searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

蘇我入鹿さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
家庭医専攻医のブログ大学
ブログURL
https://family-mason.com/
ブログ紹介文
当ブログは、家庭医療専攻医によるブログです。 テーマは「学ぶって楽しい」と題しまして、患者さんや臨床医の疑問を、できるだけ噛み砕いて、エビデンスと合わせてどんどん共有します。 ご覧になられた方が、今日から使える情報をお届けします。
更新頻度(1年)

59回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2020/01/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、蘇我入鹿さんの読者になりませんか?

ハンドル名
蘇我入鹿さん
ブログタイトル
家庭医専攻医のブログ大学
更新頻度
59回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
家庭医専攻医のブログ大学

蘇我入鹿さんの新着記事

1件〜30件

  • 【家庭医療】家庭医の臨床推論は、ミルクボーイ風?

    プライマリ・ケアにおける臨床推論 診療所セッティングで「体調が悪いんだ、、」等の未分化な健康問題を多数扱うようになり、言語化のできない「もやっと感」がありました。しかし、「帰納的採集」の考え方に出会い、スッキリしました。ご紹介したいと思い

  • 【プライマリ・ケア】しびれ診療

    プライマリ・ケアでのしびれ診療を考えてみました。 特に高齢者の方の「しびれ」は再現性のないことも多々あります。 その中で、フォローしながら専門家につなぐべきタイミングを逃さないようにできたらと思います。 心構え ♦病

  • 【家庭医療】思春期外来のポイント

    思春期外来についてまとめた。不登校は複数の背景因子が絡み合っており、焦らずに話を聞いて待つ必要がある。医療者はすぐに結果を求めてしまう傾向にある事を自覚する必要がある。

  • 【家庭医療】思春期のケア

    思春期の患者において,患者中心の視点を持って、 思春期特有の心身の発達、周囲の人との関係性、 コミュニケーションの課題などの情報を収集した上で、 年齢・発達・社会背景を考慮しながら患者の将来を 見据えたケアにつなげていることが必要である。

  • 【まとめ】B型肝炎診療フローチャート

    C型肝炎、B型肝炎の治療後のフォローアップを度々経験し、定期的な採血、画像フォローを要します。B型肝炎の自然史と、診断、治療適応を1枚のフローチャートにした。

  • 【まとめ】C型肝炎診療フローチャート

    C型肝炎、B型肝炎の治療後のフォローアップを度々経験し、定期的な採血、画像フォローを要します。C型肝炎の自然史と、診断、治療適応を1枚のフローチャートにした。

  • 【家庭医療】複雑困難事例のケア

    「困ったなー」と思った次の一歩を踏み出すことを目標に、複雑困難事例のケアについてまとめた。複雑性の評価、情報の共有、コミュニケーションを通じてチームで解決すべきComplexな事例に立ち向かう。

  • 【まとめ】腎性貧血の診断、治療。低酸素誘導因子活性化因子とは?

    腎性貧血についてUptodate,二次資料を中心に復習した。また、新薬である低酸素誘導因子活性化因子について現在の見地をまとめた。

  • 無症候性低ca血症の治療の必要性は?

    高齢者の採血で偶発的に低Ca血症が指摘され、漫然とVit.D製剤の内服が継続されているケースによく出会う。Vit.D補充に関するエビデンスを調べた。

  • Vit.D欠乏症はどうやって診断する?

    VitD欠乏症の診断、Ca代謝、低Ca血症の鑑別についてまとめた。保険適応外の25Vit.Dをオーダーする前にはリスク評価が必要。

  • 憩室炎に対して、食事制限は有効か?

    血行動態の安定している憩室炎に対して、「血行動態が安定し、膿瘍や穿孔を伴わない憩室炎を外来で治療する患者に対して、食事制限を実施することは、食事制限を実施しないのと比べ、治療失敗を増やすか?」

  • コロナウイルスの〇〇な話。正しく恐れるには。 〜③PCR検査編〜

    PCR否定派の意見は検査特性に触れており難しく、拒否反応があると思われる。感度、特異度、陽性適中率など検査特性を踏まえPCR検査について考えた。

  • コロナウイルスの〇〇な話。正しく恐れるには。〜②クラスター対策の今後の課題〜

    日本のとったクラスター対策とは、疫学に基づいた理にかなった方針でした。新規感染者が取った過去の行動をさかのぼり、複数の新規感染者に共通する「場」つまりクラスターを探し、その「場」での濃厚接触者を観察しました。しかし、今後続けていくには数々の問題があります。

  • コロナウイルスの〇〇な話。正しく恐れるには。〜①東京の現状は?〜

    東京都のCovid-19の感染率は、少なく見積もられ報道されている。実際には1-2%程度の感染率が推測され、東京都の感染者数は14万人にも登ると予測される。日々報道される感染者数のニュースに何の意味があるのだろうか。

  • 【書籍まとめ】やりたいことをやりきるには?【弱くても成長できるズボラPDCA】

    やりたい仕事をやりきれない。。 計画が途中で頓挫してしまう。。 なんてことはよく経験します。 「PDCAサイクル」というモデルを紹介します。 PLAN DO CHECK ASSESSMENT の順でこなし

  • 【超一流の雑談力】看護師さんがこわいです。。。

    後輩からこんな相談がありました。 「看護師さんが怖いです、、どう話せばいいですか?」 なかなか難しい問題です。 よくよく話を聴くと「雑談が苦手なんですよね、、」と。   そこに問題があるような気がした

  • 【一枚スライド解説】インプット大全・アウトプット大全

    こんにちは。 なかなか忙しく、勉強が捗らない。。モチベーションが上がらない。。 そんな夏の夜を過ごしています。 そんな中書店で目に入った本「インプット大全・アウトプット大全」をご紹介いたします。 ◯本の構成◯

  • 【内科救急】めまい診療フローチャート

    本日はめまいのフローチャートを作成しました。 めまいは、先生によって分類の仕方が様々です。 特に救急では、性質(浮動性、回転性など)での分類を正確に捉えらないので、あまり使えないような気がします。 今回は、神経所見と、眼振

  • 【内科救急】頭痛診療フローチャート

    今日は頭痛診療フローチャートを作成しました。 Red Flagsを意識しつつ、神経診察で異常をキャッチできるかが大切かと思います ポイントは ①Red Flagsから精査が必要な頭痛を拾う ②Secondary Su

  • 【内科救急】腰背部痛診療フローチャート

    今日は腰背部痛の診療フローチャートを作成しました。 腰背部痛の鑑別というと、大動脈解離です。 解離の症例はやっぱりGeneralが悪く、冷や汗をかいています。じっとりと。 繰り返してABCを確認することが大切かと思います。

  • 【内科救急】呼吸不全診療フローチャート【Bの異常】

          COVID-19感染症で、肺エコーの有用性が見直されています。 今日は、呼吸不全の初期対応において、肺エコーを中心とした診療フローチャートを作成しました。 ポイ

  • 【内科救急】ショック診療フローチャート

    ショックのフローチャートを作成しました。 ABCの異常がある場合は、診断にこだわるべきではありません。   診断より、大まかな原因を突き止めて初期蘇生に移りましょう。   ポイント

  • 【内科救急】急性腹症フローチャート

    急性腹症のフローチャートを作成しました。 腹痛は重症疾患も多く、苦手意識も多々あるかと思います。 まずは、造影CTの前にABCとRed flagsの評価を。   ポイント ①まずはABCとRed

  • 【内科救急】失神診療フローチャート

    失神の初期対応。ERでの時間軸を意識したフローチャートを作成

  • 【内科救急】けいれん診療フローチャート

    本日はけいれんの診療フローチャートを作成しました。 けいれんは、少しギアを上げて診療する必要があります。 ポイントは ①けいれんを止める薬剤の使い方 ②原因検索で頭部CTを取る適応とは? ③入院しなくて

  • 【内科救急】呼吸不全診療フローチャート【Bの異常】

          COVID-19感染症で、肺エコーの有用性が見直されています。 今日は、呼吸不全の初期対応において、肺エコーを中心とした診療フローチャートを作成しました。 ポイ

  • 【COVID-19】蔓延期のアメリカでの戦い方

    米国救急医療の現況 *2020 年 4 月 14 日現在 Emory University Department of Emergency Medicine Assistant Professor

  • 【救急】中毒、Overdose診療フローチャート

    このご時世、不安から眠れない夜を過ごされている方も多いかと思います。 そんな中、薬に頼ってしまい、救急車で運ばれる方もいらっしゃいます。 今回は、中毒、Overdose診療フローチャートをまとめてみました。 ポイン

  • 【救急】徐脈性ショック フローチャート

      徐脈性ショックのフローチャートを作成しました。 徐脈は血圧が保たれていたら安心ですが、「徐脈性ショック」は致死的です。 「VF AED ON」という徐脈性ショックの鑑別のゴロはあります。 V: Vaso

  • 【COVID-19】⑥「まとめ〜パンデミックが起きた時、治療の意思決定を共有できるか〜」

    「COVID-19」の最新のエビデンスを紹介します。 文献は、EB Medicine(アメリカで最もポピュラーな救急医のための最新二次文献検索サイト)のCOVID-19の記事より抜粋いたします。  

カテゴリー一覧
商用