searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Hayato Takahashiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
BPM Function | 理学療法士のからだブログ
ブログURL
https://bpm-function.com/
ブログ紹介文
理学療法士として、からだのケア・コンディショニングを行なっております! 日頃から行えるからだの簡単なセルフケア方法・お役立ち情報を発信しているブログになります。 臨床家・専門家向けに、臨床に役立つ専門知識も発信しております。
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/hayato_physio
YouTubeアイコン

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UC4fYs62JeAPSPNIuyapjfDg
更新頻度(1年)

9回 / 27日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2021/05/16

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Hayato Takahashiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Hayato Takahashiさん
ブログタイトル
BPM Function | 理学療法士のからだブログ
更新頻度
9回 / 27日(平均2.3回/週)
フォロー
BPM Function | 理学療法士のからだブログ

Hayato Takahashiさんの新着記事

1件〜30件

  • 骨盤矯正って実際のところどうなの?そもそも骨盤は歪むの?

    骨盤矯正という言葉は多くの方に知られていますが、実際のところ骨盤は歪まないため、矯正することもできません。それなのに多くの整体・整骨院では、お金儲けのために骨盤矯正という言葉を使用しています。多くの情報に惑わされないためにも、この記事を参考にしていただければ幸いです。

  • ”痛いから動かさない”というのは身体にとっては良くない!?

    痛みがあるからといって安静にしすぎていると、痛みを感じてしまうボーダーラインが低くなり、痛みを感じやすくなってしまうことがあります。神経系や筋肉・関節も変化し、より痛みを感じてしまいやすい身体に変化してしまうのです。痛みを感じている組織を見つけ、痛くない方向へ動かすことが重要になります。

  • なぜ痛みを感じるのか?

    痛みを感じるのは、痛いという感覚だけではなく、情動や認知面の影響、過去の体験などが関係しています。痛みを感じるメカニズムを解説し、痛みを正しく理解することが、現在の痛みを改善することの近道となるはずです。怪我をした後、炎症による痛み、内臓からの痛みの関係も解説しています。

  • なぜ痛みを感じるのか?

    痛みを感じるのは、痛いという感覚だけではなく、情動や認知面の影響、過去の体験などが関係しています。痛みを感じるメカニズムを解説し、痛みを正しく理解することが、現在の痛みを改善することの近道となるはずです。怪我をした後、炎症による痛み、内臓からの痛みの関係も解説しています。

  • ”痛み”とはなにか?

    『”痛み”とは何か?』を解説した記事になります。痛みは、組織損傷に伴う感覚の問題だけでなく、各個人の組織損傷と結びついた体験、そこに情動が付け加えられた体験が影響してきます。痛みの定義についてや、痛みの伝達様式・感じ方、慢性痛に関して、どなたにも分かりやすい内容で解説しています。

  • 歩行の全体像を把握するために視るべきポイント

    歩行分析を行う際に視るべきポイントを、胸郭・骨盤・足部に分けて解説しています。歩きを見ることに苦手意識をお持ちの方も多いのですが、まずはなんとなく見ることが大切です。局所を見るよりも3つのポイントに絞って、全体をボヤッと見ることで、歩行の全体像を把握することにつながります。

  • ばね指の原因とマッサージ・ストレッチの方法

    ばね指は、指を動かす腱を覆う腱鞘の問題により生じることが多いです。この原因について詳しく解説している記事になります。症状を改善するために必要な前腕や手の筋肉のマッサージをするポイントやストレッチの方法を解説しています。

  • アブダクトリーツイスト(Abductory Twist)のバイオメカニクス

    アブダクトリーツイスト(Abductory Twist)は歩行時に見られる足部の異常運動です。歩行分析・観察において重要なポイントになります。足部のバイオメカニクスをもとに、日本一わかりやすく解説しています!足部過回内や脛骨内弯・踵骨内反の問題も関係するポイントもまとめています。

  • 足首の不安定感を解消するためのトレーニング方法

    歩く時や階段の上り下りの際、足首(足関節)の不安定感の症状がある場合は、靭帯や筋肉の機能が低下している場合があります。問題の多くは靭帯が伸びていたり、切れていたりするため、足首周りの筋肉を鍛えることで関節を安定させていきましょう。足首単独と下半身全体を使うトレーニング方法を解説します。

  • SLAP損傷(上方関節唇損傷)に対する評価方法:4つのスペシャルテスト

    SLAP損傷(上方関節唇損傷)に対して行うべきスペシャルテストのまとめ記事になります。Passive Distraction Test、Active Compression Test、Compression Rotation Test、Biceps Load Ⅱ Testの4つの評価をまとめています。

  • 肩関節前方不安定症に対する評価方法:2つのスペシャルテストの選択

    肩関節前方不安定症に対して行うべきスペシャルテストは、Apprehension testとRelocation Testの2つになります。それぞれ単独のテストだけで判断せず、組み合わせることで評価の信頼性が高くなります。それぞれのテスト方法に関してもまとめた記事になります。

  • 肩峰下インピンジメントに対する評価方法:3つのスペシャルテスト

    肩峰下インピンジメントの症状が疑われる際に行うべきスペシャルテストは3つあります。Hawkins-Kennedy Test、Painful Arc Test、Infraspinatus Testを組み合わせることにより、信頼性の高い評価を行うことができます。これら3つのテスト方法も解説しています。

  • 腱板損傷に対する評価方法:3つのスペシャルテストの選択

    腱板損傷が疑われる際に行うべきスペシャルテストは、Painful Arc Test、Drop Arm Test、Infraspinatus Testの3つになります。感度・特異度・尤度比を元に、スペシャルテストの組み合わせを解説しています。また、3つのテスト方法も解説しています。

  • 太ももの外側が痛い時に行うべきストレッチ・トレーニング方法

    座っている時、立っている時、座っている時に太ももの外側が痛くなってしまう原因と、それに対する太もものストレッチ方法、お尻や内もものトレーニング方法をご紹介しています。硬くなってしまっている部分をストレッチするだけでなく、硬くならないように他の部分をトレーニングしていく必要があります。

  • 脊柱のアライメントと神経の滑走性の関係性:座位におけるスランプ肢位と直立肢位の差

    脊柱のアライメントと神経伸張テスト・神経モビライゼーション時における神経の滑走性の関係性の関係性をまとめています。座位姿勢のスランプ肢位と直立肢位において、坐骨神経の滑走性は有意な差がありません。その他、脊柱のアライメントと大腿神経・正中神経に関してもまとめています。

  • なぜ大腿筋膜張筋を過剰に使用してしまうのか?

    大腿筋膜張筋を過剰に使用してしま理由は、大きく分けて2つあります。一つ目が筋のインバランスです。大腿筋膜張筋を積極的に使用している場合と、仕方なく頼ってしまう場合があります。2つ目が骨盤-大腿骨のアライメントです。姿勢や動作が大きく影響します。

  • 大腿筋膜張筋を抑制するために必要な5つの筋肉の活動

    大腿筋膜張筋が過緊張・短縮の状態にあると、身体にとって様々な問題が生じることになります。大腿筋膜張筋を抑制させるためには、腹筋群・ハムストリング・臀筋群・内転筋群を活動させる必要があります。これらの筋作用をもとに、大腿筋膜張筋を抑制することができる理由を解説しています。

  • きっかけがないのに身体に痛みが生じてしまうのはなぜ?

    五十肩や腰痛、肩こり、首の痛みなどは、あるきっかけがなくても発生してしまいます。明確な原因はないにも関わらず、なぜこのように痛みが生じてしまうのか?を解説している記事になります。普段の生活習慣における身体の姿勢や動かし方、生活環境、身体・心理的ストレスにも影響されるので、それらを複合的に考えていく必要があります。

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー