searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ぱるもなりーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
モーグルとサッカーをこよなく愛するある医師のブログ
ブログURL
https://ameblo.jp/pulmonary/
ブログ紹介文
とある地方総合病院に勤務する内科医・救急医が送るつれづれ日記。お薦め医学書コーナー更新開始。
更新頻度(1年)

17回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2006/03/25

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぱるもなりーさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぱるもなりーさん
ブログタイトル
モーグルとサッカーをこよなく愛するある医師のブログ
更新頻度
17回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
モーグルとサッカーをこよなく愛するある医師のブログ

ぱるもなりーさんの新着記事

1件〜30件

  • あたりまえを疑え。自己実現できる働き方のヒント 澤円

     あたりまえを疑え。 自己実現できる働き方のヒントAmazon(アマゾン)310〜5,750円アマゾンのAIに勧められるがままジャケ買い。なんとなくの慣習を漫…

  • スピーチや会話の「えーっと」がなくなる本

    会話の中の「えー」などはfillerと呼ばれるそうです。文間を埋めるという意味ですね。もちろん英語にも存在します。私も一定の条件を満たすとよく出てしまうので、…

  • 日本人はやめる練習がたりてない

    日本の常識=他の国の常識ではない。要は自分の常識=他人の常識でない訳で、多様性の容認・寛容さという意味がよくわかりました。私も知らず知らずのうちに自分の常識を…

  • Intensivist 災害とICU

    INTENSIVIST Vol.12 No.2 2020 (特集:災害とICU) 奇しくも?タイムリーな特集になってしまいました。新年度早々(正確には3月末か…

  • 感情的にならない気持ちの整理術 和田秀樹

    感情的にならない気持ちの整理術 ハンディ版 高校生の時から読んでいた和田秀樹氏の一冊。過去を振り返らない、他人にどう思われるか気にしない、100%を目指さない…

  • Zoomに最適なワイヤレスイヤホン

    【進化版Bluetooth5.0 デザイン唯一】okcsc Sabbat X12 Pro ワイヤレスイヤホン bluetooth 5.0 ブルートゥース イヤ…

  • どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ

      どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ (中経の文庫) 660円 Amazon  往年のエスパルスファンとしては、マ…

  • 小雪

    今シーズンは記録的な暖冬やっと寒波が到来して嬉しい限りです。 先日の神立はモーグルというよりはもはや障害物避け競争です。溝に出た土・草を避けるためにバンクター…

  • 頭のよさとは「説明力」だ  斎藤孝

    今年はクリスマスも大晦日も当直ですが、あまり特別な日にこだわる性格ではないので、どちらもただの365分の1日に過ぎません。当直で通勤が減ると本を読む時間がなく…

  • 喫茶店ルノアール

    カンブリア宮殿を見て以来ずっと行きたかった喫茶店ルノアールに初見参!確かに土日の昼時ながら8割程度の利用率。店員さんもお客さんも年齢層が高い。大手カフェチェー…

  • 捨て本 堀江貴文

    考え方が面白い著者の本は一通り読むの法則です。以前に物を断捨離する本を読んで以来、物を捨てる事にはだいぶ躊躇しなくなったのですが、この本は物だけでなく、考え方…

  • 多動力 堀江貴文

     先日紹介した編集者・箕輪厚介つながりで読んだホリエモンの本。https://ameblo.jp/pulmonary/entry-12534079714.ht…

  • 勉強大全 ひとりひとりにフィットする1からの勉強法

    最近は医学書以外が多いですが・・・。まあ、二次資料の教科書よりも原著論文読んでいるということで。東大王・井沢が書いている勉強法の本。試験や資格勉強には原理や戦…

  • 年収1億円になる人の習慣

    別に1億円稼ぎたい訳ではありませんが、羽田空港の本屋で少し立ち読みしたら買ってしまいました。「能力」の差は小さい、「努力」の差は大きい、「継続」の差はとても大…

  • 死ぬこと以外かすり傷 箕輪厚介

    久しぶりに痺れた一冊。この本の著者を私は知りませんでした。しかし、私が過去に読んで心震えた本のうちの一冊、見城徹 著「たった一人の熱狂」を企画した編集者と聞い…

  • 救急医学会総会2019 in 東京

    知らない街に行く、という楽しみはありませんが、なんだかんだで東京開催は便利。近いのでスタッフ、レジデント共に少なくとも1日は全員参加させることができました。h…

  • 第3回日本臨床疫学会 in 福岡

    なんだかんだで更新が滞ってしまうこのブログ・・・もはや絵日記ですが、ご理解ください。 一応毎回参加している学会http://jsce2019.umin.ne.…

  • アンガーマネジメント入門

    この手の本はすでに何冊か読んでいるのですが、毎回少しずつ発見があります。個人的に救急の現場ではリーダーが怒ったり大声を出したら負けだと思っているので、常にゆっ…

  • 独学のススメ

    50歳で初めてパソコンを触り、定年後にプログラミングを勉強し、アプリを開発した著者。戦時中は敵国語だから英語は学校で習っていないのに、独学で学び、82歳で国連…

  • 臨床論文のMethodsを読むMethod

     Intensivist誌に連載されている頃から拝読していますが、連載時よりも平易に書かれており、統計に詳しくない方でも分かりやすいのではないかと思います。ま…

  • あなたの臨床研究応援します

    先日の書店回診で新谷歩先生の新刊が出ていたので、思わず購入。この本は統計というよりは臨床研究のデザインの本です。ところどころにそのデザインに必要な統計もわかり…

  • 整形画像読影道場 (ジェネラリストBOOKS)

     救急医をしていると、整形外科的な知識を要求されることが多くあります。僻地でも同様です。今回仲田先生の新刊が出るということで、楽しみに予約して購入。今回は整形…

  • 臨床研究の道標

      臨床研究の道標 第2版〈上巻〉 4,104円 Amazon  3年ほど前に読んだ本ですが、今でも時々読み返します。昔は1冊だっ…

  • もしあなたが臨床研究を学んだら医療現場はもっとときめく

    寝れない当直を何回か過ごしたら、また右手親指の痺れが再燃しました。またC6レベルで脊髄が押されているようです。ベッドで腹臥位で首を過伸展して読書していると著明…

  • 5月中旬のかぐら

    今シーズンは雪が少なく、GWまで滑れないと諦めていましたが、春になってからの大雪で、GWが終わっても雪がたっぷりです(例年より多い)5月中旬でこれだけブッシュ…

  • エマージェンシー臨床推論

     臨床推論という言葉に惹かれて購入。鑑別疾患を緊急度と重症度の二軸のグラフで考えるというもの。それに準じた表紙のデザインが素晴らしい。内容は我々救急医が普段考…

  • 人工呼吸器トラブルシューティングセミナー

    基本的に田中竜馬先生の本にハズレはないので中身見ずに購入。人工呼吸器装着中に起こる頻度の高いトラブルについてグラフィックも含めてわかりやすく解説してくれていま…

  • 生涯論文! 忙しい臨床医でもできる英語論文アクセプトまでの道のり

    もう論文の書き方的な本は何冊読んだか分からないぐらい読んでいますが、また買ってしまいました。ここまでくると大体どの著者の言いたいことも同じだということが分かっ…

  • 俺か、俺以外か。 ローランドという生き方

    テレビの番組で特集されていた人物なので思わず購入。まあ、何かを得られる、というものではないのですが、前向き・どボジティブな考え方が人生の参考になります。意外と…

  • 東大教授が教える独学勉強法

      東大教授が教える独学勉強法 (草思社文庫) 702円 Amazon 一般的にイメージされる勉強の種類・・・1、明確なゴールがあ…

カテゴリー一覧
商用