chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
不動産で悩んだときに読んでほしいブログ https://aicare-fudosan.com/

徳島の不動産屋です。不動産で悩んだとき、このブログを読めば解決できるように、いろいろな角度から書いていきますので、よろしくお願いします。

masu
フォロー
住所
徳島県
出身
徳島県
ブログ村参加

2020/12/02

1件〜100件

  • 不動産業界の略語・隠語を分かりやすくまとめました。

    不動産業界では、様々な取引を行う際に、略語や隠語を使ってやり取りを行う事が良くあります。慣れない用語が並ぶと、何の事を指しているのか分かりませんよね。そこで今回は、不動産業界の略語・隠語について分かりやすく説明していきたいと思います。 不動産業界の略語・隠語 それでは早速、不動産業界で使われる事の多い、略語・隠語を解説していきましょう。 ・物出し(ぶつだし):不動産会社が、顧客からの要望に合う物件を流通ネットワークから探し出す事。 ・物確(ぶっかく):不動産会社が、貸主や管理会社に募集状況を確認する事で、「物件確認」の略語です。 ・カラ電:顧客の前で他の顧客と電話をしてるふりをする事で、不動産会社の営業ではよく使われる手法。 ・呼び物(よびぶつ):集客するためのオトリ物件の事で、公開していても実際には案内出来ない物件を指します。 ・決め物(きめぶつ):営業マンが本当に売りたい物件の事で、契約が取れそうな物件として選んだものを指します。 ・当て物(あてぶつ):決め物に対して、その当て馬として使用される物件の事です。 ・ダマ:麻雀の「ダマテン」が由来とされている、都合の悪い事をあえて黙っておく事を指します。 ・のっけ:仲介業者が取り分を上乗せした価格の事を指し、不動産業界で使用される隠語の1つです。 ・担ボ(たんぼ):「担当ボーナス」の略語で、営業マンにとって個人の収入に直結するものです。 ・在籍会社:賃貸入居の際に、入居審査を通す為に使用される実在しない会社の事を指します。 ・訪問販売:自宅まで商品やサービスを販売しに来る事を指します。トラブルも多く「特定商取引法」によって規制されています。 ・飛ばし:不動産会社が同行せず、顧客に1人で物件の見学をさせる事を指します。 ・MB(エムビー):物件に取り付けた水道メーターやガスメーターなどを格納したボックスで、間取り図面では「MB」で表記されます。 ・PS(ピーエス):パイプスペースの略語で、給排水管やガス管などが通るスペースの事を指します。 ・重説:重要事項説明書の略で、契約締結前に顧客に対して説明・交付が義務付けられているものです。 ・宅建士証:宅地建物取引士証の略で、資格所持者である事を証明するカードの事を指します。

  • 外壁塗装の塗り替え時期と劣化を見分けるポイントとは?

    建物を良い状態で維持するために必要な外壁塗装。しかし、外壁塗装は一度行えば永遠に効果が継続されるわけではありません。ある程度の年月が経てば、塗り替えをする時期がやってきます。 そこで今回は、外壁塗装の塗り替え時期や劣化を見分けるポイントというテーマで、詳しく解説していきたいと思います。外壁塗装の塗り替え時期が近いと感じている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 外壁塗装の塗り替え時期は塗料の種類で決まる? ではまず、外壁塗装の塗り替え時期は塗料の種類で決まるのか?という点から解説していきましょう。結論から言うと、外壁塗装の塗り替え時期は塗料の種類で異なります。だいたいの時期は、下記を参考にしてみてください。 ・アクリル:3~7年 ・ウレタン:5~10年 ・シリコン:10~15年 ・ラジカル制御:12~15年 ・フッ素:15~20年 ・光触媒:15~20年 ・無機:20~25年 外壁塗装の塗り替えのタイミングは? では次に、外壁塗装の塗り替えのタイミングについて解説していきたいと思います。外壁塗装の塗り替えのタイミングは、使用している塗料の耐用年数によっても多少前後しますが、多くのハウスメーカーは10年に1度くらいのスパンで、塗り替えの案内をしています。 特に大きな劣化が見られない場合でも、10年に1度外壁塗装の塗り替えを行っておけば、予防的な観点からもちょうど良いタイミングと言えます。その次に多いのが、20年スパンのタイミングです。 劣化を見分けるポイント では次に、外壁の劣化を見分けるポイントをご紹介しましょう。外壁塗装の塗り替えを検討するのに、参考になる劣化のポイントを知っておくと便利です。 チョーキング まず1つ目は、チョーキングです。チョーキングとは、外壁を触った時に壁の色と同じ粉が、手につく現象の事を指します。雨水や風などの自然現象の影響によって、塗装が劣化してくるとこのように、成分の顔料がチョークの粉のように表面に付着するようになるのです。このような現象が見られるようになったら、塗装が劣化していると思って良いでしょう。 ひび割れ

  • 土地と建物の名義が違う不動産の売却方法とは?流れや注意点を説明します。

    土地と建物の名義が違う不動産を売却する際、名義が統一されている不動産の売却方法とは、少し異なる部分があります。不動産の売却は、名義人本人が行うものなので、名義人の許可なく売却する事は出来ません。 そのため、土地と建物の名義が違う場合は、注意しなければならないポイントもあります。そこで今回は、土地と建物の名義が違う不動産の売却方法というテーマで、流れや注意点と併せて解説していきたいと思います。 土地と建物の名義が違う不動産の売却方法とは? ではまず、土地と建物の名義が違う不動産の売却方法には、どのようなものがあるのかをご紹介していきましょう。 双方の名義人の合意を得て売却する まず1つ目は、双方の名義人の合意を得て売却するという方法です。土地と建物の両方の名義人の合意があれば、一つの不動産として売却する事が出来ます。この場合、買い手は土地は土地、建物は建物で2つの契約を締結する必要があります。 売却する事は可能ですが、名義人が統一されている不動産を売却する時に比べて、やや手続きが複雑になるので覚えておく必要があります。名義人が死亡している場合は、相続登記を行ってから売却するようにします。 名義を統一してから売却する 2つ目は、名義を統一してから売却する方法です。これは、どちらかの名義をもう一方が購入した上で、名義を統一するという方法を指します。双方が名義の統一に同意している事が前提で、他人同士の場合でトラブルになりそうな場合は不動産会社や弁護士などを交えて、話を進めて行くと良いでしょう。 委任状を獲得して売却する 3つ目は、委任状を獲得して売却する方法です。土地や建物の名義人が遠方に住んでいる場合などは、名義人の誰かが委任状を獲得して売却する事が可能です。 委任状がある事で、本人に代わって不動産の売却手続きを行う事ができ、手続きの負担軽減にも繋がります。委任状がある場合、委任者の売却意志の確認と本人確認は必須となっています。 個別で売却する そして4つ目は、個別で売却する方法です。これは、土地と建物を個別で売却する方法を指します。しかし、この方法はそれぞれの名義が異なる状態での売却になるため、後々トラブルに発展しやすく相場よりも低い価格で売却するケースが多くなります。

  • 不動産価格は今後どうなる?インフレやコロナの影響から考えてみよう。

    不動産価格は、世の中の経済状況に応じて常に変化していくものです。そのため、購入した不動産価格が今後どのように変化していくか、気になる人は多いでしょう。そこで今回は、不動産価格は今後どうなる?というテーマで、インフレやコロナの影響からも解説していきたいと思います。 不動産価格の現状 それでは早速、不動産価格の現状から解説していきましょう。2022年の前半に関しては、インフレやコロナの影響で世界の経済環境が大きく変化しています。そのため、不動産価格もそれに伴い大きく変動しているのです。近年での大きな変化と言えば金利の上昇です。 2020年以降、世界中の金融緩和の動きが強まり市中に大量のお金が供給されましたが、その結果インフレつまり物価が上昇したのです。現在では、海外諸国の中央銀行でインフレ退治の動きが強まっており、政策金利を引き上げる動きがさらに強くなっています。 しかし、日本国内では、海外ほどの金利の引き上げは行われておらず、海外との金利の差が大きく広がっています。もし今後、価格転嫁が進むようならば、日本国内でもインフレが一気に進む可能性が高いと考えられています。 不動産などの原材料を輸入に頼っている日本は、輸入価格が上昇する事で、インフレがさらに進み悪循環に陥る事が懸念されています。すでに現時点でも、輸入品を中心に価格の上昇が起こっています。このような現状から、不動産価格にも大きな影響が出ているのです。 コロナは不動産価格にどう影響した? では次に、コロナは不動産価格にどう影響したのか?という点を解説していきましょう。 2020年3月~6月は不動産取引が減少 新型コロナウイルスの感染が拡大していた2020年3月頃は、緊急事態宣言が発令され不動産業界にもかなり影響が出ました。この時期は、消費者の購買意欲が大きく下がった時期でもあり、もともと不動産を購入する予定だった人でも、購入を見送るケースが多くなったのです。この事により、不動産価格も大きく減少しました。 2020年7月以降は不動産価格が回復

  • 擁壁工事ってどんなときに必要?費用や種類について説明します。

    家を建てる時に、擁壁工事を行う事があります。敷地内の高低差や、住宅の重みで斜面の土が崩れてしまわないようにする工事ですが、大きな住宅を長持ちさせるためには、とても重要な工事と言えます。 しかし、擁壁工事について具体的な費用や種類は分からないという人は多いでしょう。そこで今回は、擁壁工事とはどのようなケースで必要なのか、また費用や種類についても詳しく解説していきたいと思います。 擁壁工事とは? それではまず、そもそも擁壁工事とはどのようなものなのかを解説していきましょう。 擁壁とは、宅地造成等規制法で、「鉄筋コンクリート造」「無筋コンクリート造」「間知石練積み造」「その他の練積み造」のものと定められていて、現在では一般的には鉄筋コンクリート造で作られたものを「擁壁」と呼びます。 この擁壁を作って、斜面の土が流れないようにする作業や、日光を確保できるように敷地を高くする作業の事を、擁壁工事と呼びます。 擁壁工事はどんなときに必要? では次に、擁壁工事はどんなときに必要なのかを解説していきましょう。 高低差が2m以上ある時 まず1つ目は、高低差が2m以上ある時です。土地の高低差が2m以上ある場合、各自治体では「がけ条例」というものが定められており、擁壁を建てる事が定められています。高低差の測定方法に関しては、各自治体によって多少異なる部分はありますが、高低差が2m以上ある場合は擁壁工事が必要になります。 高低差があり土砂崩れの心配がある時 2つ目は、高低差があり土砂崩れの心配がある時です。高低差が2m以上ない場合でも、土地の形状によっては雨などが降った時に土砂崩れの心配があるケースもありますよね。そのような場合も、擁壁工事が必要になります。万が一の時に備えて、土砂崩れの予防を行う必要があるのです。 道路よりも敷地が高い時 3つ目は、道路よりも敷地が高い場合です。敷地の高低差は、わずかであったとしても住宅の重みで土地が崩れると、住宅に亀裂が入ってしまう可能性があります。特に、道路よりも敷地が高い場合は、住宅に歪みが生じる危険性があるので、擁壁工事が必要になる事があるでしょう。 隣家の敷地よりも自宅の敷地が低い時

  • 2022年住宅ローン減税改正でどうなる?制度の概要や注意点を説明します。

    多くの人が、住宅を購入する際に住宅ローンを組みますが、2022年住宅ローン減税改正によって制度が改正される事になります。控除が受けられる条件や注意点などを知らないと、損をしてしまう可能性もあります。 そこで今回は、2022年住宅ローン減税改正による、制度の概要や注意点というテーマで、詳しく解説していきたいと思います。これから、住宅の購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 2022年住宅ローン減税改正の概要 2022年1月1日以降に住宅の取得や居住を開始した方の住宅ローン減税は、『住宅ローンの年末残高に対して0.7%の減税』『控除期間13年間』となります。 住宅ローンの返済期間が10年以上あり、年末時点の残高に対して0.7%の所得税が減税されます。所得税から引き切れないときには、住民税から減税されます。住民税から減税できる金額には上限があり、所得税の課税総所得金額等の5%(最高9.75万円)までとなります。 控除が受けられる条件とは? では次に、控除が受けられる条件について解説していきましょう。 本人が居住する住宅である事 まず1つ目は、本人が居住する住宅である事です。これは、住宅の取得から入居までが、6か月以内である事が条件となっています。しかし、本人が亡くなった場合は、同日まで継続して居住している事が条件となり、投資用や本人以外の親族などが居住する住宅の場合は、適用されません。 控除を受ける本人の年間所得が3,000万円以下 2つ目は、控除を受ける本人の年間所得が3,000万円以下という事です。住宅ローン控除を受ける年分の、年間所得が3,000万円を超えてしまうと、この制度が適用されません。 住宅の床面積が50㎡以上 3つ目は、住宅の床面積が50㎡以上という事です。この床面積というのは、登記簿に記載されている床面積で、床面積の2分の1以上を居住用とする必要があります。一般的な住宅の場合ですと、だいたい2LDK程度の広さに該当します。同じ建物に、店舗と住宅が併設されているようなケースでは、床面積の割合に注意しましょう。 住宅ローンの借入期間が10年以上

  • 水道引き込み工事はどれくらいかかる?費用の内訳や注意点を説明します。

    新築の工事で、意外と予想よりも費用が増えてしまう原因となるのが「水道引き込み工事」です。ただ、水道を引き込むための工事で、なぜ費用がかさむのか分からないという人も多いと思います。そこで今回は、費用がかさみやすい水道引き込み工事費用の内訳や注意点などについて詳しく解説していきたいと思います。 水道引き込み工事とは? それではまず、水道引き込み工事とはどのようなものなのかをご紹介しましょう。水道引き込み工事とは、水道本管から家の敷地の中に引き込むまでの配管の分岐工事の事を指します。 私たちが、水道を使うためには、道路の中にあちこち巡っている水道本管から水を引っ張ってくる必要があります。この工事を行わないと、蛇口から水が出てくるようにならないので、そのための工事なのです。 実際の水道引き込み工事の内容は、アスファルトを剥がして掘削するところから始まります。そして水道本管を見つけたら、敷地の中まで新しい水道管を配管して、土を戻し元通りのアスファルトを舗装するという工程になります。 水道引き込み工事の費用相場 では次に、水道引き込み工事の費用相場について解説していきたいと思います。 工事費用の相場 水道引き込み工事のおおよその費用相場は、40万~60万円程度とされています。特に大きな問題がない場合でも、最低このくらいの費用は必要になるので覚えておくと良いでしょう。 水道引き込み工事の費用は、アスファルトの厚さや敷地の形状、立地条件によって大きく異なります。また、水道本管から敷地内までの距離によっても、大きく費用が異なる事になります。2~3mの差でも費用が異なるので、費用相場にはかなり開きがあるのです。 工事費用以外の負担 では次に、水道引き込み工事費用以外の負担について解説していきましょう。これは、自治体によって負担する費用の名前は異なりますが、水道設備の設備費を一部負担するために、給水申込み納付金(水道加入金・水道分担金など)を支払う必要があります。金額は自治体によって異なり、口径が大きくなればなるほど費用が高くなります。 おおよその費用は、下記の通りです。 ・13mm:3~10万円 ・20mm:4~20万円 ・25mm:10~40万円 水道引き込み工事の申請方法とは?

  • フラット35とは?民間の住宅ローンとの違いや利用条件について説明します。

    住宅ローンには、大きく分けて2種類あるのをご存知でしょうか? 1つは、国や自治体が提供する公的な住宅ローン。もう1つは、民間の金融機関が提供している住宅ローンです。フラット35は、住宅金融支援機構が取り扱っている住宅ローンで、民間の住宅ローンとは異なる部分があります。 また、利用する際は一定の利用条件を満たす必要があるので、事前に知っておく事が大切なのです。今回は、そんなフラット35について解説していきたいと思います。 フラット35とは? それではまず、フラット35はどのような住宅ローンなのかを解説していきましょう。フラット35は、住宅金融支援機構という独立行政法人と民間の金融機関が提携して取り扱っている住宅ローンです。 全期間固定金利型住宅ローンの一種で、「35」という数字は返済期間が最長35年という意味を表しています。金利は、借入する金融機関によって異なり、全ての金融機関で一律というわけではありません。 フラット35の特徴 それでは次に、フラット35の特徴を詳しく見ていきましょう。 全期間固定金利のみ まず1つ目は、全期間固定金利のみという事です。フラット35は、返済が完了するまで全期間で金利が固定されているという特徴があります。 市場の変動や経済の動きによる金利変動に左右されないので、具体的な返済計画を立てやすいのです。しかし、金利上昇のリスクはありませんが、金利が高めに設定されているので注意は必要です。 住宅の技術基準がある 2つ目は、住宅の技術基準があるという事です。フラット35は、取得する住宅に技術基準が設けられていて、住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合する住宅を取得する必要があります。万が一、適合しなかった場合はフラット35の申し込みは行う事が出来ません。 融資額が物件価格の9割以下だと低金利 3つ目は、融資額が物件価格の9割以下だと低金利という事です。フラット35は、融資額を物件価格の9割以下に設定する事で、9割超の場合と比べると低い金利で借り入れをする事が出来ます。 多くの金融機関では、融資率9割以下で年1.350%、融資率9割超で年1.610%となっており、0

  • 家の解体費用はどれくらいかかる?費用の相場を構造別に紹介します。

    家を解体しなければならなくなった時に、解体にかかる費用や相場をパッと答えられる人は少ないと思います。一口に家の解体と言っても、解体にかかる費用は建物の構造や業者によっても異なります。 解体の費用相場を知らないと、いざ家を解体する時になって慌ててしまう事もあるでしょう。そこで今回は、家の解体費用の相場というテーマで、構造別の費用についても解説していきたいと思います。 家の解体費用の相場 それではまず、家の解体にかかる全体的な相場について解説していきたいと思います。家の解体にかかる費用相場は、だいたい100万円~300万円程度となっています。解体費用は、建物がある立地条件や近隣との距離など、様々な条件によって異なりますが、木造などの壊しやすい住宅の方が解体費用は安くなります。 逆に、鉄筋造などの壊しにくい住宅は費用が高くなる傾向があります。また、地域によって坪単価も変わってきますので、解体費用の相場はかなり幅があると思った方が良いでしょう。 構造別の費用の相場 では次に、構造別の解体費用の相場について解説していきます。 木造平屋 まずは、木造平屋の解体費用相場です。ここでは、コンパクトサイズの16坪程度の木造平屋の解体費用をご紹介します。庭木の処分や建物内外の残置物の撤去費用も含まれます。 この場合、おおよその解体費用は540,000円程度でしょう。木造平屋の1㎡あたりの解体坪単価は5,500円程度で、解体撤去処分だけで約290,000円程度必要です。その他に別途、分別費用や追加工事費用などがかかります。 木造2階建て 次は、木造2階建ての解体費用相場です。ここでは、木造2階建てで一般的な、27坪程度の解体費用相場をご紹介します。植木や敷石、庭石などの残置物の撤去費用も含まれます。 この場合の解体費用相場は、おおよそ600,000円程度でしょう。その他に、別途分別運搬費用などが必要になり、全体では900,000円程度の費用が必要になります。 鉄骨造 そして最後は、鉄骨造の解体費用相場です。ここでは一般的な、36坪の鉄骨造2階建ての解体費用相場をご紹介します。解体費用自体の相場は、おおよそ1,500

  • 市街化調整区域の売買はできる?流れや注意点を説明します。

    不動産売買をしようと思った時に、必ず目にするのが市街化調整区域という言葉です。良く見かける言葉だとしても、具体的に何なのか、また不動産売買に支障があるのか分からないという人も多いでしょう。 そこで今回は、市街化調整区域の売買は出来るのか、また流れや注意点について解説していきたいと思います。これから、不動産売買を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 市街化調整区域とは ではまず、そもそも市街化調整区域とは何なのかという部分から解説していきましょう。市街化調整区域とは、都市計画法で定められた区域の1つで、住宅などの建設を積極的に行わず、市街化を抑制する区域の事を指します。市街化調整区域は、農林水産業などを守る目的で制定され、郊外に多く見られるのが特徴です。 市街化調整区域の売買はできる? では次に、市街化調整区域の売買は出来るのかという事について解説していきたいと思います。結論から言うと、市街化調整区域の売買は全てではありませんが、条件を満たしているものでしたら売買が可能です。 例えば、すでに開発許可を得ている土地の場合は、その許可を取得した時の同じ用途と規模の建物なら、許可を取得しなくても建築や建て替えが可能です。 また、市街化調整区域の中でも、民家が立ち並んでいるような集落の場合、その集落の周辺なら売買が認められるケースもあります。しかし、売買に関する条件は地域によって異なるので、具体的な条件に関しては各市町村に問い合わせてみましょう。 市街化調整区域を売買する際の流れ では次に、市街化調整区域を売買する際の流れについて解説していきたいと思います。 行政調査を行う まず1つ目は、行政調査を行うという事です。不動産売買を行う際は、売買したい物件がどのような条件になっているか調べる必要があります。不動産会社に物件の査定を依頼すると、行政調査が行われます。 買取業者へ問い合わせる 2つ目は、買取業者に問い合わせるという事です。市街化調整区域での売買は難しいと言われているため、買取価格などを調べるために業者に依頼します。価格は、通常の売却価格の8割程度となっていますが、その分売れやすいというメリットがあります。 仲介業者に依頼する

  • 賃貸物件の24時間サポートとは?必ず加入しないといけないのか?

    最近では、賃貸契約を結ぶ際に24時間サポートの加入を条件に入れている管理会社が増えてきています。しかし、24時間サポートがどのようなサービスなのか、具体的に分からないという人も多いでしょう。また、ただでさえ初期費用がかかるのに、必ず加入しなければならないのか心配という人もいると思います。 そこで今回は、賃貸物件の24時間サポートとはどのようなものなのか、また必ず加入しないといけないのかという事について詳しく解説していきたいと思います。これから、賃貸物件を借りようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 賃貸物件の24時間サポートとは? それでは早速、賃貸物件の24時間サポートとはどのようなものなのかという部分から解説していきましょう。24時間サポートとは、マンションやアパートなどの賃貸物件において、住宅設備などのトラブルに24時間対応してくれるサービスです。電話1本で、365日対応してくれるサービスもあります。 サポート内容や費用 では次に、賃貸物件の24時間サポートの内容や費用について解説していきましょう。不動産会社によって、多少の違いはありますが、だいたいここでご紹介するような内容となっています。 ・水回り:流し台からの水漏れやトイレ・洗面所などの配管がつまったというようなトラブルに対する対応 ・電気、ガス:ガス給湯器やコンロが点かない、電気が点かないなどのトラブルに対する対応 ・鍵:鍵の紛失や鍵の調子が悪くドアが開かないなどのトラブルに対する対応 ・パソコンの相談サポート:パソコンの基本操作や突然画面が真っ暗になって動かないなどに対する対応 ・生活相談サポート:不意のケガや発熱に対する応急処置の方法 ・近隣情報の案内:近くのお店や公園などの施設の案内 ・割引サービス:ハウスクリーニングや宅配クリーニングなどの割引サービス ・補助金給付制度:トラブル後の転居時のバックアップサポートなど 全ての賃貸物件で同じというわけではありませんが、おおよそこのようなサポート内容となっています。 では費用について見ていきましょう。賃貸物件の24時間サポートの費用は、運営会社によって異なりますが、加入費用はだいたい15,000円~20,000円程度が相場となっています。

  • 賃貸アパートの駐車場でトラブルが発生した際の対処方法とは?

    様々な人が住んでいる賃貸アパートでは、何かとトラブルが発生する事がありますよね。中でも、騒音や駐車場でのトラブルは、多く聞かれる問題です。 そこで今回は、賃貸アパートの駐車場でトラブルが発生した際の対処法というテーマで、詳しく解説していきたいと思います。駐車場のトラブルで困っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 賃貸アパートの駐車場トラブル事例 それでは早速、賃貸アパートの駐車場で起こるトラブル事例からご紹介していきましょう。 無断駐車 まず1つ目は、無断駐車です。駐車場のトラブルで、一番多いのが無断駐車によるトラブルです。 賃貸アパートでは、それぞれ契約した駐車場を使用するように決められていますが、「一時的に短時間なら大丈夫だろう」という意識で、勝手に許可なく他人の駐車場を利用してしまう人がいるのです。このような場合、本来その場所に駐車するはずの住人との間で、トラブルに発展してしまうという事があります。 接触による傷など 2つ目は、接触による傷などのトラブルです。賃貸アパートの駐車場は、子どもの遊び場になりやすく、きちんと自分の駐車場内に車を停めていても、傷つけられてしまうケースがあるのです。また、狭い場所を通り過ぎるのに、接触してしまい傷をつけてしまうというケースもあります。このようなトラブルも、賃貸アパートの駐車場では非常に多いですね。 車上荒らし 3つ目は、車上荒らしです。車上荒らしは、お店の駐車場などで発生するものというイメージがあるかもしれませんが、賃貸アパートの駐車場でも起こる可能性があるトラブルです。特に、道路沿いに賃貸アパートの駐車場がある場合は、外から簡単に侵入できてしまうため、車上荒らしの被害にあう確率が高くなると言われています。 はみ出し駐車 4つ目は、はみ出し駐車です。賃貸アパートの駐車場は、同じ間隔で線が引かれている所に車を駐車しますが、他の車がはみ出していて自分の駐車スペースに車を駐車する事が出来ないというトラブルも発生します。車がはみ出している事で、接触トラブルに発展してしまうケースもあるので、非常に困りますよね。 駐車場トラブルの対処方法とは?

  • 賃貸管理業務とは?賃貸管理を依頼するメリットや会社選びの方法も説明します。

    不動産業務の中で、賃貸管理業務というものがあります。一般の人からすると、あまり馴染みのないものかもしれませんね。しかし、不動産を適切に管理するためには、この賃貸管理業務は欠かせないのです。 そこで今回は、賃貸管理業務とはどのような業務内容なのか、また依頼するメリットや会社選びの方法についても詳しく解説していきたいと思います。 賃貸管理業務とは? それではまず、そもそも賃貸管理業務とはどのようなものなのかという点から見ていきましょう。賃貸管理業務とは、簡単に言うと賃貸アパートや賃貸マンションを預かって管理する仕事の事を指します。 例えば、入居者の募集やクレーム対応、賃貸の修繕手配などが挙げられます。対応する業務は、不動産会社によって異なり、大家さんごとにどこまで管理するかを契約で取り決めます。 賃貸管理の業務内容 では、賃貸管理の具体的な業務内容を解説していきましょう。 空室募集活動 まず1つ目は、空室募集活動です。空室物件に対して、募集活動を行う業務で、近隣物件の価格や空室状況を調査して、募集条件を作成したりします。また、物件を積極的にアピールするために、不動産仲介業者へメールなどを送る作業も行います。 家賃の集金 2つ目は、家賃の集金です。これは、賃貸管理業務の中でも代表的な業務内容として挙げられます。家賃が、しっかりと入金できているか、入金状況を把握できる表を作成したりして適切に管理を行います。万が一、未納の人がいた場合は催促をします。 契約の更新 3つ目は、契約の更新です。賃貸契約では、物件の契約内容が変わった場合は、その内容を更新しなければなりません。賃料の変更や契約期間の満了が迫っている時などの対応も、こちらの業務に含まれます。 解約の清算 4つ目は、解約の清算です。借主が物件を解約する時は、契約内容に基づいて退去日までの残家賃を計算します。基本的には、日割りになるケースが多いですね。 オーナーへの報告 5つ目は、オーナーへの報告です。解約時の清算費用は、直接オーナーへ支払われるケースと、管理会社が預かるケースがあります。預かる場合は、毎月月初にオーナーへ預かった費用を送金して、保有している物件の状況を報告するという業務があります。

  • ウッドショックとは?原因や見通しを詳しく説明します。

    2021年に、深刻な木材不足による木材価格高騰、いわゆる「ウッドショック」が起きました。海外では、少しずつ落ち着きを取り戻しつつありますが、日本では今現在でも供給減が続いていると言われています。そこで今回は、ウッドショックが起きた原因や今後の見通しについて詳しく解説していきたいと思います。 ウッドショックとは? それでは早速、ウッドショックとはどのようなものなのかを解説していきましょう。冒頭でも触れましたが、ウッドショックとは2021年に起きた世界的な木材不足による木材価格の高騰の事を指します。不動産市場にも混乱が起きた事から、1970年代に起きたオイルショックにちなんで名づけられたと言われています。 日本は、もともと木材自給率が非常に低く、6割程度を輸入木材に頼っています。そのため、海外で起きたウッドショックの影響を、ダイレクトに受ける形となったのです。 2002年以降、各自治体の取り組みによって、以前よりは木材自給率は上昇傾向にありますが、それでも需要の大半は輸入木材に頼っている状況です。それに加え、日本の林業は人手不足も深刻になっており、ウッドショックによって影響を受けた、木材の自給率の急激な回復はあまり見込めないというのが現状です。 ウッドショックの原因 それでは次に、ウッドショックが起きた原因について解説していきたいと思います。ウッドショックが起きた原因としては、2つの事が挙げられます。 米国でリフォームや住宅購入が増加 まず1つ目は、米国でリフォームや住宅購入が増加した為です。ウッドショックは、新型コロナウイルスが世界的に猛威を振るった事が発端と言われています。 在宅ワークやリモートワークが推奨され、ロックダウンなどで住宅の中で過ごす時間が以前と比べると圧倒的に増えましたよね。このような背景があり、より暮らしやすい環境を整えようとリフォームを行ったり、住宅を購入する動きが外国で増加した事がウッドショックの原因となってしまったのです。 中国での需要が増えた 2つ目は、中国での需要が増えたという事です。中国は、世界一の人口を誇っており、経済成長に伴って産業用の丸太の消費量が増加傾向にあります。しかし、中国国内の生産量は横ばいになっている事から、輸入木材の需要が急増したのです。

  • 不動産投資は少額からできる?3つの手法とメリットやデメリットを説明します。

    不動産投資に興味があるけれど、自己資金があまりないという人に最近人気なのが「少額不動産投資」です。少額不動産投資は、その名の通り数万円単位から投資を始めることができ、ローンを組む必要がない事から人気が高まってきているのです。 そこで今回は、少額不動産投資の手法やメリット・デメリットについて、詳しく解説していきたいと思います。これから、不動産投資をやってみたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 少額からできる不動産投資とは? それではまず、少額から出来る不動産投資とはというテーマで、解説していきましょう。少額からできる不動産投資、いわゆる「少額不動産投資」は、月1万円から総額100万円以下で始めることが出来る不動産投資の事を指します。 従来の不動産投資では、物件によっては数千万以上の資金が必要でしたが、少額不動産投資の場合は少ない金額で不動産を運用する事が出来るのです。 少額不動産投資の3つの手法 では次に、少額不動産投資の3つの手法について解説していきましょう。 REIT(不動産投資信託) まず1つ目は、PEIT(不動産投資信託)です。PEIT(不動産投資信託)は、事業者が出資者から集めた資金を不動産に投資して、家賃収入や物件の売却によって得た利益を、出資者に分配するという方法です。PEIT(不動産投資信託)は、投資信託の一種で金融商品として証券化されています。 取引所で売買できるので、流動性が高く比較的容易に現金化する事が出来るのが特徴です。自分のタイミングで売買する事が出来るので、対象は不動産ですが小口で購入できる株取引のような仕組みの手法と言えるでしょう。 不動産小口化商品 2つ目は、不動産小口化商品です。不動産小口化商品は、複数の投資家で資金を出し合って1つの不動産を購入し、利益を出資額に応じて分配する投資の手法です。不動産小口化商品には、「任意組合型」「匿名組合型」「賃貸型」の3種類があります。 任意組合型は、複数の投資家が不動産の共同所有者となり運用する形態です。匿名組合型は、投資家が不動産を管理する事業者と匿名契約を結び出資する形態です。この場合、投資家に物件の所有権はありません。

  • 家電リサイクル法とは?品目別の料金や処分方法をご説明します。

    使用済みの家電の中で、対象となっている物に関しては、家電リサイクル法という法律によってリサイクル料金が発生します。品目別に料金が異なり、処分方法もいくつかの種類があります。 そこで今回は、家電リサイクル法とはどのような法律なのか、そして品目別の料金や処分方法について、詳しく解説していきたいと思います。対象となっている家電を把握しておき、処分する際は参考にしてみてくださいね。 家電リサイクル法とは? それでは早速、家電リサイクル法とはどのような法律なのかという所から解説していきましょう。家電リサイクル法とは、1998年6月に制定されて、2001年4月から施行された法律の事です。 家電リサイクル法の目的は、一般家庭から出た使用済みの家電から、リサイクルして使用できる有用な部分を取り除いて再利用し、廃棄物を減らしながら資源を有効活用出来るように促進していく事です。 家電リサイクル法が施行されるまでは、ゴミの埋め立て地を巡って問題がありました。昔から、一部の金属や鉄などは回収の対象となっていましたが、約半分は埋め立てられていた状態だったのです。 使用済みの家電の中に、リサイクルして再利用できる資源があるにも関わらず、埋め立てられている現状を解決するために、家電リサイクル法は施行されました。 その結果、消費者は適切な引き渡しと、リサイクル料金を負担する事になり、小売業者による引取りと、製造業者などによるリサイクルが義務付けられる事となったのです。 対象家電 では次に、家電リサイクル法で定められている、対象家電をご紹介しましょう。対象となっている家電は、下記の通りです。 ・エアコン ・テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ式) ・冷蔵庫、冷凍庫 ・洗濯機、衣類乾燥機 ここで1点だけ注意点があります。家電リサイクル法で対象となっている家電は、あくまで家庭用として製造され販売されている家電に限ります。そのため、業務用として製造されて販売されている物に関しては、家庭で使用していたとしても対象外となるので覚えておきましょう。 『賃貸アパート・マンションの解約手続きの流れを説明します』~アイケア不動産お役立ち情報~ 品目ごとの料金

  • 内見をしないで賃貸借契約をするメリットとデメリットや内見できないときの対処方法とは?

    基本的には物件探しをする時、実際に物件を見に行ったりオンラインで物件を見たりします。しかし、様々な事情があり、気に入った物件を内見できないことがあります。 内見せずに賃貸契約をするメリットデメリットや内見できないときの対処方法などを知りたい方向けに主に内見せずに賃貸契約をするメリットデメリットや内見できないときの対処方法について詳しくお話ししたいと思いますので読んでみてください。 内見せずに賃貸契約をすることに関してすでに詳しい方も改めて確認するつもりで読んでみてください。まずは内見せずに賃貸契約するメリットについてお話しします。 内見せずに賃貸契約するメリット 交通費がかからない 今住んでいるところから少し遠いところに住むとなると内見に行くための交通費が高くなります。物件の周辺にどういったお店があるか確認するつもりで行くのも良いかと思いますが、他の物件を内見するとなった場合、交通費だけかかり無駄になります。旅行感覚で内見に行くなら交通費をかけて行ってもメリットがあるかもしれません。 時間が節約できる 物件探しをする時は、どの地域に住むのか、どの不動産会社を選ぶのかを考える必要があるため、少し億劫と思う方もいるかもしれません。内見せずに賃貸契約ができる事で、内見する時間が節約できるので物件探しが楽になります。 探している物件の条件を伝えておくとそれに合わせて物件を紹介してくれるサービスなどがありますが、内見に行く必要はあります。通常よりも負担は少ないですが、内見に行くための交通費が必要になります。 気に入った物件を取られない 内見をしないですぐに賃貸契約ができるため、気に入った物件を他の人に取られる可能性が低いです。内見せずに申し込みするには、先行申し込みや先行契約をしなければなりません。 内見して物件を探す時とは違い、申し込みをした時点で入居審査をするので内見をしてから物件を契約することよりもスムーズに賃貸契約をすることができます。 内見せずに賃貸契約するデメリット 部屋が想像していた物件じゃなかった

  • 引越し時の正しい不用品処分の方法とは?タイミングや注意点も説明します。

    引っ越しが決まって片付けをしていると、普通のゴミでは出せない不用品が出てきますよね。様々な種類の不用品が出てきますが、引っ越す日までに処分する必要があります。不用品の処分方法はいくつかあり、自分に合った方法やタイミングを選択する事が大切です。 そこで今回は、引っ越し時の正しい不用品処分の方法や、タイミングや注意点などもご紹介していきたいと思います。これから、引っ越しが控えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 不用品処分の方法 それでは早速、不用品処分の方法からご紹介していきましょう。 自治体の回収を利用する まず1つ目は、自治体の回収を利用するという方法です。普通のゴミとして出せないゴミでも、お住まいの自治体で回収を依頼する事が出来ます。料金や回収する間隔は、各自治体によって異なりますが、申し込みを行い、指定された当日の朝に出しておけば、回収してもらう事が出来ます。 不用品回収業者に依頼する 2つ目は、不用品回収業者に依頼するという方法です。不用品処分の方法として、民間の不用品回収業者に依頼するというのも、一般的な方法です。 処分したい不用品の種類や大きさなどを伝えると、見積もりを出してもらえるので、あとは希望の日時に引き取ってもらえば完了です。引っ越しまでに、忙しくてなかなか時間が取れない人でも、手軽に依頼する事が出来るのでおすすめです。 リサイクルショップに持ち込む 3つ目は、リサイクルショップに持ち込むという方法です。不用品でも、まだ使えるものもありますよね。そのようなものは、リサイクルショップに持ち込むのもおすすめです。 店舗に持ち込む方法や、自宅まで引き取りに来てもらえる方法もあるので、すぐに査定してもらいたい時などは便利です。リサイクルショップは、取り扱い品目が多いので、大抵の不用品は買い取ってもらえるでしょう。 フリマアプリなどで売る 4つ目は、フリマアプリなどで売るという方法です。アプリへの登録や梱包、発送などが面倒でないのなら、フリマアプリなどで売るという方法もおすすめです。

  • 一人暮らしをするメリットとデメリットを説明します。

    現在、一人暮らしをしている方や実家暮らしをしている方など様々な方がいます。ある程度の年齢になったりすると一人暮らしをしてみたくなる方は多いかと思います。仕事の関係で実家を出ることになり、自然と一人暮らしする事になった方もいるかもしれません。 一人暮らしをしようか悩んでいる、一人暮らしのメリットとデメリットが知りたいという方向けに一人暮らしのメリットとデメリット、一人暮らしの注意点について詳しくお話ししたいと思いますので読んで参考にしてみてください。 すでに一人暮らしを始めている方も、今後の参考になるかもしれませんので読んでみると良いかもしれません。まずは、一人暮らしをするのに必要なお金についてお話しします。 1ヶ月一人暮らしするのに必要なお金 一人暮らしを始めてから初めて電気代や消耗品などの支払いをして思っていた以上にお金がかかると気づいた方も多いかと思います。 家賃などは地域によって違うので一概には言えませんが、大まかに計算したとしても田舎で手取り12万円から13万円くらい、都会だと手取りでそれ以上のお金が必要になることが多いです。あくまでも目安なので参考程度にしてください。 ・ワンルーム家賃 4万から6万円程度 ・食費と光熱費合わせて 3万程度 ・通信費 1万程度 ・消耗品 3千円程度 ・服飾費や交際費など 1万円程度 上記が一人暮らしに必要なお金の目安です。あくまでも目安なので人によっては、最低限必要なお金が変わってきます。通常貯金の他に冠婚葬祭などでお香典を包んだり、結婚式でご祝儀を包んだりする事があるのでそういった貯金も必要になります。貯金の事を考えるとさらにお金を副業などで稼がなければ足りなくなる可能性が高いです。 一人暮らしのメリット 自由がある 部屋での過ごし方から時間なども全て自分で決める事ができます。とにかく自由です。 自分の荷物も置き放題 実家で生活していると兄弟で同じ部屋を使うため、自分一人の部屋がなく荷物を置くスペースが限られてしまいます。しかし、一人暮らしになると自分の荷物や趣味のものが好きなようにおけます。 インテリアや内装も好きなようにできる

  • シェアハウスに住むメリット・デメリットについて説明します。

    物件には、様々な種類がありますが、物件を探す時できるだけ生活費を安く済ませるためにシェアハウスに住もうかな?と考えている方もいるかもしれません。 シェアハウスの事をもっと知りたい、シェアハウスのメリットとデメリットについて知りたいという方向けにシェアハウスとは何か?シェアハウスのメリットとデメリットについて詳しくお話したいと思いますので気になる方は読んで参考にしてみて下さい。 シェアハウスについて詳しく知っている方は、改めて学ぶつもりで読んでみると良いかもしれません。 シェアハウスとは? 人それぞれ捉え方はあるかもしれませんが、ゲストハウスは、短期間貸し出す宿泊施設です。シェアハウスは長期間生活をする賃貸住宅の事です。少し前まで、東京では、シェアハウスの事をゲストハウスと呼んでいました。 そういった事から、今でもシェアハウスやゲストハウスという言葉はしっかりとした線引きがされていない事があります。シェアハウスやゲストハウスなどの呼び方については、法律などで決められていないため、住まいだからシェアハウス、宿泊施設だからゲストハウスと言えない所があります。 ゲストハウスによっては、中長期滞在ができるので本当の住まいのように活用できます。家賃などを折半して暮らすことをルームシェアと言いますが、シェアハウスでもルームシェアのような形で運営されているところもあります。 シェアハウスのメリット 生活費や初期費用が安くすむ シェアハウスの最も大きなメリットは、入居する時の初期費用、生活費などが安く住む事です。シェアハウスによっては入居した時点で、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、ソファーなど生活に必要な様々な家電や家具が置かれているため、家具や家電を用意する費用がかからず経済的な負担もあまりありません。 さらに敷金や礼金がない物件が多いので、引越し費用が安く済みます。シェアハウスでは複数人で住むため、一人当たりの家賃が安く設定されています。家賃は、毎月払うものなので、生活費の節約になります。 ほとんどのシェアハウスでは、リビング、ダイニング、キッチンなどみんなで使う部分は、ファミリータイプとなっているので、一人暮らし向けのワンルームより広く、最新家電が使われていたりします。 仲間がいる安心感を得られる

  • 引越しを自分でするコツやメリット・デメリットについて説明します。

    人生で一度は引越しを経験したことがある人は多いのではないでしょうか。基本的に引越しをする時は、引越し業者へ依頼するか、自力で引越しをするかの2択になります。 転勤があるお仕事をされている方は、通常よりも引っ越しをする回数が多く、引越しに対する基本的な知識や引越しに対する慣れがあるかと思います。ほとんどの方は、引越し業者に依頼されますが、金銭的に余裕のない方や引越し業者が忙しく依頼ができない方は、引越しを自力でしたりする事があります。 引越しを自力でするコツや引越しを自力でするメリットデメリットについて知りたい方向けに、今回は引越しを自力でするコツや引越しを自力でするメリットデメリットについて詳しくお話ししたいと思いますので読んで参考にしてみて下さい。 引越しを自力でするコツ 複数部屋がある場合は分けて荷造りする 全部の部屋の荷物を全てまとめて荷造りしてしまうと引越し先で荷物の確認をしたり、荷物の整理をする時間がかかります。しかし、部屋それぞれで分けて荷造りをすることで、引越し先での手間が少なくなり楽です。さらにリビング、キッチン、トイレなど細かく分けることで、段ボールを開けた後にどこに置いたら良いか悩みません。 玄関から1番遠くの部屋から先に荷造りする 荷造りを終えたダンボールは、同じ部屋に積み重ねていくと、どこの部屋の段ボールか分かりやすいです。仮に玄関の近くにある部屋から荷造りをしてしまった場合、部屋の出入りが大変になるので注意が必要です。引越し当日まで気持ち良く住むためにも玄関から遠い部屋から先に荷造りをすると良いです。 いつも使わないものから先に荷造りする いつも使うものから先に荷造りしてしまうと、引越しが完了するまで生活が大変になります。そのため、荷造りは、普段使わないものからする事をおすすめします。季節が関係する洋服、家具、家電などは先に荷造りする事ができますので、そういったものは、先に荷造りすると良いです。 荷物を運ぶコツ 洗濯機と冷蔵庫は前日にしっかりと水抜きする 基本的に洗濯機や冷蔵庫は、中に水がたまっていることがほとんどです。仮に水抜きせずに運んでしまうと、運んでいる最中に水漏れしてしまい、他の荷物を濡らしてしまう可能性が高いです。

  • 様々な間取りのメリットとデメリットについて説明します。

    不動産会社やネットで物件を探す時、どのくらいの家賃のところが良いか悩みますが、間取りについても悩む方が多いかと思います。単純に今住んでいる家より広い方が良いのか、狭い方が良いのかで決める方もいるかもしれませんが、間取りそれぞれにメリットとデメリットがあります。 今回は、間取りがなかなか決まらず悩んでいる方向けにそれぞれの間取りのメリットとデメリットや間取りの種類について詳しくお話ししますので読んで参考にしてみてください。まずは、様々な間取りの種類から詳しくみていきましょう。 様々な間取りの種類 ワンルーム 1部屋しかない間取りです。その間取りには、キッチンも含まれています。玄関を開けるとすぐ部屋となっています。6畳から9畳くらいの広さで、最低限の家具を置いて少し狭いと感じるくらいの広さです。 単純な広さだけで見ると広く感じますが、玄関やキッチンを含めた広さのため、2畳くらいの生活スペースと思った方が良いかもしれません。比較的家賃が安めのため、できるだけ家賃を安くしたい方にはおすすめです。ワンルームといっても正方形、キッチンが玄関、シャワールームしかない、ロフト付きなど様々なタイプがあります。 1K ワンルームより少し広く部屋とは別にキッチンがあって、部屋とキッチンの間に仕切りがあります。ごく稀に1SK、1K +Sと記載されている間取りがありますが、そういった間取りは2畳くらいのルームがついていたりします。キッチンが4.5畳未満だった場合、1Kと記載したりします。 1DK 1部屋とダイニングキッチンが4.5畳から8畳未満の間取りです。ちなみにDKの正式名称は、Dining Kitchenです。1DKの平均的な広さはダイニングキッチンが4.5畳から6畳、お部屋が5畳から8畳になっていることが多いです。 ダイニングキッチンが最大の8畳になっている部屋は、不動産会社によって1LDKと記載されていることがあります。1DKの平均的な広さはダイニングキッチンが4.5畳から6畳、お部屋が5畳から8畳になっていることが多いです。ダイニングキッチンが最大の8畳になっている部屋は、不動産会社によって1LDKと記載されていることがあります。 1LDK

  • オンライン内見をするメリットとデメリットについて説明します。

    最近ではウィルス感染防止のため、オンライン内見ができる不動産会社がとても増えてきました。 長期間、住むかもしれない家をオンライン上で確認してすぐに決めるのは不安という方が多いかもしれませんが、一度ウィルス感染してしまうと新しい家に引っ越すこと自体が難しくなるため、オンライン内見を1度体験してみるのも1つの手かもしれません。 オンライン内見について詳しく知らない方やオンライン内見のメリットとデメリットについて知りたい方向けに主にオンラインの内見のメリットとデメリットや注意点について詳しくお話ししたいと思いますので読んでみてください。 オンラインの内見について、すでに知っている方も改めて確認するつもりで読んでみると今まで知らなかったことが知れるかもしれません。まずはオンライン内見について詳しく説明します。 オンライン内見について オンラインの内見とは簡単に言うと不動産会社の従業員が実際に物件に行ってインターネットを使って部屋の映像を撮影したりしながら、物件の詳しい情報や周辺の環境などを説明することです。 部屋を探す時に使用したパソコン、スマートフォン、タブレットやインターネット環境があればオンライン内見を体験することができます。持ち歩ける端末であれば自宅以外のカフェなどで物件を見ることができるので手軽に物件を探すことができ便利です。 オンライン内見の方法とは? オンライン内見の方法は、不動産会社に行って内見を行う時とほとんど同じ方法です。 ①内見したい物件を見つける 物件を検索できるサイトなどで、内見したい物件を見つけます。見つけたらその物件を取り扱っている不動産に問い合わせをします。 ②問い合わせをしてオンライン内見の申し込みをする 物件によってはオンライン内見が対応していないものもあるため、オンライン内見に対応している物件だった場合のみ、申し込みをしましょう。その時に物件について事前に知りたい情報や自分が希望する物件の条件など伝えておくとオンライン内見の時に答えてくれたりするのでスムーズに内見ができるかと思います。 ③オンライン内見をしたい日時を伝えて日程調整する

  • マンションにある便利な設備について説明します。

    物件を探したりする時に設備を重要視する方は多いかと思います。設備を妥協して家賃などを安く済ませると不便に感じる事が多く、すぐに引っ越したくなる方も一定数います。 今回は、物件探しをする前に設備について知っておきたいという方や設備の寿命を知りたいという方向けにいくつか選んでマンションにあると便利な設備や設備の寿命などについて詳しくお話ししたいと思いますので読んで参考にしてみて下さい。すでにマンションなどの設備について詳しい方も改めて確認するつもりで読んでみて下さい。 マンションにある便利な設備 ハンズフリーキー ハンズフリーキーとは、ポケットなどに鍵を入れておくとセンサーなどが反応し自動でドアを開けてくれる優れものです。鍵を刺したり、カードをかざしたりする手間がないので便利です。手が塞がっていても家に入れるので楽なところがメリットです。 ディスポーザー ディスポーザーとは簡単にいうと生ゴミを細かくする機械です。台所にあるゴミ受けに機械がついていて、生ゴミを入れて電源を入れると生ゴミを細かくして下水に流してくれます。生ゴミを長期間放置したりする必要がないため、衛生的にも良いです。 玄関前宅配ボックス 各部屋の玄関前に宅配ボックスがそれぞれ置いてあります。大きな荷物も入るようなサイズのものです。専属の業者が荷物を届けてくれるので何度でも荷物を受けとれたり、いつボックスを開けたかも確認できます。 ドアに2つ鍵がある ドアに2つ鍵がついている事で、空き巣などを防止するのに役立ちます。1つの鍵を開けるよりも2つの鍵を開ける方が時間がかかるため、空き巣に狙われる可能性が低くなります。 カメラ付きのインターホン カメラがついているため、家の中にいる状態で来た人を確認できます。事前に来た人を確認できるため、怪しい人やセールスマンなどが来ても無視できます。さらに録画機能などがあると防犯になるので便利です。 エントランスにある集合ポスト 集合ポストは外にある場合がほとんどですが、エントランス内にある事で様々な面で安全です。オートロック付きのエントランスの場合は、より安全性に優れています。 エレベーターの中にある監視カメラ

  • クローゼット(CL)・押入・物入・納戸など、収納の種類について説明します。

    収納は、限られたスペースを有効活用する為に、とても重要ですよね。家を建てたり、賃貸住宅を借りる時など、収納を気にする人も多いかと思います。 しかし、収納にどのような種類があるのか、具体的に分からなくて悩んでしまうかもしれませんね。そこで今回は、クローゼットや押入、物入、納戸など収納の種類について詳しく解説していきたいと思います。収納について、色々悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね。 収納の種類と特徴 それでは早速、収納の種類と特徴について解説していきましょう。 クローゼット(CL) まず1つ目は、クローゼット(CL)です。クローゼット(CL)は、洋室に一般的に設置されている収納で、奥行きは服の幅に合わせたものが多いのが特徴です。ある程度高さがあり、扉を開ければ一目で中の状態を把握することが出来るようなデザインになっています。 主に、衣類を中心にちょっとした雑貨や小物を収納することを想定して作られています。内部には、棚板やハンガーパイプが設置されており、内部に仕切りがないタイプですと、衣装ケースなどで自由に活用方法を考える事が出来ます。 押入 2つ目は、押入です。和室の収納の代表とも言えるのが押入です。ふすまの引き戸になっているのが特徴で、寝具などを収納するために設置されています。和室では、布団を使用する事が多いため、そのまま敷きっぱなしでは部屋のスペースが狭くなる事から、押入が重宝します。 押入の特徴は、何といっても収納スペースが広いという事です。他の収納よりも、広く作られている事が多いので、寝具以外にも余ったスペースを有効活用する事が出来ます。特に、押入は通常2段構造になっているので、整理して取り出す時も分かりやすいです。 物入 3つ目は、物入です。物入とは、簡単に説明すると、押入にもクローゼットにも該当しない、物を入れておくための場所を指します。サイズや仕切りが中途半端な場所や、専用の収納ケースがない場所の事を言います。 普段、そこまで頻繁に使う事はないけれど、部屋の中に出しっぱなしにはしておきたくないという物を置いておくのに、ちょうどいい広さのスペースが多いです。 納戸

  • 家具家電付き賃貸のメリットとデメリットとは?

    物件にはマンション、アパートなど様々な種類があり、引っ越しなどを考えている方にとっては家賃を比較的安くしたいならアパート、ある程度おしゃれなところに住みたいならマンションなど最初に悩むところかと思います。 様々な種類がある中であまり数が通常の賃貸よりも多くないですが、家具家電付き賃貸物件があります。今回は、家具家電付き賃貸のメリットやデメリット、注意点など知りたい方向けにメリットとデメリットなどについて主にお話ししたいと思います。 家具家電付き賃貸物件とは? 一時的な一人暮らしや単身赴任などで賃貸物件に住む場合、毎回、家具や家電を揃えていると費用がかかり経済的な負担も大きくなると思います。家具や家電を準備するのが大変なため、ホテルを予約して住んでいるという方も多いかもしれませんが1泊1人3000円程度と考えると割高になります。 そんな方におすすめなのが家具家電付き賃貸物件です。家具家電付き物件とは簡単にいうと生活に必要な最低限の家具や家電が住んだ時からついている物件です。単身赴任向けに短期間で借りられる場合もあります。 家具家電付き賃貸はお得? 家具や家電付きの賃貸物件に住みたいけど費用が気になる方も多いと思います。 立地や部屋の広さによっても変わりますが、通常の賃貸物件よりも2割から3割程度、家賃が高い場合が多いです。家具や家電を揃えたりしなければならない手間などを省けるのは良いですよね。通常の賃貸契約と変わらないので、敷金などを支払う必要があります。 家具家電付き物件でついてくるもの 物件によって変わりますが、ある程度ついてくる家具や家電は似ています。冷蔵庫、ベッド、デスク、電子レンジ、カーテン、テレビ、テレビ台、ソファ、エアコン、ダイニングセットなどです。ちなみに家具家電付きの賃貸物件は、一人暮らし向けのワンルームがほとんどなので家族で住むのは向いていないことが多いです。 家具家電付き賃貸を借りるメリット 家具家電を準備する必要がない 家具家電付き物件というだけあって、家具や家電を自分で準備をしなくて良いのがメリットです。

  • 不動産を売却するコツを説明します。

    持ち家などを持っていると様々な事情があり、売却したりしたくなる事があるかもしれません。不動産を売却をしたいと思っても、まず何からしたら良いか分からない、不動産売却のコツが知りたいという方が多いかと思います。コツを知っておく事で良い不動産会社を見つけられたりできるだけ早く売却する事ができます。 今回は、査定のコツ、媒介契約の種類、価格設定、内覧の時に片付ける箇所などについて分からない方向けに査定から内覧の時の話まで詳しくお話ししたいと思いますので参考にしてみて下さい。すでに知識がある方もまだ知らない情報などあるかもしれないので一度読んでみても良いかもしれません。 どのくらいで売却できるかチェックする まずはインターネット上で査定してもらう 不動産の価格を査定する方法は2つあります。机上査定と訪問査定です。卓上査定は、間取りや住所など最低限の情報を使用して査定します。基本的にメールなどで査定できるので手軽です。 卓上査定をする時に便利なのがインターネット上にある不動産一括査定サービスです。基本的に査定をお願いする時は複数の不動産会社から選びます。査定額を見て、売却する物件の相場や不動産会社独自の色、担当者の対応など確認すると良いです。 査定が終了したら最も査定額が高い会社を選ぶと良いかと思います。査定額に関係なく売るのが上手な不動産会社を選ぶのも一つの手かもしれません。 訪問査定をお願いする インターネットで卓上査定をお願いして不動産会社が決まったら、訪問査定をお願いします。訪問査定をお願いすると会社の営業担当者の方が来てくれるため、その時にいくつかチェックする事があります。 営業担当者の経験やスキルを確認する 不動産を売却する時の広告活動や販売するときの戦略は営業担当者のスキルや経験によって変わります。結果的に売却できるかどうかは、営業担当者の経験やスキルによって分かれます。そのため、営業担当者が不動産知識があるのか、連絡はマメか、相談した時に的確なアドバイスをしてくれるかを確認する事が大切です。 予定されている広告活動の確認

  • 賃貸の入居審査の基礎知識を説明します。

    基本的には賃貸契約をする時に賃貸の入居審査があります。入居審査に通らなければ良い物件を見つけたとしても希望の物件に入居する事はできません。 入居審査や保証会社の審査に通過する必要があります。入居審査に通るのか不安という方も多いかと思いますので、今回は、入居審査に関する知識があまりない方向けに賃貸の入居審査についてお話ししたいと思いますので読んで参考にしてみて下さい。 賃貸の入居審査とは? 良い家が見つかったとしてもすぐに賃貸契約できるわけではなく、入居審査や保証会社の審査など通過する必要があります。 家を貸す大家さんは、部屋で騒いで迷惑をかけたりしないか、元々の設備を壊したりしないか、家賃をしっかりと払い続けてくれるか、家賃が払えなくなった時に代わりに負担してくれるのかなどたくさんの心配があるため、そういった事を事前にある程度確認するために入居審査をします。 大家さんにもよりますが物件の管理をしている管理会社が審査をする事があります。管理会社によっては、入居審査をスムーズにするために入居申込書だけをみて審査したりもします。 大家さんによっては、入居審査をする時に連帯保証人の収入証明書を求めてくることもあり、大家さんによって必要な書類が変わる可能性がある事を頭の片隅で覚えておくと良いです。 入居審査をする時に必要なものは? 入居審査をする時に入居申込書を書く必要があります。連帯保証人が必要ない場合と必要な場合の書く内容を詳しくお話ししますので参考にしてみてください。 入居申込書に書く内容(連帯保証人が必要ない場合) ・名前 ・住んでいるところ ・携帯や家の固定電話番号 ・性別や生年月日 ・勤務先や業種 ・年収や勤続年数 連帯保証人が必要な場合に書く追加内容 ・連帯保証人の名前 ・住んでいるところ ・携帯や家の固定電話番号 ・性別や生年月日 ・連帯保証人の勤務先 ・連帯保証人の年収や勤続年数 ・借主との関係 提出を求められるかもしれないもの 基本的には、上記の入居申込書に書いてある内容だけで問題ないのですが、まれに以下の書類を求められる事があります。これらの書類は、入居審査時に必要なくても契約時に必要になる場合がありますので、事前に準備をしておくと良いかもしれません。

  • 汲み取り式と浄化槽と下水の違いとは?費用についても説明します。

    賃貸物件などを探していると、「下水道」や「汲み取り式」「浄化槽」などの項目が目に付くことがあると思います。通常、日常生活を送っている時は、意識する事が少ない部分ですが、排水方法はとても重要になってきます。 そこで今回は、「汲み取り式」「浄化槽」「下水」の違いや、それぞれの費用について詳しく解説していきたいと思います。これから、賃貸物件などを探す時は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 汲み取り式とは? それでは早速、汲み取り式から解説していきましょう。汲み取り式とは、浄化槽ではなく「タンク」の中に汚水をためておく方法を指します。 汲み取り式は、昔「ボットン便所」と言われていたものと、トイレのみ簡易水洗式で流され、まとめてバキュームカーで汲み取りを行う方式のものの2種類があります。 浄化槽とは? では次に、浄化槽とはどのようなものなのかを解説していきましょう。 浄化槽とは、下水道が整備されていない地域や、下水道に接続工事を行っていない場合などに採用される方法です。汚水を、家の地下に設置したタンクで処理してから、川に流す住宅設備の事を指します。 設置するタンクの大きさの基準は、法で定められており、延べ床面積によって設置すべきタンクの大きさが変わります。浄化槽には2種類あって、し尿だけを処理する「単独浄化槽」と、し尿と一緒に生活排水も処理する「合併式浄化槽」があります。 最近では、ほとんどの地域で「合併式浄化槽」になっていますが、住んでいる地域で異なります。 下水とは? では次に、下水について解説していきたいと思います。下水は、生活排水やし尿を、家の配管を通して下水処理場に送り、処理をしてから川に流す仕組みの事です。 下水には、雨水と汚水・雑排水を一緒に処理する「合流式」と、雨水はそのまま河川に流し、汚水と雑排水は分けて処理する「分流式」の2種類があります。 合流式の場合は、大雨が降ると許容量を超えて処理できなくなった汚水を、放流しなければならなくなる確率が高くなります。そのため、現在では周辺環境への配慮もあり、「分流式」の処理方法が多くなっています。 『不動産投資の仕組みとは?初心者にも分かりやすく解説します』~アイケア不動産お役立ち情報~ それぞれの費用について

  • 賃貸経営をしている現役大家さんの悩みとは?解決方法や相談先を解説します。

    最近では、不動産で収入を得ようと賃貸経営をスタートさせたいと思っている人が多くなってきていますよね。しかし、いざ賃貸経営をしてみると、頭を抱えてしまうような悩みが発生する事があります。 そこで今回は、現役の大家さんの悩みと解決方法、そして問題が発生した時の相談先について解説していきたいと思います。賃貸経営に興味のある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 現役大家さんの悩みと解決方法 それでは早速、現役大家さんが抱えている悩みと解決方法から解説していきましょう。 空室状況 まず1つ目は、空室状況についてです。扱っている賃貸物件に空室があると、その部分の家賃収入がゼロになってしまうので、大家さんにとって空室は最大のリスク要因となります。 空室になっている期間が長ければ長いほど、家賃収入が得られない期間が長くなり、大家さんの悩みの中でも早急に対処しないといけない問題でもあります。空室が目立つという事は、借主にとって魅力を感じないという点が挙げられます。 新築の賃貸物件の場合は、「新しい」という魅力が優位に立つので、最初は空室問題は発生しにくいのですが、徐々に築年数が経過してくると、その新しさも発揮しにくくなる時期がやってきます。そこで解決策として有効なのが、立地条件です。 立地条件に恵まれている物件は、空室になりにくいという特徴があるので、大家さんにとって一番の悩みである空室を防ぐ事に繋がります。アパートやマンションに住む人は、やはり利便性を重要視します。周辺環境が良好である事や駅近などを選ぶ事は、賃貸経営の際に重要なことなのです。 家賃の滞納 2つ目は、家賃の滞納です。空室でなくても、入居者が家賃を滞納してしまうと、家賃収入は止まってしまいます。これも、大家さんにとっては大きな悩みの1つですね。公益財団法人日本賃貸住宅管理協会の調査によると、対象の賃貸住宅のうち6.1%で家賃の滞納が発生しているという結果が出ています。 では、どのような解決策があるのでしょうか。家賃の滞納対策には、「入居時の審査の徹底」と「家賃保証会社を入れる」という方法が有効です。大家さんが自ら家賃の回収を行う自主管理の場合は、家賃の滞納が発生した場合、大家さん自身が対処することになります。

  • 高齢のため入居拒否されることはある?高齢者のお部屋探しの方法とは?

    現在、日本では高齢化が進んでいる影響で、1人暮らしをする高齢者も増えてきています。そのような中で、高齢者が賃貸を借りる時に、入居拒否をされるという事が問題になっているのです。そこで今回は、高齢者が入居拒否される理由や、高齢者のお部屋探しの方法やポイントなどを詳しく解説していきたいと思います。 高齢のため入居拒否される事がある? 現在の日本では、高齢者は賃貸が借りづらいという現状があり、調査によると「不動産会社に入居を断られた経験があるか」という質問に対して、23.6%の高齢者が「はい」と回答してるのです。入居拒否された回数では、1回という人が半数近くですが、5回以上断れたという人も13.4%いるという状態です。 高齢者が入居拒否される理由 では次に、高齢者が入居拒否される理由には、どのようなものがあるのかを解説していきましょう。主に、理由としては身体的なものと金銭的なものが多いようです。 身体的なもの まず1つ目は、身体的なものです。不動産会社側からすると、高齢者のみで入居していた場合、もし部屋の中で体調を崩したら大変という懸念があるのです。若い世代と違い高齢者の単身者世帯では、部屋の中で万が一死亡した場合、そのまましばらく発見されないケースもあります。 発見が遅くなれば、それだけ遺体の腐敗が進んでしまい、原状回復にも時間がかかります。物件自体の資産価値が、著しく低下してしまう可能性もある事から、貸す側としては躊躇してしまう点なのです。 金銭的なもの 2つ目は、金銭的なものです。高齢者の場合は、若い世代と違い仕事をリタイアして、主な収入源は年金というケースが多いですよね。そうなると、家賃の滞納が懸念されるのです。 一度、貸してしまうと、万が一家賃滞納が発生しても別の所にすぐに移ってもらうのが難しいだけでなく、家賃の回収も極めて難しくなります。このようなリスクを回避する為に、最初から貸さないという選択をする不動産会社も多いのです。 高齢者のお部屋探しの方法 では次に、賃貸を借りるのが難しい高齢者が、お部屋を探すためにはどのような方法があるのかを解説していきたいと思います。高齢者がお部屋を探しやすい方法としては、主に2種類あります。

  • 不動産売買契約に使用する付帯設備表とは?記入方法や注意点を説明します。

    不動産売買は、高額な買い物ですので、その不動産がどのような状態なのかをしっかり把握しておきたいですよね。購入する側は、不動産の状態を十分に納得した上で購入したいですし、売主側は不動産の状態を明確にしておく必要があります。 そこで重要になってくるのが、不動産売買の契約書の付属書類である「付帯設備表」です。今回は、この「付帯設備表」について記入方法や注意点などを、詳しく解説していきたいと思います。 不動産売買契約に使用する付帯設備表とは? それでは早速、不動産売買契約に使用する付帯設備表とは、どのようなものなのかを解説していきましょう。付帯設備表とは、売主から買主に引き渡される不動産の、設備の有無や故障の有無、設備の残置か撤去かなどの取り決めが記載されたものです。 中古の不動産売買では、建物が時間の経過とともに劣化するので、建物の設備の状態を明示する必要があり、付帯設備表はとても重要な書類となります。不動産売買における、「言った」「言っていない」のようなトラブルを避ける為の重要な書類でもあり、買主が把握しておきたい不動産の設備の状態を詳しく把握できるように記載されているものです。 中古不動産の場合は、前所有者が在住しているケースも多く、内覧の際に設備の有無や細部まで細かく内覧できない事もあります。そのような時に、細部まで内覧できない部分をカバーする目的として、付帯設備表が重要な役割を担っているのです。 『不動産売買でありがちなトラブルと解決方法は?』~アイケア不動産お役立ち情報~ 付帯設備表の記入方法と内容 では次に、付帯設備表の記入方法と内容について解説していきたいと思います。まず付帯設備表の記入方法ですが、付帯設備表には設備の有無や故障の不具合の有無など、それぞれの項目によってチェック欄が設けられています。その他、具体的な内容を記入する欄もあり、そこにそれぞれ記入していく形になります。付帯設備表の具体的な内容は、下記の通りです。 「主要設備」 ・給湯関係:給湯器、バランス釜、太陽熱温水器、湯沸かし器など ・水まわり関係:台所設備、浴室設備、洗面設備、トイレ設備、洗濯用防水パンなど ・空調関係:冷暖房機、床暖房設備、換気扇、24時間換気システムなど ・その他:インターホン、ドアチャイムなど

  • 土地の境界が分からない物件を購入する際のリスクと対処方法とは?

    家と家の境界問題は、感情的なトラブルに発展しやすく解決までに長い期間を必要とする可能性のある問題です。そのため、敷地の境界を巡る争いは、出来る限り避けたいものです。 しかし、実際に家と家の境界が曖昧なケースは、意外と多くあります。今回は、そのような土地の境界が分からない物件を購入する際のリスクと対処法について、詳しく解説していきたいと思います。今後、土地を購入する予定のある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 土地の境界が分からない物件を購入する際のリスク それでは早速、土地の境界が分からない物件を購入する際のリスクからご紹介していきましょう。 住宅ローンの担保に設定できずお金が借りられない まず1つ目は、住宅ローンの担保に設定できず、お金が借りられないという事です。境界が分からない土地は、それだけで資産価値が著しく下落します。 そのため、住宅ローンの担保に設定する事が出来ず、お金が借りられない場合があるのです。物件の購入時は、ほとんどの買主は住宅ローンを借りる前提で購入するので、大きなリスクと言えるでしょう。 隣地所有者と境界線を巡るトラブルに発展する可能性がある そして2つ目は、隣地所有者と境界線を巡るトラブルに発展する可能性があるという事です。境界に関しては、隣地所有者とトラブルになりやすい事が多く、例えば売主が住んでいた時には何も言ってこなかった場合でも、所有者が変わったら境界を主張してくるケースも多くあるのです。 『路線価とは?土地の価格の調べ方と計算方法を説明します』~アイケア不動産お役立ち情報~ 敷地境界によるトラブルを避ける為の対処法 それでは次に、敷地境界によるトラブルを避ける為の対処法をご紹介していきましょう。 比較的新しい建売住宅や分譲地に建てられた中古物件を購入する まず1つ目は、比較的新しい建売住宅や分譲地に建てられた中古物件を購入するという事です。宅地建物取引業者が販売する建売住宅や分譲地では、販売するにあたって敷地の境界を明確にして、境界標識を設置してある事が多いのです。

  • 不動産の生前贈与のメリットとは?贈与税について解説します。

    子どもに、不動産を譲り渡す時に、生前贈与を選択するという方法があります。生前贈与とは、相続になる前に財産を受け渡す事が出来るものですが、具体的にどのようなメリットがあるのか分からないという人も多いでしょう。 そこで今回は、不動産の生前贈与のメリットや贈与税について、詳しく解説していきたいと思います。今後、不動産の生前贈与を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 不動産の生前贈与のメリットとは? それでは早速、不動産の生前贈与のメリットから解説していきましょう。生前贈与を行う上で、メリットとなるのは主に下記の2つがあります。 自分の意志で資産を渡したい人に渡すことが出来る まず1つ目のメリットは、自分の意志で資産を渡したい人に渡すことが出来るという事です。遺言を書いて、財産を特定の相続人に移転するという方法も可能ではありますが、遺言書の作成には手間がかかりますし、法的に問題のない遺言書を作成する為には、準備もある程度必要です。 また、相続人全員の合意があれば、遺言と異なる遺産分割も可能となってしまいます。そのため、自分の意志で生きているうちに、自分の好きなタイミングで財産を渡したい人に渡せるという点が、生前贈与のメリットと言えるでしょう。 節税 2つ目のメリットは、節税です。贈与税には、年間110万円の基礎控除があります。そのため、子どもに110万円の範囲内で不動産を贈与すると、1年の贈与のうち110万円は贈与課税価格から控除されるので、贈与税がかからずに資産を減らすことができ、相続税の節税になるのです。 贈与税の計算方法 では次に、贈与税の計算方法について解説していきたいと思います。贈与税は、毎年1月1日~12月31日までの間に、贈与により取得した財産に対して課される税金です。 その計算方法には、暦年課税制度と相続時精算課税制度の2つがあります。これを踏まえて、贈与税の計算方法は下記のようになります。 ・暦年課税制度:土地建物の相続税評価額合計-基礎控除110万円=課税価格 ・相続時精算課税制度:土地建物の相続税評価額合計-特別控除=課税価格 『不動産売却の際にかかる費用・税金について説明します』~アイケア不動産お役立ち情報~

  • 事業用賃貸物件と居住用賃貸物件の違いとは?

    賃貸住宅を借りる時に、事業用賃貸物件と居住用賃貸物件という2種類の賃貸物件があるのを、ご存知でしょうか? それぞれに特徴や違いがあり、居住用賃貸物件と同じような感覚で、事業用賃貸物件を借りようとすると、トラブルになる可能性があります。しっかり理解しておかないと、スムーズに借りることが出来ないので、ぜひ参考にしてみてください。 事業用賃貸物件と居住用賃貸物件の大きな違い それでは早速、事業用賃貸物件と居住用賃貸物件の大きな違いから解説していきましょう。ここでは、主に使用目的と初期費用の違いについて説明していきます。 使用目的 まず1つ目は、使用目的の違いです。よく、事業用賃貸物件には「テナント」という言葉が使われる事が多いですが、日本では一般的に「店舗や事務所を賃借して使用する人」という意味合いで使われています。 事業用賃貸物件を借りる時は、「テナントが商売をする為に利用する」という目的があり、事業用賃貸物件を利用するのは、テナントの他にお客様や従業員という事になります。一方、居住用賃貸物件は借主が暮らすために借りるもので、この点が事業用賃貸物件と居住用賃貸物件で大きな違いでしょう。 また、事業用賃貸物件は、多くの人が利用する事が想定されるため、物件が傷みやすいというデメリットを考慮して、高めの賃料を設定している所が多いのも特徴です。 初期費用 では次に、初期費用の違いについてです。賃貸物件を借りる時は、事業用賃貸物件でも居住用賃貸物件でも、初期費用がかかりますよね。しかし、この初期費用が事業用賃貸物件の方が、居住用賃貸物件よりも高額になります。 一般的な初期費用は、「賃料の〇ヶ月分」という計算で算出されるため、もともと高めに賃料を設定している事業用賃貸物件では、それだけ初期費用も高額になるのです。その中でも特に事業用賃貸物件の敷金に関しては、保証金の設定が賃料の3か月分~6か月分以上にもなります。 これは、万が一事業が低迷した時に、賃料の滞納が起きる可能性が高いためです。居住用賃貸物件よりも、そのリスクは高いため、高めに設定してあるのです。 居住用賃貸物件の事業用への転用はNG

  • 徳島の賃貸アパート・マンションの相場とは?詳しく説明します。

    今回は、徳島の賃貸アパートやマンションの家賃相場について詳しく説明していきたいと思います。徳島は、全体的に家賃相場が安い印象がありますが、アパートでもマンションでも同じなのでしょうか?これから、賃貸アパートやマンションを検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 徳島の賃貸アパートの間取り別家賃相場 それでは早速、徳島の賃貸アパートやマンションの間取り別家賃相場をご紹介していきましょう。 徳島市 アパート ・ワンルーム:3.9万円 ・1K/1DK:4.0万円 ・1LDK/2K/2DK:4.8万円 ・2LDK/3K/3DK:5.4万円 ・3LDK/4K~6.1万円 マンション ・ワンルーム:4.4万円 ・1K/1DK:4.4万円 ・1LDK/2K/2DK:5.3万円 ・2LDK/3K/3DK:5.9万円 ・3LDK/4K~:6.6万円 徳島市の賃貸アパートやマンションの家賃は、物件数が多く、幅広い値段帯になっている印象です。ワンルームや1K・1DKでは、5万円を切っているのが魅力的です。 名西郡 アパート・マンション ・1K/1DK:4.15万円 ・1LDK/2K/2DK:4.64万円 ・2LDK/3K/3DK:5.6万円 ・3LDK/4K~:7万円 名西郡の賃貸アパートやマンションの家賃相場は、単身者向けはリーズナブルですが、ファミリー向けは比較的高い印象です。 吉野川市 アパート ・ワンルーム:4.2万円 ・1K/1DK:4.2万円 ・1LDK/2K/2DK:4.3万円 ・2LDK/3K/3DK4.4万円 ・3LDK/4K~4.5万円 マンション ・ワンルーム:4.6万円 ・1LDK/2K/2DK:4.8万円 ・2LDK/3K/3DK4.9万円 ・3LDK/4K~:5.0万円 吉野川市の賃貸アパートやマンションの家賃相場は、安い印象があります。マンションの家賃でも、5万台なのは嬉しいですね。 阿波市 アパート ・ワンルーム:3.3万円 ・1K/1DK:3.3万円 ・3LDK/4K~:4.8万円 マンション ・ワンルーム:3.7万円 ・1K/1DK:3.7万円 ・1LDK/2K/2DK:4.3万円 ・2LDK/3K/3DK:4.7万円 ・3LDK/4K~:5.2万円

  • 徳島ってどんな所?徳島の魅力をお伝えします。

    徳島県は、四国の東側に位置しており、山と海に囲まれた自然豊かな県として有名です。土地の恵みも暮らしを豊かにしていて、美味しい食べ物だけでなく美しい景観も楽しむことが出来ます。 そんな魅力的な徳島に、移住を考えているという人も少なくないでしょう。そこで今回は、徳島の魅力について詳しく解説していきたいと思います。 徳島の魅力 それでは早速、徳島の魅力についてご紹介していきましょう。 豊かな食材 まず1つ目は、何といっても豊かな食材です。徳島県は、温暖な気候と吉野川沿いに広がる平野などを活かして、様々な食材の生産が盛んです。特にサツマイモやスダチは有名ですね。 また、海の幸が美味しく、脂の乗った旬の魚は絶品です。徳島県のグルメとして、伝統の手延べ製法で作られる「半田そうめん」は、他の産地の素麵よりも麺が太くコシがあり、滑らかなのど越しが人気です。年間を通して、徳島県民に親しまれている食材でもあります。 自然が生み出す景観 2つ目は、自然が生み出す景観です。徳島県は、雄大な自然が広がっていて、春の花々や紅葉など年間を通して自然の表情を楽しむことが出来ます。 山間部では、個性豊かな滝の姿を見る事ができ、日本の滝百選にも選ばれた風情ある景観が広がるスポットもたくさんあります。また、勝浦川上流に位置する上勝町には、全国棚田百選に選ばれた棚田が広がっています。 伝統行事 そして3つ目は、伝統行事です。徳島県には、全国的に知られているお祭りとして有名な「阿波おどり」があります。400年の歴史を持ち、例年夏のお盆の時期に開催されています。10万人を超える踊り子がいて、様々な流派の踊りを楽しむことが出来ます。 徳島の住環境 それでは次に、徳島県の住環境についてご紹介していきましょう。 子育てに関する環境 まず1つ目は、子育てに関する環境です。徳島県では、多くの自治体で「はぐくみ医療費」という制度を導入しています。 これは、子どもの年齢によって医療費が無料もしくは、一定額の支給などが行われる制度で、自己負担額を減らしてくれます。2人目以降の子どもの保育料を、減免する制度もあり、積極的な子育て支援が特徴的です。 交通インフラ

  • 不動産を現金一括で購入するメリット・デメリットを説明します。

    気に入った物件を見つけて購入しようとした時に、ほとんどの人が住宅ローンを組むでしょう。しかし、住宅ローンを組むと利息や手数料などが発生するので、現金一括の方がお得なのでは?と考える人もいると思います。 そこで今回は、不動産を現金一括で購入するメリット・デメリットを、詳しく解説していきたいと思います。これから、不動産を現金一括で購入しようと検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 不動産を現金一括で購入する際のメリット それでは早速、不動産を現金一括で購入する際のメリットから解説していきましょう。 購入手続きの負担が少ない 1つ目は、購入手続きの負担が少ないという事です。不動産を現金一括で購入すると、住宅ローンを組むよりも手続きの負担が少なく済みます。不動産を、現金一括で購入する際の手続きの流れは、下記の通りになります。 ①物件の購入申し込み ②売買契約(手付金の支払い) ③物件の残代金の支払い ④引き渡し 一方、住宅ローンを利用する時の手続きの流れは、下記の通りになります。 ①物件の購入申し込み ②住宅ローンの事前審査 ③売買契約(手付金の支払い) ④住宅ローンの本申込み(ローンの審査) ⑤融資承認 ⑥金融機関との金銭消費貸借契約(ローンの借り入れ契約) ⑦融資の実行 ⑧物件の残代金の支払い ⑨引き渡し このように、不動産を現金一括で購入する際と、住宅ローンを利用する際の手続きでは、かなり手間や時間が異なるという事が分かります。そのため、現金一括で不動産を購入すると、こうした面倒な手続きの負担を少なくする事が出来ます。 住宅ローンの利息を支払う必要がない 2つ目は、住宅ローンの利息を支払う必要がないという事です。不動産を現金一括で購入すれば、当然住宅ローンを利用しないので、利息を支払う必要がありません。そのため、経済的なメリットがとても大きいと言えますね。 購入時の諸経費が少ない 3つ目は、購入時の諸経費が少ないという事です。不動産を現金一括で購入すれば、住宅ローンを借りる際に金融機関に支払う融資手数料や、住宅ローンの保証を行う保証会社への保証料、金銭消費貸借契約書に添付する印紙代なども、当然不要となります。

  • 不動産売却は誰に相談するべき?悩みや状況別に相談先を説明します。

    不動産を売却する機会は、そんなに何度もあるものではないので、いざ不動産売却をしようとした時に色々と悩みが出てくると思います。不動産売却を進めていく中で、同じ場所に相談しても良いのか、状況別で相談先を変えた方が良いのか迷いますよね。 そこで今回は、不動産売却は誰に相談するべきなのか、また悩みや状況別の相談先を詳しく説明したいと思います。これから、不動産売却を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 不動産売却のステップごとの相談先 それでは早速、不動産売却のステップごとの相談先をご紹介していきたいと思います。不動産売却は、以下のような手順で進めていきます。 ①不動産売却を不動産会社に依頼する ②媒介契約を結ぶ ③販売活動を開始する ④売買契約を締結する ⑤契約後の引き渡し・決済 ⑥確定申告を行う このような流れで、不動産売却を進めていきますが、それぞれのステップによって、悩みが出た時の相談先が異なります。不動産売却の全体的な流れや、方法について悩んだ場合は、不動産会社に相談します。 そして、売却する不動産の価格設定などについては、不動産鑑定士に相談します。不動産の所有権や登記変更などの手続きに関しては、司法書士に相談します。不動産売買において、相手方と売買契約書の中身と違うなどのトラブルが起こった場合などは、弁護士に相談します。 不動産の登記や測量など、土地の境界確定に関する事は、土地家屋調査士に相談します。そして、確定申告など不動産売却に関する税金の事は、税理士に相談します。このように、それぞれのステップごとに、相談先が異なるので、どれについて悩んでいるのかを確認してから相談する必要があるのです。 『不動産売買でありがちなトラブルと解決方法は?』~アイケア不動産お役立ち情報~ 悩みや状況別の相談先 さて、ステップごとの相談先をご紹介しましたが、ここではさらにそれぞれについて詳しく解説していきます。 不動産売却の流れややり方は「不動産会社」

  • 農地を売却する方法とは?売買のポイントや流れを詳しく説明します。

    様々な理由で、農地の売却を検討する人は多いと思います。農地の売却は、一般的な戸建の売却とは異なり、農業委員会からの許可が必要など、簡単に売却する事が出来ません。また、売却方法によっても、確認事項が違うなど流れを知っておく必要があるのです。 そこで今回は、農地を売却する方法や売買のポイント・流れについて詳しく解説していきたいと思います。これから、農地を売却したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 農地を売却する方法 それでは早速、農地を売却する方法から解説していきましょう。 農地のまま売却する まず1つ目は、農地をそのまま売却する方法です。農地のまま売却する場合は、基本的に現在農業を専業としている人にしか売る事が出来ません。農地のまま売却する事が出来る条件としては、下記の通りとなります。 ・専業の農業従事者である ・取得後50ha以上(地域により異なる)の農地を保有している ・所有農地の全てを耕作している ・農業の為の人材、機械を所有している 転用して売却する 2つ目は、転用して売却する方法です。こちらは、農地を農業以外の目的で利用するもので、地目を変えて駐車場にしたり店舗や家を建てたりという例が挙げられます。 この方法で農地を売却する場合は、立地基準と一般基準という2つの条件を元に審査が行われ、それに合格しないと売却する事が出来ません。農地は、5つの種類に分けられていて、転用して売却する事が可能なのは、第2種農地と第3種農地のみとされています。 この区分けを立地基準と呼びますが、管轄エリアの農業委員会に問い合わせた上で、基準を満たしているかの確認が必要です。そして、立地基準を満たしていても、一般基準を満たしていないと転用する事が出来ません。 一般基準とは、下記のようなものが挙げられます。 ・転用する事業が申請通りに行われるか ・転用後の事業を不備なく運営できる資金、計画性があるか ・周辺農地へ影響を与えないか このような基準をクリアする必要があります。 『不動産売却の際にかかる費用・税金について説明します』~アイケア不動産お役立ち情報~ 農地のまま売買する流れ

  • 不動産買取のメリット・デメリットや仲介との違いについて説明します。

    不動産を売却する際に、主に不動産買取と仲介の2通りの方法があります。それぞれにメリット・デメリットがあり、売却までの期間にも差があるので、自分に合った売却方法を選ぶ事が大切です。 そこで今回は、不動産買取のメリット・デメリット、仲介との違いについて詳しく解説していきたいと思います。 不動産買取のメリット それでは早速、不動産買取のメリットから解説していきましょう。不動産買取の場合は、不動産会社が買主になるので、仲介手数料がかかりません。 不動産会社が直接購入する事で、売主の希望条件に沿った売却手続きで進めることが可能となる為、早期に現金化しやすく、売却後のスケジュールが既に決まっている売主にとっては、とても大きなメリットと言えるでしょう。 また、不動産買取での売却の場合は、不動産会社が買主となるので、設備不具合などを踏まえた上で購入します。そのため、通常の仲介の取引では発生する、設備修復責任や瑕疵(かし)担保責任が免責となるというメリットもあります。 通常の仲介での売却の場合は、購入希望者の内覧希望は、出来るだけ受け付けますが、買取での売却の場合は内覧の必要がありません。そして、不動産買取での売却では、販売活動が不要となる為、周囲に不動産売却を知られる可能性が低い事もメリットと言えるでしょう。 不動産買取のデメリット では次に、不動産買取のデメリットを解説していきましょう。不動産買取での売却では、仲介による売却価格よりも低くなる可能性があります。メリットでも解説した通り、設備修復責任や瑕疵担保責任を免責とする反面、不動産会社がそのリスクを負担する為、それだけ売却価格が低くなる事が多いのです。 また、不動産によっては買取が出来ない場合もあるというデメリットがあります。不動産会社は、購入した不動産に付加価値をつけた上で再度販売する事を前提としているので、再建築が不可能な場合や老朽化が進み過ぎている不動産に関しては、買取が出来ない事もあります。 『不動産売買でありがちなトラブルと解決方法は?』~アイケア不動産お役立ち情報~ 不動産買取と仲介との違い それでは次に、不動産買取と仲介との違いについて解説していきたいと思います。 買主が違う

  • インスペクションとは?種類や方法を詳しく説明します。

    現在、中古物件売買の現場では、建物を診断する「インスペクション」の重要性が高まってきています。しかし、インスペクションという言葉を聞いて、どのような事なのか分からないという人も多いでしょう。 具体的な内容や信頼性が分からなければ、自宅を売買する時に不安ですよね。そこで今回は、インスペクションとはどのようなものなのか、また種類や方法などを詳しく解説していきたいと思います。 インスペクションとは それでは早速、インスペクションとはどのようなものなのかを説明していきましょう。インスペクションとは、英語で「視察・検査」を意味する言葉です。その中でも、不動産のインスペクションとは、既存住宅の建物状況調査の事を指していて、構造耐力上で主要な部分や雨水の侵入を防止する部分について、専門家が行う調査の事を指します。 2020年4月に、民法改正によって不動産の売買では、インスペクションを活用する機会が増えてきていると言われています。この調査は、「既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士」が、国の定めた既存住宅状況調査方法基準に従って行います。 インスペクションは、売買をする時の参考にするために行い、インスペクションを行う事で、住宅の状態を客観的に提示する事が出来ます。また、適正な価格で査定してもらいやすくなるのもメリットとして挙げられるでしょう。 中古住宅は、もともと定価がなくて、査定する業者によって価格が左右されがちなので、インスペクションを行う事で明確な価格設定の基準を持たせられるという部分でも、大きな役割と言えそうです。 インスペクションの種類 それでは次に、インスペクションの種類についてご紹介していきたいと思います。 既存住宅現況検査(一次的インスペクション) まず1つ目は、既存住宅現況検査(一次的インスペクション)です。既存住宅現況検査(一次的インスペクション)とは、既存住宅の現状を把握する為の基礎的なものを指します。 目視や非破壊による調査で、その住宅の安全性や生活する上で支障がないか、劣化などの有無の把握が目的です。そのため、既存住宅現況検査(一次的インスペクション)では、不具合の原因追及は目的とされていません。 既存住宅診断(二次的インスペクション)

  • 二人暮らし(新婚・カップル・同棲)のお部屋探しのポイントとは?

    二人暮らし(新婚・カップル・同棲)の部屋探しは、ひとり暮らしの部屋探しよりも難易度が高いと言われています。価値観や、求める部屋の理想像が、それぞれ異なるからです。部屋選びに失敗しないためにも、ある程度ポイントを押さえてから探すことをおすすめします。 この記事では、『二人暮らしの部屋探しのポイント』を解説します。二人暮らしでおすすめの間取りや二人暮らしの部屋探しの失敗例も紹介していますので、是非ご覧ください。 二人暮らしの部屋探しのポイント 二人暮らしの部屋探しで重要なポイントは、大きく分けると3つあります。 二人で相談して部屋を決めること 一番重要なポイントは、「二人で相談して部屋を決めること」です。どちらか一方だけで部屋を決めた場合、二人で決めた場合と比べてトラブルになりやすいです。 仲の良い二人でも、部屋探しになると揉めてしまうことも少なくありませんが、きちんと話をして部屋を決めないと、後でもっと大きな後悔をしかねません。 家賃をあらかじめ決めておくこと 一般的に、家賃は給料の25%程度と言われています。しかし、二人で色々な物件を見ているうちに、気付いたら身の丈に合っていない物件を選んでしまうことも少なくありません。 家賃以外にも、食費はもちろん、光熱費、通信費、交際費など生活には様々な費用がかかります。部屋探しでは、「家賃はあらかじめ決めておくこと」が大事です。また、二人暮らしでは、家賃の負担割合をどうするのか先に話し合っておくことをおすすめします。 条件で絞っておくこと 二人暮らしで部屋を探す時は、「条件で絞って、何を重要視するのか優先順位をつけておくこと」のもポイントです。細かく条件を絞っていくことで、二人それぞれが求める部屋の違いを、互いに知ることができます。 ・家から駅までの距離、職場までの距離 ・周囲の環境(スーパー・コンビニまでの距離など) ・築年数 ・間取り ・設備(キッチン、トイレなど) ・セキュリティー 全ての条件に合う物件が見つかれば理想的ですが、そういう物件は家賃が高くなる傾向にあるので、ある程度の妥協も必要です。 『賃貸アパート・マンションを借りる最適な時期とは?』~アイケア不動産お役立ち情報~ 二人暮らしでおすすめの間取り

  • 10年後の不動産業はどうなっている?不動産ビジョン2030とは?

    不動産業界は、日本の経済活動を支えるなど、重要な役割を担っています。そのため、今後も普遍的な役割を果たしていく事が期待されていますが、不動産を取り巻く環境は年々大きく変化しています。 急速に進む少子高齢化や、人工の減少によって各不動産業界の需要層が大きく変化する事も考えられるのです。そこで今回は、2019年4月に策定された、「不動産業ビジョン2030」を踏まえて、不動産業の今後について解説していきたいと思います。 不動産業界の現状 それでは早速、不動産業界の現状から解説していきましょう。現状を正確に把握することで、今後の需要や変化を想定する事が出来るのです。 開発・分譲の現状 まずは、開発・分譲の現状についてです。分譲住宅の着工戸数は、リーマンショックの影響で大きく落ち込みましたが、その後戸建に関しては現在は水準並みに回復しています。 しかし、マンションの着工戸数は、以前としてリーマンション前の水準には戻っていないのが現状です。地方部では、商業施設を中心に、「駅前の再開発」など地域の実情に応じた、施設・住宅の整備が行われています。 また都市部に関しては、バブル崩壊後の工場などの跡地の利用転換が進み、都市再生事業が進められています。 賃貸の現状 では、賃貸の現状はどうでしょうか。不動産は、「所有から利用へ」徐々に移行されつつあって、賃貸不動産に対する借り手のニーズは、今後も多様化していくと予想されています。 そうした中で賃貸住宅は、外国人や単身高齢者などの世帯にとって生活の場であり、民営の賃貸住宅ストックは、国内の「居住されている」住宅ストックのうち約3割を占めています。 また賃貸オフィスに関しては、リーマンショック後の空室率は回復傾向にあります。今後は、働き方改革に伴って、コワーキングスペースやシェアオフィスなど、業務の生産性向上を支える環境が求められそうです。 不動産投資・運用の現状 3つ目は、不動産投資・運用の現状です。不動産投資と運用に関しては、下記のような法律があります。 ・不動産特定共同事業法 ・特定目的会社による特定資産の流動化に関する法律 ・投資信託及び投資法人に関する法律 ・資産の流動化に関する法律

  • 不動産で相続税対策する方法は?仕組みと注意点を解説します。

    相続税を試算してみて、「こんなに高いの!?」と驚いたことがある人は多いでしょう。 多くの資産を持っていれば持っているほど、相続税は高くなります。 もし、多額の相続税を減らせる方法があったら、知りたいですよね。 そこで今回は、不動産で相続税対策をする方法と注意点などをご紹介していきたいと思います。 不動産の相続税対策の方法 それでは早速、不動産の相続税対策の方法から解説していきましょう。 財産の組み換えによる対策 まず1つ目は、財産の組み換えによる対策です。 適正な市場価格水準や、実際の建築費よりも評価額は下がるという部分に着目した対策です。 生前に、財産の組み換え(現金→収益物件)を行う事で、相続税対策になるのです。 ・収益物件(土地建物)を購入する方法 現金2億円を所有している方がそのまま亡くなった場合と、生前に1億円の収益物件を購入したのち亡くなった場合では、財産の相続税評価額は生前に1億円の収益物件を購入したのち亡くなった場合の方が低くなります。 ・地主が所有する土地上に賃貸アパートを立てる方法 既に、未利用の宅地を持っている地主がそのまま亡くなった場合と、生前に当該宅地上に賃貸アパートを立てた場合では、相続税評価額は生前に当該宅地上に賃貸アパートを立てた方が低くなります。 生前贈与による相続税対策 2つ目は、生前贈与による相続税対策です。 先ほど解説した、財産の組み換えにより相続税評価額を引き下げる事が出来ますが、不動産所有者に不動産賃貸業から生じる利益相当の預貯金が蓄積して、それにより相続税の課税対象が増えるという問題点があります。 そこで、贈与税の非課税枠を利用して、生前に預貯金をご子息に贈与するという方法で、相続税対策をするというものです。 土地の減価要因を把握して評価額を下げる 3つ目は、土地の減価要因を把握して評価額を下げるというものです。 土地の評価は、机上調査だけでなく現地調査や役所調査も行います。 そして、その土地固有の減価要因が見つかり、評価額を下げる事が出来る場合が多くあるのです。

  • 「一間」や「半間」は何センチ?間取り図の長さについて解説します。

    家を新築で建てる時などに、「一間」「〇〇坪の土地」「〇寸の柱」というような表記を見かけたことがあると思います。 これは、尺貫法で使用される表記で、私たちの日常ではあまり馴染みがない言葉ですよね。 しかし、このような表記の意味を知らないと、家の面積や長さをイメージしづらくなります。 そこで今回は、「一間」や「半間」「一寸」「一尺」などの間取り図で使用される表記について、詳しく解説していきたいと思います。 これから、自宅の間取りを考えたいという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 間取り図で使われる尺貫法とは? それでは早速、間取り図で使われる尺貫法について解説していきましょう。 尺貫法とは、中国を起源とする日本古来の計量法の事を指します。 長さや面積などを表す単位として用いられており、1891年に度量衡法が制定され、1958年までは現在のメートル法と併用されていました。 1959年に尺貫法は廃止され、住宅建築や設計における正式な書面では用いられなくなりましたが、「1坪」や「一間」などの単位は現在でも見かけます。 日本では、古くから尺貫法が使われてきましたが、時代によって長さなどの基準が異なってきて、全国的に統一されたのは度量衡取締条例が制定されてからです。 一方で、1875年には、国際的な度量衡の統一を目指すメートル条例がパリで締結されて1886年には日本も加盟した事から、尺貫法を基本としつつメートル法を併用するという時代が長く続いていました。 1891年には、度量衡法(明治24年法律第3号)が制定され、メートル法が日本で正式に認められてから、尺貫法とメートル法の2つが公認される事になります。 その後、メートル法の普及に伴い、尺貫法は間接的に使用される事になったのです。 1921年に、改正度量衡法が公布されてから、計量単位がメートル法に統一され、その後広く使用される事になりました。 現在では、住宅の設計における「尺モジュール」「メーターモジュール」という基本寸法が用いられており、間取りの打ち合わせなどでは目にする事が多いでしょう。 最も多く使用されているのは、「尺モジュール」で、1マスあたり910mm×910mmを表しています。

  • 電力自由化とは?仕組みやメリットなどを解説します!

    2016年から電力自由化が始まりましたが、まだよくわからないという人もいるではないでしょうか。 電力自由化というのは難しいものではありません。 簡単にいうと電力会社を自由に選べるようになったということです。 電力の自由化にはどんなメリットがあるのか知りたいですよね。 そこで今回は、電力自由化の仕組みやメリットなどについて解説していきたいと思います。 電力自由化とは? 今までは住んでいる地域によって、電力会社が決められていましたよね。 例えば、東京電力や関西電力や四国電力などです。 しかし、電力自由化が始まったことで好きな電力会社と契約ができるようになりました。 さらに、電力会社だけではなく、いろいろな会社が電力を提供できるようになったので、選択の幅が広がりました。 例えば、auでんきやソフトバンクでんきですね。auやソフトバンクといえばケータイですよね。 ちなみに、新規参入した会社は新電力と呼ばれています。 新規参入した会社と契約するのは少し不安を感じるかもしれませんが、心配する必要はありません。 なぜなら、新規参入した会社だからといって、停電しやすくなったり電力が不安定になったりすることはないからです。 これはどこの会社と契約しても変わりません。 地元の電気会社を選んでもいいですし、応援したい地域の電力会社を選んでもいいですね。 そもそもどうして電力自由化が進められたのか気になりますよね。 その理由はいくつかあります。 まずは、電力市場の拡大です。 電力を提供できる会社が増えたことで、新たに参入する企業にとっては大きなチャンスになります。 企業のことだけではなく、個人のことも考えられています。 電力自由化によって電力料金の値下げにも繋がるからです。 電力料金の値下げについては、次の電力自由化のメリットで説明していきます。 電力自由化のメリット 電力自由化の大きなメリットは、自分に合った料金プランが選べるようになったことですね。 今までだと基本料金と使用量によって電気の料金が決まっていました。

  • 転勤になったら、持ち家は賃貸すべき?売却すべき?それぞれの判断基準を説明します!

    理想的なマイホームを買って、生活を楽しもうと思っていた矢先に転勤が決まってしまうという事があります。 マイホームを買うというのは、人生の中でも大きな買い物なので、簡単には手放せないですよね。 しかし、住宅ローンの返済や生活の為に、転勤を断るという事も難しいでしょう。 そのような時に、持ち家を賃貸にすべきか売却すべきか、悩む人も多いかと思います。 そこで今回は、転勤になったら持ち家は賃貸にすべきか売却すべきか、またそれぞれの判断基準を解説していきたいと思います。 転勤になった時の持ち家に関する選択肢 それではまず、転勤になってしまった時の、持ち家に関する選択肢にはどのようなものがあるのかをご紹介していきましょう。 考えられる選択肢は、下記のようなものになります。 ・賃貸に出す ・売却する ・単身赴任をする ・空き家管理を委託する ・親族に管理を頼む 今回は、この中でも特に迷う事の多い、賃貸と売却に焦点をあてて解説していきたいと思います。 賃貸に出すメリット・デメリット では、持ち家を賃貸に出す際のメリット・デメリットを解説していきます。 メリット 持ち家を賃貸に出すメリットとしては、「賃料収入が入る」「建物維持を兼ねる事が出来る」「コストを最小限に抑えることが出来る」という点が挙げられます。 かかるコストと言えば、入居者が決まった時の仲介手数料や、管理会社への支払い程度なので、経済的なメリットが大きいと言えます。 デメリット デメリットとしては、「他人に家を使われてしまう」「途中で売却しづらい」「転勤の期間に対応しづらい」という点が挙げられます。 賃貸として出す以上、他人が一定期間使う事になるので、細かい部分が損傷している可能性があります。 また、途中で売却しようとした時に、賃貸中は収益物件の扱いになるので、審査が厳しくなる可能性があります。 売却する時のメリット・デメリット では次に、持ち家を売却する時のメリット・デメリットを解説していきましょう。 メリット

  • 抵当権と根抵当権の違いを詳しく解説します!

    住宅ローンを組んだり、法人などが事業資金の融資を受ける時などに聞くことの多い、抵当権と根抵当権。 名前は似ていますが、それぞれ特徴が異なります。 特に、根抵当権は聞き慣れないという人も多いかもしれませんね。 そこで今回は、抵当権と根抵当権の違いを詳しく解説していきたいと思います。 抵当権とは それではまず、抵当権について解説していきましょう。 抵当権とは、住宅ローンなどを組む時に、担保とする目的物を債務者が引き続き使用できる状態にしておきながら、もし返済できなくなってしまったら、銀行が土地や建物を差し押さえて競売にかける事が出来る権利の事です。 根抵当権とは では、根抵当権とはどのようなものなのでしょうか。 根抵当権とは、不動産の担保価値を算出して、貸し出せる上限を決め、その範囲内であれば何度でもお金を借りたり返済したりする事が出来るというものです。 根抵当権は、主に企業などが事業資金などの融資を受ける時に、企業や経営者が所有する不動産などに設定する事が多いです。 抵当権と根抵当権の違い では、抵当権と根抵当権の違いについて解説していきましょう。 対象となる債権 抵当権と根抵当権では、対象となる債権に大きな違いがあります。 抵当権は、対象となる債権が明確に定義されており、具体的に債務者がいつまでにいくら返済すべきかが決められています。 一方、根抵当権は、対象となる債権は債務者と根抵当権者との間で範囲の設定を決める事が可能で、元本の確定までは期日も金額も明確に決まっていません。 権利の移譲 2つ目は、権利の譲渡の違いです。 抵当権は、債務者から移譲の許可は必要ありませんが、根抵当権の場合は元本の確定までは、債務者からの移譲の許可が必要となります。 連帯債務者 そして3つ目は、連帯債務者の違いです。 抵当権は、連帯債務者を付ける事が可能で、金融機関が連帯保証人の要不要を決定します。 一方、根抵当権は、支払い時期や金額が決まっていない為、元本確定前は連帯債務者を付ける事は認められていません。 抵当権のメリット・デメリット

  • 「地上権」「借地権」「賃借権」3つの権利の違いを説明します!

    土地や家を探している時に、目にする機会の多い「地上権」「借地権」「賃借権」という言葉。 それぞれ、どのような権利なのか、メリット・デメリットを詳しく知らないという人は多いのではないでしょうか。 今回は、不動産情報で出てくる事の多い「地上権」「借地権」「賃借権」3つの権利の違いについて、詳しく解説していきたいと思います。 地上権とは それでは早速、地上権について解説していきましょう。 地上権とは、他人が所有権を有する土地を借りて、その土地を使う権利の一種を指します。 地上権の種類 地上権には、「区分地上権」と「法定地上権」の2種類があります。 「区分地上権」とは、地上や地下の空間の一定の範囲を目的として設定される地上権の事を指します。 鉄道の高架や地下鉄などに、地上権を設定する場合は、区分地上権を用いる事になります。 一定の範囲を目的として設定されるので、地下鉄の場合ですと、「地下何m~何mの空間を使用できる」という権利の事を指します。 「法定地上権」とは、土地の所有者でなくても、土地を利用する事が出来る権利の事を言います。 例えば、建物のみを所有している場合、法定地上権が認められないと、建物の下の土地の使用が求められない為、建物を有効活用する事が出来ませんよね。 このような事を防ぐために、法定地上権があります。 地上権のメリット 建物を所有する人にとって、売買などのたびに土地の所有者の承認を得て、その都度承諾料を支払う事がなく、原則的に自由に譲渡や担保設定まで出来るのが、最大のメリットと言えるでしょう。 地上権のデメリット 一方、土地を所有している人からすると、契約で制限しなければ、知らない人が自分の所有する土地に住む可能性があり、この点はデメリットとして挙げられます。 借地権とは それでは次に、借地権について解説していきたいと思います。 借地権とは、土地を借りて家を建てる場合に、その土地を借りる権利の事を指します。 一般的に土地は、「所有権」を売買するケースがほとんどで、土地を所有する権利自体を売買するので、土地は自分のものになります。

  • 「メゾネット」とは?メリットやデメリットを解説します。

    不動産情報などを見ていると、「メゾネット」という言葉をよく見かけますよね。 おしゃれなイメージを持っている人もいれば、使い勝手が悪そうというイメージを持っている人もいるでしょう。 しかし、実際にメゾネットの物件が、どのようなものなのか分からないという人も多いですよね。 そこで今回は、メゾネットとはどのような物件なのか、またメリット・デメリットも併せて解説していきたいと思います。 メゾネットとは? それでは早速、メゾネットとはどのような物件なのか解説していきましょう。 メゾネットとは、2階以上のフロアからなる居住空間に、内階段が設置されている物件の事を指します。 一般的な賃貸物件の場合は、一世帯が利用できるのは1つの階層の部屋のみです。 しかし、メゾネットタイプの場合は、一世帯が借りる部屋に1階と2階があり、2階建てのような感覚で生活する事が出来るのです。 ここで気になった人もいるかもしれませんが、メゾネットと似たような作りで「ロフト」や「テラスハウス」というものがありますよね。 この2つとの違いは、どのような部分なのかも説明していきましょう。 ロフトとメゾネットの違い まずは、ロフトとメゾネットの違いです。 ロフトとは、部屋の上部を床で区切った、いわゆる屋根裏部屋のような形状を指します。 一見すると2階建てのように見えますが、建築基準法ではロフトは床面積に算入されず、あくまで収納スペースという枠組みになります。 メゾネットは、2階部分も居住空間として床面積に算入されるので、この部分が大きな違いです。 テラスハウスとメゾネットの違い テラスハウスは、2~3階建ての連棟式住宅の事を指し、長屋のような形状です。 隣の住戸とは境界の壁を共有しており、戸建ての家が複数連なったような形状が特徴的です。 1戸の住戸が2階層を利用できるという点ではメゾネットと同じですが、メゾネットは集合住宅なので建物構造的な違いがあります。 メゾネットで暮らすメリット では次に、メゾネットで暮らすメリットをご紹介していきたいと思います。 採光に優れている

  • 一人暮らしに必要な家具・家電を紹介します!

    初めての一人暮らしでは、何かと揃えなければならないものが多いですよね。 しかし、どんなものを揃えて良いのか分からないという人も多いと思います。 そこで今回は、一人暮らしに必要な家具・家電を詳しくご紹介していきたいと思います。 これから、一人暮らしをする予定の人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 一人暮らしに必要な家具 それでは早速、一人暮らしに必要な家具からご紹介していきましょう。 ベッド・寝具 まず1つ目は、ベッド・寝具です。 初めて一人暮らしをする際は、手軽な脚付きのマットレスでも良いでしょう。 サイズの目安としては、幅120cm×長さ200cm程度がおすすめです。 テーブル・チェア 2つ目は、テーブル・チェアです。 テーブルは、ソファーなどでゆったり過ごす時間が長い人は、ローテーブルがおすすめです。 パソコン用のデスクも兼ねて使用する場合は、ダイニングテーブルがおすすめです。 サイズの目安は、幅100cm×奥行き50cm×高さ35cm程度のものが良いでしょう。 ソファー 3つ目は、ソファーです。 一人暮らしですと、2人掛けソファーがおすすめです。 布製のものなら安値で購入する事が出来ます。 サイズの目安は、幅130cm×奥行き60cmくらいが良いでしょう。 収納家具 4つ目は、収納家具です。 一人暮らしの収納家具は、一つで何役か兼ね備えているものだと便利です。 例えば隠す収納だけでなく、オープンラックにしてTV台も兼ねて使ったり、別の家具の機能を兼ねると便利です。 カーテン・カーペット 5つ目は、カーテン・カーペットです。 一人暮らしで、特に女性の場合は引っ越し初日までにはカーテンは防犯上、準備しておくと安心です。 外からの視線を遮る為にも、レースカーテンも用意しておくと良いでしょう。 床に座って過ごす事が多い人は、カーペットも必須です。 フローリングのままですと、冬場はとても寒いので注意しましょう。 一人暮らしに必要な家電

  • 失敗しないための賃貸アパート・マンションこだわり条件トップ10とは?

    賃貸アパートやマンションを選ぶ時、どのような条件で決めていますか? 色々と見るポイントが多くて、どの条件を優先して選んだら良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか? 今回は、そんな人たちに向けて、経験者の声を参考にこだわり条件トップ10をご紹介していきたいと思います。 これから賃貸アパートやマンションを探すという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 賃貸アパート・マンションこだわり条件トップ10 それでは早速、賃貸アパートやマンションのこだわり条件トップ10をご紹介していきましょう。 1位「日当たり」 まず第1位は、日当たりです。 賃貸アパートやマンションを探す際、日当たりの良さを重視する人はやはり多いでしょう。 特に、南向きの物件は日当たりが良いので、午後から洗濯物を干しても乾くので人気です。 また、冬場でも室内が暖まりやすく、日が差すので電気をつけなくても明るいというメリットもあります。 2位「バス・トイレ別」 第2位は、バス・トイレ別です。 衛生面やプライベート空間の確保という点から、バス・トイレ別は日当たりに次いで重要視される条件です。 バスとトイレが一緒だと、お風呂に入った後に床が濡れてしまい、掃除が大変というデメリットもあるようです。 3位「立地条件」 第3位は、立地条件です。 特に、駅から近いという物件はとても人気が高いです。 また、一人暮らしの人には、近くにスーパーや飲食店などが集中している事も、必須条件になる事が多いですね。 学校や職場への通勤のしやすさなども、条件に挙がりやすいです。 4位「キッチン・台所」 第4位は、キッチン・台所まわりです。 特に女性は、料理を頻繁にすることが多いので、キッチンの広さやコンロ、設備も重要なポイントとなるようです。 5位「セキュリティ面」 第5位は、セキュリティ面です。 女性の一人暮らしの場合は、セキュリティ面が重要視されます。 オートロック付きの物件や、モニター付きのインターフォンも、設置されている所がやはり人気が高いですね。 6位「治安・周辺環境」

  • 不動産投資の仕組みとは?初心者にも分かりやすく解説します。

    老後の資金確保の方法として、不動産投資が最近では人気を集めています。 しかし、初心者だと不動産投資と聞くと難しいと感じるかもしれませんね。 そこで今回は、不動産投資はどのような仕組みで収益に繋がるのか、初心者でも分かりやすく解説していきたいと思います。 不動産投資に興味がある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 不動産投資とは それでは早速、不動産投資とはどのようなものなのか、解説していきましょう。 不動産投資とは、不動産である宅地や建物に対する投資で、主に不動産を購入してそれを他人に貸す事で家賃収入を得る事を指します。 不動産投資は、ハイリスクと思われがちですが、実はミドルリスク・ミドルリターンな投資と言われており、老後の資金確保として始める人が多いのです。 不動産投資の種類 では次に、不動産投資の種類について解説していきましょう。 不動産投資には、主に5種類あります。 ワンルーム投資 まず1つ目は、分譲マンションなどの1室のみを購入して、第三者に貸し出す事で収益をあげるものです。 投資資金は少額で済みますし、1室のみの購入なので1か所の地域に限定せず、色々な地域の物件を保有して、運用する事も出来ます。 一方で、規模を拡大させるためには、物件探しなどに多少時間がかかる為、投資効率は若干悪くなります。 アパートやマンションの一棟買い 2つ目は、アパートやマンションの一棟買いというものです。 一棟買いなので、初期投資資金は億単位となりますが、一度の投資で大きな資産を得る事ができるので、投資効率がよく収益もあげやすいのが特徴です。 しかし、ワンルーム投資と違い、分散投資が出来ない為、震災などで被害にあった場合は、大きな痛手を負う可能性があります。 一戸建て 3つ目は、一戸建てを購入して、貸し出すという運用方法です。 中古の一戸建て住宅は、地域や築年数によって500万円未満で購入する事が可能です。 少ない資金で始められるのがメリットと言えるでしょう。 しかし、中古購入なので多少のリフォームなどが必要で、地域の需要を見極める事が重要でもある方法です。

  • 不動産の「2022年問題」とは?生産緑地解除でどうなる?

    現在、不動産業界などで話題となっている、「2022年問題」というのをご存知でしょうか? 2022年に、「生産緑地」全体の約8割にあたる面積の営農義務が終了する中で、土地の価格の急激な下落や周辺マンションの価値の下落などの影響が懸念されているのです。 今回は、不動産の「2022年問題」についてや、生産緑地解除によってどのように変化するのかについて詳しく解説していきたいと思います。 2022年問題とは? それでは早速、2022年問題とは具体的にどのようなものなのかについて解説していきましょう。 先ほども軽くご紹介した通り、2022年に生産緑地が営農義務が終了する事になっています。 これに伴い、固定資産税や相続税の優遇措置がなくなり、土地が一斉に売却されて価格が下落するという仮説があるのです。 この2022年問題を、より具体的に説明すると「生産緑地の2022年問題」と言えます。 都市圏の市街化区域にある農地は、「生産緑地」と「宅地化農地」に分けられていて、各自治体から「生産緑地」と指定された土地に関しては、固定資産税が一般農地の水準になり、相続税の納税猶予が与えられるというメリットがあります。 生産緑地の指定は、1991年から開始され、2022年には多くの土地が指定から30年が経過します。 生産緑地は、指定から30年経過するとその土地を売却する事が出来るようになるので、条件を解除された農地がマンション用などの土地として大量に売りに出される可能性が高いと言われているのです。 その結果、不動産自体の地価が暴落して、賃貸不動産の空室が増えると予想されており、この予想される状況の事を2022年問題と呼びます。 生産緑地とは? では次に、2022年問題に大きく関わる、生産緑地について解説していきましょう。 生産緑地とは、都市計画による地域地区である、生産緑地地区の事を指します。 市街化区域内の500㎡以上の農地または山林で、営農が継続可能な一定の要件を満たすものについて、地方公共団体が指定した土地の事を生産緑地と呼びます。 一定の要件は、下記の通りとなります。

  • 建築基準法とは?家を建てるなら知るべき知識を解説します。

    自分の土地であっても、希望通りの建物を建てられるとは限りません。 建築基準法によって、建築可能な建物の大きさや種類が制限されているからです。 この記事では、これから家を建てる人やリフォームする人に、最低限知っていただきたい建築基準法の基礎知識について解説します。 ぜひ最後までご一読ください。 建築基準法って何? 建築基準法とは簡単にいえば、建物に関する基準を定めた法律です。 住民の生命や財産を守ることを目的に制定されました。 もし、危険な建築物を制限なく建ててしまったら、事故や倒壊などにより死傷者が出るかもしれません。 建築基準法では住む人の安全を守るために、建物の規模や種類、道路との接地面積など、細かな規定を定めているのです。 規制の内容は「単体規定」と「集団規定」に分けられます。 単体規定では建物の安全を確保するためのルールを、集団規定では健全な環境を確保するためのルールを定めています。 最低限知っておきたい法規制 建築基準法の内容について確認しましょう。 これから家を建てる人が最低限抑えるべき法規制について解説します。 用途地域 建築できる建物の種類や規模は地域ごとに決められています。 商業施設や大規模な工場、住居などが同じ地域にごちゃごちゃに混在しては、互いの環境や利便性が悪くなってしまいます。 そこで、調和の取れた街づくりや住み心地を守るために、行政の指示で地域ごとに建物の用途を制限しているのです。 この用途別のエリア分けを「用途地域」と呼びます。 用途地域は全部で13種類。 コンビニすら建てられない住居系の用途地域があれば、工場のみを建築可能とする工業系の用途地域もあります。 土地選びの際には、その土地がどの用途地域に分類されるのかを必ず確認しましょう。 あらかじめ用途地域を知ったうえで土地を選べば、 「閑静な住宅街だと思って購入した土地だったのに、第二種住居地域だったために後々パチンコ店が建ってしまった…」といった失敗を避けられます。 インターネットの検索エンジンで「地域名 用途地域」「地域名 都市計画図」と検索すれば、用途地域を調べられますよ。

  • 間取り図の見方や記号の意味を説明します。

    賃貸物件の情報を見ていると、間取り図というものが出てきます。 この間取り図の見方が分からないと、どのような物件なのか正確に知ることが出来ません。 そこで今回は、間取り図の見方や記号の意味などを詳しく解説していきたいと思います。 タイプ別の間取り図の見方 それではまず、タイプ別の間取り図の見方からご紹介していきましょう。 1R・ワンルームタイプ 「1R・ワンルーム」は、キッチン部分と居室部分が分かれていない部屋の事を指します。 また、ユニットバスが主流となっている事が多いです。 全体的に部屋の面積が狭いので、冷蔵庫や洗濯機を置くスペースがあるのか確認する必要があります。 1K 「1K」は、2~4.5畳程度の広さの、独立したキッチンを持つ部屋の場合を指します。 洋室とキッチンがドアで仕切られているのも特徴です。 1K(ロフト) 「1K(ロフト)」は、1階と2階部分を居室として使用でき、通常の1Kの部屋よりも若干家賃が高いのが特徴です。 天井が高く、収納が広いので、人気のある物件が多いです。 1LDK 「1LDK」は、リビングダイニングキッチンとして8畳以上の広さがある部屋を指します。 2LDK そして「2LDK」は、リビングダイニングキッチンとして、10畳以上の広さがある部屋を指します。 ※リビングダイニングキッチンの記載方法は、不動産店によって違いがある場合があります。 窓の表現 では次に、窓の表現について解説していきましょう。 引き違い窓 引き違い窓は、サッシを横に滑らせて開閉する窓で、通風や採光に有効と言われています。 片引き窓 片引き窓は、1枚のサッシを横に引いて開閉する窓で、片側は固定されたサッシか壁になっています。 片開き窓 片開き窓は、ドアのように、左右どちらかを軸として窓枠を開閉する事ができ、室外に押し出す外開きと、室内に引き込む内開きがあります。 装飾窓

  • 競売物件とは?購入方法と注意点を解説します。

    市場価格よりも、安い価格で購入することが出来ると言われている競売物件。 マイホームの購入は、それだけでも大きな買い物ですので、出来るだけ良質で価格の安いものを購入したいと思いますよね。 そこで競売物件の購入を検討する人もいますが、一般的な中古住宅の購入方法との具体的な違いや、注意点があるのかなど疑問があると思います。 今回は、競売物件の購入方法と注意点について、詳しく解説していきたいと思います。 競売物件の購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 競売物件とは? それではまず、そもそも競売物件とはどのようなものなのかについて解説していきましょう。 競売物件とは、その物件を所有していた人が、何らかの理由から物件の代金を支払えなくなり、入札方式で購入者を募るようになった物件のことを指します。 競売物件には、「マンション」「一戸建て」「土地」「事務所」「店舗」など様々なものがあり、銀行などの債権者による申し立てで競売にかけられます。 オークションのような形で、一番高く買ってくれる人に物件を売却して、その代金は債務の返済に充てられます。 競売物件を購入するメリット・デメリット では次に、競売物件を購入するメリット・デメリットをご紹介してきましょう。 メリット 競売物件では、購入価格の安さが最大のメリットと言えるでしょう。 競売物件がある地域によって、多少の差はありますが、ほとんどの競売物件は一般的な通常査定の6~7割程度の価格で購入することが出来ます。 競売物件の落札者は、ほとんどは不動産業者ですが、物件への入札は一般の人でも参加は出来ます。 デメリット では次に、競売物件を購入する時のデメリットをご紹介していきます。 競売物件のデメリットとしては、一般の物件とは異なり売主がいないという事です。 この、売主がいないという部分が、価格を安く見積もられている理由にもなっているのです。 一般的な物件では、売主がいますよね。 売主は、新しい所有者の入居日までに、物件の状態を整えておく義務があります。 そのため、物件の内見も出来ますし、引き渡しもしっかり行われるのが一般的です。

  • 不動産営業の仕事内容とは?やりがいや向いている人を解説します!

    不動産営業と聞くと、マンション・戸建ての販売や賃貸住宅の仲介をする仕事というイメージがあるのではないでしょうか。 大きな金額を動かす不動産営業は、ほかでは得られない大きなやりがいがあります。 今回は、不動産営業の仕事内容、やりがいについて詳しく解説します。 不動産営業の主な仕事内容3つ 不動産営業と一口にいっても、仕事内容は多岐にわたります。 不動産の販売 不動産賃貸の仲介 不動産販売の仲介 上記3つについて、どのような仕事内容なのかみていきましょう。 不動産の販売 不動産販売の仕事では、自社で所有している戸建て住宅や土地、投資用のマンションなどの不動産を販売します。 営業手法は、飛び込みやテレアポがメインです。 アポイントが取れたら実際に要望をヒアリングし、最適な提案を行います。 不動産販売では、売上目標のノルマが設定されることが多いです。 契約できれば高いインセンティブを得られ、実績により給与が上がる傾向にあります。 不動産商品は高額ですぐに契約に至るわけではないため、「いま購入するメリット」をしっかりと伝えられる営業スキルが必要です。 不動産賃貸の仲介 不動産賃貸仲介の仕事では、賃貸マンションや賃貸アパートなどを借りたい人と、物件の管理会社とのあいだに入って提案し、契約を進めます。 入居を希望する顧客に物件を紹介・契約するだけでなく、内覧の付き添いなども行います。 見込み客に対し営業活動を行うため、不動産販売に比べ成約率が高く、個人にノルマを課されるケースは少ないです。 内覧の同行には車で移動することもあり、普通自動車運転免許を持っているとよいでしょう。 「部屋を借りたい」と希望する顧客への反響営業のため、ハードな営業は避けたいという人にも適しています。 不動産販売の仲介 不動産販売仲介の仕事では、個人や企業が所有する不動産を代理で販売します。 不動産を買いたい人と、売りたい人の仲介役です。 自社の物件を販売するわけではないため、売却希望の不動産を探すところからスタートします。

  • 賃貸契約に必要な連帯保証人と緊急連絡先の違いとは?

    通常、賃貸住宅を契約する際は、連帯保証人を立てなければなりませんよね。 最近では、様々な理由から、連帯保証人を立てられない人が増えていて、連帯保証人を立てる代わりに、家賃保証会社に加入すれば保証人を立てず、緊急連絡先で大丈夫というケースが多くなってきています。 しかし、連帯保証人と緊急連絡先では、具体的にどのような違いがあるのか分からないという人が多いのではないでしょうか? そこで今回は、賃貸契約に必要な「連帯保証人」と「緊急連絡先」の違いについて、詳しく解説していきたいと思います。 連帯保証人とは? それでは早速、連帯保証人とはどのようなものなのかから、解説していきましょう。 連帯保証人とは、入居者が家賃などを支払えない状況になった場合、家賃を肩代わりするなど入居者と同等の責任を負う人の事を指します。 そのため、契約者の財産に関わらず、家賃の支払いを契約者が拒否した場合は、貸主から連帯保証人に家賃を請求することが出来るのです。 このように、連帯保証人はかなり厳しい責任を負う事になります。 緊急連絡先とは? では次に、緊急連絡先とはどのようなものなのか解説していきましょう。 緊急連絡先とは、連帯保証人とは違い、あくまで「緊急時の連絡先」という位置づけなので、家賃などの支払を契約者が拒否した場合でも、金銭保証の責任は必要ありません。 賃貸住宅の入居中に、何らかの事情で緊急の要件が発生した場合に、本人以外に連絡のつく連絡先のことを言います。 緊急連絡先に記載した場合、契約者に何かあった場合に、代わりに部屋の立会いなどは求められる事がありますが、この場合も拒否権があり強制力はありません。 緊急連絡先に電話がかかってくるケースとは? それでは次に、緊急連絡先に電話がかかってくるケースは、どのような場合なのかについてご紹介していきたいと思います。 本人の折り返しを待っていられない場合 まず1つ目は、本人の折り返しを待っていられない場合です。 例えば、契約している賃貸住宅で火災が発生した場合などは、これに該当します。

  • 賃貸の契約期間に2年が多い理由とは?更新料や途中解約の違約金は必要?

    賃貸物件に住んでいると、ほとんど2年で契約更新がありますよね。 では、どうして賃貸物件の契約期間は2年が多いのでしょうか? 今回は、賃貸の契約期間に2年が多い理由、そして更新料や途中解約の違約金について詳しく解説していきたいと思います。 賃貸の契約期間に2年が多い理由 それでは早速、賃貸の契約期間に2年が多い理由から解説していきましょう。 賃貸の契約期間に2年が多いのは、借地借家法29条によるものが大きいと考えられます。 普通借家契約では、契約期間が1年未満の場合、借地借家法29条で「期間の定めがない建物の賃貸借」とみなされ、期間の定めがない建物の賃貸借になると、「賃貸を解約する場合は、1ヶ月前に連絡する事」という決め事自体もなくなります。 こうなると、その賃貸物件を管理している管理会社や大家さんにとっては、契約内容があいまいになり大変不利な状態になると言えるでしょう。 そのため、多くの賃貸物件では1年未満で貸し出すところは基本的にはありません。 しかし、借りる人のサイクル的な事を考えると、3年では長いという考えもあり、現在では賃貸の契約期間は2年が多いという現状になっています。 契約期間の更新の際の流れや更新料について それでは次に、契約期間の更新の際の流れや、更新料について解説していきましょう。 契約更新に必要な書類 まず、賃貸の契約を更新する際は、必ず契約更新に必要な書類を準備する必要があります。 契約更新に必要な書類に関しては、貸主や不動産会社によって多少異なります。自動更新の場合もあります。 しかし、多くの場合は契約当初の契約書、印鑑などは必ず必要になってくるでしょう。 ただし、契約更新の際は入居者や連帯保証人が変わらない場合でも、契約を巻きなおすケースがあるので注意しましょう。 更新完了までの流れ では次に、契約更新完了までの流れをご紹介していきましょう。 契約更新完了までの流れは、一般的にはまず契約満了の1ヶ月前くらいに、不動産会社や貸主から「契約更新について」という内容の書面が送付されてきます。

  • 不動産会社にも種類がある?それぞれの役割を詳しく解説します。

    不動産会社と聞くと、不動産売買の仲介を行うというイメージがありますよね。 しかし、一口に不動産会社と言っても、いくつかの種類に分かれており、役割もそれぞれ違うのです。 不動産会社なら、どこでも不動産売買の仲介が出来るというわけではありません。 そこで今回は、不動産会社にはどのような種類があるのか、そしてそれぞれの役割について解説していきたいと思います。 不動産会社の種類 それでは早速、不動産会社の種類からご紹介していきましょう。 ここでは、4つの種類に分けて解説していきます。 開発会社 まず1つ目は、開発会社です。 開発会社とは、不動産物件の開発・建築に特化した不動産会社の事を指します。 そして、開発会社の中でもさらに、得意分野によって種類が分かれています。 例えば、商業用施設や工場などを含む、建築分野全般を扱う「総合デベロッパー」、マンション建築に特化した「マンションデベロッパー」、一戸建てに特化した「ハウスメーカー」というように、開発会社の中でもそれぞれ特化した分野ごとに役割が分かれているのです。 販売代理会社 2つ目は、販売代理会社です。 販売代理会社は、開発会社が開発・建築した不動産物件を、販売する為の窓口になる不動産会社です。 その中でも、同じグループの開発会社の物件のみを扱う「専属会社」と、様々な開発会社の物件を扱う「受託会社」に分かれています。 仲介会社 3つ目は、仲介会社です。 仲介会社は、主に中古の不動産物件の売買や仲介を扱う不動産会社です。 不動産を売りたい側と買いたい側や、不動産を貸したい側と借りたい側の仲介を主な業務内容となっています。 また、物件の査定や相場情報の収集、不動産売買や賃貸に関する業務なども行います。 管理会社 そして4つ目は、管理会社です。 管理会社とは、不動産物件の清掃やメンテナンス、住民管理などの管理業務を請け負う会社を指します。 住民の生活維持に関する業務を幅広く行っており、清掃などの短期的な日常業務から、修繕積立金の管理や修繕計画の立案・実施などの長期業務も行います。

  • 宅地と分譲地の違いとは?メリット・デメリットを解説します。

    家を建てる為の土地を探していると、宅地と分譲地の2種類がある事に気づきます。 しかし、具体的に宅地と分譲地では、どのような違いがあるのか、またそれぞれのメリット・デメリットはどうなのか気になりますよね? そこで今回は、宅地と分譲地の違いや、メリット・デメリットについて詳しく解説していきたいと思います。 これから土地探しをする人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 宅地とは それでは早速、宅地の特徴からご紹介していきましょう。 宅地とは、土地の登記記録に記載される「地目」の種類の1つです。 地目は、土地の利用状況によって法律によって区分されており、「田」「畑」「山林」「公衆用道路」など23種類に分けられています。 地目の中の「宅地」は、家を建てられる土地の事で、「建物の敷地及び、その維持もしくは効用を果たすために必要な土地」と定義づけられています。 分譲地とは では次に、分譲地の特徴について解説していきましょう。 分譲地とは、不動産会社などが広い土地をいくつかの区画に整理して、宅地用に販売している土地の事を指します。 そのため、宅地の中でも、いくつかの区画に分けて販売されている土地の事を、分譲地と呼んでいるのです。 宅地のメリット・デメリット では次に、宅地のメリット・デメリットをご紹介していきましょう。 メリット 宅地の最大のメリットとしては、施工業者を自由に選択する事が出来るという事です。 これは、分譲地にはないメリットと言えるでしょう。 デメリット では次に、宅地のデメリットをご紹介していきたいと思います。 まず、宅地の場合は土地を購入した人が、電気やガス・水道などのライフラインの費用を支払って、敷地内に引き込むことが多いと言われています。 また、擁壁に関しても、土地を購入した人が費用を支払って、行う場合が多いとされています。 擁壁とは、道路から敷地が少し高くなっている場合、その上に建物を建てる際は、崖や盛り土の側面が崩れ落ちるのを防ぐための壁の事です。

  • 元利均等返済と元金均等返済の違いを解説します!

    住宅ローンを返済する方法として、「元利均等返済」と「元金均等返済」という2つの方法があります。 この2つの返済方法は、それぞれ特徴が異なり、向いている人の特徴も異なります。 それぞれの違いを知って、返済終了までを見据える必要があるのです。 そこで今回は、元利均等返済と元金均等返済の違いや、実際の返済額シミュレーションなどを交えて、解説していきたいと思います。 元利均等返済とは それでは早速、元利均等返済の特徴からご紹介していきましょう。 元利均等返済とは、毎月の約定返済額を、元金と利息で調整して一定にする返済方法を指します。 元利均等返済では、月々の返済額が一定なのが特徴で、返済計画を立てやすいというメリットがあります。 元金均等返済と比べると、返済開始当初の返済額を、少なくすることが出来るのも特徴の1つです。 しかし、同じ返済期間で計算した場合、元金均等返済よりも最終的な総返済額が多くなるというデメリットがあり、借入残高の減り方が遅くなるという特徴があります。 元金均等返済とは 次に、元金均等返済の特徴をご紹介していきましょう。 元金均等返済とは、毎月の返済額のうち、元金部分を均等額として、そこに利息を合計して支払う返済方法を指します。 元金均等返済の特徴は、返済が進むにつれて返済額が少なくなるという事です。 また、元利均等返済と比べると、元金が減少するスピードが早いため、同じ返済期間の場合は元利均等返済に比べて、総返済額が少なくなるというメリットがあります。 しかし、元金均等返済にもデメリットがあります。 それは、返済開始当初の返済額が、元利均等返済に比べると多くなり、返済負担が大きいという部分がデメリットとして挙げられますね。 元利均等返済が向いている人の特徴 元利均等返済が向いている人の特徴は、ローン返済当初の返済額を抑えたいという人です。 元利均等返済は、最終的な総返済額は元金均等返済に比べて多くなるデメリットがあるものの、子供の教育費や生活用品を揃える必要のある世代にとっては、当初の返済負担が減らせる元利均等返済が向いているでしょう。 元金均等返済が向いている人の特徴

  • 管理費と修繕積立金って何?マンション購入で後悔しないために !

    マンションを購入すると、住宅ローンの返済以外に「管理費」と「修繕積立金」の支払いが毎月あることをご存じですか? 管理費と修繕積立金は、マンションの維持管理のために必要な費用です。 この記事を読むと下記の内容がわかります。 管理費とは何か? 修繕積立金とは何か? 相場はいくら程度なのか? など マンション購入前に確認すべきチェックポイントもご説明しますので、ぜひ最後までご一読ください。 管理費と修繕積立金の違いは? 管理費と修繕積立金の違いについて、くわしく解説します。 管理費とは? 管理費はマンションの日常的な維持管理に使われる費用のこと。 マンションでの暮らしを快適に保つには、日々の清掃やメンテナンスが欠かせません。 一例として下記の用途で使われています。 ・共用部分の光熱費 ・清掃などの委託管理費 ・エレベーターや自動ドアのメンテナンス ・植栽や庭の手入れにかかる人件費 ・防犯カメラの保守点検 など また、プールやフィットネスジムなどの共用施設がある場合には、その運営費用も管理費で賄われます。 修繕積立金とは? 修繕積立金とは、マンションの将来的な修繕に備えて毎月積み立てていくもの。 改修工事の費用は莫大な金額になるため、計画的に費用を積み立てる必要があるのです。 工事の頻度はおおむね10年~15年に一度の周期で繰り返し行います。 工事の内容としては、 ・外壁の改修工事 ・屋根屋上の防水改修工事 ・台風、地震など自然災害による損傷の修繕など マンションの劣化を防ぎ、安全に暮らすうえで必要な費用が修繕積立金なのです。 管理費の相場は? 国土交通省が発表した「平成30年度マンション総合結果」によると、管理費の全体平均額は15,956円。 戸数が少ない物件やタワーマンションなどのハイグレードな物件で、高値になる傾向が強いようです。 というのも、小規模マンションでは、少ない戸数でマンション全体の管理を担うので、一戸あたりの負担額がどうしても大きくなってしまうのです。

  • 先に土地だけを購入する場合に気を付けるべき注意点とは?

    マイホームを購入したいと考えた時に、先に気に入った土地だけ購入しておくという事がありますよね。 しかし、先に土地だけを購入した場合、注意しなければならない事がいくつかあります。 そこで今回は、先に土地だけを購入する場合に、気をつけるべき注意点を解説していきたいと思います。 先に土地だけを購入しても住宅ローンは組める? それでは早速、先に土地だけを購入した場合、住宅ローンが組めるのかについて解説していきましょう。 結論から言うと、先に土地だけを購入した場合でも住宅ローンは組めます。 しかし、一般的に建物と同時に購入した時のケースとは、異なる住宅ローンを組むことになるので、ここでは3つに分けて解説していきます。 つなぎ融資 まず1つ目は、つなぎ融資です。 つなぎ融資とは、住宅が完成するまでの間、土地を購入する為の費用として一時的に融資が受けられるものを指します。 この場合は、住宅の建設中は、つなぎ融資の利息分だけを支払う事になります。 そして、住宅が完成して住宅ローンが実行された段階で、つなぎ融資の元金と利息を返済する事になります。 つなぎ融資は、通常の住宅ローンよりも金利が高いのが特徴です。 また、住宅ローン控除の対象にならないというデメリットもあるので、契約前にしっかり確認しておく必要があります。 土地先行融資 2つ目は、土地先行融資です。 土地先行融資とは、住宅を建てる為の土地を購入する際に、土地代だけを先に振り込んでもらうというものです。 残りの住宅分は、建設後に追加で振り込んでもらえるローンになります。 別名「分割融資」とも呼ばれ、1つの住宅ローンが複数回に分けて振り込まれるという特徴があります。 低い金利で利用できる反面、金融機関によっては取り扱っていない所もあるので、注意が必要です。 住宅ローン控除制度 3つ目は、住宅ローン控除制度です。 住宅ローン控除制度とは、年末時点のローン残高のうち1%が、最大10年間まで所得税から控除出来る制度の事を指します。

  • 賃貸アパート・マンションの解約手続きの流れを説明します。

    賃貸アパートやマンションを解約する際は、解約までの流れがあります。 引っ越しをしたいと思っても、段階を踏んで手続きを済ませる必要があるので、解約までの流れを知らないとスムーズに退去する事が出来ません。 そこで今回は、賃貸アパートやマンションを解約する時の、手続きの流れを解説していきたいと思います。 賃貸アパート・マンションの解約までの流れ それでは早速、賃貸アパートやマンションを解約するまでの流れをご紹介していきましょう。 賃貸借契約書の確認 まず1つ目は、賃貸借契約書の確認です。 現在借りている賃貸アパートやマンションを解約すると決めたら、解約の連絡をするのですが、この時に「誰に」「いつまでに」「どのように」連絡する必要があるのかを、入居の契約時に交わした賃貸借契約書を確認する必要があります。 一般的には、解約する日の1ヶ月前までに、書面で連絡することとなっていますが、物件の管理者(不動産会社・管理会社・大家さんなど)によって、多少異なる部分があります。 後々、トラブルにならないようにする為にも、まずは賃貸借契約書を確認することを忘れずに行いましょう。 また、賃貸借契約書には、原状回復に関する記載をあるので、合わせて確認しておくようにしましょう。 解約の連絡・退去届(解約届)の提出 2つ目は、解約の連絡・退去届(解約届)の提出です。 賃貸借契約書をしっかり確認したら、物件の管理者(不動産会社・管理会社・大家さんなど)に、解約する旨を退去日とともに連絡しましょう。 また、物件によっては、駐車場を別で借りている場合もありますよね。 その場合は、駐車場の管理会社への解約手続きも、忘れずに行いましょう。 解約する旨を連絡した後は、退去届(解約届)に必要事項を記入して、郵送またはFAXで送ります。 退去届(解約届)に記入する必要事項は、主に「物件名」「住所」「借主の氏名」「連絡先」「精算後の敷金の受取口座」「退去・立会い希望日」などがあります。 電気・ガス・水道などの転居手続き 3つ目は、電気・ガス・水道などの転居手続きです。

  • 不動産店の定休日が水曜日に多い理由とは?何曜日に行くのが良い?

    不動産店に行こうと思った時に、水曜日が定休日となっている不動産店が多いと感じたことはありませんか? ほとんどの不動産店が、同じ水曜日に休んでいる事が多いので、せっかく行ったけれど休みだったという思いをしたことがある人も多いでしょう。 また週末は、物件を探す人が集中して、ゆっくり探せないと悩んでいる人もいると思います。 そのような場合は、何曜日に不動産店に行けば良いのか気になりますよね。 そこで今回は、不動産店の定休日が水曜日に多い理由や、何曜日行くと良いのかについて解説していきたいと思います。 不動産店の定休日はなぜ水曜日に多いの? それでは早速、不動産店の定休日がなぜ水曜日に多いのか解説していきましょう。 不動産店の定休日は、別に水曜日でなければならないという決まりはありません。 しかし、それならなぜ水曜日に多いのか、気になりますよね。 ここでは、不動産店の定休日が水曜日に多い理由を、3つに分けてご紹介していきたいと思います。 「水」は縁起の悪い言葉を連想させるから まず、不動産店の定休日が水曜日に多い1つ目の理由は、「水」は縁起の悪い言葉を連想させるからというものです。 「水」という言葉には、流れるというイメージがありますよね。 そのため、不動産店にとっては「契約が流れる」というマイナスの言葉として連想させるので、水曜日に定休日を設けている事が多いのです。 いわゆる、ゲン担ぎという意味合いを込めて、水曜日は休んでいるという事ですね。 週末が忙しいため週半ばにちょうど休みやすいから 不動産店の定休日が水曜日に多い2つ目の理由は、週末が忙しいため週半ばにちょうど休みやすいからというものです。 不動産店というのは、やはり週末がとても多忙となります。 平日になかなか休みが取れないお客様が、休日に物件を探しに来るケースが集中するからです。 それなら、月曜日に定休日でも良いのでは?と思いますよね。 しかし、月曜日は週末に獲得した顧客の契約書類などの整理で、不動産店にとってはとても忙しい曜日でもあるのです。

  • 不動産会社とのトラブル事例と相談先を解説します。

    不動産の売買や賃貸契約などでは、必ず不動産会社と関わることになりますが、不動産取引の際には様々なトラブルが潜んでいます。 特に、不動産契約における法律に詳しくない人が、不動産会社とトラブルになった場合、どのように解説したら良いのか分かりませんよね。 そこで今回は、不動産会社とのトラブルで多い事例と併せて、相談先などをご紹介していきたいと思います。 賃貸における不動産会社とのトラブル事例 それでは早速、不動産会社とのトラブルの中の、賃貸におけるトラブル事例からご紹介していきましょう。 契約や入居時のトラブル まず1つ目は、契約や入居時のトラブルです。 契約や入居時のトラブルとして多いのが、申し込みを撤回したいけれど認めてもらえない、申込金を返してもらえないというトラブルです。 契約書の説明不足や、金銭面でのトラブルが目立つようですね。 設備などの不備トラブル解約や退去時のトラブル 2つ目は、設備などの不備トラブル、解約や退去時のトラブルです。 設備に関しては、契約物件にあると思っていたエアコンなどがついていなかったり、給湯器が壊れていたなどのトラブルが多いです。 また、前の入居者が設置したエアコンなどの取り外し費用を請求されるなどのトラブルも見られます。 そして、解約や退去時のトラブルとしては、賃借人が原状回復費用をどこまで負担するかでトラブルになるケースが多いです。 その際に、敷金がきちんと返金されない例も見られます。 契約更新に関するトラブル そして3つ目は、契約更新に関するトラブルです。 賃貸借契約において、聞いていなかった更新料を請求されたり、大家さんの都合で契約の更新が出来なくなったなどのトラブルが多いです。 売買における不動産会社とのトラブル事例 それでは次に、売買における不動産会社とのトラブル事例をご紹介していきましょう。 媒介契約や取引態様におけるトラブル まず1つ目は、媒介契約や取引様態におけるトラブルです。 売買においては、媒介契約や取引様態のトラブルが一番多いと言えるでしょう。

  • 不動産売却の際にかかる費用・税金について説明します。

    不動産を売却すると、様々な費用や税金がかかります。 一般的には、不動産売却でかかる費用は、売却価格の4~6%と言われています。 しかし、どのような費用や税金が、どのくらいかかるのか具体的に知っておくと安心ですよね。 そこで今回は、不動産売却でかかる費用や税金について、詳しく解説していきたいと思います。 不動産売却でかかる費用や税金 それでは早速、不動産売却でかかる費用や税金を解説していきましょう。 仲介手数料 まず1つ目は、仲介手数料です。 仲介手数料は、宅建業法で上限が定められており、成約金額が400万円を超える場合は「成約価格×3%+6万円+消費税」となっています。 仲介手数料は、売買契約時に全額支払う義務はなく、媒介契約の内容によって異なります。 印紙代(印紙税) 2つ目は、印紙代(印紙税)です。 不動産売却でかかる印紙代は、不動産の売買契約書に貼るためのものです。 売買契約時には、売主と買主用に1通ずつ売買契約書を作成して、それぞれに収入印紙を貼りつけます。 収入印紙代は、成約金額が1,000万円以上・5,000万円以下の場合は、売主と買主それぞれが1万円ずつ負担します。 抵当権抹消登記 3つ目は、抵当権抹消登記です。 不動産を売却する際は、所有権を買主に移転する「所有権移転登記」が必要ですが、売却物件に住宅ローンが残っていた場合は、「抵当権抹消登記」の費用が必要になります。 抵当権抹消には、登録免許税のほかに、司法書士に支払う報酬が必要なので、税額も含めて2万~3万円程度が一般的です。 譲渡所得税 4つ目は、譲渡所得税です。 譲渡所得税は、不動産を売却した際に出た利益(譲渡所得)に対してかかる税金です。 「不動産の売却価格」から「不動産の購入にかかった費用」と「売却にかかった費用」を差し引いた金額が求められます。 住宅ローン返済手数料 そして5つ目は、住宅ローン返済手数料です。 売却する不動産に住宅ローンが残っている場合は、一括返済になるので金融機関の事務手数料が発生します。

  • 路線価とは?土地の価格の調べ方と計算方法を説明します。

    不動産について調べていると、「路線価」という言葉が度々出てきます。 しかし、具体的に路線価が、どのような場面で必要になるのか分からないという人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、路線価とは何なのか、そして調べ方や計算方法などを詳しく解説していきたいと思います。 路線価とは? それでは早速、路線価とは何なのかについて解説していきましょう。 路線価とは、道路に面した土地の価格の事を指しています。 土地を譲り受けた時に、どのくらいの相続税や贈与税がかかるかなどを、路線価をもとに計算するのです。 路線価を含め、土地につけられる価格には、主に4つあります。 通常、単に「路線価」という時は、相続税評価額の事を指すのが一般的です。 公示価格 まず1つ目は、公示価格です。 公示価格とは、一般の土地取引価格の指標となる価格の事で、国土交通省が決定機関となっています。 基準地標準価格 2つ目は、基準地標準価格です。 基準地標準価格とは、公示価格の補足として、一般の土地取引価格の指標となる価格になっており、各都道府県が決定機関となっています。 固定資産税評価額 3つ目は、固定資産税評価額です。 固定資産税評価額は、固定資産税や不動産取得税などの計算の基礎となる価格で、各市町村が決定機関となっています。 相続税評価額 そして4つ目は、相続税評価額です。 相続税評価額は、相続税や贈与税の計算の基礎となる価格で、国税庁が決定機関となっています。 土地の価格の調べ方や見方 それでは次に、土地の価格の調べ方や見方について解説していきたいと思います。 まず、路線価を調べる為には、国税庁のホームページから路線価図を入手します。 そして、調べたい土地の都道府県を選択し、「路線価図」の項目をクリックします。 すると、選択した市区町が表示されます。 さらに、ページ番号をクリックすると路線価図が表示されます。 では次に、路線価図の見方についてです。 先ほど表示された路線価図には、数字やアルファベットの他に図面の上部に記号が掲載されています。

  • 賃貸保証会社(家賃保証会社)とは?利用するメリット・デメリットをくわしく解説します。

    従来、賃貸物件を契約するには、連帯保証人を立てることが一般的でした。 しかし最近では連帯保証人の代わりに、賃貸保証会社への加入を契約の条件とする物件が増えています。 この記事では、 賃貸保証会社とはどのような会社か 保証料の相場はどれほどか 賃貸保証会社を利用するメリット・デメリットや注意点 などを分かりやすく解説していきます。 ぜひ最後までご一読ください。 賃貸保証会社とは? 賃貸保証会社(家賃保証会社)とは、家賃を貸主に保証する会社のこと。 具体的にどんなサービスを行う会社なのでしょうか? 賃貸保証会社は連帯保証人の代わりをする会社 賃貸保証会社(家賃保証会社)は、連帯保証人とほぼ同じ役割を担います。 借り主が家賃を滞納した場合、保証会社が借り主に代わって家賃を立て替えてくれるのです。 立て替えた家賃は後日、保証会社が借り主に請求し回収します 確実に家賃を回収できると同時に、借り主への督促も保証会社が行ってくれるため、貸主としては利用するメリットが非常に大きいのです。 賃貸保証料の相場は家賃の30%~100%の間 賃貸保証会社を利用するには、保証料を支払う必要があります。 借り主が保証会社に支払う保証料は以下2種類です。 契約時に「初回保証委託料」 契約更新時に「保証委託契約更新料」 初回保証料は月額賃料の30%~100%程度。 保証委託契約更新料は初回保証料より低く設定されているケースが多く、1年毎の更新で10,000円程度もしくは賃料の10%~30%程度です。 保証会社の料金プランや物件によって金額が異なるため、契約の際にはよく確認しましょう。 賃貸保証会社を利用するメリット・デメリット 「保証会社を利用するメリットって、貸主側にしかないの?」 貸主に家賃を保証する会社ではありますが、借り主側にもメリットはあります。 借り主目線のメリット・デメリットを解説しましょう。 メリット 借り主が得られるメリットは以下2点。 入居審査に通りやすくなる 敷金が軽減されるケースがある 入居審査に通りやすくなる

  • 土地を放棄したい!いらない土地を手放す方法とは?

    相続などによって土地を得ても、様々な事情で土地を保有しているのが難しくなる事がありますよね。 土地は、そこに住んでいなくても、保有しているだけで固定資産税が発生します。 税金を払い続けるよりも、土地を手放したいと思った時に、どのような手順で行えば良いのが分からないという人は多いのではないでしょうか? そこで今回は、土地を放棄したい場合や手放したい時の方法をご紹介していきたいと思います。 土地を放棄して手放す方法 それでは早速、土地を放棄して手放す方法をご紹介していきましょう。 売却する まず1つ目の方法は、売却するという事です。 土地を手放す方法として、一番メリットが多い方法です。 しかし、売却する場合は条件が良い土地でないとなかなか買い手が付かない可能性もあります。 そのため、土地を売却する場合は、事前に土地の価値を調べた上で、売却が可能か判断しましょう。 また、土地を売却した場合は、売却した翌年に確定申告をして税務申告を行う事になります。 土地の売却は、「譲渡所得」にあたるので、納税も忘れずに行うようにしましょう。 譲渡する 2つ目は、譲渡するという事です。 手放したい土地を、欲しいという人がいる場合は、有償または無償で譲渡する事が出来ます。 その際、個人で買い手を探して譲渡するのはなかなか難しいので、仲介会社を通した方が良いでしょう。 個人へ有償または無償で譲渡した場合は、必ず契約書を交わして、所有権移転登記を行いましょう。 これを行わないと、後々トラブルの元になるので、注意が必要です。 寄付する 3つ目は、寄付をするという事です。 手放したい土地に価格が付かず、売却が出来ない場合は市区町村・国へ寄付する事が出来ます。 しかし、土地の寄付は必ず受け付けてもらえるわけではないので、注意が必要です。 寄付を受け付けてもらえる可能性がある土地の条件としては、避難場所や公園などの使用用途として有効な場合です。

  • 不動産購入でよくある質問をまとめてみました。

    不動産購入は、人生の中でそう何度も訪れるものではありませんよね。 その為いざ、不動産を購入する場面になった時には、様々な疑問点が出てくると思います。 そこで今回は、そんな不動産購入時によくある質問をまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。 物件選びについての質問 それでは早速、物件選びについての質問からご紹介していきましょう。 物件の選び方は? まず1つ目は、物件の選び方についての質問です。 不動産購入を検討している場合、多くの人は最初にインターネットを使って探し始めるでしょう。 インターネットで検索すれば、多くの情報が出てくるのである意味選び放題ではあります。 しかし、膨大な量の物件情報から目的の物件を選ぶのは、素人の私たちではなかなか難しい事が多いのです。 そのような場合は、インターネットでの情報収集と並行する形で、信頼できる不動産会社に物件選びを依頼するという方法がおすすめです。 マンションと一戸建てはどちらがいいの? 2つ目は、不動産を購入する際は、マンションと一戸建てではどちらが良いのかという質問です。 マンションと一戸建てでは、それぞれに特徴がありメリット・デメリットも異なります。 そのため、どちらが良いのかは購入者がどのような物件を希望しているかによります。 例えば、マンションは段差が少なかったり、気密性の良さから冷暖房の効率が良いというメリットがあります。 そして一戸建ての場合は、自分だけの不動産になるので階下への気遣いも必要ないですし、リフォームなども自由に行う事が出来ます。 購入したい物件が見つかったらどうしたらいいの? 3つ目は、購入したい物件が見つかったらどうしたらいいのかという質問です。 購入したい物件が見つかった場合は、依頼している不動産会社の担当者などに、まずは連絡しましょう。 そして、購入手続きへと進みます。 物件探しは複数の不動産会社に依頼すべき? そして4つ目は、物件探しは複数の不動産会社に依頼するべきなのかという質問です。

  • 一人暮らしを始めたら住民票を移さないといけないのか?

    一人暮らしを始めるときに「住民票は移した方が良いのだろうか?」と悩む方も多いのではないでしょうか? 今回はその疑問を解消するため、移すべきか、移さなくても良いのかについて解説していきます。 また、住民票を移さなかった場合のデメリットや移し方についてもご紹介していますのでぜひ最後までご覧ください。 住民票は移さないといけない 一人暮らしを始める場合、住民票を移さなければいけないのか?移さなくても良いのだろうか・・・? 結論からいうと、移さないといけません。 引っ越した日から14日以内に住民票を移すことは、「住民基本台帳法」で義務として定められています。 もし、14日以内に手続きを行っていなければ罰金が発生する場合がありますので、必ず忘れないようにしましょう。 住民票を移さなくてもよい場合 しかし、以下の場合は住民票を移さなくても良いとされています。 ・引っ越し先の住所に住む期間は1年以内の短期である場合 ・生活の拠点が元の家にある場合 例えば、転勤により単身赴任で新しい住所へ引っ越しをしたとき、1年以内に元の家に戻る見込みがある場合は、住民票を移さなくても良いとされています。 また、進学のための住まいにおいても、一時的に別住所に住んでいると見なされ、生活の拠点は元の家(実家)にあると解釈されます。よって、移さなくても問題ありません。 住民票を移さない場合のデメリット 運転免許証の更新ができない 運転免許証の更新ができる場所は、住民票に記載されている住所の地域となっています。 住民票を移していなければ元の住所で手続きを行わなければいけません。 時間と手間が掛かってしまうので大変です。 選挙に参加できない 選挙においても、住民票に記載されている住所に選挙権が届きます。 そのため、住民票を移していなければ引っ越し先の地域での選挙に参加できません。 本人確認郵便が受け取れない場合がある 公的な郵便物は住民票を元に届けられます。 中には「本人限定受取郵便」といった本人でしか受け取れない重要な書類が届く場合もあります。 住民票の移し方 &nbsp

  • 一人暮らしで使う水道光熱費の平均的な料金は?

    一人暮らしを始めたい・・・。でも水道光熱費ってどれくらいかかるのだろう? そんなお悩みの方に、今回は1ヶ月にかかる水道光熱費の平均額についてまとめました。 少しでも料金を抑えるために、おすすめの節約方法も紹介していますので、ぜひ最後までご覧くださいね。 一人暮らしの水道光熱費はいくら? 【一人暮らしの水道光熱費は1ヶ月約10,000円】 一人暮らしにおいて、1ヶ月にかかる水道光熱費の平均額は上記のとおりです。 電気代・ガス代・水道代を合計すると約10,000円程(※)になります。 この平均額はあくまでも目安であり、住む場所等によって料金は変わってきます。 ・電気代・・・5,699円(※) 電気代はエアコンを使用するとぐんと上がりますね。 夏と冬を比べると、夏の方が電気代が高いと思われがちですが、実は冬の方が高いのです。 理由は、冬の方が「室外の気温」と「エアコンの設定温度」の差が大きいためです。 その差が大きいほど、消費電力も大きくなり電気代が高くなります。 ・ガス代・・・3,011円(※) わたしたちが使っているガスには「プロパンガス(LPガス)」と「都市ガス」の2種類があります。 プロパンガスはコスト等が掛かり都市ガスに比べて値段が高く、ガス会社によっても単価が変わります。 反対に、都市ガスは公共料金であり、ガスボンベを運搬する必要がないため、コストが低く基本料金が安いです。 ・水道代・・・2,119円(※) 都市ガスと同じ公共料金です。2ヶ月に1度の支払いになります。 ※(総務省 2019年「家計調査」平均年齢 59歳) 年間で水道光熱費が一番かかるタイミング 年間を通して水道光熱費が一番かかる時期はずばり「冬」です! 冬は寒いので暖房をつけますね。加えて、お風呂のお湯の温度も上がるのでガスを多く使います。 食器を洗うときも水だと冷たいので、お湯を使う機会が多いのではないでしょうか? つまり、夏よりも冬の方が電気・ガス共に消費電力が大きくなりやすいのです。 水道光熱費を抑えるには?おすすめの節約方法

  • 一坪って何平米?広さを表す単位「坪」「平米」「畳」について解説します。

    家を建てる時や、不動産などの物件を探していると、「敷地面積〇坪」のような表記や「南向き土地〇㎡」のような表記を目にする事が多いと思います。 しかし、「坪」「平米」「畳」のような数値で表記されていても、実際のところ具体的な土地の面積イメージが掴みづらいという人も多いでしょう。 「坪」「平米」「畳」の面積表示は、不動産の広さをイメージするために、とても必要なものですよね。 そこで今回は、不動産の面積表記で出てくることの多い、「坪」「平米」「畳」について詳しく解説していきたいと思います。 一坪は何平米? それではまず、一坪は何平米なのかについて解説していきましょう。 一坪は約3.31㎡となっています。 しかし、この坪表記は、公正取引協議会にて、計量法によって建物の取引や証明において禁止されています。 そのため、正式な取引の場では、㎡(平方メートル)単位を使う事となっています。 「坪」「平米」「畳」の早見一覧 では次に、「坪」「平米」「畳」の早見表をご紹介していきたいと思います。 ・1坪:3.31㎡:約2畳 ・5坪:16.52㎡:9.98(約10畳) ・10坪:33.05㎡:19.96(約20畳) ・15坪:49.58㎡:29.94(約30畳) ・20坪:66.11㎡:39.92(約40畳) ・25坪:82.64㎡:49.90(約50畳) ・30坪:99.17㎡:59.88(約60畳) ・35坪:115.70㎡:69.86(約70畳) ・40坪:132.23㎡:79.84(約80畳) ・45坪:148.76㎡:89.82(約90畳) ・50坪:165.28㎡:99.80(約100畳) ・55坪:181.81㎡:109.78(約110畳) ・60坪:198.34㎡:119.76(約120畳) ・65坪:214.87㎡:129.74(約130畳) ・70坪:231.40㎡:139.72(約140畳) ・75坪:247.93㎡:149.70(約150畳) ・80坪:264.46㎡:159.68(約160畳) ・85坪:280.99㎡:169.66(約170畳) ・90坪:297.52㎡:179.64(約180畳)

  • 駅から徒歩1分は何m?不動産の徒歩所要時間について!

    不動産広告で徒歩所有時間を表示する場合の基準では、健康な女性がハイヒールを履いて歩いたとき徒歩1分は80mとなっています。 端数は切り上げのため81mだと徒歩2分の表記をしなければいけません。 また、駅から0分だったとしても徒歩1分と表記しなければなりません。 そして、実際に徒歩1分を歩いてみると80~85mのようで、参考までにGoogleマップのルート検索の所要時間は正確のようです。 駅から徒歩1分は何が良い? 駅から近いと通勤や通学、交通の便が良く、雨や風に当たらずに移動することができます。 人によっては朝が弱いのに朝早く出勤しなければいけない方などに人気でしょう。 また、駅から近いと商業施設や医療機関が立ち並びお買い物をするのも便利で夜も明かりが消えず安心して住むことができます。 駅徒歩1分であれば、もし家を手放す場合、上記のメリットがあるように他に買い手がつきやすいです。 駅から徒歩1分は何が悪い? 駅が近いため電車が夜中まで走り、騒音があります。 また、駅は交通や人通りの多いところのためそのような生活音もあります。 さらに、駅から近ければ便利なため家賃も高くなってしまいます。 このようなデメリットがあるので、駅からの距離を重視する方以外は、少し離れてみるのも良いでしょう。 不動産の徒歩所要時間について 不動産の徒歩所要時間は、直線距離ではなく道路距離で算出します。 注意点として階段やエレベーター、踏切や信号待ち、坂道、朝の通勤ラッシュなどの人混みはこの徒歩所要時間には含みません。 忙しくても実際に自分で物件から本当に目的地まで何分で着くのかを歩いてみることは必要です。 また、車両通行量が多い道路や鉄道を歩かなければいけない際に、横断歩道・歩道橋・踏切を歩かなければいけない場合はその分も徒歩所要時間に含めなければいけません。 雨の日はものすごく交通渋滞するや踏切が開かずの踏切ということもありますので周辺のルートの確認も必要です。

  • 賃貸アパート・マンションを借りる最適な時期とは?

    引っ越しが決まったとき、物件を借りる最適な時期とはいつ頃でしょうか? 今回は賃貸業界の年間の動きについて、内見時のポイントと共にご紹介させていただきます! 年間の賃貸の動きは? 4~6月 1~3月の繁忙期が過ぎ、4月中旬頃になると市場に出回る物件数は減りますが、ゆっくりと物件探しができるようになるでしょう。 また、結婚式を挙げるカップルが多い5.6月は同棲・ファミリー向けの新築物件が増えてきます。 5月のゴールデンウィークに内見へいく方も多いようです。 7~8月 なるべく家賃を抑えたい!という方は7~8月がおすすめ!理由は、暑くて引っ越しを考えるひとが少なく、家賃や引っ越し料金が安くなりやすいからです。 5~8月にかけては比較的新築物件が出回る機会は少ないですが、不動産屋に余裕があるため、ゆっくりと案内をしてもらうことができるでしょう。 9~12月 企業の人事異動等で引っ越しの需要が少しずつ戻ってくるこの時期は、空き物件が増えてきます。 ただ、1月以降の繁忙期と比べたら引っ越しの数は少ないため、家賃の設定価格も低いところが多いと思われます。 また、10月は同棲・ファミリー向けの物件が出回りやすい時期です。新築物件の案内も増えてくるでしょう。 ゆっくりと時間をかけて引っ越しを考えたい方にもこの時期はおすすめです。 1~3月 新生活に向けて断トツに引っ越しの数が多いこの時期は、出回る物件も一番多いです。 新築物件も増え、自分の理想に近い物件を探しやすいでしょう。 ただ、不動産屋も混みやすくなるため、なるべく早い時期からの検討をおすすめします。 いつの間にか候補に入れていた物件が他の人に取られてしまったというケースも少なくありません。 物件探しを始めるタイミングとは? 賃貸の予算・住みたいエリア・入居したい時期などがある程度決まったら、約2ヵ月前から物件探しを始めると良いでしょう。 賃貸を借りるときは、契約や引っ越しの手続きなど忙しくなります。 2ヵ月頃前だと内見に行ったり、時間を掛けて検討できるのでより理想の物件に住みやすくなるのではないでしょうか?

  • あなたに合うキッチンは?種類や特徴を説明します。

    みなさんは、どのような基準でキッチンを選んでいるでしょうか? 収納スペースや動線など、キッチンに求める要素は人それぞれ異なります。 そこで今回は、自分に合うキッチンを選ぶ時のポイントや、キッチンの種類や特徴をご紹介していきたいと思います。 これから、自分に合うキッチンを探すという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 キッチンを選ぶ時のポイント それでは早速、キッチンを選ぶ時のポイントをご紹介していきましょう。 ここでは、2つのポイントをご紹介していきます。 流行やデザインだけに流されない まず1つ目は、流行やデザインだけに流されないという事です。 キッチンを選ぶ時は、多くの人がショールームへ足を運ぶと思います。 素敵に組み合わされたキッチンが並べられているので、ついついデザインで決めてしまいがちですよね。 しかしキッチンは、見た目のデザインや流行だけで選ぶのは危険です。 実際に、キッチンを設置して使用するのはショールームではなく自宅なので、長く使用する事を考えると家族も使いやすいキッチンを選ぶ必要があります。 また、対応している調理器具や、使いやすい収納スペースも家庭によって様々です。 ご家庭ごとのライフスタイルを考慮して、キッチンは選ぶようにしましょう。 メリット・デメリットを確認する 2つ目は、メリット・デメリットを確認して決めるという事です。 キッチンには、色々な種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。 ショールームでは、すごく素敵で使いやすく見えるキッチンでも、いざ自宅に設置するとなるとデメリットが目立つという事もあるのです。 設置してから後悔しない為には、あらかじめキッチンそれぞれの特徴やメリット・デメリットを確認し、自分にとってメリットが多いキッチンを選ぶ事が大切です。 キッチンの種類や特徴 それでは次に、キッチンの種類や特徴をご紹介していきたいと思います。 Ⅰ型 1つ目は、Ⅰ型と呼ばれるキッチンです。

  • 部屋は何向きがいい?日当たり良好の基準とは?

    お部屋探しをする時に、「日当たり良好」って物件の資料やインターネットに書いているのをよく見かけますよね。 今回は、その日当たりについて解説していきます。 結論を言うと南向きが良いと言われていますが、ライフスタイルに合わせた物件を選ぶのがおすすめです。 もちろん、南向きの部屋はメリットがたくさんあり、家賃などが高いのですが、そこまで日に当たりたくない人など日当たり良好でなくても良い方にとっては南向きの部屋はベストな選択ではありません。 方角によって部屋に特徴をもたらしますのでそれぞれの向きについてご紹介します。 とにかく明るい部屋が良いなら南向き 日中の日当たりが非常に良く、洗濯物がよく乾き、日のあかりが入る為電気代節約になり、冬の暖房費節約になります。 デメリットとしては家賃が高いことと夏は暑くなってしまうことになります。 寒い地域であれば外でなかなか洗濯物が干せなかったり、夏が涼しいとなれば問題なく快適に過ごせる部屋です。 経営者の方におすすめの東向き 太陽が東から上がることから、経営者からは縁起が良いとされて選ぶ人がいます。 また、朝の日の光で目覚めたい方にもおすすめできます。 デメリットは、日当たりは午前中だけなので午後は寒くなったり、冬は寒苦なってしまいます。 太陽に照らされていたいなら西向き 西向きは陽が沈むまで日当たりがあるため、冬は暖かくなります。 デメリットは西日の影響で人に限らずものなど日焼けしやすくなり、夏に熱帯夜になる場合は夜過ごしづらいです。 日当たりが嫌な方におすすめの北向き 日当たりがなく人気がないため家賃が安いです。 大きい窓を取り付けている場合が多く、明るい部屋の場合もあります。 デメリットとしては、夏は涼しいのですが冬は寒く、洗濯物が乾わきずらくなります。 しかし、家賃が安いためすぐ異動してしまう転勤族や日中家にいない独身のサラリーマンにおすすめでもあります。 もちろん、日焼けしたくない人や日当たりを好まない人にとっては南向きはデメリットだらけなので北向きが一番おすすめできます。 日当たり良好の基準とは?

  • 「DK」と「LDK」の違いとは?部屋の間取りの種類を説明します!

    物件探しをしていると必ず出てくるDKとLDK。 あなたはこの意味をご存知でしょうか?1DK?1LDK?・・・間取りを意味しているとはわかっていても詳しい内容が分からない方へ! 今回はその種類について一つずつ解説していきます。 L・D・K・Rの意味って? 「Ⅼ」 L(エル)とはリビング(居間)という意味です。 テレビやソファ等を置いて、くつろいだり家族団欒をする場所になります。 「D」 Ⅾ(ディー)とはダイニング(食堂)という意味です。 つまり、食事をする場所になります。料理が運びやすいよう、通常キッチンの近くに設置されています。 「K」 K(ケー)とはキッチン(台所)という意味で、料理をする場所になります。 「R」 R(アール)とはルーム(個室)という意味です。 1R(ワンルーム)は仕切りがなく、一つの空間に全てが詰み込まれています。 DKとLDKの違い 「DK」とは DK(ディーケー)とは、ダイニングキッチンの略です。 ダイニングとキッチンが同じ空間となったスペースという意味です。 「LDK」とは LDK(エルディーケー)とは、DK(ダイニングキッチン)にL(居間)が加わったスペースという意味です。 LDKは部屋が広いため、家族が集まりやすく、テレビを見たりゆっくりとくつろげる空間です。 ※つまり、DKとLDKの違いは「キッチンのある部屋の広さ」になります。 例えば、居室が1部屋の場合は、4.5畳~8畳未満がDK、8畳以上がLDKと分類されます。 しかし、居室が2部屋以上になると、6畳以上がDK、10畳以上がLDKとなります。 この基準は、「首都圏不動産公正取引協議会」により定められました。 1K・1DK・1LDKの違い 「1K」 キッチンのある部屋(4.5畳未満)と居室が1部屋ある間取りです。 1R(ワンルーム)と異なる点は、キッチンと居室の間に仕切りがあり、料理をしたときなど匂いを気にする必要がありません。 「1DK」 キッチンのある部屋(4

  • 家を買うタイミングはいつが良い?後悔しないポイントとは?

    家族が増えたり、収入が安定してくると、マイホームを検討する人が多いと思います。 しかし、マイホームの購入は大きな買い物でもあるため、家を買うタイミングが重要ですよね。 そこで今回は、家を買うタイミングはいつが良いのか、また後悔しないポイントなどをご紹介していきたいと思います。 これからマイホームを検討しようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 家を買うベストなタイミングとは? それでは早速、家を買うベストなタイミングとはどのような時なのか見ていきましょう。 ここでは、初めて家を買った人達が、どのようなタイミングで購入しているのかを参考にご紹介していきたいと思います。 年齢 まず1つ目は、年齢です。 家を買うのにベストなタイミングと思われるのは、30代後半~40代前半となっています。 これは、家を買う時に組むことが多い、ローンが関係しています。 住宅ローンの条件は、銀行によって様々ですが、住宅ローンが借りられるのが最長で35年なので、ローンを組むのであれば45歳までに組まないと完済できなくなる計算になります。 それ以上になると、借入期間が短くなり、毎月の返済額も大きくなってしまいます。 こうした理由から、45歳より早い年齢で家を買う人が多いのです。 年収 2つ目は、年収です。 家を買った人の平均的な年収を見ると、だいたい700万円前後となっています。 国土交通省の調査データによると、初めて家を買った世帯の平均年収は、分譲戸建て住宅が688万円、分譲マンションが798万円となっています。 家の種類によって多少の差はありますが、年収700万円前後で家を購入している人が多いという事が分かりますね。 社会情勢 3つ目は、社会情勢です。 最近でみると、オリンピックなどが社会情勢にあたります。 過去にオリンピックを開催した年は、いずれもオリンピック開催後に景気が後退し、家の価格が値下がりしています。

  • 売れない不動産には理由がある!?解決方法をお伝えします。

    不動産を売り出していても、なかなか買い手が付かず困ることはありませんか? 不動産の売却は、売れるようにする為にある程度工夫が必要です。 売れない不動産がある場合は、売れるような解決方法を考える必要があるでしょう。 そこで今回は、売れない不動産の理由や解決方法をご紹介していきたいと思います。 売れない不動産の理由とは それでは早速、売れない不動産の理由から解説していきましょう。 不動産が売れない理由には、主に3つあります。 それぞれについて、詳しく見ていきましょう。 販売価格が不適切 まず1つ目は、売り出している不動産の売却価格が不適切という理由です。 不動産の売却価格は、購入を検討している人の目に最初に入るものなので、とてもインパクトが大きいと言えます。 買い手にとって、お得感があればそれだけ早く売れる事になるのです。 しかし、売れない不動産のほとんどは、販売価格に割高感があるという特徴があります。 物件にマイナスポイントがある 2つ目は、売り出している物件にマイナスポイントがあるという理由です。 買い手にとって、不動産を購入するという事はとても大きな買い物です。 そのため、なるべくマイナスポイントが少ない不動産を選ぶ事になりますよね。 特に、外からの見た目や設備などは、ある意味価格よりも買い手にとって重要なポイントになる部分です。 外壁の汚れや設備の不具合、水回りの不備などの印象は、最終的な決断の時にマイナスポイントになります。 不動産会社選び 3つ目は、不動産選びが不適切という理由です。 不動産を売り出す時には、不動産会社と媒介契約を結ぶ事になります。 通常、不動産会社との媒介契約期間は3か月間です。 その間に、不動産会社は販売活動を行い、不動産が売れるようにしますが、3か月間の中で問い合わせなどの反応自体が少ない場合は、媒介契約を結んでいる不動産会社を、見直す必要があるでしょう。 不動産が売れるかどうかは、不動産会社の販売力にもかかっているのです。 売れる不動産にする為の解決方法

  • インターネット使用料無料の賃貸物件とは?速度やセキュリティは大丈夫?

    春のこの季節!新生活を始める人も多いのではないでしょうか。 初めての一人暮らし、急な転勤での引っ越しなど…物件探しって大変ですよね。 色んな賃貸物件がありますが、最近よくみかける「インターネット使用料無料」の賃貸物件。 お得感があって飛びつきたくなりますが、裏がありそう…なんてお声も多くあります。 今回はその「インターネット使用料無料の賃貸物件」について、みなさんの不安の声にもお答えしつつご説明していきます! インターネット使用料無料の賃貸物件とは? インターネット使用料無料の賃貸物件とは、入居前に物件自体にインターネットの環境が整っている(回線が通っている状態)物件のことを言います。 事前にオーナーが物件自体のインターネット回線契約を行っており、月々にインターネット使用料を個人で払う必要がありません。 募集時には「インターネット完備」と掲載されている物件のことを言います。 (※「インターネット対応」は無料使用できないので注意が必要です!) インターネット使用料無料の賃貸物件のメリット ①節約効果がある 月々に支払うインターネット回線使用料やプロバイダー料金がかからないということも大きなメリットのひとつです。 インターネット契約には月々の費用だけでなく回線の工事費なども必要になります。その料金がないというのも大きな節約です。 さらに、インターネット回線をWi-Fiにすることで使用しているスマートフォンでのパケット料金を抑えることも可能になります! ②早い段階でインターネット環境が使用できる 前述でもご説明したように、個人で回線を通す場合、回線契約後に工事が必要となります。 そのため、入居からインターネット環境が整えるまでに少し時間がかかってしまうというケースもあります。 インターネット使用料無料の賃貸物件であればこのような問題はなくすぐにインターネットを使用することができます。 また、引っ越しのタイミングでしなければならないことが多い中、工事の立ち合いなどで家を空けられないというような問題もありません! ③インターネットの契約や違約金などを考えなくていい

  • 土地を探すときに重要!用途地域一覧と調べ方を説明します。

    家を建てる土地やマンション購入を検討している時に、目にすることの多い「用途地域」という言葉。 土地探しが初めてという人は、初めて見るという人も多いでしょう。 用途地域は、建物を建てる際に定められているものなので、知らないとトラブルの元になります。 そこで今回は、土地を探す時に重要な用途地域一覧の調べ方を解説していきたいと思います。 用途地域とは? それでは早速、用途地域とはどのようなものなのかを解説していきましょう。 用途地域とは、計画的な市街地を形成する為に、用途に応じて13地域に分けられたエリアの事を指します。 そのエリアによって、建てられる建物の種類や大きさが制限されているのです。 住宅のすぐ隣に、大きな工場や商業施設が建っていたり、商業施設と学校などがごちゃごちゃ建っていると、住みづらい環境になりますよね。 このような事を防ぐために、用途地域を13地域にエリア分けして、住み心地の良い暮らしを実現させるためにあるのです。 用途地域の種類 それでは次に、用途地域の種類にはどのようなものがあるのかを調べていきましょう。 用途地域は13地域ありますが、それを大きく分けると3タイプに分ける事が出来ます。 ・住居系 ・商業系 ・工業系 では次で、それぞれのタイプについて詳しく解説していきましょう。 用途地域一覧と特徴 ここでは、用途地域一覧とそれぞれの特徴を詳しく見ていきます。 住宅系 住居系は、用途地域8地域が含まれます。 ・第一種低層住居専用地域 こちらは、低層住宅専用の地域となります。 建てられる建物の高さは、10~12m程度に制限され、その範囲内でしたら一戸建て以外にも低層マンションを建てる事が出来ます。 店舗の場合は、床面積が合計50㎡以下であれば可能です。 しかし、コンビニは建てられず、建物の種類は一戸建て、賃貸住宅やマンション、小中学校となります。 ・第二種低層住居専用地域

  • 賃貸不動産経営管理士について説明します。

    賃貸不動産に関して、経営や管理を行うプロである賃貸不動産経営管理士。 最近では、「民泊新法」によって役割も増えてきている資格で、将来的には国家資格になると言われているものです。 今回は、そんな賃貸不動産経営管理士について詳しく解説していきたいと思います。 賃貸不動産経営管理士とは? それではまず、賃貸不動産経営管理士とはどのようなものなのかを、解説していきましょう。 賃貸不動産経営管理士とは、賃貸物件であるアパートやマンションの管理に関する、知識や技能・倫理観を持った専門家です。 私たちにとって、重要な住居形態である賃貸住宅において、継続的に安定的で良質な管理サービスを提供できるようにするため、賃貸不動産の管理業務に関わる、幅広い知識を有するものが賃貸不動産経営管理士として活動を行っています。 賃貸不動産経営管理士の業務内容 それでは次に、賃貸不動産経営管理士の業務内容を詳しく解説していきたいと思います。 賃貸不動産経営管理士の業務内容は、賃貸不動産の管理業務を委託する契約から入居者の募集、建物の維持管理や原状回復工事など多方面に渡ります。 専門の知識によって、適正な管理業の促進と消費者の安心につながる業務を行っているのです。 「賃貸住宅管理業者登録制度」の改正によって付与された業務 賃貸不動産経営管理士の業務内容として、「賃貸不動産経営管理者登録制度」の改正によって、付与された業務があります。 「賃貸不動産経営管理者登録制度」とは、国土交通省が賃貸住宅の借主・貸主の利益保護を図るために、管理業者に賃貸管理業務に関する一定のルールを設けた任意の登録制制度の事を指します。 賃貸住宅に関わるトラブルを防止するための重要な役割を担っており、賃貸住宅の管理に関する説明や契約書の署名捺印を行います。 登録業者は、事務所ごとに1名以上の賃貸不動産経営管理士などを配置する義務があるため、重要な役割を担っている事が分かります。 賃貸物件の管理などの業務担当 次は、賃貸物件の管理などの業務担当です。

  • 不動産とは?どこまでが不動産になるのか?

    一般的に、私たちが所有している家や土地の事を指す不動産。 しかし実際に、どこまでが不動産と言うのか具体的に分からないという人は多いのではないでしょうか? 所有する財産には、様々な形があるので民法によって条件が定められています。 不動産は、民法によって明確に定義づけがされており、それをしっかり理解しておくことで、住宅売買の際にトラブルを防ぐ事が出来ます。 そこで今回は、不動産とはどのようなものを指すのかや、どこまでが不動産と呼ぶのかなどについて解説していきたいと思います。 不動産とは それでは早速、そもそも不動産とはどのようなものを指すのかから解説していきましょう。 日本では、民法86条によって、「土地およびその定着物は不動産とする」と定められています。 そのため、普段私たちが生活している家や会社などは、不動産になります。 「土地およびその定着物」とあるように、会社や家・マンションなどは土地の上に建てられています。 土地の上にあり、簡単に動かす事は難しいですよね。 このように、動かす事の出来ない土地の上に建ち、またその建物自体も簡単に動かす事は難しいものを「不動産(動かす事が出来ないもの)」と呼ぶのです。 不動産と動産の違い それでは次に、不動産と動産の違いや範囲について解説していきたいと思います。 不動産を解説する際に、動産というものが出てきます。 不動産と動産の大きな違いは、動かす事が出来るか出来ないかという点です。 不動産と動産の区別を認識しておくことで、不動産について分かりやすくなると思いますので、ここでは不動産と動産の違いとそれぞれの範囲についてご紹介します。 不動産の範囲 まずは、不動産の範囲から解説していきましょう。 不動産は、先ほども解説した通り、簡単に動かすことの出来ない土地や建物を指します。 民法86条に定められている「土地およびどの定着物」が不動産となります。 不動産の範囲について解説していきましょう。 土地に関しては、民法第207条によって「地表を境界点と境界線で区別し、境界線で囲まれたその部分」となっています。

  • 不動産売買でもクーリングオフはできるか?

    一般的に、訪問販売や勧誘などで無理に契約や申し込みをさせられてしまった場合の救済制度として聞くことの多い、クーリングオフ。 実は、不動産売買でもクーリングオフ制度が利用できるのです。 契約したものの、事情が変わり不動産を購入することが出来なくなった場合など、万が一の時の為に知っておくと便利ですよね。 そこで今回は、不動産売買でのクーリングオフについて解説していきたいと思います。 不動産売買でもクーリングオフは可能? 勧誘などで契約してしまった場合の救済制度として有名なクーリングオフですが、不動産売買においても条件によってクーリングオフは可能となっています。 不動産売買の場合は、買主を悪質な売主から守るために、宅地建物取引業法によってクーリングオフを利用できるのです。 不動産の売買契約を締結した後でも、条件を満たしていれば契約を解除することが可能です。 クーリングオフが適用される条件とは では、不動産売買においてクーリングオフが適用される条件とは、どのようなものなのかをご紹介していきましょう。 売主が宅建業者である まず1つ目は、売主が宅建業者であるという事です。 不動産売買においてのクーリングオフは、知識のあるプロの不動産業者が、知識の少ない一般の買主に不利になるような契約をしないようにするために設けられています。 そのため、売主が宅建業者であることが大前提となっています。 売主が個人や宅建業者以外の場合は、クーリングオフの適用対象にはならないので注意しましょう。 買主が宅建業者以外の一般ユーザー 2つ目は、買主が宅建業者以外の一般ユーザーであるという事です。 不動産売買においてのクーリングオフは、一般ユーザーを保護する目的で設けられているので、知識のある不動産会社間での契約の場合は、適用されません。 そのため、買主が宅建業者以外の一般ユーザーであることが条件となっています。 申し込み場所が事務所など以外である 3つ目は、申し込み場所が事務所以外であるという事です。

  • リフォームとリノベーションって何が違うのか?

    最近、お昼の情報番組などでも耳にする「リノベ」という言葉。 それが「リノベーション」です。 これってリフォームと何が違うの?と思っている方多いのではないでしょうか。 漠然と「リノベーション」っておしゃれで今時っぽい!と感じている方もいるのではないでしょうか。 「リフォーム」と「リノベーション」どちらも家を工事するという点においては同じです。 しかし、様々特徴があります!この2つの違いをご説明していきましょう! リフォームとリノベーションの違い リフォームとは? 「リフォーム」は過ごしていくうちに劣化し、汚れたり壊れたりしてしまった不具合箇所を元に戻す工事の事です。 多く例に挙げられるのは、黄ばんでしまった壁紙の張替えや、古くなったお風呂を新しいものに変えるなどがあります。 このように部分的にマイナスとなってしまった箇所を原状回復するという意味で使用されます。 リノベーションとは? 「リノベーション」は原状回復だけでなく、その工事によって新しい暮らし方や憧れを実現できる家に一新するという意味合いがあります。 こちらの例としては、子供部屋の使い道がなくなったため取り壊し1フロアに!そこで夢だったお料理教室を始めたい!など理由は様々ですがこのような大掛かりな間取りの変更などが挙げられます。 居住者のライフスタイルやその時代にフィットした家に「作り変える」というイメージです。 そのため修繕作業だけでなく+αの居住性能や機能面をつける工事が行われます。 リフォームとリノベーションの違い リフォームとリノベーションの大きな違いは「1.工事の規模・期間」「2.工事の目的」となっています。 ではそれぞれの違いについて詳しくご説明していきます。 工事の規模・期間 ・リフォームの場合…劣化部分の取り換えや修繕がメインとなるため大規模な工事を必要とせず、工事期間も抑えることも出来ます。 ・リノベーションの場合…自分自身で一から設計し、工事を行っていくため場合によっては家全体の工事となります。そのため、大規模な工事となり期間も大幅にかかってしまう可能性があります。 工事の目的

  • 賃貸借契約書と重要事項説明書の違いを解説します。

    賃貸物件を契約する際に、必ず目にする書面が「賃貸借契約書」と「重要事項説明書」です。 賃貸借契約書と重要事項説明書は、似たような書面に感じますが、それぞれに特徴や記載内容などが異なり、どちらも重要な役割がある書面です。 そこで今回は、賃貸借契約書と重要事項説明書の違いについて、詳しく解説していきたいと思います。 賃貸借契約書とは それでは早速、賃貸借契約書とはどのようなものなのかから解説していきましょう。 賃貸借契約書とは、その物件に対する契約の基本情報を盛り込んでいる書類の事です。 賃貸借契約書は、宅地建物取引業法第37条の規定に基づいて発行されます。 そのため、別名37条書面とも呼ばれています。 賃貸借契約書は、契約物件の借り主と貸主が、それぞれ記名捺印した上で2通発行し、それぞれが1通ずつ保管しておく書類となっています。 物件の契約を行う際は、必ず賃貸借契約書を発行しなければならないという義務があり、発行しないと契約が成立しません。 賃貸借契約書には、主に下記の内容が盛り込まれています。 ・賃料 ・更新料 ・禁止事項 ・契約の解除 ・解約 ・特約条項 民法改正による賃貸借契約書の変更点 では次に、民法改正による賃貸借契約書の変更点をご紹介していきたいと思います。 民法改正によって、2020年4月1日以降に個人の連帯保証人を立てる場合は、賃貸借契約書において極度額の設定が必要になりました。 賃貸借契約書は、連帯保証契約もセットになっている事が多くあります。 そのため、2020年4月1日以降の賃貸借契約書には、個人の連帯保証人の極度額の欄が新たに設けられることになりました。 民法改正による趣旨は、個人の連帯保証人を守るために改正されたものです。 ですので、法人の賃貸保証会社の場合は極度額の設定は不要となっています。 重要事項説明書とは それでは次に、重要事項説明書とはどのようなものなのかについて解説していきましょう。

  • 賃貸物件のペット可とはどんな動物を飼っても大丈夫なのか?

    賃貸物件に住む時に、ペットを飼いたいと思う人は多いのではないでしょうか? しかし賃貸物件の場合は、ペットを飼う際はペット可物件を探す必要があります。 そこで今回は、ペット可物件とはどのような物件なのかや、どのような動物を飼うことが出来るのかを解説していきたいと思います。 これからペットと一緒に暮らせる賃貸物件を探そうとしている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 ペット可物件の種類 それでは早速、ペット可物件の種類からご紹介していきましょう。 賃貸物件でのペット可物件は、大きく分けて3種類あります。 それぞれ特徴があるので、詳しく見ていきましょう。 ペット相談可物件 まず1つ目は、ペット相談可物件です。 ペット相談可物件とは、基本的にはペットとの入居は想定されていない物件ですが、大家さんへの相談次第ではペットと入居できるか判断してもらえるものになります。 このような、ペット相談可物件の場合は、小型犬や猫ならOKという条件が設けられている場合が多いです。 ペット可物件 2つ目は、ペット可物件です。 こちらが一般的な、ペットと一緒に入居できる想定で作られている賃貸物件になります。 ペット飼育をする前提の賃貸物件なので、大家さんによっては様々な種類の動物にも、対応している所もあります。 ペット同居型物件 そして3つ目は、ペット同居型物件です。 こちらのタイプは、「ペット同居型マンション」や「ペット共生型マンション」という呼ばれ方をすることが多い物件です。 もともと、設計や建築の段階でペットと入居する前提で作られています。 そのため、同じ物件に住んでいる人で、動物が苦手という人がいる事は少なく、住人間で理解が得られるという大きなメリットがあります。 また、共有スペースには、ペット専用の設備が整っている事が多いのも特徴です。 ペット可物件で飼育可能な動物とは? では次に、ペット可物件で飼育可能な動物は、どのような種類なのかをご紹介していきましょう。

  • 「告知事項あり」ってどんな物件?見極める方法とは?

    アパートやマンションなどの賃貸物件や中古の一戸建てを探していると、 「告知事項あり物件」という記載を見ることはありませんか? 「告知事項あり物件」とは、いわゆる「訳あり物件」と呼ばれるものです。 しかし、一口に「告知事項あり物件」と言っても、実際にどのような物件が「告知事項あり物件」なのか、詳しくは分からないという人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、賃貸物件での「告知事項あり物件」とは、どのような物件の事なのかや、「告知事項あり物件」を見極める方法などをご紹介していきたいと思います。 賃貸物件を探す時には、ぜひ参考にしてみてくださいね。 告知事項ありとは? それでは早速、「告知事項あり」とはどのような事なのかを説明していきましょう。 「告知事項あり」とは、賃貸物件として掲載する際に、その部屋や建物内で死者が出たような物件に記載される言葉です。 一般的に、借り主が事前に知っていたら、その部屋に住みたいと思わないような場合に、「告知事項あり」と記載することになっています。 告知事項あり物件とは? では次に、「告知事項あり物件」とは具体的にどのような物件のことを指すのかを解説していきたいと思います。 まず賃貸物件において、仲介業者が告知することを義務付けられている内容をご紹介しましょう。 ・過去に、その部屋や建物内で人が亡くなったことがある ・過去に、事件や事故、火災が起こったことがある ・賃貸物件の近くに、嫌悪施設がある ・賃貸物件の近くに、指定暴力団などの関連施設がある 主に上記の内容に関しては、仲介業者は「告知事項あり物件」として告知する義務があります。 また、火災や自然災害での事件性がない場合と、事件性があるもの、どちらも告知義務は発生します。 嫌悪施設に関しては、葬儀場・火葬場・墓地・産業界器物処理所・刑務所などが含まれます。 告知事項あり物件を見極めるポイント それでは次に、告知事項あり物件を見極める際のポイントをご紹介していきましょう。 告知事項あり物件を見極める際は、大きく分けて2つのポイントがあります。

  • 賃貸アパート・マンションに入居してからのトラブルと解決方法とは?

    賃貸入居後トラブルは実はよくある 引越し手続きや引越し準備!ギリギリまでバタバタなんてことも多いですよね。 やっと、新居に引っ越しができたと思っても内見では気づかなかった困りごと・お悩みが出てくることも多くあります。 2018年の国民生活センターによると、全相談数が約99万件あったのに対し賃貸・マンションアパートに関する相談が約3%となっています。 契約などの問題もあるかと思いますが、今回は入居後の賃貸物件トラブルに焦点を当てて、ご紹介していきます。 よくある入居後のトラブル 設備不良 エアコンや給湯器・お風呂などの設備不良が多く挙げられます。 ・エアコンの電源が入らない ・給湯器のお湯が出ない ・電気がつかないなど内容は様々です。 電気・ガス・水道のライフライン設備は、内見時には止まっていることも多いので入居後のトラブルになり易いです。 入居後にいざお風呂に入ろうと思ったらお湯が出なかった…なんてことにならないようにしたいですね。 環境・騒音などのトラブル 夜になると聞こえてくる近隣の生活音や動物の鳴き声・お友達との集まりなど内容は様々ですが、日常的に続くと思うとかなり厳しいところです。 内見時はお昼だったので気づかなかった…ということも少なくありません。 また、騒音トラブルなどはこじれてしまうとかなり状況を悪化させてしまうこともあるので解決方法にも注意が必要です。 ご近所トラブル 中でも共有スペースの使い方や挨拶などがご近所トラブルになり、慢性化すると嫌がらせを受けるというようなケースも増えています。 ゴミの出し方や、顔を合わせた際に挨拶をしないと言った小さな理由が大きなトラブルに繋がります。 入居前に見極めるのは難易度も高いですが、不動産会社から情報を得るなど、出来るだけ不安要素はなくしましょう。 入居前・入居後にチェックしておくべきこと すべての設備の動作チェックを行う すべての設備を入居後出来るだけ早くチェックを行いましょう。 電気・エアコン・給湯器・水道やガスなど全ての設備が問題なく使えるかどうか動作確認を行います。 問題があれば、管理会社か大家さんに至急連絡をしましょう。

  • 不動産査定とは何を見られるのか?査定方法を解説します。

    不動産を売却する時は、第一歩として不動産会社に依頼してどのくらいの価格で売れるのかを査定してもらいます。 しかし、初めて不動産を売却する際は、どのような手順で査定依頼をすればいいのか分からないという人も多いでしょう。 そこで今回は、不動産査定とはどのようなものなのかや、不動産の査定方法などを解説していきたいと思います。 不動産査定とは それではまず、不動産査定についての解説から始めていきましょう。 不動産査定とは、売りたい不動産を、不動産会社に依頼して「売れそうな価格」を見積もってもらう事を指します。 不動産査定は、不動産を適切な価格で売却するためには必要なもので、査定結果によってスムーズに買い手を見つける事が出来るかが決まります。 不動産査定を行い、査定の結果そのまま売却への手続きに進む場合は、依頼者と不動産会社とで媒介契約を結ぶことになるので、不動産査定は通常、無料で行われることが多いです。 不動産査定では何を見られるのか? それでは次に、不動産査定では、何を見られるのかを解説していきましょう。 不動産査定では、主に「建物の構造種別」「築年数」「床面積」「リフォームの有無」「不具合や修繕の必要性の有無」などの項目が見られます。 また、土地の境界線なども査定項目に入っています。 不動産査定の方法 では次に、不動産査定の方法について詳しく解説していきたいと思います。 不動産査定の方法としては、主に「机上査定」と「訪問査定」の2種類があります。 机上査定 まず1つ目は、机上査定です。 机上査定は、その名の通り机上で行えることだけで査定をする方法です。 主に、売却の検討段階で、おおよその査定価格が知りたいという人向けの査定方法になります。 現地での査定ではない為、実際に建物の雰囲気などがしっかり把握しづらいという点もあります。 戸建の不動産査定よりも、同じような条件の物件が多いマンションの査定に向いている方法と言えます。 訪問査定 そして2つ目は、訪問査定です。

  • 住宅ローンの申込から融資実行まで基本的な流れを説明します。

    住宅を購入する時に、必要になるのが住宅ローンですよね。 住宅ローンは、住宅を購入してから手続きをすればいいと考えている人も多いかと思いますが、住宅ローンを借り入れる為には、様々な手続きが必要です。 そのため、想像以上に時間がかかり、住宅の購入と住宅ローンの申込を同時に行う必要があるのです。 そこで今回は、住宅ローンの申込から融資実行までの基本的な流れを解説していきたいと思います。 住宅ローンの申込や本審査で必要なもの それでは早速、住宅ローンの事前審査や本審査で必要になるものをご紹介していきましょう。 事前審査では、主に借り入れ予定の人の基本情報が必要になります。 まず住宅ローンの事前審査で必要になるものです。 ・運転免許証 ・健康保険証 ・本人確認書類 ・源泉徴収票 ・個人事業主の場合は確定申告の写し そして、住宅ローンの本審査で必要になる書類が下記の通りです。 ・家族全員の続柄の記載がある住民票 ・印鑑証明書 ・納税証明書(給与所得者の場合は住民税決定通知書、個人事業主の場合は申告所得税納税証明書や事業税証明書) ・物件の確認資料(売買契約書・重要事項説明書の写し・建築確認済み証の写し・土地登記事項証明書・土地の公図) このように、事前審査と本審査では必要になる書類が変わります。 本審査では、事前審査より具体的に返済能力を調べるための書類が必要になるという事を覚えておきましょう。 住宅ローンの申込から融資実行までの流れ では次に、住宅ローンの申込から融資実行までの流れをご紹介していきたいと思います。 流れとしては、大きく3ステップに分ける事が出来ます。 それぞれのステップごとに、詳しく解説していきましょう。 購入申込と事前審査 まずはじめに、住宅の購入申込と住宅ローンの事前審査の申込をします。 住宅ローンは、購入してから手続きをすると色々な審査があるため、間に合わなくなってしまいます。 そのため、住宅の購入申込と同時に、手続きを進めていきましょう。

  • 市街化区域と市街化調整区域の違いと購入する際の注意点とは?

    土地などを購入しようとしている際に、市街化区域や市街化調整区域という言葉を聞くことがありますよね。 名前は似ていますが、それぞれに特徴があり、土地などを購入する時に条件があったりするのです。 この市街化区域と市街化調整区域の違いを知らないと、後々不動産を売買する時に予想外の費用がかかるなどの問題が起こる可能性があります。 そこで今回は、市街化区域と市街化調整区域の違いや、購入する際の注意点を解説していきたいと思います。 市街化区域とは それでは早速、市街化区域の特徴から解説していきましょう。 市街化区域とは、市街化を活性化する地域の事を指します。 主に、人が住むための住宅街や商業施設がある市街化された区域の事で、住宅などを建築する際も許可なく行うことが出来ます。 水道やガス・電気などの、基本的なインフラも整っています。 市街化調整区域とは では次に、市街化調整区域の特徴が解説していきましょう。 市街化調整区域とは、市街化を抑制する地域の事を指し、簡単に説明すると「商業施設や人が住むための住宅を積極的に建ててはいけない地域」のことです。 この区域は、都道府県ごとに管理されています。 そのため、市街化調整区域に建物を建てる際は、基本的には都道府県の許可が必要になります。 市街化調整区域で住宅を購入する際の注意点 それでは次に、市街化調整区域で住宅を購入する際の注意点をご紹介していきたいと思います。 市街化調整区域で住宅を購入する時は、大きく分けて3つの注意点があります。 それぞれについて、詳しく解説していきましょう。 インフラが整っていない可能性がある まず、市街化調整区域で住宅を購入する際の1つ目の注意点は、インフラが整っていない可能性があるということです。 もともと市街化調整区域は、市街化を抑制する区域であり、人が住むための整備が積極的に行うことがない地域になるので、電気やガス・水道などのインフラが整っていない場合があるのです。

  • 不動産を借りる時に火災保険の加入は義務なのか?

    不動産を借りる時には、多くの場合は契約時に火災保険への加入を勧められますよね。 しかし、実際に火災保険に加入するのは、義務なのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、不動産を借りる時に火災保険の加入は義務なのかについて、解説していきたいと思います。 不動産を借りる時に火災保険に入る目的とは それでは初めに、不動産を借りる時に火災保険に入る目的から解説していきましょう。 火災保険に入る目的としては、大きく分けて「家財などの補償」と「部屋の原状回復」という2つがあります。 家財などの補償は、万が一火災によって部屋の中にある家財が、壊れたりした場合全てを買い直すのは大変です。 そのような場合に、火災保険で賄うために入ります。 また部屋の原状回復に関しては、借りた不動産を退去する場合は部屋を元通りに戻すというような原状回復義務があります。 様々なケースがありますが、火災の場合も例外ではありません。 通常の原状回復と違い、火災によって損失したものを損害賠償として支払うのは、とても多額になる可能性があります。 そのため、万が一火災が発生した時に、大家さんにしっかり賠償出来るために入るのです。 そもそも、日本では重大な過失による火災ではない場合、火元の家に対して損害を請求することが出来ないという法律があります。 この法律は「失火責任法」といって、この法律により火災の損害は全て自分で何とかしなければならないのです。 そのため、不動産を借りる時には、火災保険に入らないと万が一の時に多額の支払いをしなければならなくなるのです。 このような事を避ける意味でも、不動産を借りる時には火災保険に入るのです。 不動産を借りる時に火災保険の加入は義務? では次に、不動産を借りる時に火災保険の加入は義務なのかについて解説していきたいと思います。 結論から言うと、火災保険への加入は義務ではなく任意となっています。 日本の法律では、不動産を借りる時に火災保険に必ず加入しなければならないという内容の法律はなく、法律上では加入しなくても罪にはなりません。

  • 不動産登記は自分でできる?方法や必要なものを説明します!

    不動産を購入したり、相続をすると必ず行う必要があるのが不動産登記です。 不動産登記は、専門家へ依頼する事が多く費用もそれなりにかかりますよね。 もし自分で不動産登記ができれば、便利だなと感じている人も多いかもしれません。 そこで今回は、不動産登記は自分でできるのかや、方法や必要なものを説明していきたいと思います。 不動産登記は自分でできる? 不動産を購入したり、相続した時に行う不動産登記は専門家に依頼しなくても自分で行う事ができます。 不動産登記を自分で行う場合は、専門家へ依頼する必要もありませんし、専門家への費用も発生しません。 しかし、全ての費用が発生しないというわけではなく、必ず登録免許税が発生するので覚えておくようにしましょう。 また、不動産登記の申請を行う際に、何度か法務局に出向いたり、申請書の不備などが発生した際は修正を行ったりと、素人が行うには、それなりの時間や手間がかかります。 さらに必要書類を揃える必要もあるので、最初は難しく感じるかもしれませんが、私たちが自分で不動産登記の申請を行う事は可能となっています。 不動産登記を行う際に必要なもの それでは次に、不動産登記を行う際に必要なものをご紹介していきましょう。 不動産登記の必要なものは、その不動産をどのように手に入れたかによっても違います。 ここでは、「売買の場合」「贈与の場合」「相続の場合」の3パターンに分けて説明していきます。 売買の場合 まず1つ目は、売買で不動産を手に入れた場合です。 売買の場合は、売主と買主が一緒に不動産登記の申請をする「共同申請」という形になります。 しかし、売主が何らかの理由で一緒に行えない場合は、売主から委任状をもらい買主が法務局に申請に行く事もできます。 ここでの必要なものは、下記の通りです。 ・所有権移転申請書 ・売買契約書 ・権利書 ・売主の印鑑証明書 ・買主の住民票 ・評価証明書 ・登録免許税(印紙で添付) 贈与の場合

  • 不動産を売りたいと思ったら、取るべき行動とは?

    不動産を売る機会は、なかなか頻繁にあるものではありませんよね。 そのため、一戸建てやマンションなどの不動産を売りたいと思った時に、どのような流れで売却したら良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、不動産を売りたいと思ったら、取るべき行動を詳しく解説していきたいと思います。 不動産を売る時の流れとは それでは早速、不動産を売る時の流れをご紹介していきましょう。 不動産を売るためには、いくつかのステップを踏む必要があります。 ここでは、おおまかな流れをご紹介していきます。 不動産の売却に向けて準備をする。 不動産会社に不動産の査定を依頼する。 不動産売却の為の、不動産会社を選ぶ。 不動産会社と媒介契約を結ぶ。 不動産の販売活動を開始する。 買主と売買契約を結ぶ。 引き渡しをする。 不動産売却の翌年に確定申告をする。 不動産を売却する時は、このような流れで進めていきます。 不動産を売る時の方法 では次に、不動産を売る時の方法をご紹介していきましょう。 不動産を売る方法としては、主に「仲介」と「買取」の2種類があります。 それぞれについて、詳しく解説していきます。 仲介 まず1つ目は、仲介で売る方法です。 仲介では、不動産会社に不動産の売却を依頼して、不動産会社が売主に代わって販売活動をする方法です。 インターネットや広告など、色々な媒体を使って、不動産の購入希望者を探すのです。 そして、買主が見つかると契約の手続きから引き渡しが完了するまで、不動産会社がサポートしてくれます。 買取 2つ目は、買取で売る方法です。 買取では、不動産会社が間に入るのではなく、売りたい不動産を直接不動産会社に購入してもらう方法です。 そのため、買主は不動産会社になります。 買取の場合は、仲介よりも不動産が売れるまでの時間が早いという特徴があります。

ブログリーダー」を活用して、masuさんをフォローしませんか?

ハンドル名
masuさん
ブログタイトル
不動産で悩んだときに読んでほしいブログ
フォロー
不動産で悩んだときに読んでほしいブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用