Lens を通して・・・Part2
住所
草加市
出身
上越市
ハンドル名
makraPart2さん
ブログタイトル
Lens を通して・・・Part2
ブログURL
http://9482makira.blog9.fc2.com/
ブログ紹介文
D3sやD200、D70のLensを通して花を中心に自然を切り取り、短い言葉とともに送ります。
自由文
-
更新頻度(1年)

239回 / 250日(平均6.7回/週)

ブログ村参加:2009/11/14

makraPart2さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,124サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,838サイト
植物・花写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,523サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 69,172位 69,053位 81,775位 81,992位 69,562位 62,314位 62,384位 972,124サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 1,624位 1,655位 2,081位 2,101位 1,661位 1,409位 1,406位 32,838サイト
植物・花写真 67位 69位 81位 86位 67位 56位 59位 1,523サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,124サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,838サイト
植物・花写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,523サイト

makraPart2さんのブログ記事

1件〜30件

  • 烏葉柿蘭、女郎花、河原撫子、唐糸草、桔梗、黄糸蜻蛉

    (1) カラスバカキラン1   急に秋らしい涼しい気候になりましたね♪烏葉柿蘭(カラスバカキラン)・・・日当たりの良い湿地や草原に生える高さ30~70cmのラン科カキラン属の多年草です。 葉は5~10個が互生、茎上部に黄褐色の花を10個ほどつけます。 ふつうは湿地に生えます! 葉が濃紫色となるが、個体差が大きいようです。 葉が濃紫色となる柿蘭(カキラン)」のことを指します! (2)(3)(4)カラスバカキラン2,3,4 (クリ...

  • 青花藤袴、大葉擬宝珠、岩沙参、花魁草、アガパンサス、大反魂草

    (1)アオバナフジバカマ(ユーパトリウム)1青花藤袴(アオイロフジバカマ)・・・北アメリカ原産のキク科コノクリニウム属の宿根草で、フジバカマという名前が付いているのは、以前は、フジバカマと同じヒヨドリバナ属(ユーパトリウム属)に分類されていたことによるものです。 今はコノクリニウム属とされていますが、今でもユーパトリウムの仲間として「ユーパトリウム」として流通しています♪  (2)(3)アオバナフジバカマ(ユー...

  • 山百合

    (1)(2)ヤマユリ1,2今日は「山百合(ヤマユリ)特集♪ 昨日は曇っていましたが、秋らしい過ごしやすい気温でしたね♪山百合(ヤマユリ)・・・日本固有種で、本州の東北地方から本州の近畿地方にかけて分布し、山地の林の縁や草地に生えるユリ科ユリ属(リリウム属)の多年草です。 (3)(4)ヤマユリ3,4「山百合」の名称が充てられるようになったのは明治時代以降のことで、それ以前はそれぞれの地域名などで呼ばれていた。 自生地によ...

  • 風船葛、木槿(’ホワイトシフォン’’ラベンダーシフォン’、’紫盃’)、ヘメロカリス、渦紫陽花

    (1)フウセンカズラ1 風船葛(フウセンカズラ)・・・原産地は北アメリカの南部で、現在では東南アジアやアフリカなどに広く分布し、日本では一年草として栽培され、一部で(北海道や関西より西で)逸出したものが野生化しているムクロジ科フウセンカズラ属の蔓性多年草です。 草丈は3mくらいまで伸び、葉は2-3回3出複葉で、互い違いに生え、3出複葉は三つ葉のことで、それが2-3回枝分かれをして1枚の葉となる。 小...

  • 松明花、捩花、姫檜扇水仙、馬簾菊

    (1)タイマツバナ(ベルガモット)1松明花(タイマツバナ)・・・原産地は北アメリカで、カナダや合衆国の湿り気のある林の中や川岸などに生えるシソ科ヤグルマハッカ属の多年草です。 英名は「ベルガモット(bergamot)」で、これは香りをベルガモットオレンジにたとえたものです。 属名の 「モナルダ(Monarda)」 はスペインの医師で植物学者だった「モナルデ(Nicolas Monardes, 1493-1588)さん」の名からきています。 別名の...

  • 小紫、酔仙翁、小葉擬宝殊、西洋人参木(青・白花)、小三條

    (1)(2)コムラサキ1,2小紫(コムラサキ)・・・本州の岩手県から沖縄にかけて分布し、山地や湿地に生え、海外では、朝鮮半島や中国にも分布するクマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木で、別名を「小式部(コシキブ)」とも言い、いずれも「紫式部」にちなむ名です。 樹高は2m~3mで、葉は楕円形で、向かい合って生え、葉の縁には、先のほうの半分くらいに細かなぎざぎざ(鋸歯)があります。(3)コムラサキ3開花時期は6月から8...

  • 浅草 四万六千日・浅草寺

    (1)(2)浅草寺1,2昨日の台風はいかがでしたか? 静岡県や千葉県で大きな被害が出て大変でしたが、幸いこちらは大きな被害はなく済みましたが、風と雨が凄かったです 汗)こんな日に高校のミニ同窓会があり危ぶまれましたが、幸い帰りの23:00頃は小雨で風もありませんでした! ラッキー♪(3)浅草寺3もう行き慣れている浅草浅草寺のスナップですがご覧下さい! 汗)(4)浅草寺4 (5)(6)浅草寺5,6 (7)(8)(9)浅草寺7,8,9五重塔ですね!(1...

  • 浅草 四万六千日・ほおずき市

    (1)ほおずき市1何年ぶりかで浅草のほおずき市に行った!以前の売り子さんはアルバイトかどうか分からないけど、若くて可愛い子が多かったけど、今回は皆無 笑)何をしに行ったのか分かりませんね 汗) (2)(3)(4)ほおずき市2,3,47月9日・10日、浅草寺境内を彩るほおずきの屋台は、浅草の夏の風物詩である。この両日は四万六千日の縁日であり、縁日にともなってほおずき市が催されます♪ (5)(6)ほおずき市5,6現在、浅草寺では月に1...

  • 入谷朝顔市

    (1)朝顔TZ0何年ぶりかで入谷の朝顔市に出かけてみた♪(2)朝顔市TZ1入谷の朝顔が世に知られるようになったのは、江戸時代末期の頃といわれています。最初は御徒町で栽培されていたものが、時代の変遷とともに入谷の植木屋が造るようになったそうです。明治中期になるとその出来栄えの素晴らしさから、鑑賞用として広く知られるようになりました。(3)朝顔市TZ2 最盛期の頃は、花粉の交配によって一千種類もの朝顔が花を咲かせたと...

  • 行田古代蓮の里Ⅱ

    (1)クチナシ(八重)1今日は蓮以外の花とトンボ、展示物、たんぼアートの紹介です♪梔子(八重)・・・クチナシは、美しい純白の花を咲かせる花木で、ビロードの様な質感のある白い花びらが光沢のある鮮やかな緑葉の中でひときわ目立つ。  花期に甘くて濃厚な香りを漂わせるクチナシは3香木の一つとされます♪ 一重花と八重花がありますが、着色料などに使用される果実が出来るのは一重花だけです! アカネ科クチナシ属の半耐寒性...

  • 行田古代蓮の里Ⅰ

    (1)行田古代蓮の里1今日から2日間は時季外れの「蓮」「古代蓮の里」にある古代蓮は昭和46年にゴミ焼却場建設中、土中から出土した種子が自然発芽したものだそうです。「古代蓮(行田蓮)」は1,400年~3,000年前のものと考えられています。(2)行田古代蓮の里XP2このゴミ焼却場脇には自然のままの自生地がありますが、こちらには移植しました。それが、今や10万株にまで増えたとか。(3)古代蓮1「行田蓮」(古代蓮)と呼ばれるこの蓮...

  • 涸沼自然公園あじさいまつり

    (1)涸沼自然公園入口56D1紫陽花の写真を撮りたくて、1日で3ヶ所(雨引観音楽法寺、保和苑、涸沼自然公園)も回ってしまいました♪汗) 一応、3ヶ所とも紫陽花の名所のようです!今日は最後の「涸沼(ひぬま)自然公園」の紫陽花です 汗) (2)涸沼自然公園案内図56D1                       (3)あじさいまつり幟56D1涸沼自然公園(ひぬましぜんこうえん)・・・34.5haの広大な敷地を誇り、涸沼のほとりの...

  • 格さん、藤田東湖のお墓、回天神社

    (1)「格さん」の墓56D1保和苑の有料駐車場の中を通り抜けると水戸藩士の墓地である「常盤共有墓地」があり、「安積澹泊(あさかたんぱく)」、水戸黄門の渥美格之進のモデルと言われる人の墓があります♪ また、幕末全国の尊皇志士に大きな影響を与えた「藤田東湖」等のお墓もあります!ちなみに、黄門様こと「徳川光圀」の墓は常陸太田市瑞竜山(非公開)、助さんこと「佐々宗淳」の墓は常陸太田市正宗寺、風車の弥七こと「松之草...

  • 水戸 保和苑の紫陽花

    (1)(2)(3)苑内の紫陽花56D1.56D2,56D3保和苑は、大悲山保和院(だいひざんほわいん)桂岸寺に隣接する庭園です。遠く元禄時代、徳川光圀公が寺の庭を愛されて保和園と名付けられたのが始まりといわれています。 (4)(5)苑内の紫陽花56D4,56D5昭和初期、地元有志の手によって拡張整備され、池に築山を配した純日本庭園になり、名前も「保和苑」となりました。 (6)(7)苑内の紫陽花56D6,56D7昭和25年、桂岸寺より水戸市へ移管されたこ...

  • 水戸 保和苑

    (1)保和苑ご案内56D1保和苑は大悲山 保和院桂岸寺(ほわいんけいがんじ)の庭園です。 お寺のはじまりは天和2年(1682年)。水戸藩の家老だった中山 備前守信正の供養のために建てられました。当初は香華院(こうげいん)と称しましたが、12年後に水戸黄門(徳川光圀)によって『保和院』とされ、庭園は『保和園』と名付けられました。保和園は大正時代に荒れてしまいましたが、昭和になると当時の住職の奥さんを中心に周辺住民が...

  • 雨引観音楽法寺 花と鳥

    (1)お地蔵様56D1お地蔵さまの正式な名前は「地蔵菩薩」。「菩薩」の名前からも察せられるように、数ある菩薩の中の一つに数えられ、お釈迦さまが入滅し、次の新たな釈迦如来が誕生するその時までの世の中を救う存在が地蔵菩薩であるとされている。つまり、重要なピンチヒッターなんです! 仏像の世界ではちゃんとした管理職になるえらい仏様なんですよ♪お釈迦様が入滅(亡くなる)して、人の世界に如来がいなくなり、その後、56億...

  • 雨引観音楽法寺 紫陽花 弐

    (1)(2)境内の千手観音と紫陽花56D1,56D2何という暑さでしょうか! チョット日中に煙草を買いに外に出たら焼け死ぬような暑さでした!昨日の暑さに比べれば、アップの6月はまだまだ涼しく感じたのでしょうね♪(3)境内の紫陽花56D1今日は雨引観音楽法寺の境内の紫陽花のアップです! ほんの少しでも涼しくなれば幸いです! (4)(5)境内の紫陽花56D2,56D3 (6)(7)境内の紫陽花56D4,56D5(8)境内の紫陽花56D6 (9)(10)境内の紫陽花56D7,56...

  • 雨引観音楽法寺 紫陽花 壱

    (1)薬井門(黒門)と紫陽花56D1                (2)磴道(とうどう)と紫陽花56D1久しぶりにお休みをいただきました♪ 今日からまたブログ再開いたします。 休み中にお越しいただきました方には厚くお礼申し上げます。 順次、お伺いをさせていただきます♪  今後とも宜しくお願いいたします。休みの前半に、鬼怒川を起点に、東は「おしらじの滝」や「すっかん沢3滝」「ハンターマウンテン」等の西塩原、西は「奥日...

  • お休みをいただいています

    誠に勝手ながら、8/19(月)~8/28(水)迄、夏休みとしてブログを休ませていただいております。お越しいただきましてありがとうございます。 再開時には また、お伺いさせていただきます!暑い中、健やかにお過ごし下さい。...

  • 紫陽花、アジサイ、あじさい

    (1)アジサイ’ありがとう’1 永く引っ張ってきた「筑波実験植物園」もやっと今日で終わります 汗) ご覧いただき「ありがとう」ございます!誠に勝手ながら、本日 8/19(月)~8/28(水)迄夏休みとしてブログを休ませていただきます。 (2)アジサイ’さざ波’1 (3)(4)アジサイ’ピーチ姫’1,2(5)アジサイ’霊峰の雪’1 (6)ガクアジサイ’古里の夢’1(7)ガクアジサイ’潤水’1(8)ガクアジサイ’淀川’1 (9)(10)ヤマアジサイ’踊り子甘茶1...

  • 丸長葉水葵、水カンナ、都草、勿忘草、破れ傘、山紫陽花、矢車草

    (1)マルナガバミズアオイ1 丸長葉水葵(マルナガバミズアオイ)・・・ミズアオイ科 ポンテデリア属の多年草で北アメリカ東部に分布する 👉「長葉水葵(ナガバミズアオイ)」の変種です。浅い水中や湿地に生え、高さは60~90cmになります。葉は長心形で先端は鈍頭、長い葉柄があります。6月から10月ごろ、茎頂に穂状花序をだし、青紫色の花を咲かせます。上弁には、二つの黄色い斑点があります。花は一日花です。 (2)(3)マ...

  • 浜茄子、姫沙羅、穂咲きかし草、半夏生、未央柳、蛍袋

    (1)ハマナス1心配した台風も過ぎ去り一安心ですが、北海道の方はご注意を!浜茄子(ハマナス)・・・海岸の砂地などに群生し、高さが50cm~150cmになるバラ科バラ属の落葉低木です。 分布は北海道、本州(山陰以北)で、6~8月頃、枝先に、直径6cm~10cmの紅紫色 👉(まれに白色)の花を1~3個つけ、芳香があります!  (2)(3)(4)ハマナス2,3,4葉は互生し、奇数羽状複葉。小葉は7~9個あり、楕円形~長楕円形で、先はややまる...

  • 浪来草、照葉野茨、野薊、南姫扁虻、滑る擬宝珠

    (1)ナミキソウ1浪来草(ナミキソウ)・・・北海道から九州にかけて分布し、海岸の砂地などに生え、海外では、朝鮮半島や中国、サハリンなどにも分布するシソ科タツナミソウ属の多年草です。  (2)(3)(4)ナミキソウ2,3,4草丈は10cm~40cmくらいで、砂の中に地下茎を長く這わせ、茎は直立し、断面は四角形です!(5)ナミキソウ5 葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。 葉の質は厚く、全体に短い軟毛が密生し、葉の縁...

  • 黄揚羽、チコリ

    (1)(2)(3)チコリとキアゲハ1,2,3今日は「チコリ」と「黄揚羽」のみのアップとなります♪ (4)(5)チコリとキアゲハ4,5黄揚羽(キアゲハ)・・・アゲハチョウ科に分類されるチョウの一種。ユーラシア大陸と北米大陸に広く分布し、日本でもナミアゲハとともに全国でよく見られるアゲハチョウです♪ アゲハチョウ(ナミアゲハ)とよく似ていますが、羽の付け根が黒いので区別できます。春と夏で大きさが違います。 幼虫はセリ、ニンジン...

  • 蓴菜、大輪面高、春菊、西洋鋸草

    (1)(2)(3)ジュンサイ1,2,3初見のジュンサイの花です♪蓴菜(ジュンサイ)・・・主に貧栄養~中栄養または腐植栄養質な溜池などに生育するハゴロモモ科(ジュンサイ科・スイレン科)ジュンサイ属の浮葉植物で多年草。 スイレンなどと同じように葉を水面に浮かべる水草で、澄んだ淡水の池に自生し、若芽の部分を食用にするため、栽培されている場合もあります♪ 分布は北海道、本州、四国、九州、五島列島 ・ アジア東部、アフリカ...

  • 駒繋ぎ、麒麟草、下野、熊野水木、巨大木賊、金銀木

    (1)(2)コマツナギ1,2駒繋ぎ(コマツナギ)・・・本州から九州にかけて分布し、日当たりのよい野原や川岸などに生え、海外では、朝鮮半島にも分布するマメ科コマツナギ属の落葉小低木です。 樹高は50cm~90cmくらいで、葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。 小葉の形は長い楕円形で、葉は夜になると閉じます♪(3)コマツナギ3開...

  • 靫草、蝦夷薄雪草、川原柴胡、蝦夷禊萩、鬼百合、河原松葉、京鹿子

    (1)(2)ウツボグサ1,2靫草(ウツボグサ)・・・北海道から沖縄にかけて分布し、日当たりのよい草地や道端に生え、海外では、朝鮮半島、台湾、中国、サハリン、シベリアなどにも分布するシソ科ウツボグサ属の多年草です。 草丈は20cm~30cmくらいで、茎は根元から群がって生え、茎の断面は四角形です♪ 茎や葉には白い毛が生え、葉の形は長い楕円形で、向かい合って生え、葉の縁には低いぎざぎざ(鋸歯)があります!(3)ウツボグサ3...

  • 烏瓜、ウォール・ジャーマンダー、カレープラント、アスチルベ、浅沙の一種、尾瀬河骨

    (1)(2)カラスウリ1,2烏瓜(カラスウリ)・・・本州から九州にかけて分布し、林や藪の草木にからみついて生え、海外では、中国にも分布するウリ科カラスウリ属(トリコサンテス属)の蔓性多年草です。 蔓の長さは3m~5mくらいで、巻きひげで他の植物などにからみついて伸び、葉は手のひら状に3つから5つに裂け、葉の表面は短い毛で覆われています♪(3)カラスウリ3開花時期は8月から9月で、雌雄異株です! 一つの株には雄花か雌...

  • 小紫、突抜き忍冬、モナルダ、南天、捩花

    (1)コムラサキ1小紫(コムラサキ)・・・別名を小式部(コシキブ)とも言い、本州の岩手県から沖縄にかけて分布し、山地や湿地に生え、海外では、朝鮮半島や中国にも分布するクマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木です。  (2)(3)コムラサキ2,3樹高は2m~3mで、葉は楕円形で、向かい合って生える対生、葉の縁には、先のほうの半分くらいに細かなぎざぎざ(鋸歯)がある♪(4)コムラサキ4開花時期は6月から8月で、葉の脇に集散花...