searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

マアトさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Apu Medicina
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/apu-medicina
ブログ紹介文
アプは山という意味。高い山々は叡智を保持しているとインカのシャーマン達は云います。
更新頻度(1年)

9回 / 62日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2020/02/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、マアトさんの読者になりませんか?

ハンドル名
マアトさん
ブログタイトル
Apu Medicina
更新頻度
9回 / 62日(平均1.0回/週)
読者になる
Apu Medicina

マアトさんの新着記事

1件〜30件

  • この様なパンデミックについて、シャーマンの視点から

    どんな種類のパンデミックであろうと、シャーマンが最初に実践する事は、封じ込めでしょう。でも、私は、今世界全体を流れいるこのパンデミックについて、シャーマンの視点、母なる大地の視点から、どの様に私たちが奉仕出来るのか、解決策を読み取ってみました。創造の四つのレベルに分けて、戦術をみてみましょう。サーペント(蛇)のレベル-身体-ビタミンC&Dを摂取しましょう。症状を感じたなら1時間ごとに1グラム摂取する事で身体からウィルスが消える速度を早めます。良質の善玉菌を摂取する。カプセルから出して5〜10分温水の中につけ、それを飲みます。(これは普段健康な人への対処法です。持病などある方は医者に相談して下さい)ジャガー(雹)のレベル-思考と感情-誰を許す必要があるのかを考えます。この時期に"Iloveyou"や「許し」を伝え...この様なパンデミックについて、シャーマンの視点から

  • 春分の日 〜火の儀式〜

    明日は、春分の日。すっかり世の中は大変な事態となっていますが、いよいよ激動の時代の始まりです。これも人間が選択した試練であり、乗り越えて行かなければいけません。自然界はずっと人間界を見守っている事でしょう。自然界は、何も変わりなく、常に私たちに良い波動を送ってくれています。こういう時こそ、自然に目を向け、激動を目前にして、また自分の内面に目を向ける時間を与えられた事に感謝をしなければ行けないと思います。明日は春分の日。八ヶ岳の麓で火の儀式を行いたいと思います。朝11時から12時くらいまで、やっていますので、良かったらご一緒に自然界への感謝を捧げて下さい。時間帯は別でも、祈りを捧げたり、家で簡単な火の儀式を行う事も出来ます。家の中で行う方法:1.ろうそくを1本か3本用意します。燃えない土器やステンレスなどの器の中...春分の日〜火の儀式〜

  • デトックス法

    次の動画がアップされました。「日本の農薬事情の真実」についての内容など:2月28日23:59まで限定公開されています。https://youtu.be/c_xctnZdeA4見ると嫌になりますが、やはり真実を知る必要はありますね。・・もう食べられるものは、何も無いのではないかという気分になってしまいますが、せめてもの努力だけはして行きたいと思います。やはりデトックスが大事ではないかと思います。自然の食生活で取り除く方法:*ブロッコリーやパクチー、海藻など「濃い緑色」を毎日食べる。-野菜は無農薬と書いてあっても完全無農薬ではないので、やはり野菜洗いの洗剤や「ホタテの力くん」などを使って出来るだけ除去する。-ブロッコリーは、かなり農薬がついているので、上の方法で農薬を取る必要があります。水で表面を洗うと水を弾きます...デトックス法

  • アルベルト・ビロルド博士からの回答

    前回のシリーズ1〜3を紹介して来ましたが著書「ワン・スピリット・メディシン」「GrowANewBody」等多数、私の先生でもあるアルベルト・ビロルド博士に直接質問する機会がありました。私の質問1:「グルテンを食べる事でリーキー・ガット(腸に穴が出来る)になるという研究結果が出ていますが、グルテンを食べなくなると、それは自然と修復されて行くのですか?」ビロルド博士の答え:「はい、どれだけ穴が空いているか修復の期間は異なりますが、自然に修復されて行きます。リーキー・ガットとは、グルテンという成分によって腸の角に穴が空いてしまい、そこから栄養だけでなく、腐敗物が血液に流れ込んでしまい、あらゆる不調、炎症、アレルギー、病気の元となります。お腹が張る、膨張する、小麦粉製品、パンなど食べると怠くなるというのは一つにサインで...アルベルト・ビロルド博士からの回答

  • 日本では健康診断が捏造されている!

    アルベルト博士が言うことともリンクする内容が満載だったこの四つの動画19日23時59まで見れるようです。製薬会社や医学会などからの反発を恐れて限定一時公開になっているようです。https://genki.ac/optin/202001/file_1_vcf7k/index.html第一部「健康診断の不都合な真実ー2/3は異常判定されるカラクリとは?」https://youtu.be/WlKWI_UcDd4第二部「腸のカビ-小麦や牛乳などの問題」https://youtu.be/1w_fmFmpa3k第三部「奇跡の耳のツボ-一瞬で不調が消えるコツ」https://youtu.be/mZYQv5fvWC0第四部「断食と糖分・塩分・水分の真実」https://youtu.be/XdeJRqBF3oo日本では健康診断が捏造されている!

  • Grow a New Body! - 新しい体を再生させる! Part 3

    最後の第三弾です。L:ルミナス・ボディーのバイオ・フィールド(光体フィールド)に変化を与える・・・ハッキングするのですよね?(笑)どうやって、それを行うのですか?A:シャーマン達は、もちろんハッキングという用語は使いませんが、現代的には良く行われていますね。(笑)このバイオ・フィールドというソフト・ウェアは、生まれた時から誰もが持っています。アップル・コンピュターを最近購入しましたが、最初からある程度のソフト・ウェアが付いて来ますよね?それと同じように、私達も最初からソフト・ウェアが付いて来ていますが、それは、人類の基本のソフトウェアであり、それはサバイバルが目的のものです。自然界は、人類の存続は望んでいますが、個人個人の長寿には興味がありません。人類の存続の為に生殖のプログラムが埋め込まれています。その為セッ...GrowaNewBody!-新しい体を再生させる!Part3

  • 「Grow A New Body - 新しい体を再生させる」ー動画・日本語字幕つけました。

    アルベルト・ヴィロルド博士が語る「新しい体を再生させる」ー動画・日本語字幕つけました。https://youtu.be/JhyyyIeKsOYアルベルト・ヴィロルド氏医療人類学の博士であったが、全ての西洋的知識を捨てて、ペルーのインカやアマゾンのシャーマンのところで15年修行した。自分も難病にかかり、医者には脳、心臓、腎臓の移植が必要だと言われた。しかし食事療法とエナジー・ヒーリングで新しい体を作り、自分で完治させた。6週間で体は再生可能!「GrowANewBody-新しい体を再生させる」ー動画・日本語字幕つけました。

  • Grow a New Body! - 新しい体を再生させる! Part 2

    前回の続きです。私達には、ルミナス・ボディーつまり光体の部分があります。アルベルト・ヴィロルド博士がペルーのシャーマンから学び、自ら体験し、確認したこの光体には、私達の過去の記憶が青写真の様にインプリントされています。実際のエネルギーは、肉眼で見えず内なる目でのみ見る事が出来ます。このアレックス・グレーの絵画のような光体が実際にはあり、守護しているスピリットなどとも繋がっているのが分かりますね。そして、殆どの身体的あるいは精神的な病は、この過去の記録された青写真によって引き起こしているといいます。ですから、この光体にインプリントされている記憶を消去する事によって、本格的なヒーリングが起き、身体的あるいは精神的な病が消えていくという事です。L:この光体と脳の関係を少し説明して頂けますか?A:光体の部分の青写真が身...GrowaNewBody!-新しい体を再生させる!Part2

  • チリにてシャーマン・エナジー・メディスン・コースを終えて

    昨年の1月から始まり、間で練習・実践を重ねながら、最後の2週間を11月チリにて受講して、300時間のコースを修了して来ました。5名の先生、アルベルト博士と奥さんのマルセラ、古株のマーサ先生と若手のセバスチャンとアントネラ。皆さん素晴らしい能力を開花させたシャーマンでした。アルベルト・ヴィロルド博士(写真:左下)の記事は、以前にもGrowANewBody-新しい体を育てる方法で紹介してますが、アルベルト氏は、医療人類学の博士ですが、20年間ペルーのアマゾンやインカのシャーマンのところに行き修行を重ね、体は、再生が可能であるという事を教えてもらったという事です。当時最先端の医療人類学を教える大学教授であり、また製薬会社から契約されて世界中のジャングルに入り、先住民のシャーマン達から薬草を学び、新しい薬を開発する為に...チリにてシャーマン・エナジー・メディスン・コースを終えて

  • Grow a New Body! - 新しい体を再生させる! Part 1

    体内に取り込む食べ物と感情の関係等、開眼された情報だったので、こちらで皆様にシェアしたいと思いました。GaiaTVというサイトがあり、健康やスピリチャルな内容を色々な観点から紹介しているドキュメンタリー番組があります。こちらの動画を字幕付きでお届け出来ると一番良いのですが、著作権の問題もあり、現在Gaiaは、問い合わせも受け付けていないのでコンタクトが出来ません。本「ワン・スピリット・メディスン」著者:アルベルト・ヴィロルドの日本語訳版も発売されていますのでご存知の方もいるかと思いますが、ビデオから大事な部分をこちらに翻訳してご紹介させて頂きます。アルベルト・ヴィロルドは、医療人類学の博士ですが西洋医学の知識を全て捨てて、15年間ペルーのアマゾン・ジャングルや山の方に住むインカのシャーマンのところに行き修行を重...GrowaNewBody!-新しい体を再生させる!Part1

  • 自己紹介

    はじめまして(ニックネーム)マアトと申します。どうぞ宜しくお願い致します。シャーマニズムに深い関心があります。インカ帝国でシャーマンだった人々は、スペインの侵略を受け、アンデス山脈の高地に逃げ、そこで暮らし始めました。このブログのタイトルは、ApuMedicina(アプ・メディシナ)。インカの言語は、ケチュア語です。ケチュア語でアプとは山という意味。メディシナとは、ヒーリング、超自然の治療、薬草などを意味します。インカのシャーマン達は、母なる大地、父なる空、太陽、天に日々感謝を送り、いつも繋がりを感じて自分の一部であると考えています。山をとても大切にし、世界の高い山々は常に交信し合い、叡智を保持していると考えています。私も八ヶ岳の山麓に住み、山や大自然をとても愛しています。山のもつ神々しさ、何事にも動じない力強...自己紹介

  • ペルーの旅と一年を振り返って 

    無事ペルーから戻ってきました。時差ボケ、標高差ボケ、次元差ボケと三重苦を乗り越え(笑)ようやく正気に戻ってきました一年に二回もマチュピチュに行くことになるとは、我ながらびっくりですが、春分に太陽の門を訪れ、冬至近くの満月に月の神殿に行く流れになったことは何か意味があるのだと思います。何だか「陽の世界と陰の世界、宇宙を一周した」気分で、何かがグンと収まった感じです。月の神殿は、マチュピチュの後ろにそびえ立つワイナピチュの山頂より裏に下っていったところにありますが、なぜか一般の観光客は山頂まで行くと帰ってしまいます。月の神殿までの道のりは急で危険というようにネットでも書いてあり、身体能力に自信のある方でないとお勧めしませんとありましたので、どんなところなのかと少々ビビリながら行きましたが、意外にそんなに大したことあ...ペルーの旅と一年を振り返って

  • ペルーのシャーマン儀式体験記

    今まではクスコの標高の高い場所に行っていましたが、今回はアマゾンの奥地へ。行く事になったきっかけは、浅川嘉富氏の著書で「UFO宇宙人アセンション・真実への完全ガイド」。これはチェコソロバキア人のペトロ・ホボット氏との対談本です。このペドロさんは、幼い頃から次元移動ができてしまう能力を持っていたのですが、自分の意志でそれをコントロールできず、気がつくとどこか知らないところにいることが多々あり、それが悩みだったそうです。そこでロシアのKGBがそのような超能力を持つ子供を育てるプログラムをやっていて、そこでトレーニングを受け、遠隔透視能力などを活用した仕事をKGBにて数年していたそうです。しかし、ある時、KGBを離れるようにと、宇宙人に言われ、KGBをやめ、その後は人々を治療したり、瞑想を教えたりヨーロッパで活躍され...ペルーのシャーマン儀式体験記

  • ペルーの旅 ーその2

    そういえば、ペルーに行く前に、蜘蛛がお迎えにきてくれたのを思い出しました。珍しく蜘蛛が私の座るパソコンの上を行ったり来たり、立ち止まったりしていました。これは何かサインかなと思いました。これから、凄いスパイダー・ウェッブのはじまりだよ~と言っているような。そして、ペルーでも旅が始まりました。12日間の間5回の儀式を行い、自分の内なる世界を自分の脳で見るような感じです。なんとなく自分で思っていた事がはっきりと分かりました。自分のDNAの記憶でした。以前にも記事を書いた事がありますが、自分のDNA・血液検査をして、自分のルーツを調べた事があります。日本人が日本にやってきたルートがいくつかあり、そのどの群に属するかというのが分かるデータです。私は、B群というのに族していて、そのグループは「祖先たちは日本に最初に到達し...ペルーの旅ーその2

  • ペルーの旅 -その1

    無事ペルー14日間の旅から帰って来ました。クスコからウルバンバという村まで車で1時間。そこにずっと滞在していました。間に色々観光でオランタイタンボの町と遺跡、ピサックの遺跡、町とマーケット、インカの時代からあるという塩田やUFOの発着したと思われる遺跡モーレイなど、そして最後極めつけにマチュ・ピチュも行く事が出来ました!今日は写真を前半だけしかアップ出来ませんが、また後日後半の写真をアップ致しますので良かったら見て下さい!全部で400枚くらい撮ってきたので、どれもお見せしたい気持ちですが、全部アップするのは大変なので、一生懸命選択してみました。(笑)時差ボケで朝4時から目が覚めてしまったのでちょうど良い作業が月曜日の恒例ブログ・アップデートに間に合いました。今回は、50歳を過ぎた記念に何か大きなシフトがほしいな...ペルーの旅-その1

カテゴリー一覧
商用