searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
ちび太郎のさるく日記
ブログURL
http://tanago.dreamlog.jp/
ブログ紹介文
長崎の身近な話題から、時にはディープな内容も発信できればと思います!
更新頻度(1年)

42回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2008/11/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ちび太郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
ちび太郎さん
ブログタイトル
ちび太郎のさるく日記
更新頻度
42回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
ちび太郎のさるく日記

ちび太郎さんの新着記事

1件〜30件

  • 高島周遊 その10・軍艦島(長崎市高島町)

    撮影日:2020(R2).09.21『締めくくりは軍艦島でしょ!』高島の連載がちょうど10回目になるので、ひとまず終了しようと思います。まだアップ出来ていない写真もあるので、次の機会に紹介できたらと思っています。最後は高島から見る「軍艦島(端島)」です。あらた

  • 高島周遊 その9・黒い砂と石(長崎市高島町)

    撮影日:2020(R2).09.21『ここが石炭の島だった証』石炭を採掘するための坑道開削や原炭選別時には、石炭としての商品価値がなく捨てるしかない廃石が大量に出る。この廃石を通称ボタ、ズリと呼んでいる。廃石を地上でどんどん積み上げ出来たものがボタ山である。高島

  • 高島周遊 その8・野球場(長崎市高島町)

    撮影日:2020(R2).09.21『軍艦島をめがけて打て!』ボタで埋め立てられた海岸に野球場があります。今は使われることもなく荒れ放題になっていますが、遥か後方には軍艦島!センター返しならぬ、軍艦島返しとでも言いましょうか・・・。贅沢なロケーションではあり

  • 高島周遊 その7・蛎瀬立坑(長崎市高島町)

    撮影日:2020(R2).09.21『立坑があった場所に唯一残る建築施設』炭鉱には石炭や人員、通気のために地上から坑内へ垂直に掘り下げた立坑(竪坑)という坑道施設があります。高島の立坑は、・北渓井坑(明治2・45・2.1×1.6)・南洋井坑(明治4・42・不明)・蛎瀬第一

  • 高島周遊 その6・蛇谷(長崎市高島町)

    撮影日:2020(R2).09.21『事前に情報を得ると近づき難い場所』高島小・中学校に沿うように伸びる道を通って権現山展望台に向かいました。展望台のすぐ近くには「蛇谷」呼ばれる場所があったので、今回初めて立ち寄りました。「蛇谷」とは名前の通り大昔に大蛇が住ん

  • 高島周遊 その5・RCアパート群(長崎市高島町)

    撮影日:2020(R2).09.21『緑の島に還る』時代ごとの空中写真で、高島の様子をご確認下さい。空中写真は「国土地理院・地図空中写真閲覧サービス」より出典しております。※写真はクリックすると拡大します。1962年1975年島内には民家や炭鉱住宅、高層

  • 高島周遊 その4・グラバー別邸 北渓井坑跡(長崎市高島町)

    撮影日:2020(R2).09.21『グラバーから岩崎彌太郎へ』港から約2キロ、本町バス停の海側に「グラバー別邸跡」があります。長崎の観光地「グラバー邸」で有名な貿易商トーマス・ブレーク・グラバーが、高島炭鉱の開発にあたりこの地に洋風の別邸を建て炭鉱経営の拠点とし

  • 高島周遊・その3(長崎市高島町)

    撮影日:2020(R2).09.21『今は静かな高島カトリック教会』古い案内板が教会へ続く小路を教えてくれます。教会下の廃屋は撤去され、更地になっていました。1891(明治24年)年、信徒の拠金により伊王島の大工峰氏の手により45坪の聖堂が現在地に建立されたのが高

  • 高島周遊・その2(長崎市高島町)

    撮影日:2020(R2).09.21『高島海水浴場・飛島磯釣り公園』高速船の乗船者は殆どが海水浴場に隣接する施設でバーベキュー、又は港周辺や磯釣り公園での魚釣りを楽しんでいます。海水浴場内ではサンゴ礁や熱帯魚を見ることができるシュノーケリングが行われています。

  • 高島周遊・その1(長崎市高島町)

    撮影日:2020(R2).09.21『炭鉱をイメージさせるものが見当たりません・・・』9月のシルバーウィーク、独りプチ島旅に行ってきた報告です。島旅と言っても場所は「高島」。伊王島からだと乗船時間15分程度、船旅と言えるものではありませんけどね。乗船した野母商

  • この日の思い出 角島灯台(山口県下関市豊北町)

    撮影日:2018(H30).09.15『絶景ドライブ 』私もそうなのですが、仕事柄、国のGO!TO!!キャンペーン!!に乗っかることもできず、自分のため、職場を守るために相変わらず行動の自粛を続けている方も多いことと思います。明日からの連休を前にして、いま流行りのソロ

  • 岩井川岳(1,522m)・扇ヶ鼻(1,698m・)

    撮影日:2016(H28).08.20『メダル獲得を山頂で聴いた4年前』四年前の2016年8月20日、登山道に咲くワレモコウやマツムシソウを眺めながら、のんびり瀬の本登山口から扇ヶ鼻まで歩きました。扇ヶ鼻山頂では、ラジオから流れるリオ五輪男子リレーの実況中継に歓

  • つがね落としの滝(長崎県西海市大瀬戸町雪浦)

    撮影日:2020(R2).08.22『残暑厳しき折、どうぞご自愛ください』つがねとは蟹(カニ)のこと。滝の真下は滝壺になっていないので安全。滝を裏側から見ることもできるます。滝の上部(人がいます)は渓流になっているので、そちらも楽しめます。盆過ぎると海はイ

  • 九千部岳(1,062m・長崎県雲仙市)

    撮影日:2020(R2).08.13『大汗かいたけど山頂は気分爽快!』8月13日、天気が良かったので九千部岳に登りました。昨年10月に足を痛めてから久しぶりの山歩きです。田代原トレイルセンターに駐車し、時計回りで周回してきます。上り2時間、山頂休憩1時間、下り1

  • この日の思い出・八月編(2000年~2009年) 

    撮影日:2000年~2009年の8月『グーグルフォトより、もっと昔のこの日の思い出・八月編』スマホのグーグルフォトから「この日の思い出」という通知がちょくちょく届きます。個人情報が管理されているようで嫌だなぁーなんて思ったりもしますが、現在の制約や自

  • 長崎原爆の日

    撮影日:2010and2011.8.9『コロナ禍、テレビの映像越しに祈る』平和記念像の台座後部に記された、北村西望翁の言葉被爆から75年長崎を最後の被爆地に

  • 新しい生活様式の実践について・その2

    撮影日:2002(H14)4.28『マスク着用が息苦しい季節になってきました』遊びにいくなら屋内より屋外を選ぶ。 感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える。 家に帰ったらまず手や顔を洗う。できるだけすぐに着替える、シャワーを浴び

  • 新しい生活様式のはじまり

    撮影日:2002(H14)05.26『感染防止の基本・「身体的距離の確保」』・人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)空ける。・会話をする際は、可能な限り真正面を避ける。写真は18年前のものです。生後半年程度。左手前から「もも」「しまじろう」「小梅」「ミー(母猫

  • 雲仙ミヤマキリシマ(長崎県雲仙市)

    撮影日:2020(R2).05.23『マスクなしで自由に出歩ける日を待心待ちにする』仁田峠のミヤマキリシマが見ごろと聞いていたので、ドライブのついでに立ち寄ってきました。県を越えての往来は慎むよう表示がされていますが、他県ナンバーの車や登山者も多く見受けられまし

  • ちゃんと届きました!

    撮影日:2020(R2).05.11仕事が終わり自宅に帰ると何やら郵便物が・・・。「おおぅ!ついに!」よく見ると重要・自動車税種別割納税通知書(名前が長すぎ!)でした。未だ届かないアベノマスクと特別定額給付金申請書。納付期限は6月1日(金)!貰えるものも

  • 母の革靴

    撮影日:2007(H19).08.03『久しぶりに母のことを想いました』母が亡くなって9年、元気であれば82歳の母の日。当時、認知症の始まった母は、この靴を履いて一日に何度も自宅と商店街を行き来していました。ある日、ふと裏返すとすり減った靴底に丸い穴が空いていま

  • コスタ・アトランチカ(長崎市香焼町)

    撮影日:2020(R2).02.22『なんでかなぁー?って思ってたら、案の定・・・』2月22日、神崎神社にコロナ終息の祈願をした時からクルーズ船はいましたよ。3隻も・・・。岸壁に2隻、ドック内に1隻。現在、コスタ・アトランチカ1隻だけが注目されていますが、香焼ドック

  • ラウンド菓子(長崎浜屋・大村浜屋)

    撮影日:2013(H25).02『色褪せないたくさんのお菓子』今日も昔の写真帳(2013年)から・・・。連日、コロナの話ばかり、どんどん気分が滅入ってしまいますね。なにか楽しくて夢のある話はないかなぁ・・・。と思って今日は「ラウンド菓子」。デパートの地下やお

  • 梅山鉄平食堂(福岡市中央区渡辺通り)

    撮影日:2012(H24).11.17『並んでも食べた定食屋さん』今日も昔の写真帳(2012年)から・・・。福岡市には二度転勤し、合計7年間の単身生活でした。福岡転勤が決まると「天神が近くてよかねぇー、都会でよかねぇー」などとよく言われましたが、毎日の暮らしだ

  • 春の風景 2019 西海橋・新西海橋(佐世保市針尾東町)

    撮影日:2019(H31).04.08『陸の孤島を結ぶ夢の架け橋』春の陽気に誘われてあちこちさるき回りたいところですが、職場からは県外への外出、また県外からの来訪者との接触禁止という緊急事態宣言が出ているので、目新しい出来事がありません。そこでこれまで撮りためた写

  • 春の風景(長崎市尾上町)

    『地上長崎駅 ありがとう』自分自身が旅立つことよりも、家族や友人を見送ることが多かった長崎駅地上ホーム新幹線の乗り入れが可能な高架駅へ昔は三角屋根の駅舎やザボン売りの娘さんこれまでも随分変わってきましたどんな風景に変わるのでし

  • 春の風景(大村市植松)

    撮影日:2020(R2).03.21高架橋の下、アスファルトとコンクリートの隙間に菜の花が咲いていました。やはり「ど根性菜の花」と呼ぶべきなのでしょうか・・・。

  • 春の風景(大村市東大村)

    撮影日:2020(R2).03.21福岡の知人がドライブの途中訪ねてくれました。せっかくなので街中のカフェでなく、山手のカフェに連れて行きました。感染予防のアルコールスプレー、お客さんが帰られた後のテーブルの消毒、換気・・・。いつも元気な対州馬のサトコに「人間

  • 春の風景(福岡県三井郡大刀洗町)

    密閉、密集、密接。国から「密」は避けるように言われています。出掛ける場所も考えないといけませんね。山桜、菜の花は満開、ソメイヨシノも開花し始めました。いつもと同じ春なのに、いつもと違う春が続いています。

カテゴリー一覧
商用