chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
信太のボクシングカフェ https://boxingcafe.hatenablog.com

ボクシングファンによる、ボクシングファンのためのブログです。基礎知識から観戦記、記憶に残るボクサー。また、アマチュアボクシングのコーチをしているので、ボクシングの基本を書いていきます。

信太
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/01/13

1件〜100件

  • U-NEXTがFIGHT SPORTSとの契約を締結。馴染みのない「FIGHT SPROTS」とは?

    動画配信サービス、U-NEXTが、アメリカのCSI SPORTSと契約、FIGHT SPORTSで放送されている格闘技の全試合を観れるようになります。 ↓プレスリリース CSI SPORTSと格闘技専門チャンネルFIGHT SPORTS®の日本独占配信契約を締結。FIGHT SPORTS®で配信するボクシングや格闘技全試合をU-NEXTで見放題ライブ配信するほか、過去のボクシング世界戦の見放題配信も決定 | U-NEXT コーポレート ということで、ボクシングファンを少しだけざわつかせたこのニュース。 そもそも、CSI SPORTSって何ですか? FIGHT SPORTSとは? アメリカのボク…

  • 【プレビュー】週末の国内興行!ダイナミックグローブは帝拳ホープ勢揃い、沖縄興行にも注目!

    今週末は、もう10月! 2022年も残すところあと3ヶ月ですね。12R制のボクシングでいうと、踏ん張りどころです。 さて、週末10/1〜10/2の土日は、海外では注目試合がありません! いや、ないわけではないんですが、観る術がなさそうです。 ちなみに海外の注目試合は、みんなだいすきルイス・ネリ(メキシコ牛)が、ダビ・カルモナ(ヘスス・ルイス・ガルシアから急遽変更)とのスーパーバンタム級10回戦。メキシコ、ネリの地元ティファナで行われます。 まあ、これはネリの調整試合ですね。 なので、今回のブログでは週末の国内戦のプレビュー。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle …

  • 【随時更新】2022年10月の放送・配信情報。ヘイニーとワイルダーが同日興行、ロマチェンコも登場!

    【2022年10月分を更新】 見れる可能性のあるものをピックアップしてあります。 多分、アップされてすぐに見ると9月のカレンダーになっていると思いますが、ナビゲーションボタンをクリックして10月に変更して御覧ください。 間違い、足りていない興行等があればコメントで教えて下さい。よろしくおねがいします。 【スケジュール】 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 【国内戦注目!】 10/1(土)のダイナミックグローブを皮切りに始まる10月の国内ボクシング! しかしこのダイナミックグローブもライブ放送ではなく録画中継、これからまだ増えてく…

  • シャクール、去る。平地での大乱戦となるスーパーフェザー級、次の主役は誰だ。

    前WBC・WBO世界スーパーフェザー級王者、シャクール・スティーブンソン。 シャクールってニックネームがないというのが非常に不思議。 もうここまでメジャーになってしまったら、途中からニックネームがつくのかどうか怪しいものですね。 抜群の距離感とタイミングを持ち、とにかく安全圏で闘うシャクールは、どんなスタイルのボクサーであっても鬼門となり得るボクサー。未来のPFP候補、というのは言い過ぎではなく、このままいけば「負けない」ボクサーとして名を馳せる事になるでしょう。 先日、リオ五輪金メダリストのロブソン・コンセイサンを迎えた防衛戦で、体重超過、秤の上で統一タイトルを失ったシャクール。はっきり言っ…

  • 【観戦記】ジョー・ジョイスvsジョセフ・パーカー!ヘビー級第2グループ、トップにFLY!!

    さて、週末最も楽しみにしていたジョー・ジョイスvsジョセフ・パーカー。 37歳のプロスペクト(!?)ジョー・ジョイスが元世界王者に挑むという一戦です。 この一戦は、現状ウシク、フューリー、ジョシュア、ワイルダーというトップグループへの挑戦権をかけた、第2グループの筆頭を決めるという意味合いの試合だという風に思います。 しかし、この興行は残念ながら日本では未配信。イギリスのBTスポーツの興行は日本でやらないことがほとんどですね。 アメリカではESPNが中継してくれたので、ESPNを契約している私としては大変にありがたい。 さて、今回のブログではジョー・ジョイスvsジョセフ・パーカー、セミファイナ…

  • 【観戦記】シャクール・スティーブンソンvsロブソン・コンセイサン。メダリスト同士の超技術戦の先。

    未来のPFP候補、ネクスト・メイウェザーの最有力。そしてネクストS.O.G。 未来を期待させる様々な肩書を持つシャクール・スティーブンソンがやってくれました。 みんなの期待を裏切る、前日計量1.6lbs(約726g)オーバー。しかも、再計量までの猶予で落とす気全くなし。 たかが726gと侮るなかれ、体重制の競技においてこの差は非常に大きく、しかもシャクールは絞り切った体をしているわけでもありません。すべては健康のため、と言われると仕方がないのですが、この開き直りっぷりといったらなかなかで、せめてしおらしくしてくれとも思ってしまいます。 (adsbygoogle = window.adsbygo…

  • ウシクを頂点とするヘビー級の現在。ジプシー王、フューリーの動向と、次世代のヘビー級は?

    9/22に行われた栗原慶太vs千葉開の試合は本当に素晴らしかった。 本当にボクシングが好きで良かった。妙なエンターテイメントのエキシビジョンはこの世にいらないし、ボクシングを盛り上げるためと言いつつのショーもこの世にいらない。私は引き続き真剣なボクシングマッチ岳を見続けて行こうと思います。 さて、週末、ジョー・ジョイス(イギリス)とジョセフ・パーカー(ニュージーランド)が激突。 この試合はウシク、ジョシュア、ワイルダー、そしてタイソン・フューリーというヘビー級トップ戦線への挑戦権をかけた一戦、という位置づけに見えます。 ただ、このトップ戦線も、数年前は交わらなかったボクサー同士がいくつかの激突…

  • 【観戦記】栗原慶太vs千葉開!あしたのジョーメモリアル興行は衝撃結末!!!

    9/22、木曜日。 一力ジムと横浜光ジムが協同して開催するA-Sign.Bee興行は、「あしたのジョーメモリアル」と名前を変えて後楽園ホールで行われます。 メインは東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ。この東洋太平洋のタイトルは、昔はOBF(東洋タイトル)といい、確か日本、タイ、フィリピンの3カ国が作り出したタイトルです。 そこに今は多くの国が加わり、OPBF東洋太平洋タイトルを名前を変えています。 このOBFの頃、このタイトルを獲ったのが劇画「あしたのジョー」の主人公矢吹丈であり、非常にストーリー性のある興行となりましたね。 ということで今回は、9/22に行われたあしたのジョーメモリアルの観戦…

  • 【プレビュー】ジョー・ジョイスvsジョセフ・パーカー!暫定王座は、ウシクへの挑戦権!

    9月の第4週、ウィークデイの栗原慶太vs千葉開は非常に楽しみですね。 その他、週末にはシャクール・スティーブンソンも登場し、見ようによっては非常に豪華、とも言えるかもしれません。 ただ、このシャクールについては現地時間の金曜日の興行であり、トップランク興行が仕掛ける興行としては中規模興行という部類でしょう。 vsコンセイサン、というのは確かに楽しみなのですが、いわゆる勝負論がある対決ではない、とも思ってしまいます。 そして、週末に予定されていたリー・ウッドvsマウリシオ・ララは延期。 大激闘必至のこの一戦がなくなったことで、私の個人的超注目試合は、この試合にスライドしました。ジョー・ジョイスv…

  • 【プレビュー】シャクール・スティーブンソンvsロブソン・コンセイサン、KO決着の可能性を探る。

    意外と注目試合が多い、9月の第4週。 シャクール・スティーブンソンvsロブソン・コンセイサンをはじめ、ジョー・ジョイスも登場し、更にはリー・ウッドvsマウリシオ・ララもありました。 ただ、ウッドvsララについてはウッドの怪我が理由で延期、この中で最も激闘となりそうだった試合だけに残念です。 ともあれ、スター候補・シャクールの試合は非常に興味深い。 しかも相手が技巧派、ロブソン・コンセイサンとなるとより興味深いですね。 この興行はアメリカで金曜日の興行、土曜日の夕方興行ではないあたりにシャクールの人気のなさ(?)が現れています。 ということで、今回のブログでは、スター候補と言い続けられてはや数年…

  • 【プレビュー】あしたのジョーメモリアル、栗原慶太vs千葉開!あしたはきっと、なにかある。

    3150FIGHT SURVIVAL、坂晃典vs奈良井翼の日本フェザー級タイトルマッチは、史上稀に見る大激闘でした。ここ最近は国内戦で大激闘が起こるたびに「これこそ国内FOTY」と思ってしまうわけですが、この一戦はそれらすら上回る、手に汗握る対決でした。 「これぞFOTY」の試合、というのは基本的に大激闘で、両者が心配になるというのがつきものではありますが、この試合はより心配になりましたし、より先が見えない試合でしたね。 万が一、見逃したという方はABEMAプレミアムに加入すれば観れるはずです。 ↓観戦記 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = win…

  • 【観戦記】DAZN視聴、カネロvsGGGのトリロジー!バム・ロドリゲスvsイスラエル・ゴンサレス!

    とうとうきてしまった、メキシコの独立記念日。(正式に言うと現地時間で9/16) この独立記念日にあわせたボクシング興行は、ラスベガス、T-MOBILEアリーナ。 メインはサウル「カネロ」アルバレスvsゲンナディ「GGG」ゴロフキン、現代のボクシング界で最大のマネーを要する一戦です。 プライムタイムにあるカネロと、衰えを見せているゴロフキン、過去2戦と違ってゴロフキンの勝ち目はどんどん目減りしています。 カネロ圧倒的優位という中で、ゴロフキンがどれほどの意地を見せられるのか。 ゴロフキンが自身初のノックアウト負けを喫してしまう可能性もあります。 ということで今回のブログでは、カネロvsGGGのト…

  • 【観戦記】3150FIGHT SURVIVAL!想像以上のKO決着!坂晃典vs奈良井翼!!!

    今回の3150FIGHT SURVIVALという興行は、亀田興毅ファウンダーが仕掛ける「3150FIGHT」の下部興行。この「SURVIVAL」で生き残ることで、本家の「3150FIGHT」出場へと繋げられる、ということのようです。勝利した出れる、ということではなく、良い印象を残さないとダメな感じもしますが。 ただ、このメインイベントに関しては、勝者が3150FIGHTが擁する緑ジムのOPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王者、力石政法との王座統一戦に進むのではないか、と思われる一戦。 こういうシリーズとなっていく戦いというのは、非常に興味深いものです。 そのメインイベントは坂晃典vs奈良井翼と…

  • 隆盛のライトフライ級、現状について。京口紘人vs寺地拳四朗、激突のあとは?

    とうとう発表された、京口紘人vs寺地拳四朗のWBAスーパー・WBC世界ライトフライ級王座統一戦。 アンダーカードも超絶豪華すぎて、卒倒しそうです。 11/1(火)というド平日の夜興行、10回戦+10回戦+12回戦+12回戦というクアドラプルヘッダー(というらしい)、終わりの時間は22時頃でしょうか。 中谷潤人(M.T)のスーパーフライ級初戦も非常に気になりますし、吉野修一郎vs中谷正義なんていうのは日本のボクシングファン垂涎のマッチアップ。そしてそこにライトフライ級の3つのタイトルが、ダブルメインで登場します。 考えれば考えるほど、京口vs寺地というのはこのタイミングがベストに近いでしょう。 …

  • 【プレビュー】3150FIGHT!瞬き厳禁、日本Fe級TM・坂晃典vs奈良井翼はKO決着必至!!

    ウィークデイの楽しみ、フェニックスバトルが終わりました。 ここ数年、有難いことにボクシング配信は一気に増加、さまざまなプラットフォームで見れるようになりましたね。 その分、全てをチェックすることは非常に難しい現状。 仕事せずに、ボクシングのトレーニングもせずに、試合視聴だけに集中すれば全てをチェックできるのでしょうが、さすがにそういうわけにはいきません笑。 ということでフェニックスバトルはメイン→セミ→セミセミ。。。と見たわけで、ある程度そんなふうに区切って見ていこうかと思っている今日この頃。 ↓観戦記 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = wind…

  • 正式発表、京口紘人vs寺地拳四朗、岩田翔吉、吉野修一郎vs中谷正義、中谷潤人!史上最強興行!

    9/14(水)、待ちに待った正式発表! 記者会見もどうやら行われたようですが、京口紘人と寺地拳四朗によるWBAスーパー・WBC世界ライトフライ級王座統一戦が11/1(火)に行われることが発表されました。 大方の予想通り、ライブ配信はアマゾンプライムビデオ。 そして事前の情報の通り、岩田翔吉がジョナサン・ゴンサレスの持つWBO世界ライトフライ級王座への挑戦と、中谷潤人のスーパーフライ級初戦、フランシスコ・ロドリゲスJr戦も発表。 さらに、噂のあった吉野修一郎vs中谷正義という国内ビッグカードも加わって、お祭り騒ぎの1日となりそうです。 ということで今回は、この正式発表と、日本最高のプラットフォー…

  • 【観戦記】平岡アンディvsアルビン・ラガンベイ!松本圭佑、中垣龍汰朗も登場のPXB!!

    9/13(火)、フェニックスバトル。 この毎月第二週のフジボクシング放送の興行も、個人的にはしっかりと定着してきた感じがあります。 この興行の有難いところは、FODで生配信してくれるところ。 偶数月は三迫ジム主催のダイヤモンドグローブを、奇数月は大橋ジム主催のフェニックスバトルをライブ配信してくれるこのフジボクシングは非常に重宝しています。昔から、好マッチメイクの多い興行ですからね。 ということで9月は奇数月、フェニックスバトルの番です。 今回は平岡アンディvsアルビン・ラガンベイというメインのほか、大橋ホープたちがこぞって登場する興行。 しかし私は仕事もあって、プライベートもやや忙しいため、…

  • 【プレビュー】サウル・アルバレスvsゲンナディ・ゴロフキン「THE TRILOGY FIGHT」!

    9月も中旬に入りました。 9月第三週は、日本では13日(火)フェニックスバトルから17日(土)の3150FIGHT SURVIVAL、そしてアメリカではカネロvsGGGのトリロジー。 楽しみなウィークデイからウィークエンドですね。 私は、というとそのすべてをリアルタイムで視聴できないので(笑)、FODプレミアムとABEMAプレミアムに加入してひとりディレイ視聴します。 そしてもちろん、DAZNも。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 待ちに待った、というよりも、とうとうこの日が来てしまった、という日本時間で9/18(日)。 日本…

  • 井上尚弥・拓真、LA修行!「井上兄弟」vsガブリエル&レイモンドの「ムラタヤ兄弟」?

    井上尚弥がカリフォルニア・ロサンゼルス、ワイルドカードジムでトレーニング中! モンスターがアメリカにいる、なんていう情報が流れた時は、「そんなわけ」と皆が思ったと思うのですが、これがまさかの事実。 この一報は、元世界王者でもあるロベルト・ガルシアのTwitterアカウントだと思います。 おそらくガルシアはバンタム級プロスペクト、ガブリエル・ムラタヤを指導しているのでしょう、そのムラタヤがナオヤ・イノウエとラウンドインしたとのつぶやき。 Gabriel Muratalla getting rounds in with Team Inoue today at Wild Card Gym #RGBA…

  • God save the Queen.英国ボクシング界のGOATとは、一体誰なのか。

    イギリスでエリザベス女王陛下が亡くなった。 この事により、週末に予定されていたBoxxer興行は延期とのこと。これは致し方のない判断でしょう。 私にとっても、イギリスは「女王」がいることが当たり前で、今後は「イギリス国王」となるのに違和感を拭えませんね。イギリス国歌「God save the Queen」は「God save the King」と名前を変える事になるのでしょうが、Sex Pistolsの曲はそのままだろうから、ややこしい。こういう事が積み重なってこその歴史となって、未来、この薀蓄を語る人が出てくるのでしょうね。 私は若い頃モッズ文化に傾倒していたことがあって、このイギリスという…

  • 【プレビュー】PXB!平岡アンディvsラガンベイ!アンダーは松本圭佑、中垣龍汰朗、重里侃太朗!

    本日は9/9(金)。 ということは翌日は矢吹正道vsタノンサック・シムシーが行われるGREEN DREAM。 信じて待っていましたが、残念ながら三重テレビ以外での視聴方法はなさそうですね。。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); こういうコンテンツを埋もれさせるのはもったいないので、後日でも良いのでどこかで見られうようにしてほしいものですね。 ともあれ、来週もウィークデイからボクシングは盛ん。 来週末はカネロvsGGG3の世界が注目する興行があり、日本でも315…

  • 【プレビュー】中部のカリスマ王者、復活なるか!?矢吹正道vsタノンサック・シムシー!

    週末は、クラレッサ・シールズvsサバンナ・マーシャル、そしてミカエラ・メイヤーvsアリシア・バウムガードナーという女子ボクシングの大注目試合があります。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ちなみに私はこのプレビュー記事を書いて、ボクシングファンの興味・関心を測っているわけですが、まあこのプレビュー記事のアクセス数の少なさといったら近年稀にみるものです。 ちょっとこの試合に興味がないのは残念ですね。 日本版FITE.TVでも中継してくれるので、9/11(日)是…

  • 【プレビュー】シールズvsマーシャル、メイヤーvsバウムガードナー、女子ボクシングW統一戦!

    8月、日本ではQueen'sCrestという、女子ボクシングの2つの世界タイトル戦を含む5つのタイトル戦を含んだ興行がボクシングの聖地・後楽園ホールで開催され、人気を博しました。 この興行は、女子ボクサーのみが登場した興行で、山中竜也の妹である山中菫(ともに真正)の初戴冠、そしてウェイトオーバーした相手を完璧にアウトボックスした晝田瑞希(三迫)の初戴冠、岩川美花(姫路木下)、黒木優子(YuKOフィットネス)の返り咲きと多くのドラマを生み、話題となった興行となりました。 そして、今週末、世界ではよりスケールアップした女子ボクシング興行が行われます。 近年、飛躍的に向上している女子ボクシングのテク…

  • 【観戦記】A.ルイスvsL.オルティス!ピットブル・クルスはメインを喰う衝撃ノックアウト!

    ライース・アリーム(アメリカ)vsマイク・プラニア(フィリピン)のスーパーバンタム級戦は、アリームが勝利したらしい。 これはFOXPPVに乗っからない試合だったので、残念ながら見れていません。注目試合、そしてプラニアにがんばってもらいたかったけれど残念です。 ともあれ、アンディ・ルイスとルイス・オルティスのヘビー級戦はアンダーカードも注目。 ということで今回のブログでは、PBCのPPVで放送されたルイスvsオルティスの観戦記です。(私はイギリス版のFITEで購入。アメリカ版よりも安かったです。) 9/4(日本時間9/5)アメリカ・ロサンゼルス ホセ・バレンズエラ(アメリカ)12勝(8KO)無敗…

  • 2022も残り1/3、今年中で予定されているビッグマッチを総括してみた。

    9月に入りましたね。 2022年も早くも1/3が過ぎたという驚愕の事実。 一体なにをやっていたのだろう。。。と思う人も多いはず(私だけ?)。光陰は矢の如し、とも言いますが、過ぎてみれば銃弾くらいに早い。 ともあれ、2022年はボクシング界にとって非常にビッグイヤー、日本国内ではかつてないほどのビッグマッチのオンパレード、さらにはチケット代の高騰(泣)が起こり、プラットフォームも増えました。 そしてその流れはまだまだ続きそうで、2022年の残り4ヶ月、また大きな戦いが起こりそうです。 今回のブログでは、残り4ヶ月のうちに起こりそうな興味深い戦いについて。 (adsbygoogle = windo…

  • 【観戦記】京口、拳四朗の対抗王者はノンシンガかフローレスか?メインはエストラーダvsコルテス!

    週末は国内外で非常に興味深い試合がいくつもありましたね。 日本では後楽園ホールでダイナミックグローブ、そしてエディオンアリーナで大成ジム興行。 私はホールに行き、その帰りにエディオン興行のメインのみを試聴しましたが、これが物凄い大激闘。まさにシーソーゲームと呼ぶに相応しい展開の、THIS IS BOXINGを魅せてくれました。 加納陸は新鋭・井上夕雅に競り勝ったという結果となりましたが、ランキングに反してまだ世界レベルではない、ということも一つの結論として言えるとも感じます。もう少し、地力を養ってもらったほうが良いのではないでしょうか。ただ、陣営としては、これまでもキャリア初期に世界挑戦を実現…

  • 【現地観戦記】ダイナミックグローブ!赤穂亮vsダプドン!竹迫vsコンカン!入口vs大保は期待通りの激闘!

    さて、実は行ってきました、ダイナミックグローブ。 後楽園ホールに行くのはいつぶりだろうか。。。と考えると、全日本新人王決勝戦以来。 やはりある程度の期間、聖地から離れると禁断症状が出てきます。 今回のダイナミックグローブはディレイ放送。そして時間もあって有給も取れたので、折角なので上京。 ということで今回のブログは、ダイナミックグローブ、現地観戦記です。 ↓プレビュー boxingcafe.hatenablog.com 9/3(土)ダイナミックグローブ 全4試合、という大変コンパクトな興行となった今回のダイナミックグローブ。 ともあれ、私はそんなに長時間の興行は好きではないので、これくらいでも…

  • 京口紘人vs寺地拳四朗!岩田翔吉の世界初挑戦、中谷潤人はSF級転向?11/1は軽量級フェスは正式発表を待つ。

    9/3(土)、AM。 非常に興味深い情報が流れてきました。 ついに情報が🥊 https://t.co/8l4Epxswsp— Daisuke Sugiura 杉浦大介 (@daisukesugiura) 2022年9月2日 11/1、日本で計画されている、と伝えられた試合は以下の通りです。 WBAスーパー・WBC世界ライトフライ級王座統一戦 京口紘人(ワタナベ)vs寺地拳四朗(BMB) WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)vs岩田翔吉(帝拳) スーパーフライ級10回戦 中谷潤人(M.T)vsフランシスコ・ロドリゲス(メキシコ) これは、何という魅力的な…

  • 【プレビュー】赤穂亮、竹迫司登が登場のダイナミックグローブ!大阪では注目マッチアップ!!

    週末のプレビューが遅くなってしまいました。 が、9/3の土曜日は、東京、大阪それぞれで国内ボクシング興行がありますね。 マッチアップ的に興味深いのは関西の方ですが、後楽園ホールでは日本のトップボクサー、赤穂亮、竹迫司登が登場する注目興行。 ということで今回のブログでは、9月第一週末の国内戦、ダイナミックグローブと、三田から世界へと題される大成ジム興行のプレビュー記事です。 9/3(土)ダイナミックグローブ 赤穂亮(横浜光)38勝(25KO)2敗2分 vs エドリン・ダプドン(フィリピン)35勝(21KO)7敗1分 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || [])…

  • スーパーフェザー級は世界へ届くのか?力石、木村、坂、8〜9月は国内トップが揃い踏み!

    興奮が、冷めやらない。 応援していた木村吉光(志成)が、見事な最終回TKO勝利でWBOアジアパシフィック・スーパーフェザー級タイトルを獲得。優れたバランス、素晴らしいコンビネーション、そして見た目にもわかるフィジカルの強さを持った木村は、粘りに粘る中川をついにはストップ、本当に素晴らしい戦いと、劇的な幕切れでした。 さて、スーパーフェザー級といえば私は内山高志が今でも頭に浮かぶのですが、現在の日本のスーパーフェザー級も大激戦区の一つ。木村のパフォーマンスは素晴らしかったですが、まだ、国内から抜け出したとは言い難いのも事実です。 ということで今回は、国内のスーパーフェザー級戦線を見ていきます。 …

  • 【観戦記】田中教仁、敵地タイで2度目の世界タイトル挑戦!vsパンヤ・プラダブスリ!!

    降って湧いたような世界タイトルマッチ。 当初、BoxRecに載っていたのは、パンヤ・プラダブスリvs小浦翼というマッチアップでした。が、おそらくただの間違いだったのでしょう。 田中は2020年3月、WBA世界ミニマム級タイトルマッチでノックアウト・CPフレッシュマートに挑戦し、ほぼフルマークの判定で敗れています。同年11月に再起戦を戦い判定勝利、そこから2年近くのブランクを経てまたも世界タイトル戦のチャンスを掴みます。 パンヤもCPフレッシュマートにサポートされるボクサーで、リングネームはペッチマニー・CPフレッシュマート。つまり田中の情報は筒抜けの状態であることが予想され、更にCPフレッシュ…

  • 【随時更新】2022年9月の放送・配信情報!国内はアツく、海外戦はカネロvs GGGだけ?

    【2022年8月分を更新】 見れる可能性のあるものをピックアップしてあります。 多分、アップされてすぐに見ると8月のカレンダーになっていると思いますが、ナビゲーションボタンをクリックして9月に変更して御覧ください。 間違い、足りていない興行等があればコメントで教えて下さい。よろしくおねがいします。 【スケジュール】 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 【国内戦注目!】 8月、3150FIGHTやLIFE TIME BOXINGで素晴らしい名勝負が生まれた国内ボクシング。どちらも国内FOTY候補と言われる試合を、しかも全国どこから…

  • 【観戦記】This is BOXING!木村吉光vs中川兼玄の大激闘!!大器・鈴木稔弘衝撃のデビュー戦!

    8/30(火)は志成ジムの注目興行! ABEMA.TVがボクシングをたくさん配信してくれて嬉しいですね。そして、始まる時間的には全試合見たければ、ABEMAプレミアムに加入しておけばアーカイブで見れる事も魅力的です。 さて、志成ジムのLIFE TIME BOXINGには、注目試合である木村吉光vs中川兼玄というOPBF東洋太平洋王座決定戦をはじめ、ホープ大湾硫斗がベテラン・ヘラルドとの一戦。アンダーカードにも魅力的なボクサーがたくさん登場します。 という事で、今回のブログはABEMA.TVで配信されたLIFE TIME BOXINGの観戦記です。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hat…

  • 【プレビュー】わがかがわ期待の木村吉光vsアップセット男中川兼玄!アンダーカードも注目のL.T.BOXING!!

    平日に国内ボクシング、たとえば日本やアジアの地域タイトル戦を見れて、週末に海外ボクシングを見る。 これが理想の形、だと思うのですが、ここのところはまさにそんな感じで、忙しくもありますがうれしい悲鳴。 金曜日に武居由樹(大橋)、日曜日に(世界タイトル戦ではないけど)ペドラサvsコミー、そして火曜日に木村vs中川のLIFE TIME BOXING。8/31(水)にはパンヤに田中教仁(三迫)が挑む世界戦(見れるかどうかよくわかりませんが、タイの試合は基本Youtube等での生配信がありそう)、そして9/1(木)には女子5大タイトル戦、さらに週末にはダイナミックグローブと豪華、豪華。 そんな中でも、個…

  • 【観戦記】ホセ・ペドラサとリチャード・コミーの決闘。そしてアメリカのヘビー級は復権へ向かう。

    週末のトップランク興行は、ホセ・ペドラサvsリチャード・コミーの元世界王者対決! ともに前戦で敗戦を喫しており、もう後がない状況のサバイバルマッチは、世界タイトル戦ではありませんが非常に興味深い戦いです。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); そして、このトップランク興行には、「ビッグベイビー」ジャレッド・アンダーソンも登場、このボクサーはパワー偏重のヘビー級において非常にオーセンティックなボクシングをする、個人的に期待をしているボクサーです。 その他、前戦で全…

  • 井上尚弥vsバトラーのアンダーカードを妄想天国!

    井上尚弥の4団体統一戦は12/13 12/13Japan https://t.co/hq3JPJEo9h— 信太 (@shintaboxing) 2022年8月25日 第一報はマイク・コッピンガー氏だと思います。 アメリカ時間で12/13(火)の朝、とのことなので、おそらく日本時間の同日の夜、とう認識であっていると思われます。 2022年12月13日(火曜日)、メインが仮に21:00頃の開始ということで固定されたとすれば、アメリカの東部標準時間(NYとか)でAM7:00、太平洋標準時間(LAとか)でAM4:00。アメリカの方々には非常に残念であり、また、井上自身のアメリカへのアピールもインパク…

  • 【観戦記】武居由樹、ボクシング初戴冠なるか。vsOPBF東洋太平洋王者、ペテ・アポリナル!!

    8/26(金)フェニックスバトル。 毎回、素晴らしいカードを提供してくれるフェニックスバトルは、今回の興行も大変に興味深い。 未だベールを脱いでいない未知のホープである武居由樹が、早くもOPBF東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチに臨みます。 冒険マッチ、とまでは呼ばないまでも、まだボクサーとしてのキャリアの少ない武居にとっては、危険が伴うマッチアップであることは言うまでもありません。当然、ここまで圧倒的な強さで勝ち上がってきた武居への期待は非常に高いし、ここで躓くとは思ってはいませんが、何が起こるかわからないのもまた、ボクシング。 そしてセミファイナルには、40オーバーのふたりが真のサ…

  • 【プレビュー】ホセ・ペドラサvsリチャード・コミーは、生き残りをかけた真のサバイバルマッチ!

    8月最終の週末は、注目興行がやや控えめな印象。 しかし、その中でもやはりボクシングの灯火は消えず、日本ではスーパーホープ、武居由樹(大橋)がOPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者、ペテ・アポリナル(フィリピン)に挑むという初のタイトルマッチに臨みます。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); そして、アメリカでは「スナイパー」ホセ・ペドラサと、リチャード・コミーが激突する、元世界王者同士のサバイバルマッチ。 ということで今回は、ペドラサvsコミーをメインに据えた…

  • 【プレビュー】ペテ・アポリナルに武居由樹が挑む、OPBF王座戦!セミはベテラン同士のサバイバル!

    先週末、見たい試合がたくさんあって大変でしたね。 とはいえ私はひとりディレイ視聴、毎日ボクシング興行があるみたいで非常に嬉しい。 最近はおおよそ週の前半で前の週末のボクシングをみて、後半に入って今週末のプレビュー記事を書く、というのが流れになっています。ということで、今週末のプレビュー記事。 週末は、海外戦でホセ・ペドラサvsリチャード・コミーという注目ファイトがありますが、何と言っても日本のボクシングファンの大注目は、ペテ・アポリナルに武居由樹が挑むという一戦。 ということで今回のブログでは、プロ5戦目、「とうとう」いや、「いよいよ」、ではなく、「早くも」タイトル戦へと臨む武居由樹の戦いをプ…

  • 【観戦記】オマール・フィゲロアvsセルゲイ・リピネッツ!元世界王者同士の挑戦者決定戦!

    続く先週末の観戦記。 8/21(日)に行われた海外興行、最後の観戦記は、Showtimeで放映されたPBC興行です。 Showtime興行というのはいつもだいたい3試合の放送ですが、今回は延期されたブランダン・リーの一戦も含めて4試合。4時間超の放送です。 最初にメインに登場するボクサーのハイライトから始まりますが、もちろんオマール・フィゲロアのハイライトでは荒川仁人戦が登場していますね。 ともに日本人ファイターとの対戦経験のあるフィゲロアvsリピネッツはWBCの挑戦者決定戦、これは非常に楽しみな一戦です。 ということで観戦記、行ってみましょう。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hat…

  • 【観戦記】エマニュエル・ナバレッテvsエドゥアルド・バエス!サンディエゴのメキシカン対決!!

    個人的な話をすると、8/19〜8/21まで、国体のブロック予選に行ってきました。 今回は教え子の付添、サブセカンドを務めてきました。弱小県なので、結果は言わずもがなではあるものの、教え子の成長に感動を覚えます。 敗北というのは弱さの証明ではなく、伸びしろの確認。勝つも負けるも時の運、今後も頑張っていきたいと思います。 そんなわけで忙しかったので、週末に行われた興行はもちろんほとんどディレイ視聴。 (ウシクvsジョシュアだけはリアタイ視聴しましたが)↓ boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push(…

  • 【観戦記】期待以上の好試合、オレクサンドル・ウシクvsアンソニー・ジョシュア!

    日本時間、8/21(日)。 とうとうオレクサンドル・ウシクvsアンソニー・ジョシュア2の日程となりました。 前戦、ウシクは素晴らしいパフォーマンスでジョシュアを完封。ただ、ジョシュアは前戦で一番の武器である体格差を活かして戦う事ができなかったので、この再戦でのジョシュアは未知数。前回ボクシングで上回ろうと思ったのがそもそもの間違いであり、そこを修正してきた場合、ウシクにとって非常に厳しい戦いになりそうです。 しかし、それでもウシクがボックスする可能性はまだ残されています。 ウシクがここでヘビー級の元3団体統一王者、アンソニー・ジョシュアに対してまた完璧にアウトボクシングを行う事ができれば、PF…

  • アマチュアボクシングのすゝめ。【vol.1】基本的ルールを学び、楽しみましょう。

    2022年8月20日現在、日本の至る各地で国民体育大会・ボクシング競技ののブロック予選が行われています。 このブロック予選を勝ち抜けば、10月に栃木県で予定されている国民体育大会の本戦に出る事ができます。アマチュアボクサーにとっては、大きなタイトルの一つですね。 アマチュアボクシング、今はもうオリンピックボクシングという名称なのでしょうか。正式発表はないように思っていますが、従来の呼び方の方がまだしっくりくるので「アマチュアボクシング」または「アマボク」と書かせてもらいます。 とにかくアマチュアボクシングの快挙がとまりません。 2021年の東京オリンピックで史上最多メダル数(金×1、銅×2)を…

  • 3150FIGHTの祭りのあと。頭の固い老害ボクシングファンが思うこと。

    ボクシングファンだけではなく、多くの方が見たと思われる3150FIGHT。 基本的にボクシング興行というのは、主催が個々のボクシングジムであり、自分のジムの所属選手をメインとして試合を組むがために、やや安全なマッチメイクになりがちです。 しかし、この3150FIGHTは、そのジムの垣根を超えて多くの魅力的なマッチメイクをしてくれたために、ボクシングの試合としてのレベルは非常に高く、本当の意味での真剣勝負を多く見せてくれました。 しかし、この3150FIGHTのような興行ばかりになると、それはそれでボクシング界は成り立たないのかもしれない、と思ってしまったのも事実。 今回のブログでは、この315…

  • 【プレビュー】フィゲロアvs「サムライ」リピネッツ!世界戦2つを従えたシルバー戦、Showtime興行のプレビュー!

    8/20(日本時間8/21)に行われる数々の興行の中で、最も注目度が高いのはオレクサンドル・ウシクvsアンソニー・ジョシュアで間違いありません。 世界中のボクシングファンならずとも、注目すべき試合でしょう。 しかし、アメリカにも注目すべき興行があります。 ダブル世界タイトル戦をアンダーカードに擁した、WBCシルバー王座戦。アメリカではShowtimeで放映されるPBC興行で、この興行は本当に興味深い戦いが繰り広げられます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 本来、エイドリアン・ブローナーvsオマール・フィゲロア、という一戦でし…

  • 【プレビュー】ナバレッテ、10ヶ月ぶりにリング登場!モハメド・アリ因縁の会場にニコ・アリ!

    8/14(日)は国内戦が非常にアツかった。 神戸、大阪、刈谷の興行を見て、ボクシングを始めてみたいと思った人はいないのだろうか。もっともっとっ注目を集めるファイトでないと無理なのかもしれません。 過去、ボクサーが増えた、とか、○○の試合を見てボクシングを始めた、というのは、私の世代ではやはり辰吉丈一郎、そして少し下の世代では畑山隆則という名前が出ることが多いのでしょう。 そして今は井上尚弥、でしょうか。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 先日の3150FIGHTは話題になっているのか、私にはわかりませんが、今後もしっかりとガチ…

  • 井上尚弥がWOWOWに登場。vsドネア戦を振り返る!

    WOWOWさんがまたやってくれた、Vol.2。 8/8(月)はGGGvs村田諒太を録画放送、何がすごいかっていうのは本人解説、というところです。 そして8/15(月)、井上尚弥vsノニト・ドネア。この日のWOWOWは、会場に井上尚弥、そして父の井上慎吾。実際、井上vsドネア2に関しては何度も見返した人も多いと思いますが、WOWOWで見るのはまた格別。 今回のブログでは、WOWOWでの録画放送、その感想戦。 ↓GGGvs村田 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 井上拓真vs古橋岳…

  • 【プレビュー】オレクサンドル・ウシクvsアンソニー・ジョシュア2!!返り討ちか、リベンジか。

    この日をもって、秋のビッグマッチシーズンが到来します。(とかいいつつ、まだ決まってない試合だらけですが。。。) このような試合を「ビッグマッチ」と呼ばずして、何をどうビッグマッチと呼べば良いのかわかりません。そう、いよいよ我らが地球は、3団体統一世界ヘビー級タイトルマッチを迎えます。 オレクサンドル・ウシクvsアンソニー・ジョシュア。 地上最強のボクサーであるヘビー級の3団体統一戦には、最強の証明であるリング・マガジンの王座もかけられる、とのこと。この王座はタイソン・フューリーが持っていた王座でしたが、返上したことで、このウシクvsジョシュアの一戦に載せられる事になりました。 という事で今回は…

  • 【観戦記】3150FIGHT!!福永宇宙vs山下賢哉の大激闘!但馬ミツロ、力石政法が強さの証明!

    ボクシング興行の配信が非常に多かった8/14(日)。 朝からテオフィモ・ロペス、昼からは中日本新人王決勝戦とREAL SPIRITS、そして夕方からは3150FIGHT。 この全てを見る事は困難なので、私は情報遮断の上、ディレイでピックアップして視聴。 今回のブログでは、3150FIGHTの観戦記。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 8/14(日)大阪府 3150FIGHT 56.5kg契約8回戦 福永宇宙(黒潮)10勝(5KO)無敗 vs 山下賢哉(JBス…

  • 【観戦記】山中竜也vsジョナサン・タコニン!混戦のライトフライ、世界ランク獲得なるか。

    多くのボクシングファンがタブレットやらスマホやらTVやらにかぶりついていたと思われる8/14。お墓参りは大丈夫ですか? 私はすべての興行をその日の夜、ディレイ視聴。このディレイ視聴をするために、わざわざお金を払ってABEMAプレミアムに加入しているのです。 日中の時間は、家族孝行の時間に使わなければいけませんので。。。 ということで、今回のブログでは、8/14に行われたREAL SPIRITS興行の観戦記。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 8/14(日)兵…

  • 【観戦記】Re:テイクオーバー!テオフィモ・ロペス!!復帰戦の相手は、ペドロ・カンパ!

    8/14、怒涛のボクシング興行。 全国各地、色々な興行を視聴できるようになったがために、見たい興行が重なってしまうと困りますね。 私はその全てをディレイ視聴、さすがに一日中タブレットにかぶりついているわけにはいきません。ここは、多少お金がかかろうとも、どの媒体もしっかりとアーカイブを残してくれる事に感謝です。 ↓8/14の生配信予定。これを全て完璧に見た人はいるのか、どうか。 8/14(日)📺9:00 https://t.co/yH61vbVMhtテオフィモ・ロペスvsカルロス・カンパ📺12:45 https://t.co/rsyqWCfQxWREAL SPIRITS📺13:00 sakana…

  • 井上尚弥の4団体制覇、最後の相手であるポール・バトラーとは何者か。

    8/15(月)、WOWOWエキサイトマッチに井上尚弥が登場。 父・慎吾氏とともにノニト・ドネア戦を振り返るとのことで、これはさすがWOWOW。 その中ではポール・バトラーとの4団体統一戦について言及した、とのことですが、この4団体統一戦は既定路線。バトラーにとっても名を挙げるチャンスでもあり、且つ、逃げようにも逃げられないものだと思います。多くのボクシングファンは、この試合が決定する事を確定事項だと思っていますし、あとは「いつ」と「どこで」が明確になって、正式発表を待つのみという状況だと思います。 日本人が絡むビッグマッチも非常に多かった2022年を締めくくる「ビッグマッチ」は、井上尚弥vsポ…

  • ライトフライ級で注目試合が続々。世界戦線は統一戦が決まるのか?リング誌ランキングをチェック。

    ライトフライ級、という階級は、かつて4団体を日本人ボクサーが独占したこともあるほど、日本のお家芸と言って良い階級です。 そのライトフライ級、ここ最近の充実ぶりは半端ではありません。 ということで今回のブログでは、今年大きく動きそうなライトフライ級、そして世界に近づくボクサーたちの状況を見ていきたいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); WBAスーパー王者 京口紘人(ワタナベ) リング・マガジン王者にして、先日WBA王座の団体内統一を果たした京口紘人。キャリアの中で、フィリピン、アメリカ、そしてメキシコで世界タイトルを経…

  • 【プレビュー】8/14は国内ボクシング三昧!大阪、神戸、刈谷各地で熱戦予定!!

    ボクシングの素晴らしいところの一つは、GW、お盆、年末年始といった世間様が活動していない時でも、その歩みをやめないことです。 ボクサーはもちろん、関係者各位に心からの感謝と尊敬を。 さて、ということで今回はお盆期間中に行われるボクシング興行のプレビュー記事です。 8/14(日)愛知県刈谷市 中日本新人王決勝戦 中日本の新人王が決まる、決勝戦は今年も中部の聖地、刈谷市のあいおいホールで開催されます。 中日本の新人王トーナメントを熱心に見ているわけではありませんので、プレビュー記事とかは書けませんが、ここに勝利したボクサーは地区対抗戦(西部日本新人王との決定戦)へと進み、そこに勝てば西日本新人王と…

  • 中谷潤人、次戦はフライ?スーパーフライ?険しくも楽しみな、新たなモンスターの道のりは?

    8月は、個人的には非常に興味深い試合が多いわけですが、ビッグマッチやたまにボクシングを見るという層に訴求できる試合は少ないのかもしれませんね。 秋にはビッグマッチも増えてくるので、多くの人が「見たい」と思われる試合が次々と襲いかかってくることを期待しています。 さて、先日WOWOWに村田諒太が登場し、GGGvs村田の感想戦をしてくれました。 その中で番組後半に流れた中谷潤人(M.T)vs山内涼太(角海老宝石)。 山内は言うまでもなくハードパンチを持ち、非常にバランスの取れたファイターの元アジア王者。その山内を一方的に打ちまくり、何もさせなかった上でTKO勝利という格の違いを見せつけた中谷潤人は…

  • 【観戦記】8/9ダイヤモンドグローブ!中川健太vs梶颯、アンダーはFOTY級、藤村炎村vs湯場海樹!

    さて、視聴が追いつかない、8/9。 先週末の試合も見れていない状況ではありますが、やはりライブ配信が最優先です。 (といっても、私はひとりディレイ視聴。) FODプレミアムに加入していて良い事は、興行終了後、すぐにアーカイブ配信が見れる事。 ということで今回は、8/9(火)に行われたダイヤモンドグローブの観戦記。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hatenablog.com 8/9(火)ダイヤモンドグローブ (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); アンダーカードでは磯谷大心(輪島功一スポーツ)が3RTKO勝利。これで3戦全勝…

  • 日本ボクシング界史上最大のビッグマッチから4ヶ月。村田諒太、WOWOWでGGG戦を振り返り。

    WOWOWエキサイトマッチを見ました。 見ながら、なんとなーくPCを開いてみて、徒然なるままに感想を書き留めてみよう、と。 8/8(月)のWOWOWエキサイトマッチは、ゲストが村田諒太。そして、GGGvs村田を放送するという神放送です。 そんなわけで、今回のブログは(あまり内容に期待しないでほしい)とりとめもないただの感想。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 試合自体を振り返るのは初めて、という村田諒太。 見たくはないのだろう、と推察しますが、「こんな機会はない」と謙虚な村田。 2005年からGGGを意識していた、という村田諒…

  • 【観戦記】ウェルター級全勝全KO、バージル・オルティスJrがGBP興行に登場!!!

    欧米人の平均的な体格の集まるウェルター級の周辺階級は、いつも激戦区。 その中で、現在は統一に向かう機運がありつつも、下からの突き上げもあって非常に楽しみの深い階級となっています。 そのウェルター級プロスペクト、パーフェクトレコードの持ち主であるバージル・オルティスJr.が、大病を患って以来のリング復帰です。 今回のブログでは、アメリカ・テキサスで行われたバージル・オルティスJr.vsマイケル・マッキンソン、DAZN放映のGBP興行の観戦記です。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || [])…

  • 【プレビュー】テオフィモ・ロペス、8/13再起!vsペドロ・カンパ!ザンダー・ザヤスも登場のTR興行!

    8月に入ったらあっという間にお盆。 みなさんはお盆休みはありますか?私はガッツリあります笑。 最近は色々とあって、転職しようかな、などと考えているわけですが、大学でのボクシング指導も8月下旬でひと段落つくこともあり、転職活動を本格的にしていこうと思っています。 などという近況報告は置いておいて、お盆期間中も国内外で注目試合が盛りだくさん。 秋に行われるであろうビッグマッチへの中継ぎ期間である夏には、そのビッグマッチを戦わない多くの注目ボクサーが試合をする時期です。 そんなわけで、週末にはいよいよあの「テイクオーバー」テオフィモ・ロペスが復帰です。 (adsbygoogle = window.a…

  • 【プレビュー】大注目の国内興行!8/9中川健太vs梶颯!個人的注目は8/11山下陸vs平井乃智!

    8月第一週の週末は、国内ではダイナミックグローブとクラッシュボクシングという大変興味深い興行が展開され、そして海外ではバージル・オルティスJr.やマイケル・コンランが登場。 夏の暑さに負けないアツいボクシングが連日行われています。 そして週末を過ぎても、この勢いは衰えず、ウィークデイには9日にダイヤモンドグローブ、そして11日には六島ジムの興行と目白押し。 今回のブログでは、8/9〜のウィークデイに控える国内2興行のプレビュー記事を書いていきます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 8/9(火)ダイヤモンドグローブ 日本スーパ…

  • ノニト・ドネアがスーパーフライ級に殴り込む!?ロマゴン、井岡と対戦希望!!

    みんな大好き、ノニト・ドネア。 もともと親日家であるドネアは、その謙虚な人柄からか日本でも大人気。 2019年11月には日本の誇るモンスター、井上尚弥(大橋)と非常に濃密な12ラウンズを堪能させてくれて、2022年6月の再戦では2RTKO負け。それでも、井上初戦からの敗戦後にはバンタム級トップクラスの実力を誇示し、井上戦に至るまでを大いに盛り上げてくれたことは本当に素晴らしい。 そんなノニト・ドネアが、かねてからの噂通り、スーパーフライ級参戦を明言。 日本時間で8/5(金)の朝に流れたこのニュースは、非常に心躍るものでした。 ということで今回のブログは、ノニト・ドネアのインタビュー記事について…

  • 【プレビュー】UKベルファストにマイケル・コンランvsミゲル・マリアガ!そしてシェフィールドにダルトン・スミス!

    なんとか色々と書きたいプレビュー記事は間に合いそうです。 いくつかをまとめて書くと、一つ一つは薄くなってしまいますがご容赦ください。 週末はアメリカではバージル・オルティスJrの病気からの復帰戦であったり、国内ではダイナミックグローブとクラッシュボクシングという東西での注目興行があったり、ですが、個人的に非常に楽しみにしているのがイギリスの興行。 アメリカではESPNで放送されるトップランク興行には、リー・ウッド(イギリス)戦での敗戦から復帰戦を戦うマイケル・コンランが、そしてDAZNで放送されるマッチルーム興行には、ダルトン・スミスが登場です。 どちらも非常に基礎的な事がしっかりとしているい…

  • 【プレビュー】週末国内興行、豊嶋亮太vsアブドゥラミド!下町俊貴vs水野拓哉!

    足を怪我しているにも関わらず、フジロックフェスティバルに行ってきた私。 一応PCは持っていったものの、そんな状況でブログの更新はできるわけはなく、書きたいプレビュー記事と観戦記は予定が詰まってしまっています。 なので今週〜来週にかけてはサクサクとアップしていきたいな、と思っています。 ということで今回は、週末の国内興行、ダイナミックグローブとグリーンツダ興行のCRASH BOXINGのプレビュー記事です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 8/6(土)ダイナミックグローブ WBOアジアパシフィック・ウェルター級タイトルマッチ …

  • 【プレビュー】バージル・オルティスJr.がリングに復帰!!アンダーは女子F級統一王者、マーレン・エスパルサ!

    日本時間8月7日。 興行が多すぎて、チェックしきれないのが現状です。 世界タイトル戦こそ少ないものの、この日に登場するボクサーを見てみると、バージル・オルティスJr、モーリス・フッカー、ベクテミル・メリクジエフ、マイケル・コンラン、ミゲル・マリアガ、アマンダ・セラノ、ブランダン・リー等々、枚挙に暇がないとはこのことです。 翌週のウィークデイには国内ボクシングのライブ配信、録画放送もたくさんあり、どこまでタイムリーに見られるか、が勝負になってきますね笑。 ということで今回は、その中でも個人的には最も注目しているDAZN配信のGBP興行、バージル・オルティスJr.vsマイケル・マッキンソンのプレビ…

  • 【観戦記】ダニー・ガルシアvsホセ・ベナビデス!ゲイリー・アントワン・ラッセルは元王者、バルテレミーと!

    国内戦はそこそこに、海外戦を視聴。 日本ではあまり話題にもならないし、放送もないため話題にもなりようがないダニー・ガルシアvsホセ・ベナビデス。 Showtime興行はFITEが中継してくれれば個別に購入しても良いのですが、今回はないようなのでShowtimeに何度目かの加入。U-NEXTが2,000円超えに対し、Showtimeは円安のこのご時世でも1,500円程度、そう考えると割安にすら思えます。 ということで今回のブログでは、ダニー・ガルシアvsホセ・ベナビデスをメインに据えた、PBC興行の観戦記。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoo…

  • 【観戦記】英洸貴vs高橋利之、亀田和毅vsウィリアム・エンカーナシオンを視聴!

    8月に入りましたね。7月下旬、私は例年フジロックフェスティバルに行っているので、ボクシングは情報遮断。 そこから戻ってきて8/1(月)、ようやくボクシングの試合を見ます。 まずは国内戦から、ということで、Youtubeで生配信のあった、カシミ興行「拳の嵐」、そして真正ジム興行の「REAL SPIRITS」、両メインの観戦記です。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 7/30(土)拳の嵐 アンダーカードに出場の「ビビンバ力」は英のお兄さんなんですね。「英兄弟」と…

  • 【随時更新】2022年8月の放送・配信情報!大注目のウシクvsジョシュア2!国内では武井由樹のOPBF挑戦!

    【2022年8月分を更新】 見れる可能性のあるものをピックアップしてあります。 多分、アップされてすぐに見ると7月のカレンダーになっていると思いますが、ナビゲーションボタンをクリックして8月に変更して御覧ください。 間違い、足りていない興行等があればコメントで教えて下さい。よろしくおねがいします。 【スケジュール】 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 【国内戦注目!】 8月は東日本新人王トーナメントからスタートする国内ボクシング。(8/2〜8/4)これはBoxingRaiseで後日録画配信してくれるはずです。 8/6(土)のダイ…

  • 【プレビュー】ダニー・ガルシアvsホセ・ベナビデス!アンダーカードに全勝全KO、アントワン・ラッセル!!

    昨日アップしたブログ。 週末の国内戦について書きました。 boxingcafe.hatenablog.com その中で、石川県の興行の配信の情報があれば教えて下さい、と書きましたら、何と本日英洸貴選手が直接教えてくれました! 石川県でおこなわれる日本ユース・フェザー級タイトルマッチは、北陸朝日放送公式Youtubeチャンネルで生配信の予定だそうです! まだ公式チャンネルにそのアナウンスがないのですが、確かな情報かと思います。北陸のローカルチャンネルだけに、地元カシミジム所属選手の戦いを流すでしょうから、きっと第1試合から流してくれるはず。ということは、14:00頃からの配信開始になろうかと思い…

  • 【プレビュー】神戸では亀田和毅vsエンカーナシオン!石川県では英洸貴vs高橋利之!

    7月の最終週! このブログでは報告してありましたが、6/25(土)に仕事で大怪我を負って、1ヶ月。 驚異的な回復力を見せて、マスボクシングくらいまではできるようになりました!まだ走れませんけど笑。 その事があっていつもと違う1ヶ月で、歩くのにも、階段を昇るのにも気を使っていたので、なんだか長く感じた1ヶ月でした。年をとると時が過ぎるのが早く感じる、ということは生きる上でやっている事に対する慣れ、というものが大きいのかもしれないな、と思う今日このごろです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ということで7月最終週、平日にはDAZ…

  • 【観戦記】亀田京之介vsジョンジョン・エストラーダ!セミは大激闘、浅海勝太vs狩俣綾汰!

    夏の陣。 7/24(日)はジョエト・ゴンサレスvsアイザック・ドグボエの一戦がありました。 そして日本では、その前日に亀田京之介vsジョンジョン・エストラーダ、当日に野中悠樹vs能嶋宏弥。 野中vs能嶋の試合については、見る術が今の所見当たらないので非常に残念ですね。能嶋のアップセットは是非とも映像で見たい。 ということで、今回のブログでは、亀田vsエストラーダをメインに据えた、ハラダジム興行のFIGHTING BEAT BOXINGの観戦記。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || [])…

  • 【観戦記】ジョエト・ゴンサレスvsアイザック・ドグボエ!期待通りの好ファイト!!

    ちょっと忙しくて、見るのが遅くなってしまった観戦記。 日本時間7/24(日)は、世界タイトル戦やビッグマッチとはいえないものの、非常に興味深いマッチアップ、ジョエト・ゴンサレスvsアイザック・ドグボエのWBOインターナショナル戦。 果たしてどれくらいの拘束力があるかはわからないWBCの指名挑戦者決定戦としてもセットされたこの一戦は、大激闘、大接戦が予想される50-50ファイトと言えます。 ということで今回は、ジョエトvsドグボエ、ESPNで配信されたトップランク興行の観戦記です。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.…

  • ワシル・ロマチェンコ、10月帰還。「強敵を求める」ハイテクの次戦の相手は?

    7月は不思議な月で、うかうかしていたら前半はプレビュー記事なんかが間に合わなくなったにも関わらず、後半に入ったら見事にネタ切れしてしまいました。 7月末も海外ファイトも個人的注目はShowtime放映のダニー・ガルシアvsホセ・ベナビデスくらいのものです。 ということで今回はもう少し未来に思いを馳せ、ずっと気になっているあのボクサーについて。 そう、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)。 ロシアのウクライナ侵攻は「数週間以内」に停戦の可能性があるという現段階において、ロマチェンコは10月にリングに戻る、とのアラムの言葉。ちなみに同時に発せられた来年春のロマvsシャクールというのはアラムのいつもの…

  • 【プレビュー】亀田京之介vsエストラーダ!野中悠樹vs能嶋宏弥!週末の国内ボクシング!

    7月の後半は、国内ボクシングが非常にアツい。 個人的には海外ボクシングでは注目興行が少ないような気がしていますが、国内に目を向けてみればタイトルマッチでなくても注目試合、というのはいくつも出てきます。 ビッグマッチがなくても興味を持っていられる、しかもオフシーズンもない、これこそがボクシングファンの数ある利点の一つなのだと思っています。 ということで今回のブログでは、7/23(土)、7/24(日)に行われる国内興行をプレビュー。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 7/23(土)Fighting Beat Boxing フェザー…

  • 【プレビュー】ジョエト・ゴンサレスvsアイザック・ドグボエ!極上の挑戦者決定戦は、至高のマッチアップ!

    おそらく多くの人がお世話になっている、BoxRecの表示が変わりました。 私は主にスケジュール欄を見ていて、タイトルのかかる試合をまとめてくれていたので非常に助かっていたのですが、今回のアップデートでその表示が少なくなってしまったため、見づらい。馴れの問題でしょうか。。。 ボクシングファンにとっては大変貴重なサイト、BoxRec。馴れるしかありませんね。 ともあれ、今回のブログでは、週末に迫った注目ファイト、ジョエト・ゴンサレスvsアイザック・ドグボエについて。 </p (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 7/23(日本時間7/…

  • 2022上半期+α、世界王座保持者と統一戦の実現性を考える。vol.2(ライト級〜ミニマム級)

    2度にわたってお送りしている、現存する世界王者たちと各階級の王座統一戦の実現性を考える、思いつき企画! vol.1ではヘビー級からスーパーライト級までの(ブリッジャー級を含めた)8階級を振り返ってみました。 ということで今回はその続き、ですから、ライト級〜ミニマム級、という8階級になります。このあたりの階級は、日本人ボクサーが絡んでくる事も多いですね。ぜひとも統一戦の機運が高まってもらいたいものです。 では、行きましょう。 ↓vol.1はこちら boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({})…

  • 2022上半期+α、世界王座保持者と統一戦の実現性を考える。vol.1(ヘビー級〜スーパーライト級)

    2022年の上半期、ボクシング界は非常に興味深い世界タイトルマッチがいくつも開催されました。 そして7月は、というと、世界タイトルマッチが少々落ち着いている感じがします。 ブリエディスvsオペタイア、マグサヨvsバルガス、井岡vsニエテス、そして7/20に開催されるノックアウトvsワンヘン。くらいかな?漏れていたらすみません。 やや落ち着きを見せた今こそ、世界タイトルを保持するボクサーを振り返ってみたいと思います。各団体のホームページをチェック。で、書いては見たものの、流石に長くなってしまったので2回に分けます。今回はヘビー級〜スーパーライト級までの9(!)階級。 反映されていないものもあると…

  • 【観戦記】ライアン・ガルシアvsハビエル・フォルトゥナ!圧巻!!

    さてさて、日本時間7/17(日)はライアン・ガルシアの登場です。 エリミネーターが非常に多かった、という興行で、DAZNの本放送以外のアンダーカードもDAZNのYoutubeチャンネルで放映されていました。 このブログを書いている時点で、しっかりとアーカイブも残っているのでありがたいですね。ミニマム級のオスカー・コラーゾ(アメリカ)は、今後日本人ボクサーとの絡みもありそうな注目選手なので、あとで映像を見てみたいと思います。 さて、ということで、今回のブログではライアン・ガルシアvsハビエル・フォルトゥナをメインに据えた、GBP興行の観戦記です。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hate…

  • 【観戦記】スーパーライト級・無敗・世界ランカー対決!アーノルド・バルボサJr.vsダニエリト・ゾリラ!

    皆さんがどれくらい興味があるかわかりませんが、週末のトップランク興行。 メインイベントはスーパーライト級のコンテンダー、アーノルド・バルボサJr(アメリカ)がWBOインターコンチネンタル戦。相手は無敗のダニエリト・ゾリラ(プエルトリコ)です。 バルボサはWBC11位、WBO8位という世界ランカーですが、このゾリラもWBO10位。 ハイレベルな攻防が期待できますね。 そしてセミも同じくスーパーライト級戦、こちらはプロスペクト、レイモンド・ムラタヤ(アメリカ)がハイエ・バルティエラ(メキシコ)との一戦。バルティエラも16勝1敗という戦績、アップセットをかます事の多いメキシカンとあって、油断ならない…

  • 【プレビュー】ライアン・ガルシアvsハビエル・フォルトゥナ!アンダーでは個人的注目、リカルド・サンドバル!

    海外ボクシングのことを放っておいたら、7/15(日本時間7/16)にアーノルド・バルボサJr(アメリカ)vsダニエリト・ソリラ(プエルトリコ)という全勝対決があるらしい。そしてアンダーカードにはレイモンド・ムラタヤ(アメリカ)、ステファン・シャウ(アメリカ)といったプロスペクトたちも登場する、個人的にはなかなか注目の興行となっていました。 これについてはプレビュー記事は書きませんが、観戦記は書こうかと思います。 さて、今回はその翌日、現地時間7/16(日本時間7/17)に行われるGBP興行。 メインはいよいよ激突する、ライアン・ガルシア(アメリカ)vsハビエル・フォルトゥナ(ドミニカ共和国)と…

  • 【観戦記】比嘉大吾vsサルダール!森武蔵vsカルコシア!堤駿斗vsジェミノ!世界戦のアンダーカード。

    7/13(水)、久々にボクシングが地上波に帰ってきました。 この地上波放送は井岡一翔vsドニー・ニエテスのみ、これは仕方のないことなのかもしれません。 アンダーカードも配信はしてくれるもの、とタカを括っていましたが、なんと超変則の配信。 第一試合は志成ジムの行う配信、第二試合はParavi、第三試合は志成ジム配信、第四試合はParaviで、メインの第五試合はParaviと地上波のTBS。また、そのほかの予備カードは志成ジムの配信と、大人の事情が絡み合っているとはいえかつてないほどの謎の配信興行となりました。 まあ、見れるだけマシなんです。 ということで今回は、井岡vsニエテスのアンダーカードの…

  • 【観戦記】井岡一翔vsドニー・ニエテス!久々地上波ボクシングは、4階級制覇王者同士のリマッチ!!

    忙しなくしていましたら、あっという間に7月中旬がきてしまいました。 プロボクシングという競技が地上波で流れるのは半年以上ぶりのことで、前回は2021年末、井岡一翔vs福永亮次のWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチでした。 地上波のボクシング中継は、井岡しか残っていません。 そしてこのバトンは、今後志成ジムの面子、比嘉大吾や堤駿斗に繋がっていくのか、否か。 ともあれ、久々のボクシング中継を楽しみつつ、今回のブログでは井岡vsニエテスの観戦記です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ↓プレビュー記事 boxingcafe.ha…

  • 【観戦記】川崎真琴vs丸木凌介の大激闘!中嶋一輝が突き刺し、桑原拓が舞ったフェニックスバトル!

    FODは、開始時間に間に合わなくても追っかけ再生ができるので有り難い。ABEMAのように画面の中に余計なものもなく、シンプルで非常に見やすいのも良いところ。 これまでのテレビ放映の流れを組んでいるので、おっさんにとっては非常に見やすいです。 今日は仕事が終わった後、第1試合からしっかりと視聴です。 ということで今回は、7/12(火)に行われたフェニックスバトルの観戦記です。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 7/12(火)フェニックスバトル 山川健太(大橋)…

  • 【プレビュー】日本SW級戦、川崎真琴vs丸木凌介!PXBには大橋ジム精鋭、新鋭が登場!

    7/10(日)、いくつも記事をアップしたのは、別に休みだったから、というわけではなく、このペースでいくと出しきれないと気づいたからです笑。 ということで先日の日曜日には続けて3記事をアップ。 boxingcafe.hatenablog.com boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); boxingcafe.hatenablog.com 入院中にある程度書いておいて良かった。 ということで、今回は、目前に迫ってしまった7/12(火)のフェニックスバトルのプレビュー記事です。 7/12(…

  • 【観戦記】マーク・マグサヨvsレイ・バルガス!!フィゲロアにもマーティンにも注目!!

    Showtimeで放送されたPBC興行。 メインはマーク・マグサヨvsレイ・バルガスという注目マッチながらも、日本での放送はありませんでした。これは残念。 前戦で絶対王者ゲイリー・ラッセルJrを攻略して王座についた初防衛戦で、一階級下の元王者を迎えるマグサヨにとっては、厳しい戦いが予想されます。 マグサヨは思い切りの良いボクサーなので、是非ともバルガスの長い距離を打ち破り、勝利を手にしてもらいたい。 そしてセミも注目、ブランドン・フィゲロアvsカルロス・カストロ。ルイス・ネリに勝ったフィゲロアと、非常に評価が高かったですがネリに敗れてしまったカストロの一戦は、WBC世界フェザー級挑戦者決定戦と…

  • 【プレビュー】比嘉大吾、森武蔵、堤駿斗が井岡vsニエテスのアンダーカードに登場!!

    もうすぐ井岡一翔vsドニー・ニエテスの再戦です。 あっという間の6月が過ぎて、7月ももう中旬ですね。 6月はボクシングファンにとって非常に忙しい月であり、個人的には怪我もあってバタバタ。 あれよあれよのうちに迎えた感のある7月に入れば、颯爽ともう世界タイトルマッチです。 そしてそのアンダーカードも非常に興味深い試合ばかり。 ということで今回は、井岡vsニエテスのアンダーカードのプレビュー記事。 ↓メインはこちら boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 7/13(水) バンタム級8回…

  • 【プレビュー】井岡一翔vsドニー・ニエテス!超大接戦の再戦は、どうなる??

    七夕も過ぎ、あっという間に7月も中旬に差し掛かります。 われらがボクシング界では、唯一の地上波プレイヤーである4階級制覇王者、井岡一翔が登場です。 ボクシング興行としては久々の地上波、それもそのはずで現在地上波のボクシングといえば井岡を除いて他には登場しません。 私もめっきりテレビはつけなくなりましたが、ちゃんと一般層にも届くようにプロモーションされていれば良いな、なんて思います。 ということで今回のブログでは、大注目の井岡一翔vsドニー・ニエテスのプレビュー記事です。 ↓アンダーカードはこちら boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.a…

  • 【観戦記】佐々木尽vs関根幸太朗!スーパープロスペクト同士の一戦の行方は!?

    7/9(土)、八王子興行。 昨年行われたこのファイティングスピリットシリーズは、湯場海樹vs佐々木尽をメインに据えた興行で、全試合KO決着、しかもダウンの数も半端ないほどの「神興行」と言われた興行でした。 なので今回のキャッチコピーは「神興行、再び」。 KO決着続出なるかはわかりませんが、ボクシングファンにとっては興味深いマッチアップが続きます。 しかも全11試合と非常に試合数が多い、長時間興行。 私はリアルタイム視聴は叶わないので、仕事から帰宅してから視聴したのでそこまで時間がありません。なので今回の観戦記は、セミセミ以降の3試合、その前の試合についてはまた時間が空いたところで見たいと思いま…

  • 【観戦記】ミニマム級期待の星、重岡Bros.防衛戦!&今後のミニマム級世界戦線について。

    7/6(水)、熊本でのWタイトルマッチ。 世界を嘱望される重岡ブラザーズが地元に凱旋したこの一戦は、残念ながらライブ配信はありませんでした。 しかし、BoxingRaiseでの録画配信が決まっており、通常当日の深夜にはアップされる事が多かったため、情報遮断。 私は翌木曜日が休日のため、チェックしたところしっかり上がっていました。 ということで、今回のブログは重岡兄弟の熊本興行の観戦記です。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 7/6(水)WATANABE PR…

  • 【プレビュー】チゾラvsプレフ2!マドリモフvsソロ2!inUK、ロシアではクルバノフvsティシエイラ!

    7月は暑いが、ボクシングも熱い。 7/9(土)、7/10(日)の週末は、国内外でボクシングが目白押しです。 残念ながら全ての興行を見れるわけではありませんが、とにかくたくさんあるのは良い事です。 ということで、今回のブログでは、現地時間7/9(土)に行われる興行のプレビュー記事。DAZN放映のイギリス興行と、ロシアで行われる興行です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 7/9(日本時間7/10)イギリス・ロンドン デレック・チゾラ(イギリス)32勝(23KO)12敗 vs クブラト・プレフ(ブルガリア)29勝(14KO)2敗 …

  • 【プレビュー】マーク・マグサヨvsレイ・バルガス!フィゲロア、カストロも登場のPBC興行!

    7月は落ち着いている、と思いましたが全然そんな事はありませんでした。 今週末は日本でも、海外でも、注目興行が目白押しです。 日本では佐々木尽vs関根幸太朗という、ボクシングファン垂涎のマッチアップ。 そしてイギリスではチゾラvsプレフ、そしてアメリカではマーク・マグサヨvsレイ・バルガス! 海外戦では、とりわけこのマグサヨvsバルガスは、アンダーカードも含めて非常に興味深い一戦ですね。 ということで今回は、このShowtime興行についてのプレビュー記事。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ↓国内戦はこちら boxingcaf…

  • 【プレビュー】再びなるか、神興行。佐々木尽vs関根幸太朗!ほか、週末の国内ボクシング!!

    今週も国内ボクシングがアツい。 7/6(水)、7/8(金)、7/9(土)、7/10(日)と立て続けに興行がありますね。 海外戦もあるので、全ては見切れないとは思いますが、その中でも配信も多くて有り難い。 ボクシングファンには様々な方がいると思うので、プラットフォームは別れてはいるものの、少しでも見れる興行が多い事は良い事です。 ということで今回は、上述の4日間に渡る興行をプレビューしている第二回。7/9、7/10の興行についてです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 7/9(土)ファイティング・スピリット 64.5kg契約6回…

  • 【プレビュー】7/6は重岡兄弟の凱旋試合!7/8は二瓶竜弥vs中川麦茶!国内WeekDay興行!

    今週も国内ボクシングがアツい。 7/6(水)、7/8(金)、7/9(土)、7/10(日)と立て続けに興行がありますね。 海外戦もあるので、全ては見切れないとは思いますが、その中でもライブ配信も多くて有り難い。 ボクシングファンには様々な方がいると思うので、プラットフォームは別れてはいるものの、少しでも見れる興行が多い事は良い事です。 ということで今回は、上述の4日間に渡る興行を一気にプレビューです。(一気に、とか書いてから書き始めたら、結局長くなってしまったので2度に分けます笑。今回は前編、7/6と7/8の興行です!) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || …

  • 【観戦記】ゾラニ・テテとジョー・ジョイス。年を経ても落ちないパフォーマンスinESPN。

    日本時間で7/3(日)、早朝。 イギリスではヘビー級のジョー・ジョイスが登場した、ウェンブリー・アリーナでの興行。 イギリスではBTスポーツが放映したこの興行は、日本での放送はありませんでしたが、アメリカのESPNでも放送がありました。 幸いにもアーカイブが残っていたので、視聴。 ということで今回は、ジョー・ジョイスvsクリスチャン・ハマー、そしてセミファイナルにはジェイソン・カニンガムvsゾラニ・テテを要したイギリス興行の観戦記です。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hatenablog.com 7/2(日本時間7/3)イギリス ジェイソン・カニンガム(イギリス)31勝(7KO)6敗…

  • 【観戦記】人知れぬIBF世界クルーザー級戦!マイリス・ブリエディスvsジャイ・オペタイア!!

    7/2(土)、日本ではダイナミックグローブ。 そして同様の時間帯だったのだと思いますが、オーストラリアでも注目のボクシング興行がありました。 オーストラリアでの試合にもかかわらず、アメリカのESPNで放送されたようなので、私はそちらのESPNを視聴。 ということで今回は、IBF世界クルーザー級タイトルマッチ、マイリス・ブリエディスvsジャイ・オペタイアの観戦記です。 ↓プレビュー記事 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 7/2(日本時間7/2)オーストラリア IBF世界クルーザ…

  • 【観戦記】アジア3冠、堀川謙一vs岩田翔吉!そして帝拳ホープたちのデビュー戦!!

    もう2022年が半年終わったなんて信じられません。 とにかく2022年上半期(の特に後半)、ボクシングがアツかった。 2022年下半期も負けず劣らずの盛り上がりを期待したいものですね。 さて、下半期一発目のボクシング興行は、帝拳プロモーション主催のダイナミックグローブ。 メインは堀川謙一vs岩田翔吉のライトフライ級アジア3冠戦です。 形式上、日本王者の岩田よりも格上となるOPBF王者の堀川を立て、今日の帝拳陣営は全員青コーナーから。こういう配慮は私は好きです。 アンダーカードで青コーナーから登場するのは、ボクシング界の未来を担う20代前半の帝拳ホープたち。是非とも明るい未来を見せてほしい。 と…

  • 【プレビュー】LF級世界目前のアジア3冠戦!堀川謙一vs岩田翔吉!!アンダーに帝拳ホープがわんさか!

    怒涛の6月が終わりました。この6月、日本ボクシング界は大きく動きましたね。 一番のビッグニュースは井上尚弥vsノニト・ドネア2という試合そのものと、それにより井上が日本人初となるPFPキングに輝いた、というニュース。 その他にも京口紘人がどアウェーの敵地メキシコで防衛等々、ニュースが多かったですね。 さて、そんな6月が終わり、7月。 7月も注目試合が盛り沢山の国内興行、今回のブログでは、目前に迫ったライトフライ級アジア3冠戦、堀川謙一vs岩田翔吉のプレビュー記事です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 7/2(土)ダイナミック…

  • 【プレビュー】週末の海外戦!AUにマイリス・ブリエディスvsジャイ・オペタイア!!UKにジョー・ジョイス、ゾラニ・テテ!

    怒涛だった6月興行。 この6月でボクシングに興味を持った人も多かったのではないか、と思う今日このごろ。 単純に、井上尚弥〜京口紘人戦後、様々な記事のPV数が上がっています。是非とも持続してもらいたいなぁ。(PV数の話ではなくて) さて、私には皆さんが興味を持ってくれた「ボクシング」について調べた時、ぽっと検索ででてくるようにしっかりと記事を書いておく、ということくらいしか出来ません。 なので、あまり皆さんが興味がないような記事も此処に置いておきます。 ということで今回のブログは、週末の海外興行。全くと言って良いほど話題になっていない、オーストラリアでのIBF世界クルーザー級タイトルマッチと、イ…

  • 【観戦記】注目の橋詰将義vs田中恒成!激闘の湊義生vs神崎靖浩!盛りだくさんのPXB!!!

    さて、以前のブログで報告させてもらいましたが、私は実は入院中です。 右足大腿(内側)がでかい鏡によって切れ、長さ20cm強、深さ5〜7cmの傷、筋肉の断裂と動脈の損傷、神経もやられてしまっていたので、当初足首を動かせませんでした。 が、なんだかんだで直ぐに回復、リハビリも先輩たちを追い越して、歩けるようになり、木曜日には退院することになりました。鍛えておいて良かったです。お医者さんからも「思った以上に筋力がある」と。 それでも、右大腿部はかなり筋肉が減少してしまいました。たった数日のことなのに。 そんなわけで6/29はまだ入院中、だからこそ時間がしっかりとあったのでフェニックスバトルは全試合ラ…

  • 【随時更新】2022年7月の放送・配信情報!国内は久々の地上波放送、井岡vsニエテス!!

    【2022年7月分を更新】 見れる可能性のあるものをピックアップしてあります。 多分、アップされてすぐに見ると6月のカレンダーになっていると思いますが、ナビゲーションボタンをクリックして7月に変更して御覧ください。 間違い、足りていない興行等があればコメントで教えて下さい。よろしくおねがいします。 【スケジュール】 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 【国内戦注目!】 7月、国内で行われるボクシング興行で、最も注目は7/13(木)、大田区総合体育館で行われるWBO世界フライ級タイトルマッチ、井岡一翔vsドニー・ニエテス!井岡にと…

  • 【プレビュー】橋詰将義vs田中恒成!湊義生vs神崎靖浩!他、注目試合だらけのPXB!!

    仕事中に怪我をしてしまいました。 が、当日のみ大変だったというだけで、手術のあとは精神的にも落ち着いて、全く問題ありません。ので、ご心配なく! いろいろな人に迷惑をかけてしまいました。 まあ、実際は大変な外傷だったのですが、落ち込む事もなく元気ですし、ブログを書く時間は増えました笑ので、このブログも結構早めに書いています。(アップは6/28かな?) ということで、今回のブログは6月最後の注目試合、フェニックスバトルのプレビュー記事です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 6/29(水)フェニックスバトル WBOアジアパシフィッ…

ブログリーダー」を活用して、信太さんをフォローしませんか?

ハンドル名
信太さん
ブログタイトル
信太のボクシングカフェ
フォロー
信太のボクシングカフェ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用