chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
さんちゃん
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/02/08

1件〜100件

  • 夏休みは家族旅行で沖縄へ!

    ここのところ、台風続きですが、まだ台風がやってくる前、8月のうちに家族で沖縄旅行してきました!なんか、最近のブログ、暗いニュースばっかり書いているので、少し明るい話題を書こうかと思って。コロナで夏休みの旅行を自粛し続けていたので、飛行機に乗って家族旅行するのは3年ぶりのこと。家族旅行で沖縄っていうと、那覇のリゾートホテルに泊まって、美ら海水族館やホテルのプールやビーチで遊ぶ人が多いかもしれないけど、我が家は違います。離島の安宿です、笑。部屋にお風呂もトイレもついていない安い民宿に泊まって、1日目はカヤック&シュノーケリング、2日目はシュノーケリング&ダイビングと海遊び三昧でした。写真はシュノー…

  • 園バスでの置き去り事件が許せない

    またあまりに悲しいニュース。幼稚園バスに取り残された3歳児が5時間閉じ込められて熱中症で死亡って。水筒は空っぽになっていて、服を脱いで上半身裸になって倒れてたって記事を読んで、胸が苦しくなる。3歳児なりに、自分で必死にいろいろ考えて、服を脱ぐとか、水分取るとか、なんとか自分で考えつく限りの対策して。それでも暑くて暑くて、どうしようもないなか、「お母さん!」とか、「先生!」とか、バスの中で叫んでいたのかな、とそのときの様子を想像すると涙がでてくる。なんで、なんで、誰か大人が気づいてやれなかったんだろう。6人乗った子を6人降ろすだけのことができなかった大人たち。来ていないことに疑問をもたなかった大…

  • 富山の2歳児の事故があまりにも悲しすぎる

    最初にニュースを聞いたときから、気になっていた。お母さんが、お姉ちゃんの髪の毛をドライヤーで乾かしている隙に勝手口から出ていってしまったという2歳のれおん君の件。早く見つからないかな、って毎日ニュース気にしてました。他人事じゃなく思えたお母さんは世の中にたくさんいたと思う。私もすぐに思い当だすことがあった。ポン太が1歳を過ぎた頃のこと。マンションの駐輪場に自転車を停めているとき。うちの駐輪場って停めるところが左右に動くんです。スライド式ラックって言うんですかね。スッとラックに入るときもあれば、うまくいかなくて2,3度、入れ直すこともあって。これが電動自転車だと重くてちょっと手間取ったりして。で…

  • 夏の終わりに思うこと

    あっという間に9月に入りましたね。もう今年の3分の2が終わったかと思うと、ちょっと焦ります。今年は子供だけじゃなくて、自分も成長する年にしようと決めたはずだったから。今年から始めたピラティスは続けています。 週に1回で子供と離れて鏡を見て、思い切り猫背になっている背中をピンと伸ばして動くその時間は心地よく、今も楽しく通っています。ただ成長っていうほどでは・・。明らかに身体を変えていくには、もう少し頻度をあげてやらないといけないようです。先月、中学時代の友人に会いました。中学時代、お互いピアノを習っていて、当時ふたりとも練習がとっても嫌いだったけど、お互い幼児のころから続けている習い事だからなん…

  • 4歳ポン太の名言! 迷言?

    先日、ポン太が4歳になりましたーー!いやぁ、早いですねぇ。そして子供の誕生日って自分の誕生日以上に感慨深いものですね。あぁ、あの日も暑かったなぁ、なんて思い出したりして。誕生日を境に急に成長するわけでもなく、相変わらずポン太の迷言は続いています。 ●誰にとっても衝撃の一日 「安倍さん、お亡くなりになったって。」「えーーー。」これは、安倍元首相襲撃事件の日。保育園の帰り道、すれ違った女性ふたりの会話が聞こえてきたときのことです。家を出るときから、ニュースは目にしていたのですが、思わずその場で手元のスマホのニュースを確認してしまいました。そして、わかるはずはないと思いつつも、このショックを共有した…

  • ポン太、はじめての海水浴を目前に大ピンチ

    「明日からいよいよ2泊3日の海水浴だねー♪♪」と、保育園に送りだして出勤した木曜のことです。午後3時頃、スマホに着信。画面には「保育園」の文字。げーー、勤務中に保育園から電話がきたら、そりゃもう、明るいお知らせなわけがない。一気に暗い気持ちになって電話をとると、案の定、「ポンちゃんですが、お昼寝から起きたあと、38.2度の発熱です。嘔吐もみられます。できるだけ早くお迎えお願いします。」と担任の先生。あーー、なんで、なんでなのー、朝は普通に元気やったのにぃ。ポン太は扁桃腺が腫れやすいようで、こういうことがわりとよくあります。でも、今回の場合は、、もしやコロナ?! 在宅勤務中の夫に仕事中断をお願い…

  • 選ばなかった未来、選べなかった未来

    つい最近、ポン太に従兄弟が増えましたー!夫の弟さんのところ、ちょうどポン太と同じ頃に一人目が生まれて、その弟が生まれました。生まれる直前まで知らなくて、TV電話でお話ししてるとき、義母からぽろっと、「あんなー、もうすぐ、ダイちゃんおにいちゃんになんねん。」って聞いて知りました。全然知らなかったので、「おめでとう。身体大事にしてね。」って義妹に短いLINEを送りました。そしたら、「ずっと報告できていなくてごめんなさい。もう何度も流産を繰り返していたので、なかなか言えませんでした。」って返事が届きました。このやり取りで思い出すのは、ポン太が生まれる前のこと。私の昔のこのブログ、良かったらみてくださ…

  • 3歳ポン太の名言!迷言??

    先日の保育園の個人面談でも言われました。「ポンちゃんは、お話しが上手」と。そう、なんだか生意気なくらい大人のようなコメントをすることが多々あります。あと、作り話をそれっぽく話すのが上手。ツッコミたくなる齟齬もいっぱいあるけど、笑。たぶん、いろんなフレーズが頭のなかの引き出しに増えてきていて、それを引き出すタイミングが絶妙だったり、微妙だったり。2歳の頃からその傾向はありましたが、このまま大きくなったら忘れちゃいそうなので、今のうちにここに記録に残しておこうと思います。 ●2歳の頃の名言 ポン太:あのね、人間ってね、ひとりでは生きられないの。 ●3歳が知る太古の歴史 ポン太:「あのさぁ、ポン太が…

  •  保育園のお迎えにおばあちゃん登場

    お仕事している皆さん、テレワーク、リモートワーク、続いていますか?私の職場では、だんだん減ってきています。前は出勤と在宅の勤務が半々だったところ、在宅が週2になり、週1の日も増えてきた今日この頃です。そんななか、先日、NTTが勤務地を基本的に自宅にするっていうニュースをみました。なんでも、出社を出張扱いにするとかって。すごいですよね、コロナ前には考えられなかった。うちの夫も仕事柄、あまり出勤する必要がないらしく、大体家で仕事をしています。おかげで、私は息子が3歳になったタイミングで時短を辞めてフル勤務に戻れました。私が出勤の日は、基本、夫が仕事の合間に迎えにいくスタイルです。でも、先日、どうに…

  • 3歳でおすすめの玩具!

    最近、ポン太はレゴにはまっています。最初は、なにかテトリスでもやっているかのように、ただただ積んでつなげてなにかひとつのかたまりにしているだけでしたが、いつの間にか、なにやら説明図に沿って組み立てています。そう、はじまりは「ハッピーセット」でした。ちょっと前のマクドナルドのハッピーセット、トミカだったじゃないですか。それで、そのときに、初めてマックデビューさせたんですよ。ちょうど公園に遊びにでかけていて、他にお昼を買うようなお店もなくて、じゃ、ちょうといいから食べてみる?みたいな感じで。うちは、私よりも夫のほうが、わりと身体にいいものを食べさせたい!の気持ちが強いひとで、ま、「たまにならいいか…

  • オアゾでの悲しすぎる小学生の死

    これは、とてもとてもショックなニュースでした。昨日、「10歳くらいの男の子が丸の内オアゾの6階から転落して重体」っていう記事を見ました。オアゾって馴染みのある施設だったこともあるし、子供の事故の記事だったから目に留まって、夕食のときに、「10歳でそういう場所から誤って転落するってことありえるのかな?」って話してました。もう危ないことは理解できる歳だよね、何かしら医療ケアの必要な特性のある子だったのかもしれないよね、と話題にしていました。そしたら、今朝になって、その子は12歳で、死亡してしまったというニュースが。しかも、自殺のようだと。施設の入口から入って3分後にはその場所にいて、リュックを置い…

  • ようやく進級したスイミング

    いやー、長かったですよ。スイミングで、ポン太はもう同じクラスに半年くらいいました。下から2番目のクラスです。どんなことをしていたかというと、足場(よくプールで見る赤い台)と足場の間、30㎝くらいの隙間をぷかーっと浮いて渡るというのが課題でした。なんかね、すごい人数なんですよ、そのクラス。たいてい私はその時間に別の駅でピラティスのクラスを受けているので、あんまり付き添うことはないんですけど、たまに夫が行かれないときに付き添います。するとね、20人近い人数の子供がそのクラスの狭いスペースにギュッと詰め込まれた感じでいるんです。25mのプールの2レーン分くらいを縦に3等分して、レベル分けされてるんで…

  • ホタルを観に行ってきました!

    外遊びが大好きな私たち夫婦は、子供には、いつもその季節ならではの自然を楽しんでほしいと思っています。で、ここ最近はホタルが観られるところはないかな、と調べてました。できれば、ホテルとか植物園みたいなところで人工的に放されたホタルではなく、自然のものを見せたい、というか自分もそれが見たい、と思って、笑。そしたら、開催数日前に見つけたんですよー。「森の音楽会、帰り道でホタル鑑賞」という内容のイベント。夕方から、森のなかでバイオリン&コントラバスの演奏を聴いて、帰り道にはホタルが観られますよ、という企画。これだー!これは行くしかない、と家族でお出かけしてきました。保冷バックに缶ビールいっぱい持って、…

  • ひらがな、これで覚えました!

    最近、ようやく「しりとり」を理解するようになったポン太。登園中によくしりとりします。だけど、なんか変なんですよ、選ぶ単語が。たとえば、こっちが、「ねこ」って言ったら、ポン太は「こうや!」って。え、なにそれ?と思いつつ、「やさい」と言えば、「いしづち!」って。ん??ってなる。ほかにも、「なりたえくすぷれす!」とか、「のぞみ!」、「せんぼくらいなー!」、とかって。そうなんですよ、全部、電車の名前なんですよー。いやいや、別に「電車しばり」とかそんな難しいこと言ってないしー、と思うわけですよね、こっちは。お恥ずかしながら、わたしが知らない電車もいっぱいあって、果たして、あってるのかどうかもわからない、…

  •  3歳児と富士急ハイランドに行ってきた話

    もう古い話になってしまいますが、GWに富士急ハイランドに行ってきました。ホントはキャンプで初めてのテント泊の予定だったのですが、激しい雨予報で断念、泣。直前でも宿が取れてポン太も楽しめそうなところ、、と探して行くことになったのです。ただ、私たち夫婦はもともと絶叫マシンとか全然興味なくて、むしろ怖い。お恥ずかしながら、チケットの仕組みとか買い方さえよくわからずで、、、苦笑。ググって、ググって、ようやくわかったのが、富士急ハイランドは入園料がゼロ!ということ。乗り物に乗らないなら、お金がかからないんですね、これはGood!いろいろ考えて、ポン太だけフリーパスを買って、大人は付き添いで乗る都度、チケ…

  • 最近買って良かった玩具

    4月も下旬になりました。みんな進級進学して、新しい生活に慣れたころでしょうか。ポン太は保育園で1つ進級して、いわゆる年少さんのクラスになりました。この年齢で保育園から幼稚園に移っていくクラスメイトもいるのかな、と思っていましたが、意外に誰一人退園することなく、全員そのまま進級しました。先生もなんと前のクラスからの持ちあがりになったので、さほど大きな変化はなく、相変わらず楽しく保育園に通っています。が、、昨日保育園に行ったら、掲示板に「みなと君、お引越しのため4月いっぱいで退園します。」というお知らせが貼ってありました。えー、寂しいね、ってポン太と話していたら、ちょうど後ろからみなと君親子が登場…

  • メルカリポストでやらかしてしまった件

    皆さん、メルカリやってますか?私は、数十件の実績しかないのですが、たまに出品しています。売っているのは、だいたいベビー用品とか子供服とか、あとマタニティ用品です。貧乏性で、まだまだ使えそうな物で不要になったものをなかなか捨てられなくて。必要な誰かが使ってくれるなら、それが一番良いと思って、出品しています。メルカリのヘビーユーザーさんには笑われちゃいそうですが、毎回、梱包はこれで大丈夫かなー、とかちょっとおっかなびっくりやってるところがあります。なにぶん、出品の頻度が低いうえに小心者で、苦笑。 で、ここからが本題なのですが、今回、1冊の新書を売ったんですよ。送付手段は、「らくらくメルカリ便」で、…

  • リモートワークは終わってしまうのか?!

    こんにちはー。月曜から雨で憂鬱なスタートですが、こんな日はリモートワークが最高です。ダイニングテーブルから、窓の外の雨を眺めつつ、Apple Mucis でテンションあがるBGMを探してコーヒー飲みながら仕事しています。4月から憂鬱なのが、このリモートワークが減ってしまうことです。まん防解除で、これまで週2くらい出勤して、あとは在宅勤務で済んでいたのが、今月からは8割くらい出勤しなければいけないことになりました。悲しい・・。いや、もちろん、コロナは嫌ですよ。子供の運動会とか発表会とか、もう2年は中止になっているし、友だちや家族や親せきともなかなか会えなかったし。でも、このリモートワークだけは大…

  •  春、それは別れと出会いの季節です。

    今日で3月も終わりですねー。ポン太の通う保育園では、0歳児のときに担任をしてくれていたみどり先生が退職します。0歳の頃のポン太はおしゃぶりがないと泣いて泣いて、手が付けられなくなる赤ちゃんでした。入園児、かなり心配したのですが、みどり先生が「大丈夫ですよ、私たちプロですから任せてください。おしゃぶりすぐに卒業させます!」と力強く言ってくださったことは今も忘れません。ポン太の泣き声が大きすぎるようで、みどり先生がポン太をおぶって部屋の外をお散歩してくれていた様子を何度も何度もみかけたので、実際はだいぶ苦労をかけたと思います。保育園の掲示板に退職の告知をみつけたときは、「ポン太ーー、お母さんショッ…

  • 2022年、自分自身のことも磨きたい!

    「あ、これポン太にいいかも。」って、食べものとか、本とか、洋服とか、イベントとか、習い事とか、週末に何するか、とか。気づけばいつも「子供のために」何が良いか、何を喜びそうかとか、そんなことばっかり考えていました。で、昨年末に、これじゃいけないよなぁ、って思ったんです。ポン太、スイミングがんばれ!!とか言ってるけど、ふと、自分自身は何か頑張ってたっけ?と。なんというか、これじゃポン太の「母」でしかなくて、ポン太のための毎日で、なーんか「自分」がないなぁ、って。しかも、体力も知力も年々退化していく一方で、ちょっと呼びかけようとした同僚でさえ、あれ、彼女はなんて名前だっけ?、なんて思うこともあって。…

  • 飴じゃなくてメダルが欲しかった!

    先日、ポン太の通っているスイミングスクールで進級テストがありました。進級テストは2ヶ月に1度です。最初は果たして、「進級テスト」の意味がわかっているのかどうかあやしかったのですが、なんとなーくはわかっている様子。今は下から2番目のクラスで、ひとりでプカーっと浮かべればこのクラスは卒業です。で、課題がクリアできると、小さなバッジをもらうことができる仕組みになっています。毎週付き添っているパパが、そろそろ合格すると思うよ。なんとなく浮いてように見えるもん。と言うので、「よーーーし、がんばってメダルもらってくるんだよー!」と送り出しました。本人も張り切って出発!通っている保育園に同じスイミングに通っ…

  • 親子マラソンに出場してきました!

    先日、未就学児の親子マラソンに出場してきました。近所の河川敷で開催されたもので、距離は150m。出たのはパパと息子ポン太。ママは撮影&応援担当です。ハーフマラソンが主体の大会で、そのおまけのような位置づけのレースですが、ちゃんとゼッケンと計測チップを着用します。1歳のときにも、42.195mの親子レースに出場したことがあるのですが、そのときは球場で開催された大規模なもの。スタートラインでの待ち時間が長すぎて、グズりはじめて泣いてしまいました。あれから2年、もう3歳です。成長しているところを見せてくれ、ポン太!なぜかパパが張り切って、スタート前に猛烈にウォーミングアップwスタート地点ではBGMが…

  • 大きなのっぽの古時計

    先日、父が亡くなりました。どこかで読んだ記事に「子どもはいる人といない人がいるけど、親がいない人はいない。」と書いてありました。そりゃ、そうだ、という当たり前のことですが、自分が先に逝かない限り、ひとはみんな親の死に直面する時がきますよね。私は先月、初めて経験しました。3歳のポン太にとっては祖父の死。今年に入って父の容体は一層悪くなり、母は「その時がきたら、ポンちゃんどうしようか?」と訊いてきました。3歳のポンちゃんをお通夜や葬儀に連れてくるのは、あまりに酷じゃないか、というのです。日常と大きくかけはなれ、人の死という理解を越えた状況に混乱してしまうのじゃないかと。私は、「ポン太はきっと大丈夫…

  • 絵本に託された祖父母の想い

    「生きるとはどういうことだろう。死とは何だろう。」びっくりしました。子供の本棚を整理していたら、こう書かれた古ぼけた絵本の帯がヒラヒラと落ちてきて。これはなんだろう。少し考えて、先月、母が息子のポン太に「これまだ難しいと思うんだけど、いつか読んでね。」と言って渡していた古い絵本があったことを思い出しました。 葉っぱのフレディ いのちの旅 [ レオ・バスカーリア ]価格: 1650 円楽天で詳細を見る 「葉っぱのフレディ」という本で、確か、母は昔流行っていたときに買ってあって、そのまま自宅にあったから持ってきたというようなことを言っていたように思います。台所から遠目に眺めて「ポン太、ちゃんとあり…

  • 47歳になりました。息子3歳です。

    今月誕生日を迎えまして、いよいよ47歳です。先日、ポン太に「お母さん、どうして、お顔に茶色い点々あるのー?」って訊かれました。「たくさん生きてきた証よー。」って答えましたw読んでくださっている方が何歳かわからないのですが、老化を感じることってありますか?私はもう日々、老化を実感してまして、まず、目が見えない。スマホ、だいぶ遠くに離して読んでます。近眼だと老眼になるのが遅いって聞いたことがあったから安心してたのに、だまされたー。あとね、すぐ疲れます。最近、寒くなってきたから、よけいですね。なんか腰とか肩とか痛くて、痛くて。って、もうこの老化現象の話はやめますね、暗くなるから、苦笑。年齢に関してだ…

  • スイミング、ノリノリになってきた話

    いやー、気づけば、また2ヶ月も更新をサボっていたこのブログ。先月末に大きな仕事があったせいもあるけど、それにしたってねぇ。。なんでも歳のせいにしちゃいけないけど、どうも昔にくらべていろんなことが億劫になってきている気がします。さてさて、コロナが落ち着いてきて、母子分離クラスにあがってから、初めて、ポン太のスイミングの観覧に行ってきたので、その話を書こうと思います。前に書いたとおり、ポン太は0歳からベビースイミングをやっているのですが、これが、母子分離の幼児クラスに進んでからは、それはそれは大泣きで大変だったんです。 あれから約2か月・・・。「じゃ、行ってくるねー!」、更衣室からずんずんとひとり…

  • 3歳の濃厚接触者の過ごし方

    息子が濃厚接触者に認定?されてから1週間以上が経過しました。いやーー、本当に大変です。もう感染者も減ってきているので、誰の参考にもならないかもしれないけど、一応、どんな風に過ごしているかを残しておこうかと思います。自治体から、濃厚接触者に渡された案内書には、「健康観察期間にあたる2週間は公共交通機関を使用しないでください。」「不要不急の外出は控えてください。」と書いてあります。でも、外遊びが大好きな3歳の息子を2週間、軟禁状態にしておくわけにもいかず・・。仕方なく、朝食が終わったら、すぐに早朝の公園へ連れ出します。他人さまに迷惑をかけないよう、誰もいない公園をストライダーでぐんぐんぐんぐん走ら…

  • 自閉症スペクトラムのタロちゃんのその後

    以前、自閉症スペクトラムのお友だちタロちゃんのことを書いたので、少しその後のことを書こうと思います。 以前この記事を書きましたが、後日、タロちゃんママとランチをしました。正直、会う前は「どんな言葉をかけたらいいんだろう。」と身構えるような気持がありました。育児に疲弊しきった彼女の様子を想像して。ところが帰りに道には、そう思っていたことを恥じる自分がいました。久しぶりだったので、単純に会った瞬間は「わ、綺麗ー!」って思いました、笑。彼女は私よりひと回りくらい若くてスラっとした美人さんなのです。その彼女がニコニコと、「ここのパスタ、美味しいよね。」と同じ調子で、診断がつくまでの経緯やこれからの予定…

  • 3歳の息子が濃厚接触者になりました。

    最近は世の中のコロナ感染者が日に日に減っているというニュースをよく見ます。ピークアウトした?なんて言われてます。ホントですかーーー?泣。最初は保育園から「休園のおしらせ」が届きました。関係者で感染者が出たので消毒のため数日休園します、っていう内容でした。コロナでの休園はもう2度目のことです。翌日は、大事な会議があって出勤する予定になっていたので、前夜に上司に連絡をして状況を伝えて、会議のための数時間だけポンちゃんを夫に任せて出勤して、ふー、なんとか乗り切った。と思ったその日の夕方、保育園からの着信履歴に気が付きました。えっ、、、、嫌な予感です。休園中に電話がくるということは・・。「保健所の調査…

  • 3歳でベビースイム卒業!

    3歳になった月に、ベビースイムを卒業して母子分離の幼児クラスに進級しましたー。ベビークラスのコーチが「大丈夫ですよ。ポンちゃんくらい水に慣れていれば、幼児クラスも楽勝ですよー♪1番下のクラスは飛び級して、もう少し上のクラスからスタートできると思いますよ。幼児クラスのコーチにもよく言っておきますね!」なーんて言ってくれたから、いやーベビースイムを2年以上続けてきただけあるねー、と思ってた。。迎えた初日。「今日からお兄さんクラスだからね。お父さんもお母さんも一緒にプールには入れないからね。コーチやお友達とがんばってきてね!」と朝から何度も何度も言い聞かせ。更衣室でお別れするときは、ちょっとキョトン…

  • 0歳から続けてる習い事

    3歳までに始めた習い事のことを書いておこうと思います。0歳から始めた習い事は、スイミングです!自分も幼少期に習っていたし、夫婦揃って海好きなので、始めさせることに迷いはありませんでした。始めた頃のことを思い出すと、もう今や懐かしいですね、受講可能年齢ギリギリの0歳7ヶ月で始めたんです。ベビースイムってやつですね。親と一緒に入るコースで、育休中だったから最初は平日の昼間のクラスで開始しました。いやー、最初はギャン泣き。クラスで一番泣いてて、泣き疲れてプールのなかで眠ってしまった日もありました、苦笑。まだ立つこともできなくて、自分が着替える時は、どこに寝かせとくんだろ?自分がトイレ行く時はどうした…

  • 息子が3歳になりました。

    あまりにもサボりすぎていて、もう誰も読んでいないかもしれないけど、、皆さん、お元気でしょうか。私の住む街は、もうずーっと緊急事態宣言が続いていて、もはや何が緊急事態で、何が普通かもわからないような日々です。そんな毎日ですが、先日、無事に息子が3歳になったので、記録を残しておこうと思います!3歳のポン太の今、、 大きくなったら何になるか⇒プーさん 興味のある物(こと)⇒トミカ、新幹線、ハサミでなんでもチョキチョキすること、何でも自分でやること(手伝うと憤慨するが、手伝わなくても憤慨する) 好きな食べ物⇒唐揚げ、ハンバーグ、魚の皮の部分、チーズ 嫌いな食べ物⇒野菜全部、アイスクリーム(まさかの大泣…

  • 孤独にしない、させない育児

    そうかなって思ってたはずなのに、実際にこの連絡がきたときにはドキっとしました。 なんて言葉をかけても、白々しく聞こえるような気がしてしまって、返事に詰まりました。「あなたに何がわかるの?」と思われるような気がしてしまって。これからも変わらずに子供を一緒に遊ばせたいと思っていること、何か力になれることがあればいつでも言ってほしいと思っていること。近いうちに直接会って伝えようと思います。 皆さんの街では、もう桜は終わりましたか?私たち家族はちょうと桜の終わりかけの頃に、近場の山で登山をしました。ケーブルカーを使って登頂したので歩いたのは1時間くらいかな。ポン太は最初こそずんずん歩いていましたが、途…

  • 自閉症スペクトラム

    私にとっての初めてのママ友。柔らかい雰囲気の若くて可愛いママがいます。保育園に入園する前、まだ0歳の頃、地元の赤ちゃん向けの催しで知り合って、家も近所だったことから、家族ぐるみで遊んだりするようになりました。子供の名前は、タロちゃんとでもしておきますか。タロちゃんとポン太は同い年で、まだ寝返りもしない頃からのお友達。ハイハイの頃からお互いのお家へ行ったり、一緒に公園行ったり。でも、ポン太が保育園に通うようになったり、その後、コロナもあったりで、最後にタロちゃんに会ったのはもう半年くらい前になるのかな。その頃から、タロちゃんは極度の人見知りになっていました。私たち家族が近くによると、ギューっと目…

  • 出たー、「ママ、何歳?」

    いつか、こんな日がくるんだと思ってました「ママ、何歳?」って訊かれる日。でも、もう訊かれちゃうとは。。子どもに向かって、「ポンちゃん何歳?」って訊いたら、「2歳ーー」って子供が答えて、その直後。「ママ、何歳?」って逆質問。えっ、思わず、言葉に詰まっちゃった。親が高齢で友達にからかわれるとか、いじめられるとか。そういう話、時々聞きますよね。そんなことが起きたら嫌だな、って前から思ってたんです。でも子供に自分の歳を訊かれたら、臆することなく、正々堂々と本当の自分の年齢を伝える親でありたいとずっと昔から思っていたんです。年齢なんて若けりゃいいってもんじゃないからね!年齢や性別で人を判断するような人間…

  • 待ち遠しい緊急事態宣言明け

    先月末のことです。ほんの少しの時間ですが、息子のポン太と一緒に公園で両親に会いました。両親は70歳を過ぎているので、ここのところテレビ電話がメインで、あまり会わないようにしていました。公園での待ち合わせは、私たち家族が先に着いたので、公園をお散歩して待っていました。数分後、「着いたよー」と電話が鳴って、公園入口まで迎えに戻ることに。遠くに祖父母の姿を見つけたポン太は、「あ!おじいちゃん、おばあちゃん!」と嬉しそう。祖父母もしきりに手を振っています。でも、私は同じ瞬間に「あれっ」と思いました。両親の姿がとても小さく見えたからです。痩せたのかな、とも思ったのですが、なんだかそれだけじゃなくて、全体…

  • 子どもの記憶力に驚愕!

    昨日の連絡帳にこんなことが書いてありました。「今日は、みんなで神社にお散歩に行きました。すると、道中、ポンちゃん(さんちゃんの息子)が、突然、“てんとう虫がいるかもねー!"と言いだして、角を曲がると、そこに、本当に、てんとう虫の置き物があったんです。保育園のお散歩では初めて通る道だったので、驚いちゃいました。きっと、ご両親と一緒に見たときのことを覚えていたのですね。」、と。 えーーー!? なにそれ、夫婦で顔を見合わせちゃいましたよ、そんなのこっちは、全然、記憶になくて。「神社っていつ行ったっけ?」、「初詣じゃない?」、「でも、それ今年じゃなくて、去年じゃない?」、「え、2歳の子がそんな昔のこと…

  • イヤイヤ期、わが家の場合

    今、2.5歳のうちの子。ポン太、としておきます。ポン太は、今、生意気盛りです。イヤイヤ期は2歳になる少し前から始まったように思います。よく見られるのはこんなシーン。いったい、いつまで続くんでしょう。。 ★Tシャツが履けず激高 (頻出時期:2歳前頃)ようやくシャツを着て、さー、ズボン履こうかというタイミングで・・。ポン太:「ん!!」(自分が着たい服を持って、差しだしてくる)ポン太:「ん!ん!!ん!!!!」(押し付けてくる)さんちゃん:「いや。だから・・・、それは、それはTシャツだから、履けないのぉおおおお!」★食べる、食べない、やっぱり食べる (頻出時期:現在進行形)ポン太:「これ、もういらなー…

  • 母46歳、子供2歳で育児ブログ始めます。

    こんにちは、さんちゃんです。これまでずっと不妊治療ブログを付けていましたが、新たに育児ブログを始めることにしましたー。不妊治療のブログには、とっても愛着があったんだけど、育児のことを書くことには抵抗がありました。流産や治療で悩んでいる人に読んでほしいと思っていたブログだから、そこに育児のことを書くのはどうなの、と思って。 で、育児ブログは別に立ち上げようと思いつつ、早2年。え、2年?! ・・・早いですね。日々暮らしのなかで、思うことはあったんですよ、ブログに書きたいなぁ、と。でもね、正直、育児を言い訳にしつつ、どうも新しいことを始めるのが億劫になっている自分がいました。ブログってどうやって開設…

ブログリーダー」を活用して、さんちゃんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
さんちゃんさん
ブログタイトル
ワーママさんちゃんの高齢育児!
フォロー
ワーママさんちゃんの高齢育児!

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用