searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

マダムちゃんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
SAYANOTE
ブログURL
https://www.sa-ya-log.com/
ブログ紹介文
バレエで海外留学した経験をもとに、見る人が役人立つことを発信したい。 オーディション活動や海外生活でのことなどなど。
更新頻度(1年)

21回 / 64日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2020/02/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、マダムちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
マダムちゃんさん
ブログタイトル
SAYANOTE
更新頻度
21回 / 64日(平均2.3回/週)
読者になる
SAYANOTE

マダムちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 【サラダダイエット】アボカドとカッテージチーズのサラダ

    こんにちは、SAYAKAです。ダイエットといえば食事制限。サラダなどをたくさん食べますよね。だけど味気ないものだと飽きてしまうし満足感が得られません。ダンサーとして体型維持のために、日頃から脂肪のつきにくい食事を心がけていました。その中でもよく食べていたのがアボカドやカッテージチーズです。アボカドとカッテージチーズダイエットに最適の食材で、個々で食べても美味しいのですが、サラダにして食べるのがオススメです。このサラダの特徴は、ダイエット効果がありながら美味しく満足感も得られ

  • 【バレエオーディションにオススメ】レオタードのブランド

    こんにちは、SAYAKAです。皆さんはバレエオーディションを受ける時、レオタードはどの様にして選びますか?おそらく自分の身体が綺麗に見えるデザインを選んでいると思います。自分に似合っていて身体が綺麗に見えるものがいいですよね。海外でオーディションを受ける時、ほとんどのダンサーが国籍を問わずかっこいいデザインのレオタードを身につけています。かっこいいデザインだと大人っぽく、そしてプロっぽく見えます。普通のシンプルなキャミソール型だと、学生感が出てしまい子供っぽくなってしまいま

  • 【知らないと危険】海外で気をつけてほしいこと4選

    海外に行く理由は様々だと思います。旅行やオーディション、留学。“日本に比べると海外は危険だ”という話はよく耳にしますよね。海外に行ったことがなければ、どの程度危険なのか分からず不安になると思います。危険な国もあれば日本とさほど変わらないくらい安全な国もあります。私が行ったことのある国で危険だと思ったのは、イタリア・ドイツ・フランス・チェコです。逆に安全だと思った国は、スイス・オーストリアでした。今回は私の経験や知人の体験談を元に、海外で気をつけてほしいことをまとめてみました

  • 【超保湿でさらりとなめらかな肌へ】ロクシタンのボディミルク

    冬の乾燥する時期は、保湿のためにボディクリームやボディミルクを付けたりしますよね。留学中、私は春や夏でも使える様なしっかり保湿できて季節を問わず使えるボディミルクを探していました。日本の化粧品になれていても海外では購入できないし、海外の製品が自分の肌に合うか分からなかったので、日本でも海外でも売っているメーカで塗り比べていました。今まで使っていたものは・付け初めはしっとりしているのに時間が経つとカサカサ・ベタベタしすぎる・テクスチャーがかたくて伸びにくいなど、自分に合うもの

  • 【喉の痛みにも効いた】ハーブコーディアル マヌカハニー

    ある冬の寒い時期に、喉の風邪を引いてしまいました。喉がイガイガしていて、「ツライな」と思いながらショッピング街を歩いてたところ、生活の木というお店を見つけたのでフラッと入ってみました。生活の木はハーブとアロマの専門店で、ハーブティーやスキンケア、フレグランスなどの商品が売られています。植物を原料として使用しているので、肌や身体に優しい商品です。特に何かを求めていたわけではなく、ただ店内を見て回っていた時、店員さんにハーブコーディアルのマヌカハニーをお勧めされました。

  • バレエ団への入団(就職)方法

    日本でバレエのレッスンに励んでいる方や、既に海外のバレエ学校に留学中の方はバレエ団への入団(就職)を希望している方もいると思います。就職希望先は日本のバレエ団だったり、海外のバレエ団だったり…留学当初はどうすればバレエ団に入団(就職)できるのか。また、オーディション情報をどこから仕入れるのかも知りませんでした。今回は私の経験をもとに、海外のバレエ団への様々な入団(就職)方法とオーディションの探し方についてお話ししたいと思います。1.バレエ学校からバレエ団付属

  • 【比較してみた】ヨーロッパの交通手段

    フランスやスイスに留学中は沢山オーディションを受けにいきました。ヨーロッパで就職したいと思っていたので、受けていたカンパニーは全てヨーロッパ。私が行ったことのある国は、オーディションや旅行を含めフランス、スイス、ドイツ、イタリア、オーストリア、チェコ、ポーランドの7カ国です。1人で行くこともあれば仲間たちと一緒に行くこともありました。行く手段は様々ですよね。電車や飛行機、バス、夜行列車など…宿泊先のことでも悩んでいました。【知っているとお得】ヨーロッパのホテルや宿泊

  • 【知っているとお得】ヨーロッパのホテルや宿泊先

    私がフランスやスイスへ留学していた時、オーディションは主にヨーロッパ内をまわっていてたくさん受けに行きました。初めはホテルに泊まっていたのですが節約しようと思いホステルに泊まったり夜行列車で行ってみたりいろいろ試していました。何もわからないからとりあえず泊まっていいたのですが泊まってみてから衝撃を受けることも少なくありませんでした。今回は私の経験や友人の話を元にお話ししたいと思います。1.ホテルホテルは大体は最低限でも・トイレ・お風呂・ベッド・バスタ

  • 【女の子の香り】 コスパ抜群のメルティバターバーム

    あなたが女性ならスタイリングにどんな悩みがありますか?・ちゃんとスタイリングしているのに髪がまとまらない・朝の準備に時間がかかってうんざりしている・自分にあったスタイリング剤が見つからないなどなど。他にもあると思います。私の悩みは・ストレートや巻き髪の両方で使いやすいもの・ベタついて欲しくないけどしっとり感やツヤは欲しいでした。私はふんわり仕上がるよりもしっとりとまとまるものを探していました。と言うのも私の髪は若干のくせ毛&広がりやすい髪質なのでそれがすごく嫌だったのです。

  • 【まるで美容室帰り】10秒でサラサラ!moremo ウォータートリートメント

    髪の毛は女性の命と言っても過言ではない程大切なもの。私はストレートパーマをかけていたり、ヘアアイロンなどで毛先が痛んでしまってます。つい最近もやってしまいました。先日、美容院に行ってブリーチをしたのです。美容師さんはチャラいけど、お客さんに合わせた施術をしてくれる腕の確かな方でした。その美容師さんによると、ブリーチをかけたら髪が傷むからできれば定期的に美容院に来てトリートメントをするなどのメンテナンスした方がいい。それが無理なら自宅でケアをした方がいいとのこと。お手入れにつ

  • オーディションのメールの書き方

    オーディションを受ける前は大体書類審査があります。私が留学した後初めてオーディションの申し込みをした時はメールを送る時に何を書いたら良いのか分からなかったのでとても大変でした。オーディションにも種類がありオープンオーディションとプライベートオーディションがあります。オープンオーディションは団体のオーディションで、申し込んだ人全員受講可能な場合と書類審査通過した人のみの場合があります。プライベートオーディションは団体オーディションではなく、カンパニーに直接連絡をとってカンパニ

  • 海外のお米

    日本人だとどうしても白米が恋しくなるもの。留学中に日本食がどうしても食べたくて自炊で和食を作っても、海外のお米だと和食にはあまり合わない…。海外生活の楽しみ方 では海外と日本のスーパーで売られているものを比較してみました。その中でお米の話を少ししたので、海外で売られてる日本米に近いお米の種類をご紹介します。フランス初めての留学はフランス。何もかも分からない状態での一人暮らし。英語もあまり分からない状態でのフランス語なんて分かるわけがありません

  • 留学して分かった日本と海外の食材の違い

    海外留学するまでは海外の食材など未知の世界。初めて留学した時はフランスで、驚きばかりで海外の食材に慣れるのに時間がかかりました。日本食は魅力的ですが日本にはなく海外にしかない素敵な食材もあります。ヨーロッパ(フランスやドイツ、主にスイス)のスーパーで買い物をしていて驚いたことがいくつかあるのでご紹介したいと思います。【お肉】まず最初に驚いたことは、鳥もも肉は骨付きしか売っていません。日本ではもも肉は骨が付いていないものと骨付きがありますがスイ

  • 海外生活の楽しみ方

    海外留学とは日本で体験出来ないことを体験するには最高の環境だと思います。なすべき事を一生懸命行うのは当たり前の事ですがそればかりでは周りが見えなくなってしまうと思います。初めて留学した時はフランスで、驚きばかりで海外の食材に慣れるのに時間がかかりました。日本食は魅力的ですが日本にはなく海外にしかない素敵な食材もあります。ヨーロッパ(フランスやドイツ、主にスイス)のスーパーで買い物をしていて驚いたことがいくつかあるのでご紹介したいと思います。【お肉】

  • 留学する時に持って行って方が良いもの

    留学の経験を通して日本から持って行った方が良いと思ったものがあります。それは、①薬類②コンタクトレンズ③日本食です。留学を考えてる方は、これらは持っていくつもりだと思います。私は特にこの3つが重要だと思いました。その理由がいくつかあるのでお話ししたいと思います。私は留学する前、海外は未知の世界だと思っていました。シャンプーや洗濯洗剤はどんなのが売ってるの?輪ゴムやボンドは存在するの?絆創膏や薬は?食べ物は何が売っているの?などなど。疑問だらけ。私が住んだこと

  • スイスで栄養学が活躍した話

    フランスへ留学後はスイスのジュニアカンパニーに4年間所属していました。栄養学の知識が無かった為に失敗したお話は海外留学をする前にでお話しましたが、ここではタンパク質がいかに大切なのかを痛感したお話をしたいと思います。スイス生活1〜2年目スイス生活1〜2年目はフランスの時同様、栄養学の知識があまりありませんでした。スイスの美味しいチーズを食べすぎて太ってしまったり、食事制限をしすぎて痩せたのは良いものの体力がなく、まともに踊れない時もあ

  • 海外での住居

    海外留学するにあたって住居のことですが、様々なパターンがあります。例えば、イギリスのセントラルスクールの様なバレエ学校なら大体は付属の寮があるのでそこに住めますし、カンパニーなら自分で探さなければなりません。一人暮らしなのか、シェアハウスなのか、またはある一家の一室で仮住まいをさせてもらうのか...付属の寮があるのは調べなくて良いからラッキーですよね。ですが自分で家を探すとなると結構大変です。低コストで済ますならシェアハウス*メリット家賃が安い。同居

  • 海外の舞台で踊る前にしておけば良かったこと②

    海外のみに限りませんが、特に海外でコンテンポラリーの作品になると露出の多い衣装になることもあると思います。海外の舞台で踊る前にしておけば良かったこと①では、低用量ピルについてお話しました。今回は医療脱毛しておけば良かったと思った理由についてお話したいと思います。医療脱毛をすすめる理由①:見えない安心感もし衣装がショートパンツやレオタードの様に際どかったらアンダーヘアが見えてしまわないか不安ですよね。踊ってる最中に開脚したりすると見えてしまうことがあり

  • 海外の舞台で踊る前にしておけば良かったこと①

    スイスのジュニアカンパニーに所属している時に感じたことをお話します。海外での舞台衣装は古典バレエの作品ならもちろんチュチュなどの衣装を着ますが、コンテンポラリーの作品になると露出が多くなってきます。作品によりますが、レオタード1枚のみやショートパンツとブラだけ、さらに肌色の薄手素材の衣装で肉体美を前面に出すことも...その様な作品を踊る時にしていけばよかった!と思ったことが主に2つあります。それは、低用量ピルの服用と医療脱毛です。低用量ピルに関して、必ずやる

  • 海外留学をする前に

    私は高校卒業してフランス1年間とスイス4年間留学しました。留学する前にしておけば良かったと思ったことをまとめてみました。1.積極的に人とコミュニケーションをとる2.英語の基礎と単語力3.最低限の栄養学1.積極的に人とコミュニケーションをとるどこへ行っても言えることなのですが、特に海外では皆んながとにかく積極的。周りにどう思われるかなど気にしていません。私はすごく受け身な性格で、自分から先生や監督に積極的に話しかけるのが苦手な性格でした。でもそ

  • 海外留学をする前に

    私は高校卒業してフランス1年間とスイス4年間留学しました。留学する前にしておけば良かったと思ったことをまとめてみました。1.積極的に人とコミュニケーションをとる2.英語の基礎と単語力3.最低限の栄養学1.積極的に人とコミュニケーションをとるどこへ行っても言えることなのですが、特に海外では皆んながとにかく積極的。周りにどう思われるかなど気にしていません。私はすごく受け身な性格で、自分から先生や監督に積極的に話しかけるのが苦手な性格でした。でもそ

  • オーディションへ行く時の注意点

    オーディションに行く時の注意点1.事前に調べておくべき内容2.服装や髪型の2点をご紹介します。1.事前に調べておくべき内容オーディションに行く前に・カンパニーのスタイル・監督、バレエマスターorミストレスの顔と名前・空きコントラクトがあるか・ビザがおりるかを事前に調べておく必要があります。・カンパニーのスタイルカンパニーのスタイルは Website や Youtube でちゃんと調べてからオーディションに行く様にしましょう。元々クラシックのカンパニーなのに新しいディ

  • オーディション用のビデオの撮り方

    オーディション用のビデオの撮り方1.服装や髪型2.ビデオの長さ3.ビデオの撮り方の3点のポイントをご紹介します。1.服装や髪型ビデオを撮る時の服装や髪型ですが、オーディションを受ける時のアウトフィットに近い方が良いと思います。・バレエの場合レオタードとピンクタイツor黒のシースルータイツ、スカート付きでも良いでしょう。ピンクタイツだと色味的に膨張して見えるのが気になる様であれば、黒のシースルータイツもオススメです。20デニールくらいだと生地が薄いので、筋肉のラインが

  • オーディション用の写真の撮り方

    オーディション用の写真1.クラシックバレエ(ダンス写真)2.コンテンポラリー(ダンス写真)3.顔写真の3点の撮り方やポイントをご紹介します。1.クラシックバレエ(ダンス写真)まず、服装ですが・レオタード・ピンクタイツなしの生足・肌色に塗ったトゥシューズがオススメです。生足の理由ですが、ピンクタイツを履くと生徒っぽく見えてしまうのと、せっかくの筋肉が隠されてしまうからです。オーディション用写真では、その人の肉体がどれだけ鍛えられているかも見られるので筋肉はどんどん見せ

  • 海外でカンパニーに送るCV(履歴書)の書き方

    海外で プロのカンパニーやジュニアカンパニーに送る CV(履歴書) の書き方についてご紹介します。まず、Profile(個人情報)を書きます。・Name(名前)・Adress(住所)・Date of birth(生年月日)・Nationality(国籍)・Hight(身長)・Weight(体重)・Mobile phone(電話番号)・Email(メールアドレス)・Language(言語) が必須です。この時に注意してもらいたいのが言語なんですが、第

カテゴリー一覧
商用