プロフィールPROFILE

本のソムリエさんのプロフィール

住所
多賀城市
出身
八戸市

17年間で書評数が、5600冊になりました。

ブログタイトル
本ナビ:本のソムリエの一日一冊書評
ブログURL
https://1book.biz/
ブログ紹介文
本のソムリエが一日一冊、人生を変えるような良書を紹介します。
更新頻度(1年)

131回 / 184日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2008/09/03

読者になる

本のソムリエさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 全参加数
総合ランキング(IN) 12,359位 10,705位 9,060位 10,283位 9,905位 9,914位 8,806位 980,402サイト
INポイント 20 0 60 20 10 0 40 150/週
OUTポイント 20 0 20 10 30 10 50 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 28位 22位 14位 14位 14位 14位 12位 12,800サイト
書評・レビュー 7位 5位 4位 4位 4位 3位 3位 3,340サイト
今日 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 全参加数
総合ランキング(OUT) 30,338位 29,594位 27,141位 27,228位 26,569位 25,291位 24,067位 980,402サイト
INポイント 20 0 60 20 10 0 40 150/週
OUTポイント 20 0 20 10 30 10 50 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 64位 54位 43位 47位 41位 36位 33位 12,800サイト
書評・レビュー 20位 18位 15位 17位 13位 12位 11位 3,340サイト
今日 12/11 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,402サイト
INポイント 20 0 60 20 10 0 40 150/週
OUTポイント 20 0 20 10 30 10 50 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,800サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,340サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、本のソムリエさんの読者になりませんか?

ハンドル名
本のソムリエさん
ブログタイトル
本ナビ:本のソムリエの一日一冊書評
更新頻度
131回 / 184日(平均5.0回/週)
読者になる
本ナビ:本のソムリエの一日一冊書評

本のソムリエさんの新着記事

31件〜60件

  • 「なぜ倒産 平成倒産史編」帝国データバンク、東京商工リサーチ

    【私の評価】★★★★☆(85点) ■タイトル通り平成に倒産した  20社弱の経営状態を紹介しています。  紹介している会社は、次のとおり。 呉服販売の「友禅の館」 ヘルメットの「昭栄」、 FA機器の「ナカテック」 空気清浄機の「カンキョー...

  • 「成功を習慣化する3つの記憶」横山 信弘

    【私の評価】★★★★☆(84点) ■タイトルの3つの記憶とは、  脳の短期記憶「ワーキングメモリ」、  脳に知識として蓄積された「長期記憶」、  そして脳の外にある「外部記憶」の3つです。  この本では願望を達成するために、  願望を...

  • 「科学者が解く 「老人」のウソ」武田 邦彦

    【私の評価】★★★★☆(84点) ■テレビでおなじみの武田教授が、  老後を考えた一冊です。  普通の動物は、子孫を育てると  死ぬようになっています。  例えば、鮭は産卵後に死にます。  では、なぜ人間は死なないのか。  武田さんの見方...

  • 「マンガでわかる 9割の人が気がつかない保険のヒミツ」保険ソクラテス編集部

    【私の評価】★★★★☆(82点) ■「かんぽ生命」の不正販売のニュースを  聞いて手にした一冊です。  「かんぽ生命」は老人を中心に  不要な保険をかけさせたり、  乗り換えと説明しながら、  無保険期間をとって新規にしたり、  解約せず...

  • 「アメリカ人が語る日本の歴史 日本に迫る統一朝鮮(コリア)の悪夢」マックス・フォン・シュラー

    【私の評価】★★★★☆(88点) ■日本在住44年の元米国海兵隊員が、  日本人は世界の現実について  知らなすぎると指摘する一冊です。  まず、  

  • 「人の心を自由に操る技術 ザ・メンタリズム(DVD付き)」メンタリストDaiGo

    【私の評価】★★★☆☆(75点) ■最近テレビで見ないメンタリストの  ダイゴさんですが、現在はガッツリ  稼いでいるとのことで手にした一冊です。  ダイゴさんのYouTubeチャンネル  登録者なんと154万人!、さらに  ニコニコ動画...

  • 「新編 もっと深く、もっと楽しく」中部 銀次郎

    【私の評価】★★★☆☆(74点) ■日本最強のアマチュア・ゴルファーと  言われた中部銀次郎の一冊。  青木功が「銀ちゃん」と呼ぶ彼は、 「日本アマチュア選手権」6回優勝し、  プロより強いアマと言われました。  ハンデが2桁ならクラブは...

  • 「斎藤一人 天が味方する「引き寄せの法則」」柴村 恵美子

    【私の評価】★★★★☆(84点) ■斎藤一人さんが  いつも語りかけていることを  まとめた一冊です。  斎藤一人さんの教えは、  自分の

  • 「生物の中の悪魔 「情報」で生命の謎を解く」ポール・デイヴィス

    【私の評価】★★★★☆(79点) ■アメリカの物理学者が書いた  生命の不思議です。  DNAを基本とする生命は、  数十億年前から存在し、  その基本は変わっていないという。  現在の生物はたった一つの  祖先から進化しながら  現代に...

  • 「暴力が支配する一触即発の世界経済」猫組長(菅原潮)

    【私の評価】★★★★☆(83点) ■アメリカは最強の暴力団だという。  だとすれば、国際社会とは暴力団同士が  縄張り争いをしているようなもの。  元暴力団の金庫番だった著者に  暴力団のような国際社会情勢を  解説してもらいましょう。 ...

  • 「井上成美」阿川 弘之

    【私の評価】★★★★★(91点) ■仙台出身の海軍大将で  井上成美(いのうえしげよし)という  人がいると聞いて手にした一冊です。  井上成美という軍人は、  人格ではなくロジックで  仕事を考える人であったようです。  そのため海軍内...

  • 「ものがたりで学ぶ経済学入門」根井 雅弘

    【私の評価】★★★☆☆(75点) ■消費税10%増税のニュースを聞きながら、  手にした一冊です。  高校生が経済学者から  経済学の歴史を学ぶストーリー。  単なる経済学の本よりは  読みやすい本でした。 ・見えざる手・・・資本家は資本...

  • 「弱さをさらけだす勇気」松岡 修造

    【私の評価】★★★☆☆(77点) ■松岡 修造さんのイメージは、  サービスだけでウィンブルドン  ベスト4になった実績のすごさ。  それと、芸能界に入って  熱血指導する濃いキャラクター。  その熱血指導の背景には、  自分自身がカラを...

  • 「0秒で動け 「わかってはいるけど動けない」人のための」伊藤羊一

    【私の評価】★★★★☆(82点) ■日本興業銀行、プラス、ヤフーと渡り歩き  ヤフーではアカデミア学長を務める  著者の一冊です。  「0秒で動け!」というのは、  一種の誇張であって  ある程度のデータを集め  仮説を持って動くというこ...

  • 「世界が称賛する日本人が知らない日本2「和の国」という"根っこ"」伊勢 雅臣

    【私の評価】★★★★☆(87点) ■先日、会社のセミナーに参加して  印象的だったのは、前に流行った  「成果主義」は、日本の特性に合って  いなかった。「成果主義」を煽った  側として謝る講演者でした。  もともと日本は「俺が俺が」と ...

  • 「模倣の経営学」井上達彦

    【私の評価】★★★☆☆(75点) ■偉大な人はマネしているらしい。  モーツァルトもウォルマートも  ピカソも人のマネから入った。  誰もが最初は初心者であり、  まず最初は人から素直に  学ばなくてはならないのです。  茶道や武道で言わ...

  • 「奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき」ジル・ボルト テイラー

    【私の評価】★★★★☆(88点) ■神経解剖学者であるテイラーさんは、  左脳内で脳内出血をおこし、  奇跡的に一命をとりとめました。  左脳の機能が低下したことで  記憶、話す、読む、歩くことが  できなくなりました。  ところが、左脳...

  • 「米国人弁護士だから見抜けた 日弁連の正体」ケント・ギルバート

    【私の評価】★★★☆☆(79点) ■ケント・ギルバートさんの主張は、  日本弁護士連合会は、共産党、社民党と  同じような政治主張を行っていることを  止めてほしいということです。  日弁連は強制加入団体であり、  4万人の会員がおり一人...

  • 「アラスカ垂直と水平の旅―冬季マッキンリー単独登頂とアラスカ1400キロ徒歩縦断の記録」栗秋 正寿

    【私の評価】★★★★☆(89点) ■テレビ番組「あいつ今なにしてる?」で  福岡県立修猷館(しゅうゆうかん)高校の  登山部顧問の先生から化け物と言われていた  栗秋 正寿さんに興味をもって手にした一冊。  栗秋 正寿さんは26歳のとき ...

  • 「誰も知らなかった ラーメン店投資家になって成功する方法」藏本 猛Jr

    【私の評価】★★★★★(90点) ■ラーメンプロデューサーである著者の  提案は、ラーメン店に300万円投資し、  人を雇って運営しましょうというものです。  麺とスープは工場から購入し、  店長と店員を雇って、  著者がコンサルタントと...

  • 「米中覇権戦争の行方」北野 幸伯

    【私の評価】★★★★★(91点) ■中国建国70年の式典をテレビで見ながら、  手にした一冊です。  著者の北野さんは、15年前から  アメリカの没落、中国の増長、  ロシア・アメリカの対立を予言し、  的中させてきました。  なぜ予言が...

  • 「スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本」高津和彦

    【私の評価】★★★★☆(81点) ■会社の打ち合わせで、  40代の司会のフィラーが  気になってメモをしていました。  「えー」「あのー」「で、」  「えーと」「ま、」。  あとは急に進んだり止まったり。  本人は意識していないと思いま...

  • 「アンダー・プロトコル: 政財暴一体で600億円稼いだ男の錬金哲学」 猫組長(菅原潮)

    【私の評価】★★★★☆(85点) ■猫組長は、元山口組系組長で  株式、原油取引、金融取引をシノギとする  経済ヤクザであったという。  20代にバブル崩壊で数億円の借金を負い、  借金のあった山口組に拾われる形で  暴力団の世界に入った...

  • 「ドラッグは世界をいかに変えたか―依存性物質の社会史」デイヴィッド・T. コートライト

    【私の評価】★★★★☆(84点) ■タイトル通りの本書ですが、  いきなりドラッグのビッグスリーが、  アルコール、タバコ、カフェイン  と言われてびっくりしました。  アルコールを含むワイン、蒸留酒、  タバコ、カフェインを含むコーヒー...

  • 「ずるい成功術 10人の「勝ち組」に学ぶラテラルシンキング」木村 尚義

    【私の評価】★★★★☆(83点) ■成功している人というのは、  挑戦する勇気を持っている人ですが、  それだけでは成功できません。  新しいことに挑戦すると  必ず困難に出会うのです。  そうしたときに、  それを乗り越える知恵を出せる...

  • 「「地球温暖化」の不都合な真実」マーク・モラノ

    【私の評価】★★★★☆(83点) ■国連気候行動サミットが盛り上がって  いるので手にした一冊でははなく  偶然サミット前に手にした一冊です。  この本では、地球は温暖化していない、  氷河は昔から減少してきただけ、  海水面も昔から安定...

  • 「テキサス親父、韓国・中国を叱る!」トニー・マラーノ

    【私の評価】★★★★☆(84点) ■テキサス親父とは、  アメリカ人なのに中韓の反日活動を  youtubeなどで批判している変人です。  この本は2014年出版なので、  前年に安倍首相が靖国神社を参拝し、  日本の右傾化を世界が信じそ...

  • 「スピンドクター "モミ消しのプロ"が駆使する「情報操作」の技術」窪田 順生

    【私の評価】★★★☆☆(79点) ■10年前の本ですが、  マスコミの世論操作(スピン)について  説明した一冊です。  著者はテレビ制作会社、「FRIDAY」編集、  朝日新聞記者を経て、実話メディア  編集長を務めているという。  こ...

  • 「お金儲け2.0 手堅く1億円稼ぐ7つの最新手法」川島 和正

    【私の評価】★★★★☆(82点) ■川島さんというとメルマガ読者日本一  というイメージですが、  現在は会員ビジネスも行っているようです。  この本で紹介されるビジネスモデルは、  転売、アフィリエイト、不動産、  会員制ビジネス、協会...

カテゴリー一覧
商用