chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
ヨギ チョギ 韓国 https://blog.goo.ne.jp/tanitani1952

韓国のこと いろいろ あれこれ いまむかし

1970年代から現在の韓国のなんでも情報いろいろ目と足で集めました。

ヨギ チョギ 韓国
フォロー
住所
西区
出身
鳥取市
ブログ村参加

2011/03/11

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 腹もペー(배)、船もペー(배)、梨もペー(배)

    腹もペー(배)、船もペー(배)、梨もペー(배)韓国語は、同音異義語が多いのは日本語と同じですが、韓国は漢字を捨ててしまったので日本よりも大変だと思います。その中でこのペー(배)は漢字のない同音なのです。でも前後の言葉で分かります。「へった」といえば腹、乗るといえば船、食べるといえば梨ということになります。韓国に行ってぺー(배)を使う時、林家ペー師匠を思い出します。師匠が韓国に行かれて「日本では私だけがペーである」とやったら絶対に受けること間違いなしです(笑)。腹もペー(배)、船もペー(배)、梨もペー(배)

  • 韓国人にとって「配慮」とは「私が他人に」ではなく、「他人が私に」するもの

    韓国人にとって「配慮」とは「私が他人に」ではなく、「他人が私に」するもの「社会をよくするためには配慮が必要だ」としていた人たちが、なぜその逆である「嫌悪」という言葉を流行らせているのでしょうか。その答えは簡単で、「私が他人に配慮する」ではなく、「他人が私に配慮する」ことだけを求めているからです。これが韓国人の持つ、「道徳」全般の方向性です。「相手(個人だろうと社会だろうと)が私にサービスするのは当然で、私は相手にサービスしない」という流れになります。「私は道にゴミを捨てるけど、社会は私に清潔な環境をサービスするべきだ」と書くと、惨めですが分かりやすいと思います。そんなもの、配慮ではなく、下の者たちが上に捧げる、「献上の品」でしかありません。「韓国人は道徳を重要とし、日本人は法律を重要とする」とか、「韓国人...韓国人にとって「配慮」とは「私が他人に」ではなく、「他人が私に」するもの

  • 6月25日…、육이오・ユギオ(6.25) 육이오동란(6.25動乱)ともいう  육は6、이は2、오は5

    인천자유공원(仁川自由公園)マッカーサー像72年前の1950年6月25日に朝鮮戦争は始まりました。いまだに、終戦にならず休戦状態が続いています・・・・・・6.25戦争(朝鮮戦争の別名)육이오동란(6.25動乱)ともいう。육は6、이は2、오は5。第2次世界大戦後、アメリカと旧ソ連間の冷戦体制によって、韓半島は1945年の解放と同時に北緯38度線を境に南北に分かれ、対立していました。また、1948年、韓国政府樹立後、左翼と右翼が衝突し、社会は非常に不安定な状況でした。韓国戦争は、こうした韓国の情勢、スターリンの世界共産化戦略、毛沢東の戦争支援を約束する進言などに刺激された金日成が、武力で赤化統一することを狙って奇襲攻撃をかけたことにより始まりました。1950年6月25日早朝、軍事境界線近くで北韓軍による奇襲攻...6月25日…、육이오・ユギオ(6.25)육이오동란(6.25動乱)ともいう육は6、이は2、오は5

  • つい最近まで日本人の多くが、日本の統治時代に悪いことをしたので韓国人が怒り続けるのも無理はないと思っていました

    つい最近まで日本人の多くが、日本の統治時代に悪いことをしたので韓国人が怒り続けるのも無理はないと思っていました。左派メディアもこの基本線で報道をしていました。どうも違うようだ、とようやく気づき始めたのが今であります。韓国の反日は、日本が何をしようがしまいが激化していきます。領土問題では奪われたほうが騒ぐのが普通だが、奪ったほうが大騒ぎしています。李明博元大統領は聖地、「竹島(独島)」に降り立ち、日本を侮辱する大見得を切りました。いくら謝罪しても無駄なことは、朴槿恵前大統領が「被害者と加害者の関係は千年変わらない」と宣言し明らかになりました。全国民が集団催眠にかかったように反日にいそしむ姿は異常を超えて戯画的ですらあります。では問題の核心はどこにあるのか。日本の贖罪や償いとは一切関係ありません。それはひとえに韓国...つい最近まで日本人の多くが、日本の統治時代に悪いことをしたので韓国人が怒り続けるのも無理はないと思っていました

  • <2月22日は竹島の日です>韓国人は竹島を「日本による韓国侵略の象徴」だと見なしています

    韓国の大物政治家たちが競って竹島(韓国では独島と呼んでいます)を訪問するという行為は、日本人が納得できるものではありません。韓国では、その行為は右も左もなく万人から支持されます。政治とマスコミと国民が一体となれる唯一のテーマと言ってもいいかもしれません。竹島の領有権を主張することは単なる反日行動というよりも、韓国人として、自国の主権とアイデンティティを主張する崇高な行為と考えられています。韓国人は竹島を「日本による韓国侵略の象徴」だと見なしています。そのきっかけをつくったのが、盧武鉉大統領です。本来は領土問題だった竹島を、盧武鉉政権が歴史問題にすり替えたおかげで、筋違いな認識がすっかり浸透してしまったのです。盧武鉉はもともと人権派弁護士であり、日韓併合や日本統治時代の親日派、朝鮮戦争時の韓国軍による民間人虐殺、...<2月22日は竹島の日です>韓国人は竹島を「日本による韓国侵略の象徴」だと見なしています

  • <2月22日は竹島の日です>日本が竹島の領有権を主張する根拠は江戸時代以前にあります

    日本が竹島の領有権を主張する根拠は江戸時代以前にあります。したがって、「竹島は韓国侵略の第一歩である」とするのは論理的におかしいのです。盧武鉉が「竹島」を歴史問題化し、韓国の現代史を抜本的に書き換えようとした心理の裏には、なにごとも歴史につなげて煽りたがる、彼らの被害者意識があるように思えてなりません。「日本は加害者、韓国は被害者である。加害者は歴史を忘れたがるが、被害者にとっては容易に忘れることができない。そうした被害者の立場に配慮し、加害者は譲歩すべきだ。それにもかかわらず日本が竹島の領有権を主張するのは、被害者の国民感情を逆なでするものである」・・・・・・こうした論理で、両国の国民感情に火をつけ、日韓関係の発展を妨げてきたのです。日本人の中には「竹島は韓国領だ」などと言う人もいます。いわゆる韓国から見た「...<2月22日は竹島の日です>日本が竹島の領有権を主張する根拠は江戸時代以前にあります

  • <2月22日は竹島の日です> 盧武鉉大統領は、「竹島」を純粋な領土問題から歴史問題へすり替えたのです

    2006年4月、日本の海上保安庁が竹島周辺の海洋調査を行なうと、韓国の盧武鉉大統領は次のような談話を発表しました・・・・・・「過去の不当な歴史で取得し、侵略戦争で確保した占有地に対する権利を主張する人々がいる」つまり、「竹島」を純粋な領土問題から歴史問題へすり替えたのです。日本が韓国を植民地として併合した過去は、このように竹島問題を複雑な状況へと変えてしまいました。竹島を島根県に編入した1905年、日本は韓国から外交権を奪い、保護領として編入したわけですが、それを以て盧武鉉大統領は「竹島こそ日本の韓国侵略の第一歩である」と指摘し、韓国内でその認識が一気に広まりました。編入からちょうど100年にあたる05年、島根県が「竹島の日」を制定し、日本政府がその式典に内閣府政務官を派遣したときも、教科書のなかの竹島に関する...<2月22日は竹島の日です>盧武鉉大統領は、「竹島」を純粋な領土問題から歴史問題へすり替えたのです

  • 韓国は依然として、領土と主権を奪われたという「悪夢」から解放されていません

    19世紀末期から20世紀初頭にかけて、朝鮮半島は列強の「草刈り場」となり、なおかつ戦場にもなりました。日清・日露の戦争で勝利した日本は、朝鮮半島における中国やロシアの影響を排除し、そこを大陸進出の足掛かりにしようと、1910年に「朝鮮」を併合しました。そして日本が戦争に敗れるまでの36年間、韓国が言うところの「日帝時代」が続くのです。その間、19年に「3.1独立運動」が起こり、同時期に李承晩が上海に臨時政府を樹立するなど、いくつか抵抗は見られました。しかし、結局韓国は独立戦争を勝ち抜いたわけではなく、米国の力で開放されたわけです。そして独立後の混乱や米ソの対立、中国共産主義の台頭のなかで、南北朝鮮の分断が固定化するのです。その「歴史的事実」が韓国人の心に影を落とし、日本への態度に影響を与えていることは間違いない...韓国は依然として、領土と主権を奪われたという「悪夢」から解放されていません

  • 民主党幹事長時代、「日本列島は日本人だけの所有物じゃないんですから」と発言して話題になりました

    日本は誰のものなのでしょうか。私は当然、日本人のものだと考えています。当たり前の話で、逆に日本人以外のものだとしたら誰のものなのでしょうか。しかし、そうじゃないと考える人が結構いるらしいのです。なんと日本の総理大臣にもなった人ですら言っているのですからお笑いです。言うまでもないかもしれませんが、ご存じ、鳩山由起夫元総理です。民主党幹事長時代の2009年4月17日のニコニコ生放送において、「日本列島は日本人だけの所有物じゃないんですから」と発言して話題になりました。その日本人以外の人とは誰なのでしょう。謎です。福沢諭吉の『学問のすゝめ』にこんな一節があります。国とは人の集まりたるのもにて、日本国は日本人の集まりたるものなり、英国は英国人の集まりたるものなり。日本人も英国人も等しく天地の間の人なれば、互いにその権義...民主党幹事長時代、「日本列島は日本人だけの所有物じゃないんですから」と発言して話題になりました

  • 臨時政府など、せいぜい独立運動団体に過ぎませんでした

    戦時中の朝鮮民族は日本の統治下にあって、全員が日本国籍を有し、大和民族とともに日本の勝利のために戦ったにもかかわらず、日本が戦争に負けるとあっさり裏切った上に戦勝国ズラをしています。しかも韓国内では、「韓国は日本に独立戦争を挑み独立を勝ち取った」というのが共通認識なのだそうです。信じがたいことに、これは韓国の歴史教科書にも書かれていることなので、ほとんどの韓国人が信じています。少なくともこの地球の歴史にはまったく存在しない事実ですから、きっと韓国人は異次元の世界から迷い込んだ民族なのでしょう。韓国人の言い分としては、海外に臨時政府を打ち立てた「韓国光復軍」が連合国とともに日本軍と戦ったというのです。驚くべきことに、韓国の憲法は、それを前提に書かれています。ただし、第二次世界大戦で多くの朝鮮半島出身者(一説には志...臨時政府など、せいぜい独立運動団体に過ぎませんでした

  • イギリスの民間団体の調査によると、ライダイハンは約1万人いるといいます

    ライダイハンの悲劇・・・イギリスの民間団体の調査によると、ライダイハンは約1万人もいるといいいます。韓国政府は事実関係を一切認めす、いまだ謝罪すら行っていません。日本は韓国人女性を強制連行し慰安婦に仕上げた事実はないにしても、経済活動としての慰安婦という名の売春婦の存在は否定せず、不幸な時代を生きた韓国人女性のために人道的立場から多額の支援金を拠出し、安倍総理が反省の気持ちも表明しています。それに対し韓国市民団体は尚も金を取ろうとしてか、相も変わらず執拗に世界各地に「慰安婦像」を建てており、韓国政府もそれを容認している状況です。日本は韓国に対し、本来は補償すべきものではないことにも手厚い補償を行ってきました。もう、今後は一切なにもする必要はありません。慰安婦の場合はあくまでも金銭が介在し両者合意の上での性行為で...イギリスの民間団体の調査によると、ライダイハンは約1万人いるといいます

  • 日韓国交正常化した、1960年代に『東亜日報』に漢字で、「慰安婦募集」という広告が載っていた

    日韓国交正常化した、1960年代に『東亜日報』に漢字で、「慰安婦募集」という広告が載っていた。今でも、『東亜日報』は、韓国の代表的な全国紙の一つである。慰安婦は、韓国語で「ウィアンプ」と発音する。慰安婦は、米軍を中心とする国連軍と、韓国軍兵士のために、政府によって集められていた。慰安婦が働く売春村は、基地村と呼ばれていた。日本軍にも慰安婦はいた。だが、慰安婦は1945年(昭和20年)に、日本が敗れてから、世界のどこにも、いなくなったはずだった。それなのに、どうして、まだ、韓国に慰安婦が存在しているのか・・・・・・。当時の韓国人将校によると、「李承晩政権が国軍を創設したときに、その幹部要員といえば、私のように、みな、日本軍の将校だった者でした。そこで、日本軍の制度が、そのまま、受けつがれました」という答えだ。韓国...日韓国交正常化した、1960年代に『東亜日報』に漢字で、「慰安婦募集」という広告が載っていた

  • 韓国でも、2月14日は「バレンタインデー」ですが・・・・・・

    韓国でも、2月14日は「バレンタインデー」です。年に1回、女子の側から男子に愛の告白としてもいい日・・・・・・これが日本の菓子メーカーが考えたバレンタインデーのコンセプトです。そしてバレンタインデーにチョコをもらった男子は女子にお返しをしなければなりません。「ホワイトデー」です。韓国にも、ホワイトデーがあります。日本と同じく3月14日です。しかし、韓国人にかかっては、1回お返ししたらそれで終わりとはいきません。翌月の4月14日・・・この日を韓国では「ブラックデー」と呼んでいます。どういう日かというと、バレンタインデーでもホワイトデーでも恋人づくりに失敗した男女が「チャジャン麺」を食べる日、ということです。翌月の5月14日は「ローズデー」と定められています。バレンタイン・ホワイト・ブラックという3つのイベントを経...韓国でも、2月14日は「バレンタインデー」ですが・・・・・・

  • なぜ韓国人の“ノーベル賞科学者“がいないのか・・・

    なぜ韓国人の“ノーベル賞科学者“がいないのか・・・超学歴社会の韓国では、大学進学率が90%に近い。文句なしに世界一で、日本に比べてもはるかに高く驚異的な高さである。進学熱は、幼少教育から過熱気味で多くの家庭が塾に大金を注ぎ込む。97年には、小学校で英語教育が必修化されるなど、初等教育レベルの学力は国際的にみても高く、「国際教育到達度評価学会」の調査(小学4年生対象)では、50カ国中、理科がトップで算数が2位という好成績である。当然、理科系のノーベル賞が出てきてもよさそうなものだが、ゼロである。理由は、高学年になるほど学力が低下する“小器早熟“型にある。詰め込み教育で、幼少期は成績抜群でも創造力や独創力が求められる研究者になるころには“化けの皮“が剥がれてしまうのである。科挙の歴史がある韓国には、勉強すれば、人生...なぜ韓国人の“ノーベル賞科学者“がいないのか・・・

  • 韓国のマンションのほぼすべてが『壁式構造』でできてます

    韓国のマンションは大規模リフォームができない構造になっています。よほど立地が良い(土地としての価値が高い)ものでないと、古いものは価値が下がるしかありません。韓国特有の、マンションの建築構造があります。2018年8月22日の『朝鮮日報』、「韓国のマンションだけうるさい理由があった」という記事によると、「オフィスや学校などの建物とは違って、マンションでは上の階の子の足音が大きく響く。これは、上の階の人の配慮心が足りないと責めるだけの問題ではなく、根本的に音が大きく響くしかないマンションの構造にも問題がある。韓国のマンションのほぼすべてが『壁式構造』でできている。この構造は、音が下の階まで伝わりやすい伝わりやすい」とのことです。韓国のマンションは、価格も高いですが(体感だと日本よりも高い)、物理的にえらく高い(高層...韓国のマンションのほぼすべてが『壁式構造』でできてます

  • 韓国人は、相手を出身校や、収入、親の社会的な地位によって、即座に自分との上下を区別する

    韓国人は、日常、つねに相手を出身校や、収入、親の社会的な地位によって、即座に自分との上下を区別する。住みにくい社会なのだ。韓国人の夢は、家族ともども、海外に移住することだ。アメリカが、もっとも移住したい国であり、カナダ、オーストラリアの順で、続く。日本も、かって貧しかった時代に、多くの日本人が新天地を求めて、アメリカや南米に移民として、渡った。しかし、日本が豊かになってからは、海外に移民として、出ることがなくなった。ところが、韓国の場合には、貧しい人々だけが、海外へ移住したいのではない。エリートも、大金持ちも、機会があれば、海外に永住したい。韓国人の愛国心は、国を愛しているのではなく、ただ、鬱憤を晴らしているだけのことだ。とにかく、息が詰まるほど、住みにくい国のようだ。北朝鮮についても、まったく同じことだ。脱北...韓国人は、相手を出身校や、収入、親の社会的な地位によって、即座に自分との上下を区別する

  • 韓国では、自分と異なる意見には自動的に「敵」のレッテルを貼られます

    もともと韓国社会には「中間地帯」や「中道」の意見を許容せず、両極端の対立を好む風潮が蔓延していました。地政学的には、厳しい国際関係の中で、急いで一つの結論を出さないといけませんでした。文化的にも、貴族のための高貴さを大事にする文化と、身分の低い人たちによる低級な文化の「二択」だけ。宗教や学問的にも、日本のように多様性はなく、政治的にもまた「敵か、味方か」の対立だけ。併合時代には「政権の言いなりか、闘争か」しかなかった・・・・・・そういう両極端はさはやがて「民族性」として内面化され、現代の韓国でも「極右が極左を生む結果」なってしまったのではないでしょうか。結果、ある議論においても、「賛成」か「反対」かの意思表示を強要するだけで、「妥協点を見つけようとする努力は『灰色主義』(どっちつかず)として非難されるようになり...韓国では、自分と異なる意見には自動的に「敵」のレッテルを貼られます

  • 無理やりにも、事実を捻じまげてでも、反日を貫こうとする、「日本隠し」という現象が問題なのである

    外国語排訴は、いろいろな国で起こっているのだが、韓国の場合は常軌を逸している。韓国は国是として、日本の影響を排除することが、伝統となっている。それ自体は、一国の政策であるから、批判の余地はない。しかし、実際に日本の影響を受けたケースでも、受けなかったことにしてしまう。いわゆる「日本隠し」という現象が問題なのである。歴代政権も、政権の座についた時点では、日韓の未来志向というような綺麗なスローガンを掲げるのだが、政権末期になると、支持率を挽回しようと、必ず得意の反日を持ち出し、しかも、そうすれば一時的にしろ、支持率を回復できるのである。반일(反日)、항일(抗日)、극일(克日)など、いろいろなスローガンが叫ばれるのだが、何が何でも反日という、主義主張の方が先走ってしまい、事実の検証が行われないケースが、ほとんどである...無理やりにも、事実を捻じまげてでも、反日を貫こうとする、「日本隠し」という現象が問題なのである

  • 日本人は、韓国人に対して話せば分かるという甘い幻想を捨てるべきである

    ハングルの禁止は、日本で仮名文字を禁じられたようなものである。書き言葉を失った民には、自分の考えを表現する方法も自分の意思を他人に伝える手段もなかった。文字を奪うことが、究極の愚民化政策で、両班が読み書きできない平民のために作られたハングルを封印したのは、漢字至上主義に陥っていたのにくわえ、平民に文字をあたえたくなかったからでもあろう。考えは、文字化することによって、客観的に検討することができる。韓国人が、妄想の中に住み、矛盾や論理破綻に気づかず、世界から相手にされない歴史捏造や韓国起源説、“恨千年“などの自己中心的な主張をくり出すのは、日韓併合で日本がハングル文字を普及させるまで、平民が読み書きできる文字を持たなかったからである。ソウルの街を歩いていると、あちこちからどなり合うような声が聞こえてくる。韓国人の...日本人は、韓国人に対して話せば分かるという甘い幻想を捨てるべきである

  • 言葉には、「喋りことば」と「書きことば」がある・・・・・・喋りことばは、井戸端会議の言葉なのでハングルで間に合う

    言葉には、「喋りことば」と「書きことば」がある。喋りことばは、井戸端会議の言葉なのでハングルで間に合う。だが、表音文字は音声で弁別できる以上の情報を、表記することも伝えることもできない。“聴覚“による情報処理能力に比べ“視覚“による情報処理能力ははるかに高い。漢字文明圏の人々は、「喋りことば」以上の情報処理能力をもつ、漢字という「書きことば」をもちいて、ゆたかな言語世界を築き上げたのである。原始の時代、ことばは音声だけで間に合ったろう。それから数千年たち、複雑な社会ができあがってくると、音声のことばだけでは間に合わなくなる。ことばが、信号機能から情報伝達の道具へ進化したからである。情報は意味でもあって、意味には抽象的概念もふくまれる。ことばは、「ハナ」という音声が、花や華、鼻、端、洟、塙という漢字のいずれかと一...言葉には、「喋りことば」と「書きことば」がある・・・・・・喋りことばは、井戸端会議の言葉なのでハングルで間に合う

  • 漢字を廃したため、知的退廃どころか、文化の“歴史的連続性“が断たれているのである

    韓国人、とりわけハングル主義者は、ハングルがあれば、「漢字で書く必要はない」「英語圏は漢字を使用していない」と主張する。だが、実際問題として現在の韓国人は1970年以前に出版された漢字とハングル交じりの書物が読むことができず、学識者の大半が漢字交じりの歴史的資料を解読することができないという。漢字を廃したため、知的退廃どころか、文化の“歴史的連続性“が断たれているのである。しかも、歴史的な語彙の80%を失った韓国人は、いまや、「世界一読書率の低い国」になってしまった。韓国語の語彙の70%が漢字語である。したがって、レベルの高い新聞や雑誌、出版物のなかに意味不明の漢字がたくさん出てくることになる。ハングル専用世代は漢字を読み飛ばす。ジャーナリズムのほうも、読者に合わせて漢字を使わなくなるという悪循環から、活字メデ...漢字を廃したため、知的退廃どころか、文化の“歴史的連続性“が断たれているのである

  • 漢字と仮名の日本、国語を2回捨てた韓国

    漢字と仮名の日本、国語を2回捨てた韓国漢字からうまれたのが、仮名文字である。漢字と仮名文字を組み合わせたのが、奈良時代にうまれた漢字仮名交じり文で、日本では漢字とひらがな(仮名文字)が融合して、その文体が現代にまで受けつがれている。韓国は、中世にハングル、戦後に漢字と2度にわたって国語を捨てている。1446年、李氏朝鮮第4代国王の世ジ宗によってハングル文字が交付されたが、1504年、第10代国王の燕山君が、これを禁制にした。韓国語が、紋切り型で表現力に乏しいのはそのせいである。口語を書きとめる文字がなければ、言葉は豊かにならない。文語(漢字)には、口語(表音文字)のような多様な表現がないからである、紀貫之が、仮名文字を使ったのは、表音文字は口語体の表現の豊かさをそのまま文字にできるからだった。文語体(漢語)で、...漢字と仮名の日本、国語を2回捨てた韓国

  • 韓国人は、日帝が民族の言語ハングルを弾圧したと主張する・・・・・・だが、ハングルが普及したのは、実際は日本統治時代である

    韓国人は、日帝が民族の言語ハングルを弾圧したと主張する。だが、ハングルが普及したのは、実際は日本統治時代である。識字率10%以下だった李氏朝鮮時代に、どうやってハングルを弾圧するのか。朝鮮人の識字率が上がったのは、日本が小学校を建て、国語(ハングル)の科目をつくったからで、これを妨害したのが両班だった。焚書を逃れたハングルの古典を発見して、テキスト化したのが福沢諭吉である。福澤諭吉は、自費でハングル活字を制作し、福澤の弟子だった井上角五郎が、朝鮮で初の漢字ハングル混じりの新聞『漢城週報』を発行した。この時、清国や両班が反発したのは、身分の低い者に民族の文字や新聞はいらないという理由からであった。朝鮮人が、あのとき漢字とハングル交じり文を大事にしていたら、現在のような知的退廃はおこらなかっただろう。韓国人は、日帝が民族の言語ハングルを弾圧したと主張する・・・・・・だが、ハングルが普及したのは、実際は日本統治時代である

  • ハングルはアルファベットよりも多くの音声を表記することができるという

    ハングルはアルファベットよりも多くの音声を表記することができるという。韓国人は、それを根拠にハングルが世界一優秀な表音文字と主張する。そして、韓国政府はハングル普及運動を展開して、実際にインドネシアのブトゥン島バウバウ市やボリビアのアイマラ族が、土着語を表記する文字としてハングルを採択した。後進国で使用される日常語は、漢字や熟語を必要とするほど複雑ではない。とくに、人間性や正義、義務などという抽象的な概念や言語は使われない。そういうところなら、ハングルで十分間に合う。それが、ハングルの欠陥で表現能力が小学生の作文並みでなのである。会話がすこし高度になると大量の同音異義語が発生する。ハングルは、漢字や熟語を必要としない子供の作文や後進国の音声言語には使えるが、先進国の用語にはなり得ないのであるハングルが、知的退廃...ハングルはアルファベットよりも多くの音声を表記することができるという

  • 韓国では、相手の誤りを探すことには、熱心だが、自分の誤りは、絶対に認めようとしない

    他民族と接していると、感性は相手に通じない。だから、論理を使って、交流しなければならない。日本では、自己主張をすることを、できるだけ、慎む。日本は、同質な社会をつくってきたから、論理は必要なかった。人々が論理よりも、互いに共有できる感性によって、交わってきた。日本では、互いに譲り合うことによって、相手と心を通じさせようとする。何を欲しているのか、相手に察してもらおうとする。甘え合うのだ。日本人は、はじめから信頼し合っているから、相手に安心している。ところが、韓国人は酷政のもとで生きてきたために、為政者や、見知らぬ人々に対して、根強い不信感をいだいてきた。一族と、仲間集団しか、信じられないのだ。日本では、世間と一体感がある。世間は、善である。ところが、韓国では、世間は自分の生き残りをかけて、戦う場であり、どこを見...韓国では、相手の誤りを探すことには、熱心だが、自分の誤りは、絶対に認めようとしない

  • 韓国では、「負けるな!」「一番になりなさい!」といって、子供を学校に送り出す

    日本では「みんなと仲良くしなさい」といって、子供を学校に送り出す。韓国では、「負けるな!」「一番になりなさい!」といって、送り出す。何をしても、勝てばよい社会だ。相手を殴っても、嘘をいっても、構わない。負けたら、もう再び立ち上がることができない。自分しか信じることができない。このような社会では、心が培われることがない。心はゆとりから、生まれるものだ。環境がやさしくなければ、心が培われることがない。苛酷な環境で育てば、生涯、人に対して不信感をいだくことになる。それに対して、日本では人が自分一人の力によらずに、神仏や、祖先や、自然や、世間・・・・・・あらゆる人々のおかげをこうむって生きていると、考えられてきた日本語には、世間体という言葉がある。日常会話のなかで、よく使われる。世間体は「世間態」とも、書いた。世間体は...韓国では、「負けるな!」「一番になりなさい!」といって、子供を学校に送り出す

  • 社会指導者が何か悪いことをしたと明らかになると、徹底的に叩きます・・・それが、韓国社会の上下観です

    韓国人は、上下関係にこだわる側面が強いため、下の者たちは「上」に対してこう思っています。「『上』は力を持っていて何でもできる。だからこそ上は法律を完璧に守るべきだ。私は下だ。力も何もないから私は法律を守らなくてもいい」上の者たちは「下」に対してこう思っています。「『下』は無能だ。だからこそ下は法律に完璧に従うべきだ。私は上で力もあるから法律を守る必要はない」だから、社会的にすごい権力を持っているわけでもないのに法律をちゃんと守る人に対して、「上に阿付(おもねること)するやつ」だとしか思わないわけです。社会指導者が何か悪いことをしたと明らかになると、徹底的に叩きます。法律を超えて、法律以上の仕打ちをすべきだとします。それが、韓国社会の上下観です。表面的には従順なふりをしながらも、実は社会に強い不満や恨みを持ってい...社会指導者が何か悪いことをしたと明らかになると、徹底的に叩きます・・・それが、韓国社会の上下観です

  • ウリの範囲の外にいる人と同じことをすると、自分が損をしたような感覚になります

    「和を以て貴しとなす」という、日本社会の基本的な価値観。その「和」から平等を考えてみると、それは、決して共産主義でいう平等ではありません。誰もがすべて同じだという意味での平等でもありません。街で私の前を歩いている人が、私と同じ服を着て、同じ収益があって、同じ物を買うことは、平等ではありません。そもそもそんなものを平等だと言うこと自体がおかしいですが、和はそんな平等を意味するものではありません。街で私の前を歩く人が、たとえ私と違う服を着ていて、収益も違い、好みも消費も違い、人生の立場も違い、信じる正義も違うとしても、その人が私と同じ道にゴミを捨てず、周りの人たちに気を遣いながら歩くなら、それこそ望ましい平等です。その人が歩いた道の上を私も歩いているし、その人が気を遣った周りには私も含まれているからです。逆もまた然...ウリの範囲の外にいる人と同じことをすると、自分が損をしたような感覚になります

  • ウリの中では“どんなことがあっても許すべき“の韓国

    ウリの中では“どんなことがあっても許すべき“の韓国情(ジョン)は、ウリの道徳、すなわちウリの規則です。どんなことがあっても、許すべきだとします。嘘をついてでも、法律を破ってでも、ウリの人を保護し、かばうべきだとします。万が一でも、訴えることがあってはいけません。ウリの人はウリの道徳(情)で解決すべきで、法律を適用するなど、絶対にあってはならないことだとします。こうして、法律が届かない「内側」、自分たちのルールが支配する、外とは閉鎖された領域ができあがります。それが、韓国のウリです。ウリのルール、ウリの道徳である情が大事なだけで、法律など二の次です。ウリがそれ以外より上です。情(ウリの正しい道徳)が、法律(外側の不当な規則)より、上です。優先されるべきです。なぜ上なのかというと、不当だからです。韓国の「儒教思想」...ウリの中では“どんなことがあっても許すべき“の韓国

  • ウリは韓国人の精神世界の中で想像を絶する影響力を持っています

    韓国人のいう道徳は、法律が適用される世界のものではありません。韓国人のいう「法律ではなく、道徳が適用される世界」とは何なのか・・・。韓国関連のブログ、論文、書籍、特に外国人が書いたものなら間違いなく出てくる、「ウリ」です。「ウリ」は、ウリ以外の存在すべてに対するヘイトです。ウリは「私たちの」意味ですが、韓国人特有の自分が所属している集団の人たちを客観的根拠もなく高く評価し贔屓していることではないでしょうか。ウリは韓国人の精神世界の中で想像を絶する影響力を持っています。韓国人のウリを説明するときによく用いられる文章ですが、「一人っ子でも自分の親をウリ(私たちの)パパ、ウリママと言うのは、世界で韓国語だけ」です。韓国人は「自分」を基準にして、自分側とそれ以外を極端に分けて考える、悪い癖があります。自分側に向けるのが...ウリは韓国人の精神世界の中で想像を絶する影響力を持っています

  • 韓国は、日韓の経済関係において「得をしているのは常に日本であり、韓国は損ばかりしている」という被害者意識を持っています

    韓国は、日韓の経済関係において「得をしているのは常に日本であり、韓国は損ばかりしている」という被害者意識を持っています。これまで、「日本は韓国との貿易で巨額の黒字を積み上げてきた」と、彼らは繰り返し主張してきました。しかし、日本からの自動車や電化製品の輸入を制限するなど、さまざまな差別的な処置を講じてきたのは韓国のほうです。韓国が日本から輸入してきたのは素材や部品であり、韓国はそれを組み立て、完成品として輸出することで経済成長を遂げてきました。また、日本経済のノウハウを手本としてきたことも事実です。韓国が経済発展を続けたいなら、こうした実態や背景を正しく評価することが不可欠であると言っておきたい。日本と韓国が国どうしの関係となるとギクシャクする理由は、細かいところまであげていくとキリがありません。ただ、彼らはた...韓国は、日韓の経済関係において「得をしているのは常に日本であり、韓国は損ばかりしている」という被害者意識を持っています

  • 「反日無罪」に陥る理由の一つは、いまだに事大主義の意識が心の片隅に残っているからです

    「反日無罪」に陥る理由の一つは、いまだに事大主義の意識が心の片隅に残っているからです。竹島問題については日本をとことん非難するくせに、中国との領土問題については何も言えないでいます。靖国神社放火犯の中国人をさっさと中国へ帰したのも、中国がよりうるさく、日本の方が静かだからでしょう。どうして「法律にのっとり厳正に対処する」と言えないのでしょうか。韓国はいま、米中の狭間で苦悩しています。両国の関係が緊迫し、どちらかにつかなければならなくなった場合は、最終的には米国をとると思いますが、その選択はできるだけ遅らさせて時間を稼ぎ、ぎりぎりまで中国寄りの姿勢をとり続けるでしょう。「結局、米国は自分たちの立場をわかってくれるに違いない。だから、うるさい中国にできる限りいい顔をしておこう」と判断するはずです。韓国にとって「反日...「反日無罪」に陥る理由の一つは、いまだに事大主義の意識が心の片隅に残っているからです

  • 「日本には遠慮する必要などない」という上から目線が染みついています

    現在の韓国では、政治家が「反日」を唱えても支持率を上げることはできないが、「親日」のレッテルを貼られるとダメージが大きくなるという事情があります。韓国の国会議員や閣僚が天皇誕生日のレセプションに来たがらないのは、そのためです。世論の指導者たちも同様です。韓国で「反日」を叫ぶ人はほんの一部ですが、その声が非常に大きく、よく通る一方、指導的な言論人たちは聞き流すだけで、黙認を決め込む。声は国中をこだまして巡り、日韓関係の発展を阻害してきたのです。「日本には遠慮する必要などない」という上から目線が染みついています。ただし、同時に甘えも存在する。そこが複雑なところです。30~40年前の韓国人は、商談をしているときでさえ、都合が悪くなると「日本は過去を反省し、譲歩すべきだ」と主張し、日本人ビジネスマンを辟易させたそうです...「日本には遠慮する必要などない」という上から目線が染みついています

  • 韓国人は、日本に遠慮する必要は無いという意識があるようです

    韓国人は、日本に遠慮する必要は無いという意識があるようです。韓国人は「自分たちが考える真実以外認めようとしない」ということがあります。『帝国の慰安婦』の著者、朴裕河世宗大学教授が名誉毀損で起訴され、民事訴訟で900万円の支払いを命じられている、一件が例としてあげられます。同書は慰安婦問題を俯瞰し、客観的な視点でまとめられた良書ですが、慰安婦の支援団体である「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」が主張する内容に合わないから、団体関係者に訴えられたのです。挺対協は利益団体であり、彼らが何を言おうがそれは勝手です。しかし、彼らの主張はすべて元慰安婦たちの個別的な体験に立った証言をもとにしており、しかも挺対協にとって都合の良い証言だけを選択しています。それに、日本の吉田証言のような事実無根の左翼的な証言も加味しています...韓国人は、日本に遠慮する必要は無いという意識があるようです

  • 韓国の政治家の対日批判は止みません・・・・・・そのほうが票になると読んでいるのでしょう!

    韓国では、政治は与野党の対立が激しく、与党内にも意見の衝突があります。対日批判は止みません。政治家が、反日の最先端と思われる所似です。そのほうが票になると読んでいるのでしょう。しかし、メディアは若干違うようです。たしかに反日報道が多かったことは事実です。それは自社が「親日」というレッテルを貼られるのを恐れてという面がありました。韓国では新聞記事についてたびたび談合が行なわれているようです。たとえば、外交部が会見を行なったとします。その意味が分かりにくい場合には、記者たちが話し合って、「こういうことだよね」と決めつけて、みんな同様の記事にします。自分だけが間違いたくないのです。自社の記事だけが「親日」と批判されるリスクが小さくなっているから、より事実に即した報道ができるのです。韓国の政治家の対日批判は止みません・・・・・・そのほうが票になると読んでいるのでしょう!

  • 韓国社会の道徳は、「上下関係」の塊です

    韓国社会の道徳は、「上下関係」の塊です。上下関係が確立されることこそが、道徳的に正しいとされます。まるで、昔の身分制度のようです。なぜ韓国人が他人に対して吸血鬼のようにオマケや値引きを要求するのか、なぜ韓国人が「公」に対して配慮を要求しながらも、自分で公に配慮することは考えないのか。韓国人にとって「公」とは、ナム(他人)の集まりで、ウリとは無縁の領域です。下の領域。法律の領域。加害者の領域です。だから韓国人は、公から奪おうとします。有難いとも思いません。私が公から享受すべきであり、私が公に施してやることなど何もありません。公にあるものを、「タダで取る」のは、私の正当なる権利です。それが、韓国人の道徳的に正しい形です。韓国人が「サービス」の概念を理解できないのは、公の概念を理解できないでいるのと同じく、世の中を上...韓国社会の道徳は、「上下関係」の塊です

  • 全世界のマクドナルドの店舗よりも多い韓国の「チキン屋」

    全世界のマクドナルドの店舗よりも多い韓国の「チキン屋」コンビニとともに、もう一つ、韓国の自営業を代表するものがります。「チキン屋」(フライドチキンの販売、出前などを主な営業とする店)です。2017年5月、フジテレビ『新報道2001』という番組は、「起承転鶏」(何をやっても結局はチキン屋をするしかない)という韓国の流行語(?)を紹介しながら、韓国の大学生はチキン屋をするか餓死するかの二択しかないという現実を報道しました。それから韓国のチキン屋は、あまり思わしくない意味で韓国経済のシンボルのようになりました。『週刊京郷』(『京郷新聞』系列の週刊誌)も「起承転鶏」を使っていました。<起承転鶏。韓国の自営業の現実を皮肉る言葉だ。若者たちは就職ができず、チキン屋を創業する。正社員として就職しても、早期退職や老後資金のため...全世界のマクドナルドの店舗よりも多い韓国の「チキン屋」

  • 韓国は、国民の雇用を自営業者に頼っている国です

    韓国では、最低賃金労働者の割合が高く、さらに高くなりつつあることから、最低賃金を大幅に引き上げるべきだと主張が、主に市民団体や労働組合を中心に支持されてきました。そして、文在寅大統領が、その主張を経済政策に反映していきます。「所得主導政策」というようです。2017年までは、最低賃金は毎年5~7%の引き上げが行なわれました。これでも賃金を払う側、企業や自営業者側はかなり厳しい状態でしたが、文在寅大統領になってからの2018、2019年は、2年合計で27.3%も急激に引き上げられました。市場の中にいる人たちが適応できないのはもちろん、投資家を含めて今からその市場に入ろうとしている人たちも、リスクを感じるからです。最低賃金を1年で10%以上も引き上げるなんて、もってのほかです。それでも「所得主導」という名の「荒らし」...韓国は、国民の雇用を自営業者に頼っている国です

  • 韓国では「安くていいもの」はあまり目につきません

    韓国の「百均」は百円で買えない商品が多いばかりか日本よりも品質が劣ります韓国では「安くていいもの」はあまり目につきません。一例として、百円ショップ(1000ウォンショップ)があります。日本のダイソーなどの百円ショップはクオリティーの高さがあり、適当に使う雑貨などは他の店に行く必要はないほどです。1990年代になって日本各地に百円ショップが増えると、韓国では、日本の百円ショップを小馬鹿にする論調が目立ちました。「日本人は、景気が悪くなったから安物ばかり追いかけるようになったのだ」とする論調が多かった気がします。しかし、韓国はその百円ショップインフラの構築ができないでいるようです。同じコンセプトのものはあります。運用する会社は別のようですが、街にはDAISOの看板も目立ちます。何度か入ったことはありますが、百円(千...韓国では「安くていいもの」はあまり目につきません

  • 日韓関係を難しくしているのは国民感情です

    政権が交代するたびに、政権発足当初は友好的な態度を見せながら、次第に反日へと転換してきた歴代大統領・・・・・・韓国側の言い分では、日本の総理の靖国参拝や、政治家の言動が大統領の失望につながったこと。そんなことを言われても、日本には日本の考え方があります。お互いの言い分を尊重しながら、よりよい解決策を見出していくことが外交上では重要です。それなのに、相手を全面否定することで、反日的言動を繰り返す大統領を見て、日本国民は嫌韓感情を日に日に増幅させていったのです。多くの政治家や学者、研究者たち、そして元慰安婦に同情し、お詫びの気持ちを届けようと活動してきた人々の間にも、「韓国は本当に価値観を共有できる国なのか」という疑念が充満したのです。日韓関係を難しくしているのは国民感情です。そして、反日感情、嫌韓感情を高めている...日韓関係を難しくしているのは国民感情です

  • 韓国メディアは独自に「反日の流れ」に逆らうことはできません

    韓国メディアは独自に「反日の流れ」に逆らうことはできません。自社だけが日韓関係を好意的に捉えれば「親日」と批判され、売り上げにも影響します。当然、それは避けなければなりません。ましてや、両国の対立案件が目白押しの状況では、なおさらです。こと対日外交という面においては、みな同じ流れに乗って進んでいく・・・それが韓国のメディアなのです。ソウルの日本大使館前には少女像が設置されています。少女像が設置されている日本大使館前は、本来はデモなどが禁じられている場所です。挺対協は「記者会見」などと称しているようですが、彼らが毎週水曜日に集まって声をあげている行為は、誰がどう見てもデモ活動です。これは、外国公館の尊厳をうたったウィーン条約にも反しており、国際慣例から見ても先進国の国民がやるべきことではありません。そのことを韓国...韓国メディアは独自に「反日の流れ」に逆らうことはできません

  • 韓国はこれまで「自分たちは正しい」「日本が誤っている」と思い込んできました

    日本における韓国や韓国人に対するヘイトスピーチには、日本人として恥ずかしさを感じる方がたくさんいると思います。しかし、日本人の嫌韓感情がここまで高まった原因は、これまでの韓国の言動にあったわけですから、それらをすべてなかったことにして仲よくしようと言われても、納得できない日本人が大勢いるのも当然です。こうした嫌韓感情についても、日韓双方で考えて克服していく努力が必要です。韓国はこれまで「自分たちは正しい」「日本が誤っている」と思い込んできました。しかし、嫌韓感情がこれほど強くなったいまとなっては、そんな考え方では日韓関係をマネージすることはできません。韓国の国民、政治家、メディアには、日本の嫌韓感情についてもっと理解を深めてもらい、これを解消する努力をともにしてもらうことが、長期にわたって安定した日韓関係を構築...韓国はこれまで「自分たちは正しい」「日本が誤っている」と思い込んできました

  • 日本人が嫌韓感情をつのらせた要因の一つは、韓国は政権が代わるたびに日本への態度がコロコロ変わり、結局は「反日」に落ち着いてしまう、その繰り返しに対する「いいかげんにしろ」という憤りです

    日本人が嫌韓感情をつのらせた要因の一つは、韓国は政権が代わるたびに日本への態度がコロコロ変わり、結局は「反日」に落ち着いてしまう、その繰り返しに対する「いいかげんにしろ」という憤りです。金大中大統領の訪日の際、日本はアジア全般ではなく、改めて韓国に対してだけ反省と謝罪を伝え、韓国は「歴史問題を再び提起しない」と宣言しました。ところが、盧武鉉に政権が移ると手のひらを返すように堂々と歴史問題を持ち出してきたのです。韓国ではいつまでたっても、やれ「日本は歴史に対する真摯な反省や謝罪がない」だの「竹島を領土問題と主張して韓国から取り上げようとしている」だのと、繰り言を聞かされてきました。いくら日本側が関係改善に向けて働いても、一方の当事者がこのような態度をとり続けているのですから、どうにもなりません。日本人が嫌韓感情をつのらせた要因の一つは、韓国は政権が代わるたびに日本への態度がコロコロ変わり、結局は「反日」に落ち着いてしまう、その繰り返しに対する「いいかげんにしろ」という憤りです

  • 日本では、韓国関連の記事を掲載するときは「悪口」を書かなければ売れないと聞きます

    日本では、韓国関連の記事を掲載するときは「悪口」を書かなければ売れないと聞きます。数年前にこのような記事を目にしました。「『売れる』進む過激化増える嫌韓報道の『なぜ』」(東京新聞)記事の中で、50代のベテラン週刊誌記者がこんなことを語っています。「韓国と仲よくやろうという記事を掲載するより、反韓が売れるということだ。それは若い人に支持され、高齢世代にも少しずつ広がっている。読者アンケートでも、好評だというのをつかんでいるはずだ。30代以下の若い編集者も反韓に共感する部分がある」そして、「事実誤認や扇動記事が多い韓国メディアと同じ土俵に立ってしまった」「ここ数年、国際経済や国際関係がうまくいかないのを韓国や中国のせいにして満足するような雰囲気が一部の国民にあった」という冷静な分析コメントも掲載されていた。これは2...日本では、韓国関連の記事を掲載するときは「悪口」を書かなければ売れないと聞きます

  • 地下鉄などで、「高齢者が立ち、若者が座るのはよくない」論争

    最近、韓国社会では高齢者と若者の間にも「嫌悪」し合う問題が起きています。その中にはとんでもないものもありますが、意外と納得できるものもあります。若い人たちが、「高齢者たちは、若い人たちを『息子』『娘』としか見ていない」というのです。息子や娘のように可愛がるという意味ではありません。「父母(高齢者自身)に対して、『下』としての立場になれ」と要求するというのです。地下鉄などで、「高齢者が立ち、若者が座るのはよくない」論争です。この点については韓国の若者たちの意見は、理にかなっていると思います。優先席ではない普通の席で、「『高齢者に席を譲ることは良いことだ』という主張に反対するつもりはないけど、『席を譲らなかった奴は高齢者から叱られるべきだ』だけはやめてくれ」というのです。若者たちが高齢者に席を譲らなかった場合、高齢...地下鉄などで、「高齢者が立ち、若者が座るのはよくない」論争

  • 「文武両道」を理解できない韓国には日本のような「部活」がない

    「文武両道」を理解できない韓国には日本のような「部活」がない韓国人は、趣味文化がないからお金を使わないのではなく、お金を使うほどの価値を見出そうとする「きっかけ」が少ないのです。同じ趣味を楽しんでいる人、その趣味においては「先輩」の立場の人との出会いは、あまりにも自然に、趣味のきっかけを作ってくれます。韓国には、日本のような部活が存在しません。これが、人が趣味を始める「きっかけ」を潰しています。韓国では、日本でいう「部活」のことを「特別活動」といいます。ただ、あまりにも別物になっていて、最近は体育関連の専門家たちを中心に、日本語のまま「ブカツ」と言う人もいます。韓国の特別活動が有耶無耶になった理由は、韓国社会が「文武両道」を理解できないからです。朝鮮時代から、文官が武官より偉いという上下関係を徹底してきたからで...「文武両道」を理解できない韓国には日本のような「部活」がない

  • 韓国には、社会の様々な分野、たとえば政治、経済などの考え方でも、「中道」と呼べるものが存在しません

    韓国には「普通」という概念がありません。普通など、上下の「下」と変わりません。だから、韓国には、社会の様々な分野、たとえば政治、経済などの考え方でも、「中道」と呼べるものが存在しません。ずっと「上」(中心)に向かわなければなりません。キリがありません。だから韓国人は恨みである「恨(ハン)」には、終わりがないのです。そもそも、韓国社会は、すでに「どこが中心なのか」を見失っているようにも見えます。ただ、他人を貶めることで自分がその人よりは上であるとする、極めて相対的な概念だけが残っています。これが、韓国社会の「嫌悪」の正体ではないでしょうか。韓国には、社会の様々な分野、たとえば政治、経済などの考え方でも、「中道」と呼べるものが存在しません

  • 韓国の「趣味文化」には多様性がない

    韓国の「趣味文化」には多様性がない。韓国の場合、外国人観光客の8~9割がソウルを訪れると言われています。地方都市にはほとんど行きません。韓国に行ったことのある方、ソウルの商店街、最新式のショッピングモールから、屋台が集まるところまでいろいろありますが、その中で、「ホビー(趣味生活)」関連の商品を見ましたか??韓流スター関連のグッズならありますが、たとえば映画、アニメ、ゲーム関連のキャラクター商品とか、手作りキットとか、ラジコンとか、オーディオ機器やカメラの専門店とか、ちょっとマイナーなスポーツ用品とか、ミリタリーアイテムとか、そんなものを見たことありますか??日本だとそこら中で目にするもの、DVDやブルーレイを売っている店を見ましたか??韓国の駅、バスターミナル、空港などに書店がない(少ない)ことには、気づいて...韓国の「趣味文化」には多様性がない

  • 韓国人にとって、お金は人を褒める時の重要なキーワードです

    韓国人にとって、お金は人を褒める時の重要なキーワードです。韓国では、何か「良さそうに見える」物、たとえば車とか服とか、そんな物を買った人に対して、とにかく「高い買い物をした」と言ってあげるのが礼儀です。これは物だけでなく人に対しても同じ風潮があり、出生した人、たとえば医師や弁護士になれた人の親に、「お金がいっぱいかかったでしょうに」と話す人をよく見かけます。それは、韓国人には大きな褒め言葉です。韓国人にとって、お金は人を褒める時の重要なキーワードです。でも、雰囲気からして無条件で褒める場合でなくても、韓国人は「それ、いくらで買いましたか?」と平気で価格を問います。韓国人は、「いいですね」「よくないですね」ではなく、「高いですね」「安いですね」で物の評価を下すからです。だから、とりあえず価格を聞かないと物事の判断...韓国人にとって、お金は人を褒める時の重要なキーワードです

  • 間もなく、日本時代を知る人はいなくなり、反日教育を受けて成長した人びとだけの国になる・・・恐ろしいことです

    「親日老人撲殺」犯も英雄視です。日本のネットの世界ではかなり話題になった事件だが、全国紙もテレビも取り上げていないようです。事件が起きたのは、13年5月。ソウルの鐘路の脇にある宗廟市民公園で、酒に酔った37歳の男が、95歳の老人に暴行を加えた。老人が「日本の統治時代は良かった」と述べたことに、男が腹を立てての犯行だった。これが事件当時ほとんど報じられなかったのは「単純傷害事件」として処理されたためらしい。しかし、老人が収容先の病院で死亡し、事件は傷害致死事件となり、ソウル地裁は9月10日、男に懲役5年を宣告した。95歳といえば、だれが見ても「ご老人」だろうに、男は蹴りつけ、老人がついていた杖で頭を数回殴った。脳内出血するほどの力を込めて。宗廟市民公園は、老人でいつも混み合っている公園だ。近くに住んでいるが、家に...間もなく、日本時代を知る人はいなくなり、反日教育を受けて成長した人びとだけの国になる・・・恐ろしいことです

  • 国家的失念と国民的忘却を得意とする国なのです

    韓国には「蛙がオタマジャクシの頃を覚えているか」という諺がある。都合の悪いことはすぐに忘れる。それは一個人に限らない。国家的失念と国民的忘却を得意とする国なのだ。例えば、全斗煥大統領は1984年9月、韓国の元首としては初めて日本を訪問し、空港での帰国声明で「私は韓国を代表する大統領として、天皇の謝罪を受けてきた」と述べた。空港から大統領府に至る道は人波であふれた。全斗煥氏はちょうど、中央日報本社前で車を止めさせ、外に出て手を振った。ドッと拍手が湧き起こった。「クーデター政権による軍事独裁者」として不人気なこと、この上ない全斗煥氏が、この時ばかりは「日本の天皇から謝罪を勝ち取ってきた凱旋将軍」だった。が、そんなことはだれも覚えていない。まさに国民的忘却だ。韓国のマスコミも失念と忘却を常とする。それだけでなく「自分...国家的失念と国民的忘却を得意とする国なのです

  • 嘘は言い勝ちの世界なのです

    今日の韓国人は、日本人と話をしていると、その話題に出てきた文物を捉えて、しばしば「それも実は韓国人が発明して日本人に教えてやったのですよ」「あなたは知らないでしょうが、それも韓半島が発祥に地なのです」と、自慢げに始める。「演歌の源流は韓国にあり」といううたい文句で、李成愛は日本でデビューした。「演歌の源流は韓国にあり・・・・・・なんて、よくもマァ言ったもんだよね。あれは、李成愛を日本で売り出すために、日本のレコード会社が考え出したキャンペーンなんだ。日本のレコード会社は金儲けのためなら何でも言うんだね」と、いう声もあった。李成愛とは、1977年に『カスマプゲ』(直訳すると「胸の痛み」)を大ヒットさせた韓国人歌手、いわば韓流の元祖にあたる。このキャンペーンが韓国に逆流して、早い段階でウリジナルの一つになっていた。...嘘は言い勝ちの世界なのです

  • 名門特級ホテルでも雨漏り・・・

    名門特級ホテルでも雨漏り・・・韓国でも、しばしばゲリラ豪雨に見舞われる。13年8月6日にソウル地方を襲ったゲリラ豪雨は特に激しかったようで、その時のことだ。835億ウォンを投じたリニューアル工事が完了して、8月1日にオープンしたばかりの名門「新羅ホテル」の最上階で異変が起きた。『朝鮮日報』(8月7日)が伝えています。「最上階の23階で雨漏りが起き、フロア全体が閉鎖される騒動が発生した」「ホテル側は雨漏りを確認するとすぐに雨受けバケツなど床に並べ、客をフロアから避難させて23階を閉鎖した」「ホテル側は雨漏りの原因について、短時間に大雨が降り、屋上から外に雨水を排出する排水路に問題が生じたためと説明している。雨漏りが続いたため、午後6時から営業を開始する23階のレストラン2店舗は休業を余儀なくされた」配水管の能力を...名門特級ホテルでも雨漏り・・・

  • 2022年 새해복 많이 받으세요(明けましておめでとうございます)

    2022年새해복많이받으세요韓国語で「あけましておめでとうございます」は「새해복많이받으세요(セへポンマニパドゥセョ)」といいます。この意味は「新年福沢山もらってください」との意味です。韓国では「今年もよろしくおねがいします」という表現はあまり使わないですが、あえて言うのならば「새해에도잘부탁드리겠습니다」になります。今年も元旦の午前零時には、歩いて2~3分の「水天宮平沼神社」に初詣に行って来ました。人生100年時代といわれていますが、健康であり続ける事が大切です。若さとは実際の年齢ではなく、何事にも、興味・関心・好奇心を失わない行動だと思います。お願いすることは、今年も“健康でありますように“のただ一つだけです。でも、神社でお願いしたから健康が維持できるものではありません。野菜と塩分控えめの食事、毎早朝みなと...2022年새해복많이받으세요(明けましておめでとうございます)

  • ちなみに、鳩山由紀夫は韓国では”良心の人”と呼ばれているようです

    上下の序列が決まっている儒教国家では、この秩序を乱すことは許されません。野蛮な国が正統な王朝や上位国に戦いを挑むなどということは、すなわち犯罪にも等しいと、彼らは考えるのです。そのため、かって自国領土に侵入した日本は犯罪者であり、その烙印は永遠に押し付けておかねばならないというのが、韓国人の心理です。日本的な「嫌な過去はお互い水に流す」という考え方は、韓国人の頭の中にはまったく存在しません。しかも、先祖の崇拝に絶対的価値観を置く儒教では、「先祖が対立状態にあった家同士は、たとえ孫子の代になったとしても、敵として恨み続けなさい」と教えます。また、過去に何らかの勝負で勝った側は、100年後も1000年後も勝者ですが、その反面、負けた側は敗者として、孫子の代はおろか、永久に見下されるというシステムです。元総理の鳩山由...ちなみに、鳩山由紀夫は韓国では”良心の人”と呼ばれているようです

  • 韓国人は自分が努力してのし上がるよりも、ライバルの足をぴっぱって上に行こうとする傾向が強い

    韓国人が持つ異常な競争心、嫉妬心は、同じ韓国人にも向けられるといいます。これは儒学の流れをくむ朱子学の影響が強いようです。朱子学は物事を「正」と「邪」に明確に分けるので、上下のランク付けで負けてしまったほうは「邪」ということになり、精神的にとても耐えられないのだそうです。韓国が大変な競争社会で、受験や出世競争がとても厳しい原因も、儒教思想に根差しているというわけです。この点について産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏が、雑誌「SAPIO」に興味深い記事を書いています。記事によると、韓国人は自分が努力してのし上がるよりも、ライバルの足をひぱって上に行こうとする傾向が強いというのです。他人や同僚を誉めることは決してしないし、他人に対する誉め言葉を聞くと、露骨に嫌な顔をしがちだとか。日本の少年漫画に多々登場する...韓国人は自分が努力してのし上がるよりも、ライバルの足をぴっぱって上に行こうとする傾向が強い

  • 韓国人は、中国は自分たちより上でも、日本は格下でなければならない

    韓国人は、中国は自分たちより上でも、日本は格下でなければならない・・・これが朝鮮民族のメンタリティーです。ところが経済でも学術でも日本には負けっぱなしです。さらに文化でも日本には誇れるものがたくさんあるのに、韓国には目ぼしいものがありません。そこでどうしたかというと、お得意の歴史捏造と盗用です。つまり日本の伝統とされる文化は、実は韓国が発祥だと言い出したのです。確かに仏教や漢字などは中国大陸から日本に伝来しました。朝鮮半島を経由したものもあるのかもしれません。しかし日本発祥の文化を「韓国が教えてやった」と強弁する姿は、醜さを通り越して、憐れさを感じます。韓国人が、「我が国が発祥だ」と力説する日本的要素を挙げると、歌舞伎、ソメイヨシノ、茶道、折り紙、侍、日本刀、剣道、相撲、寿司やしゃぶしゃぶなどの和食・・・。一般...韓国人は、中国は自分たちより上でも、日本は格下でなければならない

  • 立場が違えば人物評価もまるで違ってきます

    立場が違えば人物評価もまるで違ってきますが、日本ではテロリストとされる安重根も、韓国では義士として英雄扱いされています。しかし、安重根を義士と見る韓国人も、安重根の一面しか見ていません。日本人にもあまり知られていない隠された歴史が、そこにはあるのです。安重根が独立運動派だったのは間違いありませんが、決して反日思想の持ち主ではなかった。このことは、韓国人のみならず、日本人でも知る人は少ないようです。その安重根は、明治天皇を始めとする日本の皇室に敬意を払っていました。また、日本が韓国(大韓帝国)皇太子の教育に力添えをしたことに対しても、「感謝している」と述べています。さらに日清戦争と日露戦争も、東洋平和のため、朝鮮の独立のためにはやむを得なかったと肯定的に捉えています。何より日韓が協力して西欧列強の侵略に対抗すべき...立場が違えば人物評価もまるで違ってきます

  • 利他の精神は、自己中心主義の韓国人には、まったく存在していません

    毎年、ノーベル賞の日本人の受賞者が出るたびに、韓国では羨望とコンプレックスの情念が渦巻いています。ノーベル賞の科学分野で受賞者がいないという事実に、強い劣等感を抱く韓国は、欧米から著名な科学者やノーベル賞受賞学者などを招いて、科学者の育成に多大なコストをかけています。目的は、もちろんノーベル賞受賞。国家目標の一つにもなっているようです。これなら、ひょっとしたらいつかは韓国も、科学分野でノーベル賞受賞者が出るかもしれません。ただし、日本のレベルまで到達できるかどうかは疑問です。なぜなら日本人と韓国人の科学者の意識には、大きな違いがあるからです。韓国人は、とにかくノーベル賞を取りたい・・・これが第一の目標になっています。日本人のノーベル賞受賞者にも、賞の獲得を目指して頑張ってきた方々は多いでしょう。しかし、日本人ノ...利他の精神は、自己中心主義の韓国人には、まったく存在していません

  • 法律にはいくつかの原則となるものがありますが、韓国は平気で事後法を制定します

    法律にはいくつかの原則となるものがあります。その一つが「刑罰法規不遡及の原則」です。これは実行時には適法であった行為を、事後に定めた法令によってさかのぼって違法として処罰することはしないという原則です。あるいは、実行時よりも後に定めた法令によってより厳しい罰に処すことを禁止する原則をいいます。もし、国が事後法を自由に作ることができたら、どんな人間でも罪に問うことができます。これは刑法のとても大事な大原則で、世界共通の法概念です。ところが韓国は平気で事後法を制定します。たとえば2005年に、戦前の日本が朝鮮を併合していた時代に土地や利益を得た人物から、それらを没収するという法律ができました。これは「日帝強占下反民族行為真相究明に関する特別法」「親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」というもので、後者は別名...法律にはいくつかの原則となるものがありますが、韓国は平気で事後法を制定します

  • 韓国人は、親しい間柄なら、自分のものも相手のものも特に区別しないことは親愛の情であると考えられているようです

    韓国では、親しくなると主婦仲間が友人宅の冷蔵庫を勝手に開けて好きなものを持っていったり、逆に持ってきたものを入れることもよくある。日本人同士で同居する場合、冷蔵庫の入れる飲み物や食べ物に自分の名前を書いたりして、これは自分のものだとはっきりさせるが、これは韓国では考えられないようです。韓国人にとっては、親しい間柄なら、自分のものも相手のものも特に区別しないことは親愛の情であり、非常に好ましい習慣だとされています。こういった韓国人のマナーについて、「厳しい序列社会の中でのいたわり合い」、家をはじめとする共同体への帰属意識が強いために「個」の観念が薄れると思われます。会社員や公務員が休日も社用で出かける、その反対に勤務中に私用で席を外すなどの公私混同行為は韓国ではよくあることのようだ。厳格な儒教のルールが有効なのは...韓国人は、親しい間柄なら、自分のものも相手のものも特に区別しないことは親愛の情であると考えられているようです

  • 韓国では、表の見てくれが良ければ、裏はどうでもいいのではないかと思うことがあります

    韓国では食堂や美容室、薬局、雑貨店などの店で朝早くから掃除をしているのを見かけることが多い。とくに窓ガラスを念入りに磨いているのをよく見かける。勤勉できれい好きなように感じる。その一方、食堂などでトイレを借りると愕然とすることがある。いつ掃除したのかと思うほど汚いことがある。トイレのドアが壊れて閉まらなかったり、手洗いの蛇口が故障して水が出ないことも少なくない。ソウルなどの大都市の繁華街ではそういうことはないが、地方都市の食堂などでトイレの場所を聞くと、いったん店から出て、店の横道に入って裏に回り、そこにトイレがあることが多い。日本でも昔はお店のトイレが汚くて辟易したこともあるが、いまでは懐かしい限りになっている。そんな日本と比べると、韓国のトイレの汚さが目に余るのです。毎朝窓をピカピカに磨いているお店が、汚い...韓国では、表の見てくれが良ければ、裏はどうでもいいのではないかと思うことがあります

  • 韓国ではおじさん同士でも手をつないで歩く姿を見かけます!

    韓国ではおじさん同士でも手をつないで歩く姿を見かけます!登下校する女子中学生たちが手をつないで歩く姿は心も和む光景だ。と思っていると男子中学生も肩を抱き合って歩いている。この辺りまでは「可愛いね」で済むが、韓国の街では日本ではありえない光景をしばしば目撃します。50代、60代のおじさんたちが、親しげに手をつないで夜の街を闊歩しているのだ。木浦に行ったとき、シティバスツアーで一緒になったおじさんが食事が終わって次の行程に向かうとき、手をつないできたのには、オッタマゲタものでした。一瞬、ゲイかと思ったがどうもそうではなかった・・・。韓国ではよく見かける光景なので、見ている分には慣れてはいたが、自分がそうなってみると微妙である。この人と人との密着関係は何なんだろう!韓国社会を経験した日本人留学生や駐在員たちを最初に感...韓国ではおじさん同士でも手をつないで歩く姿を見かけます!

  • 韓国の料理は好きなのだが、日本料理のような洗練さは感じられない・・・韓国では、あえて「B級グルメ」に徹しているのでは?と思ってしまう

    韓国の料理は、鍋料理も肉料理も好きなのだが、日本料理のような洗練さは感じられない。日本の韓国料理店の方がよほど洗練された料理をだす。韓国では、あえて「B級グルメ」に徹しているのでは?と思ってしまう。それが韓国料理の伝統かもしれないが、もうひと手間かければ味も引き立ち見た目もよくなるのにと感じてしまう。韓国料理の調理人には“職人技“が感じられないし、それを身につけようと思っていないように見える。いわば“この道ひと筋何十年“という調理人がいないのだ。日本料理なら老舗料亭などで10年、20年と修業して一本立ちする。寿司なら鍋や釜を洗う使い走りから始まって、まかない、飯炊き、魚の下処理などを経て魚のおろし方を習い、握りの修業に入る。そこまで5年、10年はかかる。そうして修業を経て寿司の握り職人とか日本そばの麺打ち職人の...韓国の料理は好きなのだが、日本料理のような洗練さは感じられない・・・韓国では、あえて「B級グルメ」に徹しているのでは?と思ってしまう

  • 日本人は、「相手を上げ、自分を下げる」ための嘘を、韓国人は「相手を下げ、自分を上げる」ために嘘をつきます

    民主主義社会においては、相反するいくつかの主義主張が、お互いに妥協しながら共存しています。譲れない物を守り、守るべきものを諦めながら。そのバランスをどこに置くのか。どれくらいの線で妥協するのか。それは、世論の力によって決まります。極めて隔たった意見を持った人たちの存在も、ある主義主張が成立するには必要だと思います。「引っ張る」役になれますから。しかし、社会を動かす「世論」を創り出すには、もっと広い範囲の人たち、いわば「中道派」を味方にする必要があります。「右派」と「左派」がぶつかり合うだけでは、世論は味方してくれません。韓国人は昔から「自分と相手」という「二元論的」な世界を生きてきました。相手を上げると、その分、自分が下がると思い込んでいます。シーソーに座っている二人のような、「狭い世界」しか知らないでいます。...日本人は、「相手を上げ、自分を下げる」ための嘘を、韓国人は「相手を下げ、自分を上げる」ために嘘をつきます

  • 約束を平気で反故にする、いつまでも蒸し返す、中国と北朝鮮にはやたらと卑屈になるのに日本に対しては傲慢に振舞います

    「日本は人類普遍の良心をもって歴史の真実と正義に向き合うべきだ」ベトナム戦争で大規模な虐殺と強姦を繰り返し、いまも世界じゅうに慰安婦を大量に派遣している国の大統領の言葉です。何を偉そうに言っているのか、と普通の日本人は思います。「加害者である日本政府が『終わった』と言ってはならない」「戦争の時期にあった反人倫的な人権犯罪行為は、終わったという言葉で覆い隠せない」そして「日本には特別な待遇を求めない。ただ最も近い隣国らしく真の反省と和解のためにともに未来に進むことを望むだけだ」とも述べています。つまり、日韓慰安婦合意は意味のないことと確認するが、未来に向けた経済協力はしてよね、ということです。約束を平気で反故にする、いつまでも蒸し返す、中国と北朝鮮にはやたら卑屈になるのに日本に対しては傲慢に振舞います。「隣の国と...約束を平気で反故にする、いつまでも蒸し返す、中国と北朝鮮にはやたらと卑屈になるのに日本に対しては傲慢に振舞います

  • 韓国は身分が高い者は体を使わないという伝統があります

    韓国は身分が高い者は体を使わないという伝統があります朝鮮王朝最後の王、高宗(고종)(1852~1919年)。日本に統治権を奪われて悲劇的な最期を遂げたともいわれる人物だが、一方でこんなエピソードもよく語れてている。19世紀末、朝鮮半島には各国から西洋人が駐在していた。そうしたなか高宗(고종)はアメリカ人高官がテニスに講じているのをたまたま見かけた。汗を流してラケットを振る姿を見た高宗(고종)は、「なぜ彼らのような高官があんなことをしているのか。使用人にやらせばよいのに」と語ったそうだ。孟子の言葉に「労心者治人、労力者於人(心を労する者は人を治め、力を労する者は人に治めらる)」というのがある。朱子学を重視した朝鮮半島の儒教では、神学論争のような学問が「心を労する」こととして尊ばれた。その一方で現実の生活で有益な科...韓国は身分が高い者は体を使わないという伝統があります

  • 韓国では、「国民感情が法律よりも上にある」とよく言われます・・・最悪なのは、それを日本に対して「お前たちも従え」と、押し付けてくる所です

    韓国では「反対意見を許さない」が美徳になるいくら優れた市民といってもしょせんは一人の個人であり、行動も考え方も、正しいと信じる基準も、人それぞれに異なります。彼らの自発的な意識だけに社会の秩序を託すわけにはいきません。だから強制的に社会の各部分を制限し、社会全体の向かうべき方向や理念などを示すためには、他律的な「強制力」も必要です。それが法律です。法は、強制力を持っているからこそ、客観的に、公正に運用されなければなりません。よく切れる刀ほど、扱いには腕が必要なものですから。人々は時として「自分達の正義」に対し、法律による保障を求めます。ある人たちの正義が、他の人たちにとっても正義として成立するとは限りません。法の力は、ある正義に「他の正義」にまで強制的に干渉できる力を与えてしまいます。この正義と合法のバランス取...韓国では、「国民感情が法律よりも上にある」とよく言われます・・・最悪なのは、それを日本に対して「お前たちも従え」と、押し付けてくる所です

  • 韓国には、そもそも創業が古い店=「老舗」をステイタスとする文化がなかった

    韓国では「12年伝統」「15年伝統」といった看板を掲げる飲食店をよく見かけることがあります。江戸時代からの老舗も多い日本の感覚だと、「たった十数年で・・・」と大げさに思ってしまうのが正直な気持ちです。「韓国に老舗はない」とよく言われます。これは実際に古い店が少ないだけでなく、そもそも創業が古い店=「老舗」をステイタスとする文化がなかったという意味です。創業から30年、あるいは40年を経た飲食店は、それだけでガイドブックに紹介される貴重な存在となっています。インターネットを少し見て回れば、胸を張って「10年伝統」とアピールする飲食店や小売店も沢山見つかるはずです。反対に韓国人の目に、日本の老舗はどう映っているのか。あちこちでよく紹介されるのが「なぜ同じ商売をいつまでやっているのか分からない」という反応だ。もっとも...韓国には、そもそも創業が古い店=「老舗」をステイタスとする文化がなかった

  • 一般的な韓国料理には職人の専門技術を必要とするメニューがない

    韓国に行って、飲食店に入って思うことは、一般的な韓国料理には職人の専門技術を必要とするメニューがない。日本なら、例えば日本そばなら麺打ちの達人、寿司なら握りの達人といったプロの技が味の決め手とよくいわれる。だが韓国では「手打ち冷麺の達人」とか「キムチ漬け込みの職人技」といった話は聞いたことがない。韓国料理で重視されるのはそうした技術=ハードウェアの部分でなく、素材の組み合わせ、味付け、調理法といったレシピ、つまりソフトウエアの部分だ。この違いにも、儒教をベースとした朝鮮半島の職業観が関わっているといえるだろう。例えば誠実に切り盛りして味にも気を使ってきた飲食店が、人気を集めて繁盛したとしよう。日本なら成功した店に自負心を抱いたり、料理人としての自分の腕前に誇りを持ったりするかも知れない。努力の結晶と言える店に愛...一般的な韓国料理には職人の専門技術を必要とするメニューがない

  • 日本語と韓国語、主語・述語の並びが同じで、外見上は親戚同士のようによく似ているが、細かい部分はところどころ対照的です

    韓国語は、主語・述語の並びが日本語と基本的に同じで、かなり親しみやすい言葉だ。しかし、共通点も多いが日本語と韓国語でまったく異なる表現もたくさんある。「雨が来る」で「雨が降る」、「旅行を行く」で「旅行する」、「耳が暗い」で「耳が遠い」などは、韓国語にあって日本語にない表現の一例だ。また文法的には、「~しない」+「見る」で「見ない」など語順が日本語と異なる場合もないわけでもない。ただこうした違いもまた、細かく見ていくと興味をそそられる例が多い。例えばこのブログタイトル「여기저기한국・ヨギチョギ韓国」=「あっちこっち韓国」となるが、日本語の「あっち」+「こっち」=「あっちこっち」という表現。韓国語の場合はこれが「여기・ヨギ・こっち」+「저기+チョギ・あっち」=「여기저기・こっちあっち」、つまり「こっちあっち」の順に...日本語と韓国語、主語・述語の並びが同じで、外見上は親戚同士のようによく似ているが、細かい部分はところどころ対照的です

  • 公共施設の給水器の供用コップ

    公共施設の給水器の供用コップ沐浴湯などにある給水器には、みんなが共用で使うコップが1つだけポツンと置かれたりしています。これに手が出せる日本人は、よほどの韓国通か勇者というしかない。水を飲むコップがこんな具合だから、大勢でつつくナベ料理にも当然ながら取りバシは存在しません。みんな自分のハシやスプーンを突っ込むのが標準的マナーだ。日本人なら気を使ってハシを逆さにしたりするところだが、かえって「手で持つ方を突っ込むなんてキタナイ」などと言われかねないだろう。ただしナベはまだいいとして、供用コップはさすがに衛生上いかがなものかという風潮が広まっているようだ。現在ではたいていの給水器に、使い捨ての紙コップが用意されている。もっとも供用コップがまだ一緒に並んでいたりするあたり、「紙コップで水が飲めるか」というガンコ者も結...公共施設の給水器の供用コップ

  • 現在の韓国で「親日」のカテゴリーに入れられることは、政治的、社会的な抹殺を意味しています

    文在寅政権とその支持者たちが「親日」と切って捨てている人たちこそ、実は今日の韓国を作り、経済を発展させた立役者であります。日本統治時代、日本人と積極的に関わり、統治に協力することで利益を得たことは「民族への裏切り行為」であり、当事者たちは「親日」とされてきました。現在の韓国で「親日」のカテゴリーに入れられることは、政治的、社会的な抹殺を意味しています。しかし、当時、民族を思って日本から学び、日本の朝鮮統治に加わった人も大勢います。朝鮮戦争で破壊された国土を復興し、いち早く世界経済に加わるために知恵と力を絞った人もまた、その多くは「親日」と批判されます。彼らが主導し、韓国人が主役となって、1965年の日韓国交樹立以降、日本も協力して成し遂げた経済成長を「漢江の奇跡」と呼びます。しかし、文在寅政権は、2019年3月...現在の韓国で「親日」のカテゴリーに入れられることは、政治的、社会的な抹殺を意味しています

  • 日韓は文在寅大統領によって、互いに「敵国」であるかのような状況にされたのです

    文在寅の言いたいことは、「日本は謙虚になれ」、「すべて私の言うことを認めろ」、「話し合いの余地などない。それが韓国人すべての意思だ」ということであります。請求権協定には双方の考え方や見解が将来万が一異なる場合に備えて、協議の事項が含まれているのに、「私が正しいのだから議論の余地などなし」、「協議を要請する日本の態度こそおかしく、謙虚になって態度を改めよ」というのだから、話になりません。日韓は文在寅大統領によって、互いに「敵国」であるかのような状況にされたのであります。日韓関係だけではありません。韓国国内の問題に対しても、文在寅氏はよく似たリアクションを見せます。経済情勢が悪化しても、米朝交渉が暗礁に乗り上げても、それを指摘し、批判する勢力をすべて「革命政権を邪魔している存在」とみなします。だから、相手にする必要...日韓は文在寅大統領によって、互いに「敵国」であるかのような状況にされたのです

  • 「韓国は常に正しく、日本は謙虚にそれに従うべし」という韓国の姿勢

    文在寅政権の問題点として頭に浮かぶのは、いわゆる「徴用工問題」や「慰安婦問題」、レーダー照射問題などを巡り、あまりにも独善的にふるまい、日本側のアプローチや日本人の気持ちを無視し、関係悪化が進む状況を作り上げ、それがどれほど進行しようとも、事実上放置したまま一顧だにしようとしないその無責任ぶりです。文在寅政権は、日本にとって事実上「準同盟国」だった韓国を、残念ながら「準敵国」と捉えてもおかしくない存在にしました。さまざまな問題を知恵と勇気で乗り越えることをかたくなに拒み、かってなら通じたルートからの話でさえ、聞く耳すら持とうとしません。日本人が戸惑いを感じるのは至極当然であります。現在の日韓関係が抱えている問題は、非常に残念ながら、問題をそう解決するか議論する以前の問題として、「韓国は常に正しく、日本は謙虚にそ...「韓国は常に正しく、日本は謙虚にそれに従うべし」という韓国の姿勢

  • 韓国との戦後補償については1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」済みなのは国際的に認知されています

    韓国との戦後補償については1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」済みなのは国際的に認知されています。そもそも、国際法においては戦後賠償における個人請求権は認められていません。韓国は最近まで何か言うと慰安婦問題を持ち出し、日本に金をせびってきました。慰安婦像をバスに乗せ、ソウル市内を巡回するなどまったくわけの分からないパフォーマンスまで行っています。しかし、2015年末の日韓合意を境にして日本側が相手にしなくなり、「そろそろ慰安婦ネタでのシノギも限界かな」と考えて徴用工ネタを出してきました。懲りない恥知らずの国だと思ってしまいます。戦後70数年が経過し、21世紀の現代では日米韓が一体となって対応しなければならない相手が出現しています。そんな時に自国の利益のためのいいがかりを、臆面もなくつけてくる神経...韓国との戦後補償については1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決」済みなのは国際的に認知されています

  • 日本人拉致事件は産経新聞が1980年に初めて報道しました

    日本人拉致事件は産経新聞が1980年に初めて報道しました。社会部の阿部雅美さんによる「アベック3組ナゾの蒸発外国情報機関が関与?」という記事ですが、後追いはなしでした。1988年に国会で北朝鮮による日本人拉致が濃厚であると政府の公式答弁があっても、産経、日経はべた記事で、朝日、読売、毎日には一行もなく、NHK、民放も無視したと阿部記者は著書『メディアは死んでいた検証北朝鮮拉致報道』で述べています。謀略をやるのはいつもアメリカ帝国主義で共産主義がそれをやるはずはないという、左翼特有のいわば”反帝史観”です。しかし「北朝鮮がそんなことをするはずがない」という姿勢だった朝日新聞も、拉致事件が事実として確認されることで北朝鮮報道を軌道修正せざるをえなくなりました。それまでの朝日新聞は、北朝鮮からの亡命者証言や脱北者が伝...日本人拉致事件は産経新聞が1980年に初めて報道しました

  • 韓国について、日本では1970年代から80年代にかけてはもっぱら、「3Kイメージ」がありました

    韓国について、日本では1970年代から80年代中頃にかけてはもっぱら、「3Kイメージ」がありました。3Kとは、「キンダイチュウ、KCIA、キーセン」のゴロ合わせです。キンダイチュウとは金大中。「金大中拉致事件」のイメージが日本では強かったように思います。海外で反政府活動をしていた金大中氏が1973年に、韓国当局(KCIA)によって東京からソウルに強制的に連れ戻されました。この事件が日韓の外交問題として長く尾を引き、日本では韓国=金大中のイメージが出来てしまいました。「KCIA」は韓国中央情報部の通称で、金大中や学生運動など反政府・民主化運動を弾圧する権力機関です。「キーセン」は韓国の料亭でお客の相手をする女性のこと。「キーセン観光」といって当時、夜遊び中心の日本人の韓国観光を代表するイメージだったわけです。政治...韓国について、日本では1970年代から80年代にかけてはもっぱら、「3Kイメージ」がありました

  • 韓国はパクることが日常です

    韓国はパクることが日常です。韓国の作家が三島由紀夫の作品『憂国』を盗作したとニュースが随分前にありましたが、その女性作家は韓国国内でトップ級の人気作家だというから驚きです。2008年に発表した作品は22ヶ国で出版され、200万部も売り上げたそうです。無名の作家が盗作するなら、まだ理解もできます。しかし、一作で200万部を売り上げるベストセラー作家が、よりにもよって日本の小説を盗作するとは、と思います。しかも三島由紀夫と言えばノーベル賞候補にもなった世界的な作家です。盗作すれば、必ずバレます。盗作作家の言い訳がなかなか面白いです。最初は否定したそうですが、京郷新聞のインタビューで、「『憂国』と何回か照らし合わせてみた結果、盗作であるという気がした」ということです。このニュースを聞いた私の本音は、「ああ、またか」と...韓国はパクることが日常です

  • 今さらながら韓国の厚顔ぶりには呆れてしまいます

    2015年末に日韓両国外相会談が開催され慰安婦問題を最終決着させることで合意しました。その時の取り決めではソウルの日本大使館前に設置されている慰安婦像を撤去すことを条件に、日本側が10億円のお金を支払うことが織り込まれていましたが、韓国側は慰安婦像の撤去はおろか、釜山の日本総領事館前に新たに慰安婦像を設置するという行動に出ました。韓国政府は「努力はしているものの国民感情は抑えられない」などといろいろ釈明していますが、これは国家と国家の取り決め事項であって、そんなものは日本に対する何の言い訳にもなりません。今さらながら韓国の厚顔ぶりには呆れてしまいます。「申し訳ありません。我々の政府では約束は守れません。よって、いただいたお金はちゃんとお返ししますので、なにとぞあの合意はなかったことにあいてください」とでも言うな...今さらながら韓国の厚顔ぶりには呆れてしまいます

  • 慰安婦問題を蒸し返し続ける韓国

    慰安婦問題を蒸し返し続ける韓国韓国では、「慰安婦被害者生活安定支援法改正案」が可決され、毎年8月14日に元慰安婦をたたえる日が出来ました。8月14日に国や自治体が記念日に趣旨に沿った行事や広報を行なう努力義務が盛り込まれており、具体的には慰安婦問題を国内外に広く知らせ、被害者を記憶する活動をしましょう、ということです。これは「国際社会において、慰安婦問題について互いに避難、批判することは控える」とされた2015年の日韓合意に明らかに違反するもので、韓国では合意が完全に反故になったことを示すものです。韓国国内だけに留まらず、世界中の都市に「慰安婦像」を設置する動きといい、「最終的かつ不可逆的に解決」されたはずの慰安婦問題が前にも増して大きくなっていることは、腹立たしい限りです。韓国人はいったい国家間の約束をどう考...慰安婦問題を蒸し返し続ける韓国

  • 韓国の飲食店ではキムチがタダ、という事実も日本でそれなりに知られるようになりました

    韓国の飲食店ではキムチがタダ・・・という事実も日本でそれなりに知られるようになった。それどころか日本の焼肉店では安い肉1皿並みの料金を取られるサンチュも、本場ではタダでお代わりし放題です。サービスにかける飲食店の気合い、そして客の期待値は、日本の常識を遥かに超えたところに到達している。そんな食習慣を象徴する存在が、大量の小鉢の付きだしです。ちょっとした料理を頼んだだけで、これでもかと大量の小鉢の類がテーブルを埋め尽くしきます。韓国ではこうした客へのもてなしを指して、「食膳の足が折れるほど」と表現する慣用句さえあるほどです。客にとってはうれしい習慣といいたいところだが、それも胃袋に余力があってこそ、そもそも低カロリーの料理を大量に食べる韓国人に比べると、日本人の平均的な胃袋は絶対的に許容量が小さい。また食べ残しに...韓国の飲食店ではキムチがタダ、という事実も日本でそれなりに知られるようになりました

  • 客かと思ったら、隣はランチの従業員だったってことがしばしばあります

    客かと思ったら、隣はランチの従業員だったってことがしばしばあります。「その店の味を知り尽くした従業員が、一番リーズナブルで美味いモノを食べている」。こんな論理で日本の食堂メニューに加わったのが、「賄い飯」。店の裏側を見るような秘密っぽいムードもまた楽しいが、これが韓国の食堂となると秘密もヘッタクレもない。店内が空いた頃合いを見計らって、従業員たちが客と同じテーブルで食事をとるのが一般的なシキタリなのです。だから食堂で料理を注文すると、隣で食べていたアジュンマがおもむろにキムチを持ってきたりします。しかも食事は大勢で楽しく食べるという韓国式作法に従って、数人の従業員がワイワイガヤガヤと世間話をしながら料理をつっつくのも日常茶飯事。流行っている店なのかと思って入ったら、実は客だと思ったのがみんな従業員だったなんてこ...客かと思ったら、隣はランチの従業員だったってことがしばしばあります

  • 乱暴運転で悪名をとどろかせるのが韓国の路線バスです

    乱暴運転で悪名をとどろかせるのが韓国の路線バスです。そのスリルは乗車中だけでなく、停留所でバスを待つ時から始まっています。韓国の路線バスは、それぞれの路線に割り振られた番号で区別される仕組みです。そこで乗客はあらかじめ目的地を経由する路線番号を調べ、その数字を掲げたバスが来るのを待つわけです。ところが主要都市では路線も車両も数が多くて過密化している上、運行間隔が極めて短い。そのため駅前や主要ランドマークの停留所には、同時に5~6台のバスが殺到することも日常茶飯事です。これが日本なら全部のバスが行儀よく並んで1台ずつ客を乗り降りさせるのが当たり前です。しかし韓国の場合、そんな悠長な運航はあり得ません。だいたい停留所の前後100mを目安に、空いたところを見つけては次々に停車してしまいます。それでも場所がなければ、1...乱暴運転で悪名をとどろかせるのが韓国の路線バスです

  • 韓国の以前のトンカツは、ブタ肉を薄く伸ばして揚げたハムカツのようなたたずまいでした

    今や日本のコンビニやファミレスで、「キムチ」「ビビンパ」「カルビ」といったキーワードを見かけない日はありません。わずか数年で日本にすっかり定着した韓国料理は、「和洋中」のトライアングルにまで食い込みそうな勢いです。反対に韓国でも日本料理が占めるウエイトは大きい。例えばのり巻き、おでん、うどんといったメニューが植民地時代からの定番です。そして少し前から人気急上昇なのがトンカツです。「ツ」の発音が存在しない韓国語通りに表記すると、「トンカス」となります。実はトンカツも韓国での歴史は長い。ただし以前のそれは、ブタ肉を薄く伸ばして揚げたハムカツのようなたたずまいでした。さらにケチャップ味のソースを肉が隠れるほどたっぷり塗るなど、かなり日本のトンカツとは違った料理だった。70年代に韓国に行ったとき、トンカツを注文したら薄...韓国の以前のトンカツは、ブタ肉を薄く伸ばして揚げたハムカツのようなたたずまいでした

  • 土マンジュウの正体は、韓国伝統スタイルのお墓なのです

    韓国の列車や高速バスから郊外の山野を眺めていると、山の斜面に高さ1mほどの土マンジュウがポコンポコンと盛られているのが目につきます。「さては不法投棄の廃棄物を埋めた跡?」などと想像したら、それこそバチがあたるというものです。この土マンジュウの正体は、韓国伝統スタイルのお墓なのです。「亡くなった親を燃やすなんて申し訳ない」というのが韓国式発想です。そこで故人1人に1コの土マンジュウを作り、土葬にするのが伝統的習慣になっています。葬る場所も、風水的に縁起がいい開けた山の斜面を選ぶのが普通です。これが大金持ちの家庭になると、両親のためにちょっとした丘を丸ごとお墓にする孝行息子もいるようです。親孝行なのは立派な心掛けだが、問題は人間がいる限り死人は果てしなく出るということ。つまり1人あたり一定のスペースが必要な土マンジ...土マンジュウの正体は、韓国伝統スタイルのお墓なのです

  • ウマい料理を求めて歩き回っていると、とりわけ目立つのが「元祖〇〇」の看板です

    韓国に行って、ウマい料理を求めて歩き回っていると、とりわけ目立つのが「元祖」の2文字です。というのも結構な数の食堂が、看板に「元祖〇〇」と掲げているのです。「〇〇」の部分に入るのは、たいていのガイドブックに載っているお馴染みのメニューばかりです。その元祖が街のそこらじゅうに転がっているのは納得しにくい状況だが、これには特殊な韓国のローカルルールが存在するようだ。「元祖」は「元祖」でも、「その界隈では第1号」というエリア限定の「元祖」なのだ。エリア限定とはいえ、韓国有数の飲食街となるとそのプレミアムはまあまあ高い。しかしありふれた街外れでは、せっかくの「元祖」も今イチありがたみに欠けてしまうのが悲しいところです。ウマい料理を求めて歩き回っていると、とりわけ目立つのが「元祖〇〇」の看板です

  • 韓国ではラーメンといえば、インスタントが常識です

    韓国ではラーメンといえば、インスタントが常識です。鍋料理のシメといえば雑炊かウドン。実は韓国の鍋料理も、残ったスープにゴハンやウドンやハルサメを入れて食べたりします。ところが韓国の食堂には、日本だと考えられないシメの食材がもう一つあります。それがインスタントラーメンです。鍋のシメとして投入する食材を、韓国では「サリ」と総称します。例えばタッカルビや部隊チゲといった若者向けの料理では、たいていラーメン・サリが標準的なオプションだ。鍋が煮詰まった頃合いに注文すると、アジュンマが茹で上がったインスタントラーメンの麺だけ運んできます。ファミレスの即席冷凍食品は許せても、「食堂でインスタントラーメンを出す」と聞けば眉をひそめるのが日本の常識です。だが最初からB級料理だと思って楽しめば、これが意外に使い勝手がいい食材だった...韓国ではラーメンといえば、インスタントが常識です

  • 「混ぜた方がウマい」という韓国人の主張は、ビビンパに関しては正しい

    低カロリーの料理を称して「ヘルシー」などと呼ぶようになって久しい昨今です。そんな日本で広まった「ヘルシー」料理の1つが、ビビンパです。なるほど結構ボリュームある石焼ビビンパでも、タマゴとわずかな挽肉を除くと具は野菜ばっかりです。日本人より大食漢揃いの韓国人に肥満が少ない、よいうのも納得できる「ヘルシー」ぶりです。ただし本場のビビンパには、普通の日本人にとって越えがたい作法もあります。テーブルにビビンパが運ばれてきたら、匙を片手にとことんまでかき混ぜるのが正式なビビンパの食べ方です。確かに「混ぜた方がウマい」という韓国人の主張は、ことビビンパに関しては正しい。混ぜずに食べるのは彼らにとって、スシのネタとシャリを別々に食べるのと同じくらい異常な行動のようです。「混ぜた方がウマい」という韓国人の主張は、ビビンパに関しては正しい

  • なぜか韓国では男物でも下着のパンツは「パンティ(팬티)」なのです

    漢字熟語は驚くほど共通しているのが日本語と韓国語です。だが英語の母国語表記となると、和製英語とはまたひと味違った独特な「韓製英語」の世界があります。例えば「ハンバーガー」が「ヘンボゴ」、「インターネット」が「イントネッ」といった具合です。子音が語尾になり得る韓国語の方が英語の再現には有利な気もするが、英語ネイティブに通じない点は日本といい勝負のようだ。そんな韓製英語でとりわけ違和感があるのが「ペンティ(팬티)」、日本式に言うと「パンティ」です。なぜか韓国では男物でも下着のパンツは「パンティ(팬티)」なのです。単なる言い方の違いなのだが、男性用下着を指して「パンティ、パンティ」と連呼するのに慣れるのは意外に高いハードルだったりします。なぜか韓国では男物でも下着のパンツは「パンティ(팬티)」なのです

  • 韓国では、タムロ老人が公園を占拠しています

    タムロ老人が公園を占拠しています。日本でもこのところ社会問題になっているのが、集団で公共スペースを占拠する若者のタムロ。ところが韓国では反対に、集団で公園を占拠するお年寄りが市民を悩ませています。韓国でも高齢化が進行中です。社会でも家庭でも居場所がなくてお年寄りが淋しい思いをしている状況も、日本とよく似ています。ところが韓国のお年寄りはそんな時、話し相手を求めてどんどん外に出かけていくというのが国民性の違い。公園や街角の休憩スペースなどでは、なにとはなしにやってきたお年寄りが集まって自然に世間話が始まります。そこへ通りかかったお年寄りがまた「ワシもワシも」と加わり、集団がどんどん膨らんでいくのです。これが5~6人程度なら微笑ましい光景だが、数十人規模になるとかなり迫力ある集団に変貌します。児童公園がお年寄りに占...韓国では、タムロ老人が公園を占拠しています

  • 韓国旅行のガイドブックに必ずと言っていいほど載っているのが、ブタの頭の写真です

    韓国旅行のガイドブックに必ずと言っていいほど載っているのが、ブタの頭の写真です。実際に市場に出かけてみると、作り物じゃない本物のブタの頭があちこちに並んでいます。このブタの頭の正体は、韓国式地鎮祭などの祭事で使われる儀礼用のアイテム。また野外バーベキューなどでは、単なる料理の1つとして食べることもある。そもそも韓国人にとってブタは、豊かさを象徴する縁起モノのキャラクターだ。そのため市場に並んだ頭も、口に端をいじって笑顔に改造してりしているほどです。また食堂などでは、店の内外に飾るブタの写真やイラストがよく見られる。ブタといえばもう1つ、貯金箱も日本以上にポピュラーだ。また、不況時は小銭の新規発行が減るようです。その理由は「ブタの貯金箱に入れてあった小銭を国民がいっせいに使い始めた」からだそうだ。チープでかわいい...韓国旅行のガイドブックに必ずと言っていいほど載っているのが、ブタの頭の写真です

  • 韓国では、「国民感情が法律よりも上にある」とよく言われます

    韓国では「反対意見を許さない」が美徳になるいくら優れた市民といってもしょせんは一人の個人であり、行動も考え方も、正しいと信じる基準も、人それぞれに異なります。彼らの自発的な意識だけに社会の秩序を託すわけにはいきません。だから強制的に社会の各部分を制限し、社会全体の向かうべき方向や理念などを示すためには、他律的な「強制力」も必要です。それが法律です。法は、強制力を持っているからこそ、客観的に、公正に運用されなければなりません。よく切れる刀ほど、扱いには腕が必要なものですから。人々は時として「自分達の正義」に対し、法律による保障を求めます。ある人たちの正義が、他の人たちにとっても正義として成立するとは限りません。法の力は、ある正義に「他の正義」にまで強制的に干渉できる力を与えてしまいます。この正義と合法のバランス取...韓国では、「国民感情が法律よりも上にある」とよく言われます

  • 韓国の言う「良心」とは、言うまでもなく、歴史問題で韓国の見解に同調するという意味です・・・鳩山由紀夫などは「良心」のある人となるでしょう

    韓国の「日本は悪い」系の記事は、かなりの数が「日本人が韓国に同調している。しかし韓国人は日本に同調してはいけない」がその基本となっています。「日本の~教授がこう言っている」「日本の良心勢力もこう言っている」などなどです。ここで言う「良心」とは、言うまでもなく、歴史問題で韓国の見解に同調するという意味です。鳩山由紀夫などは「良心」のある人となるでしょう。安保法案反対デモが多かった時期には、同じ趣旨の記事が急に増えたりしました。日本と韓国が対立している事案において、「日本国民も韓国に同調している」などのワンフレーズは、韓国民はもちろん、その事実に関わっていない日本の国民に対しても、「やはり日本よりは韓国が正しいのかな」という印象操作としてもとても有効です。とくに、韓国はいまでも「悪いのは安倍など右翼だ。一般的な日本...韓国の言う「良心」とは、言うまでもなく、歴史問題で韓国の見解に同調するという意味です・・・鳩山由紀夫などは「良心」のある人となるでしょう

  • 1980年前半くらいまでは、新聞も週刊誌なども漢字と한글(ハングル)が混ざったものでした

    今では、韓国では漢字を使っていません。1980年代前半くらいまでは、新聞も週刊誌なども漢字と한글(ハングル)が混ざったものでした。韓国も漢字文化圏にあった国ですが、あとで作られたハングル「だけ」となり、今は漢字の教育は廃止されました。한글(ハングル)は、漢字とは違い「音」にこだわった文字体系であり、「意(調)」を含めている漢字を完全に代替えすることはできません。実際、昔は「ソリグル(音の字)」と呼ばれ、バカにされました。しかし「한글(ハングル)は世界で優秀な文字」という嘘と、「日帝が民族の魂を打ち切るために한글(ハングル)を禁止させた」という嘘がセットで働き、韓国では漢字を捨て、한글(ハングル)だけを教えるようになりました。結果、人の名前を含めたほとんどの言葉が漢字でできているのに、その「音」しか知らないという...1980年前半くらいまでは、新聞も週刊誌なども漢字と한글(ハングル)が混ざったものでした

  • ソウルの地下鉄車内は、物売たちが実演販売のパフォーマンスを繰り広げる舞台でもあります

    ソウルの地下鉄車内は、物売たちが実演販売のパフォーマンスを繰り広げる舞台でもあります。この物売たちがいつどの路線に現れるかは、ソウル市民にも全くわかりません。商品を抱えて突然現れ、そしてすぐ消えていく彼らは、まさにゲリラ的存在です。扱う商品は、折り畳みガサやビニール手袋など、日用品が中心。ゲリラ商人たちは品物が詰まったキャリーカートとともに地下鉄に乗り込み、「乗客のみなさん!今日はこんな素晴らしい商品をご紹介します!」などとお決まりの売り口上を大声でまくし立てます。初めてみる外国人にはワケがわからない存在だが、意外に彼らは市民たちから重宝がられているように見えます。例えばにわか雨が降ると大量のカサを抱えたゲリラ商人が「乗客の皆さん!外では雨が降っています!」などと言いながら乗り込んできたりするわけです。値段もま...ソウルの地下鉄車内は、物売たちが実演販売のパフォーマンスを繰り広げる舞台でもあります

  • 「韓国の女性は自転車に乗れない」というのがひと昔前の知る人ぞ知る常識でした

    韓国で広く親しまれているスポーツの一つが、サイクリングです。大きな公園、あるいは街中でも、専用ウェアに身を包んだ集団がさっそうと走りすぎたりしています。まあここまでは普通なのだが、日本人にとって意外なのは、スポーツとしてサイクリングを楽しむ人の多くがアジュンマ(おばさん)であるということです。目にやり場に困るようなピチピチのウェアで出没するアジュンマも、結構な数に上ります。だが実は、「韓国の女性は自転車に乗れない」というのがひと昔前の知る人ぞ知る常識でした。今でも練習しないと乗れないという若い女性は大勢います。どうやら女性に限らず、荷運び以外に日常の足として自転車を使う習慣があまりなかったためらしい。特にコレといった理由はないようだが、冬の寒さが厳しい、デコボコした歩道が多かった、車・バイクの運転が乱暴、あるい...「韓国の女性は自転車に乗れない」というのがひと昔前の知る人ぞ知る常識でした

  • 韓国には、「沐浴湯」と呼ばれる、韓国式銭湯があります

    韓国には、「沐浴湯」と呼ばれる、韓国式銭湯があります。水泳、散髪、垢すり、靴磨き、マッサージ、そして爪切り……。全く脈絡なさそうなこれらのサービスを、丸ごと1ヶ所で堪能できる施設が「沐浴湯」です。韓国の銭湯も看板は温泉マークです。たいていの場合、煙突に温泉マークがついているので遠くからでもよくわかります。入口に番台があり、ここで料金を支払い、男湯・女湯にそれぞれ分かれる仕組みだ。日本のように番台から男湯も女湯も丸見え、なんてことはありません。下駄箱のカギとロッカーのカギを引き換えに中へ入ると、脱衣所は日本の銭湯とよく似た作りになっています。ただし一角には散髪用のイスが数台、また靴磨き職人が待機しているのが韓国ならではです。客の男性はよくフルチンのまま散髪してもらったりしています。浴室内も湯の温度に応じて浴槽が分...韓国には、「沐浴湯」と呼ばれる、韓国式銭湯があります

  • 万引きとともに、本屋さんの頭を悩ませるのが立ち読みですが・・・

    万引きとともに、本屋さんの頭を悩ませるのが立ち読みです。立ち読み防止のビニールかけが漫画から一般書籍に広がるなど、立ち読み客とのバトルは過熱する一方です。ところがそんな日本の本屋さんが悲鳴を上げて逃げ出したくなるような光景が、韓国では日常的に繰り広げられています。客が本棚のヘリや床に座り込んで、立ち読みの長期戦を決め込んだりしています。日本の常識では激しくヒンシュクな行動だとしても、韓国にはまた韓国の常識があるようです。店内に座り込んで読書にふける客たちに対して、本屋さんの側も特に目くじらを立てている様子はありません。それどころか店によっては、最初から客のためにイスを店内のあちこちに用意したりするほどです。日本のようにビニールをかけたり店員が小言を言う本屋さんがあったとすれば、反対に客から激しいヒンシュクを買い...万引きとともに、本屋さんの頭を悩ませるのが立ち読みですが・・・

  • 慰安婦、その不幸な生い立ちには同情を禁じ得ないが、問題は”ハルモ二”たちを一部の勢力が政治利用していることだ

    朝鮮人慰安婦たちを日本軍が強制連行したり、お金や対価も払わず性奴隷にしたりした事実がないことは、さまざまな公文書や歴史学者の指摘によって明らかにされている。慰安婦になった女性たちの大半は家が貧しく親に売られたり、自ら”キーセン”になることを志願したり、甘言で朝鮮人の女衒にだまされ慰安所に連れてこられた女性たちだった。その不幸な生い立ちには同情を禁じ得ないが、問題は”ハルモ二”たちを一部の勢力が政治利用していることだ。決して肯定できることではないが、現在だって人類の宿痾を象徴するよかのような、劣悪な環境の売春窟は世界中に存在する。しかし、古今東西どの国からも元売春婦たちが名乗りを上げ、一方的な証言で隣国を糾弾したことなどない。なぜ韓国だけが臆面もなく元売春婦を前面に押し出し、テンとして恥じないのか?もちろん彼(女...慰安婦、その不幸な生い立ちには同情を禁じ得ないが、問題は”ハルモ二”たちを一部の勢力が政治利用していることだ

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、ヨギ チョギ 韓国さんをフォローしませんか?

ハンドル名
ヨギ チョギ 韓国さん
ブログタイトル
ヨギ チョギ 韓国
フォロー
ヨギ チョギ 韓国

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用