searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Education Salon OSAKAさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

数学・算数専門塾Education Salon OSAKAの公式ブログです。 「教育」をテーマにした記事を書いています。 Education Salon OSAKAの日常もたまーに書きます。

ブログタイトル
Education Salon
ブログURL
https://r.goope.jp/educationsalon
ブログ紹介文
数学・算数専門塾Education Salon OSAKAのブログです。 受験や、教育に関する記事を投稿してます。 学習方法から、受験の裏側まで。あまり知られていない教育業界の裏側の記事もあげています。
更新頻度(1年)

51回 / 353日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2020/01/31

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Education Salon OSAKAさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Education Salon OSAKAさん
ブログタイトル
Education Salon
更新頻度
51回 / 353日(平均1.0回/週)
読者になる
Education Salon

Education Salon OSAKAさんの新着記事

1件〜30件

  • 模試は受けてからの方が大切!!

    今年度は新型コロナウイルスの影響で、延期や自宅受験ばかりになっていた模試が少しずつ行われ始めました。今年からはセンター試験ではなく、共通テストになるので、問題の出題形式が変わっていましたね。河合塾も全統共通テスト模試と名称が変わりました。共通テストについてあまり知らなく、「え!?数1Aって70分なん!?」「英語長文しか出てないやん!」などと、当日呆気にとられた受験生も多いのではないでしょうか。自己採点をしてからの、心の揺さぶりは貴重な経験だとは思います。今回は模試を受けてからのスタンスについての記事となります。 自己採点、解き直しは当日中に行おう。 偏差値、判定、平均点だけで評価しない。 次の…

  • 共通テスト対策はどこの予備校も完敗する

    共通テスト対策問題集が市場を賑わすようになってきましたが、過去問と呼ばれる教材がない中で、それをやっても万全になんてなりません。そもそも万全なんて一生きません。 「共通テスト対策は〇〇(学習塾名)でバッチリ!」なんて謡っている学習塾は多くありますが、過去問を含め、情報があまりにも少ない今は、結局のところ生徒の実力頼みになります。わかりやすく言うと、「偏差値70に生徒であったら100点満点中50点になったりすることはないよねー」ということです。 最近行われた河合塾の第一回全統共通テスト模試。プレテストの問題形式に体裁は整えましたが、プレテストのような問題になるとは発表がなされていません。それでも…

  • オンライン生であっても年に1回はお会いしたい

    緊急事態宣言が解除されつつある中で、学習塾・予備校の対面授業も再開し始めてきました。集団指導の学習塾・予備校は約2ヶ月の遅れを取り戻すために、ここから必死でしょう。映像授業やオンライン授業への整備が遅れた大手予備校は特に大変です。夏期講習期間返上で、レギュラー授業に臨まなければなりません。塾・予備校にとって、夏期講習期間は売り上げの伸びる重要な時期です。それが今年はうまく設置できないので、売り上げとしても、授業を行えなかった分、生徒の学習定着度としても、昨年のようにはいかないでしょう。このコロナの外出制限によって、学びに対するモチベーションが低下した子どもの割合は約50%にも当たるとのアンケー…

  • 高校2年生がやらなアカンのは数2Bだけじゃなくて、数1Aと2Bだよ

    公立高校の数学のカリキュラムは基本的に高1:数学1A高2:数学2B高3:数学3or数学1A2Bの復習となります。定期テストもあるので、数学2Bは頑張るでしょう。しかし、高校2年生で行わなければならないのは数学2Bだけではなく、数学2Bと数学1Aになります。今回はそのことについての記事になります。 数学2Bを進めている間は数学1Aの能力は下がっていく 早めに苦手分野を潰しておかないと次に出会うのは高校3年生、つまり受験生になってから 部活動で重要なポジションになったり、遊び方に幅が広がったりする まとめ 数学2Bを進めている間は数学1Aの能力は下がっていく 正弦定理・余弦定理を忘れてしまった高校…

  • 2020年度入試ってどうなるんすか?予測してみた。

    第一回目となる大学入学共通テストの実施日が令和3年1月16日、17日と文部科学相から発表がありました。萩生田文部科学大臣はAO入試や推薦入試の募集時期を遅らせる必要があるとの考えも示しました。推薦入試やAO入試では部活動の活動実績や、ボランティアなどの課外活動も評価対象に当たるため、多くの大会が中止となった2020年度の受験生は、自分の進路に大きな不安を感じているのではないでしょうか? AO入試は9月から、推薦入試は11月から出願が始まりますが、調査書だけでなく、面談を加えることも今年度に限っては必要ではないかと、特定の受験生に不利益が生じないように大学側に配慮を求める、高校や大学関係者と相談…

  • 映像授業?オンライン授業?実際どうなんですか?

    新型コロナウイルスの影響で学校を含め、対面による講義型の授業が行えなくなりました。ZOOMやSkypeといったビデオアプリや、YouTubeやスタディサプリといったストリーミングによる学習に強制的に移行させられました。「動画なんかやったら勉強できひんって〜」というお子様に悩まされている保護者様も、多いのではないでしょうか。今回は今の教育現場を賑わしている、インターネットを活用した学習方法(映像授業とオンライン授業)についての記事になります。 映像授業とは オンライン授業とは 映像授業をオンライン授業というのはもうやめませんか? まとめ 映像授業とは 映像授業とは、収録した動画を見て学ぶ学習形態…

  • STEAM教育について

    最近、注目されているSTEAM教育。みなさん、STEAM教育をご存知でしょうか?Education Salon OSAKAでも導入を試みようとしているのですが、インフラ的にも海外の実例のようにはいきません。これから必要な力は「従う力」ではなく、「生み出す力」。その生み出す力を身につけるのに、STEAM教育は有効な手段の一つだと考えています。(もちろん、それ以外でも大切なことは多くあります。)今回はそのSTEAM教育についての解説となります。 STEAM教育とは STEAM教育がなぜ今言われるようになったのか 文科省のSTEAM教育に対する方針 まとめ STEAM教育とは STEAM教育とは、S…

  • 学校法人とは?

    新型コロナウイルスの影響で4月以降の学校がどうなるかわかりません。もし首都封鎖、ロックダウンが決行されるのであれば、都内の学校の再開はさらに遅れるかもしれません。駿台、河合塾は学校法人ですので、文科省の要請を考慮しなければならないとすると、駿台も河合塾も新年度のコースを4月に開校できないかもしれませんね。この学校法人について、皆さんご存知でしょうか?駿台は学校法人だから駿台生は学割が使える。といったことはわかりますが、学校法人とはいったいどういうものなのでしょうか。今回は学校法人について調べてみました。 学校法人ってなに? 学校法人と学校の違い 学校法人の特徴 まとめ 学校法人ってなに? 学校…

  • アクティブラーニングについて

    共通テスト、記述式、英語4技能といった大きな変更点となる入試制度改革。その対策として「アクティブラーニング」という学習方法が話題となりました。「入試制度改革で偏差値教育ではなくなる。アクティブラーニングだ!」「アクティブラーニングを行なっていれば、大学受験は大丈夫!」などと言われていました。それが2016年の話です。約4年経ってどうなったでしょうか?広まりましたか?今回はその答え合わせとなります。 アクティブラーニングとは アクティブラーニングの現場 アクティブラーニングが広まらない理由 まとめ アクティブラーニングとは 文科省が出している用語集では、アクティブラーニングとは以下のように定義さ…

  • 1年の浪人生活のモデル

    新型コロナウイルスの影響で予備校が定まっていない方、もうすでに予備校を選んで、頑張り始めている方、最後まで志望校の追加合格をまっている方、様々でしょう。特に学校法人の認可をとっている駿台・河合塾は文科省の要請を無視することはできないので、今後どうなるか不透明です。自分自身の浪人経験、講師としての経験から、浪人生活のうまくいったモデルとそうではないモデルについて書きます。予備校選びに関しては、こちらも参照してください。 当たり前のことですが、コツコツ勉強を継続して行うか、サボって遊ぶかが分かれ目です。 4〜6月の3ヶ月で勝負は決まる 7、8月は夏期講習 9月、10月は数字になって返ってくる 11…

  • ゲームは1日1時間に科学的根拠なんてない

    日本は科学的根拠がないものを正当化して押し付けるのが得意です。その典型例が三角食べです。三角食べに関しては以前の記事でも書きましたね。 日本には現行制度を根拠無く正当化する文化があります。どこかで「前例がないから」と通らなかったケースを経験したことがある方は多いのではないでしょうか?「ゲームは1日1時間」も同じです。1時間にしなければならない科学的根拠なんてどこにもありません。 テレビゲームはダメで、野球ならいい 狂という漢字 言葉に縛られやすい日本人 テレビゲームはダメで、野球ならいい 温暖化で異常気象に襲われる今。夏場の運動部と熱中症のお話は毎年の恒例です。2019年夏に最高気温が40℃が…

  • 中学受験の再ブーム到来

    大学入試改革、新テストから逃れるためにも、関関同立といった有名大学へのエスカレーター校は人気が出るだろう。新テストになっても灘や東大寺といったトップ校の進学実績はそこまで変わらないだろう。都内だと中学受験して当たり前となっている区もある。まだまだ学歴神話が信じられている。 こういった予測から、中学受験は再ブーム到来するだろうと予想していましたが、今年2020年の入試でそれが決定的なものとなりました。想像以上に早かったですね。やはり感度の高い人は動いているということなのでしょう。少子化が進み、浪人の数が減っている中で中学受験者数は増加しました。中学受験を対象とする教育サービスは教育分野で数少ない…

  • 浪人するときの予備校の選び方

    新型コロナウイルスの影響で、今年はどこの予備校も高卒の生徒集めに苦戦しているそうです。大手予備校は新規入会者数が前年比に対して凄まじく低くて、瀕死だと聞きます。そんな中で河合塾はレギュラーの授業を再開しました。他の集団指導の学習塾も続々と授業を再開し始めています。授業を行わないと売り上げが立たないから、自分たちの財政が先に底をついてしまう可能性もあります。どこの塾・予備校も願っているのは「頼むからうちからコロナ出ないでくれー」ということでしょう。新型コロナウイルスの影響で、2021年度の高卒生の予備校探しの動きが遅れている様子です。もうすでに入る予備校を決めている方、新型コロナウイルスの動きで…

  • 無料体験1ヶ月にする理由

    Education Salon OSAKAは無料体験が1ヶ月、4回の授業ととなっています。出講している医学部予備校でその話をすると、破格すぎて「えぇ!?」という反応を受けます。個別指導の医学部予備校ですと4回の授業で約10万円ぐらいかかります。そのコストを分かっている上で無料体験を設定しているのには理由があります。今日はそのことについてです。 慣れてもらうため カリキュラム作成 人間関係の構築 やさしい世界にするため 慣れてもらうため Education Salon OSAKAの環境や、授業のシステムに慣れてもらうためです。Education Salon OSAKAの授業は1時間授業、1時間演…

  • 中学受験は高3の1年間と環境のためでしかない

    早い方だと小1、小2から中学受験に向けて学習塾に通います。その目標はもちろん有名私立入学に合格すること。中学受験の大手学習塾でしたら、合格宣言といって大声で「〇〇中学にぃ!ぜっ!たい!合格!するぞー!」と叫んだりします。その熱量はサンシャイン池崎以上でしょう。 しかし、有名中学に受かったとしても何も保証はされません。有名中学に受かっても自分が、東大や京大へ合格できると決まったわけではありませんし、何も終わっていません。むしろ大学受験に向けて始まったにしかすぎません。 中学受験の本質は、「環境」と「高校3年生の1年間」を得るためです。どういうことでしょうか。今回はそのことについての記事になります…

  • どの塾も予備校も進研ゼミには敵わない

    学習塾、予備校、スタディサプリ、通信教育、YouTubeなどなど。偏差値を伸ばすための教育サービスは様々ありますが、最強の教育サービスはなんでしょうか? それは進研ゼミです。どの塾も予備校も進研ゼミには敵いません。ゼミ最強です。 塾や予備校に行くと成績は伸びるでしょう。もちろん、授業を受けて、板書をノートに写して、宿題を行ってといった先生の指示には従わなければなりません。それに比べると、ゼミはもっと簡単です。届く教材を進めるだけです。授業を受ける必要はありません。しかしゼミのポテンシャルの高さはそこではありません。 キーワードは「あっ!これゼミでやったところだ!」です。ゼミをやると定期テストで…

  • 人気講師の授業なんてパクれば同じ

    カリスマ講師、人気講師多くないですか?どの塾や予備校でも一人はいるそうです。まるでカリスマ講師のバーゲンセールです。 10年講師を続ければ?100人以上の授業を行えば?東大合格者を出したら?定義が定かでないので、どこからがカリスマ講師なのかわかりません。今の予備校業界には自称カリスマが多すぎます。 営業マンは「お願い」するな! [ 加賀田晃 ] 価格:1,430円(2020/3/22 05:44時点)感想(55件) (本当のカリスマ講師とはこの著者の加賀田晃氏のような人だと思っています。この本はオススメです。) 人気講師、カリスマ講師の授業はパクれば同じです。つまり焼き増し可能です。ぼくは藤原…

  • 情報収集力から情報編集力へ

    昭和の成長期の時代に求められていた能力は「情報収集力」でした。言われた通りにいかにいかに速く・正確に答えを出すことができるか。テストで良い点数を取ったり、かけっこで1等賞に成ることに価値があると教え込むのが小学校1年生から高校3年生までの教育です。現在の学校教育は工場のラインで働く人間を作るには素晴らしいですが、今は工場のラインで働く人間になりたい時代ではありません。 「情報収集力」とは、いかに多くの量を暗記することができるかです。 現行の入試制度はまだまだ「情報収集力」を求めているために受験は暗記ゲームと言っているわけです。 平成の成長社会から成熟社会に移り変わる中で求められる能力は「情報編…

  • なりたい職業がYouTuberってあかんことなん?

    2017年に将来なりたい職業ランキングにYouTuberが入り、問題となりました。これの何が問題なのでしょうか。今回はそれについて考えてみましょう。 なりたい職業ランキング(小学生編) (引用:https://www.jafp.or.jp/personal_finance/yume/syokugyo/) なりたい職業ランキング(中学生編) (引用:https://www.sonylife.co.jp/company/news/2019/nr_190806.html) 2017年から3年経って、YouTuberは増えました。4G回線が整備され、どこでもリッチな動画を見れるようになりました。これほ…

  • 春から高校生になる中3のみなさんへ

    今日は大阪の公立高校の合格発表です。第一志望に合格した方も、回し合格になった方も、残念な結果になった方も様々でしょう。いずれにせよ、4月からは高校生です。コロナの影響でディズニーやUSJなど行けない場所もありますが、春休みを謳歌して下さい。今日はそんな新高校1年生へのエールです。 高校に風紀委員はいません。変な部活もありません。謎の転校生は来ません。生徒会は強くありません。屋上には入れません。部活は作れません。全生徒の憧れの先輩とかいません。運命の相手もいません。高校はいたって平凡なところです。非日常は自分の手で作りましょう。 必要なのは勉強ではなく、観察と経験です。今の社会課題は何か。自分の…

  • 教育長は校長や教育委委員会の出世ではない

    学校だけでなく図書館や公民館といった教育機関を管轄している教育委員会。教育委員会は、教育行政における重要事項や基本方針を決定し、それに基づいて教育長が事務を執行しています。教育長も教育委員会のメンバーは校長先生からの昇格なのでしょうか?今回はそのことについて調べてみました。 教育委員会は教育長と4人の委員から構成されています。教育長は教育委員会の構成員であり、代表ではありますが、教育委員ではありません。これは権力を教育長に集中することを回避させるためです。「教育委員会で働く」というテキストは「教育委員会の委員か教育長として働く」か「教育委員会事務局で働く」という2つの意味合いがあります。教育委…

  • 上がどかない大手予備校には未来はない

    駿台や河合塾といった大手予備校では20年前のトップ講師が、今でもまだトップ講師としてポジションをとっています。ぼくが浪人生の時に授業を行っていた講師の方が、70代であっても講師としてまだいます。そのポジションを取るまでに費やしてきた時間、第一線で長い間活躍してきたキャリアは同業者として尊敬に当たります。 (浪人時代に習っていた竹岡広信先生) しかし、これは問題でもありますキャリアの長い、年長の講師の方がポジションを空けない予備校の構造だと、下の講師が育ちません。予備校としてはキャリアが長く信頼関係のあるベテランの講師の方に、「京大数学」といった人気の講座、重要な講座を担当してもらい、集客を稼ぎ…

  • 学力のフタコブラクダ化

    「学力のフタコブラクダ化」この言葉をご存知でしょうか?教育実践家である藤原和博さんが唱えている、現在の学校教育の問題提起として概念です。今日はこの考え方についてのご紹介です。 「学力のフタコブラクダ化」とは、現在の子どもが勉強の「得意な子」と「苦手な子」の2つに分かれているとする考えです。極端な例になりますが、5段階評価でいう4以上の生徒と2以下の生徒に分かれてしまい、3の生徒がいなくなっているという状態です。あまり良い表現ではありませんが、いわゆる「普通」の子がいないということです「得意な子」は、塾に行って、学校の内容を既に学び、学校の授業が簡単になっている層です。「苦手な子」は、自分の学年…

  • 受験業界における英語のヒエラルキーの高さを憂える

    塾の基本コースは小学生ならば算数と国語、中学生からは数学と英語となります。英語が本格的に始まるのは中学生からで、中学生の学習塾で英語と数学に重きが置かれることは自然なことです。中学校で英語の核になるような部分は全て学びますので、中学生の英語は非常に大切です。しかし大学受験を考えたときに、現在の英語のウェイトの大きさに対して疑問が残ります。 (引用:https://resemom.jp/article/2017/12/20/41956.html) 学生時代にイギリスに語学留学をしました。日常会話はできるようになりましたが、大学受験突破のために学んだ知識はほぼ役に立ちませんでした。中学校レベルの英…

  • 受験勉強なんて簡単

    高校生と大学生の違いはなんでしょうか?お酒が飲める?一人暮らしができる?答えは「学び」です。高校生の学びと大学生での学びは全く異なります。 テストで良い点数を取ったり、かけっこで1等賞になることに価値があると教え込むのが高校生までの教育です。それに対して、大学での学びは画一的な価値観を意に介さず、評価基準を自分で作り、自分で「美しい」と認めるものを追求するのがアカデミズムの世界になります。もはや美学の領域で、他人がどう思おうが関係ありません。小学校から高校までが近代教育で、大学からがアカデミックの領域になります。やりたいこと、研究したいテーマが見えていないまま、偏差値や大学名といったブランドで…

  • 「不登校=悪」ではない

    今でも「不登校=よくないこと」だと考えられていますが、そんなことはありません。不登校は単に「学校に行っていない」「学校に行きにくい」「学校を休みがち」なだけです。それの何が問題なのでしょうか?単に学校と自分が合わなかっただけです。大学や会社ならば、合わないと辞めて別の場所に行くことができますが、公立小中学校は住所で通う学校が決まるので、辞めて別の場所に行くことができません。再受験や、転職など、辞めて別の場所に行くことはいいのに、小中学校は義務教育だからそれができないので、行かないという方法をとる。学校に行かないだけです。呼吸をしないとか水を飲まない、ご飯を食べないなんてことではありません。これ…

  • 私立の高校受験は受験前に合否が決まる

    ほとんどの私立高校は受験前に行われる中学の検討会で合否が決まります。ほとんどというのはトップの私立校は当日入試一発で決まるからです。京都だと洛南、大阪だと大阪星光学院、清風南海などは受験で決まります。しかし、そうではない私立高校は受験前に中学校の内申点のマッチングで合否が決まります。「いやいやぁーそんなことないよー!入試で決まるよー!」という意見はわかります。昔に比べるとずいぶん緩和されたとも聞きますが、まだまだ」その伝統は残っています。(というより子どもが減っている今、その仕組みを捨てることはできません。高校も必死に生徒集めをしなければ、生き残れません。それほどまでに子どもが減りました。)し…

  • 中学受験の保護者会で伝えること

    中学受験の大手学習塾の保護者会では教室長や社員さんが登壇します。今でこそ独立したので、保護者様と面談する機会は増えましたが、講師が話す機会はあまり多くありません。以前勤めていた学習塾では、保護者会で講師が登壇できたので、そこで話していた一講師の一意見についての記事です。 平均点と得点と偏差値と判定だけで話すのはやめてあげてください テストで平均点が63ぐらいで自分の得点が52ぐらい、偏差値が50を下回るような得点をとって判定がうまく出なかったケースってありますよね。そこで「あんた!自分の得意科目の算数でこんな点数とって、どうすんのよ!?」とかと怒る方がいます。そんなこといちいち言われなくても成…

  • 大阪には本当にいい医学部予備校はない

    受験生に人気の医学部医学科。将来お医者さんになるための学科ですね。おそらくこのブログを読んでいただいている方のお子様の中にも「医学部に行きたい」「医師になりたい」と考えておられる方がいるのではないでしょうか?医学部バブルにのっかかって、医学部専門予備校は増えています。その拡大具合は凄まじいいです。 (引用:https://resemom.jp/article/2019/07/09/51402.html) 医学部予備校を作るのは簡単です。医学部予備校は基本的に講師と生徒の1対1の完全個別指導が多いです。机と椅子と先生1人、生徒1人させいれば作れます。つまり面積はそこまで必要ありません。個別指導の…

  • 鉄緑会と鉄緑崩れ

    多くの受験生から人気の鉄緑会。入会に厳しいテストや、指定中学校があったりと入るだけでも難しい学習塾です。東京の鉄緑会は東大専門、大阪・関西の鉄緑会は東大・京大・国公立医学部専門の学習塾として全国に知られるエリート集団ですね。わが子を全て東大理IIIに合格させたことで有名な「佐藤ママ」こと佐藤亮子さんの4人の子どもたち全員が、公文式→浜学園→鉄緑会というキャリアだったことも、鉄緑会の名前の拡散に一役買ったでしょう。 佐藤ママの子育てバイブル 三男一女東大理3合格! 学びの黄金ルール42 [ 佐藤亮子 ] 価格:1,650円(2020/3/9 18:08時点)感想(3件) 鉄緑会は徹底的な先取り学…

カテゴリー一覧
商用