searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

KAZUさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
SOUNDHACK -ミュージシャンのスマートな生き方-
ブログURL
https://soundhack-life.com/
ブログ紹介文
ギター歴20年以上のミュージシャンです。 音楽、英語、プログラミングなどの情報を発信していきます。 ミュージシャンや俳優、お笑い芸人など夢を追っている人や自分の時間をもっと持ちたい人向けの記事を書いていくスタイルです。
ブログ村参加
2020/10/27
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、KAZUさんをフォローしませんか?

ハンドル名
KAZUさん
ブログタイトル
SOUNDHACK -ミュージシャンのスマートな生き方-
フォロー
SOUNDHACK -ミュージシャンのスマートな生き方-

KAZUさんの新着記事

1件〜30件

  • 語学を学ぶ?何の意味があるの?

    それによって、意図が曲解してしまう危険性もあります。 相手の感情も汲み取りづらいですからね。 たかが、コミュニケーション されど、コミュニケーション 自身の考えを自身の言葉で用いてコミュニケーションをすることで相手の気持ちに触れられますから。 日本人同士の会話で『○○さん』と『お前』では

  • 曲の構成で印象は大きく変わる!!

    A→B→サビ→A→B→サビ→間奏(A→Bと同じ進行)→サビ×2 という構成というものが多いですね。 邦楽では定番であり慣れ親しんでいるので、しっくりくる音楽構成です。 『ワビサビ』ですね。 AメロとBメロで溜めて、サビでクライマックスを迎えるという形です。 最後のサビで1音もしくは半音

  • 自己欺瞞に酔いしれると成長はしない【有限な時間を有効に使おう】

    憂さ晴らしにはなるかもしれませんが、そんなことで満足しているようでしたら可哀想といえますね。 そんなことでしか満足できない大したことない人間でしかないと認めているようなものですし、長期的に考えればその人の成長は見込めませんから。 私は、そういう人とは距離を置くようにしています

  • 上手い人は簡単そうに演奏する【無駄な動きがないと音は良くなる】

    簡単そうに弾いているからです!! 簡単そうに見えるということは、無駄な動きがないのです。 無駄な動きがないので、演奏者のイメージしている音がしっかり鳴ってくれるのですね。 この無駄な動きというのが曲者であり、楽器やっていない人が上手いと判断してしまう基準になってしまうことがあります。

  • あえて、レッドオーシャンに飛びこむ?【競争市場にチャンスあり】

    まずは、成熟していること。 このメリットはすでにノウハウがある可能性が高いです。 成功している事例があるからこそ、成熟しているのですからね。 わからないことを調べることができるのは、大変有難いです。 先駆者がいない場合は、ほぼ全てのことを実際に試していかなければいけません

  • 新鮮な景色は創造力を刺激する

    知らないものを純粋な気持ちで触れることが大事です。 それぞれ旅行する際の目的が違うでしょう。 思い切ってはじけて楽しむ、リラックスして休養が目的など。 目的はどちらでも構わないのです。 シンプルに旅行してよかった、と満足感を得られればいいのです。 その満足感は創造力に多大な刺激をもたら

  • ネイティブらしい発音?その必要性はない【発音が良くなる学習法も】

    それにネイティブイングリッシュスピーカーの中でも、様々な訛りがあります。 日本語もみんな同じイントネーションで話しているわけではなく地域性がありますよね? 『ネイティブっぽく』というのは、実は結構曖昧ですし抽象的なのです。 ネイティブ同士でも英語が通じない

  • 英語圏以外の国に住むのに、英語は必要?

    ただ注意しておきたいのは、英語スキルだけあればいいわけではありません。 現地の言葉が使えることがベストです。 やはり、現地の言葉がわからないと不都合もあります。 長期であるほど、その傾向は顕著になっていきますから。 全員が英語を話せるわけではありませんからね。

  • ダンス・ダンス・ダンス!!【音楽は踊るもの】

    踊れば誰もが表現者ですから。 そうやって踊れる音楽を書けるミュージシャンが優れていると私は捉えています。 意識すれば踊れるかもしれませんが、楽しくない音楽にノリなど感じませんからね。 良い音楽とは、聴くとついつい身体を動かしたくなってきてしまいます。 それだけの魅力

  • ギタリストは他のどの楽器の音を主に聴いて演奏する?

    他のメンバーが築いた土台に崩さないようにギターの音を重ねていくといった感じですね。 バンドでは生で音が鳴っています。 周りの演奏は多少なりとも毎回違いは出てくるので、それは自分に新鮮な影響を与えてくれます。 同じフレーズを弾くとしても、その都度バンドの築いた土台に音

  • 渡る世間は勧誘ばかり【利用されるだけの勧誘には特に気を付けよう】

    勧誘には色々ありますが、残念ながら胡散臭いものが多いですよね。 勧誘されたときに自分に利があるかどうかを考えることも重要ですが、相手の本心を知りたいところです。 勧誘された側にしっかりとした利があればいいのです。 win-winが理想ではありますね。

  • アーティストなら様々な経験をしよう【表現力が豊かになっていく】

    他人を完全に理解できないように、曲をコピーするだけでは、そのコピーした曲の同等のものを生み出せないのです。 それぞれの名曲には、それぞれのバックグラウンドがあるからですね。 ノウハウが分かればいいというものではありません。 ノウハウを活かすスキルが必要になってきます。

  • ネイティブ以外と話すと英語力は上がる!!【自由に英語を話そう】

    ネイティブイングリッシュスピーカーと話すのは楽です。 もちろん、英語は流暢なので早いですが聴き取りやすいのです。 また、こちらの発音も聴き取ってくれるので、コミュニケーションが円滑に進みやすいです。 ノンネイティブイングリッシュスピーカーとの会話になると苦労する

  • 演奏することで得られるもの【作曲すればその可能性はさらに広がる】

    どういうときに得られるかというと、良い曲が書けた!!と感じたときです。 まさに奇跡だと思える瞬間です。 それは他人がその曲を聴いてどうこうではなく、主観的なものではあります。 主観的なものではありますが、名曲が生まれたと感じた瞬間は他のことでは形用できないほどの充実

  • 生産性のあるサボりをしよう【罪悪感を感じる必要のないもの】

    全力を出すことは、悪いことではありません。 しかし、全力というのは長続きしないものです。 短距離走のようなペースでマラソンは完走できないですよね? 野球のピッチャーが全力投球だけで完投は不可能ですよね? 目的がありそこに辿り着くために、ペース配分を

  • 毎日更新でブログ100記事公開達成【メリットは大いにある!!】

    100記事あれば商品棚が充実してようやく新規開店!!、といった感じですね。 これまでは収益やアクセスを気にするよりもサイトという『お店作り』に専念していったほうが長期的に見てリターンがあると考えブログ運営してきました。 100記事公開を達成した今、ようやくスタート地点に

  • ギターバンドとしてのレディオヘッドのコピーしたいおすすめ曲5選

    レディオヘッドは実験的なバンドで、ギターバンドとしてデビューしたもののそこから脱却するかのように様々な音楽を創ってきました。 普通のロックバンドとはかけ離れた音楽や楽器構成の曲も多いのです。 今回はあくまで『ギターバンドとしてのレディオヘッド』から曲を選びました。

  • 種まき期の不安【挑戦しなければ何も得られない】

    私はやりつづけるしかないと感じています。 努力し続けても成功するかわかりませんが、やらなけれれば確率は0です。 9割以上が退場するというのをどう捉えるかにもよります。 そんなに退場するのなら無理なものだとするのか、 ライバルが少なくなるからチャンスだとするのか

  • 邦楽を演奏するのは難しい

    洋楽は、実はコピーが容易なものが大半です。 国柄なのか、そこまで精巧に作られているわけではない印象です。 邦楽は、日本人らしいというかまさに作り込まれているといった印象ですね。 邦楽の方が細かいフレーズがちりばめられるのです。 何気なく聴いているフレーズが難易度が高いのです。

  • 食事はバランス、ないがしろにしてはいけない!!

    糖尿病や通風などになってしまったら生活するのが大変です。 私は、糖分、塩分、脂肪分は取りすぎないようには意識しています。 元々、食事の栄養面は意識していたのですが、より意識を高めるようになったのは、スポーツからの影響があります。 スポーツ選手の食事の取り組み方から学ぶことがあったのです。

  • リズムギターはおいしいポジション

    ジョンレノンが『曲をドライブさせることができる』という発言をしたというのを耳にしたことがありますが、まさにその通りでしょう。 リズムギターがバンド全体のノリを作ることができ、曲に立体感が生まれるのです。 音楽の質を向上させる可能性を持ったパートなのです。 曲のことを第一に考えられる人

  • プログラミング学習から得た思わぬ副産物

    プログラミングでは一つのスペルミスでエラーになり、上手く動作しないということがよくあります。 単純なミスですが、最初はそれが原因だと気づくのに時間がかかりました。 そもそも、書いているコード自体が間違っているのではないか?動画サイトを用いて学習をしていたのですが

カテゴリー一覧
商用