searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

SFさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録
ブログURL
http://redredwine.blog.jp/
ブログ紹介文
ワインについての自分用備忘録。Grand Vin(偉大なワイン)は「偉いワイン」とは限らない。その「偉いワイン」に出会うための日々のワインの記録。
更新頻度(1年)

278回 / 365日(平均5.3回/週)

ブログ村参加:2020/01/03

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、SFさんをフォローしませんか?

ハンドル名
SFさん
ブログタイトル
Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録
更新頻度
278回 / 365日(平均5.3回/週)
フォロー
Red Red Wine:「偉いワイン」探しの備忘録

SFさんの新着記事

1件〜30件

  • Decoded Wines Classified Cabernet Sauvignon 2017 Napa Valley

    リカマンの店頭で特売になってるナパのカベソーを発見。ちょっと良さげなやつが結構お得になってるようなのでゲットしてみました。見た限り、カスタムクラッシュの雰囲気がプンプンしますが、安くておいしければオールオッケーです。(笑)カスタム・クラッシュ(Custom Crus

  • Domaine Michel Magnien Bourgogne Pinot Noir 2017

    珍しくセット買いしたワインの1本。『2017年のブルゴーニュ・ピノ・ノワール飲み比べ赤ワイン3本セット』と銘打つセットでしたが、銘柄を選べないものの、なかなか良さげなワインがかなりお得な価格だったのでつい手を出しました。ドメーヌ・ミシェル・マニャン(Domaine Mi

  • Weingut Hees Auener Höhe Riesling Trocken 2019 Nahe

    ドイツのリースリングは定期的に飲みたいなとは常日頃思っていますが、元々白の比率が低い Red Red Wine ということと、世界的な人気品種ですからドイツ以外のリースリングもたくさんあって、これらも飲まなくちゃいけないという事情でなかなかありつけません(笑)。さて、

  • Txakoli Primo Zarautz 2020

    リカマンの店頭に入ると Txakoli(チャコリ)の文字が目に入りました。スペイン、バスク地方の地元で飲んでるっていうアレか!とすぐに気づきましたが、またも出会いました『知識ではあるが、飲んだことのないワイン』です。バスク地方のビルバオには仕事で何度も行ってるの

  • Celler Masroig Solà Fred Samsó 2019 Montsant

    モールの駐車場をタダにするために何か買わなくっちゃって時、時間があまりない中、ちょうどカルディがあったので1000円のこのワインを手にしてレジへ。何でも良かったのですが、一応スペインのDOモンサン(DO Montsant)で品種はカリニャンというのは確認しました。DOモンサ

  • Domaine Laurent Père et Fils Bourgogne Cuvée “MCMXXVI” 2014

    ドメーヌ・ローラン・ペール・エ・フィスは、あのドミニク・ローラン(Dominique Laurent)さんが2006年から息子ジャン(Jean)さんと始めたドメーヌです。1988年にパティシエから転向しネゴシアンから始めた「ドミニク・ローラン」は「新樽200%」という驚異の樽使い(買い

  • Cusumano Noà 2015 Sicilia DOC

    久しぶりのシチリアです。シチリアにしては結構上等なお値段で(失礼!)、パーカーおじさんも軒並み高得点のようです。(この2015は93点。2016は94点です。)たまたまグランマルシェで特売になってたので速攻ゲットと相成りました。やはりネロ・ダーヴォラ主体のようです。

  • Domaine de la Bastide Côtes du Rhône Villages Visan 2019

    コート・デュ・ローヌのちょっといいやつ、AOCコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ(AOC Côtes du Rhône Villages)には、補足的地理的呼称(DGC=Dénominations Géographiques Complémentaires)として村名がつけられるAOCがあって、さらにワンランク上だと思われます

  • Laurent-Perrier La Cuvée Brut NV

    久しぶりのシャンパーニュです。今ひとつ泡に慣れていないというか、こうやって無理に選ばないと普段は食指が動きません。世の中には本当に泡がお好きな方々もたくさんおられるのは承知していますので、何とかその域まで行くぞ!と店頭でチョイスをいたしました。このローラ

  • Tempos Vega Sicilia Alión 2015 Ribera del Duero

    スペインの最高峰のワインというとベガ・シシリア(Vega Sicilia)のウニコ(Único)なんだと思うんですが気軽に手が出せるお値段じゃないですよね。なにせ10年熟成ですから。5年熟成のバルブエナ・シンコ・アニョス(Valbuena 5º)というセカンド的なのもあるんですが、こ

  • Fattoria San Francesco San Francesco 2017 Cirò Rosso Classico

    ガリオッポ(Gaglioppo)という品種を使う、カラブリア州DOCチロ(Cirò DOC)のワインです。過去違う作り手のものを試していますが、おいしかったからというよりは、名前の響きに惹かれたからという感じでまた選びました(笑)。チロのガリオッポ。チロのガリオッポ。(笑)

  • Montes Alpha Pinot Noir 2019

    チリはカルメネールに偏りつつもいろいろ試していて、ピノ・ノワールもたまに選んでいます。まあ、ピンキリなんですが、ちょっと上等なのを選ぶと大抵なかなかのレベルです。今日はチリを代表する作り手のひとつモンテスのミドルレンジ、モンテス・アルファのピノをいただき

  • カタシモワイナリー King Selby 河内醸造ワイン

    国税庁は2021年6月30日にワインのGI(Geographical Indication=地理的表示)として「大阪」、「長野」、「山形」を指定しました。ワインでは先行する山梨(2013年)と北海道(2018年)に追いついた形ですが、生産量では長野・山形にはるかに及ばない大阪が入ってるのがうれ

  • Nativa Carmenere Natural White 2020

    以前「Nativa」という正体不明のカルメネールを試しました。スーパーで売っていたワンコインワインでしたが悪くはなかったです(RRWポイント90点)。ところがどうでしょう。今回そのナティーバからカルメネールの白ワインが登場しました。これは日本カルメネール振興協会とし

  • Château de Langalerie 2017 Côtes de Bordeaux

    リカマンの店頭POPに「世界一のワインコンサル」「ミシェル・ロラン氏の栽培&醸造」なんて文句が派手に躍ってました。「モンドヴィーノ」というドキュメンタリー映画に出てきたミシェル・ロランおじさんの印象は強烈で、まんまマフィアのボスなんですが、その手がけたワイン

  • Domaine Arlaud Bourgogne Roncevie 2018

    ドメーヌ・アルローをいただきます。例によってAOCブルゴーニュをお試しするんですが、過去試したのがネゴシアンブランド「A & Arlaud」のAOCブルゴーニュだったので、そこからすると進歩です(笑)。1997年に参画し、2013年からはドメーヌ運営を任されている若き三代目シプ

  • Almeida Garrett Mountain Wines Chardonnay 2018 DOC Beira Interior

    久しぶりのポルトガルです。IG(Indicação Geográfica)でいうとテラス・ダ・ベイラ(Terras de Beira)のエリアにある、DOC(Denominação de Origem Controlada)ベイラ・インテリオール(Beira Interior)の、なんとシャルドネです。ポルトガルでも標高が高いベイラ・

  • Hedges Descendants Liégeois Dupont Red Mountain Syrah 2013

    ワシントン州の作り手、ヘッジズ(Hedges)の Red Mountain というブレンドが超おいしかったので、そこの普及ラインの C.M.S というのを試すとこれまたなかなかのレベル。もうヘッジズのファンになってしまいました。個人的には「アメリカの最高峰はナパやソノマじゃなく、

  • アルプスワイン Musée du Vin 善光寺竜眼 2020

    前にハギーワインのHPを見ていて、日本に古来からあるブドウの品種は「甲州」「竜眼」「甲州三尺」「紫葡萄」「水晶葡萄」「聚楽葡萄」の6種あるというのを知りました。この内現存するのは、甲州、竜眼、甲州三尺、紫葡萄の4種だけだそうです。甲州なんかは2010年にワイン

  • Château Gruaud Larose Sarget de Gruaud Larose 2016 Saint-Julien

    メドック格付け第2級、サンジュリアンのシャトー・グリュオ・ラローズ。「LE VIN DES ROIS LE ROI DES VINS(王のワイン、ワインの王)」と堂々とラベルに書かれていることで知られてます。で、例によって(笑)そのセカンドになるサルジェ・ド・グリュオ・ラローズをお試し

  • Castello di Tassarolo Il Castello Gavi DOCG 2019

    コストコで「おっ、ガヴィがあるじゃん。」とゲットしていたものです。今週もコストコ偵察をしましたが、また違うガヴィが置いてありました。(これは未入手ですが。)なんとなく商品は入れ替わっても産地や種類は一定しているようで、コストコのこだわりがあるんでしょうか

  • Duo des Mers Sauvignon-Viognier 2019 Vin de France

    南西地方ガスコーニュのソーヴィニヨン・ブランとラングドックのヴィオニエのブレンドなんだそうで。なのでランクとしては IGP にも入らず「Vin de France」です。ひと昔前の VdT(Vin de Table)、いわゆるテーブルワイン。お値段も1000円ほどとお手頃。こういうのに期待し

  • Concha y Toro Frontera Carmenere 2019

    コンチャイトロのローエンド・バリエタル、フロンテラです。このブログを始めてからはフロンテラのカルメネールはまだでしたのでお試ししましょう。サンペドロのガト・ネグロやサンタ・エレナのアルパカなど、チリのワンコイン・カルメネールはどれも優秀ですから、コンチャ

  • Castello Colle Massari Rigoleto Montecucco Rosso DOC 2016

    トスカーナ州にはキヤンティはじめサンジョヴェーゼの有名産地が数多くあります。ぼちぼち試してはいますが、個人的にサンジョヴェーゼがなんとなくジャストミートではないため、どちらかというと他の州の珍しいローカル品種なんかに目が行きがちです。これではイカンと地図

  • Vignobles Arbeau Arborescence Gaillac Rouge 2017

    ちょっと離れたところにあるグランマルシェに遠征。そこで、同じ作り手のフロントン(AOC Fronton)とガイヤック(AOC Gaillac)がありました。南西地方はカオールやマディランはよく見かけますが、なかなか他のAOCは珍しいので両方ゲットしてもよかったのですが、土着品種ネ

  • セブンプレミアム Robert Mondavi Twin Oaks Cabernet Sauvignon 2018 California

    最近コンビニワインをよく覗くようになって、セブンイレブンにあるこのワインが気になって仕方ありませんでした。天下のロバート・モンダヴィのワインが880円(税込968円)です。「California」とあるので産地としてカリフォルニアをうたってるようですが、ボトルの雰囲気は

  • Pérez Cruz Cabernet Sauvignon Reserva 2017

    ペレス・クルスのカベソーです。ずいぶん昔ですがニューヨーク在住中にマンハッタンのワインショップでペレス・クルスのカルメネールを買ったことを覚えています。なかなかおいしかった印象です。日本ではあまり見かけないなあと思っていたら、カベソーですがスーパーで発見

  • Solagna Aglianico del Vulture DOC 2015

    コンビニで売ってるワインとそこのお惣菜とのペアリングという企画で紹介されていた中にあったワインです。考えてみるとコンビニペアリングってグッドアイデアですね。しかも、今どきはアリアニコのワインがコンビニにあるんだ⁉と驚きつつ近所のファミマでゲットしてきまし

  • Nicolas Dabudyk Le P’tit Canon de Lariveau 2015 Canon-Fronsac

    近所にあったグランマルシェが閉店したもので、ちょっと離れたところにある別店舗へたまに遠征をします。そこで特売になっていたカノン・フロンサックのメルロー。調べるとブルゴーニュ出身の醸造家ニコラ・ダブディックさんが、ブルゴーニュと同じく単一品種でテロワールの

  • 丹波ワイン Dela Gris 2020

    丹波ワインが昨年新発売したデラ・グリです。Dela Gris というのは丹波ワインの造語でして、通常白ワインが作られるデラウェア種のブドウをオレンジワインの製法で作ったものになります。ずっと気にはなっていたんですが、やっとお試しです。因みにオレンジワインとはオレン

カテゴリー一覧
商用