投信で手堅くlay-up!
住所
出身
ハンドル名
じゅん@さん
ブログタイトル
投信で手堅くlay-up!
ブログURL
https://www.lay-up.net/
ブログ紹介文
バーディよりも、手堅くパーを取って行きたい。インデックス投信&ETFを中心に分散運用しています。
自由文
2006年に投資ブログを始めて以来、まだ生き残っています。マイペースでのんびり行きます。
更新頻度(1年)

27回 / 236日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2006/02/14

じゅん@さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(IN) 27,684位 26,843位 29,199位 26,317位 25,867位 22,483位 28,010位 969,466サイト
INポイント 0 10 0 0 0 20 20 50/週
OUTポイント 0 30 10 10 30 30 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 630位 614位 660位 606位 603位 531位 632位 13,466サイト
投資信託 41位 41位 45位 41位 38位 33位 42位 745サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 32,824位 33,857位 33,825位 29,780位 28,056位 25,884位 24,209位 969,466サイト
INポイント 0 10 0 0 0 20 20 50/週
OUTポイント 0 30 10 10 30 30 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 979位 1,013位 1,022位 933位 890位 859位 818位 13,466サイト
投資信託 70位 73位 75位 69位 66位 65位 60位 745サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,466サイト
INポイント 0 10 0 0 0 20 20 50/週
OUTポイント 0 30 10 10 30 30 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,466サイト
投資信託 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 745サイト

じゅん@さんのブログ記事

  • SBI証券で米ドルFX現引きの方法を解説

    海外ETFや米株購入の為等で、米ドルを低コストで調達するにはSBI FXαにて米ドルの 現引き がコスト面で非常に有利です。現引きとは?FXのシステム上で持っているドルを、実際のドル現物として口座に入れる事です。以前に私が米ドルを現引きした

  • 国内債券クラスの位置づけと個人向け国債の選択

    我が家のリスク資産ポートフォリオを四半期ごとに公開していますが、国内債券(日本債券)クラスに「個人向け国債 変動10年」が入っており、どういう考えで商品を選んでいるの?という質問を頂きましたので、私の考えをまとめておきます。

  • SBI証券でもポイント投資が始まりました

    楽天証券では、2018年8月より楽天ポイントを使用して投資信託が購入可能となっており、楽天市場や楽天カードとの連携を深めていますが、2019年7月20日よりSBI証券でもTポイントで投資信託が購入できるようになりました。また、取引内容に応じ

  • 海外ETFに興味のある方へ。海外ETFの魅力と注意点

    ネット証券各社での海外ETFの最低取引手数料引き下げをキッカケに、海外ETFに興味を持つ方が増えているようです。ここで海外ETFの魅力と注意点について私の考えをざっと書いておきます。なお、私自身は以前は海外ETFを使っていましたが、2013

  • インデックス投資ナイト2019 今年も盛況でした

    投資家による投資家のための手作りイベント「インデックス投資ナイト」が今年も開催されました。ここのところ毎年開催されていますが、やはりチケット発売直後にSOLD OUTとなる人気っぷり。イープラスのPCサイトは接続が落ちやすいので、ファミリー

  • 2019年2Q リスク資産運用状況

    もうすぐ夏フェスの季節がやってくるのが楽しみな今日このごろ(JOIN ALIVE、ロッキン、サマソニ参加予定)。2019年2Q(4月~6月)の我が家のリスク資産の運用状況について集計を行いました(無リスク資産や妻が個人で貯めている資産は含ん

  • 【長期投資のコツ】含み損のつみたてNISAを継続するのは難しい?

    2018年から始まったつみたてNISAは、金融庁お墨付きの非課税制度で、長期積立、国際分散、低コストという資産形成の基本をすべて踏まえており、資産形成の第一歩に良いツールだと当ブログでも説明しています。しかし、実際につみたてているものは元本

  • 一般に購入できる海外株式ファンドの信託報酬がついに0.1%未満に突入

    これまで、個人の資産運用に関して「コストを削減」することは、唯一確実にリターンを向上することができる手段だとして、注目してきましたが、ついに低コストファンドの信託報酬が0.1%未満に突入します!!既に案内が出ているとおり、6月27日には「&

  • 資産形成の必要性に気づいた人はつみたてNISAから始めてみよう

    6月3日に金融庁が公開したワーキング・グループの報告書について、報告書の趣旨とは全く違って、2000万円というキーワードが独り歩きして、おかしな方向で話題になっていますね。ただ、これがきっかけで資産形成の必要性に気づく人が増えれば、それはそ

  • 選択制DCに飛びつくのは待った!節税メリットのほか、年金が減るデメリットも

    2018年から、私の職場も妻の職場も企業型確定拠出年金(DC)が始まりました。自分で運用指図ができる!待ってました!!と、飛びつきたいところですが、実はそう単純な話ではありません。DCに拠出するのか、給与・賞与として受け取るのか、あるいはi

  • eMAXIS Slim 4ファンドの信託報酬の引き下げが実施されます

    業界最低水準の運用コストを目指し続ける事を公言している、三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim」シリーズですが、今週、5月14日より4ファンドの信託報酬の引き下げが行われます。プレスリリース業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXI

  • Excelで保有投資信託を管理する方法(まとめ)

    最近はマネーフォワードMEのような家計簿アプリで金融資産の残高を簡単に確認できるようになりましたが、つみたてや投資収益の記録を取るという点では機能が不十分です。私は投資信託の購入を始めた10年以上前から、マイクロソフトのExcelを用いて投

  • 勝盛政治著「ファンドのプロと考える 初めての資産運用」-人生100年時代の投信活用術

    つみたてNISAが徐々に世の中に浸透し始めていますが、投資初心者が何から始めれば良いのかというのは、やはりハードルが高いのが現状だと思います。ここ10年で、投資を誰でも気軽に始められるような環境はそろってきたので、あとは金融知識・教育の部分

  • 新入社員の資産運用の始め方。20年前の私へ伝えたいこと

    私が新入社員だったのはもう20年以上前の話になってしまいました。当時私は金融知識なんて全く無く、資産運用(資産形成)に目覚めたのは30代になってからでした。その頃の話は別にまとめていますが、20代から資産運用(資産形成)を始めていれば、今頃

  • 2019年1Q リスク資産運用状況

    2019年1Q(1月~3月)のリスク資産の運用状況について集計を行いました。我が家のリスク資産ポートフォリオ全体の直近3ヶ月(2019年1Q)の投資収益率は+8.34%となりました。2006年2月にリスク資産への投資を開始して以来の累計では

  • インデックスeシリーズ第9期運用報告書(2019年2月)

    現在でも私の保有ファンドの中で残高が一番多い、三井住友トラストAMのインデックスeシリーズ(旧CMAMインデックスe)の第9期運用報告書が出揃いました。 日本株式インデックスe 第9期運用報告書(全体版) 日本債券インデックスe 第9期

  • 【誰でも最初は初心者】私がインデックス投資を始めたきっかけ

    最近は、私の職場でもNISAという言葉が聞かれるようになり、つみたてNISAのような非課税制度をきっかけに投資を始めてみたという、若い人が増えています。ベテランブロガーでは、相互リンク先の虫とり小僧さん「いつか子供に伝えたいお金の話」が投資

  • 世界経済インデックスファンド 第10期運用報告書(2019年1月)

    「世界経済インデックスファンド」は国内外の株式・債券に投資する6資産分散型のインデックスファンドで、私の妻が以前につみたてていたファンドです(いまも保有したまま完全に忘れている模様)。今回第10期の決算ということで運用報告書がアップされまし

  • 楽天証券とSBI証券の投資信託ポイント還元プログラム比較

    SBI証券や楽天証券など、投資信託の保有残高やつみたて購入によりポイントが還元される証券会社があります。たかがポイントサービスですが、おまけだと馬鹿にしてはいけません。チリも積もればで年間で結構馬鹿にならない金額になります。投資信託は同じ商

  • 資産運用のゴール(目標金額)設定とアセットアロケーションの考え方

    以前にマネー誌でインデックス投資家10人の運用術が特集され、私もそこに掲載されたことがあったのですが、同じインデックス投資家といえ10人それぞれで資産運用目標金額が大きく異なっており個性にあふれていました。投資に限らず、何でも目標を設定する

  • ウェルスナビ(Wealth Navi)解約しました。利用してわかった良い点と悪い点。

    資産運用サービスのウェルスナビ(WealthNavi)は2016年7月に一般公開され、預かり資産1100億円を突破するなど、ロボアドバイザーでは一番人気となっています。もともと、ファンドラップと呼ばれる「投資一任契約」によるおまかせ運用は、

  • ニッセイ<購入・換金手数料なし>シリーズ第5期運用報告書

    先日おこなわれました、投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018でも外国株式インデックスファンドが上位の常連となっていますニッセイAMの<購入・換金手数料なし>シリーズの主なファンドで決算が終わり、運用報告書が公開されま

  • 投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018 受賞ファンドはこれだ!

    今回で第12回目となりました「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」の受賞ファンドが本日発表され、私も表彰式と懇親会に参加しました。投票を行ったブロガーからも、運用会社の中の人からもとても熱意あふれるコメントが寄せ

  • 年金額は知識で差がつく!田村正之著「人生100年時代の年金戦略」

    インデックス投資界隈ではおなじみの日経新聞社の田村正之さんが、先日新著「人生100年時代の年金戦略」を発売されました。田村さんが書かれているように、年金は情報格差が大きく、知識を持っているかどうかで大きく差が付くものですね。公的年金活用のた

  • 2018年家計の決算報告です

    明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお付き合いください。さて、我が家は夫婦共フルタイムの共働きですが、家計の財布は一つとし、妻の小遣いを除き全て一元化して私が管理しています。そのため、毎年年末年始には妻に家計の決算報告を行うの

  • 2018年末 リスク資産運用状況

    今年は年末まで時間がなくバタバタとしていますが、3ヶ月に一度のリスク資産の運用状況の確認を行います。我が家のリスク資産ポートフォリオ全体の直近3ヶ月(2018年4Q)の投資収益率は-8.8%となりました。年初来では-8.9%の着地と、特別大

  • 【2018年総集編】今年はこんな記事が読まれました。

    2018年もなんとか仕事納めが終わりました。この後、投資成績の集計と家計の決算報告が残っていますが、当ブログ記事の2018年の1年間のPVランキング(google analytics調べ)より、今年1年を振り返ってみます。個人的には、今年は