searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

川越さんのプロフィール

住所
東京都
出身
館山市

レンズはできる限り少なくしようと努力中。6×6はフレクサットに、マミヤ6(蛇腹)。ライカはM8がメインで、好きなレンズはHektorに SummarとSーロッコール。Summaron35/3.5に球面ズミにエルマリート1st、ルサール、キャノン19ミリと盛りだくさん。

ブログタイトル
旅とElmar&Hektor
ブログURL
https://photo-bici.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
旅行に温泉、キノコ狩り、山菜狩りにキャンプや自転車が大好き。写真やカメラ、キャンプ道具も大好きです。
更新頻度(1年)

307回 / 365日(平均5.9回/週)

ブログ村参加:2010/06/04

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、川越さんをフォローしませんか?

ハンドル名
川越さん
ブログタイトル
旅とElmar&Hektor
更新頻度
307回 / 365日(平均5.9回/週)
フォロー
旅とElmar&Hektor

川越さんの新着記事

1件〜30件

  • ちょっと目先を変えて

    ここ最近、サイクリングといえば1,000mの峠を越えて、距離は100キロオーバーで獲得標高をできるだけ稼ごうと躍起になっていた節があるけど、実を言えば,1000m級の峠を登ったり下りたりを繰り返すのは「ああ、またここを登るのか」と、精神的にも結構きつい。 そこで新たなコースを考えてみた。それが上の地図のコースで、地図の一番下が秋山郷になる。秋山郷といえば2年前の記事「リヤカー引いてキャンピング https://photo-bici.blog.ss-blog.jp/2019-07-22」で向かったところ。 このときはMTBでリヤカーを引いて行ったってのもあるけど、うちから50キロもない距離なのに動けなくなるほどキツかったこともあって、上の地図のような周回コースが取れることはわかっていたけど、実現するのは不可能だと思っていた。 ところが最近にわかに走れるようになって来..

  • 舞茸はまだしばらく先

    うちの周りでも稲刈りが始まった。毎年自分的には稲刈りが始まるとじきに舞茸がで始める季節になる。ということで、周りで稲刈りのコンバインの音が聞こえてくると、まだ早いとは分かっていてもつい山に見回りに行きたくなる。 オオワライタケは出ている。ナラタケも出始めた。あとはスギヒラタケが出てくればバッチリだけど、お目当てのスギヒラタケはまだどこにも姿が見えない。やっぱりあと一雨降らないとダメなんだろう。でも今月末くらいからは忙しくなるんじゃないだろうか。っていうか、勝手な期待だけど。(^^;

  • 記憶に残るズミルックス35の写真

    せっかくお気に入りのレンズが手元に戻ってきたので、過去写真の中から自分的に印象に残る写真をいくつかピックアップしてみた。必ずしも良い写真ってわけじゃないけど。 良いタイミングにうまく写せたカットもあれば、ああすればよかったと思うカットもあるけど、上の写真以外はノーファインダーでその時の一瞬で写したもの。しかしファインダーを覗いているのにピンが合っていないって・・・(^^; 好きな写真で言えばトルコで写した写真がいくつかあるけど、なぜかトルコではキャノン19ミリがメインで、35ミリはサブって感じだった。街によって使いやすい焦点距離ってあるような気がする。 この時すでにバルサムはあるはずなんで、逆光ではコントラストが落ちるんだろうけど、まあそれはそれで良いんじゃないって感じ。逆光でコントラストが落ちるなんて、オールドレンズは普通だしね。

  • Leitz canada summilux M 1.4/35 オーバーホール完成

    今年の5月23日の記事に、旅行には常に持ち出していた大のお気に入りレンズ、 Leica ズミルックス M35mm F1.4 にカビを生やしてしまったことを書いたけど、数日前にオーバーホールから帰ってきた。よく見てみると文字もずいぶんクリアになっている気がする。 赤い印はマニキュアで付けたスナップ用の目印で、目が見え難くなってからは重宝している。 全てのレンズ面に出ていたという内部のカビは、もちろん完全に除去されていてカビ痕も残らなかったのは、比較的新しく発生したカビだからだろう。それに自分では気づかなかった絞りの赤錆(^^; も綺麗にしていただいた。 後群の三枚張り合わせレンズが残念ながらバルサムがあるようだけど、これはライカに送り返して貼り合わせたレンズをバラしてもらうしかないだろうし、基本的に自分はバルサムは気にしない。何よりこの写真を見てわかるように..

  • 8月の宿題を済ませた気分

    昨日の休日、8月中にはトライしようと思っていた関田峠コースに行ってきた。下りでちょっとコースを間違えたりして走行距離は約120キロ。獲得標高は2,972m。所要時間は休息込みで7時間05分。曇りで日差しがキツくないのが幸いした。 全体のアベレージは時速16キロちょうど。自宅から峠までは4時間ちょうどで、アベレージは13.75キロ。峠からの下りや帰りのルートを考えれば、帰りに3時間は遅すぎだなぁ。 と、記録的にはこんな感じ。東京で長年お世話になっていたフレームビルダーの千葉洋三氏には「上りはケイデンス80回転、23キロ以上でお願いします」なんて無茶なことを言われているけど、特別目を引くような数字は残念ながら何もない。だけど自己満足としては十分頑張った感じ・・・と思う。 ところで、このコースは長野側から登ったことはあるけど、新潟側からは隣の牧峠に登る途中から分岐する道..

  • 行ってきます

    以前の日記で、「次の目標https://photo-bici.blog.ss-blog.jp/2021-08-07」としていた、100キロオーバー、獲得標高2,700mオーバーのコースにトライしてきます。目標は8時間だけど、これは洗濯物をしまうのに、夕方までには帰りたいため。(^^; 慌てずに走ってきます。記事はまた戻ってから。

  • どこの山だったかな?

    今日は朝のうちに夕食用にキノコを取ろうと近くの山に行ったけど、昨日の暑さがまずかったのかほとんどのキノコにはもう虫が入っていて食べられない状態だった。こういうのはタイミングだから仕方がない。 ところが家に帰ってポケットに手を入れると、上の硬貨が出てきた。そういえばいつか山で拾った記憶はあるけど、あれはどこの山だったのかさっぱり思い出せない。まだ最近のことなんで、何箇所も歩いてないはずだけど、記憶がないというのは困ったもんだ。 サビサビだったのでワイヤブラシでこすったら、5銭とあり明治22年のもの。額面が5銭の硬貨は、明治・大正・昭和時代に発行されており、その種類はなんと12種類もあって銭貨の中では最多らしい。 この硬貨は「菊5銭白銅貨」で、発行年度は1889年(明治22年)~1897年(明治30年)とあるので、このタイプでは最初のもの。これが明治28年銘だ..

  • 今日は軽トラ市

    先月に続いて今月も地元の「軽トラ市」というマーケットが日曜日に開催される。朝は8時に搬入を済ませて、半日頑張ります。今回は少し出品するものに変化を出してますが、人が来てくれるかどうかが1番の問題です。 効率としてはヤフオクの方がずっと良いけど、あまり人が来ないような気もするけど、刃物研ぎを期待してくれる人もいるし、新たな出会いもあるかもしれないので楽しみでもあります。

  • 今年最後かな?

    金曜日は朝から霧が出て快晴の予感。その予感通りの天気になったけど、日差しはきついのに気温は意外と低くて24度止まり。でも日向は暑くても日陰は涼しいってことで、過ごしやすいのは確か。 そんな日中、家にいるなんてもったいない。この先いつ行けるかわからないので、近くの渓流に好みの釣竿を持って自転車にまたがった。 現地にいたのはたぶん30分か精々40分。残念ながら1尾も釣れなかったけど、尺前後の岩魚がルアーを追う姿を見せてくれた。もし次に行くことがあれば、たぶん釣れるんじゃないだろうか。でもまあ、今日の水は渓流らしくキンキンに冷たかったし、釣れなくても渓流で遊べたことで満足できる日もある。 今年はほとんど釣りができなくて、釣れたのは僅かに1尾だけだったけど、川は逃げないし、自分が生きている程度の期間は何も変わらずにいるだろう。また来年以降のお楽しみだ。

  • 小刀の研ぎ

    あまりに雨ばかりだとちょっと気分が盛り上がらないし、今週末には軽トラ市があるので手持ちの小刀を研いでみた。手持ちの仕上げ砥石と、順仕上げ砥石の調子を見るというのもある。 中砥を使わなかったので細かな刃こぼれが取れていないけど、しのぎ面の仕上がり具合を見ることが目的の一つでもあったので、刃先の仕上げは次回に。でも髪の毛を切るくらいの刃にはなっている。 上の砥石が仕上げ用の菖蒲谷長四郎山の戸前浅葱。写真の右から1/3くらいに大きな筋が入っていて値段は安いけど、仕上げ砥石としての性能は最高級で、筋も触ることはあっても傷がつきにくいのが面白い。鋼も地金も鏡面系の仕上がりで、緻密な刃がつく。 下の砥石は山がわからないけど、使った感じはたぶん大平山の巣板じゃないだろうか。白巣板の巣なし蓮華で、サイズも厚さも十分なのでたぶん二桁諭吉の高級品だと思うけど、こちらはもらいも..

  • 嬉しい発見

    田舎に移住する時、当時はロードレースの世界にどっぷり浸かっていたこともあって、最近夢中になっているクロカン(パスハンター)車の古いパーツや今は使えないメンテナンスの道具類はほとんど全て友人に譲ったり、廃品回収にまとめて出してきてしまった。 今年になって40数年前の古い自転車をレストアして乗り出すなんて、ほんとに全く考えもしなかった。それでも田舎にフレームだけでも持ってきていたのは、たぶんレースもできなくなり、若かりし頃の思い出を捨ててくる気になれなかったからだろう。 それが今年になって古い鉄製のフレームをいろいろいじっていると、「ああ、あれを持ってきていればなぁ」と後悔することが多かった。古いパーツをメンテナンスするには、当時の古い道具がやはり使いやすいのだ。 ところが今日、少しだけ持ってきていた自転車関連の小物などを入れた段ボールを漁って、小さなネジを探していた..

  • 久しぶりのサイクリング

    今日は随分久しぶりに1日晴れの予報になった。幸い今日は(火曜日)仕事もないので久しぶりに自転車を外に出した。なんと丸一ヶ月ぶりだ。8月中にはちょっと遠くの峠を越えてこようと思っていたのに、雨ばかりで全くチャンスがなかったのが残念。 今日は晴れたので時間的にはこの峠にトライすることもできたけど、30日以上も自転車に乗っていないので、全く走れる気がしない。なので今日はまた最初から体作りのつもりで2時間だけぐるりと家の周りを走ってきた。 2時間で走行距離は46キロ。標高差は1,199m。アベレージが23キロっていうのはだいぶいい数字だけど、これは短時間だからだろう。もう少し走れるかもしれないとは思ったけど、帰りには太腿が硬くなり始めてツル寸前。 やっぱり一月も運動しなかったら、ほとんど元に戻ってしまうみたい。走っていた頃とは全く体の状態が違うのが良くわかる。それ..

  • チチタケが出た!

    今日はずっと雨が降ったり止んだりだったけど、チチタケがたくさん出る場所でもしかしたら出ているかも知れないと思い、雨の様子を見て出かけてみた。この辺では通常は7月中旬から出初めて、8月中旬で終わるキノコだけど、今年は夏の間は全くキノコが出る雰囲気がなかった。 雨は多いので山に水分はたっぷりだけど、気温が思うように上がらなかったのが良くなかったんだと思うけど、ここのところ数日だけど気温が上がったのでもしかしたらという気持ちがあった。 すると入り口からちらほら出ていて、ちょうどいいタイミング。大量発生とはいかないけど、50〜60本はいい状態のものが採れたから満足。 残念ながら雨が強く降り始めたため、ヤマドリタケが出るところを見てくるほどの余裕がなくて、そっちは見られなかったけど、けっこう毒キノコも含めて色々出てきているので、そろそろほかのキノコも出てくるかも。この調子で..

  • チチタケが少し出てきた

    ずっと夏のきのこが出てこなかったけど、今日見に行ったらチチタケが少し出ていた。カワリハツも一つあったので一緒に採ってきて、相棒にそばつゆにしてもらった。一年ぶりのチチタケを使ったそばつゆは美味かったぁ。でもこういうのを食べると、市販のキノコがなんと味気ないものかと思ってしまう。田舎暮らしの良いところだけど、もう少し沢山撮れると良いなぁ。欲張りかな?

  • いちじくの挿木

    夏前にイチジクの枝を切ったものをもらってきた。たぶん剪定は秋の終わりにやるか春なんだろうけど、イチジクは強いというのでもらってきた。なかなか芽を出さないので根付かなかったのかと思っていたけど、水やりだけは頑張っていたら先月からの雨降りが効いたのか、芽が少し伸びてきた。 流石に今年は実がなることはないだろうけど、来年は実がつくと嬉しい。でも熟す前にカミキリムシや鳥の餌食になるんだろうなぁ。イチジクは木についたままで熟さないといけないらしいから、美味しいイチジクを食べるのは至難の業かも知れない。

  • 茗荷と大葉

    先週の金曜日にはまだ大丈夫だったのに、今日はもうほとんどの茗荷から花が出てしまいスカスカ間近。大葉はまだしばらく大丈夫そうだけど、茗荷は山に行かないとダメかもしれない。 実を言えば茗荷も大葉も玄関先に生えているけど、特に茗荷は毎年採っているせいか少し小さくなってきた。なので今年は休ませようとあまり採らないようにしている。それでも畑の周りに行けばかなり採れるので問題はない。でも一気に出てきて一気に花が咲くのが困り物。 畑といえばネットを張ってからは狸に食べられることはなくなったけど、今朝はまたやられてしまった。今度はハクビシンのようだ。あいつらはネットくらいは問題にしないし、困ったもんだ。しばらく前に夜中に変な声を出していたのでわかったけど、どうもツガイがいるようだ。駆除したいところけど・・・う〜ん。どこかに行ってくれればいいんだけどなぁ。

  • ヤバイ!

    最近はまた雨が多くて気温が上がらない。昨日も涼しかったし、夜は窓を開けてなくても寝苦しいことがないくらい。今日はたぶん20度に行くか行かないか、半袖短パンだと寒くて今日は長いズボンを履いている。 こんな状況なので我が家のカメくん、ライトに当たりながらも昨日から食べなくなってしまった。外に出しても昼過ぎには地面に潜り始めることが多くなっているし、冬眠の準備はまだ早すぎるんだけど。だってまだ冬眠から覚めて4ヶ月しか経ってないし。この天気にも困ったなぁ。

  • 今年の夏も暑かった

    8月も今日で終わり。朝晩はだいぶ涼しくなってススキの穂も光り輝き始めた。今年もあと3ヶ月で冬が始まる。とは言え、雨ばかりだった今年の夏も晴れ間が出れば35度の暑さが何日もあった。 峠に向かっていても坂がきついよりも日差しがキツくてまいったこともあったけど、いいものはないかと探して手に入れたのが上の自転車専用保温ボトル。暖かいものは入れられないし横にすると微妙に漏れてしまうので鞄の中に入れるわけには行かないけど、冷たいものを入れておけば保温力はかなり強力で満足できるもの。 さすがはブランド品(テルモス)と感心したけど、暑くてきつい時に冷えた飲み物はほんとにありがたい。600mlというのが若干物足りないけど、激アツの直射日光にさらされても6時間は冷たさを保ってくれる保温力はありがたい。また来年の夏に活躍してもらおう。 ところで今月はブログの更新がすっかり減ってしまった..

  • 道普請

    今日は年に2度、春と夏の道普請の日。幸い雨は降らなかったけど、どんより曇って蒸し暑い。おかげですっかり汗まみれ。運動して気持ちいい汗をかくのとは大違い。でもみんなでやらないと雑草があっという間に蔓延って、道もすぐに見えなくなる。雑草恐るべしだ。 写真は中央上にある黒く見えるのが我が家。後は中学だけど、あと数年で廃校が決まっている。学生数は全体で50人くらいかな。この集落もメインストリートから歯が抜けるように家がなくなっていく。今年はすでに3件なくなった。人口もこの8年で1割減っている。困ったもんだけど、対策も難しい。

  • トマトが割れる

    今年の夏は雨続き。おかげでトマトがどんどん割れてしまう。うちの畑は雨除けの屋根もないし、地面を覆うビニールもないので降った雨はどんどん吸い上げられているのだろう。熟すまで待っていると全て割れてしまうので、最近は色付いたら熟す前に収穫している。 早めに収穫しても、窓辺に置いておけばしっかりと完熟する。甘味も変わらないと思う。でもそれでも1〜2割は割れてしまう。まっ、全部割れてしまい虫がついて食べられなくなよりはずっといい。今年はなぜかトマトが好調で、プチトマトなのに少し大きめにできているのが嬉しい。

  • 大鎌の研ぎ

    私達と同じ8年前に東京から移住して来た女性が、家の倉庫で見つけたと大鎌を研いで欲しいと持って来た。全体が真っ赤にサビに覆われていたけど、多分問題ないと思い承知した。でも鎌の形が大幅に狂っている。同じ場所だけを研いであるので、刃線が大きく波打っているのだ。 「だいぶ小さくなるかもしれない」と伝えてはおいたけど、せっかくの大鎌なので何度か研ぎながら形を整える方向でやることにした。でも問題は柄にもある。古いものらしくだいぶ虫食いが進んでいる。幸い手元だけなので、鎌が飛ぶようなことはないと思うけど、次は柄の交換もした方がいいかもしれない。

  • ドクダミスプレー

    ドクダミの痒み止めは、虫除けにもなるらしい。「らしい」と言うのは、まだそれの用途で使ったことがなくて確証がないから。でも喰われる前に予防ができるならそれに越したことはないので、小さなスプレー容器を買ってきた。 一番右が約5倍に薄めたもので、8ccのスプレー容器。薄い黄緑がきれい。中の瓶は薄めずに使う痒み止めの瓶。今回は一番左のドクダミを干して作ったものを試している。 友人が夜中にダニに困っていると言うので、左の瓶から小さな瓶に移してプレゼントした。効果があればいいけど。それでもまだこれだけ残っていっているので、後一月くらいは十分に使えるはず。今年作った花だけで作ったものも、来年使う分に回せるだろう。

  • 気がつけば彼岸花

    ここのところずいぶん涼しい日が続いているけど、まさかこのまま秋に突入なんてことはないよね。まだ8月だしね。でも気がつけばちらほらと彼岸花が咲いていた。今年は夏のきのこも不調だけど、トンビマイタケを覗いてこようかな。

  • ジャガイモの収穫

    今年のジャガイモは大きいのから小粒まで合わせてこれだけ。3mくらいの畝を2つだったので、量としてはこんなもん。でも今年は大きめのものが10 個くらいあるのが嬉しい。そのぶん小粒もそれなりにあるけど、小さいのは皮を剥かないで調理することもできるので使い道はある。でもこれだけだと冬までは絶対にもたないな。 あとは秋になったらサツマイモが取れるけど、毎年サツマイモは冬のストーブで作る焼芋が楽しみで植えている。今年はいいのができるといいけど。 冬といえばお隣のご主人が亡くなり、おばあちゃんが一人暮らし。去年の冬は越したけど、今年はもしかするとここを離れるかもしれない。もう80を超えているし、冬になるといくら雪をどけても家から全く出られなくなるからそれも仕方がない。 問題はそうなると我が家の前までの除雪がなくなること。除雪車は3件ないと来てくれないが、これまでは足りない1件..

  • どくだみの痒み止めを多めに

    しばらく前に作ったドクダミの痒み止め(https://photo-bici.blog.ss-blog.jp/2021-07-16-1?1629335676)。干したものと、花だけのものを作ったけど、1年待たなくてもいいという情報もあり使ってみたら、葉っぱを揉んで使うよりも効果的な気がする。 相棒は相変わらず工業製品が好みだけど、自分はドクダミで全然問題ない。というか、すごく気に入っている。塗ってすぐに痒みが止まるわけじゃないけど、いつの間にか痒みを忘れてしまう感じ。 しつこい痒みにはキンカンのように塗っては乾かし、を数回繰り返すといい感じ。でもほとんどは1度で十分なので、藪蚊に食われることが多い田舎暮らしにはありがたい。昔からの方法なんだろうけど、ドクダミも馬鹿にできない。 左の大きな瓶が今回の分で500cc、中が花だけを使ったもの。右がカラカラに干して作った..

  • 造林鎌

    今日はスズメバチの様子を見ながら、造林鎌に柄を付けた。実は以前ブログにアップした「造林鎌ふたたび(https://photo-bici.blog.ss-blog.jp/2020-12-09)」という記事で紹介したものを、8ヶ月ぶりにやっと柄を付けた。まだ口金がついているだけで、柄の部分は全然整形していないので、このあとは形を考えつつ柄を削って完成させる。 これは自分用でサイズは造林鎌としてはかなり小さい。といってもナタと同じ程度の厚みがあるので400gくらいの重さがあり、枝程度は問題なくスパッと切れる。本来は以前紹介したように長刀のように長い柄を付けるものだけど、これは山に持っていくためにナタと同じくらいにしてある。 ツルが伸びた藪を進むには、先が曲がったこんな刃物が使いやすい。問題は鞘の形をどうするか。このままじゃ腰に下げられないし、取り出すにしてもしまうにしても素早..

  • 研ぎ台

    流しで研ぐときには別の台があるけど、軽トラ市で研ぐときにはちょっと高さも位置も合わなくてどうしようかと思っていたけど、今日は台を作ってみた。と言っても特別な工夫があるわけでもないただの台。 手前にも桟を打ってクサビでサイズの違う砥石を固定できるようにしようかとも思ったけど、単純なこの形で十分みたい。これで少しは仕事が捗るかもしれない。 ところで今日は他にも問題があって、しばらく前から玄関先をスズメバチがうろちょろしていた。特に威嚇音も出さないし体の周りをいつもぶつからないように飛んでいたので、あえて排除する気もなかった。 ところがどうやら玄関と台所の間にある壁の中に巣を作っているらしい。実は数年前にも居間の壁に巣を造られたことがあり、煙突を出すのに困ったことがある。 他にも、たまに家の中にスズメバチが飛ぶことがあり、どこから入るのか不思議だったけど、壁伝いに..

  • 今週はいろいろ忙しかった

    今週はずっと雨続きで自転車にも乗れなかったので、日曜日の軽トラ市で1日包丁研ぎをして考えたことなどを振り返っていた。上の写真は手持ちの天然砥石だけど、ざっと50個以上もある。小さなサイズばかりだし、形も悪いので高いものはないけど質は50万クラスにも負けない良いものが少なくとも4割以上と言ってもいいくらい。まっ、自己判断ですけど。(^^; でも軽トラ市のように数が多くて時間に追われている上に、包丁の質もあまり良くないものの場合は天然砥石では時間がかかってしまうし、切れ味も思うように出せないことが多い。そんな時はやっぱり合成砥石の出番になる。 何にしても刃物は使い道が重要なので、それを考えないと無駄な努力ばかりになる可能性もある。それにしても多すぎるので軽トラ市では毎回20個くらい売りに出しているけど、さっぱり売れない。包丁を研ぐ人がいないんだから、売れるわけがないか?まっ..

  • 素晴らしききのこの世界

    私がキノコ好きなことを知っている姪が、「こんな映画があるよ、綺麗だった」と教えてくれた。youtubeでも予告編があるので観てみたけど(https://www.youtube.com/watch?v=z_ncBhl3qS4)もっと長く見せて欲しいって感じ。 それに上映されるのは多分大都市だけなんじゃないかな?うちの近くでは隣の市まで行かないと映画館もないし。でもYoutubeを見るだけでも良さそうな感じ。うまくタイミングが合えば観ていたいな。

  • 暑すぎ!

    土曜日の午後遅く、意を決して釣竿を背負って自転車にまたがった。目的はいつもの渓流。ところが目的のポイントに行く前にすでに川がろくに流れていない。「これは川か?」って感じで、水たまりが続いているような感じ。 いつもならキンキンに冷たい水も生温く、「これじゃあ渓流魚はどこで生きているんだ?」って感じで、当然いつものポイントも反応があるはずもない。来週は台風の影響で雨が降るようなので、天気が落ち着いたら再度でかけてみよう。 そうそう、日曜日は今年初の軽トラ市なので、売り上げを伸ばせるように1日頑張ってみます。

カテゴリー一覧
商用