山形からドラゴンズを応援してます
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/njays0826/
ブログ紹介文
遠く離れた山形の空からドラゴンズの勝利を願っています
更新頻度(1年)

174回 / 365日(平均3.3回/週)

ブログ村参加:2011/07/10

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、なおちゃまさんをフォローしませんか?

ハンドル名
なおちゃまさん
ブログタイトル
山形からドラゴンズを応援してます
更新頻度
174回 / 365日(平均3.3回/週)
フォロー
山形からドラゴンズを応援してます

なおちゃまさんの新着記事

1件〜30件

  • 岡野がこのチャンスをつかみとれるかどうか。

    最後はもう、見ていられなかった。勝てて良かった。いくら足が速いランナーだとしても次が森であり、三塁コーチはよく回したなと思ったけど、リプレーをみても、さりげなく高松が中継に悪送球をしており、たまたまカバーに入った滝野が良い位置でそのボールを取ってホームへ

  • 気温同様お寒い試合

    もともとチケットを買っていたということもあり、仕事の都合をつけて急遽仙台に参戦してみたが、、、結果としては非常に寂しい観戦となってしまった。コロナ禍になり、本当に久しぶりの球場観戦であったが、当然声を出すこともなく、淡々と試合を見ている感じになる。夜にな

  • 今日も打てば周平は一安心

    周平3番の意図はどこにあったのか、わからないが、それが非常に良くはまった。2本塁打を含む4安打って、見たこともないし、雨が降るのではないかというぐらいの結果である。最初の本塁打は則本の半速球を本塁打にしており、DAZNの解説が半速球には強い,といった通りの結

  • 流れを止めてくれ,小笠原

    楽天は強い。凄い外国人がいるわけではない。でもしっかりした野球をしている。かなわない。打線は1死満塁のチャンスに1点入ったとしても3得点ぐらいであり、投手がそこまでに抑えないとやはり勝ち目はない。他のチームのように打線が援護してくれるなんて夢は捨てないと行

  • 周平のスタメンを止めてみたらどうか

    できれば勝ちたかった。正直勝てる試合ではなかった。投手は山本だったが、よほど初戦の方がチャンスがあった。オリックスが強いことはわかるが、ホームであるため、初戦がせめて引き分けなら、納得いったが、負け越しは痛い。それは、来週からのビジター6連戦があるからで

  • 梅津の解決策は?

    うーん、梅津の早期降板は、試合には勝ったもののファンの気持ちをブルーにする結果であった。もちろん怪我ではないだろう。イップスという言葉を使うのは簡単だが、ちょっと違うような気がする。暴れ馬の自分を制御できないような印象。専門家が早く問題点を指摘して欲しい

  • 周平を5番から動かせないだろうか

    終わって見ると6回を2点で抑えてQS達成らしい。とてもそんな感じではなく、オリックスが拙攻をしたことで何とか2点ですんだにすぎない。小技を絡めるようなチームではなく、イケイケどんどんのチーム(セリーグで言えばDeNA)なのだろう。昨年の後半戦の無双ぶりと、沢村賞

  • 山本の投球をみて大野の目が覚めてくれると良いが

    球数もまだそれほどでもなく、1点差の勝っている展開の7回にまさか勝野を代えるとは思わなかった。与田は、後ろの投手もしっかりやってくれているし、疲れも見えたから、という。でも、後ろの投手はずっと投げている。そして明日からまだ3つ連戦が続く。ドームで雨天中止も

  • 今日の初回の攻防が今後の流れを決める

    「負けた訳ではない」「今日勝てば大丈夫」いろいろ、意見はあるだろうが、かなり衝撃的な引き分けだったと思うし、負けに等しい引き分けであり、もっと言えば、大量点差で負けた日本ハム戦よりも後に引く引き分けだったと思う。それはなぜか。まず絶対的守護神として働

  • 根尾は休ませよう

    山下が支配下になり、右投手相手で、日曜日の試合は出番のなかった福留がスタメンになると予想した前回の記事は全くはずれてしまった。結局は福留も井領も山下も,誰も使わない柳デーになった。1−0だから完封できたという意見もある。確かに1点すら取られるわけにいかず

  • 山下支配下は福留スタメンへの布石だろう

    山下支配下登録即1軍登録となるようだ。なるほど、石橋を2軍に下げて、誰が1軍に上がるのか、という話が出たときに、捕手二人制で行くのか、捕手をあげるのか、だとすると石橋で良くないか、などと思った。そこに山下という選択肢がきた。たしかに、一発長打を秘めた選手で

  • 1死で3塁にいれば、どんな手を使っても絶対に点を取る!

    NHKのスポーツニュースでなんと中日が特集されていた。祖父江、福、又𠮷が盤石な中継ぎを作っているので、投手力が際立つという内容であった。決して祖父江や福が盤石ではなかったことは、ファンが一番よく知っているが、それでもやっと落ち着いてきたと思う。そこで上原が、

  • 橋本の交代が遅いのではないか

    Twitterでは梅津に対してかなり厳しいコメントを入れてしまったが、もともと登板間隔を含めて、かなり梅津には不利な部分が多く、そこは同情の余地がある。ただし、降板に至った経緯とその印象が悪すぎて首脳陣がもう一度チャンスを与えるかどうかはわからない。バンテリンで

  • 三番福田は止めた方がよい

    こういう試合もある。負ける時は大敗でよい。などと負け惜しみは言うものの、連勝で札幌に乗り込み、こちらはエース大野であり、まさかこういう展開になるとは予想していなかったファンの方が多いだろう。この1敗は、流れを止め、現実に引き戻された1敗になった。打たれた

  • 移動日なしだと入れ替えしないかな。絶対必要だけど。

    ソフトバンク相手に、ホームとはいえ、2勝1分けは出来過ぎだろう。昨日は、相手のヒットの本数の方が多く、中日は笠谷の制球の乱れを突いて2つの四球から本塁打という、理想的な3点を取った。良く言えば負けないチームはこういう戦い方ができるということである。しかし

  • どうしても継投策に目が行く

    阿部が高めを振り抜いた瞬間、入れ!と興奮する自分がいた。そして9回の9分画の外角低めのみを出し入れする又𠮷の超絶コントロールに唖然とした。勝って良かった。初回に栗原に打たれたけど、その後は頑張ってピンチも得点を与えず粘り、勝ち投手の権利で7回途中降板した

  • フルカウントからのストライク勝負

    終わってみた印象は、ソフトバンクが強いということである。まるで精密機械のように低めを丁寧に投げているにもかかわらず、ことごとくボール球は見逃されていた。チームとしての方針がしっかり選手に伝わり、それが実行できる実力を持っている選手がスタメンに並んでいる。

  • 各駅停車打線にどうやって得点をとらせるか

    結局打撃陣の入れ替えはないようで、不安しかない交流戦となる。パリーグのレベルは年々上がっており、以前なら、ロッテに1勝ぐらいはできるかとか、日本ハム・オリックスに勝ち越せるか、とか皮算用をしていたが、今はどこも勝ち越すことは難しく、なんとか1勝だけでもとっ

  • 交流戦は思い切った打順の変更を

    昨日は交流戦前の最後の試合を、良い形で終われたと思う。福谷については、桂を捕手にして、配球が変わったことがプラスに働いた印象がある。普段なら、ストレートを狙われたり、ツーシームの制御が出来ずカウントが悪くなるところを、スライダーと緩いカーブでカウントを整

  • 大島に代打を出せないなら、大島がなんとかしないといけない

    野球は確率のスポーツだから、結果は異なることがある。でも、可能性を高めることが得点に近づく。まさに、昨日の9回は、0−5で負けていて、敗色濃厚なところからの同点狙いを試みた。確かに高松がホームを踏んでも同点止まりで、確率的には引き分けで終わる。でも、敗色濃

  • 残塁の日本新記録を狙おう!

    大野が負けなくて良かったと思えばよいのか、エースで勝てなかったと思うべきなのか。廣岡にまた打たれたのは十分反省するべきだが、失投を逃さず打つのは素晴らしいと思う。(福田を見れば分かる)しっかり振れている証拠なのだろう。こういうポカのような失点は大野の専

  • 雨が続く

    ガッキーが結婚(新垣結衣です)したことで、ファンの涙雨じゃないかと思うぐらい、今後も雨が続きそう。昨日だけでなく、今日のハマスタも天気予報だけを見ているとやれそうに思えない。明日からはカラクリなのかな、それであればやれるだろうが、投手がだぶついている。巨

  • ガーバーの入れ替えは投手???

    首脳陣がライデル、ジャリエルが抜けた後の投手のやりくりに困っているのはわかる。いきなり抜けた後にいきなり2軍からあげて1軍で投げさせても上手くいかない可能性が高いのもわかる。福が不安定で、橋本が前回打たれたので、左の中継ぎが欲しいのもわかる。だからせっ

  • さあ、入れ替えようか

    2軍は2試合連続の雨天中止で残念だが、1軍の試合を見ても、さすがに、そろそろ野手の入れ替えが行われるだろう。本来、投手の入れ替えも必要だと思うし、大野が故障で不在、そして梅津が使われない理由が不明であるため、福谷を降格させづらいが、普通は福谷は2軍だろう。後

  • 首脳陣の胆力は理想を追い求める姿から生じている

     たぶん与田を含めた首脳陣の中に、このチームをこうしたい、こういう試合がしたい、こうやって勝ちたい、という理想があり、それに沿って試合をしているのだろう。現実に流されず、自分の信念をこれだけ貫けるのは、そうした理想の試合をするという1点を変わらずに持って

  • 阪神と、点差以上の差を感じる

    今日に関しては、余り首脳陣にとやかく言うつもりはない。相手の秋山も良かったが、ジャリエルはかなり良かったと思う。150kmを常に超えるムービングファーストボールとスライダーを操り、阪神打線を抑え込んでいった。正直、午前中のBSでやっているMLBの投手をみてい

  • わかりやすい試合

    まず審判の判定が全く安定しておらず、彼らが後で画像をみながら反省することがないのだとすれば、単なる自己満足の仕事になってしまうだろう。せめてその日1日の傾向だけでも一定にしないと、プロとしては恥ずかしい。ということはさておき、昨日は周平と木下の2ラン2本で

  • スタメン(1軍)にこだわることで京田の打撃は改善しない

    大野抹消の重苦しい雰囲気を柳が救ってくれた。柳自身が言っていたとおり本調子ではなかったのだろう。3回の投手に不用意に打たれて菊地につながれ、勢いのある羽月を四球で歩かせた。あっという間に満塁になり、ファンは青ざめた。しかし3番が昨日の誠也ではなく、安部だ

  • 最適解

    栗林は本当により良い投手である。それだけは間違いない。後は、今日の広島のような継投は、選手を壊すリスクが高い。まだ交流戦にもなっていない序盤である。ただでさえ、9回終わりで僅差や同点の場面が多く、いつもよりクローザーや勝ちゲームのセットアッパーが投げる機会

  • 濱口に対する対策を考えていたのだろうか

    立ち上がりが悪いだけでなく、制球も悪く、6回投げるのに110球以上を必要とする濱口が、6回90球台で投げ切れたのは、いわゆるスイスイなげさせた打線の責任が大きい。そもそもチェンジアップがやっかいなのはわかっており、しかし、小笠原のチェンジアップとは異なり、

カテゴリー一覧
商用