立山日和。
住所
富山県
出身
滋賀県
ハンドル名
zenさん
ブログタイトル
立山日和。
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/zenyossha
ブログ紹介文
関西から富山へ移住。立山をめぐる自然などの自然の景色や屋敷の写真と文。産業、史跡などにも関心
自由文
とくに富山県内の史跡や地形、自然の美しい景色、屋敷や家、立山連峰関係のことすべて、農業をはじめとする産業関係のさまざま・・・興味の範囲は広範囲です。
更新頻度(1年)

140回 / 291日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2007/03/24

zenさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(IN) 8,515位 8,311位 9,403位 8,664位 8,530位 7,676位 7,631位 969,491サイト
INポイント 30 50 40 40 0 50 40 250/週
OUTポイント 20 30 40 30 40 100 50 310/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 645位 620位 707位 652位 647位 606位 599位 32,827サイト
中部風景写真 4位 4位 5位 4位 4位 4位 4位 192サイト
地域生活(街) 中部ブログ 63位 62位 66位 61位 60位 55位 54位 13,196サイト
富山県情報 5位 5位 5位 5位 5位 4位 4位 371サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 21,962位 21,397位 20,623位 17,543位 15,898位 14,749位 14,641位 969,491サイト
INポイント 30 50 40 40 0 50 40 250/週
OUTポイント 20 30 40 30 40 100 50 310/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 731位 710位 682位 554位 485位 424位 426位 32,827サイト
中部風景写真 4位 4位 5位 4位 4位 4位 4位 192サイト
地域生活(街) 中部ブログ 132位 121位 114位 87位 77位 63位 64位 13,196サイト
富山県情報 16位 16位 16位 12位 11位 9位 10位 371サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,491サイト
INポイント 30 50 40 40 0 50 40 250/週
OUTポイント 20 30 40 30 40 100 50 310/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
写真ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32,827サイト
中部風景写真 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 192サイト
地域生活(街) 中部ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,196サイト
富山県情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 371サイト

zenさんのブログ記事

  • 常願寺川左岸堤防から川と岸辺の富山市街地を眺める・・・富山市

    常願寺川に架かる常盤橋の西詰を川岸へいったん降りて、常願寺川左岸の堤防道路を上流へ向かって走り富立大橋で県道へ戻りました。真夏の常願寺川や岸辺の住宅地を見下ろしました。今日も暑熱が降り注いでいました。(1)まず常願寺川側を見ていきます。鬱蒼とした緑の中の常願寺川鉄橋を渡って地鉄電車が走りました。(2)常願寺川の水は減って、わずかに水の筋が見えるだけです。(3)緑は生き生きとしていますが、水は干上がっているのに近い状態です。(4)堤防道路から住宅地側を見下ろしています。最近拡大してきた住宅地のようで、余裕が感じられます。(5)田んぼとして残っている部分がまだかなりあります。(6)やや遠くに中心市街地のビル群が見えます。陽炎が揺らめくような感じで、暑そうです。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄がありま...常願寺川左岸堤防から川と岸辺の富山市街地を眺める・・・富山市

  • 盆が近づく富山人のふるさと・・・富山市水橋

    盆が近づいています。東京や名古屋、京阪神に出ている富山人が帰ってくる季節です。富山人にとって盆に帰るふるさとは富山が大きな意味をもつことを、関西人の私は改めて痛感します。この時期富山人口は格段に増えるはずです。(1)どれだけ多くの在外富山人が帰って来ようと、そのすべてを受け入れるに十分な大きさを持った立派な家が備えられています。(2)少なくとも表向きには、出た富山人を迎えるのに十分な温かさを持っています。ピンクの百日紅や芙蓉の花のようです。表向きは実質とはそう大きくは変わらないだろうと推測しています。(3)鶏頭の色が目立ってくると、そのシーズンが来たなと感じます。(4)ヒマワリは少しお疲れになってきました。(5)稲穂の首が垂れるようになってきました。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一...盆が近づく富山人のふるさと・・・富山市水橋

  • かなりの期間雨降らず、花咲き続ける・・・富山市水橋・上市町

    晴天続きでかなりの間雨が降っていません。植物が乾き気味になってきています。台風は15日ごろの予想ですが、雨が待ち遠しいです。晴れた暑い日が続くのは、終わりにしてほしい気分です。(1)ムクゲの花が咲き続けています。(2)ピンクの芙蓉が咲いています。(3)赤い芙蓉と紫の花です。(4)驚くほど大きいオクラの花が咲いています。(5)里芋の葉が立派です。木の葉の上に雨滴が転がるのを見たいです。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!かなりの期間雨降らず、花咲き続ける・・・富山市水橋・上市町

  • 立山の入道雲の下、万物は生きる力に充実・・・富山市水橋・上市町

    今日も猛暑に見舞われています。甲子園球児は元気ですが、富山老人は立山の入道雲に圧倒されています。しかし、富山における立山配下のもろもろの生命力も圧倒的な力を発しています。元気でないのは私だけ?(1)白岩川の上流にも入道雲。(2)白岩川を滑るカヌー。(3)今日も立山連峰の上、入道雲が湧いています。(4)ムクゲの向こうに入道雲。(5)シラサギの群が飛んできました。(6)まだ幼い感じのシラサギたちでした。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!立山の入道雲の下、万物は生きる力に充実・・・富山市水橋・上市町

  • 立秋過ぎて、やはり暑い・・・富山市水橋

    立秋過ぎて、今日は長崎原爆74周年ですが、暑さは一向に衰えません。大きな台風も二つ接近中で「熱中症」の用心に加えて「台風に警戒」もしなければなりません。空には少し秋の気配が見えたような・・・。西の空に水平にたなびく雲を見ると、秋の気配かなと思います。ヒロシマ、ナガサキの原爆から74年、あの時の鮮烈な印象は忘れられません。平和祈念式典で両市長が安倍首相に呼び掛けた『「不戦」と「核兵器廃絶」の努力を』は世界の望みであり、国民の悲願であるはずですが、その場に参列しながら無視し続けるとは何たる強心臓かと思います。(1)立山の上の雲は、今日は少しおとなしい。(2)西の空は少し秋めいた雲です。(3)白岩川べりの合歓木(ネムノキ)は涼しそうな木陰を作っています。(4)白いムクゲの花が白い雲と応じて夏らしい。(5)大きく伸びた...立秋過ぎて、やはり暑い・・・富山市水橋

  • 西の空にも入道雲、実りかけた田んぼに海風・・・富山市水橋

    いつも大きな雲が湧き上がるのは東の空つまり立山連峰上の空ですが、今回の入道雲の盛り上がりは西北の空や西の空にもありました。つまり能登半島や西の内陸部の山にも上昇気流の勢いが強く、入道雲が湧き上がったのです。田んぼの稲の穂が実りかけています。そこにときどき海風が吹きます。(1)西北の空にも入道雲。能登半島に湧き上がる雲です。炎天下、あいの風とやま鉄道の電車が走りました。(2)西の空に湧き上がる入道雲は、県西部内陸部の山の上に伸びあがった雲です。大きくのし上がっています。(3)田んぼの稲はどんどん成熟が進みます。北の富山湾方向には雲は見えません。(4)実り始めた稲田に、ときどき北からの海風が吹きます。(5)大きな入道雲と、ぽつぽつと小さく咲くピンクと白のムクゲの花が呼応しているようです。標題をクリックするとページが...西の空にも入道雲、実りかけた田んぼに海風・・・富山市水橋

  • 立山に湧き上がる入道雲のさま・・・富山市水橋

    本格的な暑さがやってきて、立山連峰の上には本格的な夏雲(入道雲)が盛り上がっています。夏も冬も立山の峰々は見応えがある景観ですが、その立山がたとえ雲に隠されても、その上に盛り上がる雲の景観がより壮大に見えることがあります。最初の3枚は白岩川と山も含めた全体像、あとの3枚は壮大な雲の姿です。(1)北から順に見ていきます。大きな雲の山の北側部分です。僧が岳、毛勝三山の上あたりになります。(2)雲の山の真ん中部分です。剱岳から立山主峰部あたりでしょうか。(3)雲の山の左端部分です。弥陀ヶ原から薬師岳方面に当たるのでしょうか。(4)ここからは雲の姿です。雲の峰の左端部分です。何重にも雲(積乱雲)が湧き上がっていくのがわかります。また横になびいている雲もあります。(5)雲の山の頂上部分です。最大にのし上がった雲の頂上には...立山に湧き上がる入道雲のさま・・・富山市水橋

  • 夏の日の日向と日影・・・富山市水橋

    夏、日の照る中での日向と日陰は大きな違いです。車に乗っている時でさえ気になります。(1)富山湾に面した防潮堤の上はカンカン照りです。しかし中学生は元気です。(2)白岩川河口近くの運河は、太陽をいっぱいに受けて風もなく暑そうでした。(3)白岩川沿いに枝を垂れている桜の下はいかにも涼しそうです。(4)桜並木の下に置かれた日陰のベンチは白岩川の水を前にして涼しそうです。(5)白岩川の水橋大橋のあたりは、涼しそうに見えてそうでもありません。交通量のせいか暑く感じてしまいます。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!夏の日の日向と日影・・・富山市水橋

  • 白岩川河口の艀場から北陸道の一里塚へ・・・富山市水橋

    白岩川河口にある「水橋港艀場(はしけば)」から、滑川に向かって旧北陸道(北國街道・浜街道)の「一里塚史跡」をたどりました。昔の交通史をしのぶ史跡です。(1)白岩川河口に最も近い浦の橋です。(2)「水橋港艀場跡」の常夜灯。浦の橋よりやや下流。(3)「水橋港艀場跡」の説明版。北前船時代から明治にかけて、水橋港は日本海沿岸航路の寄港地でした。港は水深が浅いため沖に停泊した船(北前船と明治の汽船)と艀場の間を艀(はしけ)で往復しておかかや若衆が荷物を運びました。艀を止めたのがこのあたりであったと、この常夜灯を設置して記念しています。(4)水橋から滑川へ向かう北陸街道です。(5)街道をもう少し進むと「一里塚史跡」碑(左)と大岩不動明王分祀の小堂(右)。(6)四角いコンクリートの「一里塚史跡」碑(左)と一里塚史跡説明板(右...白岩川河口の艀場から北陸道の一里塚へ・・・富山市水橋

  • 夏の力強さを感じる・・・滑川市、上市町

    夏という季節の持つ力強さを感じないわけにはいきません。立山に盛り上がる雲、木々の持つ吹きだすような精力、野菜や草花の生命力、それに反してわが身の不甲斐なさなど吹き飛びます。(1)中加積近く、上市川に架かる地鉄の橋梁と立山に伸びあがる雲です。(2)家にかぶさるような白い花咲く大きなサルスベリ(百日紅)の木です。(3)百日紅の白い花です。(4)盛り上がるように咲く花々です。(5)華やかに工夫を凝らして咲く花はすごいと思います。(6)茄子の実の色つやといい、その葉っぱの生き生きした様子といい、茄子を食べれば元気が出そうです。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!夏の力強さを感じる・・・滑川市、上市町

  • 炎暑のなか海から微風、街角の不動明王・・・富山市水橋、滑川市

    炎暑ですが海から微風が吹いています。水橋の海を見て、滑川へ向かいました。街角の不動明王が炎暑の迫力を感じさせられました。(1)常願寺川河口の富山湾です。微風を感じます。(2)静かな炎暑の水橋漁港です。(3)滑川の街角に祠があり、中から不動明王が炎暑の通りをにらみつけています。(4)田んぼの間に大豆畑があります。(5)ここにも白い芙蓉が咲いています。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!炎暑のなか海から微風、街角の不動明王・・・富山市水橋、滑川市

  • 強い太陽光の下で、シラサギ、芙蓉、百日紅、向日葵・・・富山市水橋、上市町

    ギラギラと照りつける太陽光の下で、それに負けず対抗するエネルギーを発散している動物、植物に出会います。空飛ぶシラサギ、赤や白の芙蓉(フヨウ)の花、百日紅(サルスベリ)の花、向日葵(ヒマワリ)の花。(1)シラサギが輝いて飛ぶ。(2)シラサギが輝いて強く飛ぶ。(3)ややピンクがかった白く輝く芙蓉の花。(4)真っ赤な芙蓉の花。(5)輝くサルスベリの花。(6)強い太陽の光と真っ向対決する向日葵(ヒマワリ)の花。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!強い太陽光の下で、シラサギ、芙蓉、百日紅、向日葵・・・富山市水橋、上市町

  • 猛暑の中にみえる力強さ・・・富山市水橋

    今日も外に出るのがためらわれる猛暑です。外へ出てそこで見たものは、私のような青息吐息の存在ではなくて、猛暑の中で太陽に負けぬ力強さを発揮しているものたちでした。私の弱さを痛感して逃げ帰りました。(1)立山の上に雲が湧き地上は猛暑です。(2)炎暑の中を貨物列車が力強く走ります。(3)屋敷林の木々の勢いは、炎が燃え上がるようなイメージです。(4)例えばキュウリのような野菜でも、キュウリはもちろん葉にも生命力があふれています。(5)昼過ぎてしおれかけの花もありますが、勢いを発散させている芙蓉の花は頼もしい限りです。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!猛暑の中にみえる力強さ・・・富山市水橋

  • 湿度の高い日の水辺・・・富山市水橋

    湿気の多い日です。常願寺川、富山湾、白岩川などの点景。(1)常願寺川の河口近く、ゴイサギが立っている。(2)常願寺川河口の今川橋。(3)水橋港での釣り。外に広がるのは富山湾。(4)白岩川を滑るカヌー。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!湿度の高い日の水辺・・・富山市水橋

  • 立山は見えず、蒸し暑さは続く・・・富山市水橋

    曇っていて今日は立山がまったく見えません。あるべきところに立山がないというのは、間抜けな欠落感といったものを感じます。そして、蒸し暑さはじわじわと肌に沁みついて、不快な膜を張られたような気分です。(1)立山というあるべきものがない景色。雲が広がって何も見えません。(2)サッカー少年たちは蒸し暑さなど気にしていません。若さはもはや寄り付きがたい力感にあふれています。(3)月見草、昼前にもなるとうなだれて・・・(4)空気感はややぼやけていても、サルスベリは鮮やかな色。(5)栗の実が秋の充実へ向かっています。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!立山は見えず、蒸し暑さは続く・・・富山市水橋

  • 耕うん機の周りをサギの子が共に歩く、蓼(タデ)の花、ムクゲの白い花、小さなイチジクの実・・・富山市水橋

    夏に入る景色の中を動くといろいろ目に入ります。何を植えるために耕しているのか耕うん機が動いています。その周りを共にサギの子どもがよちよちと動き回っています。掘り返された餌があるのでしょう。蓼の花が可愛く、白いムクゲも風に動きます。小さなイチジクの実はこれから熟すのでしょう。(1)耕うん機が土地を耕して動くのにつれて、小さいサギの子がよちよちと一緒に動いていきます。(2)蓼(タデ)の花が愛らしいです。(3)白いムクゲが咲いています。(4)小さなイチジクがこれから熟していきます。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!耕うん機の周りをサギの子が共に歩く、蓼(タデ)の花、ムクゲの白い花、小さなイチジクの実・・・富山市水橋

  • ヒマワリ畑、あっち向いたりこっち向いたり・・・立山町

    夏の色ヒマワリが咲いています。一途に太陽に向かうのではなく、あっち向いたりこっち向いたりしています。このところの天候不順の影響でしょうか。(1)夏の色、ヒマワリの花です。(2)路傍のヒマワリ畑です。横に仏様用の花も咲いています。(3)ヒマワリの花があっ向いたりこっち向いたりしています。お日さまに一途に向いていないのは、天候が不安定だったせいでしょうか。(4)ヒマワリの向こうにはトウモロコシ、奥は立山連峰です。(5)隣はトウモロコシ畑です。花は咲いていますが、実はこれからです。(6)その隣に仏様に供える花が並んでいます。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!ヒマワリ畑、あっち向いたりこっち向いたり・・・立山町

  • 台風接近、「ばんどり騒動」の無量寺に蓮の花咲く・・・舟橋村

    台風が近づいています。東海地方に影響が大きいようですが、近づく気配は感じます。舟橋村・無量寺の前に広がる蓮池に、蓮の花が咲いているか見に行きました。明治2年(1869)夏低温続きで、舟橋村では米の収量少なく、年貢の減免運動がおこりました。村役人からの回答日、早朝からこの無量寺に5万人の農民が集結しました。「ばんどり」とは悪天候の時肩だけを覆う蓑のことです。ばんどりを着けて結集した農民一揆でした。蓮の花はまだ咲き始めたところのようでした。(1)午前中の早い時間です。青空に立山連峰が見えます。雲は台風の影響の雲です。(2)無量寺の前の蓮池です。蓮が咲き始めました。(3)「ばんどり騒動(1869)」の終結地となった舟橋村の無量寺です。(4)蓮の花がぽつりぽつりと咲いていきます。(5)蓮の花です。(6)蓮の花と蕾です。...台風接近、「ばんどり騒動」の無量寺に蓮の花咲く・・・舟橋村

  • 真夏日の富山港周辺・・・富山市岩瀬

    気温は35℃を越えています。港周辺は静かです。テロ対策のため波止場に近づくことが難しくなり、波止場気分を味わうことができなくなりました。残念です。(1)炎暑の富山港です。対岸に火力発電所が見えます。(2)貨物船が入港しています。フェンスの外から覗くだけです。(3)富山港展望台です。上に上がれば富山港が一望できます。(4)富山北消防署海上分駐所、つまり海の消防署です。(5)岩瀬運河の出口です。左に消防艇があります。富山北消防署海上分駐所の裏になります。(6)消防局の水上バイクです。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!真夏日の富山港周辺・・・富山市岩瀬

  • 湧き上がる雲、小さな(寺田)駅、百日紅(サルスベリ)の花、バラの花・・・上市町・立山町

    立山から雲が湧き上がっています。百日紅の花やバラの花が夏を告げています。可愛くても地鉄線の分岐点になっている寺田駅は、見かけとは違った重い役目を担っています。(1)立山から湧き上がる夏雲です。(2)屋敷林と立山の上の夏雲です。(3)立山町にある可愛いい地鉄寺田駅です。ここは地鉄の本線(富山市~魚津・宇奈月温泉方面)と立山線(立山登山口方面)の分岐点で乗換駅です。重い役目を担っています。(4)立山駅のすぐそば、家の窓下にプランターに入って蓮の花が咲いていました。(5)百日紅(サルスベリ)の花が咲いています。真夏の花です。(6)赤いバラと薄いピンクがかった白いバラです。(7)小さいバラですが、濃いピンクのバラです。夏らしいバラです。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せ...湧き上がる雲、小さな(寺田)駅、百日紅(サルスベリ)の花、バラの花・・・上市町・立山町

  • 北陸の梅雨明け、稲穂が付き始めた田んぼも・・・富山市水橋・上市町

    北陸地方の梅雨が明けました。青空が広がっています。立山連峰の上には雲が盛り上がってきました。田んぼによっては稲穂が付きかけています。稲の花が咲いています。田んぼの横には芙蓉の花やヒオウギも咲いています。稲作の厄介者の稗が繁茂している田んぼもあります。(1)白岩川上流の上市町の梅雨明けです。立山連峰に夏雲が盛り上がりました。(2)稲に稲穂が付きかけた田んぼです。(3)近づいてよく見ると、稲の花が咲き、実がつきかけています。(4)田んぼの脇で芙蓉(フヨウ)が咲いています。(5)ヒオウギも咲いています。(6)稲作の厄介者、稗が繁茂した田んぼです。稲の刈り取り前に始末しなければなりません。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが...北陸の梅雨明け、稲穂が付き始めた田んぼも・・・富山市水橋・上市町

  • 7月27日(土)は「水橋 橋まつり」・・・富山市水橋

    水橋白岩川河畔にて7月27日に「水橋橋まつり」が催されます。19時45分からエコ火流し、20時00分から花火大会です。そのための飾り提灯が岸辺や橋に飾られました。(1)白岩川の岸辺に提灯が揺れています。(2)東西橋のあたりが祭りの中心になります。(3)上流側から見た東西橋のあたりです。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!7月27日(土)は「水橋橋まつり」・・・富山市水橋

  • 白岩川のカヌー練習・・・富山市水橋

    立山連峰を仰ぎながら、白岩川でのカヌー練習です。練習しているのは水橋高校カヌー部の高校生たちです。競争を見るというより、水上での浮遊感にあこがれています。(1)剱岳がそびえる下で白岩川での、水橋高校カヌー部の練習が始まりました。(2)自然な川でのゆらりとした感じがいいですね。(3)四人乗りと二人乗りのカヌー。(4)向こう側は一人乗りのカヌー。(5)力走。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!白岩川のカヌー練習・・・富山市水橋

  • 曇っても立山連峰の稜線くっきり・・・富山市水橋

    朝から空は曇っていて蒸し暑い日になっています。しかし雲は高い目で、立山連峰の稜線は北から南までくっきりと見えています。久しぶりに見る立山連峰です。(1)空は曇っているのに立山連峰の稜線が、今日は珍しくくっきりと見えています。北から南に向かって順に見ていきます。(2)北端の僧ヶ岳とその右に寄り添う越中駒ヶ岳です。(3)その南に、毛勝三山です。(4)堂々と剱岳です。(5)剱岳に続く剱御前山、真砂岳、その前に奥大日岳、右端に大日岳です。(6)真ん中あたりのくぼんだ所に見える斜面が弥陀ヶ原です。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!曇っても立山連峰の稜線くっきり・・・富山市水橋

  • 夏にはそう目立つことはない花など・・・富山市水橋

    生命力が横溢する夏には、それほど目立つことはない花々(と実)ですが、気分によってふと目が惹かれます。(1)田の畔に見えた小さな花々です。(2)オクラにはふさわしくないような華やかさがあります。(3)ギボウシの白い花です。(4)タチアオイは華やかな方ですね。(5)ヒイラギナンテンの実は全く目を引きません。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!夏にはそう目立つことはない花など・・・富山市水橋

  • 雨上がりの庭・・・富山市水橋

    一時土砂降りの雨が来ました。その雨が上がった庭の点景です。人間は雨から逃げますが、庭は呼吸を始めるようです。(1)庭に水たまりができました。(2)雨上がりに、地面を這う赤い葉っぱが鮮やかです。(3)アストロメリアに水滴がからみます。(4)雨のあとの花と虫です。(5)雨のあとのゴーヤの花には虫を引き寄せる蜜があるのでしょうか。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!雨上がりの庭・・・富山市水橋

  • 午後からは雨になりそう・・・富山市水橋

    午前は曇り空で、立山がうっすらと見えました。午後からは本格的な雨になりそうです。アサガオが1輪咲き、ムラサキシキブが細かな花をつけています。そして菊がもう咲き始めました。(1)午前は曇っていて立山がうっすら、午後は雨になりそうです。(2)アサガオが1輪咲きました。(3)ムラサキシキブの細かな花。(4)菊の花が咲き始めました。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!午後からは雨になりそう・・・富山市水橋

  • 久しぶりに晴れました。我が家の庭・・・富山市水橋

    何日ぶりになるのか、青空が出て我が家の庭にも日光が当たっています。惜しいことに立山は雲に覆われていますが。庭が明るく輝いています。草木はもちろん、信楽焼のタヌキの顔も、親メダカの姿も見られました。(1)青空が広がり団地の家々も我が家の庭にも日が当たっています。(2)久しぶりに日の当たる我が家の庭。(3)その庭にホテイソウと親メダカが入っている小さな水槽があります。ちょっと日よけをしています。(4)その水槽を覗いています。親メダカは4匹ですが、見えているのは1匹です。(5)信楽焼のタヌキに日が当たった顔を見るのも久しぶりです。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!久しぶりに晴れました。我が家の庭・・・富山市水橋

  • まだ曇り空、シラサギ、ムクゲの花、ネムの花・・・富山市水橋

    まだ曇り空が続いています、常願寺川堤防の西の空にはやや青い空が見えていますが、夏の空はどこへ行ったのでしょうか。シラサギ、ムクゲの花、ネムの花を見てこころ慰めています。(1)常願寺川堤防の連なりの向こうは西の空、そこにわずかに青空。(2)シラサギの姿、離れたところにも見えます。(3)白いムクゲ(木槿)の花。(4)ネムの花がまだ咲き続けています。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!まだ曇り空、シラサギ、ムクゲの花、ネムの花・・・富山市水橋

  • 雨の日、庭の花に雨滴、極微細なメダカの子・・・富山市水橋

    雨が降っています。庭の草も花も雨に濡れています。窓際にあるガラス鉢の中で、見えるか見えないかの極微細なメダカの子が泳いでいます。(1)ヒオウギの花に雨滴がついています。(2)カワラナデシコの花にも雨滴です。(3)窓際のガラス鉢の中に、極微細なメダカの子が泳いでいます。(庭の水槽の中で生まれました)左側と下の方に何匹か見えます。標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。ぜひにほんブログ村にクリックを!雨の日、庭の花に雨滴、極微細なメダカの子・・・富山市水橋