searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
弁護士上田孝治の“ 法律あれこれBLOG ”
ブログURL
https://law-news.fc2.net/
ブログ紹介文
最新のニュースを法律的に徹底分析・解説!宅建業・不動産に関する実務や資格取得に役立つ情報を提供! and more・・・
更新頻度(1年)

21回 / 342日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2020/01/22

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、上田孝治 ~神戸さきがけ法律事務所~さんをフォローしませんか?

ハンドル名
上田孝治 ~神戸さきがけ法律事務所~さん
ブログタイトル
弁護士上田孝治の“ 法律あれこれBLOG ”
更新頻度
21回 / 342日(平均0.4回/週)
フォロー
弁護士上田孝治の“ 法律あれこれBLOG ”

上田孝治 ~神戸さきがけ法律事務所~さんの新着記事

1件〜30件

  • 「生命保険契約照会制度」がスタート

     生命保険契約の契約者や被保険者の「死亡」または「認知判断能力の低下」によって、生命保険契約の有無が分からないような場合に、「一般社団法人生命保険協会」が、生命保険契約の有無についてまとめて回答してくれる制度が、2021年7月からスタートしました。 この制度によって、亡くなった方の法定相続人、または認知判断能力の低下した方の3親等以内の親族や法定代理人などが、生命保険協会に対して照会すると、生命保険協...

  • 賃貸借契約の際の「残置物の処理等に関するモデル契約条項(ひな形)」が策定されました

    《策定された背景》 賃貸住宅において、賃借人が死亡すると、「賃借権」と「物件内に残された家財(残置物)の所有権」は相続人に引き継がれることになりますが、相続人の有無や所在が分からない場合、「賃貸借契約の解除」や「残置物の処理」が困難になることがあります。 このようなリスクがあるために、特に、単身の高齢者に対して、賃貸人が建物を貸すことを躊躇する問題が生じています。《どのように対策すべきか》 賃借人...

  • 宅建業者による人の死に関する心理的瑕疵の取扱いに関するガイドライン(案)のパブリックコメント(意見公募)

     国土交通省は、過去に人の死が生じた不動産の取引に際して、宅建業者が宅建業法上負うべき責務の解釈についての「ガイドライン(案)」をとりまとめました。 この「ガイドライン(案)」について、パブリックコメント(意見公募)が開始され、意見募集期間は、令和3年5月20日(木)から令和3年6月18日(金)までとなっています。 ガイドライン(案)のポイントは以下のとおりです。居住用不動産が対象人の死のうち、他殺、...

  • 元妻を殺人容疑で逮捕=「紀州のドン・ファン」死亡―体内から覚せい剤・和歌山県警(2021年4月28日のニュース)

     @niftyニュースによれば、「紀州のドン・ファン」と呼ばれ、資産家として知られていた野崎幸助さんを、元妻の須藤早貴容疑者が、急性覚せい剤中毒にさせて殺害した疑いで逮捕された、とのことです。《野崎さんの遺産相続は?》 まだ逮捕された段階ですので、殺人容疑の真相は分かりませんが、この件を「相続」という視点で分析してみます。 亡くなった野崎さんに子どもや両親はいなかったようですが、2020年5月には、野崎さん...

  • 「マンション標準管理規約」改正案のパブリックコメント開始(2021年4月14日)

     国土交通省が、2021年4月14日、「マンション標準管理規約」改正案(単棟型、団地型、複合用途型)のパブリックコメントを開始しましたので、以下にリンクを張っておきます。意見受付の締切は2021年5月20日です。   「マンション標準管理規約」の改正(案)に関する意見公募について《改正案のポイント》ITを活用した総会や理事会の会議の実施が可能なことを明確化。会議を実施するために用いる「WEB会議システム等」の定義...

  • 不動産の取引における書面の電磁的交付に関する社会実験の開始(売買取引)と延長(賃貸取引)

     令和3(2021)年3月10日、国土交通省から、不動産の取引における書面の電磁的交付について、以下の3点が発表されました。 ①令和2(2020)年9月から実施している「賃貸取引」における重要事項説明書等の書面の電子化に係る社会実験の延長(期間は、当面の間) ②「売買取引」における重要事項説明書等の書面の電子化に係る社会実験を新たに開始(期間は当面の間)。賃貸取引の社会実験に登録している事業者については、3月10日以...

  • 「iPhone発火で夫婦死亡」遺族がアップルジャパンを提訴 裁判のポイントは?(2021年3月7日のニュース)

     弁護士ドットコムニュースの、『「iPhone発火で夫婦死亡」遺族がアップルジャパンを提訴 裁判のポイントは?』という記事にコメントを出しました。 これは、愛知県内の民家が全焼して夫婦が亡くなったのは、スマートフォン「iPhoneXR」が充電中に発火したのが原因だとして、遺族が「アップルジャパン」を相手取り、約1億4400万円の損害賠償を求めて名古屋地裁に提訴したというニュースに関するコメントです。 メーカーが製品...

  • 2020年分の指定流通機構(レインズ)の活用状況が公表されました

     公益財団法人不動産流通推進センターが公表した2020年分(2020年1月~12月)のレインズの活用状況のポイントは以下のとおりです。2020年の新規登録件数の合計は、4,581,213 件(前年比 17.1%減)となり、月平均 381,768件の物件登録がなされている。内訳は、売り物件 1,553,003件(前年比 24.0%減)、賃貸物件3,028,210件(前年比 13.1%減)2020年の取引態様別新規登録件数(売り物件)のうち、専属専任媒介契約と専任媒介契...

  • 「ひょうご消費生活推進プラン(案)」のパブリック・コメントがはじまります

     現在の「兵庫県消費者教育推進計画」(期間:平成30~令和2年度)の改定に合わせ、消費生活相談、消費者の安全・安心確保も含む兵庫県の消費生活行政を総合的かつ計画的に推進していくための指針として「ひょうご消費生活推進プラン(案)」が作成され、パブリック・コメントがはじまりますので、リンクを張っておきます。 パブリック・コメントの受付期間は、令和3年1月21日から2月10日までです。 「ひょうご消費生活推進プラ...

  • 《兵庫県内の事業者向け》新型コロナウイルス対応のためのサイト紹介(随時更新)

    ☆『「新型コロナ感染症の影響による特別労働相談窓口」について』《兵庫労働局》兵庫県労働局による労働問題(労働条件、安全衛生、雇用の維持・確保に関する助成金等)に関する特別相談窓口☆「新型コロナウイルス感染症の流行に対する緊急の制度融資メニュー(兵庫県中小企業等融資制度)」(2020年12月22日更新版)《兵庫県》新型コロナウイルス感染症対応資金、新型コロナウイルス感染症保証料応援貸付【セーフティネット保証(...

  • 武井咲と地面師と弁護士と黒革の手帖

     2021年1月7日に放送されたドラマ「黒革の手帖」で、武井咲さん演じる元子が、地面師となって(いかにも残念な感じの)弁護士をだましているシーンがありました。 私が興味深かったのは、「ドラマで描かれた地面師の手口」などでは全くなく、武井咲さんが、日本弁護士連合会(日弁連)の広報キャラクターであるということです(笑) 日弁連の、武井咲さんのスペシャルサイトへのリンク(「いつでも、どんなことでも、弁護士。...

  • 不動産業務に関連する法令における行政庁に提出する書類の押印欄を削る宅建業法施行規則などの改正

    《押印廃止に向けた動き》 管内閣において、行政手続き上の押印廃止が推進されていますが、宅建業法施行規則などの不動産業務に関連する法令において定められている行政庁に提出すべき書類の様式について、押印欄を削る改正が行われ、いずれも2021(令和3)年1月1日に施行されることになりました。 なお、これは行政庁に提出する書類の様式の話で、いわゆるIT重説などとは(方向性は同じですが)別の話です。《対象となる法...

  • 座るだけで「1960円」居酒屋のえげつない料金システム…全部支払わないとダメ?(2020年12月18日のニュース)

     弁護士ドットコムニュースの、『座るだけで「1960円」居酒屋のえげつない料金システム…全部支払わないとダメ?』という記事に、コメントを出しましたので、ご覧下さい。 「○○代」とか「△△料」とか、よく分からないけど請求される料金について、法律的にどう考えられるのかを簡単にコメントしています。 とは言え、自分自身は、「よく分からないけど、まいっか」と思いながら素直に支払ってますね(^^;)...

  • 《事業者一般向け》新型コロナウイルス対応のためのサイト紹介(随時更新)

    ☆「家賃支援給付金」(2020年12月10日更新)《経済産業省》  【中小規模の法人・個人事業者向け】 新型コロナウイルス感染症拡大により影響を受ける事業者の地代・家賃の負担を軽減することを目的とする、賃借人である事業者に対しての給付金(給付額の上限は、法人は600万円、個人事業者は300万円)の申請は、2020年7月14日から2021年1月15日までが受付期間になります。 「いずれか1か月の売上が前年の同じ月と比較して50%以...

  • マンション管理適正化法とマンション建替円滑化法の改正(令和2年6月)内容のご紹介

    《改正の目的》 老朽化や管理組合の担い手不足が顕著な高経年マンションが急増している中で、マンションの維持管理の適正化や維持修繕等が困難なマンションの再生に向けた取組を強化するための改正です。 《「マンション管理適正化法」の改正の概要》(2022年6月までに施行)1.国の基本方針に基づき、地方公共団体はマンション管理適正化の推進のための計画を策定することができ(マンション管理適正化推進計画制度)、計画を...

  • 令和2年度宅建試験の合格発表がありました!

     2020年12月2日に、2020年度(令和2年度)の宅建試験の合格発表がありました。それによれば、合格点は38点以上で、合格率は昨年より0.6ポイント高い17.6%だったとのことです。 なお、宅建業法の担保責任についての特約の制限に関する問42ですが、私のブログで10月に指摘していたとおり、やはり、肢1と肢4の2つとも正解という複数解になっていました。宅建業法が改正されていなくても、元の民法が改正されることによって宅建...

  • プラダのサイトで価格誤表示 財布913円、スニーカー1045円など“格安”価格に プラダは「対応中」(2020年11月11日のニュース)

     exciteニュースによれば、プラダ公式オンラインストアにて、全ての商品の値段が格安になる不具合が発生し、すでに注文が寄せられているが、誤った価格での提供となるため、全てキャンセル対応となる、とのことです。《インターネット通販における売買契約の成立》 まず、インターネット通販においては、基本的に、サイトへの商品の掲載は「広告」にあたり、広告を見た消費者が商品購入の「申込」を行います。申込を受けて、ネッ...

  • 《不動産・マンション管理》新型コロナウイルス対応のためのサイト紹介(随時更新)

    ☆「不動産業における支援メニュー(概要)」(令和2年10月30日時点)《国土交通省》新型コロナウイルス感染症による影響を受けた不動産業者が活用できる、「中小企業・小規模事業者に対する政府系金融機関等による融資・資本増強」や「中小企業・小規模事業者に対する民間金融機関による融資等」といった支援メニューの概要とリンクがまとめられたもの☆「不動産業における 新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン(業界団体向...

  • 令和2(2020)年度 宅建試験「問42」は正解肢が2つあるのか??

     令和2(2020)年度宅建試験の問42(宅建業法の担保責任についての特約の制限に関する規定)は、誤っている肢がどれかという問題ですが、正解肢(=誤っている肢)が2つあるのではないかということで一部で議論になっているようです。具体的には、明らかに誤っている肢4だけでなく、肢1も誤っているのではないかという疑義です。 さて、いきなりですが、私のあくまでも個人的な見解による結論から言えば、肢1も誤っているので...

  • 令和2年度 宅地建物取引士資格試験 「権利関係」の問題分析〔その4〕(問11~14)

    《問11》借地 例年どおり、借地に関する問題が1問出題されましたが、肢1から肢4までのいずれの肢も非常に基本的な知識で解ける簡単な問題です。 以上から、問題全体の難易度としても、正解にたどり着けるという意味でも「すごく簡単」な問題になりますので、合格するためには正解しないといけない問題(スーパーマスト問題)と言えます。《問12》借家 例年どおり、借家に関する問題が1問出題されましたが、肢2から肢4まで...

  • 令和2年度 宅地建物取引士資格試験 「権利関係」の問題分析〔その3〕(問6~10)

    《問6》錯誤取消 民法改正により、錯誤に関するルールが整備されましたので、そこから出題されました。もっとも、錯誤に関する民法改正は、基本的には従来の最高裁の考え方や解釈論を条文化したものですので、実質的な変更ではありません。 肢1と肢4が表意者に重過失がある場合の取消の可否、肢2と肢3がいわゆる動機の錯誤の場合の取消の可否になり、論点としては比較的簡単ですが、事例問題の形式なので、(特に肢2~4は...

カテゴリー一覧
商用