searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

じゅん@さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

2006年に投資ブログを始めて以来、まだ生き残っています。マイペースでのんびり行きます。

ブログタイトル
投信で手堅くlay-up!
ブログURL
https://www.lay-up.net/
ブログ紹介文
バーディ狙ってボギーよりも、手堅くパーを取って行きたい。インデックス投信のつみたて投資による資産形成ブログ。
更新頻度(1年)

24回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2006/02/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、じゅん@さんの読者になりませんか?

ハンドル名
じゅん@さん
ブログタイトル
投信で手堅くlay-up!
更新頻度
24回 / 365日(平均0.5回/週)
読者になる
投信で手堅くlay-up!

じゅん@さんの新着記事

1件〜30件

  • 2020年2Q リスク資産運用状況

    新型コロナウイルスの件で、仕事もプライベートも例年とは完全に異なる状況になってしまっています。そんな中でも、リスク資産のつみたて投資は変わらず(実際は増額して)継続中。2020年2Q(4月~6月)の我が家のリスク資産の運用状況について、今回

  • 過去15年のインデックス投資界の出来事と私の投資スタイル変遷

    インデックス投資と一口に言っても、実際の投資スタイルは人によって異なっており細分化されます。中でも大きな要素としては「コスト重視」でVTを始めとする海外ETFを選択するか、「ほったらかし重視」でeMAXIS Slimオールカントリーなど通常

  • eMAXIS SlimシリーズはLINE証券でも取り扱い!投信ラインナップを紹介。

    Visa LINE Payクレジットカードが、2021年4月30日までのショッピングについて、上限なしで 3%還元ということで、我が家の決済をこのクレジットカードに集約しています。もらったLINEポイントの出口戦略(現金化)の一つとして、最

  • ネット証券の海外ETF(外国株式)の移管手続き

    なんとなく増えてしまった証券口座は、残高管理にしろ損益通算にしろ、やはり管理が面倒です。口座の整理を行うには、株式なり投資信託なり、一旦売却してから買い直すのが簡単ですが、海外ETFの場合は為替の問題もあるので、そう簡単には行きません。現時

  • お金の話は人それぞれ特注品!井戸美枝著「一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください!」

    FPであり、社会保険労務士の井戸美枝さんの新刊「一般論はもういいので、私の老後のお金「答え」をください!」が4月23日に発売されました(Kindle版もあります)。年金の正しい話、特に一般論に留まらず、自分はどうなの?という点を主題に書かれ

  • 2020年1Q リスク資産運用状況

    コロナショックによる株価下落は、まだこの後がどうなるのか全く解らない状況ですが、積み立て投資を淡々と継続しています。2020年の第1四半期が終わったところで、定例のリスク資産状況の棚卸しを行います。我が家のリスク資産ポートフォリオ全体の直近

  • インデックスeシリーズに投資して10年

    三井住友トラストAMのインデックスeシリーズ(旧CMAMインデックスe)の第10期の運用報告書が2月に出ていました。このファンドは私も設定当初から保有しており、今でも我が家の資産残高に占める割合が一番大きいファンドです。当ブログの昔からの読

  • リスク許容度は保守的に考えよう

    最近投資を始めた方を中心に、今回の下落で不安になった方から相談のメールを頂いています。ありがとうございます。ただ、一旦売るべきかどうかといった内容や、個人の案件に私は答えを持っていませんので、お答えできません。私が行っている長期分散投資をす

  • 株価暴落時につみたて投資家がするべき3つのこと

    新型コロナウイルスの蔓延により、先週はコロナショックと言われるほど株価が大きく下がりました。ダウ平均は7日続落し週間下落率は12%超え。リーマン・ショック直後の2008年10月以来というお話です。ドル円の為替はここ1ヶ月で見ると108円台で

  • ネットで入手可能な、期待リターンとリスク、相関係数データ

    資産配分(アセットアロケーション)を考える際に、各資産クラスの「期待リターン」と「リスク(ばらつき)」がどの程度か?を知っておくことが重要です。ウェルスナビのような資産運用サービスでは、リスクが同じで最も期待リターンが高い資産配分(最適ポー

  • 私が投資よりも住宅ローン返済を優先した理由

    ここ10年間、株価が好調だったこと、マイナス金利により住宅ローン金利も非常に低く借りられた事もあって、繰り上げ返済よりも株などで運用した方が賢いというコメントが増えてきました。住宅ローンや奨学金など借入金の繰り上げ返済と、資産運用をどの様な

  • 投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019 表彰式と結果発表

    今年で第13回目の開催となりました「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019」。当ブログは2007年の第1回より皆勤賞で投票に参加しているイベントです。本日、きゅりあん(品川区総合区民会館)小ホールにて表彰式が行われま

  • 2020年投資計画。メイン銘柄をeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)に変更。

    2019年の我が家のリスク資産の運用成績は+16.7%と非常に好調な結果でした。年末時点でのアセットアロケーションを見る限り、リバランスが必要な感じでもないですし、家計全体の中での割合も悪くありません。基本的にはこれまでやってきた事を継続す

  • 2019年家計の決算報告です

    本年もどうぞ宜しくお願いいたします。2020年最初の更新は、毎年恒例の家計の決算から行きたいと思います。最初に我が家の家計の管理方法について。我が家は夫婦共にフルタイム勤務の共働きですが、家計の財布は一つとして、妻の小遣いを除き全てを一元化

  • 2019年末 リスク資産運用状況

    今年は例になくバタバタした年末・年始で、まだ今年の取引は1日残っていますが、3ヶ月に一度のリスク資産の運用状況の確認をやってしまいます。我が家のリスク資産ポートフォリオ全体の直近3ヶ月(2019年4Q)の投資収益率は+11.2%となりました

  • たわらノーロードシリーズ第4期運用報告書 (2019年10月決算)

    アセットマネジメントONEの低コストインデックスファンド「たわらノーロードシリーズ」が第4期決算を迎え、運用報告書が公開されています。参照アセットマネジメントONE たわらノーロードシリーズ今期のニュースとしては「たわらノーロード先進国株式

  • 個人向け国債 キャンペーンが魅力的に!

    あまりリスクを取りたくない安全資産の置き場としては、定期預金にすることが多いと思われます。1年定期であれば、金利の上昇にもある程度追従できますし、ネット銀行のボーナス金利キャンペーンを乗り換えていくと金利もお得です。一方、最近のマイナス金利

  • 純資産100億突破!eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)の魅力を解説!

    私の今後のメインファンドと考えている、eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)という、これ一本で世界の株式にまるごと投資できるファンドですが、純資産総額が100億円を突破しました!!2018年10月31日の新規設定から1年ちょ

  • 長期投資継続のための4つのコツ

    最近、ツイッターのTLでちょくちょく見かけるのは、株や投資信託を一部売却して現金化しましたという言葉です。リスク過多でリバランスが必要だったり、現金が必要だったりと、皆さんそれぞれ背景(理由)があるでしょうし、好きに売買すれば良いのですが、

  • 今年の栄冠はどのファンド?!投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019に投票しました

    今年で13回目!!「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019」にさきほど投票を行いました。公式サイト投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019当ブログは2007年の第1回より「皆勤賞」で参加してい

  • 2019年3Q リスク資産運用状況

    9月はまだ1日残っていますが、四半期に一度のリスク資産運用状況の確認をやってしまいます。リスク資産ポートフォリオ全体の直近3ヶ月(2019年3Q)の投資収益率は+0.2%となりました。年初来+8.4%、2006年2月にリスク資産への投資を開

  • 最初が肝心!自分に合う投資方法の見つけ方。

    先日、弟から投資を始めてみたいという相談がありました。実家に帰った時に、親と資産形成の話題になり「お兄ちゃんのブログを読みなさい!」と言われたそうです。とりあえず、ブログのURLを教えて、まずは水瀬さんの「お金は寝かせて増やしなさい」を読む

  • ゆとりある老後生活費の見積もり-2018年家計調査年報より

    老後資金として必要な額は2,000万円とも1億円とも言われていますが、皆さん目標額はありますか?我が家はとりあえず「定年までに5,000万円」を目標として2006年にインデックス投資信託による資産形成をスタートしました。

  • SBI証券で米ドルFX現引きの方法を解説

    海外ETFや米株購入の為等で、米ドルを低コストで調達するにはSBI FXαにて米ドルの 現引き がコスト面で非常に有利です。現引きとは?FXのシステム上で持っているドルを、実際のドル現物として口座に入れる事です。以前に私が米ドルを現引きした

  • 国内債券クラスの位置づけと個人向け国債の選択

    我が家のリスク資産ポートフォリオを四半期ごとに公開していますが、国内債券(日本債券)クラスに「個人向け国債 変動10年」が入っており、どういう考えで商品を選んでいるの?という質問を頂きましたので、私の考えをまとめておきます。

  • SBI証券でもポイント投資が始まりました

    楽天証券では、2018年8月より楽天ポイントを使用して投資信託が購入可能となっており、楽天市場や楽天カードとの連携を深めていますが、2019年7月20日よりSBI証券でもTポイントで投資信託が購入できるようになりました。また、取引内容に応じ

  • 海外ETFに興味のある方へ。海外ETFの魅力と注意点

    ネット証券各社での海外ETFの最低取引手数料引き下げをキッカケに、海外ETFに興味を持つ方が増えているようです。ここで海外ETFの魅力と注意点について私の考えをざっと書いておきます。なお、私自身は以前は海外ETFを使っていましたが、2013

  • インデックス投資ナイト2019 今年も盛況でした

    投資家による投資家のための手作りイベント「インデックス投資ナイト」が今年も開催されました。ここのところ毎年開催されていますが、やはりチケット発売直後にSOLD OUTとなる人気っぷり。イープラスのPCサイトは接続が落ちやすいので、ファミリー

  • 2019年2Q リスク資産運用状況

    もうすぐ夏フェスの季節がやってくるのが楽しみな今日このごろ(JOIN ALIVE、ロッキン、サマソニ参加予定)。2019年2Q(4月~6月)の我が家のリスク資産の運用状況について集計を行いました(無リスク資産や妻が個人で貯めている資産は含ん

  • 【長期投資のコツ】含み損のつみたてNISAを継続するのは難しい?

    2018年から始まったつみたてNISAは、金融庁お墨付きの非課税制度で、長期積立、国際分散、低コストという資産形成の基本をすべて踏まえており、資産形成の第一歩に良いツールだと当ブログでも説明しています。しかし、実際につみたてているものは元本

カテゴリー一覧
商用