searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

池乃堀正太郎さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
アマゾン現役社員の池乃堀正太郎、かく語りき
ブログURL
https://ikenobori.com/
ブログ紹介文
キャリア磨きに力を入れたい人へのアドバイスです。
更新頻度(1年)

27回 / 32日(平均5.9回/週)

ブログ村参加:2020/09/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、池乃堀正太郎さんの読者になりませんか?

ハンドル名
池乃堀正太郎さん
ブログタイトル
アマゾン現役社員の池乃堀正太郎、かく語りき
更新頻度
27回 / 32日(平均5.9回/週)
読者になる
アマゾン現役社員の池乃堀正太郎、かく語りき

池乃堀正太郎さんの新着記事

1件〜30件

  • 想定外結果の発生メカニズムを、持論⇒議論⇒理論⇒自論のアプローチで分析しよう。

    これまではリーダーシップスタイルに触れてきました。最後の記事で述べましたがリーダーシップのスタイルには正解はありません。どんな手段を使っても組織を束ね導きたい方向へリードすることができればそれはリーダーとしての役割を果たしたことにつながります。 では優秀なリーダーとそうでないリーダーの違いはどこに現れるのか。時間とマグニチュード(影響度)という視点で考えてみたいと思います。 まずは時間について。ここでいう時間のイメージはリーダーとして舵を切り組織を束ね成果を上げるまでどれくらいかかるのかを指しています。いくら優れたリーダーシップを発揮したといえ、リーダーが思い浮かべるビジョンを組織に浸透させそ…

  • 歴史あるリーダーシップの研究(その5)

    今日は5つ目のリーダーシップスタイルの紹介となります。ちなみに前回はTransformational Leadershipについて説明しました。 今回はEmpowering Leadershipについて触れます。Enpoweringとは部下に権限を移譲したリーダーシップのことです。セルフリーダーシップ、フォロアーシップ、シェアードリーダーシップなどのスタイルに近いものです。Enpowering Leadershipが成り立つ考えは、心理学などの理論で説明ができます。 例えば、Self-management(自己管理)という概念が臨床心理学で提唱され*1、これが組織に適用されたと言われています。…

  • 歴史あるリーダーシップの研究(その4)

    前回までいくつかのリーダーシップの体系をお伝えしてきました。今日は4つ目のリーダーシップ、Transformational Leadershipについて説明します。 前回、Transactional Leadershipを説明しましたが、Transformational Leadershipはこの対比で整理すると分かりやすくなります。前者は労働に対する対価という交換という関係を重視するものです。後者はリーダーのカリスマ性によるビジョンを重視するものとなります。よって、部下は報酬などに期待して行動を起こすのではなくカリスマ性に惹かれて自発的に能動的に行動を移すことが期待されます。 Transac…

  • 歴史あるリーダーシップの研究(その3)

    今回も前回に引き続きリーダーシップについて述べたいと思います。前回の記事にはリーダーシップの定義の1つであるDirective Leadershipについて紹介しました。 今日は3つ目のリーダーシップである、Transactional Leadershipについて触れたいと思います。Transactionalとは言葉通り取引という意味です。取引ベースのリーダーシップというわけですが、何と何を取引するのかと言えば、部下のインプットと対価としてのアウトプットです。つまり部下のインプットを引き出し、その対価としてアウトプットを与えるようなリーダーシップです。 このTransactional Lead…

  • 歴史あるリーダーシップの研究(その2)

    今回も前回に引き続きリーダーシップについて述べたいと思います。前回の記事にはリーダーシップの定義の1つであるAversive Leadershipについて紹介しました。 今日は2つめのリーダーシップ、Directive Leadershipについて紹介します。Directiveとは指示的なとか指導的なという意味がありますので前回のAversive Leadership(嫌悪的)よりもメンバーがリーダー従う理由が伴っています。 Directive LeadershipのベースはPosition Power(権力)やLegitimate Power(正当性)から来るものです*1。組織の上の人が言う…

  • 歴史あるリーダーシップの研究(その1)

    今回も前回に引き続きリーダーシップについて述べたいと思います。前回の記事にはリーダーシップの定義やリーダーとマネジメントの違いなどについて触れました。今回はリーダーシップの種類について深堀りしていきたいと思います。 皆さんはリーダーシップにいろんな種類のスタイルがあることを実践的に経験して知っていると思います。ただ体系的に調べたことが無いという人は多いのではないでしょうか。こちらの論文を使って*1リーダーシップの種類について見ていきたいと思います。 この論文では主にShared Leadership(シェアードリーダーシップ)の有効性について述べているものです。このリーダーシップは肩書や役職に…

  • 【番外編】プライムデーまで残りわずかです。

    残り時間わずかとなりましたプライムデーですが、おかげ様で本当に多くのお客様から購入いただきました。初日のApple Mac Bookはあっという間になくなってしまいましたが、まだ魅力ある商材がたくさん残っています。いずれももうすぐ欠品になってしまうかもしれません。24時になると価格はもとに戻ってしまいます。もし気になる方はページだけでも見て頂ければうれしいです。引き続き応援どうぞよろしくお願いします!! 【Amazon.co.jp限定】ルンバ 692 アイロボット ロボット掃除機 WiFi対応 遠隔操作 自動充電 グレー R692060 【Alexa対応】 最大幅340 x 高さ92(mm)発…

  • 【番外編】もうすぐプライムデーが始まります。プライムデーで売り上げる金額とは。

    あと1時間ちょっとでアマゾンの一大イベントであるプライムデーが始まります。プライムデーとはプライム会員に向けた一年に一回のビックセールのことです。これを楽しみにしてくれているお客様はたくさんいます。本当に有難いことだと大変感謝しております。 私も裏方でイベントをサポートしています。セールは48時間走り続けますが次々に新しいディールが走るので油断なりません。そしてセールであってもデリバリー(配送)も妥協しません。早い人は明日中にモノを手に入れることができます。買ったモノはいち早く欲しいですから。皆さんに最高の購買体験を提供できますように。私も一社員としてプライムデーを楽しみたいと思います。 あく…

  • リーダーシップを発揮し仕事で成果をあげよう。そもそもリーダーシップとは何か。

    これまではどのような仕事を選ぶのかについて述べてきました。危機感や切迫感を抱き仕事を選んでいるのか、そうでなければ自分の仕事の振り返りが不十分か、歴史観や人生観の磨き込みが不十分か、と述べました。 いよいよこれからは選んだ仕事でいかに成果を上げていくのかについて述べていきたいと思います。主にはリーダーシップの話となります。さてリーダーシップとは何でしょうか。定義の1つとして以下のようなものがあるようです。 Leadership is an interaction between two or more members of a group that often involves structu…

  • 仕事を取りに行くために必要なもの。危機感や切迫感は抱いているか。

    これまでのまとめを一旦行いたいと思います。まず第一線で活躍するビジネスリーダー、つまりキャリア上で成功するビジネスリーダーになるためにはどんなポイントを押さえておかなければならないかをこれまで中心に述べてきました。 どの参考書にも、どの本にも、どんな論文を見ても掲載されていない独自のものです。私のキャリア上の経験を踏まえて描いています。このフレームワークでは8つの視点を提示している点が1つの特長かなと思います。 そしてこれまで①と②について触れてきましたが、ここで言いたかったのは、仕事選びに妥協していないかという点です。あくまで自分が主体的になって、自分で行くべき道を決めているかです。この図を…

  • 未来は予見できるし作り出せる。そのための心構えとは。

    未来は予見できるという話をここでしましたが、実は似たようなことが昔から本でも語られているってご存じでしょうか。 私の手元にある本に、このような一説があります。 心は、創造の達人です。そして、私たちは心であり、思いという道具をもちいて自分の人生を形づくり、そのなかで、さまざまな喜びを、また悲しみを、みずから生み出しています。私たちは心の中で考えたとおりの人間になります。私たちを取りまく環境は、真の私たち自身を映し出す鏡にほかなりません。『「原因」と「結果」の法則』ジェームズ アレン (著) P1 これは1864年に英国で生まれたジェームズ・アレンが書いた著書です。ナポレオン・ヒルやテール・カーネ…

  • 雇用と求人のアンバランスがからむ複雑な社会現象

    ここ数年、正社員の求人募集が少なく就職活動は困難を極めています。 昨今の就職活動は、さながら椅子取りゲームの様相です。 慢性的に雇用が確保できていない分野もあります。特に医療や福祉、介護の分野では常に人手不足です。 雇用と求人のアンバランスがからむ、複雑な社会現象となっています。 今後、福祉や介護の分野ではAIや高度な機械化が進めばもしかしたら人手不足の解消は劇的に進むかもしれません。 しかしそこで溢れた人手の行先きが無く、雇用と求人のアンバランスは更に拡大する可能性があります。 このアンバランスはどういうメカニズムで生まれるのか。この本を記述を参考に考えましょう。 1920年に農業の機械化で…

  • 松下幸之助氏に学ぶ。未来を予見するとはどういうことか。

    今回は下記の続きです。 前回は歴史から学ぶことの意義についてお伝えしました。その話の流れで、歴史は、世の中には普遍的な法則があることを教えてくれる、ということに触れました。同じようなことを有名な経営者、松下幸之助氏がこのように述べています。 私は自分の経営の秘訣というようなことについて質問を受けることがあるが、そういうときに「別にこれといったものはないが、強いていえば、"天地自然の理法“に従って仕事をしていることだ」という意味のことを答える場合がある。 (中略)限りなき生成発展というのが、この大自然の理法なのである。だから、それに従った行き方というのは、おのずと生成発展の道だといえよう。それを…

  • 仕事を辞める前にやるべきこと。自分を見つめなおす時間を確保しよう。

    やりがいを感じ始めていた仕事のはずが、ある時ふとした経験からつまづいて、仕事を辞めたいと思うようになるという事例は少なくありません。 職場環境が悪いままの状態で仕事を続けていくことは、精神的にもつらいものです。 うつを発症したり、体調を致命的に損ねてしまったりということもあります。 ただそういった場合でも仕事を辞めることがその解決策になるとは限りません。 転職先でも同じ経験を繰り返す可能性だってあるかもしれません。 そういった苦しい状況を回避したいことは理解できますが、仕事を辞める前に、他の解決策も探してみたいものです。 解決策の1つは、仕事を暫く休むという方法です。 メンタル面で行きづまって…

  • キャリアの独自性が見えているか。読書などにより歴史観や人生観を洗練し自己効力感を倍増させよう。

    先日、キャリア磨きに必要な8つポイントをフレームワークに整理してみましたが、今日はその2つめ、「キャリアの独自性が見えているか。読書などにより歴史観や人生観を洗練し自己効力感を倍増させよう。」について述べたいと思います。 ちなみに、1つめのポイントについては、こちらにまとめましたので参考になさって下さい。 さて今回は歴史観や人生観とキャリアの関係性についてです。歴史は好きって人いるかもしれませんがそれが自分の人生観やキャリアにどう反映されるのかって考えたことがある人は意外に少ないかもしれません。 歴史を通じて物事を多面的に見て判断するトレーニングになる 歴史を学ぶことの意味がどこにあるのか。そ…

  • 今までの記事のまとめ(2020年10月2日現在)

    このブログでは20年のキャリアを通じて私が学んだ事や経験した事を、できるだけ多面的に、できるだけ分かりやすく、参考となる本や学術論文などを交えながら、楽しくお伝えできればなと思っています。どこまでお伝えできているか分かりませんが、皆さんのキャリア形成に立てば幸いです。 キャリアについて 自己研鑽ってなぜ必要なんだろう、ビジョンって持つ必要はあるんだろう、仕事ってどういう切り口で選べばいいんだろう、転職ってどのタイミングで考えればいいのだろう、などなど自分のキャリア磨きに悩みはつきものです。このカテゴリーではどのような考え方や行動がどのようにキャリアに影響を与えるのかを8つのポイントについて説明…

  • 第二新卒の転職活動。メリットとデメリットについて

    第二新卒とは、新卒で就職をして働き始めてから3年以下の人を指します。 企業として、第二新卒は基本的な研修をさせずとも社会人としての基礎を既に習得しており、かつ若いという魅力がある存在です。 第二新卒が意識しておいた方がよい特徴があります。 まずメリットは、若いうちの転職でキャリアを変更しやすいことがあります。 一旦就職をした会社でも、期待していた環境と異なっていたなら、若いうちなら1度ご破算にしてしまって、次の転職先を探すこともできます。 既に一度、社会人としての経験を積んでいることは、企業にとっても魅力的なことであり、新卒の頃とはまた違う視野の広さで将来設計が可能です。 一方、その反面、第二…

  • 仕事を辞めたくなった。自分だけが理由ではない。

    仕事を持つ人が、辞めたいと感じる理由は人それぞれです。 小さい頃からなりたいと思っていた仕事を、努力を重ねてようやくなったとしても、辞めたいという気持ちが全くないとは言えません。 人間ですから嫌なことに遭遇したら辞めたくもなるでしょう。 これまでは順風満帆だった仕事でも、ちょっとした歯車のかけちがいから辞めたいと思うようになることもあります。典型的な例は人間関係です。 仕事の内容自体に問題はなくても、会社内での一緒に働いている人との相性問題などで仕事を辞めたいという人もいます。 当然、仕事の中身にやりがいを実感することができなかったため、辞めたいと思う人もいます。 旧態依然の会社の制度もあるで…

  • 修羅場体験がなぜキャリアにプラスに働くのか。

    先日、修羅場体験がキャリア磨きにプラスに働くことを書きました。 ikenobori.com これは思いつきで言った話ではありません。実はこれは経験則的に会社の人事なども理解しているため、社内異動やローテーションを使って、優秀な次世代経営者に育てたい中堅・若手社員に敢えて厳しい職場環境に送り込んだりもしています。GEはこのような意図的な人事異動をすることで有名です。 では修羅場体験がキャリアになぜプラスになるのでしょうか。追い込まれた状況ではモグラたたき的な対応では解決策にはなりません。すべてのステークホルダーがハッピーになるシナリオはそもそもあり得ないのです。そうすると何かを犠牲にして成果を得…

  • 円満退職のポイントは段取り。そして誠意をもって対応すること。

    どうせ退職するなら円満に退職したいものですが、時と場合により思い通りにはいかないものです。 これは私の経験ですが、前職、前々職で退職する際には思い通りにいかない事がたくさんありました。そして必ず想定外の事が起きます。 1つはお世話になった上司に会社を裏切るのか、的なことを言われたこと。これは私にとっては想定外でした。 あとは辞めないように、希望のポジションを聞かれるなど時間稼ぎをして、退職届を受け取らないようにされたこと。この作戦を取られた時は一度考えるなど誠意ある姿勢を見せた上でやっぱり自分のために、と退職を申し出るなどの調整も必要になるかもしれません。 いずれにせよ、退職願いを出す際は、す…

  • 仕事上の期待成果と実績を対比しているか。目標達成が楽になったら別のキャリアを検討しよう。

    先日、キャリア磨きに必要な8つポイントをフレームワークに整理してみました。今日はその1つめ、「仕事上の期待成果と実績を対比しているか。目標達成が楽になったら別のキャリアを検討しよう。」について述べたいと思います。 ikenobori.com キャリア磨きをするうえで、一番意識をしないといけないこと、それは楽な道を選んでいないか、これに尽きると思います。筋トレやジョギングなどのエクササイズに似ているかもしれません。有酸素運動のゾーンでエクササイズを続けると、筋肉や心拍できますよね。この感覚です。 誰でも、最初は四苦八苦していた仕事も慣れてきて3-4年すると一人で簡単にこなす事ができるようになりま…

  • 模擬面接の重要性。

    就職活動で上手くいかない人には共通していることがあります。 それは圧倒的な準備不足です。 希望する会社の面接を受ける前には必ず模擬面接を受けて下さい。 模擬面接の指導を受けることで、自分自身の弱点が本番前に把握できるからです。 模擬面接でうまくやりとげることができれば、本番の面接の成功に自信やその経験が役立つでしょう。 模擬面接によって、面接という場に慣れることで緊張の度合いを減らすことができます。 模擬面接は、学生同士3人1組でできます。 1人は面接官役、1人はやりとりをチェックする観察者役になりましょう。 面接官役に大学の就職支援の職員になって指導してもらうというのも良い方法です。 実際の…

  • 第一線で活躍するビジネスリーダーになるために抑えておきたいポイントをフレームワークで整理してみた。

    第一線で活躍するビジネスリーダーになりたい、大学卒業して就職した人はみんな一度はこのような気持ちになったはずです。だけどいつの間にか、会社の慣習に振り回され、先輩社員にイジられ、同期と仕事で差をつけられ、しまいには後輩に成果を取られてしまう。それでも、社会のため、お客様のため、何より生活していくために、本を読んだり、ビジネススクールに通ったり、資格を取ったり、いろんな事に挑戦している人は多いのではないでしょうか。 かくいう私ももう40台半ばになりますが勉強の毎日。スキルに直結する勉強はもちろん、歴史や経済学などの本もたくさん読みます。モチベーション維持のために、マインドフルネスや瞑想、体力維持…

  • 収入が下がる職業と上がる職業。機械に置き換えられる仕事はやめよう。

    職業によって収入は違います。技術の進歩によって、人の手でしてきた仕事がどんどん機械化されています。そういった仕事は今後収入が下がると言っていいでしょう。 機械化が進みそうな仕事は何でしょうか。主に単純作業の仕事がそういった状況になりやすいと考えればよいでしょう。コンビニの店員や事務作業、税理士や弁護士の仕事も将来は機械化に置き換えられる可能性だってあります。 では、逆に給料が下がらない、または上がる職業を予想することができるのでしょうか。 その人だからお金を払っても良いと思えるような職業は収入が下がらない、収入が上がるということが十分に考えられます。 お笑い芸人など、話術を売りにしている人は、…

  • 仕事によってモチベーションって変わるよね。それってなぜだっけを考察してみた(後半)

    前回の振り返り 前回見てきたように、仕事に対するモチベーションは「仕事内容(関心度)」と「仕事の役立ち度(功利性)」に大きく左右されると説明できそうです。例えば、仕事の経験が少ないキャリア初期は「功利性」よりも「関心度」に敏感である一方で、キャリア中期を迎えると、「関心度」よりも「功利性」という仕事に対する成果に重きを置いている、ことが分かります。このように、キャリアとモチベーションはお互い何らかの相互作用を受けながら常に変化していると言えそうです。次節では仕事に対するモチベーションへの更なる深堀、「仕事に対するモチベーションの源泉は何なのか」を明らかにしていきたいと思います。 前回の記事はこ…

  • 仕事によってモチベーションって変わるよね。それってなぜだっけを考察してみた(前半)

    ここでは、仕事に対するモチベーションが時間経過や環境変化によりどう変化するのか(すべきなのか)、またそのモチベーションの源泉はどこから生まれるのか(生み出さないといけないのか)を、自らのキャリア変遷を通じて考察してみたいと思います。 考察に当たり、最初に自らの15年に渡るキャリア変遷を説明します。併せてそのキャリアに応じて仕事に対するモチベーションがどう変化していったか、市川伸一の学習動機*1を参考にしたモチベーションマトリックスを使ってそれを整理してみたいと思います。 次に、この自らのキャリア変遷を通じて醸成された「モチベーションの源泉」という問題意識に触れてみようと思います。更に、この「モ…

  • 転職で何を求めるか。年収が上がる人は全体の3割。

    転職で年収が上がる人は全体の3割。残り7割は年収ダウン?!転職で何を得たいのかをしっかり考えよう。家族の理解も必要です。 転職活動は30代後半に特に増えるようですが、一方求人はどのくらいあるでしょう。 職務に対する正当な評価が得られていない、実績をあげていても待遇が良くならないなどで転職を考える人もいます。 現在の雇用条件からのステップアップを望んでの転職を考えるケースが殆どであると考えられます。 実際に転職後に年収が上がった割合は全体の3割程度です。 転職後に年収が前職よりも下がった割合が4割強というデータもあります。 不景気の影響で業績悪化に苦しむ企業は多く、転職によって収入を増やすことは…

  • 面接の心構え。いつもの自分が出せるようにしよう。

    最も就職活動で重要な目的は、面接を成功させることだといえます。完璧な履歴書を仕上げていても、企業研究が万全だったとしても、面接がうまくできなければ就職に意味がありません。全力を尽くす必要があるのが、面接というものです。実際に面接の場に向かう前に基本的な身だしなみをまずきちんとチェックしたり、携帯電話の電源を切るなどは必ず行ったほうが良いでしょう。就職では大事なポイントとなるのが、社会人として必須のマナーを身につけているかどうかです。入退室の動作や椅子の座り方まで、一つ一つの動作に気を抜かないことです。緊張しすぎるとうまく出せないことがあるのが、いつもの自分です。自分なりのリラックス方法や物怖じ…

  • 就職セミナーとは。色々なスタイルがあることを知ろう。

    就職活動をしたことがある人は、就職セミナーに一度は足を運んだことがあるのではないでしょうか。就職セミナーは、限られた時間の中で就職活動をする時に便利なものです。就職セミナーを開催している企業はとても多く、種類も色々なものがあります。幾つかの就職セミナーに行くことで就職活動の雰囲気にも慣れてきますし、自己PRの方法や気をつけたいことは何かなどか見えるようになります。就職セミナーで人気なのは、企業博覧会のような大きな会場にたくさんの企業とたくさんの学生を集めて行われるものです。普通は何週間もかかる選考過程をカットし、エントリーから説明会の実施、面接までが1日で済んでしまう就職セミナーもあるといいま…

  • 就職活動と筆記試験対策。タイムリーな情報に敏感になろう。

    今回は、就職活動と筆記試験対策についてです。筆記試験は、就職活動時に書類審査の次に行う、最初のとっかかりの試験です。まず筆記試験対策についてお話しましょう。就職活動において筆記試験というのは、就職希望者を絞り込む時に大変便利です。求人情報サイトは、就職活動に取り組む新卒者のための情報サイトです。筆記試験の結果は面接の結果などと組み合わせて最終的に採用者を決めます。対策方法としては、学力は普段からの努力が実を結びます。特に時事問題は、普段から新聞を読んだりニュースに関心を持つなどして、知識を深めているかどうかが鍵となるでしょう。時事問題に関する小論文があったとしても、自分なりに表現できるくらいの…

カテゴリー一覧
商用