プロフィールPROFILE

KOZAさんのプロフィール

住所
桜井市
出身
桜井市

自由文未設定

ブログタイトル
奈良・桜井の歴史と社会
ブログURL
https://koza5555.exblog.jp/
ブログ紹介文
奈良まほろばソムリエの会。民生・児童委員。談山神社総代
更新頻度(1年)

59回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2007/11/30

KOZAさんのプロフィール
読者になる

KOZAさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,990サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
地域生活(街) 関西ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,944サイト
桜井情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17サイト
奈良県情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 334サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,990サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
地域生活(街) 関西ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,944サイト
桜井情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17サイト
奈良県情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 334サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 979,990サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
地域生活(街) 関西ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,944サイト
桜井情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 17サイト
奈良県情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 334サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、KOZAさんの読者になりませんか?

ハンドル名
KOZAさん
ブログタイトル
奈良・桜井の歴史と社会
更新頻度
59回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
奈良・桜井の歴史と社会

KOZAさんの新着記事

1件〜30件

  • 万葉集一番歌 春日神社境内(桜井市脇本)にて

    11月16日(日)、奈良銀行の「〈ナント〉萬葉チャリティウォーク」に参加した。奈良女子大学名誉教授、高岡市万葉歴史館館長の坂本信幸先生が案内された。ちょっ...

  • 宝山寺 歓喜天

    宝山寺(生駒市)歓喜天の縁日は1日と16日で、今月は1日に「厄除大根焚き」、16日は大注連縄の吊り替えが行われて忙しい。歓喜天は大根が大好物で、縁日には大...

  • 龍王山古墳群

    龍王山古墳群(奈良県天理市)に来年(3月1日)、チャレンジします。高い所まで(龍王山)、楽に上がり(タクシー)、それなりの険しき道を下って魅惑の龍王山古墳...

  • いきもので読む、日本の神話

    『いきもので読む、日本の神話』平藤喜久子著 國學院大學の教授である 神話で語られる動物の活躍、人との関わりを『古事記』、『日本書紀』、『風土記』(出雲・播...

  • 万葉歌 遣唐使の歌

    奈良県立万葉文化館(明日香村)が、「万葉集をよむ」という講座を毎月、開いている。文化館の研究員が、『万葉集』を数首だけ取り上げて、丁寧に読み解く。今年度は...

  • 泊瀬の風

    明日香風とは違い、初瀬谷に吹く風は冷たい。それは今も万葉の時代も変わりがないのである。 万葉集を二首、紹介したい。我妹子は 衣にあらなむ 秋風の 寒きこの...

  • 長岳寺奥の院道と竜王山古墳群

    「柳本の遺跡群、長く深い歴史の長岳寺、更に600基もの古墳が連なる竜王山群衆墳を回るコースを作ってみよう」と・・その下見をしてきた。 普通ならばJR柳本駅...

  • 多武峰の鳴動と御神像の御破裂

    これは昨年(2018年11月20日)の写真です多武峰(談山神社と江戸時代までの妙楽寺)の歴史にとって、室町時代を中心に連発した御破裂山の鳴動と御神像の御破...

  • 桜井市の戒重と仁王堂

    地元の阿部と戒重(桜井市)の話である。安倍文殊院のすぐ北に八町という小字があった。何かの折、阿部生まれ、阿部育ちの森井さんという方に、その名前のいわれを聞...

  • 法起寺の三重塔

    法起寺の三重塔を拝見してきた。法起寺の創建は文書資料が残されている。仏塔の相輪の盤を露盤というが、法起寺は創建時の路盤の現物は残されていないが、そのコピー...

  • 歌集 大和まほろば

    歌集を読んだ。「三輪山に友らと登り祈ることそれぞれなれど皆同じ年」この歌に息をのんだ。きっと同窓生との登拝だろう。 『歌集 大和まほろぼ』(京阪奈情報教育...

  • 塚穴山古墳と石舞台

    塚穴山古墳(天理市杣之内古墳群)は西山古墳の北側に接している円墳である。土取り工事中に発見され、そのまま天理高校の敷地内で保全されている。墳丘は崩されてお...

  • 奈良まほろぼソムリエ検定、体験学習プログラム

    奈良まほろばソムリエ検定(奈良商工会議所)のお手伝いをしている。それは「体験学習プログラム」の講師である。 単なる知識の習得だけでなく、さまざまな体験を通...

  • 藤原宮跡のコスモス

    奈良まほろぼソムリエの会のホームーページの10月の歳時記は「藤原宮とコスモス」とした。 10月 藤原宮跡のコスモス藤原宮跡のお花畑が評判です。大和三山を背...

  • 山辺三と濡れ地蔵会式

    9月23日の午後、宇陀市山辺三にて、濡れ地蔵会式が行われた。 山辺三の濡れ地蔵古くは背後の山から水をひいて、この地蔵菩薩に注いでいたと言うので、俗に濡れ地...

  • 大阿太(大淀町)の梨

    ここらあたりでは梨といえば大阿太高原(大淀町)の二十世紀梨、みずみずしくおいしいと評判である。 「大阿太(おおあだ)高原の開墾、梨の栽培をはじめて約110...

  • キトラ古墳 白虎天文図公開は10月20日まで

    キトラ古墳の壁画の実物が、9月21日から10月20日まで拝見できる。白虎と天文図、足元の戎(十二支神)である。キトラ古墳の石室は全面に漆喰が塗られており、...

  • 『文学で読む日本の歴史』

    『文学で読む日本の歴史』。桜井の図書館本である。元東大教授の五味文彦先生、中世史の研究家である。5年ほど前の本であるが・売れ行きはどうだったんだろうか‥ ...

  • 『金剛の塔』

    1400年前、百済から渡ってきた工人(大工)が、四天王寺の五重塔を作り上げたという。 『金剛の塔』。小説である。木下昌暉著。「技能時代小説」というらしい。...

  • 飛鳥(大字)の弥勒法要

    9月の第一日曜日、午後2時から明日香村岡の弥勒堂にて、「弥勒法要」が行われた。強烈な陽ざし、猛暑のなか、飛鳥寺の僧侶の読経の中、参加された来賓、村民など3...

  • 祟る神と雷鳴陣

    にわかに空かきくもり、雷鳴ひときわ騒がしい。昨日の事である。落雷があり、しばらくは停電があったりでバタバタする。そこで‥‥雷を考えてみた。 佐味田宝塚古墳...

  • 崇峻天皇、妃の小手子と蜂子皇子

    談山神社の社報、『談』の92号は、倉橋とか下、浅古の下居神社を取り上げてみた。崇峻天皇と小手子妃、蜂子皇子がテーマである。大和では今一つ人気がでない、崇峻...

  • 八木の愛宕祭

    八木の愛宕祭に行ってきた。今日は三輪恵比須神社の「えびす神道セミナー」でお話をさせていただきまして、講座は一段落。食事をしようと八木に出ると、にぎやかなお...

  • 橿原考古学研究所で「桜井茶臼山古墳出土木棺」展

    博物館が改修のために閉館中(昨年12月から。少なくとも来年の春までは開かない)の橿原考古学研究所が1階アトリウムにおいて、茶臼山古墳の木棺を展示している。...

  • 海石榴市

    大地と空をつなぐ大樹は、今も古代も心の依り代である。雄略天皇の泊瀬朝倉宮には槻の樹、飛鳥の宮には槻の木の広場。古代の市も例外でなく餌香(えが)の市には橘、...

  • えびす神道講座

    えびす神道講座でお話しします。●8月25日(日)13時から90分。 「三輪恵比須神社から観た万葉集と山の辺の道」●三輪恵比須神社にて、参加費は1000円で...

  • 繋 明日香村の大字に伝わるはなし

    多武峰、万葉展望台から明日香村に下るハイキングコースがある。その道を下ってくる。イノシシや鹿が人里に入らないようにと設置された防護柵を越えると上居(じょう...

  • 忍阪の迎え火

    忍阪(桜井市)のHさんにお願いして、お盆にご先祖様をお迎えする「迎え火」を拝見させていただいた。忍阪では、ご先祖は13日の早朝に迎えて、16日にお帰りにな...

  • 泥掛地蔵(桜井市橋本)の地蔵盆

    橋本のお地蔵さんは村はずれから300㍍も離れた山の中である。泥掛(どろかけ)地蔵の名、長屋王に関わる青木廃寺の跡地に置かれているという事で、ちょっと注...

  • 『上下する天文』

    『上下する天文』・キトラ・高松塚古墳の謎   来村 多加史(阪南大学教授)著              高松塚古墳(2019年7月20日)まほろばソムリエ...

カテゴリー一覧
商用