プロフィールPROFILE

流星の人さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
流星、夜を切り裂いて ~FLY HIGH~ ver.2
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/hidamari07
ブログ紹介文
米たにヨシトモファン 京アニに興味あり アニメ語りメイン
更新頻度(1年)

4回 / 7日(平均4.0回/週)

ブログ村参加:2020/01/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、流星の人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
流星の人さん
ブログタイトル
流星、夜を切り裂いて ~FLY HIGH~ ver.2
更新頻度
4回 / 7日(平均4.0回/週)
読者になる
流星、夜を切り裂いて ~FLY HIGH~ ver.2

流星の人さんの新着記事

1件〜30件

  • ランウェイで笑って 2話とか を語る

    ここの髪が左側の髪がちょっと解れるカットが個人的に気になった。全体的に特に細かく描写するような印象が無い中での1カットだったので。原作を確認したら両サイドのモミアゲがひるがえって乳首が見えちゃった感じ?の絵に主人公が照れるような格好だったので、ここは意図してヒロインの体の繊細なラインを意識させるような、そういう清さを意識させられた印象だったかな。あと原作全巻買って確認したら1話は割と丁寧に原作通りに進めていたのに対し、2話は割と急ぎ目で進めていて、3話に盛り上がりどころを持っていこうとする戦略も感じられて、そういうウケ狙いを真剣に考えているのが新鮮に感じられたかな。TBSの講談社系作品は最近DMMが入ってあまりいい印象はしないし、監督以下スタッフもディオメディア系で、原作の一般性を望まれるようなイメージに対して...ランウェイで笑って2話とかを語る

  • 叛逆の物語の反まどかのイメージ群とか を語る

    マギレコも始まったので、公開された当時から思っていたことをつらつらと。とりあえずネタバレ全開です。黙示録のラッパが鳴っちゃうかもなんです。叛逆で不穏感煽りまくってたのは恐らくこの辺りから。いつものまどかの日常から始まって学校に行ったら、先生がなんか陰謀論者になっていたという衝撃。先生の一番の見せ場でもあり非常に印象的と同時に、ほむらのソウルジェムの中の世界のことを指してるとは思えず、後々になって振り返れば神と悪魔の戦い、つまりは悪魔ほむらの意思がここを描いているとも考えられる。要は最初からほむらは花畑のまどかの言質に関わらず、まどかを奪うつもりだった、ということかな、と。魔女の結界だ。ほむらの髪の変化による芝居は非常に良いですね。はっきりとTVシリーズの続きだと突きつけてきた時点で、魔女やまどかを知ってるの、い...叛逆の物語の反まどかのイメージ群とかを語る

  • ヒロアカ 76話について を語る

    なんかもう中村さんの作画が凄すぎて、逆にどういう現象を描いているのか理解するのが追い付かない感じだった。場面がかっこ良すぎるのと何となく起こったことはわかるからオールオッケーみたいに思ってたけど、一度自分の中で整理したい。今回の流れを箇条書きにすると、1.デクがワンフォーオールを発動2.左手で殴打3.かと思いきや空間が暗くなり大量の巨大な拳が出現(殴打のエネルギー?4.大量の拳が敵を貫通5.時間差で敵が衝撃を喰らい欠損していく6.右手で殴打(衝撃時に発生した電撃で敵肉体が焼ける7.殴って一瞬で敵の肉体を崩壊、飛散させる8.そのまま離脱ex.完全に敵が崩壊したと思ったけど最後の方では肉体そのままっぽい?簡単にこういう流れだと思うんですが、最後のexは演出チェック時に直せなかったんだろうなという感。3,4,5の時系...ヒロアカ76話についてを語る

  • とある科学の超電磁砲T 1話とか を語る

    久々の超電磁砲。禁書本編がやや残念な形になっていたので今作は期待したいところ。冒頭のフェンス越しのショットで、早速空の青さを知る人よでみたような構図だなと思ったり。走る美琴の後ろ姿。Bパート事件に向かう際にも似たような構図でリピートされるので、こういう背中を描く作品になっていく予感があるかな。短パンに触れつつもゲコ太には触れず冒頭で髪飾りの花に触れていて、そういう女の子っぽいところに寄るところにグッときたかな。お約束に触れつつも物語的に進んでる感。食蜂さんとの絡み。この辺は完全に2期の焼き直しって感じですね。場所は変えてもやられてる内容はほぼ同じ。2期ではあまり出番がありませんでしたが、今期は食蜂さんのターンになるのでそのままやったような感。2期1話のシーンは長井節が強めに出てるシーンだと感じたので、今期はその...とある科学の超電磁砲T1話とかを語る

  • Fate/stay night 24話 全て遠き理想郷 を語る

    山口祐司監督が亡くなったと聞き、居ても立っても居られなくなり、ずっと果たせていなかったSNの最終回の記事を書くことに。山口さんは自分が幼少のころ多大な影響を受けた『勇者王ガオガイガー』を始め、色んな作品に関わっていますが、中でも初代Fateは自分が大好きな作品でした。恐らくブログ開設以降1番見返した2クール作品なので、非常に思い入れもあり、見ながら山口監督の動向をいつも頭の隅に置いていたので、非常に残念です。ご冥福をお祈りいたしますと共に、このような作品を手掛けてくれたことに感謝してもしきれません。本作はヒロインであるセイバーを大事にした作品という印象が強く、最終回も気合が入った絵が多く、最後まで見て本当に良かったと思えるシリーズとして気に入っていました。今はufotableを始め、各社がFateシリーズを手掛...Fate/staynight24話全て遠き理想郷を語る

  • マギアレコード 魔法少女まどか マギカ外伝 1話 を語る

    顔の見えないキャラクターたち。久々のまどマギなので、どういう作品になるのかと身構えてしまいますね。列車内の内側が木造というのも新鮮な絵。梶浦BGMと共にまどマギ特有の不穏な印象が出ていて、始まった感が結構強かったな。いきなりのイヌカレー空間に変身、そして新BGMで新作であるという明るい雰囲気作り、語られるポップな魔法少女像。前作のOPでまどかが黒猫を助けているような描写があったので、今回は本当に猫を助ける、しかも白猫、っていうのは、前作OP意識するとなんかいきなり仕掛けられてきてる印象がしたかな。セーラームーンで言うところのルナがまどか、今作はアルテミスっていう具合なのかなぁみたいな。セーラーヴィーナスが主役みたいな。そうするとまた新房さんに月(ルナ)に関する話題が増えるな、と思うとちょっと面白いかな。まあどう...マギアレコード魔法少女まどかマギカ外伝1話を語る

  • 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング を語る

    移転してから一発目の記事になります。久々なのでリハビリ的な感じで。ヒロアカ映画は前作が面白かったので楽しみにしていた一作でした。以下ネタバレ感想。内容的には本編の合間を縫うような形で雄英高校1-Aが離島へ行き、ヒーロー活動を行うという名目で話が始まり、そこで出会った子どもたちや島の人との交流を通じて、1-Aのキャラクターたちのヒーロー性を描いていくという格好でした。TVシリーズより先の話なので知らないキャラや能力の使い方もありましたが、切島の硬化の能力など最近TVでやったことを映画でやっているので、今ヒロアカを見ている人がより映画を楽しめる格好になっていて、そういう調整なんかがいい塩梅な作品でした。今回の話はTVシリーズの42話をベースにしたような話だったように思います。最後に流れるBGM「そこにはヒーローがい...僕のヒーローアカデミアTHEMOVIEヒーローズ:ライジングを語る

  • 雑記 2019/12/31 を語る

    今年の目標は仕事スキルを伸ばすのが主眼だったので、それは結構がんばれたような気がします。例の事件以降、どうも沈んだままでTVシリーズを追うのも億劫な感じでずっとゲームしてた感。新サクラ大戦はちょっとボリューム不足感が否めなく、次回作以降は個別ルートをしっかり用意しておいてほしいところ。あと艦これアーケードで甲勲章逃してやる気が激減してるのがちょっとした悩み。ブログの移設は年始に進める予定です。せっかく長年続けてきたので、自分のブログで記事書いた作品から印象的なものを選んだりとか、色々記事書こうかなと思ってますが、あまり意味も感じなく。また何となく感想記事書いてくような感じになるのかな。今年のTVアニメは『彼方のアストラ』『五等分の花嫁』『僕のヒーローアカデミア』『鬼滅の刃』『Dr.STONE』『モブサイコ100...雑記2019/12/31を語る

  • 空の青さを知る人よ を語る

    見てきました。久々に長井監督が見れるという期待感と現実との板挟みで、見るのは来週再来週辺りかなと思っていたんですが、思い立ったが吉日ということで。自分が細かくいいなと思った箇所は例に習ってまただいぶ忘れてしまったので、何度も繰り返し見て血肉にしたい作品という印象でした。以下ネタバレ感想。本編見る前に売店で目玉焼きのグッズを見て、『ここさけ』からだいぶ前進した作品なんだなという印象を受けたな。『ここさけ』が自らの殻を破るという描き方だったので、その中身が誰かに差し出される、既に何者かになっているように思えて、そういう人物像を作品が想定している感じが前作からの前進の象徴のように思えたな。特に本編で目玉焼きが強調されない分、象徴的なグッズに見えたなと。なぜ鶏ではなく目玉焼きなのかと自分でも不思議な捉え方だったけど、『...空の青さを知る人よを語る

  • ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形- を語る

    ソラリスで見てきました。小さい箱で不安でしたが客入りもよく年齢層も多様でちょっと意外な感じ。藤田春香監督ということで楽しみな一作でした。以下ネタバレ感想。最初始まって船のシーン。空に手を伸ばす、というのが印象的に描かれていて、今作はそこが焦点になってくる感じだったな。途中でTVシリーズのようにサブタイトルが入る感じで前編後編という形が印象的でしたね。ヴァイオレットが依頼人のところへ行くところ、密着マルチで奥行きを見せてるのが目を引かれたな。大きく見せたい一瞬のシーンという扱い方で、3D美術とかやってきた京アニ作品で一瞬のこういう絵っていうのをやるのかという感。そういえばイザベラの友人の顔を見せないようにしている一瞬の振り向きなど、前半は一瞬を切り取る印象がちょっとあったかな。前編はヴァイオレットで描いてきたこと...ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝-永遠と自動手記人形-を語る

  • 二ノ国 を語る

    見てきました。以下ネタバレ感想。予告でどちらかのヒロインを死なせなければいけない選択の話なのかと思っていたら、全然そんなことはなく、ただ敵の策略で男二人の片割れがそう思い込まされて戦ってしまった話で、当初期待した話に比べると冗長に感じてしまったな。最初始まっての日常パートは丁寧な芝居が見れて劇場版だなという気で見ていましたが、ヒロインが刺された辺りからのやり取りはちょっと不思議感漂う感じ。救急車予防としてるのに相方は発狂して刺されたヒロインを抱えて走るとか、刺さったナイフ抜くとか、いくら突然のことにパニックを起こしたにしても、ちょっと逸脱し過ぎな行動のように感じたなと。二ノ国に飛ぶシーンは車にトラックに挟まれるようなイメージ、空間の隙間から飛ぶイメージだったので、バイストンウェルの空と海の間みたいな、そういう初...二ノ国を語る

  • ヤプログがサービスを終了するので当ブログも時期を見て閉めます を語る

    【重要なお知らせ】ヤプログ!byGMOのサービス終了につきましてhttps://www.yaplog.jp/contents/close/>長年にわたりご愛顧いただきましたヤプログ!ですが、2020年1月31日(金)12:00をもちまして、>サービスの提供を終了させていただくことになりました。というわけでヤプログ自体が終了するので、当ブログも今年いっぱいで終了することとしました。長年読んでくださってる方々、本当にありがとうございました。ここまで続けられてこれたのは、日々読んで下さる皆様がいてこそでした。自分の拙い文章を読んでくださり、感謝してもしきれません。感想記事などは今年中まだ更新するつもりですが、移転先などが決まったらそちらに移動する予定です。一応アカウントは複数のブログサービスで取得してますが、それをそ...ヤプログがサービスを終了するので当ブログも時期を見て閉めますを語る

カテゴリー一覧
商用