chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
六弦音曲覗機関 http://guitarandmylife.blog86.fc2.com/

♪ろくげんおんぎょくのぞきのからくり♪ 音楽とギターに目覚めて幾年月。中年男の道楽人生なれの果て。

ピークを過ぎた中年サラリーマン。 真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。 http://guitarandmylife.blog86.fc2.com/

マエストロ・与太
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2010/12/12

arrow_drop_down
  • シュタルケルのドヴォルザーク

    朝から容赦ない暑さ。ダラダラするのは却ってよくないと、エアコンONでギターの練習。シャンドの数曲、BWV998、ポンセの前奏曲ホ長調とさらって一服。そのあとは、オーディオセットの配線類を外して周辺の掃除。再接続ののち音出し確認にこの盤を取り出した。シュタルケルとドラティ&ロンドン響が組んだドヴォルザークのチェロ協奏曲。手持ちの盤は十年程前にリリースされた廉価盤シリーズ中の1枚。ブルッフ「コル・ニドライ」、...

  • ハウザーの駒問題

    だいぶ以前のことになるが、手持ちハウザー製ギターの駒に不具合があって修復してもらった。2022年に手に入れた1990年製のハウザーギター。以前から使っている2006年製のハウザーとはかなり異なる音作りで、低めに設定された低音レゾンナンスとカリカリ反応するエッジの効いた高音は、これまで弾いたことのあるハウザーにはない個性。まるで1950年代以前のハウザー2世や1世を思わせる音だ。前所有者はかなり弾き込んでいたようで、...

  • カラヤンのハイドンとモーツァルト

    数日前の梅雨明け以来、関東地方は猛暑日続き。暑いですね…以外の挨拶が思いつかない状態だ。幸い文明の利器エアコンのおかげもあって、リモコンのボタンを押せば快適な時間が約束される。こればもう神に感謝のレベルだろう。そういえば、かつては夏のエアコン商戦前になると、名古屋の熱田神宮にはその名にあやかり、エアコン関連会社の販売担当が集って猛暑を祈願していたものだ。昨今はどうなったか… さて、きょうは昼をはさん...

  • 第1回アンドレス・セゴビア国際ギターコンクール1981年

    表題の記事。だいぶ前に書いた記事だが先日ある知人から、あの記事はどこにあるのかと聞かれた。検索すればヒットする仕組みになってはいるが、うまく見つからなかったようだ。そんなこともあって、きょうはその記事を再掲することにした。写真は大阪のギター製作家、故松村雅亘氏から以前届いたもの。20年程前、大阪出張の折の工房を訪れ、それ以降、何度か手紙のやり取りをしていた頃のもの。いくつかの貴重な資料に加え、来日し...

  • ハイドン交響曲第52番ハ短調

    先日聴いたシュトルム・ウント・ドランク(疾風怒濤)期のハイドン。きょうはその続き。交響曲第52番ハ短調。デニス・ラッセル・デイヴィス&シュトゥットガルト室内管による全集中の一枚。作曲年代順に整理されているこの全集では、第42番ニ長調とカップリングされている。先日聴いた同時期の第45番「告別」の少し前に作られている。型通りの4楽章形式。例によってハイドンの短調交響曲らしく、第1楽章冒頭からユニゾンの主題が...

  • レスピーギ ピアノ作品集

    関東地方梅雨明け。昼を挟んでちょいと野暮用。東松山まで車を走らせた。平日ではあるが、やはり夏シーズン。週末前ということもあって、昼過ぎ帰途の下り線は結構な混雑ぶりだった。さて、夜半前のクールダウン。何年かぶりにこの盤を取り出した。オットリーノ・レスピーギ(伊1879-1936)のピアノ作品集。コンスタンティン・シチェルバコフというピアニストが弾いているナクソス盤。1996年録音。収録曲は以下の通り。 リュート...

  • 中村紘子 グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調

    ちょっと必要があって古い手帳を繰って眺めていたとき、2016年7月の欄に「中村紘子死去」の書込みを見つけた。8年前2016年の7月25日に72歳で亡くなっている。もうそんなに経つのか…。 言うまでもなく彼女は昭和から平成を通じて、日本クラシック音楽界でもっとも知られた演奏家の一人であり、広く親しまれたアイコンでもあった。ぼく自身も何度かステージに接した記憶がある。かつては自分とはふた世代くらい違うかと思っていたが...

  • ハイドン交響曲第45番へ短調「告別」

    梅雨空続く連休明けの火曜日。久しぶりにハイドンを聴こうかと思い、この盤を取り出した。ハイドンの交響曲第45番嬰ヘ短調「告別」。デニス・ラッセル・デイヴィス&シュトゥットガルト室内管による例の全集盤中の一枚。同時代に作られた第47番ト長調「パリンドロウム(回文)」と第46番ロ長調がカップリングされている。シュトゥットガルトのメルセデス・ベンツ・センターでのライヴ録音。他の作曲家にもよくあることだが、ハイド...

  • ブルーノ・リグット:ショパン・ワルツ集

    三連休最終日。このところ当地関東地方は梅雨空が続き、しとしと、じとじと…スッカとした夏空が恋しい気もするが、そうなったらなったで、暑さでうんざり、何とかならないかとボヤくに違いない。そんな勝手な思いを横におき、さて久しぶりにアンプとプレイヤーの電源をオン。取り出したのはこの盤だ。ブルーノ・リグット(仏1945-)の弾くショパン:ワルツ集。第1番から第18番まで(第19番はカット)を収録。録音は1976年。手持ち...

  • 祝97歳!ブロムシュテット

    先週7月11日、指揮者ヘルベルト・ブロムシュテットが97歳の誕生日を迎えた。現在、最高齢の現役指揮者であることは言うに及ばず。取り分け日本では、NHK交響楽団との長い関係もあって、ぼくら世代には格別の思いがある指揮者の一人だ。ぼくが音楽を聴き始めたのが70年代半ば。ブロムシュテット来日の歴史が始まったのも同じ頃だ。地方での貧乏学生時代も、その後の田舎暮らしも、東京でのコンサートとは半ば無縁でN響の演奏に接し...

  • ハウザー・ウィーンモデルの弦交換

    暑さ続きのこの時期、午前中の涼しい時間にギターの練習でも…と思うが、そもそも午前中から滅法暑い。先日もそんな状況で、練習に集中する程の気合もなく、仕方なく弾くことは早々にあきらめ、寿命だなあと感じていた弦交換の儀と相成った。弦の交換が面倒だというギター弾きも多いのだが、ぼくにとっては、こんなに心おどる時間はないと感じるほどの楽しい作業だ。なんなら他人の楽器の弦交換もみな引き受けたいくらいだ。一方で...

  • かつしかトリオ

    本ブログに時々登場するフュージョンバンド「カシオペア」。その初代メンバーからなる新しいバンド「かつしかトリオ」に注目が集まっている。メンバーチェンジをしながら現在も活躍するカシオペア(現在の名称はカシオペア-P4)。しかし今でも初代メンバー当時の演奏がもっともカシオペアらしいとするファンも多い。その初代メンバーのうち、リーダーの野呂一生(g)を除く、櫻井哲夫(b)、神保彰(ds)、向谷実(kb)によって202...

  • 25年ぶりに林檎をかじる

    先日、MacBook_Airを手に入れた。今年3月に発売された新機種、M3チップ搭載の15インチMacBook Air。アップルストアの認定整備済品コーナーで見つけ、速攻で発注した。パソコンを使い始めたのは確か80年代の終わり頃だったから、付き合いは35年程になる。当時仕事でIBM_PC互換機を使い、アナログ回路シミュレーター:PSpiceを動かしていた。5インチフロッピーベースでカタカタ動くもので、今から思えばオモチャのようなものだったが...

  • 最後のOLYMPUS

    いま使っているミラーレス一眼カメラ:オリンパスOM-D E-M1 Mark III。コロナ禍にまだ終息の気配が見えなかった2021年暮れに手に入れた。オリンパスの企業形態変更に伴い、今や歴史ある「OLYMPUS」ロゴを軍艦部に冠した数少ないカメラとなったモデルだ。ぼくら昭和世代にとって一眼フレフカメラといえば車・オーディオと並んで、社会人になって最初の給料やボーナスで手に入れるべきモノの一つだった。カメラ、オーディオ、車…その...

  • ゴットシャルク管弦楽作品集

    関東地方は先週後半からいきなりの猛暑日連続。まだ梅雨明け前だが、おかまいなしの35度超えだ。電気代を気にしつつも躊躇なくエアコンON。更にラテン色満載のこの盤で暑気払いとなった。19世紀アメリカの作曲家ルイス・モロー・ゴットシャルク(1829-1869)他の管弦楽作品を集めた一枚。モーリス・アブラヴァネル(1903-1993)指揮ユタ交響楽団の演奏。米ヴァンガード原盤。録音データが記されていないが、ネットで確認したとこ...

  • F・グルダ「Gulda spielt Bach, Mozart, Shubert, Chopin」

    3年程前に自覚した左手指の不調。関節軟骨が減少することによる痛みで、整形外科でヘバーデン結節と確定診断された。その後も一進一退で改善されないまま、といってギターを弾く際の致命的な状態とまではならず、ダラダラ現状様子見が続いていたのだが、このところどうも調子がよくない。痛み方が変化してきて、左手人差し指といわず、どの指の関節もピリピリした痛みを伴うようになった。あと数年したら、いよいよままならぬ状態...

  • バッハ:チェンバロ協奏曲集

    梅雨空続く関東地方。湿度感・温度感ともに高く、すっきりしない日々が続く。さて、週半ばの水曜日。昼過ぎから市内の図書館へ。帰宅後一服して音盤タイム。こんな盤を取り出した。バッハのチェンバロ協奏曲集。近所のリサイクルショップのジャンク箱から百円で捕獲してきたもの。70年代初頭にキングレコードから出ていた廉価盤シリーズの1枚でBWV1052/1062/1065の3曲が収録されている。きょうはそのうち第1番ニ短調BWV1052に針...

  • カシオペア「active」

    月があらたまって令和六年文月・七月。うっとうしい梅雨空を吹き飛ばそうと、今月はこの盤でスタートだ。1977年結成、1979年デビューのフュージョンバンド:カシオペア。その第22作目のアルバム「active」。1992年2月メルボルンでのセッション録音。収録曲は以下の通り。01. NEW HISTORY02. MESSENGERS03. CAMEL ROAD04. ECCENTRIC GAMES05. TIME STREAM06. MOMENTO MEMORIAL07. TOMOSHIBI08. POINT X09. DOOR OR TRUTH10. THROUGH...

  • モーツァルト オーボエ協奏曲ハ長調

    週末日曜日。そしてきょうで6月も終わり。あれよあれよと日々が過ぎ、気付けば今年も折り返し点…なんだかなぁ…。 さて、きょうも続けてモーツァルト。取り出したのは、この盤。モーツァルトの管楽協奏曲を集めた一枚。カール・ベーム指揮ウィーンフィルのバックで同団のトップ達がソロを取っている。1970年代前半の録音。十数年前に廉価盤で出た際に買い求めた。モーツァルトがいくつか残した管楽協奏曲のうち、この盤ではフルート...

  • モーツァルト 弦楽五重奏曲第4番ト短調K.516

    終日雨模様の週末金曜日。午前中はギターの練習。昼過ぎはオーディオ機器の湿気飛ばしを兼ねて音盤タイム。先日来の続きで、きょうもモーツァルトの短調作品を聴こうと、この盤を取り出した。モーツァルトの弦楽五重奏曲第4番ト短調K.516。アマデウス弦楽四重奏団にセシル・アロノヴィックのヴィオラが加わった演奏。1951年のモノラル録音。手持ちの盤は70年代後半に出ていた廉価盤<ウェストミンスター名盤コレクション>の一枚で...

  • モーツァルト 「アダージョとフーガ」 K.546

    このところジワジワと気温・湿度とも上昇。梅雨のあとに控えている灼熱の日々を連想させる。これから三ヵ月。年中行事とはいえ気が重い。 さて、週半ばの水曜日。オーディオセット周辺の掃除をして気分もすっきりしたところで、先回聴いたモーツァルトの短調作品の続きで、この盤を取り出した。オットー・クレンペラー(1885-1973)とフィルハーモニア管弦楽団(PO)によるモーツァルト。手元にあるのは2000年前後にクレンペラー...

  • アファナシエフのモーツァルト短調作品集

    週末で関東地方も例年より少々遅い梅雨入り。そして6月も最終週。今年も半分終わるのかと思いつつ、あてもなく音盤棚を眺め、この盤を取り出した。モーツァルトのピアノ曲から短調作品ばかりをピックアップした一枚。ヴァレリー・アファナシエフ(1947-)のピアノ独奏。手持ちの盤は十数年前に日本コロンビアの廉価盤シリーズでリリースされたときのもの。1993年録音。収録曲は以下の通り。 1. 幻想曲 ニ短調 K397 2. 幻想曲 ハ...

  • チョイと宅録 BWV998

    梅雨入り前のうっとうしい空模様が続いた先日、最近手に入れた小型レコーダー(OLYMPUS LS-P5)の動作確認を兼ねて、久しぶりに演奏動画を撮ってみた。去年の秋口に手を付けたバッハ:BWV998のプレリュード。休止状態だった冬の間を除いても、随分と長い間つついていたことになる。そろそろ年貢を納めて終わりにしたいと思っていたが、中々これでヨシ!と自己満足するレベルに至らず、ぐずぐずしていた。調子のいいときは大きなミ...

  • ラッセル&スミッツ ソル:ギター二重奏曲集

    週半ばの木曜日。午前中はびっちりギターの練習。昼過ぎはダラダラを過ごしながらの音盤タイム。きょうはギター。この盤を取り出した。若き日のデイヴィッド・ラッセル(1953-)とラファエラ・スミッツ(1957-)によるフェルナンド・ソル( 1778-1839)の二重奏曲集。この盤のライナーノーツには記載がなかったが、スミッツのサイトによれば録音は1981年のようだ。手持ちの盤は例によって大阪出張の際、梅田の中古レコード店で...

  • パールマン&オーマンディのチャイコフスキー

    先日記事にした神尾真由子が弾くチャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲。音盤棚の一角にはこの曲の盤が何枚かまとまっている。あらためてみると、中にはまだ針を通してない盤もあって、きょうはその中からこの盤を取り出した。イツァーク・パールマン(1945-)とユージン・オーマンディ(1899-1985)によるチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲ニ長調。1978年録音。手持ちの盤は当時の国内初出LP。例によって大阪出張の際、梅田...

  • ペーター・トペルツェル(p)のモーツァルト

    ダラダラとした日常。午前中は家内雑事。昼過ぎに音盤棚を整理をしながら、少し前にハスキルとマルケヴィッチによるモーツァルトを聴いてから気になっていたこの盤を取り出した。スロバキア出身のピアニスト:ペーター・トペルツェル(1944-2010)によるモーツァルト。名作の誉れ高い二つの短調作品、第20番ニ短調と第24番ハ短調のピアノ協奏曲を収めた一枚。ラディスラフ・スロヴァーク指揮スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽...

  • ハタチになりました

    手持ちのギター田邊雅啓氏製作ロマニリョスモデルを手に入れてからちょうど20年が経った。本ブログ開設以来、度々登場しているギターだが、二十歳の記念に一項を設けておこう。田邊雅啓氏(1974-)は現在栃木県足利市で伝統的手法にこだわったギター製作を続けている。大学を出てから長野県上田の石井栄ギター工房で修行ののち独立。2001年から故郷の足利に工房を開いて製作を始めた。たまたまその頃、久しく中断していたギター演...

  • イングリッド・ディングフェルダー(FL) ホフマイスター フルート協奏曲ト長調

    週半ばの水曜日。さて、きょうの音盤。イングリッド・ディングフェルダーという女性フルート奏者によるホスマイスターのフルート協奏曲ト長調。テレマンのフルートと弦楽合奏のための組曲イ短調とのカプリング。ローレンス・レナード指揮イギリス室内管弦楽団がバックと務める。録音は1976年。手持ちの盤はビクター音楽産業から1979年で出た国内初出盤。先回のトペルツェルの盤同様、だいぶ前にネットで激安箱買いした数百枚の中に...

  • 神尾真由子のチャイコフスキー

    先日の記事に書いた村田夏帆。彼女がヴァイオリンを手にするきっかけとなったのが、三歳のときに観た神尾真由子のドキュメンタリだったそうで、村田夏帆は現在もその神尾真由子の師事しているようだ。そんな話で思い出し、きょうはこの盤を取り出した。2007年チャイコフスキーコンクールの覇者:神尾真由子(1987-)が弾くチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲ニ長調。プロコフィエフの2番の協奏曲がカップリングされていて、ク...

  • 村田夏帆(Vn)来演 群馬交響楽団「大人も音楽教室」

    本ブログでも時折り登場する群馬交響楽団。終戦の年、1945年・昭和20年の11月に市民オーケストラとして創設され、翌年には群馬フィルハーモニーオーケストラ、1963年・昭和38年には財団法人群馬交響楽団となった。日本の地方オーケストラの草分けとして、その存在と歴史は郷土の誇りだ。そんな「おらが群馬の至宝」群馬交響楽団の活動の一つに教育プログラムがある。終戦のわずか2年後に始まった県内の小中学生を対象にした移動音...

  • カイルベルト「MOZART in PRAGUE」

    このところ続いているアナログ盤の在庫確認。きょう取り出したのはこの盤。ヨーゼフ・カイルベルト(1908-1968)とバンベルク交響楽団による<プラハのモーツァルト>と題された一枚。この盤のことは、だいぶ以前に例の本で知った。カラヤンと同い年だったカイルベルトが手兵のバンベルク響を振ってモーツァルトと深い縁のあった街プラハにちなんだ曲を演奏している。バンベルクのオケもまたプラハに縁のある楽団。チェコで創設さ...

  • 前橋汀子のメン・チャイ

    レコードプレイヤーがメンテナンスから戻って以来、もっぱらレコードばかり聴いている。ジャンル、録音の良し悪し…そんなの関係ねえ!と言いつつ、きょう取り出したのはこの盤だ。前橋汀子(1943-)の弾くチャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調。スイス在住だった晩年のヨーゼフ・シゲティ(1892-1973)に師事した前橋汀子。この盤はそのスイスでアナログ盤最終期に近い1984年に録音された。クリストフ・エッシェンバッハ...

  • ハスキル&マルケヴィッチのモーツァルト

    月があらたまって令和六年水無月六月。変わらず巡る季節のうつろい。このところ気温も湿度もじわじわ上昇。あと二週間もすれば梅雨入りだ。週末日曜日。終日降ったりやんだり。昼前に野暮用少々。昼過ぎはダラダラと過ごしつつ、アンプの灯を入れ音盤タイム。久しぶりにこの盤を取り出した。クララ・ハスキル(1895-1960)とイーゴリ・マルケヴィッチ(1912-1983)指揮ラムルー管弦楽団によるモーツァルトのピアノ協奏曲第20番ニ...

  • CEC ST930 メンテ完了

    現在使っているレコードプレイヤーはCEC社製ST930というモデル。80年代終わりに発売されたモデルながら、細々と2000年頃まで生産された。ぼくが買ったのが1996年だから、かれこれ30年近くなる。このST930が届いて最初に聴いたとき、そのSN比の良さと瑞々しく解像度の高い音色に驚いたものだ。これといって不具合もなかったが、前回メンテナンスしてから10年経過したことから、予防保全の意味でひと通り点検してもらうことにした。...

  • メニューインのブラームス

    気付けば五月も今週で終わり。 きょうもいつもながらの怠惰かつ呑気な一日。日々仕事と格闘していた過去が嘘のようだ。 さて、きょうも日暮れて…チョイ渋のこんな盤を取り出した。ユーディ・メニューイン(1916-1999)が弾くブラームスのヴァイオリンソナタ集。ピアノはメニューインの義兄にあたるルイス・ケントナー(1905-1987)。1956~57年録音。手持ちの盤は70年代にセラフィムレーベルとして出ていた廉価盤で、緑色のジャ...

  • ティボー・ガルシア(g)来演 群馬交響楽団第555回定期演奏会

    人気のギタリスト:ティボー・ガルシアが来演するとのことで先週末、久しぶりに地元群馬交響楽団(群響:グンキョウ)の定期演奏会へ脚を運んだ。=======================山本菜摘/委嘱作品「UTAGE~宴~」ロドリーゴ/アランフェス協奏曲*ファリャ/バレエ音楽「恋は魔術師」**芥川也寸志/交響曲 第1番ギター:ティボー・ガルシア*メゾソプラノ:加藤のぞみ**指揮:原田慶太楼 管弦楽:群馬交響楽団2024...

  • 竹内郁子のマンドリン

    ちょっと必要あってマンドリンの音盤をサーチ。棚の端っこに何枚かある中からこの盤を取り出した。手持ちのマンドリンを含むアンサンブルの盤。手前3枚が竹内郁子の盤。竹内郁子(1931-)を中心としたマンドリンアンサンブルを収めた一枚。「イーグルレコード」レーベル(音研企画株式会社)で出た盤だが、おそらく自主制作盤に近く、一般市販された盤ではないようだ。録音データは示されていないが、高橋功氏によるライナーノー...

  • ロン・カーター「The Man with the Bass」

    気付けば五月も下旬。梅雨入りはまだ先だろうが、このところじわじわと湿度感が上がってきた。今年もエアコンの季節到来だ。さて週半ばの木曜日。きょうはジャズ。こんな盤を取り出した。ジャズ・ベースの巨人:ロン・カーター(1937-)の、その名も「The Man with the Bass」という1986年発売の一枚。手持ちの盤は発売当時のもので3,200円の表記がある。1986年といえばレコードからCDへの移行真っ最中だったが、新譜CDはまだまだ...

  • アランフェス協奏曲二重奏版

    今週末の5月25日土曜日、久しぶりに地元群馬交響楽団(群響:グンキョウ)の定期演奏会へ行く予定だ。人気のギタリスト:ティボー・ガルシアが来演し、アランフェス協奏曲を演奏することになってる。ギター弾きとしては長年に渡って聴き馴染んだ曲だが、時にはあらためて聴きたくなる。そんなこともあって、きょうは音盤棚のギターコーナーからこの盤を取り出した。スペインの作曲家ホアキン・ロドリーゴ(1901-1999)の「アラン...

  • 初めて買ったクラシックLP

    アンプが入れ替わり、プレーヤーもメンテナンスから戻ってきて、このところレコードに針を下す時間が増えた。きょうも音盤棚を見回し、この盤を取り出した。ぼくら以上のオールドファンには懐かしいジャケット。1970年前後にコロンビアから出た廉価盤シリーズの一枚。だいぶ以前に一度記事にしたことがある。収録曲はモーツァルトの交響曲第40番ト短調と35番ニ長調「ハフナー」。この盤以外にはまったく聞いたことのないジャン=ル...

  • 見砂直照と東京キューバン・ボーイズ 「DYNAMIC LATIN」

    週末金曜日。このところのルーチンで午前中はギターの練習。午後はダラダラ、ウダウダと音盤棚の整理。棚の一角にこんな盤を見つけて取り出した。日本におけるラテン音楽の先駆者といえる「見砂直照と東京キューバン・ボーイズ」による「DYNAMIC LATIN」と題された一枚。20年近く前、例によってリサイクルショップのジャンク箱から金100円也で救済してきた。1971年発売。当時のオーディオ界で最先端だった4チャンネル仕様の盤で、...

  • ウラディミール・フェルツマン(p)バッハ:パルティータ集

    週半ばの水曜日。午前中2時間ほどギターの練習。午後は野暮用一つ二つ。いつものルーチン。夜半前になってアンプの灯を入れ、この盤を取り出した。バッハのパルティータBWV825~830。ウラディーミル・フェルツマン(1952-)による演奏。パルティータ全6曲に加え、2声のインヴェンションBWV772~786も収録されている。1999年モスクワ録音で2005年にカメラータトウキョウから発売された。当時、バッハのパルティータをあれこれ聴...

  • 海野義雄(Vn)チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調

    少し前のこと、ある方から非公開コメントがあった。「ある音盤のついての与太さんの記事が、一字一句違わず数百文字に渡って記載されているブログがあった」とのこと。事の次第は伏せておくが、あまり気持ちのよいものではない。実は過去にも同じようなことを経験している。そもそも本ブログの道楽与太話など、自分でいうのもナンだがロクなものではない。それをコピペしてどうなるものかという感じがするのだが…。 さて、それは...

  • グールドの「運命」

    グレン・グールドの弾くベートーヴェン交響曲第5番ハ短調「運命」(リスト編)。1967~68年の録音。手持ちの盤は例によって20年程前、大阪出張時に梅田の中古レコード店で手に入れたもの。少し前からレコードプレイヤーCEC:ST930がメンテナンスで払っているため、面白半分に買ったサウンドバーガーに盤をセットした。ベートーヴェン交響曲のピアノ編曲版を初めて聴いたのは、半世紀前のクラシックを聴き出し少したった頃。コンタ...

  • 鋭意練習中!ポンセ「前奏曲・ホ長調」

    少し前からマヌエル・ポンセ( 1882-1948)作曲の前奏曲ホ長調をさらい始めた。この曲とはクラシックギターを始めてまもない高校時代に出会い、すぐに惚れ込んだ。ホ長調という調性はギターでもっともよく響く調性の一つで、冒頭から気分よく弾き出すのだが、じわじわと弾きにくい箇所が出てきて、気付けばまともに弾けずじまいという状況がずっと続いた。最近になって、このまま放置するのも残念至極、何とかしようと覚悟を決め...

  • 中森明菜「TATTO」

    連休も終わり世間は平常運転へ。そして世間に関係なく日々平常運転の前期高齢者ライフ…たまには暴走運転もしたくなるよなぁ…いや、しないけど。まあ、日頃のクラシックからちょっとポップな曲に切り替えて気分転換くらいはオッケーでしょう。というわけできょうはこの盤を取り出した。中森明菜(1965-)の21作目のシングル盤「TATTO」。1982年のデビューから6年経った1988年5月にリリースされた。当時すでにCD時代へ移行の真っ最...

  • フリッチャイ&BPOの「英雄」

    連休真っ只中の日曜日。休み中の喧騒を避けるようにきょうも在宅。宅内身辺雑事を少々こなしたあとは道楽音盤タイム。このところ続けて聴いているベートーヴェンの英雄交響曲の勢い止まらず、きょうはこの盤を取り出した。フェレンツ・フリッチャイ指揮ベルリンフィルハーモニー(BPO)によるベートーヴェン交響曲第3番変ホ長調「英雄」。1958年録音。手持ちの盤は90年代終盤にミドルプライスでリリースされたフリッチャイ・エディ...

  • マタチッチ&チェコフィルの「英雄」

    先回の記事に書いたトスカニーニの英雄を聴いて、わが「英雄」魂に火がついた。ベートーヴェンの交響曲で何を選ぶかと問われたら、迷いに迷って今なら「英雄」と答えるかもしれない。…というわけで、きょうは以前にも記事にしたこの盤を取り出した。ロヴロ・フォン・マタチッチ(1899-1985)とチェコフィルによるベートーヴェン交響曲第3番変ホ長調「英雄」。1959年3月プラハ・ルドルフフィヌム(芸術家の家)での録音。マタッチ...

  • トスカニーニ&NBC響の「英雄」

    風薫る五月。好天の日は初夏を思わせる。少し前に日よけのターフを何ヵ所かの窓に取り付けた。あっという間に夏になるのかなあ…。 さて、きょうは朝から曇り空でややひんやりとした一日。午前中はギターの練習。昼からは部屋の片付けをしながら、ナガラリスニング。きょうはこの盤を取り出した。アルトゥール・トスカニーニ(1867-1957)とNBC交響楽団によるベートーヴェンの交響曲全集。きょうはこの中から第3番変ホ長調「英雄...

  • ジュリアン・ブリーム「ヴィラ・ロボス作品集」

    先日、長らく使っているレコードプレイヤーCEC社製ST930をメンテナンスに出した。これといって不具合はないのだが、前回のメンテナンスから10年余経過したこともあって、ひと通りチェックしてもらうことにした。幸い同製品は現在もCEC社直系の会社で修理・メンテナンスに応じてくれる。主が留守になったコーリアンボードの上には例のハンバーガーもといサウンドバーガー をセットした。さて、連休真ん中の月曜日。例によって部屋の...

  • グールド 「バード&ギボンズ作品集」

    ゴールデンウィーク入りの世間を尻目に、いつもと変わらぬ週末土曜日。夜更け前の音盤タイムも変わらぬルーチン。きょうはこんな盤を取り出した。グレン・グールド(1932-1982)の弾く「バード&ギボンズ作品集」。60年代後半を中心に一部は70年代初頭に録音されている。手元にはCD盤もあるがきょうはCBSソニーから出ていた国内盤LPで聴く。収録曲は以下の通り。1. バード:パヴァーヌとガイヤルド第1番2. ギボンズ:幻想曲 ハ長...

  • McIntosh MA6200

    アキュフェーズを放出した昨年秋から続いている「終の棲家」ならぬ「終のアンプ」選び。なんちゃってマランツ、そしてDENONのセパレートで落ち着くと思いきや、舌の根も乾かないうちに、こんなことになってしまった。DENONのセパレートを迎えてから二週間。いくつか気になる点があって、残念ながらずっと居心地の悪い状態が続いた。どうにもこのまま矛を収める覚悟ができず逡巡。DENONセパレートを購入した中古オーディオ販売店に...

  • アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ「A Night in Tunisia」

    一日曇天のはっきりしない空模様。所在なく一日終える。さて、今夜はジャズだ。音盤棚を見渡し、この盤を取り出した。アート・ブレイキー(ds)とリー・モーガン(tp)、 ウェイン・ショーター(ts) 、ボビー・ティモンズ(p) 、ジミー・メリット(b)からなるザ・ジャズ・メッセンジャーズによる1960年のセッション録音「A Night in Tunisia」。手持ちの盤は20年程前にブルーノートの名盤がミドルプライスでまとめてリリースさ...

  • ムター・リサイタル2000

    一週間後にはゴールデンウィークかぁ…と考えても格別のアイデアもなく、気付けば今月も下旬。週末日曜の夜。今夜はちょっと渋めのこの盤を取り出した。アンネ・ゾフィー・ムター(1963-)が弾く近現代の作品集。2000年5月にシュトゥットガルトで行われたライヴをそのまま収録したアルバムだ。この盤は20年程前に仕事で中国を何度か訪れた際に買い求めた。確か10元(150円程度)かそこらの値段で、パッケージをよく見ると正規商品...

  • ディーン・ディクソン&ヤニグロのドヴォルザーク

    週末金曜日。サンデー毎日の身にあっては曜日の感覚も失せがち。いろいろ理由をつけて一週間を乗り切っている。きょうは朝から少々遠出の外出。夕方近くに帰宅した。ネクタイ、もとい、ベルトを緩めていっぷく。少し前から聴こうと思っていたこの盤と取り出した。70年代初頭に山ほど出回った廉価盤シリーズの一つ。ぼくの最も敬愛するチェリストの一人であるアントニオ・ヤニグロ(1918-1989)がソロを取り、ハイドンとドヴォルザ...

  • ジョン・ウィリアムス(g)のCBS初期録音

    少し前に書いたジョン・ウィリアムスのウェストミンスター録音の関して非公開コメントをいただいた。「手持ちのLP盤とブログ記事に貼られたCD音源(YouTube音源)とはピッチが違う」と記されていたのだが、その後同じ方から「…あらためて手持ち複数台のオーディオ機器で確認したところ、ピッチの違いは確認できなかった」とのコメントがあった。その方は以前からLP盤に親しんでいたが、数年前にCDがリリースされた際、それを手に入...

  • ジャック・ルーシェ・トリオ「Play Bach」

    このところ道楽部屋の整理整頓を進めているが、仕事と違って納期不問でペースはいたって緩慢。きょうもダラダラボチボチ作業。BGMにと取り出したのはこの盤だ。初代ジャック・ルーシェ・トリオの演奏するバッハ。60年代から70年代に一世を風びしたといっていい音楽。彼の出現以降、バッハや広くクラシックをジャズやポップスアレンジで演奏することが珍しいことではなくなった。ジャック・ルーシェ(1934-2019)はクラシックの名...

  • マズア&LGO メンデルスゾーン交響曲第4番イ長調「イタリア」

    週末土曜日。昼から隣り町のマンドリン楽団の練習へゴー! 楽しく遊んで日が暮れた。終日穏やかな一日。夜になっても暖かい春の気配変わらず。音盤タイムも陽光満ちる伊太利をイメージしながら、この盤を取り出した。クルト・マズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(LGO)によるメンデルスゾーンの交響曲第4番イ長調「イタリア」。1971年録音。手持ちの盤は70年代終盤に廉価盤で発売されたときのもの。第5番ニ短調「宗...

  • アンセルメ&OSR ウェーバー作品集

    降ったり晴れたり三寒四温。春を実感しつつも、日々あてもなく過ごす。週半ばの木曜日。昼をはさんでちょいと外出。三時前に帰宅して一服。ついでのアンプの灯を入れ、この盤を取り出した。エルネスト・アンセルメ(1883-1969)とスイスロマンド管弦楽団(OSR)による、カール・マリア・フォン・ウェーバー(1786-1826)の作品を収めた一枚。例のアンセルメ・ボックスセットの「その他欧州編」中のDisk31。収録曲は以下の通り。...

  • Ella and Basie!

    当地の今年の桜は、学校の入学式に文字通り花を添えた。かつての日本の光景そのものだ。希望に満ちた春の日とは裏腹に、きょうも無為の一日を終えた我が日常。夜更け前の音盤タイム。今夜はジャズ。取り出したのはこの盤。エラ・フィッツジェラルド(1917-1996)がカウント・ベイシー(1904-1984)率いる彼のバンドをバックに歌った、その名も「Ella and Basie !」というアルバム。1963年録音。手持ちの盤は90年代初頭に出た国内...

  • ジョン・ウィリアムス(g)の日本デビュー盤

    自宅周辺の桜もようやく開花。ここ何年かではもっとも遅いらしい。近年が異常に早かったというべきか…。 さて、四月最初の週末日曜日。宅内野暮用少々。道楽部屋の片付けは相変わらず進まず。1963年キングレコード発売のジョン・ウィリアムス(1941-)のLP盤。収録曲は以下の通り。トローバとポンセという、当時の盤としては中々玄人好みの選曲だ。 ソナチネ、夜想曲、カスティリャ組曲(以上トローバ) ワルツ、主題と変奏・...

  • ブライロフスキー ショパン ピアノ協奏曲第1番ホ短調

    先日聴いたポリーニで思い出し、このところショパンの協奏曲を続けて聴いている。きょうもその流れで、こんな盤を取り出した。アレクサンダー・ブライロフスキー(1896-1976)が弾くショパンのピアノ協奏曲第1番ホ短調。オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団がバックをつとめる。1961年録音。リストの「死の舞踏」が併録されている。 手持ちの盤は70年代半ば、CBSソニーから「ヴィルティオーゾの饗宴」というシリーズの廉価...

  • ポリーニ&ベーム ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番ト長調

    月が改まって令和六年卯月四月。 このところの当ブログアクセス数はIPベースで120~150程度。相変わらずランキングバナーのクリック数は少なく、来訪者の1割に満たない。それも記事更新のあった日にとどまる。まあ、道楽爺の与太記事にコンスタントにお付き合いいただけるだけで幸いといたしましょう…と言いながらも、どうか引き続き応援方、宜しくお願い致します。さて、ポリーニの訃報にふれてから、このところ手元にある彼の盤...

  • ポリーニ ショパン ポロネーズ集

    何度か記事に書いた通り、このところアンプの入れ替えやら細部の調整やら、オーディオいじりを楽しんでいる。アナログ盤を聴く時間も増えて、きょうはここ10年近く使っていたオルトフォンSPU-Gを外し、スタントンのMM型カートリッジをセットした。正確な型番を失念してしまったが、500serの一つだったはずだ。十数年前にサンバレー(キット屋)でかなり古いもののデッドストックとして格安で販売されたと記憶している。久々に何枚...

  • バッハ フルート作品集

    ここ数年に比べて寒い日多かった今年の三月。きのう午後からようやく暖気流入。桜もこれからボチボチだ。野暮用一つ二つ。続いて道楽部屋の片付け。BGMにしたのはこの盤。ブリリアント版バッハ全集ボックスのフルート作品集。ステファン・プレストン(1945-)のトラベルソとトレヴァー・ピノック(1946-)のチェンバロ。伴奏部が通奏低音による曲ではジョルディ・サヴァールのガンバが加わる。1975年録音。以下のバッハのフルー...

  • サウンドバーガー

    随分前に手に入れながら長らく放置状態だったオモチャをようやく箱から取り出した。オーディオテクニカ製のレコードプレーヤー「サウンドバーガー」。一昨年、2022年秋にネットで限定発売され、その後昨年春からレギュラー商品としてラインナップされた。ぼくら世代以上の中には80年代に目にした輩も多いだろう。今から42年前の1982年に発売されたサウンドバーガー。カセットウォークマンで一世を風靡していたソニーもほぼ同時期に...

  • オーガスティン・ヴィーデマン(g)「Guitar Music of 90’s」

    今冬は当初暖冬の予報だったが、どうもこの三月は寒い日が多く、関東地方でも先週末には小雪が舞う程の天気だった。桜前線も昨年より遅れ気味の様子。これから一気に開花に進むのか…。さて、きょうもダラダラと無為に過ごし、道楽部屋の整理は遅々として進まず。溜息まじりに一服。BGMにこの盤を取り出した。1992年のハバナ国際ギターコンクールで優勝したドイツ生まれのオーガスチン・ヴィーデマン(1965-)というギタリストが19...

  • ポリーニのショパンピアノ協奏曲第1番ホ短調

    マウリツィオ・ポリーニが亡くなった。享年82歳。今朝のネットニュースで知った。ぼくら前後の世代にとっては青春時代から今日まで、実力・人気とも、常に世界のトップといってよいピアニストだった。合掌かつて音楽に親しみ始めた頃に若き俊英だった指揮者や演奏家の訃報にふれる機会が増えてきた。マゼール、アバド、小澤、ポリーニ…みな鬼籍に入った。気付けば自分も相応の年齢。長いようで短い人の一生に思いを馳せざるを得な...

  • ミッシャ・エルマン(Vn) クライスラー愛奏曲集

    ちょうど一年前、年度末業務が片付くとともに三月末で退職が決まった頃、呑気に東京散歩をしていたことを思い出す。 さて、きょうは野暮用あってあわただしく過ごすも昼過ぎには一段落。渋茶で一服しつつ、この盤を取り出した。オールドファン、それもぼくら世代よりひと回りかふた回り上の世代には懐かしいミッシャ・エルマン(1891-1967)。 19世紀末生まれでSP時代からの盤歴を持つエルマンの録音はCD時代になってからは中々...

  • 言行不一致にもほどがある!

    優秀なアキュフェーズを勝手な理由で放り出し、ヴィンテージ路線でいくだの、アンプはプリメインが潔いだのと言っておきながら、何だこのザマは…言行不一致にもほどがあるぞ、という話。昨年末、マランツPM-5とルボックスB226がやってきて、これで終生幸せな日々を送れるかと思っていた。しかしB226が到着後の初期不良かつ修理不能でサヨナラ(返品・返金)。出鼻をくじかれてしまった。そうなると無傷のアンプまで途端に輝きを失...

  • J・ブリーム 「Plays Granados and Albeniz」

    予想外に寒かった三月前半が終わり、先週後半からようやくこの時期らしい暖かさになってきたが、きょうは冬に逆戻り。寒い一日となった。暖を取りつつ道楽部屋の整理整頓。作業用BGMに選んだのはこの盤だ。ジュリアン・ブリーム(1933-2020)の録音を代表するアルバム10枚をオリジナル・ジャケットのデザインで復刻したボックスセット。2011年のリリース。その中からスペイン物を弾いた一枚を取り出した。収録曲は以下の通り。ギ...

  • 懐かしの映画音楽集

    道楽部屋の模様替え&整理整頓が徐々に進行中。音盤棚から古めの盤を取り出しBGMに納期不問ののんびり作業。いつ終わるのやら…きょうBGMに取り出したのは、1970年3月に講談社から出た映画音楽7枚組のレコードセット。その年の春、高校入学祝いとして待望のステレオと一緒に買ってもらった記念すべきレコードでもある。収録された曲の映画のワンシーンや主演俳優のグラビアがのっている中々豪華な冊子も付いている。高校1年になった...

  • ミシェル・オークレール(Vn)

    三月前半は平年より低めの気温が続き毎日震えていたが、ようやくこの時期らしい陽気になってきた。桜の開花まであと2週間程だ。 季節は移ろうものの、こちらは変わらず漫然とした日々。きょうも当てもなく過ごし、日が暮れた。夜更け前のリラックスタイム。音盤棚から久しく聴いていなかったこの盤を取り出した。ミシェル・オークレール(1924-2005)の弾くチャイコフスキーとメンデルスゾーンの協奏曲を弾いた盤。昔から名盤の誉...

  • スウィトナー&SKB ブラームス交響曲第2番ニ長調

    三月も半ばに差し掛かり、暖かい春を持ち焦がれつつ…少し明るい曲を聴こうかと、この盤を取り出した。ブラームスの交響曲第2番ニ長調。オトマール・スウィトナー(1922-2010)指揮ベルリン国立歌劇場管弦楽団(SKB)による演奏。1984年にお馴染みのベルリン・キリスト教会で録られた。手持ちの盤は十年程間にキングレコードの廉価盤シリーズで出たときのもの。同コンビによるブラームス交響曲全曲がCD3枚でリリースされた。構想か...

  • ジョン・コルトレーン「Blue Train」

    週末日曜日。きょうは延ばし延ばしにしていた道楽部屋の模様替えに着手。クロゼット内のがらくた整理に精出した…が道半ば、いや道五分の一…。さて、夜更け前の一服。今夜はジャズ。この盤を取り出した。ジョン・コルトレーン(1926-1967)唯一のブルーノート録音「ブルー・トレイン」。 こうしてブログに取り上げるのさえ気恥ずかしくなるような定番・名盤だ。ジョン・コルトレーン(ts)、カーティス・フラー(tb)、リー・モー...

  • 映画「マエストロ:その音楽と愛と」

    先日観た映画を思い出しながら、例のバースタインとニューヨークフィルによるマーラー交響曲全集から第2番ハ短調「復活」を取り出し、絞り気味のボリュームで聴いている。昨年末にNetflixと一部劇場で公開された映画「マエストロ その音楽と愛と」。レナード・バーンスタイン(1918-1990)の生涯を彼の妻フェリシア・モンテアレグレ(1922-1978)とその家族とを中心に描いたというもの。少し前に当地でも公開されると知り、先日...

  • メニューイン&RPO ドヴォルザーク交響曲第8番ト長調

    CDやレコードを買わなくなって久しい。棚に収まったまま仮眠、冬眠中の盤が相当数ある。こちらの健康寿命が残っているうちに、それらの盤が永眠にならぬよう在庫確認が続いている。きょうも音盤棚を見回し、この盤を取り出した。ドヴォルザークの交響曲第8番ト長調。ユーディ・メニューイン(1916-1999)が指揮するロイヤルフィルハーモニー管弦楽団(RPO)による演奏。1994年録音。手持ちの盤は激安ボックスセットの雄:ブリリア...

  • 田邊ギターのサドル交換

    新しい田邊ギターを受け取ってから三ヵ月程が経過。この間、時間が許す限りせっせと弾いて感触を楽しんできた。表板他、初期の動きがある期間だが、問題となるような変化・変形はなし。特に弾き心地の肝となるネック・指板・サドル・ナット関連のセッティングも問題はない。このまま弾き進めてもいいのだが、気分転換も兼ね、予め用意してある低めのサドルに入れ替えてみることにした。昨年、製作段階の打ち合わせで、弦高の高低を...

  • ストラヴィンスキー ハ調の交響曲

    月が改まって令和六年弥生三月。このところ冬に戻ったかのような寒い日が続いているが、数週間後には桜の季節。早晩暖かくなるだろう。 さて、このところマーラーを続けて聴いていたので、きょうはちょっと気分転換。音盤棚を見渡し、この盤を取り出した。イーゴリ・ストラヴィンスキー(1882-1971)のハ調の交響曲(Symphonie en ut)。エルネスト・アンセルメ(1883-1969)指揮スイスロマンド管弦楽団による1960年の録音。去...

  • アバド&CSO マーラー交響曲第5番嬰ハ短調

    クラウディオ・アバドが亡くなってからすでに十年になる。2014年の1月20日過ぎ、ネットニュースで訃報に接した。享年80歳。アバドも80歳にもなっていたのか…そのとき、まずそう思った。ぼくが音楽をせっせと聴きだした70年代中盤には、次世代を担う若き旗手だった。そんなイメージからぼくの中でのいつまでも「若手」だった。 カラヤン亡きあとのベルリンフィルのシェフをなり、近代化と国際化を推し進めたアバドだが、同時にベル...

  • テンシュテット&LPO マーラー交響曲第5番嬰ハ短調

    先日来聴いているマーラー。今夜も続けて聴こうかと、この盤を取り出した。クラウス・テンシュテット(1926-1998)とロンドンフィルハーモニーによるマーラー交響曲全集。1977~1988年のスタジオセッション録音。手持ちの盤は20年近く前にEMIから出ていた一連のボックスセット中の一つ。今夜はこの中から第5交響曲嬰ハ短調を取り出して聴いている。テンシュテットのマーラーはこのスタジオ録音以外に相当数のライヴ盤が出ていて、...

  • バーンスタイン&NPO マーラー交響曲第5番ハ短調

    先回聴いたマーラー第5交響曲。これまで半世紀に渡って飽きるほど接してきた曲だが、久しぶりにスピーカーと対峙して聴き、その素晴らしさをあらためて感じた。ならば…と、きょうはこちらのマーラーを取り出した。レナード・バーンスタイン(1918-1990)が60年代に当時の手兵ニューヨークフィルと録音したマーラー交響曲全集(第10番は1975年録音。また第8番はロンドン響との演奏)。十年程前にオリジナルLPジャケットデザイン12...

  • インバル&フランクフルト放響 マーラー第5交響曲

    寒さが戻り、小雪もちらつく週末金曜日。暖を取りつつアンプを灯を入れ、この盤をプレイヤーにセットした。エリアフ・インバル指揮フランクフルト放送交響楽団(一時期hr交響楽団に改称したが、数年前から再び旧来の呼称が公式名になった)によるマーラーの交響曲第5番ハ短調。1986年1月の録音。手持ちの盤は2000年代初頭に日本コロンビアの廉価盤シリーズCREST1000としてリリースされたときのもの。エリアフ・インバル(1936-)...

  • ホルン!

    週半ばの水曜日。気付けば二月も下旬になった。寒さもピークアウトし、寒暖行きつ戻りつしながら春の到来も近い。 さて、夜半前のひと時、机の上を片付けながらのナガラ・リスニング。さきほどからマーラーの第1交響曲を聴いている。以前、マーラー中間楽章の「つまみ聴き」の記事を書いたが、もちろん中間楽章以上にマーラーの終楽章は感動的だ。来るぞ、来るぞ、とわかっていながら、そのクライマックスに向けての演出に引き込...

  • 小澤&BSOのバルトーク

    先日訃報にふれた小澤征爾(1935-2024)。ぼく自身は彼の熱心なファンというわけではなかったが、手元には何枚かの盤がある。きょう取り出したのはかつての手兵ボストン交響楽団(BSO)を振って録音したバルトークの管弦楽曲集。この盤も発売当時買ったものではなく、例によって二十年近く前、出張帰りに梅田の中古レコード店で手に入れた。発売当時から印象に残っている中々強烈なジャケットデザイン。ライナーノーツにはジャケ...

  • カーメン・マクレエ「After Glow」

    週末土曜日。昼から隣り町のマンドリン楽団の練習へ。きょうはギターではなく、マンドラ・テノールのパートを弾くため例のリュート・モデルノ(マンドリュート)を背負って参加。久しぶりのリュート・モデルノ。終始よたよた運転で練習を乗り切った(ふ~っ)。さて、夜半前の音盤タイム。ほとんど縁の無くなったバレンタインデーの名残りのチョコを頬張りつつ、こんな盤を取り出した。「My Funny Valentine」というジャズのスタン...

  • ディッタースドルフ 「オヴィディウスの転身物語」によるシンフォニア集

    今週に入って一気に春めき、気温も20度近くまで上昇。郊外の公園では蝋梅が香り、穏やかな陽ざしが降り注ぐ。このまま春に向かうかな…。 きょうも窓から差し込む陽光を受けながらの音盤タイム。久しぶりにこの盤を取り出した。ウィーン古典派の重鎮ディッタースドルフの「オヴィディウスの転身物語」によるシンフォニア集。この手の落穂ひろい的レパートリーの発掘では最右翼のナクソスレーベルの一枚。演奏はハンス・ペーター・グ...

  • メンデルスゾーン 協奏的変奏曲作品17

    あれこれ身辺諸事が滞り、きょうはちらかり放題の机まわりの整理。見かけだけは少々片付き、安堵して一服。ついでアンプの灯を入れ、こんな盤を取り出した。メンデルスゾーン(1838-1897)のチェロとピアノための協奏的変奏曲作品17。手持ちの盤は随分前に手に入れた激安ボックスセット。ブリリアントクラシクスのメンデルスゾーン室内楽全集中の一枚。メンデルスゾーンが書いたチェロ作品、ソナタ2曲、無言歌、そしてこの協奏的...

  • チョイと宅録 E.プジョール「小ロマンス」

    ここ二、三日寒さもピークアウトしたかと思わせる日が続いている。とはいえ、まだ春の陽気には遠く、ギターを弾くにもまずは道楽部屋を暖め、手を暖め…思い立って即練習とはいかない。まだしばらくは新しい課題に取り組むのは難しそうだし、そういえば録音も久しくしていないなあ…などど考え、このところポロポロと弾いて遊んでいたこの曲を録音してみた。エミリオ・プジョール(1886-1980)の「小ロマンス」。プジョールはギター...

  • 伊福部昭 管弦楽作品集

    きのう2月8日は作曲家伊福部昭(1914-2006)の命日だ。2006年2月8日に亡くなったときのことを覚えている。たまたまその数日前に写真のCDを買い、伊福部昭の作品を初めてまともに聴いた直後だったからだ。伊福部昭は北海道帝国大学農学部出身。在学中からギター曲や歌曲も作っていたようだ。当時日本国内ではほとんど無名でありながら、海外ではその大胆かつ先端の管弦楽技法が評価された。一般には映画「ゴジラ」をはじめ多くの映...

  • カイルベルト 「MOZART in PRAG」

    オーディオセットを入れ替えてから古めのLP盤を手に取ることが多くなった。見た目の雰囲気重視…真の音楽愛好家からは相手にされそうもないが、ささやかな個人の楽しみ。まあ、いいでしょう。きょう取り出したのはこの盤。ヨーゼフ・カイルベルト(1908-1968)とバンベルク交響楽団による「プラハのモーツァルト」と題された一枚。この盤のことはだいぶ前に例の本で知った。カラヤンと同い年だったカイルベルトが、手兵のバンベル...

  • ソルの二重奏曲集

    先回のメルツに続き、きょうはお馴染みソルの二重奏を聴く。フェルナンド・ソル(1778-1839)が作ったギターのための二重奏曲をCD2枚に収めたナクソス盤。弾いているのは、ロベルト・クビカとヴィルマ・ファン・ベルケルという二人組。1994年から95年にかけての録音。ソルはギター弾きにはお馴染みの作曲家だ。19世紀初頭の古典ギター全盛期、多くのギター演奏家兼作曲家が活躍した中でも格段に優れた曲を残した。スペイン生まれ...

  • メルツの二重奏曲集

    久しぶりにメルツのギター二重奏を聴く。ヨーゼフ(ヨハン)・ガスパール・メルツ(1806-1856)のギター二重奏作品を集めたアルバム。YouTubeですっかり知られるようになったクラウディオ・マッカリとパオロ・プリエーゼという二人組みによる19世紀ギターを用いた演奏。2001年の録音。今から二十年近く前、仕事で欧州へ何度が出張した際、滞在先で手に入れた。手に入れた当時はまだギターへの本格カムバック前夜で、メルツの二重...

  • ホロヴィッツ・オン・TV

    月があらたまって令和六年如月二月。昨年末からひと月間、ブログ更新の頻度を上げてみたが、この間のアクセス数は特に変化なし。大体アクセル者のうち十名に一人がクリックしてくれているランキング・バナーのクリック数は少しアップ。これが多いか少ないかよく分からないが、いずれにしても所詮はマイナーな分野の素人記事。まあ、そんなものだろうと観念して、以前のペースに戻すことにした。変わり映えしない記事が続く見込みで...

  • 加藤知子(Vn)エルガー作品集

    きょうで一月が終わり。正月気分もあまりないまま年明けし、変わり映えしない日常でひと経った。さて、きょうもひと息ついて夜も更けて…変わり映えしない音盤タイム。今夜はちょっとリラックス…この盤を取り出した。エルガー作品集。加藤知子のヴァイオリン、江口玲のピアノ伴奏。1997年に山梨県の牧丘町民文化ホール(現:花かげホール)で録音されている。日本コロンビアの廉価盤シリーズ中の一枚。エルガーが生涯に渡って書き続...

  • アンナ・モッフォ&ストコフスキー

    日中の陽射しが暖かな一日。それでも夜半前には少々冷えてきた。ストーブに載せたやかんがコトコト音を立てる。安直にインスタントコーヒーを一杯。こんな夜は美形のディーヴァに癒されようかと、取っておきのこの盤を取り出した。アンナ・モッフォ(1932-2006)がストコフスキー(1882-1977)指揮の管弦楽伴奏で歌っている有名な盤。1964年録音。収録曲は以下の通り。・カントルーブ:<オーヴェルニュの歌>から アントゥエ...

  • ジュリアーニ「私の愛する花の選集」作品46

    一月も最終週。きょうも程々に寒い一日だった。しかしそこは文明社会。暖を取りつつギターの練習。こんな楽譜を取り出してひとしきり楽しんだ。マウロ・ジュリアーニ(1781-1829)の「私の愛する花の選集」作品46。楽譜は海外アーカイブで簡単に見ることが出来るが、校訂ノートも付いた楽譜が現代ギター社から出版されたので手に入れたもの。この曲集には10曲の小品から成る「ジュリアナーテ」作品148も収められている。「私の愛...

  • シノーポリ&ベルリンドイツオペラ 「オペラ合唱曲集」

    先回聴いたワーグナーの合唱曲集。その流れできょうは音盤棚の隣りにあったこの盤を取り出した。ジョゼッペ・シノポリ(1946-2001)がベルリン・ドイツ・オペラを振って入れた「オペラ合唱曲集」。モーツァルト、ベートーヴェン、ワグナー、ウェーバーといったドイツオペラから5曲。そしてヴェルディが6曲収録されている。1982、1984年の録音。イタリアオペラはとんと縁がないのだが、この合唱曲集はときどき聴く。収録曲は以下の...

  • ワーグナー合唱曲集

    時々聴きたくなる盤というものがあるが、ワーグナーの作品もその一つだ。ドイツ語もゲルマン精神も分からずにワグナーファンなどと言うつもりはもちろんないが、かれこれ半世紀に渡り、その楽曲に親しんできた。とはいえ長大な全曲に何時間も対峙する覚悟もなく、大体は管弦楽曲集や抜粋盤を聴いて程々に手を打つことにしている。デッカのバイロイト・ライヴ盤やショルティ盤、いくつかのダイジェスト盤などを差し置いて、よく聴く...

  • ベルリオーズ「ハンガリー行進曲」

    先日の記事に書いたジョージ・セル&クリーヴランド管のライヴ盤。当日のアンコールとして演奏されたベルリオーズ「ハンガリー行進曲」を久しぶりに聴いて思い出し、きょうは手持ちの盤でこの曲の聴き比べをしてみた。取り出したのは写真の三点。まずはサバリッシュ先生(1923-2013)。1987年にバイエルン国立歌劇場管と録音した管弦楽名曲集の中のもの。いかにもサバリッシュというべきか、終始インテンポをキープ。各パートとも...

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、マエストロ・与太さんをフォローしませんか?

ハンドル名
マエストロ・与太さん
ブログタイトル
六弦音曲覗機関
フォロー
六弦音曲覗機関

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用