searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

0831nukoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
nuko book
ブログURL
https://nukobook.com/
ブログ紹介文
雑読猫「ぬこ」のブックレビュー。「ブックレビュー」「コラム」「イラストブックレビュー」の3パターンの形でレビューを描いています。
更新頻度(1年)

829回 / 294日(平均19.7回/週)

ブログ村参加:2020/02/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、0831nukoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
0831nukoさん
ブログタイトル
nuko book
更新頻度
829回 / 294日(平均19.7回/週)
読者になる
nuko book

0831nukoさんの新着記事

1件〜30件

  • 働くって、生きるって、いろんなことが絡まりあっている

    『とにかくうちに帰ります 』津村 記久子 (著)のイラストブックレビューです。今ひとつパッとしないフィギュアスケート選手を応援するとき、職場のおじさんが文房具を返してくれないとき、台風で帰路の交通手段がなくなって徒歩で帰るとき。強く、切なくなるほどに家に帰りたい、と思うのだ。

  • 「感情に振り回される自分」から「状況を感じる自分」へ

    『小さなことで感情をゆさぶられるあなたへ 』大嶋 信頼 (著) のイラストブックレビューです。不安、不機嫌、怒り。そうした感情は、実は他人によってゆさぶられているのです。そうした感情を暗示の力を使ってコントロールする方法を紹介します。

  • おばあちゃんは「輝くもと」に気づかせてくれる達人

    『ひかりの魔女 さっちゃんの巻』山本 甲士 (著) のイラストブックレビューです。不登校の子供たちが通うフリースクールに通う重ノ木さちは、小学五年生。ある日、ボランティアスタッフとして1人のおばあちゃんがやってきた。手ぬぐいを姉さんかぶりにして、割烹着を着た小柄なひかりおばあちゃんは、優しい「うそ」でみんなを笑顔に変えていく。

  • 妄想好きに朗報!ニヤニヤしながら引き寄せる!?

    『ありえない「妄想」でお金も恋も引き寄せる! 』かずみん (著)のイラストブックレビューです。「引き寄せ」って難しい。そう思ったことはありませんか?でも間違いなく引き寄せることができる方法があります。それはズバリ「妄想」することだったのです!!

  • 「殺気」から漂うのは追い詰められた人間の思い

    『殺気!』雫井 脩介 (著)のイラストブックレビューです。12歳の時に何者かに拉致監禁された経験を持つ女子大生のましろは、ショッピングビルや、バイト先など、様々な場所で他人の殺気を感じていた。その起因を探るうちに、事件当時の不可解な謎に突き当たる。一方、街では女児誘拐事件が発生し…。

  • やらなくていい事をやめる、という生き方

    『人生やらなくていいリスト』四角 大輔 (著)のイラストブックレビューです。ミリオンヒットを打ち出すアーティストを何組も見出した、もとレコード会社プロデューサーが伝える、高ストレス社会で生き抜くためのミニマム仕事術。

  • 絶望の淵で折れた羽を広げる蝶たち

    『アンチェルの蝶』遠田 潤子 (著)のイラストブックレビューです。大阪で小さな居酒屋を経営する藤太のもとへ、かつての同級生、秋雄が少女・ほづみを連れて訪れた。ほづみを託された藤太は戸惑いながら少女と心を通わせていくのだが…。

  • 埼玉出身なんですけどこれって私の事でしょうか?

    『ここは退屈迎えに来て』 山内 マリコ (著) のイラストブックレビューです。都会からUターンした30歳、結婚相談所に駆け込む親友同士、売れ残りの男子としぶしぶ寝る23歳、処女喪失に奔走する女性高生…。ありふれた地方の土地で、ありふれた日常を送り続ける8人の女の物語。

  • 日本の小さな島のセンス・オブ・ワンダー

    『海うそ』梨木 香歩 (著)のイラストブックレビューです。昭和の初め、人文地理学の研究者で有る秋野は、研究のため南九州の遅島へ赴く。かつて修験道の霊山があったその島の、豊かで変化に富んだ自然と、人々の祈りの痕跡が、秋野の心を強く捉える。

  • 志と知恵と縁が結ぶ 商いの道

    『あきない世傳 金と銀(九) 淵泉篇』高田郁 (著)のイラストブックレビューです。大阪から江戸へ出店し、順調に商いを進めてきた呉服商の五鈴屋。ところが幸の妹、結により窮地に追い込まれてしまう。

  • おカネの世界をちょっと外側から見てみよう

    『おカネの教室 僕らがおかしなクラブで学んだ秘密』高井浩章 (著) のイラストブックレビューです。中学二年生になったボクは、クジ引きに外れて「そろばん勘定クラブ」なる奇妙なクラブへ入ることに。ここでボクは、毎週おカネについて考えることになった。

  • 当たり前そうに見える幸せほど手に入りにくい

    『誰かと暮らすということ』伊藤 たかみ (著)のイラストブックレビューです。今の状態に窮屈さを感じているが、どうしたら良いのかわからずに悩む男女たち。やがて自分だけの答えを見つけていく、心あたたまる物語。

  • 爆弾を抱えた彼女に隠された秘密とは

    『崩れる脳を抱きしめて』知念 実希人 (著)のイラストブックレビューです。広島から神奈川の療養型病院へ実習になってきた研修医の碓氷は、脳腫瘍の女性患者・ユカリと出会う。実習期間を終え、広島に戻った碓氷が耳にしたのはユカリが亡くなったという知らせだった。

  • 逃れられない血の絆がもたらす女たちの運命

    『熊金家のひとり娘 』 まさき としか (著) のイラストブックレビューです。北の小さな島で、祈祷の家系に生まれ育った熊谷一子。共に暮らす祖母と、自身の「血」から逃れるべく島を出た一子。男の子を産めば、この「血」から解放される。しかし一子が産んだのは「女の子」だった。

  • 社会の底辺に生きる者たちの熱く悲しい息づかい

    『飛田ホテル』黒岩 重吾 (著) のイラストブックレビューです。娼婦やヤクザなど、社会の落伍者が集まる大阪のアパート、「飛田ホテル」。刑期を終えたヤクザ有池が戻ると、彼を待っているはずの女の姿はなかった。彼女の足取りを追ううちに、思いも寄らなかった事実が。

  • 話題のエッセイストが偉人伝から学んだこと

    『すべて忘れて生きていく 』北大路 公子 (著)のイラストブックレビューです。日常に潜む出来事を、ユーモアたっぷりに描いたエッセイのほか、一見真面目なようでいて、やはり著者の視点が反映されている書評集、奇妙な味わいの短編小説二編を収録。

  • 猫丸先輩に会ってみたい!!(たぶんかわいい、と思う)

    『夜届く (猫丸先輩の推測) 』倉知 淳 (著)のイラストブックレビューです。ある冬の日の夜、一人暮らしをする八木沢行寿のもとに差出人不明の電報が届いた。内容は「病気、至急連絡されたし」。電話するも該当者はおらず、何度も届くため、八木沢は猫丸先輩に相談するのだが。

  • 「いいね」に踊らされる若者たちを救え!!

    『七つの試練 池袋ウエストゲートパーク14 』石田 衣良 (著)のイラストブックレビューです。若者が集まるサイト『七つの試練』。出された試練をクリアし、サイトにアップすると多くの「いいね」がつく。その快感を求める若者たちはエスカレートする試練に挑んでいく。

  • あなたがいる世界は現実ですか?

    『グリフォンズ・ガーデン』早瀬 耕 (著) のイラストブックレビューです。東京の大学院で修士課程を終えたぼくは、就職先である、札幌の地へと訪れた。勤務先の知能工学研究所は、グリフォンの石像がそこかしこに存在し「グリフォンズ・ガーデン」と呼ばれていた。ぼくは研究所内のバイオ・コンピュータ内にひとつの世界を構築しはじめた。

  • あなたにはこの結末が予想できますか

    『眠りの牢獄』浦賀 和宏 (著)のイラストブックレビューです。小説家、浦賀の恋人の亜矢子は、五年前階段から落ち、現在まで意識不明の昏睡状態となっている。浦賀は、亜矢子の兄に呼び出され、友人とともに地下室へ閉じ込められてしまう。

  • 捻れた感情が引き起こす 学校の怪異

    『ゴーストハント3 乙女ノ祈リ』小野 不由美 (著)のイラストブックレビューです。無愛想なイケメン・ナルが所長を務める「渋谷サイキックリサーチ」で、16歳の高校生・麻衣はバイトをしている。心霊現象の調査を行うこの事務所に奇妙な依頼が入る。

  • 人と人の「つながり」を考えさせられる物語

    『おなじ世界のどこかで』藤野 恵美 (著)のイラストブックレビューです。スマホやPCからいつでも気軽に、誰かとつながれる現代。小学生男子や中学生女子、その父親や母親など、様々な世代がこうしたつながりを感じ、自分だけの答えを見つけていく、心温まる連作短編集。

  • いつだっておかあさんにみててほしいのです

    『おかあさん、ずっとみてて。』k.m.p.(なかがわみどり・ムラマツエリコ) (著)のイラストブックレビューです。いつでも、どんなことでもおかあさんに見ていて欲しかった。おとなになったら忘れてしまいそうな、何気ない毎日の中の小さな出来事。そんな「あのころ」のお話。

  • 「くっつかない糊」をあなたはどう売りますか?

    『膠着』今野 敏 (著)のイラストブックレビューです。老舗の糊メーカー「スナマチ」は、創業以来の機器を迎えていた。高額な開発費を投じて完成した新商品は、なんと「くっつかない糊」だったのだ。何とか商品化しようと考える新入社員の啓太とベテラン営業マンの本庄だが。

  • 死を待つ人間たちが集まる場所で起こる謎

    『死と砂時計』鳥飼否宇 (著)のイラストブックレビューです。世界各国から集められた死刑囚を収容するジャリーミスタン首長国の終末監獄。厳重に囚人たちが管理されるこの施設で起こる不可解な謎を、牢名主の老人シュルツと、若き青年アランの二人が解き明かす。

  • リストラ寸前の僕が買われた意外な能力

    『営業零課接待班』安藤 祐介 (著)のイラストブックレビューです。苦手な営業に異動し、満足な売り上げを出すことができずに、ついにリストラ勧告を受けてしまったマジオこと真島等。ところが、新設された接待専門の「営業零課」にスカウトされ、再起を図ることに。

  • 誰かと、またはひとりでゆっくり。お茶と楽しむ、日常のできごと。

    『カフェでカフィを』ヨコイ エミ (著)のイラストブックレビューです。お茶をかこめば、どこでもいつでもそこはカフェになる。ちょっぴりユーモラスな16編を収録したショートストーリーコミックス。

  • その愛は絶望と悲しみに満ち狂気となって溢れ出す

    『あの日、君は何をした』まさきとしか (著)のイラストブックレビューです。息子の大樹が高校に合格し、家族四人そろってお祝いして、幸せを感じていた主婦・水野いづみ。しかし、大樹が連続殺人事件の容疑者に間違われて事故死した事で、これまでの生活は一変する。

  • 宝くじが当たった、それだけの事なのに…

    『身の上話』佐藤 正午 (著)のイラストブックレビューです。仕事をすっぽかし不倫相手と東京へやってきたミチル。地元を出るときに買った宝くじが高額当選していることが判明。流されるままに生きていく女、ミチルがである災厄と恐怖とは。

  • コンシェルジュに解けない問題はない!?

    『ホテル・コンシェルジュ』門井 慶喜 (著)のイラストブックレビューです。玄人すじに高く評価されている老舗のホテルポラリス京都。このホテルのコンシェルジュをつとめる九鬼のもとには、今日も難題が持ち込まれる。

カテゴリー一覧
商用