searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ささやきびとさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

退職後、趣味の陶芸で粘土こね。 菜園で野菜作り。気ままな俳句や川柳で言葉遊びにエッセイ。 花は半開、酒はほろ酔い。今日も楽しい一日を!

ブログタイトル
ささやきごと
ブログURL
http://gyunhnki.seesaa.net/
ブログ紹介文
☆ほんわか☆エッセイ。陶芸。畑。俳句。ことわざ。健康と体。先人の知恵。歌謡曲。・・・超!安心安全ブログ(^-^)/
更新頻度(1年)

89回 / 88日(平均7.1回/週)

ブログ村参加:2020/04/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ささやきびとさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ささやきびとさん
ブログタイトル
ささやきごと
更新頻度
89回 / 88日(平均7.1回/週)
読者になる
ささやきごと

ささやきびとさんの新着記事

1件〜30件

  • 『追加給付』の支払い通知が届いたが‥

    ‥ 雇用保険に関する長年にわたり不適切な取扱いをしていたことにより ‥ : お客様が追加給付の対象であることが分かりました。 とあった。 はやい話が、 毎月勤労統計調査など不適切な処理で、 『雇用保険』が追加給付されるという。 目を凝らして、支給決定金額を見ると、、 なんのこ…

  • 畑のキュウリはどこへ行く!?

    このところ夏野菜がドンドコ取れて、我が家から何処かへ引っ越しているモノが断然多い。 それでも行き場所を失っているモノもある。 キュウリもゴーヤもど…

  • 灯油窯から焼きたて陶器を出す

    昨日は本焼きの窯出し。 窯の蓋を巻き上げると、一番上の棚がこんな感じで見えてきた。 長方形小皿(木目)と形を崩したソーサー。 この下にも、4段の棚があって、 今回の作品は

  • 頭の回転が良くなる方法は、これか!?

    … お染は大きな溜息をつく。 「なんだい、なんだい。いつもの名調子はどうしちまったのさ」 鉄斎は、店のお栄に茶碗を二つ持ってくるように言った。 「この二人は、酔っ払った方が頭の回転がよくなる。もっと酒を呑ませてみよう」 万松の二人の目は輝く。 … 「本所おけら長屋」より ※万松というのは、万造と松吉の名物男二人だ…

  • ゲーテの言葉に「歌おう!踊ろう!恋をしよう!」を何故か思う

    … 若い時は、興味が散漫なため忘れっぽく、 年をとると、興味の欠乏のため忘れっぽい。 … (ゲーテ ) とあった。 中高年世代となった今は、 「興味の散漫」よりも、「興味の欠乏」…

  • こんなものを貰った(^^)v 今日は本焼き〓

    数日前に滅多に鳴らない携帯(スマホ)に着信があった。 呼び出し音(歌)は「大阪ラプソディー」で、いきなり ♪ジャ〜ン、ジャジャー、ジャラジャラジャチャ〜♪ とけたたましいい音がするから、 絶対にわかる。 公共の場では当然、マナーモードにしている。 そうでないと、ちょっと恥ずかしい。(^^; その電話は、車のディーラーからだ…

  • 百人超えで止めた! 後遺症も恐ろしいコロナ

    来週末にリアルな飲み会を都内で予定していたが、取り止めになった。 昨日も都内で、107人の新型コロナ感染者が出ている。 (↑分かっているだけの数字) 仲間と半年ぶりの飲み会だったが、気乗りがしなかったので内心ほっとしてもいる。 実際、 コロナは収束の方向とは逆方向へ動き出しているから、いやな予感がする。 ◇ ◆ ◇ そしてまた、恐ろしいのは、

  • 生活に退屈しはじめると..どうなる

    司馬遼太郎の作品「風の武士」には、このようにある。 … 生活に退屈しはじめると、こまごまと他人の意の内のうごきに興がおこるものだ。 … なるほど、、 そのようなことが言えるかもしれない。 要するに「暇な人」…

  • ☆勤務地は「新宿です」と言えぬ人:接待に思う..

    新宿・歌舞伎町の夜の接待を伴う場所で、新型コロナの感染者は相変わらず多い。 緊急事態宣言が解除されて、いよいよ、夜の繁華街は注目を浴びている。 新宿は、私自身も以前の職場があった場所で馴染みがある。 新宿自体は、けっして胡散臭い街ではない。。 通っていた職場は、歌舞伎町とは方面が違うが、 接待を伴わない歌舞伎町の夜の…

  • 「短夜(みじかよ)」に夢まぼろしを思う

    二階の西部屋に、私の「寝室」兼「書斎?」兼「衣類置き場」兼「その他雑多」の極小スペースがある。 この時期、カンカン照りではなくても、室温は30℃を超えている。 35℃位まではエアコンを入れずに眠れる体質に出来ている。^^; が、扇風機の風があると心強い。 昨年買った、

  • 島津亜矢コンサート、やはり中止に。。

    島津亜矢35周年記念コンサートは、結局中止になってしまった。 コロナの影響で、 5月末から7月末に延期になっていたもので、残念だがやむを得ない。 チケット会社からは、 中止のお知らせとチケットの払い戻し方法を知らせるハガキが届いた。 払い戻しは、 手持ちのチケットを送付すると、 「現金書留」…

  • 「S」の入る言葉から..草刈正雄..

    これまでまったく考えもしなかったことがある。 それは、 「S」 の入る言葉についてである。 只今、梅雨の時期だが、 その「雨」の呼び名は、日本には山ほどある。 そのなかで例えば、 春雨(はるさめ) 村雨(むらさめ) 秋雨(あきさめ) 霧雨(きりさめ) 小雨(こさめ) …

  • イソップ:「旅人と『本当』の女神」に思う

    イソップ物語にこんな短い話がある。  --- むかし旅人が、 ある町はずれの寂し〜い場所で、しょんぼりと立っている女の人に会ったんじゃと〜。 しょんぼり立っていても、さぞかし美しく高貴な人に見えたのじゃろう。。 旅人が、 「おはんは、どなた様でごわすか?」 と思わず尋ねると、 女の人は答えたのじゃったぁ。。

  • うん?!怪しいアルコール消毒液

    先日、セルフのガソリンスタンドで給油したとき。 そういえば、この給油ノズル、他人様も握るんだよなぁ。。 見れば近くに、 「アルコール消毒液」とマジックインキで手書きされたスプレーがあった。 給油後に、シュッシュと手の消毒をしたものの、 鼻を近づけてもアルコール臭はまるでしない。

  • こんにちは~と届いた枇杷(びわ)

    「こんにちは〜」 と、網戸にしてある陶房の入り口で声がした。 知らないお客さんは絶対に来ないから、 すぐ前の果樹畑の主にして陶房の大家さんしかいない。 数年に一度、 何処かの宗教団体の勧誘が紛れ込んでくることもある。 (どうして一般住宅ではない、物置小屋のような所に、訪問するのか全く謎ではある..) (^^; 大家さんは、 「これ、少しですが..」 と、採…

  • あの、無料「真鯛」刺身をゲット!

    ニュースでやっていた、試供品の真鯛(刺身)100g。 鮮魚を購入すると無料で貰えるというもの。 都内の一部の店の事かと思っていたが、 有り難くも埼玉でもやってたんだぁ。。 ラッキー 昨晩は、ねっとり「真鯛」刺身で一杯やった。 自作の皿に乗せ、ついでに「おいしいお魚をありがとう」のシールも。…

  • またもや『オンライン飲み会』〓そして鉄人を想う

    先日の「オンライン飲み会」はLINEで、5人の参加だった。 定年後も任意継続で会社で働いている仲間がいるが、 コロナ後の仕事も、社員の8割以上がテレワーク中心になるらしい。 東日本大震災の時に、自分でも暫くテレワークしたことがあるが、極めて限定的かつ暫定的だった。 それがコロナ後の社会は、…

  • 作品の「素焼き」:曇り空で助かる

    乾燥済みの作品がたまってきたので、 とりあえず灯油窯に詰めた。 中は、棚4枚にして積んである。 素焼きは、数日後の予定だったものの、 昨日は、気温20℃で曇り空。 カンカン照りの真夏日では、窯焚きはちょっと大変だ。 (よし!予定変更) まだ10時過ぎだったので、急遽

  • 「ヨーグルト」にカルピス..更に..(^-^)v

    ヨーグルトメーカーで牛乳パック(1L)のままヨーグルトをずっと作り続けている。 「種」は最初に買った無糖の「R1」を使い、新しく出来たヨーグルトは、 ジャムが入っていた小瓶に入れて冷蔵保管。 この繰り返しでヨーグルト(メーカー)には随分お世話になっている。

  • ◆「まどろみにザーザー降りの梅雨の朝」

    昨日は、明け方近くの夢から覚めるか覚めない頃に、 ザーザーという少々けたたましい雨音で覚醒した。 寝ている二階の部屋の近くは、自分の家のカーポートになっていて、 ポリカーボネート板の屋根が雨音を一層響かせているようだ。    「まどろみにザーザー降りの梅雨の朝」  ◇ ◆ ◇ 家…

  • (ミドル)シニア世代の人達も『新人』か。。

    「新人」といえば、 入社したばかりの新入社員のことを、よくそう呼んでいた。 今後は(もう既に..)、 一斉に四月入社という世の中ではないから、 就職先で「新人」と使われても、 ういういしいフレッシュマン(ウーマン)とは限らないだろう。 いろんな分野で「新人」と使われていて、 特に

  • キタアカリ、メークインと男爵と

    梅雨の晴れ間は有難い。 ジャガイモ掘りには絶好のタイミングになる(^^)/ 昨日は畑から キタアカリ、メークイン、男爵の3種類のジャガイモを掘り起こした。

  • 昨日は、お墓へ参る

    かれこれ40年も前に遡る。 敬愛すべきその人と巡り逢ったのは、やはりこの世のご縁に他ならない。 七つ年上で会社の先輩にあたる。 入社後数年して濃い職場環境で出逢い、二年間、平日は寝食も共に過ごしていた。 ある週末・金曜日のこと。 仲間と数人で街の酒場に繰り出した。 妖しいネオン街ではない。。 二、三軒を飲み歩いたろうか…

  • その人の背中の向こうにあるものは..

    … 「人ってえのは不思議なもんですねえ。その人の背中の向こうにゃ何があるのか、まるでわからねえ」 … とある物語にあった。 よく知っている間柄でも、 お互いをわかり合っている深い間柄でも、肉親の関係でも、、 突き詰めれば自分以外のことはまるで分かりようがない。 そもそも自分のことだ…

  • ツユクサを押し花にしてみた

    「螢(ほたる)草」の異名を持つツユクサ。 ツユクサは、 そのものズバリの「露草色」、「青色」、「縹(はなだ)色」、「薄縹」辺りの色合いである。 緑の茎と葉に、鮮やかな青の花弁と黄色のおしべとめしべのコントラストが堪らなくいい。 自己主張をすることなく草むらにただ咲いている。 可憐で健…

  • 『死の恐怖とこの世の未練は別物なのだろう」

    「不老不死」 人間ならば、そんな夢が叶うならいいのになぁと、 誰もが一度くらいは思うことかもしれない。 不老不死の薬を求めて、徐福を東方の海へ旅立たせた秦の始皇帝の話もある。 (日本各地にある「徐福伝説」はここでは割愛) ◇ ◆ ◇ ところで、 どうしてヒトは 「死にたくない!」

  • 使える百均グッズ:でも本当は..

    いよいよというか、ようやくというか、 新型コロナ対策用品が出回ってきた! コロナ以前と、比較すると値段は割高だが、 今後は更に安く手に入るようになるだろう。 買い物にホームセンターに行ったら、 マスクも普通に売っている。 アルコール洗浄(ハン…

  • 「肉」といえば牛肉、豚肉、鶏肉..そして天武天皇を思う

    このところ、以前に増して「肉」を意識的に食べている。 といっても、コマ切れやひき肉、ロース肉、鶏肉などの安価なものが多く、^^; 一度にガッツリ食べるというよりは、野菜などと一緒に炒めたり、煮たり、カレーや汁ものの具にしたり。。  肉の旨味を利用しつつ…

  • 「虻蜂取らず 鷹(たか)の餌(えさ)」にもの思う

    「虻蜂取らず」ということわざは聞いたことがあるだろうが、 これに続けて「鷹(たか)の餌(えさ)」が付いたものはあまり聞かないかもしれない。 虻(あぶ)と蜂のどちらも取れなかったのは、蜘蛛(くも)である。 折角、二匹の餌が蜘蛛の巣にかかったのに、、 蜘蛛の糸を吐いて巻き付けるのに、あ…

  • 「梅」のらっきょう酢漬け..そして夏は

    先日、故郷の畑から青梅をもいで持ち帰った。 表面に少し傷もあるが、売り物ではないから気にしないことにする。(^^)/ さて、「梅干し」は自分で作ったものや頂戴したものがまだ残っている。 となると、 簡単で、味良しの保存食には、「らっきょう酢漬け」がある。

カテゴリー一覧
商用