chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
「おとなの恋愛小説」倶楽部 http://blog.livedoor.jp/renaishosetsu/

「長住哲雄」として実用エッセイ・小説を出版していた管理人が、心機一転、「シランケン・重松シュタイン」とペンネームを変えて、自作の恋愛小説をまとめているサイト。新作の官能小説も紹介しています。

主に人間関係に関するエッセイを執筆・刊行してきたエッセイスト・長住哲雄が、自作の恋愛小説をこちらにまとめています。主な作品は、長編『ハウ・アバウト・ユー』、短編集『マリアたちへ』など。 関連サイト『シランケンの不純愛講座』(http://fujunaikouza.blog23.fc2.com/)

シランケン・重松シュタイン
フォロー
住所
松戸市
出身
南区
ブログ村参加

2010/06/13

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 荒野のバラと谷間のユリ〈6〉 傷だらけのバカボンド

    連載 荒野のバラと谷間のユリ 6 ボクたちのデスクは、小野田という男だった。その小野田の行きつけの店で、「おまえ、あれ歌えるか?」と訊いてきたのは、「琵琶湖周航の歌」だった。店のママによれば、それには、ちょっとワケがあった 管理人の近著

  • 野のバラと谷間のユリ〈5〉 無国籍の漂流

    連載 荒野のバラと谷間のユリ 5 小野田に誘われて、ボクと栞奈と金治は、六本木のそのスナックに行った。そこでママが歌う『時には母のない子のように』に胸を打たれていると、「おまえも何か歌え」と小野田が言い出した。ギターを手にしたボクが歌ったのは…

  • 荒野のバラと谷間のユリ〈4〉 黄色いケトルとマグカップ

    連載 荒野のバラと谷間のユリ 4 栞奈と敦子がボクに「引っ越し祝い」としてプレゼントしたのは、黄色いケトルとマグカップのセットだった。その黄色が、部屋のグリーンと青のカーテンに映えた。そのマグカップで、コーヒーを飲む相手を、ボクは想像した――。

  • 荒野のバラと谷間のユリ〈3〉 彼女を操る「魔女」

    連載 荒野のバラと谷間のユリ 3 栞奈というバラには、いつもつるんで動く年上の女がいた。編集部員が「魔女」と呼ぶ彼女はボクたち男が知らない彼女の秘密を掴んでいるように見えた。そのふたりが、ボクに声をかけてきた――。 管理人の近著 ボク

  • 荒野のバラと谷間のユリ〈2〉 誘う理由、誘えない理由

    連載 荒野のバラと谷間のユリ 2 いろんな男が、彼女たちに声をかけた。バラは、危なそうでもついて行く。ユリは、納得した相手でないと、ついて行かない。バラは無頼派に弱く、ユリは常に正しさを選んだ。ふたりの間で、ボクの心は揺れていたた。 管理人の近

  • シランケンの著書一覧

    実用エッセイ 「好き」を伝える技術~あなたの恋のメタメッセージ・テク「好き」「愛してる」とはなかなか口にできないあなた。しかし、言葉にはできなくても、それを伝える方法はある。それが、「メタメッセージ」。本書は、「愛と言わずに愛を伝える」そのテクニッ

  • 荒野のバラと谷間のユリ〈1〉 感性の人と理知の人

    連載 曠野のバラと谷間のユリ 1 バラとユリ。もし、目の前に両方の花があったら、あなたなら、どちらの花を選ぶだろうか?そんなバラとユリが、突然、ボクの目の前に現れた。1972年。パンダが初めて日本にやって来た年だった。 管理人の近著

  • 荒野のバラと谷間のユリ☆目次

    . 連載 曠野のバラと谷間のユリ バラとユリ。もし、目の前に両方の花があったら、あなたなら、どちらの花を選ぶだろうか?そんなバラとユリが、突然、ボクの目の前に現れた。1972年。パンダが初めて日本にやって来た年だった。 記事一覧 タイトルをクリック

  • はじめまして。このブログについて

    ペンネームを変えました。「長住哲雄」改め「シランケン・重松シュタイン」。これからもよろしく。 お知らせ 「Kindle」から新刊を発売しました!「隠している自分」の「隠し方」が決めるあなたの「見え方」

  • ローズマリーの詩〈終章〉 ふたりの門出に贈る歌

    連載 ローズマリーの詩 38 あの歌に送られて破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。聡史と私の門出を祝うパーティ。祝宴の最後にスピーチに立った哲司おじが選んだのは、あの曲、『七つの水仙』だった。その曲に涙をぬぐったあの

  • ローズマリーの詩〈37〉 若い旅立ちと老いた再会

    連載 ローズマリーの詩 37 小さな宴の陰で…破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。エジプトに赴任が決まった聡史と私は、結婚式を挙げ、小さな宴を挙げることになった。聡史が赴任中、私は、千里さんの部屋で子育てしながら彼の

  • ローズマリーの詩〈36〉 母子像に刻まれた秘密

    連載 ローズマリーの詩 36 母子像に刻まれた秘密破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。子どもを産み、育てながら彼を待つのなら、部屋を提供すると言う千里さん。私は聡史とおじをその部屋におじは、そこで、あの母子像を見つけ

  • ローズマリーの詩〈35〉 キミよ、死ぬな!

    連載 ローズマリーの詩 35 贈る言葉は「死ぬな!」破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。『七つの水仙』を聞かせてほしい。一緒に訪ねた「千の里」で、聡史が突然、口にしたリクエスト。しかし、そこには、つま弾くギターはない

  • ローズマリーの詩〈34〉 「七つの水仙」をもう一度

    連載 ローズマリーの詩 34 おじと聡史と私と彼女破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。聡史との結婚を決意した私と家を出る決意を固めたおじ。しかし、結婚に反対する母は、なかなか聡史と会おうとしない。私は聡史を連れて、「

  • ローズマリーの詩〈33〉 産まない反逆、産む反体制

    連載 ローズマリーの詩 33 産まない反逆、産む反体制破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。体制に取り込まれることがイヤで、「子どもは嫌いだ」と口にしたことを後悔しているおじ。一方、聡史は、反体制を貫くために「子どもが

  • ローズマリーの詩〈32〉 「結婚宣言」と「家出宣言」

    連載 ローズマリーの詩 32 「結婚宣言」と「家出宣言」破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。「結婚しよう、いますぐ!」私が妊娠を告げると、聡史はそう言って私の手をとった。「そんなふしだらな……」と、気色ばむ母に、おじ

  • ローズマリーの詩〈31〉 口をつぐんだ罪

    連載 ローズマリーの詩 31 口をつぐんだ罪破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。アフリカに赴任する聡史の子を宿してしまった。迷った私は、千里さんの店を訪ねた。私の迷いを見抜いた千里さんが「変なこと考えてないでしょうね

  • ローズマリーの詩〈30〉 受胎告知

    連載 ローズマリーの詩 30 受胎告知破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。再会を果たしたおじと千里さんは、最近、よく会っているようだ。もう、『スカボロー・フェア』も歌わなくてすむらしい。しかし、私の体には、小さな変化

  • ローズマリーの詩〈29〉 40年後に訊きたいこと

    連載 ローズマリーの詩 29 40年後に訊きたいこと破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。おじを千里さんの店に誘い出す少し遠めの散歩。40年ぶりに再会したかつての恋人同士は「どうして?」と声をそろえた。その「どうして?」の

  • ローズマリーの詩〈28〉遠すぎる散歩

    連載 ローズマリーの詩 28 遠すぎる散歩破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。年が明けると、おじを散歩に誘った。少し遠出の散歩。そこが草野駅だと知ると、おじの足が固まった。私はその背中を押した。その人は、おじの顔を見

  • ローズマリーの詩〈27〉おじさんの蹴りたい背中

    連載 ローズマリーの詩 27 おじさんの蹴りたい背中破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。子どもは嫌いだ。かつておじが発したひと言が、千里さんの部屋に置かれた聖母子像の秘密に違いない。そう推理した私は、おじの発言の真意

  • ローズマリーの詩〈26〉 就職する青銅の騎士

    連載 ローズマリーの詩 26 就職する青銅の騎士破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。一聡史が就職すると言う。通信社の海外特派員になってアフリカに派遣されることもあるだろうという。「待っててくれるか?」それは、聡史流の

  • ローズマリーの詩〈25〉 聖母子像に秘められた想い

    連載 ローズマリーの詩 25 聖母子像に秘められた想い破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。きょうのこと、おじさんに話すの?帰ろうとする私に、千里さんが訊いてきた。私は迷っていた。ほんとうのことを言ってしまうと、おじの

  • ローズマリーの詩〈24〉 子ども嫌い

    連載 ローズマリーの詩 24 子ども嫌い破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。かつて愛し合ったおじと千里さん。しかし、ふたりは結婚しなかった。「どうして?」と問う私に、千里さんが重い口を開いた。おじは、女としてどうして

  • ローズマリーの詩〈23〉 写真も残ってない男

    連載 ローズマリーの詩 23 写真も残ってない男破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。千里さんの部屋は「千の丘」の上階にあった。私と千里さん、女ふたりですき焼きを囲む幸せな食卓。そこにもうひとり、いてほしい人がいた。そ

  • ローズマリーの詩〈22〉千里さんのご招待

    連載 ローズマリーの詩 22 千里さんのご招待破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。聡史は会えば私の体を求め、アフリカの臭いのする精液を私の体にほとばしらせた。子どもができたらどうする?私の問いに聡史から答えはなかった

  • ローズマリーの詩〈21〉 そのハーブは避妊の使者

    連載 ローズマリーの詩 21 そのハーブは避妊の使者破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。私は、かつてあなたを愛した男、牧原哲司の姪っ子です。「千の丘」の真坂千里に告白した私は、「おじが後悔している」ことを彼女に告げた

  • ローズマリーの詩〈20〉彼女を愛した男の姪っ子

    連載 ローズマリーの詩 20 彼女を愛した男の姪っ子破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。アフリカで傷ついて帰国した聡は、フィールドワークができなくなった体をのろいながら、NPO団体で支援活動に従事している。そんな彼の

  • ローズマリーの詩〈19〉 許してくれるなら…

    連載 ローズマリーの詩 19 許してくれるなら…破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。「千の丘」という店でパンを焼く、おじがかつて愛したひと。その人は、「許されるなら」と、かつての恋人との再会を望んでいる。そのことを伝

  • ローズマリーの詩〈18〉 愛した人のパンの味

    連載 ローズマリーの詩 18 愛した人が焼いたパンの味破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。聡史と再会したことをおじにだけは報告した。「久しぶりのキス」をからかうおじに、お返しのジャブ。「どうだった、千里さんの焼いたパ

  • ローズマリーの詩〈17〉 キスはアフリカの砂の味

    連載 ローズマリーの詩 17 キスはアフリカの砂の味破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。5年ぶりに会う聡史は目の光が少し弱くなったように見えた。銃弾に脅えて逃げ出した自分を責めているのだった。私は、おじが口にした言葉

  • ローズマリーの詩〈16〉 肩を貸す彼の腕の重み

    連載 ローズマリーの詩 16 肩を貸す彼の腕の重み破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。5年ぶりに帰国した鳴尾聡史と、新宿で会うことになった。負傷した脚を引きずる聡史に、肩を貸す私。その彼が「久しぶりに食べたい」と言い

  • ローズマリーの詩〈15〉 封印された理由

    連載 ローズマリーの詩 15 封印された「理由」破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。鳴尾聡史と会うべきか、否か?迷う私に千里さんは言った。人は変わる。変わった理由も、変わった姿を知る機会も、失ってしまうのは惜しい。そ

  • ローズマリーの詩〈14〉 会う後悔、会わない後悔

    連載 ローズマリーの詩 14 会う後悔、会わない後悔破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。傷ついた聡史がアフリカから帰って来ると言う。「会いたい」という聡史に会うべきか、会わざるべきか。迷う私に、おじが言った言葉、そし

  • ローズマリーの詩〈13〉 飛びたい。その羽が重い

    連載 ローズマリーの詩 13 飛びたい。その羽が重い破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。ケガを負った海野聡史が、日本に帰って来る。「会いたい」とカレは言う。しかし、かつてカレの誘いを断った私の心の羽は重かった——。

  • ローズマリーの詩〈12〉 忘却の彼方から

    連載 ローズマリーの詩 12 忘却の彼方から破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。その昔、千里さんが愛する人に作って食べさせたかもしれないブルスケッタを作ってみた。口にしたおじが「懐かしい味がする」と言う。そりゃそうで

  • ローズマリーの詩〈11〉 愛のブルスケッタ

    連載 ローズマリーの詩 11 愛のブルスケッタ破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。「この前のパン、おいしかったから」半分はウソをついて、私は再び、「千の丘」を訪ねた。かつておじが愛した人は、「ほめてくれたから」と、今

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、シランケン・重松シュタインさんをフォローしませんか?

ハンドル名
シランケン・重松シュタインさん
ブログタイトル
「おとなの恋愛小説」倶楽部
フォロー
「おとなの恋愛小説」倶楽部

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用