まらずもうブログ
住所
東京都
出身
東京都
ハンドル名
日本まらずもう協会さん
ブログタイトル
まらずもうブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/ohnomatsu/
ブログ紹介文
大相撲の開催期間にあわせて、朝まらの状態を競っています。
自由文
-
更新頻度(1年)

199回 / 260日(平均5.4回/週)

ブログ村参加:2010/09/01

日本まらずもう協会さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/17 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,243サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 20 0 0 20 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
格闘技ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,910サイト
相撲・大相撲 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 166サイト
今日 09/17 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 51,272位 50,506位 47,464位 47,374位 53,957位 54,132位 54,229位 972,243サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 20 0 0 20 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
格闘技ブログ 102位 100位 90位 85位 108位 109位 112位 2,910サイト
相撲・大相撲 15位 15位 13位 12位 13位 13位 12位 166サイト
今日 09/17 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,243サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 20 0 0 20 50/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
格闘技ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,910サイト
相撲・大相撲 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 166サイト

日本まらずもう協会さんのブログ記事

1件〜30件

  • 幕内の結果(十日目)

    ○毛呂乃(10-0)お年寄りのモノを愉しんだ昨晩、「ちびっこ太刀だって、ナニよ!」と、どんなに小さくてもしぼんでいてもナニはナニ。分け隔てなく愛情を注ぎ、その結果注がれるというのが毛呂乃。むしろ枯れ専に目覚めたのか、「今日はいつもより早起きのため・・・」といつにもまして興奮を増していくのが早い。あっというまに昂ぶってしまい「ぴくり、とも1000出したよ?」。ぴくり、と一回の震えで一気に1000連射。日ごろはバズーカのような必殺武器だが今日はさながらマシンガン。小刻みに震え続け、その都度1000発撒き散らすマシンガン勃起でただひたすら独走。すでに後続とは大差がついており、優勝を確信した祝砲といったところか。○玉椿(7-3)「さいきんよく眠れるね。空気もからっとしてるし、朝晩は涼しいし、気候のおかげかね」と4連勝に...幕内の結果(十日目)

  • 十両以下の結果(十日目)

    <三段目>○播潟(2-3)「けさは勝ってましたね」と不思議そう。「さいきん調子自体はよくないんですが」と勝てた理由がいまいちわからないらしい。とりあえず首の皮一枚はつながっている。調子が悪いなりに、うまくあと2勝を拾えるか。十両以下の結果(十日目)

  • 幕内の結果(九日目)

    ○毛呂乃(9-0)きょうは毛呂の日。全国で毛呂乃を称え、崇め、鎮まってもらうのを記念する日であり、大日本毛呂乃教本部でも盛大な祭りがおこなわれていた様子。毛呂乃教では「ナニ甦の日」と呼ばれ、年老いて機能不全になったナニも、この日毛呂乃に触れると甦る、とされている。これが日本に伝わり、老人たちもナニが甦って元気になるということから「敬老の日」と受け止められるようになったらしい。「ちびっこ太刀が遊びに来てるのでつ。枯れます」とご機嫌。ちびっこ太刀とは、もちろんおじいちゃんたちの、小さくしぼんだまら。幾百幾千の老爺の「ちびっこ太刀」が毛呂乃を取り囲み、各自枯れるまで毛呂乃にかけていく。枯れ木・古木を味わい尽くす老いらく勃起で渋くまとめて土つかず。つくのはただただ老人の精液だけだ。○金精山(6-3)夜勤から帰宅したあと...幕内の結果(九日目)

  • 十両以下の結果(九日目)

    <十両>○蒼狼(4-5)この男はやる気がないように見せかけて、思い出したように報告してくる。きょうも4日分まとめて報告してきて「もうすこししっかりしますかね。明日からがんばります」と殊勝に謝罪コメント。その反省を今後にいかしてほしい。大事なのは、勝ち負けよりもこまめな報告、である。十両以下の結果(九日目)

  • 幕内の結果(八日目)

    ○毛呂乃(8-0)相撲の中日であり、3連休の中日でもあるこの日にやはり大技を持ってきた毛呂乃。ついに出た、地球姦勃起。「おはようございます。いまかなり勃起してるので収まるまで起きないようにしてます」地殻のマグマが収まるまで、じっとしている毛呂乃。今回に限っては、千葉が大変な状況だから、災害が重ならないように自然発生の地震を押さえ込んでくれているらしい。初日の礼から始まって、今場所の毛呂乃はいつにもまして余裕あふれる充実ぶり。マグマが収まってやおら引き抜いたところで「金の便器が盗まれたそうです」というニュースを受け、疑いの目が向けられていることを察し、「鋳つぶしたら証拠も残らなそうですね」と白状。地球姦で赤熱化したまらは、引き抜いても軽く1000度超を維持しており、焼きゴテのように金の便器にあてがうと、あっさり溶...幕内の結果(八日目)

  • 十両以下の結果(八日目)

    <三段目>○播潟(1-3)「ゆっくり寝ていられたので疲れもとれました」とようやく1勝目。たっぷり時間をつかって自分のタイミングで立合いができたのも大きかった。ここからの巻き返しに期待である。十両以下の結果(八日目)

  • 幕内の結果(七日目)

    ○玉椿(4-3)「……んー?けさは勝ちでいいかね」と判定にやや自信なさげ。記者が「もっと堂々と判定を下せばいいのに」と言いながら玉椿の股間を確認すると、たしかに微妙。「硬くなっているので勝ち、サイズが小さいのはしかたない」という判断基準であろう。幕内の結果(七日目)

  • 幕内の結果(六日目)

    ○毛呂乃(6-0)ようやく朝晩涼しくなってきて、毛布が要るようになってきたが、「きょう、毛布にゃ鮒です」と毛布の中に大量のフナを放ち責めさせる。びちびち暴れるふなの刺激に大よろこび。舟盛りならぬ鮒盛り勃起を決める。「突かれた!舞ってますね!」とフナに突かれて歓喜の舞い。●玉椿(3-3)ひさびさに最高気温が30度を下回る涼しさ、睡眠もじゅうぶんと、万全の態勢で土俵に上がったはずの玉椿だが、朝起きてみれば、いいところなしの惨敗。「おかしいなあ?きのう忙しくてジムに行けなかったからかなあ?」とみにくい言い訳。これで星勘定は3勝3敗の五分。カド番脱出にむけていちから出直しである。幕内の結果(六日目)

  • 十両以下の結果(六日目)

    <三段目>●播潟(0-3)けさもなすすべなく3連敗。記者からの「どうしちゃったんですか?スランプですか?」との問い合わせには「いつもどおりです」とのこと。そろそろ意地を見せてほしい。十両以下の結果(六日目)

  • 幕内の結果(五日目)

    ○毛呂乃(5-0)記者団と男性用下着の話になり、「毛呂乃関はどんな下着がお好みですか?」と水を向けられると「無用の長物!」と一蹴。勝負下着で床に向かう力士もいる中、下着などつけない。何にも頼らず、文字通り裸一貫で戦う第一人者。丸出しでの土俵となった五日目、「けさはどのような大技で勝ちを決められましたか」と聞かれると「きょうは舌剥きでした!」と一言。まだ序盤戦だが惜しげも無く人気の大技、一人フェラを見せる。それもただの一人フェラに止まらず、進化技の「舌剥き」。だだ舐め回すだけでなく、舌先で器用に皮を剥いていく。下着で包まなくとも皮に包まれている間はまだまだ。この4日間、どんなに立ってもまだまだベールに包まれていた御神体がこの日ついにお目見え。久しぶりに顔を出した恥ずかしがり屋の御神体、舌で皮をひっぺがされて大興奮...幕内の結果(五日目)

  • 十両以下の結果(五日目)

    <十両>●蒼狼(1-4)情けないまらずもうで4連敗だが「だるくてねむいっす」とへらへら笑っている。ファンからすれば「もっとまじめにやれ」と野次のひとつも飛ばしたくなる。十両以下の結果(五日目)

  • 幕内の結果(四日目)

    ○毛呂乃(4-0)「右目が痛いです」と毛呂乃。まらがアーチを描いて自らの右目を突き刺したのだ。3日もやれば周りと大差がつき、倒すべき相手もいなくなる。ならば、と自らを痛めつけるしかない。「それ!すごく痛そう」と気合をこめて自らをいたぶる毛呂乃、ドM魂に火がつき、ますます強くなってしまうのだから始末に負えない。弓張り自虐勃起できょうも土つかず。○玉椿(3-1)「うっかり夜更かししちまって、こりゃ勝てねえかもなあ、と思いながら寝たんだが……」と玉椿。起きてみれば「あれ?勝ってたよ」と意外な勝利に本人がいちばんびっくり。不利な体勢からの逆転勝ちは、復調の兆しなのか、あるいは単なるフロックなのか。今後の展開を考えてもけさの白星は大きい。幕内の結果(四日目)

  • 十両以下の結果(四日目)

    <三段目>●播潟(0-2)「台風のあと暑くて眠れません」とけさもいいところなく連敗。予報ではあさってくらいから涼しくなりそうなので、巻き返しに期待だ。十両以下の結果(四日目)

  • 更新がおくれるかもしれません

    担当者が所用のため、本日の更新は遅れる可能性があります。22時ころに帰宅します。更新がおくれるかもしれません

  • 幕内の結果(三日目)

    ○毛呂乃(3-0)日に日に影響力を見せつける毛呂乃、この日はついに玉椿を操作。幼児好きの犯罪者予備軍の玉椿に「この辺りでは子供がちょっとした平和を得ることもできないのかしら」と嘆き、呪文発動。「攻撃もブロックもできない」という状態にしておいてお得意の歯を責める。結果、玉椿の虫歯は進行し、神経を抜く事態に。玉椿の神経を抜きながら、自身もヌく毛呂乃、「猛暑のあとゲリラ雷雨注意」という予報を見て、「うわあ、外出したくない」と大喜び。外に出したくない、やっぱり中。初日に台風に挿入しただけでは飽き足らず、雷をもとめ高々と勃起。避雷針のようにそそり立ち、雷を呼び込む。外に出す、の逆は中出しではなく「外から取り込む」だった。落雷のエネルギーを一気に取り込んでさらに元気を増していく。これは間違いない。久々の大技、「稲妻勃起」だ...幕内の結果(三日目)

  • 十両以下の結果(三日目)

    ●蒼狼(1-2)「にんきのある新人がでてきましたか?にぎわいもありますでしょう」とわけのわからぬことを言う。まらずもう協会には入門希望の連絡など1件もこない。たまにメールがきたと思えば『大相撲の番付表をくれ』などというなにか勘違いしたようなものばかり。蒼狼はいったいどこの世界の新人の話をしているのだろうか。十両以下の結果(三日目)

  • 幕内の結果(二日目)

    ○毛呂乃(2ー0)初日から大相撲の横綱・大関の半数を黒星に追い込み、白鵬をたった1日で休場に追いやった毛呂乃。「窮状でしょう」と宣言していた通り。自身は初日にあわせさっそく大型台風を突き刺し都心に誘導。「まさに台風!1回出すね!」と中止めから中出しを愉しみ迎えた2日目。きょうはどんな技を決めてくるのか。毛呂乃によれば勃起には主に2種類があるという。甲種勃起と乙種勃起。勃起したうえで挿入に至る甲種に対し、勃起したまま挿入には至らないのが乙種勃起。「毎日違う技を」との声も意識しているだろう毛呂乃は、きのう台風に対し甲種を決めたのできょうは乙種でくるに違いない。だれもがそう思っていた。しかし。「丙。女物ですね」。甲乙にとどまらない、丙種勃起が存在していたのだ。勃起して挿入にするかしないかの甲乙に対し、逆に挿入されるこ...幕内の結果(二日目)

  • 十両以下の結果(二日目)

    <三段目>●播潟(0-1)「台風で落ち着いて眠れませんでした」と立合いのタイミングが乱れて黒星。「常磐線も山手線も乱れてるみたいで、これから電車に乗るのが憂鬱です」とのこと。がんばれ。十両以下の結果(二日目)

  • 幕内の結果(初日)

    ○毛呂乃(1-0)前日はやくも「丘状でひとつ」と服の上からでも明らかな、丘状にもっこりしたイチモツを示して臨戦態勢。さらには「よろしくおねがいします」と礼に始まるというしっかりした姿勢を見せた。これは並々ならぬ意気込み。毛呂乃は元気玉のようにみんなの勃起パワーを集めてしまうため、ほかの力士は吸い取られる側になってしまう。よって、ライバルたちについては「窮状かもしれませんね。それなら勝負にならないので・・・」と対戦相手は眼中になく、そうなると自らに課す課題はやはり、毎日違う技が見たい、というファンの声にこたえること。そこで「中止めですね」と初日の技を予告。中止め。中折れでも中出しでもなく、中止めとは・・・?迎えた初日。「台風で中止めじゃ!!中!牢か!」台風の目を狙って一突き、台風の中に、牢獄のように自らのまらを閉...幕内の結果(初日)

  • 十両以下の結果(初日)

    〈十両〉○蒼狼(1-0)場所前、インタビューの連絡をとろうにも連絡がとれず、ゴビ砂漠で迷子になっているのではと心配されていたが、「いんたびゅーにこたえるげんきがなくすみませんでした。すもうはむ気力ずもうにならならいようにがんばります」と初日の土俵には間に合ったようで、関係者はひと安心。まらの調子もよさそうで、今場所は期待できそうだ。十両以下の結果(初日)

  • 令和元年秋場所星取表

    幕内理事長毛呂乃○1勝0敗東大関金精山0勝0敗西大関玉椿○1勝0敗十両東6蒼狼0勝0敗幕下該当力士なし三段目東57播潟0勝0敗序二段西22明烏0勝0敗序ノ口該当力士なしーーーーーーーーーー・新弟子は随時募集中です。興味のある方は、日本まらずもう協会(marazumou@gmail.com)までメールを。令和元年秋場所星取表

  • 初日協会御挨拶

    さいきんは『マジック・ザ・ギャザリング』に熱中している毛呂乃理事長。寝る間も惜しんでカードゲームに興じているらしい。協会職員に「理事長挨拶をお願いします」と声をかけられてもカードを離さず、引きずられるように土俵に上がっても、まだゲームをやめない。観客席が理事長の挨拶を今か今かと見守る中、理事長が出した手札は【繰り返す悪夢】。__________【繰り返す悪夢】クリーチャーを1体、生け贄に捧げる。繰り返す悪夢をオーナーの手札に戻す:対象の、あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を場に出す。この能力はソーサリーとしてプレイする。__________どうやら、墓地からクリーチャーが復活してくるカードらしい。なるほど、理事長のもとにはカードに呼び寄せられて墓地からおどろおどろしい化け物が登場。理事長と化け物は土俵上...初日協会御挨拶

  • 秋場所の見どころ

    今場所の注目はなんといっても両大関。17連勝中で綱獲りのかかる金精山、15連敗中で大関陥落の危機にさらされている玉椿とまさに好対照。先場所星取表を真っ白と真っ黒に染め上げた両者には、ともに別方向で大関でなくなる可能性がある。まずは大注目の金精山。昨年3月以来となる2度目の優勝を全勝で飾り勢いに乗っている。大関昇進直後は不本意な成績が続いていたが、ここ半年で見違えるように成績も安定。14勝、12勝、15勝と申し分なし。初優勝時はそれを起点に大関に駆け上がっており、チャンスをものにする力は強い。ただし9月との相性という点では不安は大きい。この力士、3月からの3場所は特に強く、昨年は13,12,10勝で大関昇進、今年の14,12,15勝。ほぼ安定したうえで星の上乗せをしており、力を伸ばしていることがわかる。ではこの9...秋場所の見どころ

  • 玉椿理事の秋場所展望

    ―秋場所が目前なのにぜんぜん盛り上がりませんね。(玉椿)「そうだねえ」ーそうだねえ、じゃありませんよ。積極的に盛り上げる工夫をしてくださいよ。(玉椿)「んなこと言ってもなあ。わしひとりでどうしろっていうんだよ」―ほら、全裸で道路走るとか、YouTuberになって取組動画をアップするとか(玉椿)「逮捕されちまうよ。三面記事だよ」ーで、秋場所の展望はどうですか?(玉椿)「わからんねえ」ー金精山関は綱とり場所ですよね。(玉椿)「金精山は仕事が忙しいって言ってたよ。休みもろくにとれてないみたいだし、実力がちゃんと発揮できるか微妙だよな」―対抗の毛呂乃関はどうですか?(玉椿)「毛呂乃ねえ。あいかわらず股間は盛り上がってるみたいだけどさ。自分の快楽優先で、本場所に手を抜いたりするだろ。へんなところで負けないか心配だね」―じ...玉椿理事の秋場所展望

  • 秋場所の抱負(金精山)

    ーいよいよ綱とり、注目の金精山関にお話をうかがいます。(金精山)「どうもです」ーことしも暑い夏でしたが、夏休みはどのように過ごされていましたか?(金精山)「夏休みは寝て過ごしましたね。疲れすぎてまらの鍛錬も怠ってしまいました」―いくぶん涼しくなってきたような気もしますが、いい稽古はできていますか?(金精山)「いやー、最近連勤が続いていて、最低限の稽古しかできていないっすね」ー「食欲の秋」「芸術の秋」など「○○の秋」という言い回しがありますが、まらずもう以外にでこの秋にやってみたいことはございますか?(金精山)「とにかく休む!寝る!休みがほしい!!」ー今場所はいよいよ綱とりです。もし綱とりに成功したら、そのロープでどんなことをしてみたいですか?(金精山)「いやー、綱取りはいいっすよ。一力士で十分なんで」―評論家筋...秋場所の抱負(金精山)

  • 秋場所の抱負(玉椿)

    ーきょうは玉椿関のお話です。よろしくお願いします。(玉椿)「おっす」―それにしても先場所はひどかったですね。(玉椿)「な。調子が悪いのはわかってたけど、さすがに全部負けるとは思わんかったよ」―もうすぐ九月場所ですが、すこしは調子も戻りましたか?(玉椿)「九月は夜勤もないし、暑くもないから、さすがに全敗はないと思うけど……」―ちなみに直近1週間の成績ってどのくらいですか?(玉椿)「んーと…、3勝4敗くらいかねえ」―言っておきますけど、今場所はカド番ですからね。負け越すと大関陥落ですからね。(玉椿)「ベストをつくすよ」―8月はなにしてたんですか?(玉椿)「山形に帰省したよ。近所の小さい山に登ったり。親戚のおじさんと将棋さしたり、近所のブックオフで数学の参考書買ってそれ解いたりしてた」ーいかにも夏休みってかんじですね...秋場所の抱負(玉椿)

  • 秋場所の抱負(毛呂乃)

    ーここのところ、浅間山噴火や九州の大雨など天変地異が続いています。毛呂乃関の気合の表れかとお見受けしますが、秋場所への意気込みをお聞かせください。(毛呂乃)「どういう関係が!?」―ってか、毛呂乃関の勃起のせいで大勢のみなさんが困っていらっしゃいます。どんな祈祷をすれば許してもらえるんですか?(毛呂乃)「祈祷れべる!?」―8月はかなり暑かったですが、先週くらいからいくぶん涼しくなってきたでしょうか?勃起の調子はいかがですか?(毛呂乃)「そういえば珍しく毛先たってましたね」―毛先……ですか?陰毛のですか?(毛呂乃)「あなたのがですね!」―……んまあ、わたしのまらなんかは毛呂乃関に比べたら毛先みたいなものですが。―8月は暑かったせいか、毛呂乃関のお弟子さんたちの活動も活発でしたね。下半身を露出する事案が多かったようで...秋場所の抱負(毛呂乃)

  • 秋場所の抱負(播潟)

    ―きょうは播潟さんのお話をききます。こんにちは。(播潟)「よろしくお願いします」ーまらの調子はどうですか?(播潟)「どうなんですかね?朝晩はすこし涼しくなってきたのでよく眠れてはいます」―まらも絶好調、と。(播潟)「いや、まらにまで元気が伝わっていないですね」―さいきん変わったことはありませんか?(播潟)「あいからわずです」―……えー、秋は果物がおいしい季節ですが、好きな果物はなんですか?(播潟)「柿が好きです」―……なにを聞いていいかわかんないんですけど、アピールしたいところはありませんか?(播潟)「ありません」ーそうですか。播潟さんにお話をうかがいました。ありがとうございました。(播潟)「ありがとうございました。秋場所の抱負(播潟)

  • 大相撲力士とまらずもう力士の地位対照表

    まらずもう力士が大相撲の番付でいえば誰くらいに相当するのか、表にしてみました。地位まらずもう大相撲理事長毛呂乃(けろの)八角親方(はっかくおやかた)東大関金精山(こんせいざん)高安(たかやす)西大関玉椿(たまつばき)豪栄道(ごうえいどう)東十両6蒼狼(そうろう)水戸龍(みとりゅう)東三段目57播潟(はりがた)琴福寿野(ことふくじゅの)西序二段22明烏(あけがらす)福ノ富士(ふくのふじ)______________―どうですか?気になる力士はいますか?(玉椿)「水戸龍関って水戸出身じゃないっぽいよ」―へえ。どこ出身なんですか?(玉椿)「モンゴルだってよ。蒼狼もモンゴルだし、ちょうどいいやね」―なんでそんな紛らわしいしこ名にしたんですかね?(玉椿)「たぶん師匠が水戸泉だからだと思うけど、ほかの弟子はべつに『水戸なん...大相撲力士とまらずもう力士の地位対照表

  • 秋場所に達成が期待される記録

    <通算600勝>・毛呂乃あと9(現在591勝)<幕内通算600勝>・玉椿あと6(現在594勝>・毛呂乃あと9(現在591勝)<通算300敗>・玉椿あと1(現在299敗)<通算700出場>・蒼狼あと3(現在697回)<連続700出場>・玉椿あと8(現在692回)<連続敗北歴代1位>・玉椿更新中(現在15連敗中)__________―まず注目は幕内通算600勝でしょうか?(玉椿)「毛呂乃とわしが3勝差なんだね。どっちが先に達成するか、ちょっと予想がつかないね」―玉椿関は八日目までに6勝2敗でいけば先に達成できますよ。(玉椿)「いけると思うか?」―さいきんの調子を考えると、ちょっと苦しいかもしれませんね。(玉椿)「しかし通算記録で毛呂乃に追い越される日が来るとはねえ。わしのほうが300回くらい多く出場してるから、逆転...秋場所に達成が期待される記録