searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

花さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
花鳥風月
ブログURL
https://hanahana0916.seesaa.net/
ブログ紹介文
「幸せになる」をテーマに日々交々綴っています。
更新頻度(1年)

11回 / 64日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2020/10/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、花さんの読者になりませんか?

ハンドル名
花さん
ブログタイトル
花鳥風月
更新頻度
11回 / 64日(平均1.2回/週)
読者になる
花鳥風月

花さんの新着記事

1件〜30件

  • 「キレイの連鎖」

    「キレイの連鎖」,*「幸せになる」をテーマに日々交々を綴ります*

  • 「痩せるんだ!と決める」

    「痩せるんだ!と決める」,*「幸せになる」をテーマに日々交々を綴ります*

  • 「蒼空のもと風は吹き川は流れる」

    今日、無事に引越しが終わった。 この1ヶ月、本当に怒涛のような日々だった。 仕事を決め、家を探し‥ それに伴う事務処理や離婚の手続き関係、並行して新しい職場での仕事 猫たちとのお別れ もっとゆっくりでも良かったのかもしれないけど、何かに背を押されるように走っていたと思う。 おかげで、のんびりしていた身体に気合いが戻ったのか10年前よりも鮮明に生きてることを実感出来た。 痩せて体幹が軽いのも…

  • 「さようなら、さようなら」

    1人と1匹になった。 ニャンコ2匹、友達のところへお願いして それぞれお別れした。 2匹…

  • 「持たない主義」

    どうやらわたしは『ミニマリスト』というらしい。 必要最低限な物しか持たないのは昔からで いつ誰が家に来てもスッキリしてるし、「生活感ないよね」と言われる。 見えるところに色々あるのが苦手で 特にキッチンカウンターは、調味料やキッチンツールも引出しなどに入れてある。 その方が上面を拭きやすいからだ。 洗剤なども市販品のパッケージは苦手で 気に入ったボトルに詰め替えて使っている。 (日本製のも…

  • 「キレイ習慣の心得」

    減量中から、今も続けている事を書いてみました♪ *1日に水を最低2ℓ飲む(又はお白湯)そしてトイレに行く!     水は、内臓機能を使わず吸収されます(お茶はカテキン等と分解が必要) わたしで、水分量50〜53% お肌潤うようになったのか、冬のカサカサがなくなりました *睡眠を大事に!    十分な睡眠を取る方が痩せやすいです。 それも、寝る時に『空腹』であることがとても重要。 消化するもの…

  • 「一期一会」

    離婚届提出しました。 出張から帰ってきた夫と役所へ行き提出。 なぜかそのあと2人でランチをし、今後のことをお互いに報告しあって 「今までありがとう」となりました。 約10年間のお付き合いでしたが 最後はドロドロにならずで良かったです。 *** 今はまだ何の感慨も湧いてきませんね。 そんなものなのかな‥。 もう何年も前からずっと目を背けていて、ここに来て結論出した感じです。 平行線…

  • 「女ぶらりで嵐山」

    連日のTODOが続く中、昨日はちょっとお休みして友達と嵐山へ。 誓願で有名な神社『野宮神社』…

  • 「武装準備」

    数年ぶりに勤めに行きます。オフィスでデスクワークです。 この数年はずっと飲食業で働いていたから、ちょっとドキドキの事務仕事(・_・; でもお仕事頂けて働かせて貰えることに感謝して頑張ろうと思います。 そこで気合い入れるのに武装します!

  • 「月曜断食」

    今のわたしを形成する大きな要素として、ダイエットで17kg痩せたことが外せません。 2018年8月27日48歳の時、月曜断食を開始 身長164㎝ 体重66.7kg 体脂肪40.6% 10ヶ月後→体重49.4kg 体脂肪20.8%

  • 「断薬」

    4年前に「鬱」と診断されて、それから欠かさず抗鬱剤と眠剤を飲んでいた。 酷く落ち込みが激しくて、夜も眠れず自分を卑下するようになって 仕事も出来なくて家に引きこもって、時には泣いて自分を責めるような症状だった。 そんな時、気分が少し楽だった日に書店を訪れた。 隣にあるペットショップを覗くと生後2ヶ月のミニチュアダックスの男の子と目があった。 それが運命の出会いで、今わたしのかけがえのない存在…

  • 「幸せの在り方」

    「人生の岐路」幾度か経験したけど、今回は12年ぶりと記憶している。 前回は長く住んでいた大阪から出て京都へ移り住んだ時だった。 忘れもしない、季節は秋に入った頃『銀閣寺』へふらりと訪れた時 東山の頭上に広がる青く高い空、ゆったりした時が巡っている京都 先人たちの積み重ねてきたものを肌で感じ素直に「ここに住みたい」と思って 翌日には不動産屋さんを訪れていた。 ーーーあの時も苦しかった。 「幸せにな…

カテゴリー一覧
商用