searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Pontafamiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

ブログで我が家のこだわりポイントを紹介します。 そんな我が家のポイントです。 ☆災害に強い頑丈な家 ☆パブリックゾーン・プライベートゾーンを明確に分ける ☆家事動線を短くする ☆勉強スペース確保(子供のため・私の趣味) ☆ダーツスペース確保(私と妻Pomkoの趣味) 家を建てようと考えている方に対し、少しでも参考になれば幸いです! お気軽にご意見・ご感想頂ければ嬉しいです。

ブログタイトル
PontaとPomkoの新築ブログ
ブログURL
https://pontafami.com/
ブログ紹介文
Ponta、妻Pomko、娘Pom姫(1歳)との3人家族です。 2019年11月に念願のマイホームを建てました。 家を建てようと考えている方に対し、少しでも参考になれば幸いです!
更新頻度(1年)

14回 / 28日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2020/06/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Pontafamiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Pontafamiさん
ブログタイトル
PontaとPomkoの新築ブログ
更新頻度
14回 / 28日(平均3.5回/週)
読者になる
PontaとPomkoの新築ブログ

Pontafamiさんの新着記事

1件〜30件

  • 【Web内覧】キッチン(食器棚)

    今回はシステムキッチンの対面にある食器棚についてご紹介します。システムキッチンはトクラス製でしたが、こちらはLIXIL製にしました。カウンタータイプと吊戸棚を導入。カウンターの上には調理家電を並べています。

  • 【入居後の使用感】1年点検前アンケートが来た

    先日、ヘーベルハウスから1年点検前のアンケートが送られてきました。項目は「現在気になる点・お困りごと」「お住まいのご感想」。家の中を隅々確認して気になる点を洗い出してから記入します。1年点検、どんな感じになるんやろう。。

  • 【どっちにする?】ロング浴槽VSエコベンチ浴槽

    今回は浴槽の形状について検討した内容をご紹介します。エコベンチ浴槽を選ぶこともできましたが、我が家はロング浴槽を選択。節水・半身浴というエコベンチ浴槽のメリットに価値を見出せませんでした。

  • 【入居後の使用感】LDKへの2WAY動線

    今回は、来客に好評の玄関2WAY動線の使用感について述べたいと思います。我が家は家族用(シューズクローク)・来客用玄関を備えています。これにより、LDKへの動線が2WAYとなり使い勝手のよい玄関となりました(^^)

  • 【入居後の使用感】妻が高熱で倒れた時

    先日、妻が39 ℃の高熱で倒れました(コロナじゃなかった)。娘の面倒と妻の看病、ワンオペしてましたが、やっぱりキツイ!その中で新居で良かった点を紹介したいと思います。

  • 【入居後の使用感】雨の音が聞こえない?

    我が家は余程の土砂降りでない限り雨の音が聞こえません。娘の泣きわめく声も外に聞こえにくいので安心して子育てできます(^^)ただし、雨の音が聞こえないので、シャッターを開けて外を目視確認しないと天気がわかりません。

  • 【入居後の使用感】玄関の手摺

    玄関に手摺は付いているのですが、もう1箇所付けてもよかったかなーと思っています。 手摺のない側で靴の脱ぎ履きをしていることが多いためです。 これから玄関のレイアウトをご検討される方は、手摺についても考えてみてくださいm(_ _)m

  • 【入居後の使用感】ルンバ基地

    我が家はダイニングの収納スペースにルンバ基地を設けました。 収納内部なので、普段は存在感ゼロになります。 ルンバ基地にするためにはコンセント設置・収納扉(折れ戸)下部15 cmは空けておく必要があります。

  • 【入居後の使用感】在宅勤務

    新型コロナウイルスの影響で、3~5月は週に数回在宅勤務してました。 2階の廊下で仕事してました。廊下に設けたデスクカウンター、会社よりも広ーくスペースが使えて捗りました。 保育園が休園だったため、妻と1歳の娘も家にいましたが、1階と2階で分かれて過ごしたので仕事中はお互い干渉することがなく、 とても仕事しやすかったです。

  • 【入居後の使用感】ホワイトボードは付けてよかった

    2階の廊下にホワイトボードを付けています。幅約1350 mm、高さ約2400 mm。結構な量の文字を書くことができます。スマートフォンを使えばPDFスキャンできて便利!今は1歳の娘の落書きスペースになっています。

  • 夫婦で財布は分けない

    我が家は夫婦で財布を分けていません。 Pontaが稼いだお金も妻Pomkoが稼いだお金も「家族のお金」です。 お小遣いもなし。 主にPontaが支出担当ですが、不公平感全くないです。

  • 【どっちにする?】USB付コンセントを付けるか否か

    今回はUSB付コンセントの検討結果についてご紹介します。USB付コンセントがあればモバイル端末充電の時便利!なわけですが、我が家では一切付けませんでした。

  • 【WEBカタログ】シューズクロークのコスト公開

    シューズクロークのコストをご紹介します。広さは1帖と、決して広くありません。その分面積が減って、壁クロス等は安価になります。やはり窓・ドアがコストの大半を占めます。

  • 【やってみた】ホットクックで料理してみた

    今回は新居じゃなくて、ホットクック(家電)を紹介します。SHARP製で、具材を放り込んでスイッチを押すと、一定時間後に料理が完成している、という代物です。購入理由ともう一つなところを紹介します。

  • 【資料集】トラブル事例集

    新築するにあたって、ハウスメーカ・不動産屋と契約~着工~引渡しは長い道のりですよね。 本記事では、我が家新築時に起きたトラブルを一覧にしてご紹介します。 ※今さらこの場でクレーム・批判をしたいわけではないです。 ご検討中の方の何かの足しになれば、と思い本記事を書きましたm(_ _)m

  • 【どっちにする?】リビングの窓:掃き出しVS腰高

    リビングに付ける窓、掃き出し窓と腰高窓で悩みましたが、結論としては我が家は腰高窓を選択。掃き出し窓を付ける方が多いですが、個人的にはメリットを感じず。腰高窓、意外とイイですよ(^^)

  • 【WEBカタログ】子供部屋のコスト公開

    子供部屋のコストをご紹介します。広さは9帖!広くてベビーサークルを置いても余裕です。将来的に2分割を想定しています。コストの大半を窓が占めています。分割対応のために、2セット付けているためです。

  • 【どっちにする?】手洗いVS食洗機

    我が家は食洗機を導入しましたが、洗い物の量が少ない時はどっちで洗うか悩みます。 今回はどちらがオトクなのか考えてみました。結論から言うとラクになってるか微妙。。時間をお金で買えるのはGOODなのですが

  • 理想の注文住宅を建てるのに必要なこと7選

    ヘーベルハウスで建てた経験から、注文住宅を建てるのに必要なことを7つご紹介します。 とにかく、家が建ち始める前に問題点は潰し込む!!ってことに尽きます。。。ここに注力すればするほど、より良い家になることは間違いないです。

  • 【Web内覧】子供部屋

    最も広い9帖の子供部屋。可動式収納で2つの個室に分割できるよう、窓やコンセントを左右対称に2セット設置。子供部屋といいながら、ライフステージに合わせて変化する部屋です。

  • 【資料集】我が家のコンセントマップ

    我が家のコンセントマップをご紹介します。全部で71ヶ所(1階:39ヶ所・2階:32ヶ所)付いてます。予備(が多いですが汗)も含めて、全ての箇所に用途が決まっています。

  • 太陽光発電(ほぼ毎日更新)

    我が家では太陽光発電を採用しています。 このページでは、太陽光パネルの発電量を定期的(できれば毎日)に更新し、パネル設置後検討の方の参考になればと考えています。

  • 【Web内覧】洗面所(後編)

    洗面台はLIXIL製を採用。水栓が上から伸びているので、洗面台が広く使えるし何より掃除がラク!正面の窓は三面鏡になっており…窓はベランダに出るための掃き出し窓一箇所のみ。コストその他の理由から、他の窓は不要と判断。詳しくは、「【どっちにする?】トイレと浴室に窓は必要か」を参照ください。

  • 【どれにする?】外壁は何色にする?デュラ光とは?

    外観の印象を決める外壁色。我が家は汚れが目立ちにくいグレー系の色を選定…最後は現地現物確認で納得のいく色に決めました。ちなみに、光触媒コーティングのデュラ光は不採用。なぜなら…

  • 【どっちにする?】露出配管か隠蔽配管か(エアコンのお話)

    注文住宅でエアコンを設置する場合、露出配管(外壁に沿って冷媒配管が付いている)だけでなく、隠蔽配管(壁の内部に配管を埋め込む)も選択できます。 隠蔽配管にすれば、外壁に配管が出てこないのでスッキリ!日差しによる劣化も防げます!ですが、、、デメリットも…

  • 我が家の間取り設計フローチャート

    我が家の間取り設計の考え方を紹介します。超高額な買い物なので検討漏れがないように努めました。STEP1:現状の困りごとを洗い出す⇒STEP2:新居での解決構想を考える⇒STEP3:困りごとは解決可能か⇒STEP4:解決案に裏目はないか この流れで仕様を決めていきます。少しでもご参考になれば嬉しいです。

カテゴリー一覧
商用