searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ryushuさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
高田龍湫の四方山話
ブログURL
http://ryushukansibun19.livedoor.blog/
ブログ紹介文
漢詩文、歴史(日本史・中国史)などを主軸にした思想的問題を論じます。
更新頻度(1年)

2回 / 128日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2020/05/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ryushuさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ryushuさん
ブログタイトル
高田龍湫の四方山話
更新頻度
2回 / 128日(平均0.1回/週)
読者になる
高田龍湫の四方山話

ryushuさんの新着記事

1件〜30件

  • 華を以て「華」を伐つ 「民主」・「人権」で中国に勝てるか?

     今中国は新型コロナ情報隠蔽疑惑や香港問題で欧米諸国から非難されている。日本が世界の反中姿勢にどこまで同調するか分からないが、あまり多くは期待できないであろう。 さて、欧米諸国は周知のようにコロナ問題では中国当局の発表の不透明性、香港問題では一国二制度の

  • 現代の日本で女帝を認めるべきではない理由 その二 正統性の継承の問題

     明治維新によって成立した新政府が、神武創業の古に帰るという復古主義を掲げたことはよく知られている。つまり、より一般的に知られているスローガンである「王政復古」の意味するところは奈良・平安時代や建武新政への回帰ということではなかった。 では「復古」という

  • 現代の日本で女帝を容認すべきではない理由 その一

     前稿でも指摘したことだが、男系派が主張する「万世一系」の内容は人ごとに異なっていて分かりにくい。ある者は神武天皇の男系子孫は皆広義のロイヤルファミリーだとし、別の人は伏見宮系の旧皇族子孫のみ皇籍取得資格があるかのように言う。また「男系」とは過去の天皇のY

  • 男帝制維持のための貴族制度の“復活” その二

     前稿「ーその一」の続きである。私案による貴族制度の創出に際して、最低限以下の三項目が必要である。①憲法第二条「世襲」文言の削除と同じく第一四条第二項の削除②皇嗣選出のための、有力者(三権の長や首相経験者など)・有識者を構成員とする組織・会議(注1)の設

  • 男帝制維持のための貴族制度の“復活” その一

     前稿で繰り返し論じたように、室町時代に分岐した皇親の子孫は江戸時代までの皇親観からすると、皇統を形成する資格に欠けるところがあった。しかし“明治王朝”の新定の制度によって、幕末の伏見宮邦家親王を特別に四世王相当とすることとなった一方で、猶子制度によって

  • 万世一系に固執せず、皇統交代の宣言をー先例の考察

     前稿「万世一系に固執する必要はないー守るべきは男帝制である」は少し議論が込み入ったが、要するに「女系天皇」と「旧皇族」の皇籍取得とでは後者を選択すべきであるが、いずれも皇統の交代(非万世一系)であるということを前提に議論すべきだということである。念のた

  • 「万世一系」に固執する必要はないー守るべきは“男帝制”である

     前稿「“旧皇族の”の皇籍取得を支持するが、それはもはや万世一系ではない」で、伝統的皇親観からして伏見宮系の「旧皇族」を皇統構成者とするのはやや難があるという意味のことを述べた。と言ってもそれは、万世一系という価値観を絶対視した場合の話である。その価値観

  • “旧皇族”の皇籍取得を支持するが、それはもはや万世一系ではない 

     男系皇統断絶への危機感から生じた女系の皇位継承容認の是非の議論は、秋篠宮家に悠仁親王が誕生してからも止むことはなく今日に至っている。 これについて論ずる際まず通過しなければならないのは、女系の前に女帝そのものに賛成するかしないかである。男系派(女系否認

  • 漢文訓読否定論の問題点 その二

     先に訓読否定論は語学の天才や中国古典学研究者にとってのみ有益だといったことを述べた。これに対して、それのどこが悪いのかといった開き直りの反論もあり得るだろう。 漢詩文などラテン語や古典キリシャ語と同じく中国古典に興味のある人間が大学に入ってから学べばよ

  • 漢文訓読否定論の問題点 その一

     漢文(=中国古文・中国文語文)を読解する際、「返り点」と称される語順を示す記号を伴って独特の調子で訳す(原則として文語文法を用いる)所謂「訓読」という(その文体を「書き下し」とか「読み下し」という)手法がある。 この訓読なるものは、外国語である漢文の読

  • 今さらながら「令和」の出典問題

     新年号「令和」が『万葉集』巻五「梅花歌卅二首并序」(漢文)から選出されたというのは今更贅言するまでもないことである。 これについて保守派は概ね好意的だったように感じられるが、新聞報道では一部中国思想・中国古典文学の研究者(ここでは実名は伏せる)から、日

カテゴリー一覧
商用