searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

零士さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
零士の旅行記 Reiji's travel diary
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/reiji1129
ブログ紹介文
ブログの筆者、零士が列車やバスなどの乗り物を使った旅行をレポートするブログです。主に一人旅ですが友人などとも出かけます。 また、プロ志望で演奏しているピアノ(Jazzなどいろいろ)や勉強中の作曲についても書いていきます!
更新頻度(1年)

14回 / 13日(平均7.5回/週)

ブログ村参加:2020/03/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、零士さんの読者になりませんか?

ハンドル名
零士さん
ブログタイトル
零士の旅行記 Reiji's travel diary
更新頻度
14回 / 13日(平均7.5回/週)
読者になる
零士の旅行記 Reiji's travel diary

零士さんの新着記事

1件〜30件

  • 高校卒業記念 零士の日本一周大巡行3日目-② 伊予鉄でたずねる古き良き坊ちゃんのまち

    零士の旅行記にようこそ。前回宇和島運輸フェリーで八幡浜に上陸し、松山駅でじゃこ天うどんを朝食に食べました。今回はそこから伊予鉄道の路面電車に乗って、道後温泉を目指します。伊予鉄道の市内電車1系統で上一万へ回り道しながら向かいました。低床タイプの2100形で、環状線を左回りで走ります。道後温泉へは上一万で乗り換えが必要なので、乗り継ぎ券を発行いただきました。今度は古いタイプの2000形。元々京都市電で走っていた車両でした。伊予鉄生え抜きの旧型車両も数多くいましたが、一番長生きなのは70歳の電車なんだとか。おじいちゃん頑張るね~!着きました!こちらが道後温泉駅です。今回はここから道後温泉本館に進み、歴史ある建物を見て回ろうと思います。道後温泉のからくり時計。毎時ちょうどに仕掛けが飛び出す仕組みでした。道後温泉本館に...高校卒業記念零士の日本一周大巡行3日目-②伊予鉄でたずねる古き良き坊ちゃんのまち

  • 高校卒業記念 零士の日本一周大巡行3日目-① 絶景と伊予の大都市を目指す旅

    零士の旅行記にようこそ。前日、名残惜しくも別府から宇和島運輸フェリーのあかつき丸で九州を後にしました。日付が変わる前に港を出て、対岸の八幡浜港には3時間ほどで到着しましたが、朝の5時半まで船内休憩をすることもできました。ぐっすり眠れるようにと、今回は1室限定の特等室を予約。ベッドや布団、トイレがついて、最大4人まで入れるようになっていました。船内でぐっすり寝た後は、丸之内ひかりタクシーを呼び出して駅まで向かいました。早朝からやっているタクシー会社は唯一この会社だけなのだそう。早朝なのかタクシー会社名を聞き違えた模様でしたが、ちゃんと港の前で止まったタクシーには自分の名前が書いてありました。八幡浜駅に着くと、始発の予讃線松山行列車が止まっていました。いよいよ日本一周3日目、四国地方の旅がスタートします!途中の伊予...高校卒業記念零士の日本一周大巡行3日目-①絶景と伊予の大都市を目指す旅

  • 高校卒業記念 零士の日本一周大巡行2日目-⑤ 天神たん登場!? きらめく博多の夜

    零士の旅行記にようこそ。前回バッテリー切れと闘いながら、筑肥線・福岡市営地下鉄空港線を直通して天神に着いたのですが、バッテリーがついに底を尽きてしまいました・・・そんな中歩いていると、ビックカメラに着きました!博多山笠の衣装に身を包んだ天神たんがお出迎え。安くて便利、親切な対応で、乾電池式のバッテリーを手に入れることが出来たのです!!天神たんはビックカメラ天神2号館の店舗擬人化キャラクターで、ナイセンクラウドで有名な電話会社が生み出したビッカメ娘の一員。各階にはいろいろな種類の天神たんやゆる天神たんがいましたが、時間の都合で惜しくもお別れしました。天神たん助けてくれてありがとう!また会いに行くからね~天神といえば屋台。屋台ラーメンにトライしてみました。出来上がるまでタブレットを充電。出来てからも起動には少し時間...高校卒業記念零士の日本一周大巡行2日目-⑤天神たん登場!?きらめく博多の夜

  • 高校卒業記念 零士の日本一周大巡行2日目-④ 目指せ九州最大都市

    零士の旅行記にようこそ。今回はやきものの地伊万里から筑肥線に乗車し、福岡の大都市博多を目指します。伊万里についてからなぜか手持ちのタブレットのバッテリーが急に減ってしまい、写真が撮れるかどうかとハラハラしていました。前回は有田川を渡ってから松浦鉄道での長旅を終え伊万里に着いたのですが、今回は筑肥線に乗り換えて進みました。筑肥線は途中の唐津までは電化されていないため、1両編成のディーゼルカーで唐津まで向かいました。発車まで40分ほどあったのですが、電車はすでにエンジンをふかして止まっていました。唐津駅にはいい日旅立ちの碑がありました。唐津の伝統的な祭りといえばくんち。そこで使われる曳山が展示されていましたが、幼稚園の子供たちが作った迫力ある作品には驚きました。駅からバスで少し行くといかで有名な呼子があり、朝市でも...高校卒業記念零士の日本一周大巡行2日目-④目指せ九州最大都市

  • 高校卒業記念 零士の日本一周大巡行2日目-③ 海軍基地の地から日本最西端の駅へ

    零士の旅行記にようこそ。大村線のシーサイドライナーで走ること40分。佐世保市内に入り、ハウステンボスが見えてきました。ハウステンボスはオランダを舞台にしたテーマパークで、歴史の名残がここにも表れていました。列車に乗車してから2時間ほどで佐世保に到着。ここからメインのローカル線に乗る前に、佐世保のご当地バーガーをいただくことにしました。駅構内にある持ち帰り専門のログキットさんで、佐世保バーガーを買ってみました。今回オーダーしたのは、ベーコンエッグ、チーズのはさまったスペシャルバーガー。ついでにガーリックポテトも頼んでおきました。アメリカ海軍の基地のある佐世保は、佐世保バーガーなどアメリカンなご当地グルメの宝庫。また、海戦ゲーム「艦隊これくしょん」の聖地巡礼の地としても親しまれていました。佐世保からは松浦鉄道に乗車...高校卒業記念零士の日本一周大巡行2日目-③海軍基地の地から日本最西端の駅へ

  • 高校卒業記念 零士の日本一周大巡行1日目-⑤ ちゃんぽん発祥店 四海楼グルメレポート

    零士の旅行記にようこそ。長崎での観光中夕飯に立ち寄ったちゃんぽんの名店、四海楼。ちゃんぽんが生み出された発祥の地なのだそうです。今回はそんな魅力尽くしの四海楼で、ちゃんぽんの本場の味や歴史に迫ります。こちらの5階建ての建物が四海楼。最上階が展望レストランになっていたので早速エレベーターで向かおうと思います!あまりにも内装が豪華だったので緊張してしまいました。長崎の美しい港の景色まで味わえてしまう素晴らしい店内。早速ちゃんぽんをオーダーしました。今回頼んだのは蓋付きちゃんぽん。こちらは少し少なめの盛り付けでしたが、出前で使われている器でした。開けたとたんに広がる野菜の風味の香り。麺に絡めて味わうだし。海鮮は素材のうまみを引き出し、野菜は甘みで攻める。たまらぬ味わいでした。では、こうした味わいはどうやってここまで伝...高校卒業記念零士の日本一周大巡行1日目-⑤ちゃんぽん発祥店四海楼グルメレポート

  • 高校卒業記念 零士の日本一周大巡行1日目-④ 古き外交の扉を知る 長崎散歩

    零士の旅行記にようこそ。長崎に到着したぼくは重い荷物を抱えながら長崎市電で新地中華街に向かいました。今回のホテルの最寄りの電停です。長崎電気軌道のほこる超低床車の到着。車内は混んでいました。初めてチェックインしたホテルはJALシティ長崎。デラックスフロアのリノベーションルームに宿泊できるプランにしました。ホテルの近くには新地中華街があり、そこを抜けて路面電車の電停に出られる構造でした。かなり小さな感じの商店街で、店頭に立ってお客さんを呼んでいる人もいました。ぼくも何度か止められたのですが、ごめんなさい・・・目的の店があるんです。電停に着いたら今度は5系統の電車に乗り、大浦天主堂下を目指しました。坂の下からグラバー園に上りましたが、新型コロナウイルスの影響で夜間開園は中止。とぼとぼと後にし、カステラだけ買って夕飯...高校卒業記念零士の日本一周大巡行1日目-④古き外交の扉を知る長崎散歩

  • 高校卒業記念 零士の日本一周大巡行1日目-③ 九州新幹線で行く貿易地への道

    零士の旅行記にようこそ。鹿児島での短い時間ながらの観光を終え、九州新幹線ホームに向かいました。ちょうど清掃を終えてドアを開けようとしていたところで、ぼくも写真を撮って先頭の号車に向かいました。今回乗車したのは速達タイプのみずほ、臨時便でした。JR西日本所属の車両が配車されたのですが、九州新幹線は指定席がものすごく豪華なので、のびのび座ることが出来ました。鹿児島中央を出発し、しばし遠くに八代湾を眺めながら走行しました。熊本まで列車はノンストップで駆け抜けました。お昼ご飯は駅そばならぬ駅うどん。今回は店主一押しの馬肉うどんをいただきました。入っているちくわも熊本の比奈久名物のもので、一堂にそろっていました。熊本といえばおてもやん。そしてくまモンに迎えられ熊本の空気を吸うことが出来ました。2年前に肥薩線を零士の旅行記...高校卒業記念零士の日本一周大巡行1日目-③九州新幹線で行く貿易地への道

  • 高校卒業記念 零士の日本一周大巡行2日目-① 古き孤島の歴史をたずねて

    零士の旅行記にようこそ。おはようございます!2日目です。魅力ある長崎はいつまでたっても足るを知ることができません。まだまだたりないので、出島に出かけることにしました。朝ごはんはJALシティ長崎のレストラン、中華料理桃苑でいただきました。新型コロナウイルスの影響が懸念されていましたが、料理が取り分けられている小皿の中から好きなものを受け取る、バイキング形式は維持されていました。右上にあるのが長崎名物かんぼこ。そして中華らしく点心料理のシュウマイや海老餃子もいただきました。ホテルをチェックアウトして、6分ほど歩いたところにある出島に向かいました。当時はよほどの限り入ることのできなかった出島でしたが、入場料を払えばはいれるようになっていました。組頭番屋。ここでは貨幣に使われる同の鋳造も行われていました。百斤入りの銅の...高校卒業記念零士の日本一周大巡行2日目-①古き孤島の歴史をたずねて

  • 高校卒業記念 零士の日本一周大巡行1日目-② 南国薩摩の街を歩こう

    零士の旅行記にようこそ。前回鹿児島に降り立ち、南国交通バスで市役所前に到着したので、鹿児島市内を観光しました。鹿児島市役所前から少し歩くと、お目当ての銅像が見えてきました。幕末から明治維新の時代まで日本を支えた偉人、西郷隆盛の銅像です!西郷隆盛は薩摩出身で、大河ドラマ「西郷どん」で鈴木亮平さんに演じられて話題になった方。最近の放送なので覚えていらっしゃる方も多いとは思います。入試にもたびたび出題され、無事に合格することができたのでお礼参りをしておきました。最寄りの停留所から鹿児島市電に乗車し、駅前まで車窓観光を楽しみました。たまたま超低床車のハートラムが来たので乗ってしまいました。車窓から豪華絢爛な建造物が見えましたが、これが山形屋。鹿児島の老舗デパートで、焼きそばがおいしいようです。大久保利通の像も通り沿いに...高校卒業記念零士の日本一周大巡行1日目-②南国薩摩の街を歩こう

  • 新型コロナウイルス感染対策期間に関して零士の旅行記よりおしらせ

    零士の旅行記よりお知らせです。新型コロナウイルスの関係で外出が出来ない方も多いと思います。また、僕の進学先の学校の投稿開始が遅れたため時間が出来たので、この旅行ブログの更新頻度大幅UPなど、様々なことをしようと思います。・このブログ、零士の旅行記について卒業記念で行った日本一周を中心に、過去でTwitterにしかあげられていなかった旅行記をブログにしてアップしていきます。毎日19:00に投稿できるようにします。・YouTubeについて過去にYouTubeピアノライブをあげており、更新が滞りがちになっているYouTubeですが、Twitterで中心的にアップしているピアノ演奏動画をアップしていきたいと思います。更新頻度高目で頑張りますので、是非チェックよろしくお願いいたします!https://www.youtub...新型コロナウイルス感染対策期間に関して零士の旅行記よりおしらせ

  • 高校卒業記念 零士の日本一周大巡行1日目-① 目指せ幕末維新の地

    零士の旅行記にようこそ。今回から11日間、卒業記念の日本一周に出発です。まずやってきたのは羽田空港。前日にコロナウイルスの影響による減便措置のため、自分の乗る便がスポットで欠航になってしまいました。振替便が確保され・・・ANAのA321neoから機材変更しソラシドエアで運航、737‐800が担当でした。機内照明がLEDに代わり騒音が低下された新モデルでした。地方の航空会社は生まれて初めてなので少しテンションが上がりました。接客も丁寧かつフレンドリーで感銘を受けました。いよいよ離陸!横浜を横に見ながら、太平洋の上空を飛行しました。富士山もばっちり見えていました。九州島内へは宮崎県からアプローチ。いよいよ着陸です。今回は雲に覆われ揺れが予想されるとのことで、客室乗務員も着席していました。空から笑顔をばらまく会社、ソ...高校卒業記念零士の日本一周大巡行1日目-①目指せ幕末維新の地

  • 高校卒業記念 零士の日本一周大巡行記 まえがき

    零士の旅行記にようこそ。2月13日、第一志望の大学に合格し、3月12日、長かった高校生活を終え、高校を卒業しました。この2つを記念して、卒業旅行に出かけました。予算23万円、11日間かけて日本を一周する、史上最大規模のひとり旅です。受験勉強を本格的に始めた高2のときに目標にし、今までにピアノを弾くなどしてもらったお祝い金や、決めた時から積み立てたお金で、笑顔で出かけてみせると心に決め、ついに合格し決定したのでした。合格発表と同時に列車の予約を開始し、イベント列車などは苦労したものの希望の列車をおさえることが出来ました。しかし新型コロナウイルスの影響で運休した列車も数多かったですが、何とかして代わりの策を立て、精査に精査を重ねてようやく計画が完成しました。11日間一筆書きで、真の日本一周プランが出来上がりました!...高校卒業記念零士の日本一周大巡行記まえがき

  • 更新が途絶えていたことへのお詫びとご報告

    零士の旅行記にようこそ。何度も更新が空いてしまっている零士です。でもちゃんと理由がありますので、お話しさせていただきます。さぼりじゃありません!ご安心ください。去年末より鉄道リレー企画で楽曲を提供させていただいてから楽曲関連の依頼がたくさん来るようになり、作曲、作詞、編曲と活躍?しております。そして、楽曲制作サポートチームとしてボーカルやその他楽器陣を募集しましたらバンドになりまして、そちらの仕事もあって少し忙しくしておりました。バンドのことはおいおいブログでお話ししようと思います。そして受験シーズンになり大学受験勉強と並行して楽曲活動を進めていきましたが、次第に受験に一本化。追い込みをかけ、滑り止め校と第2志望の学校より、無事合格通知を受け取ることができました!本命校の合格発表はもう少し先なのですが、受かって...更新が途絶えていたことへのお詫びとご報告

  • 紅葉で感じる秋の群馬 峠越えの旅(2019.11.10発)

    零士の旅行記にようこそ。おまたせしてごめんなさい!なかなか時間がとれず気づいたらものすごく間が空いてしまいました。今回は、秋の深まりを感じに群馬県の峠を目指して出かけてみました。まずは高崎線で高崎へ。籠原では前5両を切り離し、籠原どまりの列車と待ち合わせて発車しました。その待ち時間で次の列車の指定席を変更。座席位置をいい席に直しました。高崎で今回の目玉列車、ELぐんまよこかわに乗車し、横川へ。懐かしの客車に揺られて、県を超える峠の入り口に向かいました。横川からJRバス関東碓氷線とどっとこむライナー4列シート便で長野に出ました。碓氷峠の旧道を通過する日付限定のバスで、熊ノ平の紅葉を味わえました。どっとこむライナーのバスではおぎのやの峠のとりもも弁当を実食。おいしいのは釜めしだけではありませんでした。浅間山も遠くか...紅葉で感じる秋の群馬峠越えの旅(2019.11.10発)

  • 京阪神高速バスグラン昼特急でつづる完走記録(2019.8.09発)三ケ日IC~東京駅

    零士の旅行記にようこそ。三ケ日ICにて乗務員交代が完了した後は浜名湖サービスエリアで休憩。ここで夕飯の調達を行いました。浜名湖サービスエリアからは浜名湖を一望でき、近くのウナギ屋さんでテイクアウトでうなぎ弁当(竹)を購入しました。看板には本日浜名湖うなぎ使用と書いてあり、高かったですが心が躍りました。足柄サービスエリアでの最後のトイレ休憩の後に食べました。渋滞を抜け、東京都に突入すると、高速道路一長いトンネル?である山手トンネルを抜けるとバスタ新宿に到着。関西から長い時間かけて戻った時の新宿の夜景は、なぜかほっとさせられるところもありました。しゃれた四谷の街や日比谷の高層ビル街を抜けると約20分?遅れで東京駅日本橋口に到着しました。最後に、家に帰ってから開封できた小松空港で購入した九谷焼の写真を貼って今回の旅は...京阪神高速バスグラン昼特急でつづる完走記録(2019.8.09発)三ケ日IC~東京駅

  • 京阪神高速バスグラン昼特急でつづる完走記録 (2019.8.09発)京都深草~三ケ日IC

    零士の旅行記にようこそ。今回は、関西~東京を走るJRの長距離昼行高速バス昼特急号に乗車し、7時間かけて東京に戻る旅行記です。京都深草から今回乗るのは、新型の3列独立シートが配されたグラン昼特急号。西日本JRバスの車がやってきました。車内はひとりがけのグランシートが3列並んでおり、座席と通路の間のカーテンでプライベートな空間が確保できるようになっていました。グランシートは、ゆりかごに乗っているような気分を味わえるチルト機能がついており、レッグレストや可動式枕も装備されていました。長距離乗車に配慮してか毛布も用意されていました。1か所目の休憩箇所は甲南パーキングエリア。甲賀忍者の里に位置していたため、忍者に関するものが多くありました。最近では西でしか売られなくなったカールも購入し、母へのお土産にしました。バスにはプ...京阪神高速バスグラン昼特急でつづる完走記録(2019.8.09発)京都深草~三ケ日IC

  • 北陸の高速特急で入洛を目指す旅(2019.8.09発)小松~京都

    零士の旅行記にようこそ。今回は、飛行機で小松に飛んで土産をたくさん買い込んでから、小松駅に向かいました。京都までの乗車券を購入し、早速しらさぎ号に乗車。もともとサンダーバード号や特急はくたか号で活躍した681系でした。加賀温泉でしらさぎ号を降り、大阪行きのサンダーバードに乗り換え。新型の683系4000番台がやってきました。一番前と後ろの座席に座るとコンセントが使用できるようになっていました。加賀の名産品も小松空港で購入しておきました。加賀は麹を使ったおいしい特産品がそろっており、ヤマキみそのフリーズドライ、みそスープをお土産に買いました。こぐるま麩や加賀棒茶も仕入れてきました。九頭竜川を渡ると列車は福井に到着しました。悠久の一乗谷や東尋坊、永平寺でおなじみのこの場所。今度ゆっくり行ってみたいと思いました。何度...北陸の高速特急で入洛を目指す旅(2019.8.09発)小松~京都

  • 環境大国小松のうまいもの探し(2019.8.09発)

    零士の旅行記にようこそ。今回は北陸の玄関口小松空港で、物産や文化など、様々な魅力を発掘してきました。羽田空港から1時間でやってきた小松空港は、加賀、福井、金沢に近く、北陸の玄関口と呼ばれていました。ここの空港は少し珍しいところがあり・・・それは、空港が航空自衛隊小松基地と共同で使用されていること。戦闘機の姿もちらちら見えました。空港には白山の太鼓の里の伝統の太鼓が飾られており、小さくてかわいらしい感じでした。到着ロビーには福井で見つかった恐竜、フクイラプトルが出現。ロボットになって暴れていました。歌舞伎のまち小松の伝統行事、曳山子供歌舞伎の山車が展示されていたので見てみると、愛らしい男の子が一人乗っていました。環境大国でもある小松では、トマトや大麦の栽培が盛んで、おいしいお菓子などのお土産が並んでいました。今回...環境大国小松のうまいもの探し(2019.8.09発)

  • 北陸の空の玄関口へ初の飛行機ひとり旅 羽田~小松(2019.8.09発)

    零士の旅行記へようこそ。1か月も更新を開けてしまいごめんなさい!ほかの活動が忙しくて全然手を付けられていませんでした。しかし今年の夏休みの旅は一味違っており、人生で初めて一人で飛行機旅をしてみました。まずは京急を乗り継ぎ羽田空港まで一直線。羽田に着いたとたんに大混雑した空港内に驚いてしまい、ついやたらと早く保安検査を通過してしまいました。やることがなく途方に暮れていたところ、有料ながらゆっくりと過ごせるラウンジを見つけました。ここでは軽めの食事にしておきました。おかわり自由のドリンクと2個のクロワッサンが食べられて値段は1080円。飛行機を眺めながら食べようと思いましたが、カーテンがしまっていました・・・いよいよ今回登場する小松行の飛行機が到着。お気に入りの機体、ボーイング787‐8型機でした。いろいろ電車内で...北陸の空の玄関口へ初の飛行機ひとり旅羽田~小松(2019.8.09発)

カテゴリー一覧
商用