chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
GOOD LUCK! https://mitorot.exblog.jp/

身の周りに起こった何気ない出来事を写真を中心に綴った日記です。

mitorot
フォロー
住所
尼崎市
出身
兵庫県
ブログ村参加

2009/05/12

1件〜100件

  • 久し振りの東京街スナップ

    久し振りの東京街スナップ。出張の仕事終わりに、街スナップをしてきた。東京駅周辺はかなり制覇したつもりだったが、まだまだ知らない場所がありますね。同じように...

  • 勝利よりも哲学に徹した矢野采配

    阪神タイガースのレギュラーシーズンが終了した。68勝71敗4分けで3位で終了。最終的に3位になりCSに進出し、横浜でベイスターズと戦うことになる。矢野監督...

  • 静寂の夜に輝く満月 ~函館赤レンガ倉庫~

    歴史ある港町の岸壁にはレンガ倉庫群があります。神戸、横浜、長崎などにもありますね。函館の夜の赤レンガ倉庫は、静寂に包まれた闇が広がる世界。この日の月は満月...

  • 見上げるとハチの巣が見える街 ~函館十字街~

    道の中央を走る路面電車。電車ですので電気が必要。その電気を供給するのは架線。架線を支えるために蜘蛛の巣のようにワイヤーが張り巡らされている。この光景は、昼...

  • 夜に美しい世界が広がる港町 ~十字街~

    路面電車が走るレールは夜になるとヘッドライトに照らされて美しい世界が現れる。ここ十字街ではレールがカーブしており曲線が美しく見惚れてしまう。やはり私は夜が...

  • 夜に美しい世界が広がる港町 ~十字街~

    路面電車が走るレールは夜になるとヘッドライトに照らされて美しい世界が現れる。ここ十字街ではレールがカーブしており曲線が美しく見惚れてしまう。やはり私は夜が...

  • 日本らしい風景に出会えた北の地

    街ブラをしていると突然現れた大屋根。大屋根の前に咲くひまわり。日本らしい風景に出会えた北の地。函館

  • 揺らぎが作り出す情景 ~旧函館区公会堂~

    白い壁面に窓枠と窓ガラスの影が写っている。窓ガラスは現在のガラスと違い歪みや揺らぎがあり、影に微妙な模様が出来る。木々や葉っぱが風で揺れ、それに合わせて影...

  • 光と色が美しい情景 ~旧函館区公会堂~

    前回の函館での旅で行けなかった場所で、今回は行きたいと思っていた場所のひとつが旧函館区公会堂。明治43年(1910年)に建設された函館を代表する洋風建築で...

  • 手をつなぎたくなる坂 ~八幡坂~

    函館の坂で一番有名なのが八幡坂ですね。海が見渡せる眺望が美しく、青函連絡船の摩周丸も見れ気持ち良い風景ですが、この坂を有名にしたのは、TVCM。老夫婦が、...

  • 自然と目標と運との間 ~彼岸花~

    雨上がりに雫が垂れている彼岸花を探して近所を散歩したが、そう簡単に見つかるものではありません。黒拝啓効果に助けられて、なんとか撮影しました。目的を持って撮...

  • 明日は晴れ?

    3連休の初日は雨から始まりました。夕刻になり雨が上がったので自転車で近所を散歩。先日、自転車をメンテナンスしてもらいましたが、これは新車?と思うぐらい剛性...

  • 力強く妖しげに誘惑 ~曼珠沙華~

    紅い曼珠沙華は、妖しげなオーラを放っている。その妖しさに力強さが加わった。惹きこまれる魅力がありますね。この時期に群集する紅い曼珠沙華は人々の心を誘惑しま...

  • 坂の街 ~函館・基坂~

    函館の魅力の一つは坂。基坂から海側を眺めると路面電車が走り抜けるのが見える。他にも有名な坂が何本もあり、それぞれの景色を楽しむことが出来る。いつかは冬に訪...

  • 一つの時代が終わりを告げた。

    9月9日エリザベス女王が崩御された。70年の長きにわたり国王として君臨し国民に愛された女王だった。昨日行われた国葬は壮大で威厳があり、かつて大英帝国として...

  • 旧幕府軍終焉の地 〜五稜郭〜

    五稜郭は江戸幕府が函館開港に合わせて函館奉行所として作られた。今も奉行所が五稜郭内にその姿を残している。しかし、その数年後に江戸幕府が倒幕され明治新政府が...

  • 路面が物語る情景

    函館の公共交通機関はバスと市電が走っている。市電は、路面電車で車と同じ路面を並走している。ドライバーとしては注意しなければいけないポイントが増えるので嫌だ...

  • 港町サンセット

    夕暮れに海側沿いを歩くと美しい夕景が続いている。景色が見渡せる場所に来ると、美しい夕景が広がっていた。港町らしい光景に出会えました。函館

  • 世界三大夜景と14番目の月

    世界三大夜景の一つと称される函館山の夜景。近年はLEDの普及により輝きは落ちたと言われるが、それでも美しかった。これを撮影するために三脚を持参しての旅行だ...

  • 北の大地の夕暮れの始まり

    函館1日目の夕景は美しく、この先に素敵な旅が待っていると思わせてくれた。前回は、このような綺麗な夕景を見ることが出来なかった。この後に登った函館山では、素...

  • 旅先での夕景

    夕刻に旅先の地を歩いていると素敵な夕景に遭遇。こういう光景を見ると一気に旅をしていると実感できる。今回の旅が良い旅になると予感で来た夕景だった。函館

  • 展覧会の絵

    まるで展覧会の絵画のように各窓に写っている景色が違っている。旅先でも心惹かれるものは変わらない。素敵な景色に出会えました。函館

  • アナザ・スタンダード

    ここも神戸のスタンダードのひとつ。冬になればカフェテラスにはストーブが出されて更に雰囲気を演出する。決して喋らない彼女のファッションを撮影するのも楽しみ。神戸

  • イタリアの風

    旧居留地などオシャレな街並みには必ず駐車している高級車。イタリアの跳ね馬も必ずあります。跳ね馬には赤が、似合います。やはり赤でないとイタリアの風を感じるこ...

  • スタンダード

    スタンダードには様々な意味があるが、そのひとつが「定番」。この場所は「定番」のひとつ。何回撮影しても決して飽きることの無いのが自分でも不思議。これからも心...

  • 心が誘われた瞬間

    地下の映画館へのアプローチに心惹かれて撮影した1枚。階段下の赤いカーペットに当たる照明が妖しげ。階段の上から撮影しながら、心は完全に赤いカーペットに奪われ...

  • 時空を超えて

    旧居留地は、建物の外から撮影することが多いが、今回は中から外を撮影。中と外の時代の乖離に惹かれる。残念なのは車がもう少しカッコ良かったらね。神戸

  • 旧居留地 No.59

    旧居留地59番にある神戸朝日ビル。低層階は昭和9年に神戸証券取引所として竣工され廃止後は神戸朝日ビルとして使用。その後、1994年に低層階を残して上層階が...

  • 明日は台風一過で青空?

    沖縄周辺で停滞して猛威を振るっていた台風がようやく動き出した。本州は、台風の直撃は免れたが、湿度の高いムシムシした1日。小雨には遭遇したけど傘が必要な程で...

  • 閉じ込められた世界

    球体に映り込む光景は、魚眼レンズで撮影されたように見える。写し出されている光景は、まるで閉じ込められた世界にいるようです。歪んだ世界に写る自分は虚像なのか...

  • 真実はひとつ!

    旧居留地でインナースケートで遊ぶ子供は珍しいですね。そして黄色いビートルが停まっていました。これって名探偵○○○やん!などと1人で納得して撮影(笑)え?違...

  • 街の表情の変化の始まり

    夕暮れの時間帯になると街路樹の影が歩道に伸びる。街の表情が夜へと変化する時間の始まり。私の好きな時間帯の始まりでもあります。神戸らしい場所ですね。神戸

  • 生田神社一の鳥居

    生田神社へと続く生田筋の入り口にある鳥居。ここからが、生田神社への参道であることを示す一の鳥居。いまは参道の途中に、阪急電鉄とJRが横切っているので神社を...

  • 金看板

    金看板とは世間に対して誇示・宣伝する主義や主張などとあります。ハイブランドも世間に誇示している主張が強いので金看板が多いかもですね。写真を撮る側としてはフ...

  • 残夏を撮る

    今年は、ひまわりを撮っていない事に気が付いた。残夏の季節は過ぎたが、私の残夏を撮影。盛りは過ぎているが元気に咲いているひまわりに頑張って!と声をかけた残夏...

  • 青い瓶の珈琲屋さん

    会社帰りにネットを見てると嬉しいニュースが飛び込んで来ました。中森明菜がTwitterを開設しましたね。ファンとしては存在してくれているだけでも嬉しいけど...

  • シャレオツな街

    久し振りに歩いた元町界隈。こんなおしゃれな街だったっけ?と思ってしまいました。それは私が田舎者だからかな(笑)神戸

  • 今も残る戦争の傷跡 ~神戸三宮~

    久し振りの神戸スナップです。今日紹介するのは今も残る太平洋戦争の爪痕です。JRと阪急を結ぶ通路と並行するJRの鉄橋に無数の穴が開いています。これは太平洋戦...

  • 定点観測

    今日は、なにわ淀川花火大会といたみ花火大会が行われます。我が家のバルコニーからは小さいけど両方が見れる。例年は違う日に行われるが、今年は同日に行われるので...

  • 心の階調

    私の世代は夏休みといえば8月31日までだったけど、最近は違う学校もあるらしいですね。始まった時は、長く感じていた夏休みも気が付けば、1週間を切っています。...

  • 長時間露光撮影と神戸大橋

    夜景撮影では定番の神戸大橋。昼間の長時間露光撮影でも迫力のある光景が撮れます。この日は風を感じることは出来なかったので次回は風を感じる日で撮影をしたい。そ...

  • 長時間露光撮影と都市風景

    スナップ写真は、一瞬を切り取って表現することが多い。被写体が動かない都市風景や建物の場合は、長時間露光撮影ができ肉眼では、見ることができない世界の撮影が可...

  • 続・北欧家具屋さんは光と色彩の国

    昨日に続いて北欧家具屋さんでの撮影です。店内撮影は大丈夫という、写真愛好家にはとても嬉しいお店です。家具や雑貨を見ていると色のセンスも含めて色々と刺激がも...

  • 北欧家具屋さんは光と色彩の国

    私の大好きな北欧家具屋さん。特に買う予定がなくても定期的に行きたくなる場所です。光と色のセンスがとても良くて店内を歩くだけで楽しくなります。日本人には無い...

  • 天下布武 ~安土城跡~

    戦国武将の人気ランキングで常に上位にあがるのが織田信長。その織田信長の最後の城である安土城跡を訪れた。入り口から天主に続く大手道は全て石段で造られていた。...

  • 花噴水ショータイム

    大津港の長さ40mの防波堤で行われる琵琶湖花噴水。その雄大な景色は、20mmの広角レンズでは収まり切れません。大津港には、琵琶湖周遊船のミシガンが停泊して...

  • 湖中に浮かぶ鳥居 ~白髭神社~

    湖中に浮かぶ鳥居が有名な白髭神社。その昔は陸地にあったが琵琶湖の水位の上昇により湖中に浮かぶようになったらしい。夕陽にて照らされた鳥居だが、夕陽と共に撮影...

  • 浮御堂 ~海門山満月寺~

    琵琶湖に突き出したように立つ浮御堂。松尾芭蕉も愛した情景は、やはり美しかったです。正式名は、海門山満月寺といい平安後期に創建された禅寺。古から愛され続ける...

  • あわてないあわてない ~祥瑞寺~

    22歳の一休宗純が、高僧の元で修行したいと考え門を叩いたのが、ここ祥瑞寺。静寂に包まれ趣のあるお寺でした。止め石の先には蛙の置物がありしっかりと見張りをし...

  • 日本基督教団堅田教会

    お盆休暇を利用して滋賀県に小旅行に行って来ました。大津市堅田にある日本基督教団堅田教会は昭和5年(1930年)の建築家ウイリアム・メレル・ヴォーリズによる...

  • Blue City

    連日猛暑日が続いて、これは猛暑でなく通常の暑さとなりつつある日本列島。せめて写真をブルー調にしたら少しは涼しくなるかと思ったが、却って暑くなった気がします...

  • Cool City

    この時期は盆休みの会社が多い。いつもは賑わうオフィスビル街は、ゴーストタウンのように静まり返っている。乗り降りをする人もいないエスカレーターの灯りが寂しく...

  • 直線萌え。

    直線萌え。こんな言葉があるのか知りませんが、私は直線萌えです。特に奥行きがある構図は大好きですね。思わずにやけてしまいます。大阪

  • 存在感 ~大阪市中央公会堂~

    大阪市中央公会堂は大正時代に造られたレトロ建築のひとつ。細部にわたってマニア心をくすぐる部分が多いですが、圧倒的な存在感があります。そして存在感があり過ぎ...

  • 黄色と黒は?

    黄色と黒は勇気のしるし?それとも阪神タイガース?いずれにしても大阪らしい配色だと思う。アジアンテイストのこのお店の前を通るたびに撮影されてもらってるお気に...

  • 色々と気になる

    「今日も暑いですね」が、挨拶の言葉になっている今日この頃。明日からは、お盆休暇になります。色々と気になる要素はありますが、必要以上に気にしても仕方ない。し...

  • ノスタルジックだけでない世界

    昭和のレトロな建物を見つけるとフィルム調の現像にしたくなる。フィルム時代は現像ソフトを使って、自由自在に現像出来なかったし鮮明な画像でもなかった。デジタル...

  • ショーウインド

    閉店後も店内の照明を点けたまま、通行する人に店内が見えるようになっている。華やかなディスプレイではないが、ショーウィンドウ効果です。ブログも見に来てくれた...

  • タイムスリップさせてくれる街

    大人の放課後で久しぶりに訪ねた中崎町。平日ということもあり、お店の殆どは閉まっていた。そんな中でも駄菓子屋がある通りには、子供たちが集まって楽しそうに遊ん...

  • 原爆の日に平和について考える

    8月6日は広島原爆の日。1945年(昭和20年)8月6日8時15分に広島市に投下された原子爆弾。続いて8月9日には長崎市に投下され、8月14日の御前会議で...

  • ウキウキ週末の誘惑

    猛暑の1週間が終わりました。とは言え、この週末も変わらず猛暑日が続きそう。それでも金曜日の夜は、ウキウキするものです。ネオンに誘われてふらふらと・・・では...

  • 都市スナップはモノクロで

    大人の放課後にはGRを持ち出すことが多い。そしてGRといえばモノクロ。RAW現像をする私は、撮って出しをしないけど、カメラ設定はモノクロで撮影するので背面...

  • 大人の放課後、再開しました。

    しばらく休憩していた大人の放課後を再開しました。夕方だけど気温は30度以上。暑いです!体調と体力と相談しながら続けようと心に誓った再開初日の大人の放課後。大阪

  • 影も力強い夏の日

    「暑いですね~」というのが、嫌になるぐらい連日暑いです。緑に覆われた小径からこぼれる日差しも力強くて葉っぱの影もしっかり映っています。日が落ちても30度以...

  • 妖精が棲む森

    伊丹市昆虫館へと向かうには緑に覆われた小径を歩いていく。途中にはとても幻想的な場所があり、お気に入りの場所。今にも妖精が顔を出しそうな雰囲気がある静かな森...

  • この指とまれ

    伊丹市昆虫館にあるチョウ温室には1000匹以上の蝶が生息しています。予測不可能にヒラヒラと舞う姿を写真に収めるのは至難の業。そんな中、女の子が人差し指を差...

  • 身を委ねる空間

    先週に続いて自然に触れてきた。自然の中に身を置くと、理屈抜きに癒される。スナップは、都市で撮影するのが好きだが、身を委ねるなら自然の中。伊丹

  • BLUE SKYで清々しく

    青空がとても青く清々しかったので青空を中心に撮影した。みとろの体調が悪くなってから大人の放課後を休止しており、なかなか再開する気分になれなかったですが来週...

  • 主観的か客観的か

    主観的に見るか、客観的に見るか。私の中では撮影する上で、大きな要素。目の前の心惹かれる情景を、どちらで表現するか、瞬時の判断ですが感性が試される瞬間。この...

  • 特別でない光景

    この日は、焼けると期待して待機してましたが、残念ながら期待してるほど焼けなかった。しかし綺麗な、光の道を撮れたので良しとしましょう。こういう景色を見ている...

  • ちょっといい○○○ー ~Standard Products~

    「ちょっといいのが、ずっといい。」この言葉をコンセプトにして100均ショップを展開するダイソーが新しいスタンダードを提案するお店。「Standard Pr...

  • 西欧化への歩み ~大阪倶楽部(後半) ~

    昨日に、つづいて大阪俱楽部の見学会の話しです。2代目の大阪俱楽部の建築家安井武雄は、この大阪俱楽部が建築家としてのデビュー作品。「自由様式」という独特の作...

  • 西欧化への歩み ~大阪倶楽部(前半) ~

    先日、見学会に行ってきた大阪倶楽部。大阪倶楽部は、「知の交流と心のふれあいの場」として設立された会員制社交倶楽部。「会館抜きにして倶楽部活動はあり得ない」...

  • 祇園祭Ⅱ ~後祭~

    時折、小雨が降る宵山で写真を撮っていると、突然に京都らしいフォトジェニックな人たちがフレームイン。もちろん撮らないという選択はないので撮らせてもらいました...

  • 祇園祭 ~後祭~

    京都の夏と言えば祇園祭。今年も会社帰りに後祭の宵山へ行って来ました。華やかな前祭とは違い落ち着いた後祭。じっくりと山鉾と向き合える雰囲気が好きです。京都

  • ウイズコロナとは

    コロナ感染者の数が、全国レベルで増えてきました。行動制限をするのでなく、ウイズコロナで経済を回していく。総論は賛成ですが、では具体的にどのように対応してい...

  • 人気スポットは時間との闘い

    大阪倶楽部を外から見ていて気になっていたのが、このステンドグラス。建物の内部から見たらどのような景色が広がっているのか楽しみだった。案内をしてくださった方...

  • 初七日

    みとろが、お空に旅立ってから6日が経ちました。みとろのお気に入りの場所は、何ヶ所かありますが、この椅子の上もお気に入りの場所の一つでした。同じ形の椅子が二...

  • 日常から日常へ

    ホームセンターへ買い物にでかけた。今までは2週間に1回は、猫砂を買いに通っていたホームセンターだが、この習慣も無くなった。こうして今までの日常が新しい日常...

  • 撞球場

    社交倶楽部の条件の一つがビリヤード場があること。そして大阪倶楽部では、ビリヤード場のことを撞球場と呼んでいます。撞球場には会員の方々のキューが立てかけてあ...

  • 社交場

    今日は大正時代に建設された建物の見学会に行って来ました。英国文化を取り入れて社交場として建設された2代目の建物。初代は木造だったために焼失されたらしいです...

  • 心に寄り添う

    寂しさを紛らわせるために忙しく動くことはよく言われること。しかし寂しさを紛らわせるのでなく寄り添うことも大事なこと。寄り添ってくれるものは人それぞれだろう...

  • 感謝

    昨日、みとろが旅たちました。縁あって我が家に来てくれ、それから18年半の間、我が家のアイドルとして、ずっと幸せを運んでくれてました。怖がりのクセに、好奇心...

  • 無心で追いかける瞬間

    夏の日差しが射し込み剝き出しの鉄骨や接合部のリベットが見える。無機質な鉄骨と自然の光りが織りなす光景がとても魅力的。ファインダーを覗きこんで、最も心躍る切...

  • アートの街 ~北加賀谷~

    クリエイティブセンター大阪のある周辺は、工場が多いが壁面に絵が描かれていた。ポップな絵もあれば、ガッチャマンの絵が描かれた壁面もあった。しかしガッチャマン...

  • 青空とロンドンバスと現代アート

    住之江区にあるクリエイティブセンター大阪で開催されている「ART OSAKA 2022」に行ってきた。クリエイティブセンター大阪は名村造船所跡を利用して建...

  • 消えたアトム

    東京渋谷区の高架下にあったアトムの絵が撤去されたとの報道を見つけた。このアトムは、路上アートで有名なインベーダー氏が約10年前に手掛けたもの。路上アートは...

  • 寄せては返す

    寄せては返す波のよう。繰り返される状況を表現する言葉。その波に一喜一憂する。寄せる波が、確実に弱くなっている。これも日常。神戸

  • 蛮行

    今日は、蛮行という言葉が飛び交った日。蛮行を辞書で調べると「野蛮な行為。無教養で乱暴な行い。」とある。なぜこのような蛮行に及んだのか、何があるのかは今後の...

  • 生と死と

    死について考えるということは、生について考えることになる。つまり死生観について考えるということ。そんな時に目に留まった言葉。「生きるのも日常、死んでいくの...

  • 日傘と海

    日傘をさして海を散歩する姿は、夏そのものの光景ですね。イメージの引き出しが少ないので、夏と言えば海と脳と足が反応して海に向かってしまう。ただ冬になっても海...

  • 雨の日は艶っぽく

    梅雨が明けたとはいえ雨の日は艶っぽい写真を撮りたくなります。今日の1枚は、スマホで撮影した写真をアプリを使って加工したもの。寄って静物を撮るだけならスマホ...

  • 夏が来た!

    砂浜と青い空と白い雲と海とシャワー。この組み合わせは、夏以外の何物でもない。気が付けば蝉も鳴きだしています。2022年の夏が来ました!神戸

  • 夏への準備

    須磨海水浴場の海開きは7月7日(木)です。コロナの影響で海の家は2年間営業しておらず3年ぶりの営業。海開きに向けて絶賛準備中です。こうして季節の風物詩も再...

  • 夏色

    夏のイメージにミラーのサングラスがあるけど、このフィルムを貼ってる車を久しぶりに見た。懐かしさと夏を感じる光景に思わずシャッターを切った。撮影場所は海では...

  • 7月は38度から

    今日から7月、後半戦のスタートです。そして大阪の最高気温は38度と今シーズンの最高を記録。帰宅時間になっても外は、サウナの中のような暑さ。7月の頭でこの暑...

  • 心地よい間を大事にする

    日本人を語る時に欧米と比較した特徴として間の文化と言われる。間とは時間であったり空間を指している。確かに構図を決める時に主役と主役以外の空間の心地良い写真...

  • 命を守るスナップ

    この季節での街スナップは水分補給と休憩は必要。一人の時は、お店に入って休憩するより休憩しながらでも撮影できる場所を選びます。空調が効いた快適な場所から絵に...

  • 気配を消して獲物を待つ

    心惹かれる場所で構図を決めてカメラを構える。そして気配を消して獲物を待つ。気配を消して待っているつもりが、気配を感じられてファインダー越しに目が合う。気付...

  • まさかやー!

    子供の頃から遊び場だった東遊園地。現在は、段階的にリニューアル工事が行われている。海岸通り側のリニューアル工事は、終了しており「こども本の森 神戸」が開館...

ブログリーダー」を活用して、mitorotさんをフォローしませんか?

ハンドル名
mitorotさん
ブログタイトル
GOOD LUCK!
フォロー
GOOD LUCK!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用