searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

歩兵さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

フォロー

ブログリーダー」を活用して、歩兵さんをフォローしませんか?

ハンドル名
歩兵さん
ブログタイトル
藤島建設さん、住宅一軒お願いします。
フォロー
藤島建設さん、住宅一軒お願いします。

歩兵さんの新着記事

1件〜30件

  • 第61回 マイホーム建築セミナー

    歩兵です。 藤島建設さんのブログで時々「マイホーム建築セミナー」の案内があります。予定された日時にYouTubeで配信され、テレビ番組を見る感覚で視聴することができます。時間はおよそ1時間30分で、「セミナー」というだけあってかなりの長さです。 昨夜ちょうど配信があったので視聴してみました。内容はブログで紹介されている通りで、ハウスメーカーの住宅が高い理由、高気密・高断熱の話、土地探し、住宅ローンについてなど、家づくりに関するあらゆるテーマが網羅的に語られていて、1時間30分の尺が足りなく思えてしまうほどのボリューム感でした。 歩兵は土地探し、ハウスメーカー探しを終えてしまった段階なので、すで…

  • 第60回 注文住宅は計画的に…。

    歩兵です。 注文住宅の計画を立てている方は、建売やマンションではできない何かがあるから注文住宅を選択したことと思います。最初に色々と希望があり、予算の制約で妥協して諦めて…ということもあるでしょうが、時間をかけて考えていると、逆に後から「やりたくなったこと」が色々と出てきます。 歩兵も最初は漠然と「水回り設備は長く持っても15年で交換だろうし、ミドルグレードのものならいい」とか思っていたのですが、いざショールーム巡りをしてみると「どうせ新築するなら最新・高性能なものにしたい」という気分になったりします(そして見積金額が跳ね上がっていくわけですが…)。 途中でやりたくなったことの一つめは壁掛けテ…

  • 第59回 地鎮祭

    歩兵です。 地鎮祭しますか?土地の神様をお祀りして工事の無事を願う儀式です。高校の社会科の授業で、「津地鎮祭訴訟」という事件を習ったのを思い出す方もおられると思います。行政機関が公共施設を建てる際に地鎮祭を行った場合、憲法の政教分離原則に反するかどうかが争われました。最高裁まで争われ、目的効果基準という考え方が示された事件です。裁判では地鎮祭は憲法上禁止される宗教的行事にはあたらず、世俗的なものにすぎない、と判断されましたが、それにしても神主さんを呼んで神道の儀式を行うわけですから、宗教色を帯びたものに間違いありません。 歩兵の配偶者はキリスト教会に所属するクリスチャンですので、神道方式による…

  • 第58回 藤島建設さんを選ばせていただくまで

    歩兵です。 仕事のほうが忙しく、ブログの更新頻度が下がりました。でも忘れないうちに書いておきたいことは色々と残っていますので、時間を見て更新したいと思います。しかし節操なく色々なテーマの記事を上げているので何を書いて何を書いてないか忘れてきました。もう少し計画的に書き進めたほうがよかったかもしれません。 さて、当ブログは「藤島建設さんってどうなの?」と気になる方のために書いているものでもあります。本当は住み始めて2年3年、10年、20年…と経ってみないと分からないこともあるでしょうから、契約が終わって建築が始まる今の段階でのお話になりますが、お役に立てれば何よりです。 今回は気になる建築費用に…

  • 第57回 後悔ポイントになるかもしれない②

    歩兵です。 後悔ポイントになるかもしれない、というよりは、いまだに「これでよかったのかな」と迷っているというほうが正しい気がします。住み始めてからも、別の選択肢にした場合の住み心地は分からないからです。できれば宿泊体験などで色々な仕様の住宅の住み心地を体感してみたかったのですが、小さい子どもがいるとなかなか難しく、できませんでした。 ということで何の話かというと空調です。 歩兵が新築にあたって最も重要だと思っているのは住まいの快適性です。冬に暖かく、夏に涼しく過ごせることで、端的にいえば家じゅうの温度が年間を通じて適度に保たれていることです。 現在住んでいる築27年の賃貸戸建は(鉄骨系なのもあ…

  • 第56回 後悔ポイントになるかもしれない①

    歩兵です。 おうちの契約が済んで一息となりましたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響でお仕事が忙しく、なかなか休めません。おうちのほうも電気配線などまだ考えることが残っていて時間がほしいところです。 さて、家づくりブログでしばしば紹介される「後悔ポイント」ですが、歩兵の場合はまだ設計図の段階で着工していませんので、実際に住み始めてしばらくしてから出てくるものだと思います。 とはいえ、現段階で「これでよかったのかな」と頭をよぎることがいくつかあり、住み始めてから後悔ポイントにならないよう工夫で解決できたらいいなと思う次第です。 1つめは小屋裏部屋です。 歩兵の家は2階建てですが、固定階段で上がれ…

  • 第55回 藤島建設さんと契約しました!

    歩兵です。 コロナ対応でお仕事が爆増してしまい少し筆が止まっておりましたが、今後もぽつぽつ書いていきます。 さて、藤島建設さんの展示場に行ってきまして、ついに契約を結びました。「建築工事請負契約」というもので、平たく言いますと、藤島建設さんが歩兵の家を作ることを約束し、歩兵はその仕事の結果に対して報酬をお支払いすることを約束する、という契約です。契約というのは約束をしてそれについての法的な義務を負うことですが、いろいろな種類があり、贈与、売買、消費貸借、雇用、委任…などに分類できます。そのうち一つがこの請負というものです(法学部だと債権各論の授業で詳しく習います)。お支払いする総額も今後造作や…

  • 第54回 家具は搬入できるのか問題

    歩兵です。 建築確認申請のための図面を承認すると間取りが変更できなくなります。歩兵の新築計画もいよいよ確定段階に近づいてきました。 さて間取りについて、本当ならばもう少し早い段階で考えておくべきだったのですが、「家具が搬入できるのか」という問題があります。たとえば冷蔵庫や洗濯機のような大型家電、分解不可能なチェスト等を設置予定場所まで運べるかということです。玄関ドアから入り、階段を上がり、部屋のドアを通過して、といくつかのポイントをクリアする必要があります。 歩兵の計画ではそもそも窓を最低限にしており、掃き出し窓は1階リビングにしかありません。2階には引き違いの窓もなく、さらにベランダもありま…

  • 第53回 ウッドショック

    歩兵です。 家づくりを考えていても、ウッドショックの折、今建てるべきか見送るべきか迷っている方も多いのではないかと思います。ウッドショックとは、世界的な木材の需要が増加し、建築用木材の輸入量不足による価格上昇が起きていることです。ニクソンショックに始まり、オイルショック、リーマンショックなどと並ぶ、経済史上に残る急激かつ大規模な混乱になっています。 おそらく、(どうせ建てるなら)あと1年でも早く家を建てていれば経済的なメリットが大きかったでしょうが、いつ家を建てるのがベストか(あるいは建てないか)という判断に際しては経済的な要因以外にも考えるべきことが多く、一概に結論は出せません。 ウッドショ…

  • 第52回 天棚の奥行

    歩兵です。 新居には6畳くらいのウォークインクロゼット(というか更衣室)を作ってもらう予定です。歩兵夫婦は共働きのため、朝はそれぞれの出勤や保育園への送迎に合わせて起きることになります。すると、寝室にまだ寝ている子どもや配偶者がいるとき、騒音を出さないよう着替えるのは気を使うのです。そのため、寝室には衣類収納を設けず、独立したウォークインクロゼット兼更衣室を作ることにしました。洗濯乾燥室と直結させているため、洗ったものをすぐしまえる動線になっています。 さて、ウォークインクロゼットの中ですが、天棚をつけてもらい、ハンガーパイプを通す計画です。床には衣装ケース(引き出し収納)を重ねて置きます。ハ…

  • 第51回 フィットインプラザと町中華

    歩兵です。 打合せのためフィットインプラザに行ってきました。藤島建設さんのショールームです。ここは本当に色々な展示(というか何というか)があり、すごいの一言です。一部はYouTubeの藤島建設公式チャンネルで紹介されていますが、1回や2回では紹介しきれないので、いつかきちんと取材して、詳しく記事にできたらと思っています。 今回の打ち合わせは10時に始まってお昼休憩を挟んで18時前まで丸一日取っていただきました(正味7時間かけました…)。内装(クロス・造作)を決めていったのですが、2階建てのごく普通サイズの家でも一つひとつ決めていくと無限に時間がかかります。本当にフルオーダーの住宅を作るのは大変…

  • 第50回 APW330防火窓のη値

    歩兵です。 ブログを書き始めて50日連続で更新できました。Googleなどの検索でも表示されるようになりましたし、ブログ村に登録したことでアクセス数も増えております。ありがとうございます。家づくりは考えることが多すぎて、50回書いてもまだ書くことはたくさん残っているのですが、これからは少し更新頻度を落としてチョイチョイ書くようにしたいと思います(埼玉県もコロナ禍が深刻になり仕事への影響が出てきました…。ウッドショックもそうですが本当に今は色々なことがしんどい時期ですね)。 さて今日はAPW330防火窓のη値について書きます。以前にも書いた通り歩兵の新築計画ではAPW330を使うことになっていま…

  • 第49回 自転車置き場

    歩兵です。 都市部において自転車は非常に便利な移動手段となります。5km以内の距離であれば他の移動手段(自動車、鉄道、バス…)よりも速いとも言われています。平坦な地勢であればなおさら手軽で使いやすい乗り物です。 歩兵は125ccの小型バイクを所有しており、これはこれで便利なのですが、バイクの場合駐輪場が限られてしまうのが難点です。また、自動車よりも小回りがきくとはいえ、それなりに重さもあります。自転車は燃料を入れる必要もなく、省スペースで、駐輪場もいたるところにあり、きわめて気軽に使えます。歩兵も子どもを保育園に送迎するのにチャイルドシート搭載の電動アシスト自転車を使っており、駅前の駐輪場を定…

  • 第48回 駐車場の勾配

    歩兵です。 唐突に外構の話題で恐縮ですが、駐車場の勾配を考えたことがあるでしょうか。都心部の狭小地や山間部だとものすごい勾配の駐車場も存在しますが、一般にはどうするのがベストでしょうか。 平らがいいようにも思えますが、2〜3%の勾配をつけるほうが望ましいとされています。10メートルあたり20〜30センチ上がっていく程度の坂道で、平らに近いが勾配は感じる、といった体感でしょうか。教習所にある坂道発進の坂が10%くらいです。 勾配がきついと駐車しにくいだけでなく車に負担がかかりますし、車種によってはバンパーや車底をぶつけるかもしれません。一方、真っ平らだと排水ができず水溜りができ、コンクリートを劣…

  • 第47回 土地の買い方

    歩兵です。 土地を買うのと、スーパーでバナナ1本買うのとでは話が異なります。バナナも品種や大きさ、鮮度などに応じて値段がつけられ、買い手はその価格に納得すれば購入することになります。同じバナナでもお店によって値段が異なるため、より安いバナナを探して複数のスーパーをめぐり歩くこともあるかもしれません。一方、土地は一点物です。同じ土地は一つとしてなく、その土地をいくらで買うのが妥当かというのは非常に判断が難しいところだと思います。 とはいえ、生涯最大の買い物になる住宅用地ですから、妥当な金額で買いたい(できればお得に買いたい)というのが人情というものです。そのために必要なことは相場を知ることです。…

  • 第46回 土地の決め方

    歩兵です。 歩兵宅で使用していたFAX兼用プリンタ(モノクロレーザー複合機)の挙動がおかしく、何をどうしても用紙をきちんと送れなくなりました。モーターを使用している機械ですし、寿命と判断して廃棄することにしました。Amazonで購入年月を調べてみると2010年9月2日だったようで、3万円強で買って約11年間使ったわけですから十分元を取りました。引越し先で複合機をどうするかも考えたいと思います。 さて土地の話の続きです。良い条件の土地を見つけて買うことができた、と書いてきましたが、それも予算内で最善という意味に過ぎません。歩兵夫婦はともに電車通勤であるため、駅までのアクセスは重要ですが、何せ駅近…

  • 第45回 土地探しを始める(続)

    歩兵です。 土地探しの方法について具体的に書こうかと考えていたのですが、歩兵の場合はたまたま運よく良い条件の土地が見つかったということにすぎず、購入のプロセスも含め、あまり一般化はできないような気がしてきました。ということで、ごく簡単にまとめることとします。 歩兵がやったのは、住みたいエリアを実際に歩いてみて、売り土地になりそうな場所がないか自分の目で見て探したということです。そうすると、「売地」の看板が出ていたり、あるいは不動産会社による開発許可標識などを見つけたりします。 特に人気が高い新規分譲地などは造成が始まる前に未公開のまま売れていくことも多いので、このような方法で「足で探す」ことは…

  • 第44回 土地探しを始める

    歩兵です。住宅を建てるための土地探しについて書きます。大きく分けると、ハウスメーカーに土地を探してもらうか、自分で土地を探すかのいずれかだと思います。前者であれば、建物とセットで土地を検討することができるため、総予算を見積もりやすく、またその土地にどんな建物を作るかの見通しも立てやすいというメリットがあります。家を作るためには都市計画法や建築基準法などの法令上の規制が数多くあり、目星をつけた土地に希望の間取りで家が作れるかどうかの判定はかなり難しいものです。ハウスメーカーによっては工法に制約があり、たとえば大型のクレーン車や重機が入らない土地には建築が難しい(あるいは費用が高額になる)というこ…

  • 第43回 どこに家を建てるか

    歩兵です。 新築の注文住宅を作りたいと思っても、どこに建てるかという問題と直面します。歩兵は土地を持っておりませんので、土地探しから始めないといけません。賃貸であれば「嫌なら引っ越す」フレキシビリティがありますが、持ち家となるとそうはいかず、少なくとも数十年、もしかしたら終生その土地に住み続けることになるかもしれません。そう考えるとあまり簡単には決められません。 ただ、ライフプランにおける不確定要素がなくなってくれば、土地を買って定住することのリスクも減ります。歩兵の場合、子どもの保育園が決まったことが一つの契機でした。上位希望だった認可保育園に転園できることになったのです。これにより、住みた…

  • 第42回 新築か中古か

    歩兵です。 続けます。賃貸ではなく持ち家にしよう。マンションではなく戸建てにしよう。建売はやめよう。ということで、残る選択肢は新築(注文住宅)か中古(リノベ)かということになります。 歩兵が新居計画を進めたのは仕事と生活の質を上げたいからで、自分たちに合った間取りの家であることが重要でした。注文住宅であればそれはもちろん可能なのですが、中古物件を購入してリノベーションするという選択肢も考えていました。 中古物件のメリットは価格が安いことです。特に築25年くらいだと建物価格はゼロ計算ですし、それ以上になると住宅ではなく土地(上物あり)として売られます(解体費用等も見込むので更地より安くなります)…

  • 第41回 戸建てかマンションか

    歩兵です。 前回の続きです。持ち家にするとしても、戸建てかマンションかという選択肢があります。戸建てにしても、中古住宅(+リノベ)、建売、土地付き注文住宅のいずれをチョイスするかで悩むことになります。 高校・大学選び→どこかに受かればありがたい 就職先選び→どこかに採用されたらありがたい 配偶者選び→誰かが結婚してくれたらありがたい 保育所選び→どこかに入れてもらえらたらありがたい と、人生において重要な「〇〇選び」とされるものはそもそも選択可能なオプションが限られており、自由自在に選べるような恵まれた立場の方はそれほど多くないと思います。その点、住宅選びは同じ予算であっても選択肢が限りなくあ…

  • 第40回 持ち家か賃貸か

    歩兵です。 持ち家がいいか賃貸がいいか、ライフスタイルによって決まるものと思います。どちらにもメリットとデメリットがあるからです。持ち家は資産といっても、建物は築後25年もすれば価値はなくなります。土地も、首都圏の駅近などよほどよい立地でなければ価値は下落するでしょう。今般の人口減少社会において空き家が増加しつづけるのは確実で、住宅の需要は減っていくからです。賃貸は住んでいる限り家賃を払い続ける必要がありますし、高齢になると借りにくくなります。 一方で、持ち家のメリットは何よりハイグレードで自由な暮らしができることだと思います。マンションなら、分譲仕様と賃貸仕様では造りが異なります。歩兵は低層…

  • 第39回 屋根を選ぶ

    歩兵です。 屋根材はどうやって選びますか?高性能住宅に関心がある方々のブログを読んでも、屋根材について比較している人は多くないような気がします。屋根断熱なのか天井断熱なのか、またどんな断熱材を何ミリ施工するのか、といったことは考えても、屋根材は見た目とかコストで選ぶというケースが多いのではないでしょうか。 歩兵も屋根材の性能についてはあまり興味をもたず、見た目にこだわるほど予算もないということで、ガルバリウム鋼板でいいと安易に考えておりました。ハウスメーカー巡りをしているときも、屋根は何かご希望ありますか?と聞かれて「特にこだわらないのでガルバでいいと思っています」と答えていました。 ところが…

  • 第38回 ハウスメーカーのゆるキャラ

    歩兵です。 まちおこしのゆるキャラブームが起きたのは「くまモン」が誕生した2010年頃です。2011年にゆるキャラグランプリでくまモンが優勝し、あちらこちらの自治体でゆるキャラが作られました。今やゆるキャラを持たない自治体のほうが珍しいような気がします。埼玉県のマスコットはコバトン(2000年に国体マスコットとして登場)、さいたま市には知名度今ひとつですがヌゥがいます。浦和うな子ちゃんのほうが知られている気がします。 歩兵の勤務先にもゆかりの漫画家が作画したゆるキャラがおります。定着しているかはともかく、キャラクターグッズも作られており、お土産に便利です。 さてハウスメーカーのゆるキャラはどう…

  • 第37回 ブログ村に登録しました!

    歩兵です。 個人ブログのポータルサイトであるブログ村に登録しました。当ブログは現在「高気密・高断熱」カテゴリでOUTポイント順17位にランクされており、お陰様でアクセス数が増えています(昨日は70件以上のアクセスがありました。藤島建設さんの公式YouTubeチャンネルより多いかもしれません)。Google経由よりブログ村経由でのアクセス件数のほうが多いです。 注文住宅を建てる方は、とにかく工務店選びに悩むと思います。予算内でできるだけ高性能住宅を建てたい、でも「高気密・高断熱」を謳う会社はたくさんあって、何を信じたらいいか分からない。一生に一度のお買い物でミスマッチは怖い。もっとクチコミ情報が…

  • 第36回 高気密住宅をつくるには

    歩兵です。 連日乾太くんのことばかり書いてきましたが、結局のところ誰も教えてくれなかった乾太くんの弱点は半密閉式で膨大な量の換気を必要とする(=熱損失が大きくなる)、ということだと思います(一応リンナイに密閉式にするオプションがないか問い合わせたところ、「ない」という返事がきました)。高気密・高断熱住宅で適切に空調管理すればあらゆる洗濯物は室内干しでも十分乾くと考えられますので、本当に乾太くんが必要なのかも人によるかと思います。歩兵はそれでもガス乾燥機を使いたいので(とにかく早く大量に乾かしたいから)、実験台として、藤島建設さんに高気密・高断熱住宅を作ってもらい、乾太くんを使った場合の住み心地…

  • 第35回 乾太くんの必要給気量

    歩兵です。 リンナイに再度問い合わせたところ、乾太くんの排気量は目安として約4㎥/mとのことです。ということは、1時間運転すると240㎥排気することになります。 各階50㎡の総2階の家の容積がざっくり50㎡×4.8m=240㎥とすると、1回1時間の運転で家中の空気を全部持っていくくらいの排気が行われるという話になります。ということは、2時間で1回空気を入れ替える通常の第一種換気で給気量を調整するのは到底不可能なように思われます。 乾太くん(5kgDX)の仕様書によるとガス消費量は都市ガス13Aで最大5.20kW、開放型のガス器具を用いる場合の計算式によると必要換気量V=定数40×理論排ガス量0…

  • 第34回 リンナイからの回答(新事実の発覚)

    歩兵です。 高気密・第一種換気の家に乾太くんを設置できるか?どれくらいの給気がいるのか?とリンナイの問い合わせフォームから照会してみたのですが、おおよそ次のような短い返信が返ってきました。 「乾太の設置には給気口が必要です。詳細は工務店様とご相談下さい。」 せめて排気量がどのくらいなのかだけでも回答がほしかったのですが、、、素人に説明するのは面倒なのでしょうか……。安い商品でもないし安全にも関わるので、そのくらいは答えてほしいところですが、結局藤島建設さんに見解を求めることになりそうです。 ところで、この回答でちょっと衝撃だったのは、リンナイの担当者が乾太くんを乾太と呼び捨てにしていることです…

  • 第33回 乾太くん設置レイアウト

    歩兵です。 続きです。正確にはリンナイとパナソニックの見解を確認しないとわかりませんが、おそらく乾太くん用に給気口を設ける必要がある気がします。給気口をつけるとその部分に巨大な穴が空くわけですから、せっかくの高気密高断熱に影響がありそうです。どうも乾太くんと高性能住宅は相性がよくないのかもしれません。外気で燃焼するFF式乾太くんは開発できないものでしょうか…。 乾太くん問題を考えていて、家事室のレイアウトについても気になってきました。現在の計画では、家事室内の洗濯機の上に専用台を設置することになっています。省スペースで済むのですが、洗濯機(縦型)も乾太くんもやや使い勝手が悪くなるかもしれません…

  • 第32回 乾太くんと換気問題

    歩兵です。 昨日の続きです。パナソニックHPで第一種熱交換換気システムの仕様を見ると、「2つのDCモーターで給排気風量バランスを自動でコントロールします」と書いてあることに気づきました。これを素直に読むと、差圧によって給排気の量が自動的にコントロールされるという意味だと思うのですが、そうだとすれば風呂やトイレの局所換気と一緒に使った程度で負圧はかからないような気がします。 問題なのはやはり乾太くんです。マニュアルには、78.5平方センチメートルの給気口が必要である(「24 時間換気の給気面積の総和が上記より上まわっていれば給気口設置の必要はありません」)と書かれていますが、第一種換気の場合はど…

カテゴリー一覧
商用