プロフィールPROFILE

山吹とわさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

シロでもないクロでもない世界で、パンダは笑う、僕はどこから、絶対零度、ハムラアキラ、ランチ合コン探偵、恋はつづくよどこまでも、ケイジとケンジなど見てる

ブログタイトル
木の葉猫の隠れ家
ブログURL
https://yamabukitowa.hatenablog.com/
ブログ紹介文
連続ドラマ、海外ドラマの感想を書いています。刑事モノが中心。あとテレビ番組全般についての日々思うことも。今年は11月に大阪都構想の住民投票があるのでその話題にも触れていきます。
更新頻度(1年)

25回 / 31日(平均5.6回/週)

ブログ村参加:2020/01/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、山吹とわさんの読者になりませんか?

ハンドル名
山吹とわさん
ブログタイトル
木の葉猫の隠れ家
更新頻度
25回 / 31日(平均5.6回/週)
読者になる
木の葉猫の隠れ家

山吹とわさんの新着記事

1件〜30件

  • 僕はどこから 第6話 与えられた3日の猶予

    このドラマもいいよお~~!! このドラマの中島裕翔さんと間宮祥太朗さんがとてもいいの! はまり役だと思う。 気立てのいい裏表のない好青年をやらせたら天下一品の中島さん。 間宮さんは意外にもヤクザの組長役がとても似合う。 どこまでの闇を抱えてるのか奥底が見えない、でも包容力がある人物を好演してる。 得体のしれない怖さがあって、妹の千佳が慕いつつ、恐れてる気持ちがよく伝わってくる。 そんな千佳を、「俺のことを家族と思ってくれてるのかな?」と薫に愚痴るかわいらしさもあって魅力的だわ。 薫は「家族ですよ」と藤原を励ましてる。 学生の頃の話をしだすと、ほっこりムードが溢れ出す。 このふたり、ほんとにはま…

  • ランチ合コン探偵 第6話 ゆいかの秘密

    ようやくゆいかの過去が明らかに。 ランチ合コンをすれば、すぐに謎解きに夢中になって、麗子(トリンドル)の彼氏探しを邪魔してしまうゆいか。 どうしても本能が騒いで脱線してしまうのね。 でも、心から親身になって麗子の彼氏探しに協力もしてる。 麗子は麗子で、そんな脱線するゆいかに文句を言いつつ、相棒のように思うように。 彼氏はみつからないけれど、いつの間にかゆいかと麗子の絆は強くなっていて。 「なにか悩み事があれば言ってほしい」と言うと、 「麗子さんには関係のないことです」ときっぱり言われ、大ショックの麗子。 けれど、「あなたは私のことを心配してくれる。 私たちはもう友達なのよ」と麗子が諭すと…。 …

  • シロでもないクロでもない世界で、パンダは笑う 第5話 偽ミスパンダ、現る!!

    う~ん。どうなるの??? ミスパンダが指名手配されたわ。しかも殺人で。 ミスパンダと飼育員さんのファンだったのに、もう活躍はないの? これからは追われる立場になるの? 警察はミスパンダの正体、レンにたどりつけない?だったらいいけど。。。 前回、森島(横浜流星)に「飼育員さん」と声をかけた神代(要潤)。 ふたりは取引をして、森島は神代から情報を得ることができるようになったわ。 そして今回。 偽物のミスパンダと飼育員さんが出現し、事件を起こす。 7年前のボンドモール東京の爆破事件で死刑が確定した死刑囚、浜口がミスパンダと飼育員さんに連れ去られるのね。 浜口は今になって無罪を主張し、再審請求が認めら…

  • 絶対零度 第6話 感想

    本編も、吉岡(森永悠希)の話も。 いいお話だった。 父親のDVで母親を亡くしてしまった高校生の浅井(清水尋也)。 いまは父親と距離を置いてひとりで暮らしているが、母親を救えなかったことで自分を責め続けていた。 生きる気力をなくして、ビルの屋上に行くと、そこでひとりの身重の女性、由貴(足立梨花)と出会う。 話を聞くと、夫のDVに耐えかねて、死を考えているという。 浅井は救えなかった母親の代わりに、由貴を救おうと架空の殺人事件を企てる。 殺人事件があったのに、ミハンがまったく機能せず、探知すらしなかったことで、上層部が問題視。 香坂はこの殺人事件を捜査しなおすことにする。 ミハンチームは浅井を聴取…

  • シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第4話 パンケーキ王子!!

    森島直輝=メンタリストN=飼育員さん=パンケーキ王子!!! 出たよ~~。 パンケーキ王子!!! メンタリストNに飼育員さん、そしてパンケーキ王子!! どれだけ呼び名があるの?森島。(笑) 4話はねえ。 周囲のひとたちに、どんどんふたりの正体がバレていったよ。 ハラハラするわ。。。もう少し、飼育員さんとミスパンダの活躍を見ていたいのに。 ではそれを書いていくね。 ちょっと時系列が前後してて、わからないところもあるんだけど。。。 3話で森島(横浜流星)は門田(山崎樹範)にレン(清野菜名)は本当のレンじゃないですよね?って聞きに行ったよね。 門田は優秀な森島を相手にして、ごまかしきれず、事情を説明す…

  • 恋はつづくよ どこまでも 第1,2話 魔王と勇者

    4話がかなり評判で、その書き込みを見て、気になって録画してあったのを見た。 ラブコメは全然見ていないので、なにもかもが新線。 少女漫画設定だわねえ~としみじみ。 少女漫画は大好きだけど、もう10年くらい読んでないのでちょっと懐かしい。。。 これから、ラブコメも見ていこうかな。。。 主人公の女の子、佐倉七瀬(上白石萌音)が修学旅行先の東京で人命救助。 大声で助けを呼んで、駆けつけてくれた男性は医師だった。 そのカッコ良さとやさしさにひとめ惚れ。 救命士に告げた病院名と名前をしっかり覚えて、七瀬は看護師となり、5年後上京、その病院で勤務しはじめる。 1日目から、病院内を探し回って、手術したての医師…

  • 冬ドラマ通信 大体4話までの感想 その2

    上の3つはできるだけ毎回感想を書きたいドラマ。 そして、下のドラマは時々まとめて感想を書くよ~。 ●ハムラアキラ まだ3話まで。 初回はエキセントリックで苦手かなって思ったけど、毎回テイストが違うので、様子見。 でもあの本屋さんは好きだし、集っている人たちもおもしろい。 あまり出番はないのに、岡田警視(間宮祥太朗)は知的で推理好きで存在感があるのよね。 目立ってると思う。 ●ケイジとケンジ 結構おもしろいの。 中井戸(桐谷健太)と妹のみなみ(比嘉愛未)のやりとりがいいし。 桐谷さんって間の取り方とか抜群で、やりとりを見ていて吹き出すことが多い。 真島(東出昌大)はエリートなのに、もうボロボログ…

  • 冬ドラマ通信 大体4話までの感想 その1

    冬ドラマ、大体4話くらいまで放送されたので、ちょっと感想を。 冬ドラマは全体的におもしろい。 私が見続けてるのは、 シロクロパンダ、僕はどこから、絶対零度、ハムラアキラ、ケイジとケンジ、合コンランチ探偵、アリバイ崩し承ります、恋はつづくよどこまでもかな。 このすべての感想を毎回書きたいんだけれど、ついついまとめてになってしまう。 さて、いまの時点でも感想を。 ●シロでもないクロでもない世界で、パンダは笑う 冬ドラマの中で、一番好きなドラマ。 この年になって変身シーンにこんなにハマれるなんてうれしくて。 好きなものは年をとっても変わらないのね。 清野菜名さんと横浜流星さんはほとんどスタントなしで…

  • 僕はどこから 第3~5話 罠にはめられたわね…

    おもしろいわあ。 こんな展開になるとは思わなかったわ。 小説家志望の竹内薫(中島裕翔)とヤクザの組長の藤原智美(間宮祥太朗)。 ふたりは高校の同級生。 藤原は本好きで、高校の頃は薫の家に来たりして、ふたりで読書会を開いてた。 そのときのやりとりが警察に自白を迫られる薫を救うことに。。。 薫は母親の治療費などもあって、お金に困っていて、藤原の依頼を引き受けてしまうのね。 これが替え玉受験で、小論文のみなので薫の特殊能力が活かせるという。 薫は依頼主の息子、井上玲(笠松将)の文章をなぞることで、作風から筆跡までまねる。 いえ、ほんとはそれ以上。 相手の思考、意志、行動まで読み取れる。 けれど、その…

  • 絶対零度 第2~5話

    昨日の5話では、東堂(伊藤淳史)が登場。 もともと、加賀美(柄本明)のミハン計画を知り、東堂が推進役を買って出たんだそう。 だから、加賀美とは旧知の仲。 東堂はいま、民間のリサーチ会社に勤めていて、重要な情報管理を扱っている。 訪れた井沢(沢村一樹)と加賀美を気持ちよく受け入れ、情報を提供してた。 ニコリともしなかったけど、懐かしそうな雰囲気は漂ってた。

  • ハムラアキラ 第2話感想

    ハムラアキラ、2話見たよ~。 1話のエキセントリックで、ハードボイルドな作風から、私にはちょっとキツイかな~と思っていたんだけれど。 杞憂だったわ。

  • 麒麟が来る 第1話感想

    麒麟が来る。 実は見てる。見てるよん。 大河ドラマを見るのは、龍馬伝以来だよ~。 何年前だ? あっ真田丸は前半部分は見られたわ。 なぜ、今回見ようと思ったかというと。 まずは、帰蝶役が変わって、撮影が混乱してると聞いたから。 俳優さんやスタッフの方たちのがんばりを見てみたいと思ったの。 それから、川口春奈さんが代役だと聞いて、見たくなった。 好きなの。長谷川博己さんも好きなの。(笑) あと、麒麟がくるというタイトルに惹かれた。 これもとても大きい。

  • シロでもないクロでもない世界で、パンダは笑う。第3話感想

    催眠療法のグレーゾーン。 「かける方かけられる方の信頼関係が大事。患者が完璧に信頼してる状況なら別の人格を組み込むこともできる。けれど、決してしてはいけないよ」 1話で大学の講義で門田(山崎樹範)先生が言っていたこと。 今回、3話の最後で、その門田に森島が衝撃の発言。 「先生、川田レンはレンじゃないですよね?」 火事で亡くなったのはレンの方なの? 森島はなぜそれがわかったの? どこかにヒントがあった??? もしそうなら、門田はなぜそんなことをしたのか、リコにレンの人格を組み込んだってことだよね? ミスパンダになることで、少しずつ記憶がよみがえり始めるレン。 けれど、それは炎に包まれる姉?の姿や…

  • ハムラアキラ 第1話感想

    見たよ~。 結構、期待してたドラマなんだけどなあ。 想像してたのとは違い、かなりハードボイルド系。 姉の気性が激しくて、妹を利用しまくっていて。 姉の妹への憎しみがすごい。 家族間に起きるとぐろを巻くような積年の憎悪。 こじれまくってる。 妹が主人公の葉村晶(シシド・カフカ)で、姉は職場を探し当てお金をせびるし、なければ家の家財道具一切を売り払う。 晶はそれで転職、転居を繰り返し、姉から逃げる生活を送っていた。

  • シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第2話感想

    えらそうな人「第三者委員会というのは専門知識をもった外部の方たちで構成されている委員会なんだよ」 ミスパンダ「私も立派な第三者です。私には笹に関する専門知識がありますっっ!」 私「か、かわいい!!!ミスパンダ!!!」 えらそうな人がボソッと言った「だめだこりゃ!」も聞き逃さなかったわ。 このドラマ、大好き。はまってしまったわ。 今回は飼育員さんとミスパンダの出会いの説明があったよ。

  • 僕はどこから 第2話感想

    薫、ダーティーな世界に入っていくのかしら…。 ミスパンダドラマとこのドラマがいまのところ、お気に入り!藤原智美(間宮祥太朗)との関係がわかった。 ふたりは高校の同級生。 妹の自殺を竹内薫(中島裕翔)が自分の能力で阻止したことで一気に親しくなったのね。

  • ランチ合コン探偵 第1,2話感想

    気楽にみられるドラマ。天野ゆいか(山本美月)は、記憶を失くしてるみたい。 しかも、ほんとは別人で、子供の頃、天野ゆいかと名乗りなさいと誰かから言われてそうしてるみたいね。

  • シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。第1話感想

    ニッポンノワールの後番組だよ!あの難解な力作のあと、こちらもそういう難解さの香りがぷんぷんしてるね。まあ、期待通りというわけではなかったけど、ワクワクしてるよ!!!ミスパンダ、強烈にかわいい!!! 天真爛漫でハツラツとして輝いてるわ。飼育員さん、このネーミングがたまらない!!!(笑)視聴決定! 毎回感想決定!

  • 僕はどこから 第1話感想

    小説家志望の竹内薫(中島裕翔)とヤクザの組長、藤原智美(間宮祥太朗)コンビの壮絶青春サスペンス…らしい。 壮絶青春サスペンス……まるで想像できないサスペンスだけれど。 1話を見て、結構おもしろかった。

  • 絶対零度 第1話感想

    絶対零度、冬ドラマのトップバッター。 主人公の井沢(沢村一樹)は、妻と娘を殺された過去により、犯罪者に対する怒りが強く、いつ暴走するかわからない。 井沢はいまも妻や娘の死に苦しんでるのね。

  • 2020年冬ドラマなに見ます?

    お正月があけたばかりなのに、すでに連ドラがはじまってる。なので、私も急いで対応。みなさん、まだお正月のスペシャル番組やドラマを見てるよね。まあ、気忙しいけど、参考にしてね。 ●6日21:00~フジテレビ 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~これは見る。期待してる。

  • 破天荒フェニックス 新春3夜連続ドラマ

    録画をまとめてみたけど、こういうドラマひさしぶりに見て新鮮だった。起業したときのワクワクしたカンジ。やる気のある人ばかりで、それぞれのポジションでみんながんばる。 船をこぎ出して、次々と襲いかかる荒波を超えていくカンジ。

  • マスカレード・ホテル

    マスカレード・ホテル。とても良かった。 ホテルの中で行き交う「お客さま」訪れる、そして去っていく。ホテルにやってきた人はみんな、仮面をかぶっていて、ひととき自由な時間を手にいれる。だから、ホテルの中ではその仮面をはがしてはいけない。気づいていても、その仮面の奥を見ようとしてはいけない。それがルール。ホテルは、マスカレード。仮面舞踏会。

  • 気が付けば三が日はテレビ東京~♪

    バラエティ三昧の三が日。 でもなかには、「へえ~~~」「おおっ~~」「ええええ~~」っていう人間の声を効果音がわりに多用してるのには、なんとも辟易する。 ああいうの、わざわざ足さなくてもいいのにね。 そんなんだから、ついつい見る番組は、静かな旅番組になってしまう。 午前中から午後にかけては路線バスの旅を昨日に続いて見た。 俳優の田中要次さん&作家の羽田圭介さんのコンビ。

  • あけましておめでとうございます

    2020年、あけましておめでとうございます。 今年も大好きなドラマをたのしんで、感想も書いていくよ。 夏には東京オリンピックがあるし。 まだ、どんな光景を見ることになるのか想像できないけど、最初からしっかりと見届けるぞと。 そして、大阪では、11月に大阪都構想の住民投票があるの。 今度はしっかりと都構想の制度の説明を在阪のテレビ局にもしてもらい、正しい知識を得たうえで、判断してもらいたい。 そのために微力だけれど、ほんとに微力だけれど、私も説明していきたいな。 これから、お世話になりますが、みなさん、どうぞよろしくお願いします。 カテゴリーは「2020年冬ドラマ」として、連続ドラマだけでなく、…

  • 山吹色とわです

    よろしく。 これからがんばる予定。 でも、ブログのレイアウトとかどうしたらいいのかわからない。 どこにボタンがあるんだろうか…。 これから、ちょくちょくお邪魔して心地いい場所をつくっていきたいわ。

カテゴリー一覧
商用