searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
釣りバカ男の手料理
ブログURL
http://gan-san.seesaa.net/
ブログ紹介文
自分で釣ってきた新鮮な魚を料理して一杯飲むのは最高です。
更新頻度(1年)

61回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2011/06/24

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ガンさんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ガンさんさん
ブログタイトル
釣りバカ男の手料理
更新頻度
61回 / 365日(平均1.2回/週)
フォロー
釣りバカ男の手料理

ガンさんさんの新着記事

1件〜30件

  • 鯒のサンガ焼き

    ワニゴチの身をネギ、茗荷、青紫蘇と一緒に細かく刻んで味噌を加えて、なめろう状にしたものをオーブンで焼けばサンガ焼きの出来上がり。 さんが焼きは千葉・南房総の漁師料理で、アジなどの青魚の方がイイんでしょうが・・・

  • ケンサキイカのヅゲ丼

    刺身にしたケンサキイカを醤油と味醂を混ぜ合わせたタレに1日位漬け、すし酢を合せた酢飯の上にのせたもの。 卵黄を真中へ入れるとより美味しいんだろうけど、コレステロールは控えめにしているので・・・

  • アコウの卵巣の煮付け

    キジハタ (アコウ) の卵巣を麺つゆに1日漬けておい、砂糖、醤油、味醂を加えて煮付けました。 先日、日本海で釣れたキジハタの卵巣は、癌にでもなっているのかと思われるほど、どす黒くい部分があったので捨てたけど、瀬戸内海で釣れたキジハタの卵巣は綺麗で美味しく食べれました。

  • イカとキュウリの酢の物

    きゅうりもみには茹でた蛸やシラスを入れるのが一般的なのでしょが、今回は軽くボイルしたケンサキイカを入れました。 スライサーで薄く小口切りにしたキュウリを塩でもみ、軽く茹でたケンサキイカや水で戻した塩蔵ワカメを加えてオタフクのらっきょう酢で和えれば出来上がり。

  • ヒラメの煮付け

    今日、釣れたヒラメは30cm位でこれまでになく小さいサイズでした。^^; 刺身にするにはチョッと無理があるので、大きなフライパンで一匹丸ごと煮付けに。 見た目はカレイの煮付けみたいですが、ヒラメは淡白な味なので煮付けにして食べるんだったらカレイの方が旨味があって断然美味しいです…

  • 剣先烏賊の麺つゆ漬け

    イカ釣りに行く時、沖漬けタレを持って行くのを忘れてしまい・・・ 釣りから帰って直ぐにケンサキイカを食べやすい大きさに切って2倍濃縮の麺つゆに2日前後漬けておくだけで沖漬けの様な味になります。 イカ刺にして食べるより、こちらの方が好きです! 皮に旨味があるんで…

  • ウッカリカサゴのしゃぶしゃぶ

    大き目のウッカリカサゴをシャブシャブにして一献。 頭やカマなどのアラで出汁を出し、アラに付いている肉やゼラチン質の皮をポン酢につけてしゃぶって食べると美味しいです。

  • 剣先烏賊の炊き込みご飯

    イカの胴体に米を詰めて炊く「イカ飯」はよく作るけど、タコ飯みたいにイカを食べやすい様に刻んで具材と一緒に炊き込んだご飯を作るのは、実は初めて。 イカ…

  • ケンサキイカの麺つゆ漬け

    釣り友から「美味しいから!」と教えてもらった料理です。 ケンサキイカを食べやすい大きさに切り、熱湯にさっとくぐらせて軽くボイルし、麺つゆに1日程度漬けるだけ。 日持ちするし酒の肴にイイです!

  • イセエビの刺身と味噌汁

    息子から、父の日プレゼントに今年は瞬間冷凍された三重県産の伊勢海老が贈られてきました。 解凍すると刺身で食べられると言うことなので添付のマニュアルを見ながら造ってみました。

  • 鯒の天婦羅

    コチと言っても美味しいマゴチではなく、ワニゴチの天婦羅ですが ^^; ワニゴチは刺身で食べるとあまり美味しくないけど、揚げると食べれますね!

  • スルメイカのいかわたパスタ

    イカの中でも肝の量が多いいスルメイカの肝を使って「いかわたパスタ」を作りました。 コウイカも肝の量が多いけど、こちらの肝はクセが強すぎてあまり美味しくないです。 また、釣りたての新鮮な肝を使わないと・・・ 鮮度が落ちると臭みがでます。

  • 鯒の卵巣の煮付け

    釣ったばかりの新鮮なワニゴチの卵巣を1日麺つゆに漬けた後、カラスミ風に干そうと思っていたけど、酒の肴が何にも無かったので直ぐに食べたくなり急きょ煮付けにしてみました。 鍋に料理酒、味醂、漬け残りの麺つゆ、砂糖、おろし生姜を入れ、卵巣の中心まで火が通りにくいので20分位しっかり…

  • ヤブカンゾウの天婦羅

    我が家の水田の畦に生えているヤブカンゾウ。 別名、ワスレグサとも言われますが、一度植えたらどんどん増殖し、石垣の隙間などに根が入り込んで抜けなくなる厄介な野草です。 花の蕾は食用になると知り、摘み取って天婦羅にしてみました。

  • カメノテを食す

    カメノテが密生している岩場があり、いつか獲って試食してみようと思っていたけど、今回何も釣れない時間帯があったので少し採取してみました。 岩の割れ目などに密着しているのでドライバーなどを使って剥がすんたけど、ミニボートに乗ったままだと波が押し寄せてくるので結構難しい。^^;

  • ウッカリカサゴの塩昆布和え

    数は結構釣れたんだけど・・・ 朝イチに大きなヒラメが来たんだけど、タモ入れの際に獲り込みに失敗して悔いが残.る結果となりました。(~_~;) 釣った魚は殆どあちこちへ配り、我が家には、この中では一番好物なウッカリカサゴ1匹と配るとカッコ悪い小さな魚のみ。 …

  • スズキの西京焼き

    一度に食べきれないのでスズキの切り身を西京漬けにしておいて、 二日程度漬けたと後に焼いて食べれば食べ頃に 西京焼きは、どんな魚でもオールマ…

  • スズキのピカタ

    スズキの切り身に塩コショウで下味を付けておき、小麦粉をまぶし、粉チーズやみじん切りにした三つ葉やローズマリーを加えた溶き卵をつけながら油でソテーすれば出来上がり。 ケチャップをかけて食べればより美味しい!

  • ヒラマサのソテー

    ヒラマサの身をサクにした後、刺身やなめろう、ヅケ丼などにして食べたけど食べきれず、ほおっておくと鮮度も落ちて来るのでソテーにしました。 血合い部分は鮮度が落ちると臭みがでるので削ぎ落し、塩コショウを振っておろしニンニクやタマネギと一緒にレモンドレッシングでソテー

  • カサゴの南蛮漬け

    小さめのカサゴを唐揚げにして南蛮漬けに。 酢の効果で日持ちするので、沢山作ってタッパーに入れておき、少しづつ出して食べてます。

  • メバルの昆布締め

    来島海峡で尺メバルが釣れたので昆布締めに。 昆布締めと言っても、最近ハマっている 「とろろ昆布〆」 に! メバルのサクをとろろ昆布で巻き、プロが使う浸透圧脱水シート「ピチット」で包み3時間程冷蔵庫で寝かせる。

  • シーバスの燻製

    スズキより少し小さめのハネサイズのシーバスを燻製にしてみました。 極力温度が上がらない様にして冷燻に! 植えている早生のタマネギが大きくなってきたので、タマネギスライスとレタスの上に薄く切った燻製を置きドレッシングをかけてカルパッチョ風に。

  • 鮃の白子ポン酢

    ヒラメは4月頃から産卵シーズンを迎え、昨年も4月に入ってから大鮃が釣れ出しました。 それ以外の時期に、この場所でヒラメが釣れたことが無いから、おそらまここが産卵場なので他所からこの時期に入って来るのでしょうか? 今回のヒラメにはパンパンにふくらんだ白子が入っていたのでボイルしてポン酢で!

  • 鹿ニラ炒め

    レバニラ炒めを模して鹿肉でシカニラ炒め。 フライバンに油を少しひいて、鹿肉とニラを焼肉のタレ、おろしにニンニク、おろし生姜、鶏がらスープの素を炒め、最後に卵を回し入れて火を止めれば出来上がり。 ニラの香りで鹿肉独特の獣臭も気になりません。

  • シーバスのユッケ

    釣果と食材 スズキよりチョッと小さいハネをユッケに。

  • 猪肉入り野菜炒め

    野菜炒めに使った食材は、イノシシ肉、タマネギ、キャベツ、ピーマン、人参、小松菜、千切りにした生姜、擦り下ろしニンニク。 調味料は、ごま油、醤油、鶏がらスープの素、創味シャンタン、塩コショウ、料理酒。

  • 猪肉のポン酢煮

    鶏肉をポン酢で煮ると美味しいので、角切りにしたイノシシ肉をミツカンの味ぽんで煮てみました。 ついでに芽キャベツと幹の先端の葉も半分に切って一緒に煮込みました。

  • 鹿肉でジンギスカン

    ジンギスカンは羊のラム(仔羊肉)やマトン(成羊肉)を使うけど、羊肉と鹿肉は似ているみたいなので、野生の鹿肉をジンギスカン風にしてみました。 擦り下ろしたニンニクやタマネギ・リンゴ・生姜に焼肉のタレ、炒り胡麻、醤油、料理酒、砂糖を混ぜ合われたタレに薄切りにした鹿肉を込んでおき、電気グリル鍋でキャベツ、タマネギ、人参などの野菜と一緒に焼けば出来上がり。

  • ヤリイカ料理

    コロナ禍で飲食店からの需要が少ない様で、高級食材が売れないみたいです。 胴長30〜40cm位のヤリイカ20杯で5,000円 (送料別) だったので漁師さんから直送してもらいました。 少し小さいのが3杯とシロウオもオ…

  • メバルの燻製

    今回は、さほど大きなメバルではなかったので、背開きにして塩水に漬け、一夜干しにしたメバルを燻製に。 皮や骨が付いているので熱燻にすればよかったけど、フグと一緒に燻製にしたので温度を上げずに冷〜温燻に。 そのまま食べてみると身離れが悪く、IHの焼き魚グリルに入れて焼いて食べて…

カテゴリー一覧
商用